iPhone SEが16,000円分還元中! 

BIGLOBEモバイルのドコモ回線は特殊なAPN設定で速度向上!

 

本記事は格安SIMの管理人さんのこちらこちらの記事を参考に作成しました。

 

BIGLOBEモバイル ロゴ

 

これまでシムラボでは毎月BIGLOBEモバイルの通信速度を計測してきました。

これまでは記事中で「タイプAは速いが、タイプDは遅い!」と伝えてきましたが、タイプDで通常とは異なる特殊なAPN設定をすると速度がかなり向上することがわかりました。

 

本記事では通常APNと最適化解除APNの速度の比較と、APN設定方法を解説します。

 

▼超豪華キャンペーン中▼

【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中(~3/31)

 

タイプDには特殊なAPNがある

 

最適化解除APNとは?

 

BIGLOBEモバイルはドコモ回線を使ったタイプDと、au回線を使ったタイプAの2つの回線があり、契約時に好きな方を選べます。

このうち、タイプDには一般的に公表されているAPN設定とは別のAPNが用意されています。

 

詳しく説明すると、通常のAPNは「安定した通信品質を保つとともに、お客さまご自身の端末での画像表示速度の向上や通信容量の節約につながるように、通信の最適化を行う」ように設定されています。

具体的には画像を圧縮・変換することで通信容量を節約しているのです。

 

しかし、この最適化を避けたい方のために、通信を最適化しない特殊なAPN(=最適化解除APN)が用意されているのです。

 

通信の最適化速度
通常の
APN
あり遅い
最適化解除
APN
なし速い

 

この特殊な「最適化解除APN」に設定すれば、画像などがきれいに表示されるとともに、通信速度がかなり速くなることがわかりました。

 

公式サイトにも記載あり

 

ちなみにこの最適化解除APNは裏技的なものではなく、公式サイトにもしっかりと記載があります。

詳細BIGLOBEモバイルにおける通信の最適化について

 

公式な方法として用意されているものなので、安心して使ってください。

 

通常APNと最適化解除APN

 

AndroidのAPN

 

通常のBIGLOBEモバイルのAPNは以下のとおりです。

 

<通常のAPN>

項目設定内容
APN(接続先)biglobe.jp
ID(ユーザー名)user
パスワード0000
認証方式CHAPまたはPAP
APNタイプdefault,supl,dun

 

これに対し、最適化解除APNは以下のとおりです。

違いはID(ユーザー名)の部分のみです。

 

<最適化解除APN>

項目設定内容
APN(接続先)biglobe.jp
ID(ユーザー名)user@aporg
パスワード0000
認証方式CHAPまたはPAP
APNタイプdefault,supl,dun

 

Android端末の場合、ほとんどの機種でBIGLOBEモバイルのSIMカードを入れて 設定 → モバイルネットワーク → アクセスポイント名 をタップすると「BIGLOBE」と表示されています。

それを選択すると、通常APNが自動でセットされます。

 

 

しかし、最適化解除APNに設定するには手動で設定が必要です。

「BIGLOBE」をタップし、ユーザー名の欄を”user”から”user@aporg”に変更します。

 

変更後は右上のボタンから「保存」をタップし、一度機内モードをON→OFFにすると接続されます。

 

iPhoneのAPN

 

iPhoneでBIGLOBEモバイルのSIMを使う場合にはプロファイルのインストールが必要です。

 

 

プロファイルのインストール手順は下記に記載されています。

詳細iOS端末のAPN設定 | BIGLOBE

 

最適化解除APNが断然速い

 

のちほど、通常APNと最適化解除APNで実際の速度を比較していますが、最適化解除APNに設定したほうが断然速度が速いです。

 

通常APNでは1~3Mbpsくらいしか出ない時間がほとんどですが、最適化解除APNにすると通常時は常に10~30Mbpsほど出ています。

スマホの通信速度は3~5Mbpsほど出ていれば何でもできるので、十分すぎる速度です。

 

ただし、お昼12時~13時は最適化解除APNにしても1Mbpsを割り込みます。

この1時間だけは我慢が必要です。

 

タイプAとどちらが速い?

 

BIGLOBEモバイルではau回線を使ったタイプAも選べます。

タイプAは通常のAPNのままで速いです。

最適化解除APNの設定もできますが、速度は変わらないので意味はありません。

 

タイプAと最適化解除APNのタイプDの速度を比較すると、通常時はどちらも速いです。

お昼12~13時はどちらも急激に速度が落ち込みます。

速度はそれほど変わりません。

 

<通信速度の比較>

通常時お昼
12~13時
タイプA10~30
Mbps
0.5~1
Mbps
タイプD
(解除APN)
10~30
Mbps
0.5~1
Mbps
タイプD
(通常APN)
1~3
Mbps
0.5~1
Mbps

 

タイプAを選べる方はタイプAを選んだほうが良いでしょう。

また、エンタメフリーに加入する方はタイプDで最適化解除APNを設定しても最適化されてしまうので、タイプAの方がおすすめです。

 

タイプAを選べる方はタイプAの方がおすすめですが、タイプAで使えない端末をお持ちの方はタイプDを選んでも構いません。

ただし、タイプDを選んだ方は必ず最適化解除APNを設定しましょう。

 

最適化解除APNの注意点

 

エンタメフリーONなら最適化

 

BIGLOBEモバイルにはエンタメフリーというオプションが用意されています。

エンタメフリーとは、月額480円でYoutubeやAbemaTV、U-NEXTなどの動画やSNS、音楽ストリーミングがカウントフリーになるオプションです。

詳細エンタメフリーでYoutube見放題

 

このオプションに加入してエンタメフリーをONにしていると、APNが最適化解除APNであっても通信の最適化がされ、速度が遅くなります。

公式サイトにも記載があります。

 

「通信の最適化解除方法」で示したAPN設定を使用中の方でも、エンタメフリー機能を「オン」に設定している場合には通信の最適化が行われます
引用エンタメフリー機能に係る説明

 

エンタメフリーを契約する予定の方はタイプAを選んだほうが良いです。

 

データ消費が早くなる

 

タイプDで最適化解除APNを設定すると、画像の圧縮や変換が行われないので、データ容量をたくさん消費します。

場合によっては容量が足りなくなる可能性もあるので注意してください。

 

▼超豪華キャンペーン中▼

【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中(~3/31)

 

 

タイプDの速度(最適化APN/通常APN)

 

ここからは、2020年7月に計測した通常APNと最適化解除APNの速度を記載します。

最新の速度計測結果は下記記事をご覧ください。

詳細BIGLOBEモバイルの速度を毎月計測中

 

  • 計測アプリ:ドコモスピードテスト
  • 端末:ZenFone Live L1
  • 計測場所:東京23区内の住宅地

 

計測の日付は同じではないので注意してください。

 

平日朝の速度

 

まずは平日朝の速度です。

 

<最適化解除APN>

07:0008:3010:00
7/15(水)38.0335.1717.78
7/16(木)33.7739.3240.52
7/17(金)27.0738.0639.48
平均32.9637.5232.59

 

<通常APN>

07:0008:3010:00
7/6(月)2.162.1715.56
7/7(火)1.621.5114.84
7/8(水)1.591.5231.96
平均1.791.7320.79

 

上記の通り、朝の時間帯は大きな差があります。

最適化解除APNは常時30Mbpsほど出ています。

格安SIMの速度は3~5Mbpsもあれば十分なので、30Mbpsはかなり速いです。

 

最適化解除APNは朝の通勤時間帯で最も速度が混雑する8:30も速度が落ちません。

絶対に最適化解除APNに設定して使いましょう

 

平日お昼の速度

 

つづいて、回線が混雑し格安SIMの速度が遅くなるお昼の速度です。

 

<最適化解除APN>

11:3012:0012:3013:0013:30
7/15(水)35.6129.570.7526.5737.10
7/16(木)38.7232.650.759.1227.20
7/17(金)34.2923.790.661.7636.76
平均36.2128.670.7212.4833.69

 

<通常APN>

11:3012:0012:3013:0013:30
7/6(月)1.501.560.841.389.36
7/7(火)1.581.530.871.4810.60
7/8(水)1.561.550.861.559.01
平均1.551.550.861.479.66

 

この時間帯で最も回線が混雑するのは12時~13時ですが、12:30はさすがに最適化解除APNも1Mbpsを割り込んでいますね。

むしろ通常APNの方が速いくらいです。(体感で速度は感じないと思いますが…)

 

一方、それ以外の時間は大きな差があります。

通常APNは1Mbps台の日がほとんどなのに対し、最適化解除APNは数十Mbps出ています。

 

最も回線が混雑する12時~13時はそれほど変わりませんが、それ以外の時間は最適化解除APNの方が断然速いです。

 

平日お昼~夕方の速度

 

つづいて、比較的速度が安定する平日お昼すぎ~夕方の速度です。

 

<最適化解除APN>

15:0016:0017:00
7/15(水)35.9022.5030.37
7/16(木)22.4018.2030.68
7/17(金)31.7828.2333.92
平均30.0322.9831.66

 

<通常APN>

15:0016:0017:00
7/6(月)10.592.141.55
7/7(火)10.772.131.57
7/8(水)10.572.141.58
平均10.642.141.57

 

通常APNは16時・17時でも1Mbpsちょっとしか出ていません。

これは他の格安SIMの中でもかなり遅いほうです。

 

一方、最適化解除APNはどの時間でも10~30Mbps出ています。

安定していて速いですね。

 

平日夜の速度

 

<最適化解除APN>

18:0020:0022:0024:00
7/15(水)9.1319.5827.0732.00
7/16(木)29.4817.9328.8322.21
7/17(金)15.1525.8135.8036.23
平均17.9221.1130.5730.15

 

<通常APN>

18:0020:0022:0024:00
7/6(月)1.541.572.1418.94
7/7(火)1.631.542.135.55
7/8(水)1.461.592.1318.27
平均1.541.572.1314.25

 

通常APNは18時から22時まで1~2Mbpsしか出ていません。

これは他の格安SIMと比べても遅いほうです。

 

一方、最適化解除APNはどの時間帯でも平均20~30Mbpsほど出ています

最も回線が混雑する18時は9Mbps台の日もありますが、格安SIMは3~5Mbps出ていれば何でもできるので、9Mbpsでも十分な速度です。

 

全体を振り返ると、通常のAPNより最適化解除APNのほうが断然速いです。

最適化解除APNでもお昼12時~13時は1Mbps以下に落ち込みますが、それ以外の時間は常に数十Mbps出ており、格安SIMの中でも速いほうです。

 

BIGLOBEモバイルのキャンペーン情報

 

以上、BIGLOBEモバイル(タイプD)の最適化解除APNと速度に関する解説でした。

 

BIGLOBEモバイルのタイプDを契約中の方は、必ず最適化解除APNを設定しましょう。

速度が段違いに速くなります。

 

また、BIGLOBEモバイルはタイプAも速いので好きな回線を選べます。

これから契約される方は、現在非常にお得なキャンペーンを実施していますので、必ずキャンペーンを適用しましょう。

現在実施中のキャンペーンはこちらにまとめています。

 

 

▼BIGLOBEの詳細を調べる▼

BIGLOBEモバイル(公式)

 

▼キャンペーンが超豪華▼

【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中(~3/31)

 

BIGLOBEモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました