格安SIMで一番豪華なキャンペーン実施中 

BIGLOBEモバイルに速度切り替え/低速モードはない!データを節約する方法は?

 

 

本記事では、BIGLOBEモバイルの速度切り替え機能・低速モードについて解説します。

 

BIGLOBEモバイルでは通信速度の切り替え機能は使えません。

しかし、かわりにエンタメフリーやBIGLOBE Wi-Fiなどの便利オプションが用意されています。

 

▼BIGLOBEモバイルに申し込む▼

 

BIGLOBEモバイルは速度切り替えできる?

 

低速モードとは

 

多くの格安SIMキャリアでは、低速モードへの切り替え機能が備わっています。

 

低速モードとは、通常速度(=高速)からマイページやアプリなどで低速モードに切り替えると、通信速度は遅くなるかわりにデータ容量が消費されない、というサービスです。

つまり、低速モードにしている限りデータ容量は使い放題になるのです。

 

もちろんデータ通信速度は制限されますので、動画視聴やWEB閲覧などは難しくなります。

TwitterやInstagramの画像表示もかなり遅延します。

 

しかし、LINE・メールでの文字のやり取り音楽ストリーミング・ラジオの視聴は低速モードでも問題ありません。

特に移動中も常にオンラインで音楽やラジオを聴いている場合は、低速モードに切り替えることでデータ容量消費を抑えることができます。

 

他社は低速への切り替え可能

 

この低速モードへの切り替え機能ですが、多くの格安SIMキャリアが標準装備しています。

格安SIM・MVNOの契約者数上位のキャリアのサービス有無は以下の通りです。

 

キャリア低速モード有無
楽天モバイル
マイネオ
UQモバイル
IIJmio
OCNモバイルONE
ワイモバイル×
LINEモバイル×
イオンモバイル

 

ほとんどの格安SIMに標準サービスとして設定されています。

 

なお、LINEモバイルはもともとSNSがカウントフリーになる料金プランなので、低速切り替えモードはありません。

 

BIGLOBEは低速モード無し

 

一方、BIGLOBEモバイルに低速モードはありません。

音楽ストリーミングやSNSの閲覧などでも、少しずつですがデータ容量が消費されます。

 

低速が使える場面は限られる

 

ただし、低速モードは実際のところあっても使うかはわかりません。

個人的に、低速モードに切り替えて使うのが便利な場面はそれほど多くないように思います

 

例えば、電車で長時間移動中に音楽ストリーミングを聞きっぱなしにする場合などは低速モードがよいでしょう。

ただし、同じスマホでSNSやWEB閲覧しようとすると低速モードではかなり厳しいので、高速に切り替える手間が発生します。

 

また、低速モードで使えるサービス(LINE・文字だけのメールの送受信や音楽ストリーミング)はそもそもデータをあまり消費しません。

切り替えの手間と節約できる消費量を天秤にかけると、私だったら不要かなと思います。

 

ちなみに私はBIGLOBEモバイル以外にもUQモバイルも契約していますが、面倒なので一度も切り替えたことはありません。

 

かわりにエンタメフリーが人気

 

 

BIGLOBEモバイルには低速モード・速度切り替え機能はありませんが、かわりに「エンタメフリー・オプション」が用意されています。

 

エンタメフリー・オプションとは、YoutubeやAbemaTV、U-NEXTなどの動画やGoogle Play Music、Apple Music、Spotifyなどの音楽ストリーミングサービス、radikoなどが見放題・聴き放題になるオプションサービスです。

 

音声通話SIMとセットなら480円/月、データSIMとセットなら980円/月の月額料金がかかりますが、Youtubeなどの動画も見放題になるため大変人気です。

 

 

▼BIGLOBEモバイルに申し込む▼

 

 

データ容量を節約する方法

 

前章で解説の通り、BIGLOBEモバイルに低速への切り替え機能はありません。

下記のテクニックをうまく活用して、データ容量を節約してください。

 

重いデータDLはWi-Fi環境で

 

BIGLOBEモバイルのデータ容量を節約する最も基本的なテクニックは、Wi-Fiをうまく活用することです。

ご自宅や勤務先などにはWi-Fi環境がある方が多いと思います。

 

動画などの大容量データのダウンロードは、必ずWi-Fi環境で行いましょう。

モバイルのデータ通信を利用すると、あっという間にデータ容量がなくなります。

 

また、アプリの更新・アップデートもWi-Fi環境下で行いましょう。

アンドロイド端末の方は、Google Play Storeのアプリから、アプリの自動更新をWi-Fi環境でしか行わないようにしておきましょう。

 

  1. Google Play アプリを起動
  2. 画面左上の三本線をタップ
  3. 設定をタップ
  4. アプリの自動更新をタップ
  5. Wi-Fi経由のみに設定

 

 

BIGLOBE Wi-Fiを活用

 

 

自宅や勤務先などにWi-Fi環境がない方も、BIGLOBEモバイルユーザーなら公衆無線LAN「BIGLOBE Wi-Fi」が無料で使えます

 

このBIGLOBE Wi-FiはBIGLOBEモバイル契約者なら誰でも使えて通信速度も速く、設置場所も多いです。

駅やカフェなど、全国8万箇所以上に設置されています。

 

ご自宅や勤務先にWi-Fi環境がない方は、このBIGLOBE Wi-Fiを活用しましょう。

 

▼BIGLOBEモバイルに申し込む▼

 

 

低速切り替えできるおすすめ格安SIM

 

前章ではBIGLOBEモバイルのデータ容量の節約方法を解説しました。

しかし、どうしても低速モードがあった方が良い方は以下のキャリアを検討しましょう。

 

UQモバイル

BIGLOBEモバイルと同じKDDIグループのMVNOのUQモバイルならデータ通信速度の切り替え機能があります。

アプリでワンタッチで切り替えることができ、うまくデータを節約できます。

 

UQモバイルはBIGLOBEモバイルよりも通信速度が快適で、全国に店舗があるのも特徴です。

料金は少々高く、最低利用期間が2年のプランがメインですが、データ容量を賢く節約したい方はUQモバイルにしましょう。

 

 

▼UQなら低速モードあり▼

UQモバイル公式サイト

 

 

mineo(マイネオ)

 

 

MVNOで契約者数が2位のmineo(マイネオ)にも低速モード切替機能があります。

また、マイネオは他にもデータ容量を節約できる便利機能が豊富です。

 

最も便利なのがフリータンクというサービスです。

フリータンクとは、月末にデータが足りないときにフリータンクと呼ばれる「共有データ容量の貯蔵庫」からデータ容量を借りることができるシステムです。

データが足りない時には、みんなでためたタンクから無料でデータをもらえます。

 

 

また、余ったデータを家族間でシェアできたり、データ容量をプレゼントすることもできます。

 

mineo(マイネオ)は通信速度は平凡ですが、データ容量の節約機能は格安SIMでは最も豊富です。

 

 

▼データ容量節約機能が最も豊富▼

マイネオ公式サイト

 

 

LINEモバイル

 

 

LINEモバイルには低速モードはありません。

しかし、そもそも料金プランの中にカウントフリーが含まれています

 

スマホでLINEのやり取りやSNS(Twitter・Instagram・Facebook)、LINE MUSICをたくさん利用する方は、LINEモバイルがおすすめです。

これらのサービスで消費したデータ容量を自動で選別してカウントフリーにしてくれますので、データ容量が節約できます。

 

LINEモバイルのもう一つのメリットは通信速度が速いことです。

2018年にサービス開始したソフトバンク回線の速度が快適で、人気が爆発しています。

(ドコモ回線は遅い)

 

 

▼SNSカウントフリーが付帯▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

BIGLOBEモバイルで賢くデータを節約しよう

 

以上、BIGLOBEモバイルの低速モードの解説でした。

 

BIGLOBEモバイルには低速への切り替え機能はありませんが、本文中に解説したテクニックを使ってうまくデータ容量を節約しましょう。

また、動画や音楽を聴く方は「エンタメフリー」が非常におすすめです。

 

▼BIGLOBEモバイルに申し込む▼

 

また、どうしても低速モードが必要な方はUQモバイルマイネオもおすすめです。

LINEモバイルのSNSカウントフリーも人気ですね。

 

▼UQなら低速モードあり▼

UQモバイル公式サイト

 

▼データ容量節約機能が最も豊富▼

マイネオ公式サイト

 

▼SNSカウントフリーが付帯▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

 

BIGLOBEモバイルラボ トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました