iPhone14の価格と一番お得に買う方法はこちら 

auのXperia 10 II SOV43のスペック解説!中古の使い方も

端末

 

Xperia 10 II SOV43 au

 

本記事ではauで発売されたXperia 10 II SOV43のスペックを解説します。

 

SONY製のミドルスペックスマホで、おサイフケータイや防水にも対応しており安心です。

auでの販売は終了しましたが、中古も使えます。

 

 

現在販売中の機種はこちら!
auのおすすめ機種ランキング

 

Xperia10 II SOV43の価格・発売日

 

au Xperia 10 II SOV43

 

Xperia10 II SOV43は販売終了

 

Xperia10 II SOV43はau公式オンラインストアでの販売が終了になりました。

店舗にもまず無いでしょう。

 

現在販売中のスマホはこちらを確認してください。

 

 

中古で格安で買える

 

Xperia10 II SOV43は中古でも購入できます。

楽天市場やAmazonでも買えますし、イオシスやじゃんぱらなどのスマホ店でも購入できます。

 

Xperia10 II SOV43はauはもちろん、povo・UQモバイルやau回線を使った格安SIMでも使えます

また、SIMロック解除すれば楽天モバイルでも使えます。

性能は今でも十分なので、ぜひ利用してください。

 

 

Xperia10 IIを他社で使う

 

auで購入したXperia 10 IIは他キャリアでも使えます。

auはもちろん、povo・UQモバイルやau回線を使った格安SIMで使う場合、SIMを差し替えてAPN設定をすればすぐに使えます。

 

また、SIMロック解除すれば楽天モバイルでも使えます。

楽天モバイル公式サイトの「ご利用製品の対応状況確認」をみると、Xperia 10 II SOV43は通話・データ通信・SMSの基本的な機能は使えます。

SIMロック解除したのちにSIMを差し替えてAPN設定をしてください。

 

au Xperia 10 II SOV43 楽天モバイル

 

なお、Xperia 10 II SOV43はドコモ回線が使う4G/LTEのB19やソフトバンク回線のB8には非対応です。

SIMロック解除すれば使えないことはないですが、使用エリアによっては電波が弱くなるので使用はおすすめしません。

 

ドコモ回線で使う場合はドコモ版のXperia 10 II SO-41A、ソフトバンクやワイモバイル回線で使う場合はワイモバイル版のXperia 10 II A001SOを使いましょう。

 

また、SIMフリー版のXperia 10 IIは3キャリアのバンドに対応しています。

SIMフリー版のみ2枚のSIMが併用できるデュアルSIMなので、価格が同じならSIMフリー版を探して買うのがおすすめです。

 

 

SIMロック解除の手順

 

auで2021年9月30日までに販売されたスマホはau回線以外では使えないようにSIMロックという状態になっています。

Xperia10 II SOV43も、2021年9月末までにauで購入した端末はSIMロックがかかっています。

 

au・UQモバイル・povoやau回線を使った格安SIMで使う場合はそのまま使えますが、楽天モバイルで使う場合はSIMロック解除が必要です。

このSIMロックはマイページまたは店舗で解除できます。

 

マイページから手続きすれば無料ですが、店舗は3,300円の手数料がかかります。

必ずマイページから解除手続きしましょう。

詳細SIMロック解除のお手続き | au
詳細au端末をSIMロック解除してみた

 

なお、auをすでに解約した方や中古のau端末を買った方もSIMロック解除が可能です。

 

Xperia 10 II SOV43の対応バンド

 

対応バンド・周波数一覧

 

Xperia 10 II SOV43の対応バンドは以下の通りです。

 

  • LTE:B1/3/18
  • 3G:B1

 

au回線・au VoLTE可

 

Xperia 10 II SOV43はもちろんau回線のLTEバンド(1・18)に対応しています。

au VoLTEにも対応していますので、au・UQモバイル・povoはもちろん、au回線を使った格安SIMでも使えます。

 

au回線の格安SIMで使う場合にはSIMロック解除不要ですが、できるだけ事前に解除しておきましょう。

 

ドコモ回線で使える?

 

ドコモ回線で使用するLTEのバンドはB1・3・19です。

SOV43はB1・3に対応していますが、プラチナバンド19には対応していません。

 

SIMロック解除してドコモ回線のSIMを入れて使った場合、都市部では問題なく使用できますが、郊外に行くと電波をつかみにくくなる可能性があります。

よくわからない方はドコモ回線での使用はやめておきましょう。

 

SIMフリー版とドコモ版のXperia 10 IIはドコモ回線でも使えます。

 

ソフトバンク/ワイモバイル不可

 

ソフトバンク・ワイモバイル回線で使うFDD-LTEのバンドは1・3・8ですが、SOV43はB8に非対応です。

また、3GのB8にも対応していません。

 

SIMロック解除すれば使えないことはないですが、地域によっては電波が弱くなる可能性があります。

使うのはおすすめしません。

 

SIMフリー版とワイモバイル版はソフトバンクやソフトバンク回線を使った格安SIMでも使えます。

 

楽天モバイルで使える?

 

auのスマホは楽天モバイルUNLIMITと相性が良いです。

Xperia 10 II SOV43も楽天モバイルで動作確認されており、データ通信・通話・SMSが問題なく使えます。

詳細ご利用製品の対応状況確認 | 楽天モバイル

 

au Xperia 10 II SOV43 楽天モバイル

 

ただし、SIMロック解除が必要です。

また、APN自動設定やETWS(緊急地震速報などの受信)、110・119時の高精度な位置情報測位には非対応です。

 

  • APN自動設定
  • ETWS(緊急地震速報など)
  • 110/119等での高精度な位置測位

 

個人的にはあまり気にしませんが、気になる方は素直に楽天モバイルで端末を買いましょう。

 

 

▼Xperia 10 II SOV43の詳細▼

au公式オンラインサイト

 

Xperia10 II SOV43のスペック

 

SOV43の発売日

 

auにおけるXperia 10 II SOV43の発売日は2020年6月4日です。

au以外にドコモ(Xperia 10 II SO-41A)・ワイモバイルとSIMフリーでも発売されました。

 

スペック一覧表

 

Xperia 10 II SOV43のスペック詳細は以下のとおりです。

 

スペック
本体サイズ
(mm)
H157× W69× D8.2
本体の
重さ
約151g
画面
サイズ
約6.0インチ
有機EL
解像度2,520 x1,080
(フルHD+)
バッテリー
容量
3,600mAh
搭載
OS
Android 10
CPUSnapdragon665
(オクタコア)
2.0+1.8GHz
メモリー
(ROM)
64GB
メモリー
(RAM)
4GB
対応外部
メモリ
microSDXC
(最大1TB)
有効画素数
(メインカメラ)
1,200万(標準)
+800万(超広角)
+800万(望遠)
有効画素数
(サブカメラ)
800万画素
USB
端子
USB Type-C

詳細Xperia 10 II | SONY

 

本体カラー・色

 

Xperia 10 II SOV43の本体カラーはミント・ブラック・ホワイトの3色です。

ドコモ・ワイモバイルではブルーも発売されましたが、auは3色のみです。

 

6インチの21:9縦長画面

 

Xperia 10 II SOV43の特徴はなんといっても画面サイズと比率です。

 

21:9という比率で、縦長の画面が特徴です。

これは映画のスクリーンサイズと同じ比率で、スマホで動画を見る方にもおすすめです。

マルチウィンドウにして、複数のアプリを組み合わせて同時操作も可能です。

 

本体の横幅が69mmと細いので持ちやすいのも嬉しいですね。

 

CPUはSnapdragon665

 

Xperia 10 II SOV43に搭載されているチップセットはSnapdragon665です。

 

ハイスペックというわけではありませんが、3Dゲームなどかなり重い作業をしなければ全く問題はありません。

ほとんどの方には十分なスペックです。

 

RAMは4GB/ストレージ64GB

 

Xperia 10 II SOV43のメモリー(RAM)は4GB、ストレージは64GBです。

これだけあれば十分でしょう。

 

また、ストレージ容量はSDカードで増設可能です。

 

SIMロック?SIMフリー?

 

auのXperia 10 IIは購入日によってSIMロックがかかっている場合があります。

 

2021年9月末までに購入した端末にはSIMロックがかかっていますが、2021年10月1日以降に購入した端末はSIMフリーです。

 

購入日SIMロック
2021年
9月末まで
あり
2021年
10月1日以降
なし

 

SIMロックの有無が変わるのは端末の発売日ではなく購入日なので注意してください

 

2021年9月末までに購入したau端末に他社回線のSIMを挿して使う場合、事前にSIMロック解除が必要です。

このSIMロックはマイページまたは店舗で解除できます。

 

マイページから手続きすれば無料ですが、店舗は3,300円の手数料がかかります。

必ずマイページから解除手続きしましょう。

詳細SIMロック解除のお手続き | au
詳細au端末をSIMロック解除してみた

 

microSDカード挿入可

 

Xperia 10 II SOV43は最大1TBのマイクロSDカードを挿入することでストレージ容量を増やせます。

ストレージ容量は64GBありますが、足りない方はマイクロSDカードを使用しましょう。

 

 

AI搭載トリプルレンズカメラ

 

Xperia 10 II SOV43のアウトカメラは1,200万画素+800万+800万画素のトリプルレンズカメラです。

1,200万画素の標準レンズに800万画素の超広角カメラと800万画素の望遠カメラが搭載されています。

 

  • 超広角(800万画素)
  • 標準(1,200万画素)
  • 望遠(800万画素)

※本体の上からの順番

 

また、AI搭載カメラが被写体を自動判別して、13種類の中から最適な撮影モードに設定してくれます。

また、コンディション(被写体が固定されているか動いているか、など)も検知して最適な撮影を行ってくれます。

 

インカメラの画素数は800万画素ですが、ポートレートセルフィ機能も搭載しています。

 

イヤホンジャック搭載

 

Xperia 10 II SOV43には本体上部に3.5mmイヤホンジャックが搭載されています。

有線でイヤホン・ヘッドフォンを接続できるのはメリットです。

 

Xperia特有のハイレゾに加え、圧縮された音源をハイレゾのように変換する機能も搭載されています。

 

USB端子はUSB Type-C

 

Xperia 10 II SOV43のUSB端子はUSB Type-Cです。

 

5GhzのWiFiに対応

 

Xperia 10 IIが対応するWi-Fi規格は以下のとおりです。

 

802.11a/b/g/n/ac

 

Xperia 10 IIは5GhzのWi-Fiにも対応しています。

 

ACアダプタ/ケーブルなし

 

Xperia 10 II SOV43には付属品がありません。

ケースやフィルムはもちろん、ケーブルも充電器もありません。

 

ACアダプタやUSBケーブルをお持ちでない方は自身で購入が必要です。

 

 

▼Xperia 10 II SOV43の詳細▼

au公式オンラインサイト

 

 

SOV43の搭載機能

 

搭載便利機能一覧

 

Xperia 10 II SOV43に搭載されている便利機能は以下のとおりです。

 

有無
防水
防塵
ワンセグ
おサイフケータイ
指紋認証
顔認証
ワイヤレス充電

 

指紋認証センサーあり

 

Xperia 10 II SOV43は指紋認証に対応しています。

指紋認証センサーは本体側面の電源ボタンに搭載されています。

 

認証スピードも問題ありません。

 

防水・防塵対応

 

Xperia 10 II SOV43は防水・防塵に対応しています。

防水はIPX5・IPX8防塵はIP6Xというレベルで、水濡れ等による故障のリスクは低いでしょう。

 

おサイフケータイ対応

 

Xperia 10 II SOV43はおサイフケータイに対応しています。

 

最近はキャッシュレスが推進されていますのでおサイフケータイが搭載されているのは嬉しいですね。

 

ワンセグ・フルセグ非対応

 

Xperia 10 II SOV43はワンセグ・フルセグには対応していません。

 

▼Xperia 10 II SOV43の詳細▼

au公式オンラインサイト

 

SOV43の購入/機種変更はこちら

 

以上、auで発売されたXperia 10 II SOV43の詳細でした。

 

auでの販売は終了しましたが、中古も使えますし、楽天モバイルでも使えます。。

購入はこちらからどうぞ!

 

 

 

 

auの記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました