auのGalaxy S10+ SCV42のスペック・価格を解説!S10 plusとS10の違い・比較も

 

Galaxy S10+ SCV42

 

本記事では、auから発売されたスマホ「Galaxy S10+ SCV42」のスペック・価格を解説します。

Galaxyシリーズの最新のハイスペックスマホで、どの部分をとっても一級品の性能です。

 

▼Galaxy S10+の詳細を確認▼

au公式オンラインサイト

 

auのおすすめ機種はこちら!
auのおすすめスマホランキング

 

Galaxy S10+の価格・値段

 

本体価格

 

Galaxy S10+ SCV42の本体価格は税抜106,444円です。

ハイスペックだけあって少々高いですね。

 

Galaxy S10よりもさらに1万円ちょっと高いです。

 

アップグレードプログラム対象

 

Galaxy S10+ SCV42はアップグレードプログラムDXの対象機種です。

そのため、48回払いで購入して25ヶ月に機種変更する際に端末を返却すれば、残りの24回分の支払額が免除されます。

 

その場合の実質負担額は半額の53,222円です。
※別途プログラム利用料390円/月が必要

 

詳細公式サイトで価格を見る

 

Galaxy S10+ SCV42のスペック

 

発売日

 

auにおけるGalaxy S10+ SCV42の発売日は2019年5月23日です。

同時にGalaxy S10 SCV41も発売されました。

 

au以外にドコモでもGalaxy S10+ SC-04Lとして発売されました。

 

カラーバリエーション

 

Galaxy S10+ SCV42の本体カラーは「プリズムブラック」「プリズムホワイト」の2色です。

ドコモはブラックのみでしたが、auでは2色から選べます。

 

Galaxy S10+ SCV42_本体カラー

 

スペック一覧表

 

スペック
サイズ(mm)H158× W74× D7.8
重さ約175g
画面サイズ6.4インチ
解像度1,440 x 3,040
(クアッドHD+)
バッテリー容量4,000mAh
OSAndroid 9
CPUSnapdragon855
(オクタコア)
2.8GHz+2.4GHz
+1.7GHz
メモリ(ROM)128GB
メモリ(RAM)8GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大512GB)
有効画素数
(アウトカメラ)
1,200万+1,600万
+1,200
画素
有効画素数
(インカメラ)
1,000万+
800万画素

 

スペック詳細はこちらをご確認ください。

詳細Galaxy S10+ SCV42のスペック

 

▼Galaxy S10+の価格/詳細を確認▼

au公式オンラインサイト

 

 

搭載された便利機能

 

搭載機能一覧

 

Galaxy S10+ SCV42はワンセグ・フルセグの他、おサイフケータイ、指紋認証・顔認証、防水・防塵に対応しています。

 

機能有無
ワンセグ
フルセグ
おサイフケータイ
指紋認証
顔認証
虹彩認証
ハイレゾ
ワイヤレス充電

 

おサイフケータイ対応

 

Galaxy S10+ SCV42はおサイフケータイに対応しています。

最近はキャッシュレスが推進されており、再びおサイフケータイの人気が高まってきました。

 

指紋・顔認証対応

 

Galaxy S10+ SCV42は顔認証センサーと指紋認証センサーに対応しています。

顔認証があれば、本体を持ち上げて画面を見るだけでロックが一瞬で解除されます。

精度も良いようです。

 

また、指紋認証センサーは画面内の下方に表示される指紋ボタンに触れることでロックが解除されます。

本体背面やホームボタンに認証センサーはありません。

 

防水・防塵対応

 

Galaxy S10+ SCV42はもちろん防水・防塵に対応しています。

通常の使用であれば、水濡れやホコリによる故障はめったに発生しないでしょう。

 

ワンセグ/フルセグ対応

 

Galaxy S10+ SCV42はワンセグ・フルセグに対応しています。

ワンセグ・フルセグ対応機種はどんどん減っていますが、ハイスペック機種にはまだまだ搭載されています。

 

フルセグ視聴時は付属のアンテナの接続が必要です。

 

ワイヤレス充電Qi対応

 

Galaxy S10+ SCV42はワイヤレス充電に対応しています。

Qiに対応した充電器があれば、ケーブルの抜き差し不要で置くだけで充電が可能です。

 

さらに、対応端末同士でバッテリー残量を分け合える「ワイヤレス給電」にも対応しています。

対応機種であれば、他のスマホはもちろん無線のイヤホンなどにも充電可能です。

 

その他搭載機能の詳細はこちらをご確認ください。

詳細Galaxy S10+ SCV42のスペック

 

▼Galaxy S10+の詳細を確認▼

au公式オンラインサイト

 

 

Galaxy S10+ SCV42の対応バンド

 

対応周波数一覧

 

Galaxy S10+ SCV42の対応バンドは以下の通りです。

  • WCDMA:1
  • LTE:1/3/18/26/28/42

 

詳細対応バンド一覧 | au

 

au回線での使用可

 

Galaxy S10+ SCV42はもちろんau回線に対応していますし、au以外にau回線を使った格安SIMでも使えます。

ただし、必ず各キャリアの動作確認端末一覧を確認してください。

 

ドコモ回線での使用は?

 

ドコモ回線での使用に必要なバンドはLTE:1・3・19と3Gの1・6です。

対応バンドをみると、Galaxy S10+ SCV42はLTEのバンド19と3Gのバンド6に対応していません。

 

LTEバンドの1・3と3Gバンドの1に対応しているので、SIMロック解除すればドコモ回線でも使えないことはないですが、地域によっては電波が弱くなる可能性があります。

個人的には使用はおすすめしません。

 

ドコモ回線で使う場合はドコモ版の「Galaxy S10+ SC-04L」をイオシスなどで探しましょう。

 

ソフトバンク回線での使用は?

 

ソフトバンクやワイモバイルの回線での使用に必要なバンドはLTE:1・3・8と3Gの1・8です。

対応バンドをみると、Galaxy S10+ SC-04LはLTEのバンド8と3Gのバンド8に対応していません。

 

LTEバンドの1・3と3Gバンドの1に対応しているので、SIMロック解除すればソフトバンク・ワイモバイル回線でも使えないことはないですが、地域によっては電波が弱くなる可能性があります。

こちらも同様に使用はおすすめしません。

 

▼Galaxy S10+の詳細をみる▼

au公式オンラインサイト

 

 

Galaxy S10+の特徴レビュー

 

6.4インチ全面ディスプレイ

 

Galaxy S10+

 

Galaxy S10+ SCV42の画面サイズは約6.4インチと大画面です。

6.1インチのGalaxy S10よりもさらに大きいですね。

 

ただし、Galaxy S10+はほぼ全面が画面になっており、本体サイズはかなりコンパクトです。

 

ホームボタンはありませんし、インカメラも「パンチホールカメラ」といってパンチで穴を開けたようなデザインになっていますので画面占有率が非常に高いです。

ゲームをしたり動画を視聴される方にもおすすめです。

 

最高峰Snapdragon855搭載

 

Galaxy S10+ SCV42に搭載されているCPUは発売時点で最高峰のSnapdragon855です。

処理速度も超高速で省エネにも優れています。

メモリー(RAM)も8GBと大容量なので、高負荷の3Dゲームをされる方でも安心ですね。

 

一方、ゲームをしたりしない方は少々オーバースペックであるとも言えます。

 

最高峰のトリプルカメラ

 

Galaxy S10+ SCV42はカメラも最高峰です。

 

アウトカメラはトリプルレンズカメラで、夜景などの暗闇にも強いです。

さらに、被写体に合わせて自動で最適な撮影モードに切り替えてくれるので、誰でもかんたんに美しい写真が撮影できます。

 

インカメラもデュアルレンズ

 

Galaxy S10+ SCV42は自撮り用のインカメラもデュアルレンズです。

ここがGalaxy S10との大きな違いですね。

 

デュアルレンズのGalaxy S10+は自撮りでも美しいポートレートが撮影できます。

 

▼Galaxy S10+の詳細を確認▼

au公式オンラインサイト

 

 

Galaxy S10 SCV41との違い

 

Galaxy S10+ SCV42と同時に発売されたGalaxy S10 SCV41との大きな違いは以下のとおりです。

 

<S10とS10+の違い>

S10S10+
画面サイズ6.1インチ6.4インチ
重さ158g175g
バッテリー3,300mAh4,000mAh
インカメラ1,000万画素
(シングル)
1,000万+
800万画素
(デュアル)
本体カラー白・黒・青 白・黒
価格¥94,444¥106,444

 

S10とS10+の最も大きな違いはインカメラです。

S10はシングルカメラでしたが、S10+はデュアルレンズカメラとなっています。

 

画面サイズはわずかにS10+が大きく、バッテリー容量もS10+の方が大きい分、S10+の方が重量が重くなっています。

さらに、S10は3色から選べましたが、S10+は2色しかありません。

 

価格差は1万円程度です。

 

 

 

【必見】auスマホ料金の節約技

 

auスマートバリューは必須

 

 

auのスマホ・ケータイやタブレットを契約中の方には、月額料金のお得な節約技があります。

それは、auスマートバリューです。

 

auスマートバリューとは

 

auスマートバリューとは、auのスマホ・ケータイ・タブレットと、光回線である「auひかり」をセットで契約することで、月額料金が毎月割引になる制度です。

 

auスマートバリューの割引は、契約1回線ごとに適用されます。

よって、例えば家族4人でauのスマホを契約している場合には、4人全員に割引が適用されるのです。

 

auスマートバリューの割引額

 

auスマートバリューの割引額は以下の通りです。

 

<auスマートバリューの割引額>

契約プラン(スマホ)割引額
auピタット
プラン
1GBまで対象外
1GB~7GBまで500円/月
・auフラットプラン7+1,000円/月
・auデータMAXプラン1,000円/月

※割引は翌月から
※新規受付終了した旧プランも割引対象

ドコモ・ソフトバンクにもauスマートバリューと同様の割引制度があります。

スマホと光回線のセット割引は、ドコモ・au・ソフトバンクでスマホを契約している方には必須の割引なのです。

 

auひかりでキャッシュバック

 

auスマートバリュー

 

これからauひかり(auスマートバリュー)を契約しようと考えている方には、さらにお得な裏技があります。

それは、auの店舗や家電量販店でauひかりに申し込むのではなく、auの正規代理店から申し込むことで高額キャッシュバックをもらう方法です。

 

例えば私が最もおすすめのauの正規代理店「NNコミュニケーションズ」なら、auひかり申し込みで最大50,000円のキャッシュバックがもらえます。

 

<キャッシュバック額>

光回線+
ひかり電話
光回線のみ
ホームタイプ
(戸建て)
¥52,000¥45,000
マンション
タイプ
¥47,000¥40,000

 

さらにNNコミュニケーションズなら、KDDIが実施している公式キャンペーンも適用されて2重取りできますし、余計なオプション加入も不要です。

また、キャッシュバックは手続き不要で翌々月末には振り込まれます

 

  • icon-circle-o 最大52,000円キャッシュバック
  • icon-circle-o 余計なオプションの加入不要
  • icon-circle-o キャッシュバック手続き不要
  • icon-circle-o 翌々月末に振り込み
  • icon-circle-o 電話で丁寧なサポート
  • icon-circle-o 公式キャンペーンも2重で適用
  • icon-times 公式じゃないから不安?
  • icon-times 申し込みはネット・電話のみ

 

高額キャッシュバックがもらえる場合は、余計や有料オプションに加入が必須か、キャッシュバックの申請手続きが複雑でもらい忘れを狙っているかのどちらかです。

ですが、ここならどちらも心配いりません。

 

auひかりは必ずここから申し込みましょう。

 

▼お得な申し込み方法を調べる▼

auひかり 申し込み

 

▼オプション不要で高額還元▼

 

 

Galaxy S10+の購入/機種変更はこちら

 

以上、auから発売されたGalaxy S10+ SCV42解説でした。

 

Galaxyシリーズの最新作で、カメラ・CPU・バッテリーのどれをとっても超ハイスペックです。

おサイフケータイやフルセグにも対応しているのが嬉しいですね。

 

Galaxy S10+ SCV42の購入や機種変更はau公式オンラインサイトがおすすめです。

ぜひご利用ください!

 

▼Galaxy S10+の価格/詳細を確認▼

au公式オンラインサイト

 

 

 

シムラボ(au) トップページへ

 

タイトルとURLをコピーしました