BIGLOBEモバイルから乗り換えならおすすめはここ【2022年】

 

BIGLOBEモバイルから乗り換え おすすめ

 

本記事ではBIGLOBEモバイルから乗り換える場合のおすすめ格安SIMを解説します。

 

BIGLOBEモバイルは2022年1月でキャンペーンが軒並み終了しました。

BIGLOBEモバイルの評価とおすすめしない理由」の記事にまとめていますが、他社より料金は高いのですでに契約している方は1年の料金割引期間終了後に乗り換えをおすすめします。

また、12GB以上のプランはかなり割高なので、12GB以上のプランを契約中の方は今すぐ乗り換えましょう。

 

タイプAを契約中の方と、エンタメフリーで動画をたくさん見ている方はUQモバイルが最もおすすめです。

タイプDを契約中で月のデータ使用量が10GB以下ならOCNモバイルONE、10GB以上ならIIJmioも検討しましょう。

 

キャリアこんな人におすすめ
UQモバイル・タイプAから乗り換え
・エンタメフリーを契約中
・店舗がある方が安心
・お昼でも快適に使いたい
OCNモバイル
ONE
・タイプDを契約中
・月のデータ使用量が10GB以下
・スマホも買い替えたい
IIJmio・タイプD/Aどちらも可
・月のデータ使用量が10GB以上

 

▼一番おすすめはUQモバイル▼

 

ワイモバイルもおすすめ

乗り換えならワイモバイル
毎日タイムセール実施中

◎:格安SIMで契約者数最多
◎:お昼でも速度が快適
◎:最低利用期間/違約金なし
◎:iPhoneも21,600円割引中
◎:全国で店舗サポートあり

 

UQモバイル

 

UQモバイル

まず紹介するのはUQモバイルです。

現在BIGLOBEモバイルを契約中の方は、基本的にまずはUQモバイルを検討しましょう。

 

UQはこんな人におすすめ
  • 現在タイプAを契約中
  • エンタメフリーで動画を観ている
  • お昼も快適に使いたい

 

UQモバイルは格安SIMの中でもかなり通信速度が速く、私が最もおすすめする格安SIMキャリアの一つです。

au回線を使っている格安SIMなので、タイプAからの乗り換えならスマホがそのまま使えます。

 

また、プランM/Lなら節約モードをONにすると最大1Mbpsで使い放題なので、Youtubeなどの動画も問題なく視聴できます。

エンタメフリーで動画をたくさん見ている方におすすめです。

 

  • 格安SIM最速級の通信速度
  • タイプAのスマホがそのまま使える
  • 余ったデータは繰越可能
  • 節約モードあり
  • プランM/Lは低速時も最大1Mbps
  • 最低利用期間/違約金なし
  • 店舗が全国にある
  • 料金は他のMVNOより高め
  • 3GBと15GBの間がない
  • SIM追加による容量シェア不可

 

UQモバイルの料金プラン

 

UQモバイルのメインプランは2021年からくりこしプラン+5Gがメインになりました。

S・M・Lの3つから容量が選べます。

 

<UQモバイルの料金表>

SML
データ
容量
3GB
(1年間5GB)
15GB
(1年間20GB)
25GB
(1年間30GB)
月額
料金
¥1,628¥2,728¥3,828
制限時
の速度
最大
300Kbps
最大
1Mbps
通話
オプション
通話かけ放題:月1,870円
10分かけ放題:月770円
通話パック60分:月550円

※税込

 

最低利用期間や違約金もありません。

通話オプションはついていないので、通話をほとんどしない方もお得です。

 

 

タイプAのスマホが使える

 

UQモバイルはBIGLOBEモバイルのタイプAと同じau回線を使っています。

そのため、タイプAを使っていた方は今のスマホがそのまま使えます

iPhoneもAndroidも、SIMを入れ替えてAPN設定(プロファイルインストール)すれば問題なく使えます。

 

ちなみに、タイプDで使っていたスマホもほとんど使えます。

使えない可能性があるのはドコモで買ったAndroidスマホです。

BIGLOBEモバイルで買ったiPhone・AndroidやApple Storeで買ったiPhone、家電量販店や他のMVNOで買ったiPhone・Androidはほぼ使えるでしょう。

 

<タイプDで使っていたスマホの使用可否>

iPhoneAndroid(※2)
そのまま
使える
・Appleで購入
・BIGLOBEで購入
・BIGLOBEで購入
・家電店で購入
・他MVNOで購入
SIMロック
解除で使える
・ドコモで購入(※1)
使えない
可能性あり
・ドコモで購入

※1:21/8/27以降に購入したiPhoneは解除不要
※2:例外あり

 

最終的には必ずUQモバイルの動作確認端末一覧を確認してください。

詳細動作確認端末一覧 | UQモバイル

 

通信速度は非常に速い

 

UQモバイルは格安SIMの中では通信速度が高速です。

格安SIMではワイモバイルとUQモバイルの通信速度は圧倒的で、BIGLOBEモバイルよりも断然速いです。

 

BIGLOBEモバイルも比較的速いのですが、それでもお昼は低下します。

これまで通信速度が不満だった方も、UQモバイルの通信速度なら問題ないでしょう。

 

 

低速時も最大1Mbps

 

節約モードで無料で使い放題

 

UQモバイルのプランM・Lは低速時でも最大1Mbpsで使えます。

容量を使い切った後はもちろん、使い切る前でも節約モードをONにすれば容量を消費せずに1Mbpsで使い放題です

 

1Mbpsの速度があれば、速度制限時でもかなりのことができます。

SNSやWEBサイトの閲覧はもちろん、Youtubeも360p~480pまでなら問題ないでしょう。

 

エンタメフリーの代わりになる

 

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーでYoutubeをたくさん見ていた方も、UQモバイルなら節約モードをONにすることでYoutubeを見放題にできます。

これまでエンタメフリーで動画をたくさん見ていた方はUQモバイルを検討しましょう。

 

ただし、低速時も最大1MbpsなのはプランM/L契約者のみです。

プランMは月2,728円(自宅セット割適用で月2,090円)かかるので、BIGLOBEモバイルで低容量プラン+エンタメフリーで運用していた方は少し値上げになるかもしれません。

 

最も安く運用したい方はmineoのマイそくも検討しましょう。

月990円で最大1.5Mbpsで使い放題です。

条件など少々複雑ですが、うまく運用できればUQモバイルよりも安く動画がたくさん視聴できます。

詳細マイそく! | mineo

 

全国に店舗がある

 

BIGLOBEモバイルは即日受付カウンターはあるものの、サポートが受けられる店舗が少ないのが難点でした。

一方、UQモバイルは全国に店舗があるのがメリットです。

 

ドコモショップと同じようにUQモバイルは全国に店舗があり、契約手続きができたりサポートを受けられます。

以前は数が少なかったのですが、2021年にauショップでもUQモバイルの取り扱いを開始したため、一気に店舗数が増えました。

 

店舗がないと不安だ…というかたもUQモバイルなら安心です。

 

 

料金はやや高い

 

ここからは注意点です。

まず、UQモバイルの料金は他のMVNOよりやや高いです。

 

月3GBのプランS(1年間は無料で5GB)でも月1,628円かかります。

BIGLOBEモバイルでも1,320円ですし、OCNモバイルONEなら月990円です。

 

また、プランM/Lは節約モードをONにすれば最大1Mbpsで使い放題ですが、プランMは月2,728円もします。

また、次章で解説するように3GBと15GBの間のプランがないため、3GBで足りない場合はプランMを契約せざるを得ません。

 

動画を観ない方で月のデータ容量が10GB以下の方はOCNモバイルONEのほうがおすすめです。

また、動画をたくさん観る方はmineoのマイそくも検討しましょう。

月990円で最大1.5Mbpsで使い放題です。

条件など少々複雑ですが、うまく運用できればUQモバイルよりも安く動画がたくさん視聴できます。

詳細マイそく! | mineo

 

3~15GBの間のプランない

 

UQモバイルのプランSの容量は3GB、プランMは15GBです。

契約者が多い6GBや10GBのプランはありません

 

特にBIGLOBEモバイルで6GBを使っていた方は乗り換え先のプランがありません。

6GB前後の方であまり動画を見ない方はOCNモバイルONEもおすすめです。

詳細OCNモバイルONEのメリット/デメリット

 

ただし、動画をたくさん観る方はあえてプランMを契約し、節約モードをONにしてYoutubeを見ましょう。

節約モードONなら最大1Mbpsでデータ使い放題なので、Youtubeや他の動画も見放題になります。

 

UQモバイルの特徴やメリット・デメリット・注意点はこちらにまとめています。

契約前に必ず確認してください。

 

 

▼UQは一番おすすめ▼

UQモバイル公式サイト

 

▼SIM契約でキャッシュバック▼

 

 

OCNモバイルONE

 

OCNモバイルONE

 

続いて紹介するのはOCNモバイルONEです。

速度が速くて料金が安く、ドコモ回線を使った格安SIMの中では一番おすすめのキャリアです。

 

OCNモバイルONEはドコモ回線を使っているため、BIGLOBEモバイルのタイプDを契約中の方はスマホがそのまま使えます

SIMロック解除も不要です。

 

  • ドコモ回線で一番おすすめ
  • お昼でも速度が速い
  • 音声1GBが770円、3GB990円
  • スマホセールがかなり安い
  • 通話料金は自動で半額に
  • 選べるのはドコモ回線のみ
  • 動画見放題はない

 

UQモバイルは3GB~15GBの間がぽっかりと空いていますが、OCNモバイルONEは10GB以下でも細かくプランが選べます。

料金はBIGLOBEモバイルやUQモバイルよりも断然安いです。

 

音声1GBが770円から

 

OCNモバイルONEは2021年に新コースの料金が値下げされました

音声1GBは月770円、3GBが月990円と、BIGLOBEモバイルよりも安いです。

また、500MBのプランも選べます。

 

<新コースの料金表(税込)>

容量音声SIMSMS付データ専用
500MB¥550
1GB¥770
3GB¥990¥990¥858
6GB¥1,320¥1,320¥1,188
10GB¥1,760¥1,760¥1,628

 

BIGLOBEモバイルは3GBプランが月1,320円なので、BIGLOBEモバイルよりも断然安いです。

また、前章で解説したUQモバイルは3GB~15GBの間がぽっかりと空いていますが、OCNモバイルONEは10GB以下でも細かくプランが選べます。

また、500MB・1GBといった小容量のプランを選べるのもお得です。

 

ただし、プランは最大10GBまでしか選べません。

また、動画見放題のオプションなどはありませんので注意が必要です。

 

通信速度が速い

 

先に解説したUQモバイルほどではありませんが、OCNモバイルONEは格安SIMの中では速度が速いです。

 

私の速度計測では、ワイモバイル・UQモバイルを除けばトップクラスの速度が出ています。

月によって変動はあるものの、お昼の混雑時でも5Mbps以上出ており快適です。

その他の時間は数十Mbps出ています。

 

BIGLOBEモバイルもMVNOの中では速いほうですが、タイプD・タイプAよりOCNモバイルONEの方が速いです。

速度が不満だった方もOCNモバイルONEなら問題なく使えるでしょう。

私も最近はOCNモバイルONEをメイン端末で使っていますが、お昼でも全く気になりません。

 

 

端末価格がほぼ最安値

 

OCNモバイルONEの最大の特徴はスマホ価格の安さです。

 

OCNモバイルONEおよび系列のgooSimsellerでは人気のiPhone・Androidを販売しています。

販売価格はほぼ全機種が最安値です。

音声SIMとセット購入のみですが、他の格安SIMより圧倒的に安い価格で購入できます。

 

さらに毎月実施するセールなら更に安く買えます。

端末セットで格安SIMに契約する場合はOCNモバイルONEがおすすめです。

 

 

▼スマホセールが超お得▼

OCNモバイルONE

 

動画見放題には非対応

 

OCNモバイルONEは最大10GBまでのプランしか選べません。

また、エンタメフリーオプションのような動画見放題オプションは用意されていません。

 

BIGLOBEモバイルでエンタメフリー・オプションを契約していた方は、前章のUQモバイルでプランMを契約する方が良いかもしれません。

UQモバイルのプランM/L契約者は無料で節約モードが使え、最大1Mbpsでデータ使い放題にできます。

最大1Mbpsなら動画もそこそこの画質で視聴できるので、エンタメフリーと同様に動画が見放題になります。

 

逆に、動画をあまり見ない方・データの使用量が少ない方はOCNモバイルONEの方が断然おすすめです。

 

OCNモバイルONEのメリット・デメリットやシムラボの評価はこちらにまとめています。

詳細OCNモバイルONEのメリット・デメリット

 

▼ドコモ回線ならここ▼

OCNモバイルONE(公式)

 

▼スマホセールが超お得▼

OCNモバイルONE

 

 

IIJmio

 

IIJmio

最後に紹介するのはIIJmioです。

 

BIGLOBEモバイルと同じドコモ・au回線が選べ、現在使っているスマホがそのまま使えます。

UQモバイルで選べない3~15GBのプランや、OCNモバイルONEで選べない10GB以上のプランも選べます。

料金は主要なMVNOで最安値級です。

 

  • ドコモ回線/au回線が選べる
  • 料金は主要なMVNOで最安値級
  • 20GBまでプランが細かく選べる
  • スマホ価格がかなり安い
  • 通話料金は自動で半額
  • お昼の通信速度は遅め
  • 動画見放題はない

 

スマホがそのまま使える

 

IIJmioはBIGLOBEモバイルと同じドコモ回線・au回線が選べます。

そのため、BIGLOBEモバイルのタイプDを契約していた方はIIJmioでドコモ回線を選べばスマホはそのまま使えます。

同様に、BIGLOBEモバイルでタイプAを契約していた方はIIJmioのau回線を選べばそのまま使えます。

 

BIGLOBEモバイルで使えていたスマホはiPhoneもAndroidも使えます。

前章までに解説したUQモバイル・OCNモバイルONEは使えない端末もあるのですが、IIJmioなら確実に使えます。

 

詳細は公式サイトの動作確認端末一覧を確認してください。

詳細動作確認端末一覧 | IIJmio

 

料金はMVNOで最安値級

 

IIJmioの最大の特徴は料金の安さです。

2021年から開始した新プラン「ギガプラン」は主要なMVNOで最安値級の料金になりました。

 

▼ギガプランの料金表▼

容量音声通話SIM
2GB¥850
4GB¥990
8GB¥1,500
15GB¥1,800
20GB¥2,000

 

BIGLOBEモバイルでは3GBで1,320円でしたが、IIJmioなら4GBで月990円です。

UQモバイルはもちろん、OCNモバイルONEよりも少し安いですね。

 

プランは10GB以下も細かく分かれていますし、15GB・20GBといった中容量のプランも選べます。

UQモバイルは3~15GBの間のプランがないですが、IIJmioなら4GB・8GBも選べます。

OCNモバイルONEで選べない10GB以上のプランにも対応しています。

 

個人的にはタイプAならUQモバイル、タイプDならOCNモバイルONEへの乗り換えがおすすめですが、データ使用量がフィットしない場合はIIJmioを検討しましょう。

 

お昼の通信速度は遅め

 

IIJmioの最大の注意点は通信速度です。

ドコモ回線もau回線も通常時は十分な速度ですが、お昼はやや遅いです。

どちらの回線もお昼12~13時は1Mbpsちょっとに落ちるので、WEBサイトやSNSの閲覧には影響が出てくるでしょう。

動画も設定画質によっては詰まるかもしれません。

 

ただし、遅くなるのは12~13時の1時間ほどです。

速度にこだわる方はタイプAならUQモバイル、タイプDならOCNモバイルONEもしくはahamoへの乗り換えがおすすめですが、お昼の1時間が我慢できれば問題ないでしょう。

詳細IIJmioの通信速度を毎月測定中

 

動画見放題には非対応

 

IIJmioにはエンタメフリーオプションのような動画見放題オプションは用意されていません。

容量は20GBまで選べますが、それ以上使う方はIIJmioでは対応できません。

 

BIGLOBEモバイルでエンタメフリー・オプションを契約していた方は、前章のUQモバイルでプランMを契約する方が良いかもしれません。

UQモバイルのプランM/L契約者は無料で節約モードが使え、最大1Mbpsでデータ使い放題にできます。

最大1Mbpsなら動画もそこそこの画質で視聴できるので、エンタメフリーと同様に動画が見放題になります。

 

その他、IIJmioの特徴やメリット・デメリットはこちらにまとめています。

詳細IIJmioのメリット・デメリットまとめ

 

▼IIJmioの詳細はこちら▼

 IIJmio公式サイト

 

▼豪華キャンペーン中▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

BIGLOBEモバイルから乗り換えの注意点

 

BIGLOBEモバイルの解約金

 

BIGLOBEモバイルから他の格安SIMに乗り換える場合、おすすめのタイミングは最低利用期間終了後です。

 

BIGLOBEモバイルの音声通話SIMの最低利用期間は契約日の翌月から1年間です。

この期間内に解約・MNP転出すると違約金がとられます。

 

ほとんどの方は契約から1年間は料金割引キャンペーンが適用されています。

2019年10月以降に契約した方の違約金は1000円なのでダメージは大きくありませんが、できるだけ1年以上経過したあとに解約・乗り換えましょう

 

各社のキャンペーンをチェック

 

BIGLOBEモバイルは、1年間の最低利用期間終了後はいつでも解約・MNP転出できます。

そのため、乗り換え先の格安SIMキャリアでお得なキャンペーンを実施しているタイミングで乗り換えましょう。

 

UQモバイルは常時実施している契約キャンペーンに加え、学割が得に人気です。

OCNモバイルONEは常時実施しているスマホセールが大人気です。

 

 

BIGLOBEモバイルから乗り換える手順

 

解約・他社乗り換えの手順

 

BIGLOBEモバイルから他社に乗り換える際の手順は主に以下のとおりです。

 

  1. MNP予約番号を発行
  2. 乗り換え先で転入手続き
  3. SIM・端末到着
  4. APN設定

 

詳細手順は下記記事にまとめています。

詳細BIGLOBEモバイルからMNP転出する手順

 

MNP予約番号の発行方法

 

BIGLOBEモバイルで使っている電話番号をそのままで他の格安SIMに乗り換える場合は、BIGLOBEモバイルでMNP予約番号を発行する必要があります。

 

MNP予約番号は「WEB」または「カスタマーセンターへの電話」で発行できます。

 

WEBで発行する方はマイページにログインしてください。

電話の方はこちらから発行できます。

  • 電話番号:0120-983-028
  • 受付時間:9:00~18:00(年中無休)

 

取得した予約番号には15日間の有効期限があり、15日以内に乗り換え手続きを完了させなければなりません。

 

また、乗り換え先の格安SIMごとに「〇日以上残っていないと受付できない」という制限があります。

取得後はすぐに乗り換え手続きをしましょう。

 

BIGLOBEモバイルから乗り換えはこちら!

 

以上、BIGLOBEモバイルから乗り換える場合のおすすめキャリアの紹介でした。

 

UQモバイルは格安SIMの中でも通信速度が快適です。

また、タイプD契約者はOCNモバイルONEもおすすめですね。

 

ただしキャリアによって特徴・メリット・デメリットがありますので、本文をよく読んで乗り換えてください。

乗り換えはこちらからどうぞ!

 

▼一番おすすめはUQ▼

 

 

▼SIM契約でキャッシュバック▼

 

▼ドコモ回線ならここ▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

▼料金は最安値級▼

 IIJmio公式サイト

 

▼豪華キャンペーン中▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

 

BIGLOBEモバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました