iPhone14の価格と一番お得に買う方法はこちら 

auのAQUOS sense6s SHG07をレビュー!価格・スペックも解説

端末

 

au AQUOS sense6s

 

本記事ではauで発売のAQUOS sense6s SHG07のレビューと価格・スペックを解説します。

 

すでに発売されたAQUOS sense6より高性能なCPUを搭載しています。

価格もそこまで高くないうえ、au公式オンラインストアで購入すれば最大22,000円が割引されます。

 

シムラボでも購入しましたのレビューしています。

 

▼最新機種も最大22,000円引▼

 

au版のAQUOS sense6sの価格

 

au アクオスセンス6s SHG07

 

AQUOS sense6sの価格

 

auにおけるAQUOS sense6sの通常価格は税込40,470円です。

24回分割払いなら月1,090円、36回払いなら月727円で購入できます。

 

<AQUOS sense6s SHG07の価格>

  • 一括払い:40,470円
  • 24回払い:1,686円/月
  • 36回払い:1,124円/月

 

auでは回線契約なしに端末のみを購入できますが、その場合はこの価格です。

以前に発売されたAQUOS sense6と同じ価格で、UQモバイルでも同じ価格で販売されます。

 

なお、au公式オンラインストアなら自動で割引が適用されます。

 

スマホトクするプログラムの価格

 

AQUOS sense6s SHG07はスマホトクするプログラムの対象です。

スマホトクするプログラムとは、端末を24回払いに設定し、23回支払い後に端末をauに回収してもらえば安い価格で購入できるしくみです。

 

スマホトクするプログラム適用時のAQUOS sense6s SHG07の実質負担額・毎月の支払額は以下のとおりです。

 

  • 実質負担額:税込32,430円
  • 月の支払額:税込1,410円

 

一括払いで購入時の価格は税込40,470円なので、スマホトクするプログラム適用で安くなるのは8,000円ほどです。

スマホトクするプログラムは高額なスマホほどお得なので、AQUOS sense6sで適用してもそれほどお得にはなりません。

 

ただ、それでも8,000円程度お得になるので、今後もauを使い続ける方で2年後に端末を返却しても良い方はスマホトクするプログラムを適用しましょう。

詳細スマホトクするプログラム | au

 

オンラインなら22,000円割引

 

AQUOS sense6s SHG07はau公式オンラインサイトで購入するのがお得です。

au公式オンラインサイトで購入すればau Online Shop お得割が適用され、auに新規で契約する際は端末価格が11,000円割引、乗り換えの場合は22,000円が割引されます。

 

  • 新規契約:11,000円割引
  • 乗り換え:22,000円割引

 

AQUOS sense6sは定価が税込40,470円なので、乗り換えなら一括18,470円で購入できます。

新規契約でも29,470円です。

詳細auオンラインショップお得割 | au公式

 

▼最新機種も最大22,000円引▼

 

機種変更でも5500円割引

 

すでにauで他の機種を契約している方もお得です。

AQUOS sense6s SHG07に機種変更すると5,500円分が割引されます。

 

なお、店舗とオンラインで還元方法が異なります。

店舗は請求額からの割引、auオンラインショップはau Pay残高のキャッシュバックです。

 

  • 店舗:割引
  • オンライン:au Pay残高キャッシュバック

 

還元額はどちらも5,500円分なので、どちらで機種変更しても良いでしょう。

 

ただし、この5500円分の還元は条件がやや厳しいです。

おそらく該当する方は限られると思いますが、事前に条件を確認してください。

 

▼5Gへの機種変更もお得▼

au 5G機種変更おトク割

 

 

AQUOS sense6s SHG07のレビュー

 

ここからは、AQUOS sense6sの特徴とスペックを紹介します。

 

スペック一覧表

 

au版のAQUOS sense6sのスペックは以下のとおりです。

 

スペック
本体サイズ高さ:152mm
幅:70mm
厚さ:7.9mm
本体の
重さ
約156g
画面
サイズ
約6.1インチ
有機EL
解像度2,432×1,080
(フルHD+)
バッテリー
容量
4,570mAh
搭載
OS
Android 11
CPUSnapdragon695 5G
(オクタコア)
2.2GHz+1.8GHz
メモリー
(ROM)
64GB
メモリー
(RAM)
4GB
対応外部
メモリ
microSDXC
最大1TB
有効画素数
(メインカメラ)
4,800万(標準)
+800万(広角)
+800万(望遠)
有効画素数
(サブカメラ)
800万(標準)
USB
端子
USB Type-C

詳細AQUOS sense6s | スペック | au

 

AQUOS sense6sの発売日

 

auにおけるAQUOS sense6sの発売日は2022年4月28日(木)です。

同じタイミングでUQモバイルでも発売されました。

 

 

AQUOS sense6sの型番

 

auで発売されたAQUOS sense6sの型番はSHG07です。

UQモバイルの型番も同じで、仕様も同じです。

 

本体カラー・色

 

AQUOS sense6sの本体カラーは「ライトカッパー」「ブラック」「シルバー」の3色です。

ラインナップはAQUOS sense6と同じですね。

 

au AQUOS sense6s 色 カラー

 

私が購入したのはシルバーです。

少し明るめのシルバーで、飽きのこない色です。

 

au SHG07 AQUOS sense6s 色 シルバー

 

本体はサラサラですが、指紋が目立ちません。

ただしカメラは少し出っ張っていますので、スマホケースをつけて使うのがおすすめです。

 

 

本体外観の写真

 

AQUOS sense6sの本体外観はこんな感じです。

まずは画面側です。

画面サイズは6.1インチで、上下のフチはほとんどなく画面占有率は非常に高いです。

 

au SHG07 AQUOS sense6s ディスプレイサイズ インチ

 

本体背面は「AQUOS」と品番「SHG07」のロゴがあります。

本体の表面はマットで指紋もつきにくく、触り心地が良いです。

おそらく傷も目立たないので、長く使えると思います。

 

au SHG07 AQUOS sense6s 色 シルバー

 

カメラの下のシールはキレイにはがせます

 

本体上面には何もありません。

au SHG07 AQUOS sense6s 外観2

 

本体底面にはUSB端子(USB Type-C)・3.5mmイヤホンジャックとスピーカーがあります。

スピーカーはモノラルです。

 

au SHG07 AQUOS sense6s USB端子 USB type-C イヤホンジャック

 

本体の右側面にはボタンがたくさんあります。

上から音量ボタン、グーグルアシスタントボタン、電源ボタンです。

 

Googleアシスタントボタン、使っている人いるのでしょうか…?

アシスタントボタンが真ん中にあるので、慣れないと電源ボタン・音量ボタンと押し間違えることが多かったです。

 

au SHG07 AQUOS sense6s 電源ボタン 音量ボタン Googleアシスタントボタン

 

本体左側面はSIMスロットです。

SIMスロットは手で開けられるタイプで、SIMピンは付属していません。

 

au SHG07 AQUOS sense6s SIMスロット

 

ちなみにSIMスロットを開けると強制的に再起動します。

 

SIMロック? SIMフリー?

 

auのAQUOS sense6sはSIMフリーです。

 

auで2021年10月1日以降に販売されたスマホは全てSIMロックがかかっていません。

SIMロックはかかっていないので、購入時から他社のSIMを入れてAPN設定すれば問題なく使えます。

 

ただし、対応バンドによっては一部使えないキャリアもあります。

 

nanoSIMとeSIMのデュアルSIM

 

au版のAQUOS sense6sはnanoSIM+eSIMのデュアルSIMです。

SIMロックもかかっておらず、ドコモ回線・楽天モバイル回線の主要な4Gバンドにも対応しているので、他社との併用も可能です。

 

また、SIMスロットとは別にSDカードスロットもあるので、nanoSIM・eSIMとSDカードが全て併用できます。

 

au SHG07 AQUOS sense6s SIMスロット SDカード

 

5G対応

 

AQUOS sense6sは5G対応のAndroidスマホです。

auで5Gプランに契約している方は、エリア内なら5Gが使えます。

 

現状はauの5Gエリアはまだまだ狭く、5Gでしか楽しめないコンテンツも少ないですが、1~2年もすれば5Gが使えるエリアも広がってきます。

4Gスマホと比べても価格は高くないので、4Gにこだわる必要はありません。

 

CPUはSnapdragon695 5G

 

AQUOS sense6sに搭載されているチップセットはSnapdragon695 5Gです。

 

前作AQUOS sense6はSnapdragon690 5Gでしたので、異なるチップセットが搭載されています。

公式サイトでは「AQUOS sense6と比べてCPU性能が約12%、GPU性能が約35%向上」していると謳っています。

 

antutuのベンチマークスコアを比較すると、AQUOS sense6は約31.1万でしたが、AQUOS sense6sは36.1万でした。

性能は間違いなくAQUOS sense6sの方が良いですね。

 

RAMは4GB/ストレージ64GB

 

AQUOS sense6sのメモリー(RAM)は4GB、ストレージは64GBです。

どちらも平凡な数字ですね。

 

特にメモリーRAMが4GBなのは少々不安です。

重い作業をしなければ問題ないと思いますが、気になる方はSIMフリー版のAQUOS sense6 SH-M19も検討しましょう。

SIMフリー版ならRAM6GB・ストレージ128GB版も購入できます。

 

AQUOS sense6sに比べてCPU性能はやや低くバッテリーの持ちも短いですが、体感できるほどの差はないでしょう。

 

 

ストレージも64GBと少なめです。

初期状態では16GBほど埋まっており、残りは48GBほどでした。

 

au SHG07 AQUOS sense6s ストレージ容量

 

64GBで足りない方はSDカードで増量できます。

 

microSDカード挿入可

 

AQUOS sense6sは最大1TBのマイクロSDカードを挿入することでストレージ容量を増やせます。

ストレージ容量は64GBしかないので、足りない方はマイクロSDカードを使用しましょう。

 

 

AQUOS sense6sはnanoSIM+eSIMのデュアルSIMなので、デュアルSIMとSDカードが併用できます。

 

6.1インチの液晶画面

 

AQUOS sense6sの画面の大きさは6.1インチです。

本体サイズは大きめですが、幅が狭いので握りやすいです。

 

au SHG07 AQUOS sense6s ディスプレイサイズ インチ

 

上下のベゼル(フチ)もなく、画面占有率が高いです。

画面解像度も2,432×1,080のフルHD+なので十分ですね。

 

リフレッシュレートは60Hz

 

リフレッシュレートとは画面に1秒間に描画できる画像の枚数で、数値が大きいほどスクロールした際に画面が綺麗にサクサク表示されます。

通常のスマホは最大60Hzですが、AQUOS sense6sのリフレッシュレートも60Hzです。

 

また、タッチサンプリングレート(1秒間に何回のタッチに反応するか)は120Hzです。

 

カメラは3眼レンズ

 

AQUOS sense6sのアウトカメラは3つのレンズを搭載しています。

広角レンズ・望遠レンズが搭載されているのは嬉しいですね。

 

  • 約4,800万画素(標準)
  • 約800万画素(広角)
  • 約800万画素(望遠)

 

au SHG07 AQUOS sense6s カメラ

 

インカメラは800画素で、画面の最上部にレンズがある「水滴型」です。

 

au SHG07 AQUOS sense6s インカメラ

 

SHG07のカメラレビュー

 

ここではAQUOS sense6sで撮影した写真を記載していきます。

ただし、記事にアップする際に画質は劣化していますので参考程度にみてください。

 

まずは通常の写真です。

最近のスマホはある程度性能が高いので、エントリーモデルの機種でも通常写真はきれいに撮影できます。

AQUOS sense6sも十分きれいですね。

 

au SHG07 AQUOS sense6s カメラ レビュー

 

au SHG07 AQUOS sense6s カメラ レビュー

 

ちなみに私が普段使っているPixel 5で撮った写真がこちら

 

細かい部分を見るとPixel5の方が鮮明ですが、パッと見では差は感じません。

通常の写真は問題なく使えるでしょう。

 

AQUOS sense6sには広角モードも掲載されています。

大自然の風景写真を撮影するときなどに使えますね。

 

▼通常(広角なし)▼

au SHG07 AQUOS sense6s 広角 カメラ レビュー

 

▼広角▼

au SHG07 AQUOS sense6s 広角 カメラ レビュー

 

また、望遠レンズも搭載されており、最大16倍までズーム可能です。

2倍・3倍以上はほとんど使わないと思いますが、念のため載せておきます。

 

▼1倍(ズームなし)▼

au SHG07 AQUOS sense6s 望遠 ズーム カメラ レビュー

 

▼2倍▼

au SHG07 AQUOS sense6s 望遠 ズーム カメラ レビュー

 

▼3倍▼

au SHG07 AQUOS sense6s 望遠 ズーム カメラ レビュー

 

8倍になるとさすがにぼやけてきますね。

 

▼8倍▼

au SHG07 AQUOS sense6s 望遠 ズーム カメラ レビュー

 

▼16倍▼

au SHG07 AQUOS sense6s 望遠 ズーム カメラ レビュー

 

最後に、カメラの性能差が出やすい夜景の写真です。

AQUOS sense6sはAIが自動で夜景モードの設定に切り替えてくれるので、そのまま撮影するだけでOKです。

 

実際にはどちらも暗いのですが、AQUOS sense6sでは明るく撮影できていますね。

ただし、全体的にやや不鮮明には感じます。

 

au SHG07 AQUOS sense6s 夜景 カメラ レビュー

au SHG07 AQUOS sense6s 夜景 カメラ レビュー

 

ちなみにPixel5で撮影した写真はこちら。

道路の奥に駐車している車も鮮明ですね。

 

ただ、夜景を撮影する機会が年に何回あるか考えましょう。

夜景もきれいに撮影したいという方は価格が高い高性能機種が必要です。

カメラにこだわりたい方はAQUOS sense6sはおすすめできませんが、普段使いには十分です。

 

全体的にAQUOS sense6sのカメラはそこまで悪くありません。

AQUOSは全体的にカメラの評価が高くないのですが、AQUOS sense6sは意外にきれいです。

こだわる方は不満だと思いますが、それほど気にしない方は十分でしょう。

 

イヤホンジャック搭載

 

AQUOS sense6sには本体下部に3.5mmイヤホンジャックが搭載されています。

有線でイヤホン・ヘッドフォンを接続できるのはメリットです。

 

au SHG07 AQUOS sense6s USB端子 USB type-C イヤホンジャック

 

USB端子はUSB Type-C

 

AQUOS sense6sのUSB端子はUSB Type-Cです。

ただし、USB充電器やUSBケーブルは付属していませんので、お持ちでない方は自身で購入が必要です。

 

 

SHG07のベンチマークスコア

 

antutu

 

antutu(V9.3.8)で測定したAQUOS sense6sの総合ベンチマークスコアは約36.1万でした。

 

au SHG07 AQUOS sense6s antutu ベンチマークスコア

 

Snapdragon690 5Gを搭載したAQUOS sense6 SHG05は31.1万なので、Snapdragon695の方がかなり良いですね。

AQUOS sense6sはメモリーRAMが4GBですが、それでも36万超えは十分な性能です。

重い3Dゲームをする方以外は全く問題ないでしょう。

 

Geekbench

 

Geekbench 5によるAQUOS sense6sのベンチマークスコアはシングル:670、マルチ:1856でした。

 

au SHG07 AQUOS sense6s Geekbench ベンチマークスコア

 

私も数日間に渡ってAQUOS sense6sを使いましたが、WEBサイトやSNSの閲覧、アプリの使用においては全く問題ない処理速度でした。

ゲームはしないのでわかりませんが、3Dゲーム以外なら問題ないでしょう。

 

ただ、カメラにこだわる方や重いゲームをする方はハイスペック機種を買いましょう。

詳細auのおすすめ機種ランキング

 

AQUOS sense6sの対応バンド・周波数

 

対応バンド・周波数一覧

 

au版AQUOS sense6s SHG07の対応バンドは以下のとおりです。

 

  • 5G:n28/n77/n78
  • LTE:B1/B2/B3/B5/B12/B17/B18/B19/B38/B41/B42
  • W-CDMA:B1/2/5
  • GSM:850/900/1800/1900MHz

 

ドコモ回線で使える?

 

ドコモ回線で使用する4G/LTEのバンドはB1・3・19ですが、AQUOS sense6sは全て対応しています。

VoLTEにも対応しているので、ドコモ・ahamoやドコモ回線を使った格安SIMでの4G通信や通話は可能です。

 

私もOCNモバイルONEのSIMを入れて検証しましたが、データ通信・音声通話ともに問題なくできました。

ただしAPNは手動で入力が必要でした。

 

使用前に必ず各キャリアの動作確認端末を確認してください

 

ただし、ドコモが使う5Gのn79には非対応です。

n78には対応しているので全く使えないわけではありませんが、都市部を中心したn79エリアでは5Gに繋がらない可能性もあるので注意してください。

よくわからない方は使わないほうが良いでしょう。

 

5Gも含めてドコモ回線で使いたい場合は、ドコモで発売のAQUOS sense6 SH-54BかSIMフリー版のAQUOS sense6を買いましょう。

ドコモ版はもちろん、SIMフリー版もドコモの主要な4G・5Gバンドにフル対応しています。

 

楽天市場・Amazonやイオシスでは新品だけでなく、中古や未使用品も安く購入できます。

 

 

ソフトバンク/ワイモバイルは?

 

ソフトバンク・ワイモバイル回線で使う4G/LTEのバンドは1・3・8ですが、AQUOS sense6sはB8に非対応です。

郊外や山間部などでは繋がらない可能性があります。

 

B1・3には対応していますし、おそらくソフトバンクのVoLTEにも対応しているので街なかでは使えると思いますが、よくわからない方は使わないほうが良いでしょう。

 

ソフトバンク回線・LINEMOやワイモバイルで使いたい場合はSIMフリー版のAQUOS sense6 SH-M19を買いましょう。

SIMフリー版はドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの全キャリアの4G/5Gバンドを網羅しています。

 

 

au回線・au VoLTEは?

 

AQUOS sense6sはもちろんau回線のLTEバンド(1・18・26)の全てに対応しています。

また、au VoLTEにも対応しています。

よって、au以外にもpovo・UQモバイルやau回線を使った格安SIMでも使えます

 

また、auが使う5Gバンドのn77・n78にも対応していますので、5Gも問題なく使えます。

 

ただし、使用前に必ず各キャリアの動作確認端末を確認してください

 

楽天モバイルで使える?

 

au版のAQUOS sense6sは記事執筆時点で楽天モバイルで動作確認されていません。

AQUOS sense6sもしばらくすると楽天モバイル公式サイトのご利用製品の対応状況確認に記載されると思いますので、動作確認を待ちましょう。

 

なお、シムラボでも楽天モバイルのeSIMをAQUOS sense6sに入れて使ってみましたが、4Gデータ通信・音声通話・SMSが問題なくできました。

ただし、APNは手動で入力が必要でした。

 

UQモバイル AQUOS sense6s 楽天モバイル 使える

 

ちなみに、前作AQUOS sense6 SHG05は動作確認済みです。

4G/5Gのデータ通信・通話・SMSは問題なく使えます。

おそらくAQUOS sense6sも同じでしょう。

 

au AQUOS sense6 楽天モバイル 動作確認

 

AQUOS sense6と同じの場合、APN自動設定・ETWSなどには非対応です。

APNは手動で設定すれば問題ありませんが、ETWS(緊急地震速報・津波警報)などの細かい機能には非対応なので注意してください。

詳細ご利用製品の対応状況確認 | 楽天モバイル

 

 

AQUOS sense6sとAQUOS sense6の違い

 

auではAQUOS sense6 SHG05も発売中です。

AQUOS sense6とAQUOS sense6sの違いは搭載CPUとバッテリーの持ちの2点です。

 

AQUOS
sense6s
AQUOS
sense6
CPUSnapdragon
695 5G
Snapdragon
690 5G
antutu
総合スコア
約36.1万約31.1万
バッテリー
容量
4,570mAh4,570mAh
連続通話
時間
約3,730分約3,010分
連続待受
時間
約940時間約920時間

 

カメラ・本体サイズ・対応バンドは同じです。

AQUOS sense6のフィルムやスマホケースも流用できます。

 

搭載CPUが高性能に

 

AQUOS sense6はSnapdragon690 5Gでしたが、AQUOS sense6sはSnapdragon695 5Gです。

公式サイトではSnapdragon690に比べてCPU性能が約12%、GPU性能が約35%向上していると謳っています。

 

実際にベンチマークスコアを比較したところ、以下のとおりでした。

 

<ベンチマークの比較>

AQUOS
sense6s
SHG07
AQUOS
sense6
SHG05
antutu約36.1万約31.1万
Geek
bench
シングル670592
マルチ1,8561,617

 

AQUOS sense6sの方が断然良いですね。

 

バッテリーの持ちも長く

 

AQUOS sense6sはバッテリーの持ちも良くなっています。

 

搭載しているバッテリーの容量はどちらも4,570mAhで同じですが、連続通話時間・連続待ち受け時間は長くなっています。

搭載CPUの省エネ性能向上がバッテリーの持ちにも寄与しているのかもしれません。

 

▼最新機種も最大22,000円引▼

 

 

AQUOS sense6sの付属品

 

AQUOS sense6sの付属品一覧

 

AQUOS sense6sに付属しているのはクイックスタートガイドとデータ移行用のクイックスイッチアダプタのみです。

 

  • クイックスタートガイド
  • クイックスイッチアダプタ(データ移行用)

 

au SHG07 AQUOS sense6s 付属品 同梱品

 

充電器(アダプタ/ケーブル)なし

 

AQUOS sense6sにはUSB充電器・USBケーブルやフィルムは付属・同梱されていません

USBアダプタやUSBケーブルをお持ちでない方は自身で購入が必要です。

 

 

AQUOS sense6sのケース

 

auのAQUOS sense6sにはスマホケース・本体カバーが付属していません。

本体保護のため、スマホケースの購入をおすすめします。

 

 

なお、AQUOS sense6sはAQUOS sense6と同じ本体なので、AQUOS sense6のケースも流用できます。

 

AQUOS sense6sのフィルム

 

最近、機種によっては最初から画面保護フィルムが貼付されている機種も増えてきましたが、auのAQUOS sense6sには貼付されていません。

自身で購入が必要です。

 

また、AQUOS sense6sは画面内指紋認証なので、フィルムの種類によって精度が低くなる場合があります。

口コミなどをよく読んでから購入しましょう。

 

 

なお、AQUOS sense6sはAQUOS sense6と同じ本体なので、AQUOS sense6のフィルムも流用できます。

 

クイックスイッチアダプター付属

 

auのAQUOS sense6sにはクイックスイッチアダプターが付属しています。

クイックスイッチアダプターは、現在のスマホからAQUOS sense6sにデータを移行する際、USB type-AをType-Cに変換するためのものです。

 

au SHG07 AQUOS sense6s クイックスイッチアダプター

 

データ移行の方法はこちらに記載されています。

詳細AQUOS sense6sへのデータ移行
詳細クイックスイッチアダプター | AQUOS sense6s

 

▼購入はオンラインがお得▼

au公式オンラインサイト

 

▼5Gへの機種変更もお得▼

au 5G機種変更おトク割

 

 

搭載された便利機能

 

搭載便利機能一覧

 

AQUOS sense6sに搭載されている便利機能は以下のとおりです。

 

有無
防水
防塵
ワンセグ
おサイフケータイ
指紋認証
顔認証
虹彩認証
ワイヤレス充電

詳細AQUOS sense6s | 搭載機能

 

指紋認証・顔認証対応

 

AQUOS sense6sは指紋認証・顔認証の両方に対応しています。

特に指紋認証センサーがあるのは嬉しいですね。

 

AQUOS sense6sの指紋認証は画面内指紋認証です。

 

防水・防塵対応

 

AQUOS sense6sは防水・防塵に対応しています。

防水はIPX5・IPX8防塵はIP6Xというレベルで、水濡れ等による故障のリスクは低いでしょう。

 

おサイフケータイ対応

 

AQUOS sense6sはおサイフケータイに対応しています。

最近はキャッシュレスが推進されていますので、おサイフケータイが搭載されているのは嬉しいですね。

 

おサイフケータイのセンサーはカメラ部分にあります。

傷付けないようにスマホケースを使うのがおすすめです。

 

au SHG07 AQUOS sense6s カメラ

 

ワンセグ・フルセグ非対応

 

AQUOS sense6sはワンセグ・フルセグには対応していません。

 

データ移行の仕方

 

AQUOS sense6sにはデータ移行用の専用アダプタが付属しています。

 

AQUOS sense6s データ移行アダプタ

 

USBケーブルのタイプA側をAQUOS sense6sに接続し、これまで使っていたスマホとつなぐと簡単にデータ移行ができます。

データ移行の手順はこちらを参考にしてください。

詳細AQUOS sense6sへのデータ移行
詳細クイックスイッチアダプター | AQUOS sense6s

 

戻るボタンの表示方法

 

AQUOS sense6sは初期状態では画面下のナビゲーションバー(戻るボタンなど)が表示されません。

これは設定変更により表示/非表示が切り替えられます。

 

「設定」→「システム」→「操作」→「システムナビゲーション」をタップし、「3ボタン ナビゲーション」を選択すると戻るボタンが表示されます。

逆に非表示にしたい場合は「ジェスチャーナビゲーション」を選択しましょう。

 

au SHG07 AQUOS sense6s 戻るボタン 3ボタン

 

AQUOS sense6sの購入/機種変更はこちら

 

以上、auで発売のAQUOS sense6sの解説でした。

 

AQUOS sense6sは5G対応の有機ELディスプレイ搭載スマホで、nanoSIM+eSIMのデュアルSIMです。

前作AQUOS sense6よりCPU性能が向上しています。

 

価格もそこまで高くないうえ、au公式オンラインサイトなら最大22,000円が割引されます。

新規契約でも11,000円、機種変更でも5,500円が割引されるので、購入はau公式オンラインサイトでどうぞ!

 

▼購入はオンラインがお得▼

au公式オンラインサイト

 

▼最新機種も最大22,000円引▼

 

▼5Gへの機種変更もお得▼

au 5G機種変更おトク割

 

 

 

auの記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました