今日は日曜日!ワイモバイルは本日中がお得! 
格安SIM全般

格安SIMで1GBプランはどこがおすすめ?料金を比較

 

シムラボ 格安SIM 1GB 比較 おすすめ

 

本記事では、格安SIM・MVNOで1GBプランのおすすめを解説します。

 

料金だけでなく、通信速度や付帯サービス(低速モードやカウントフリーの有無)も比較しています。

ほとんどデータを使わないという方は是非参考にしてください。

 

▼音声SIMならここがおすすめ▼

OCNモバイルONE (公式) 

 

▼スマホセット契約がお得▼

OCNモバイルONE

 

格安SIMの1GBプランの比較

 

ここから、1GBプランのある主要な格安SIMを比較します。

対象は以下の4キャリアです。

 

  • mineo
  • OCNモバイルONE
  • BIGLOBEモバイル
  • イオンモバイル

 

月額料金の比較

 

音声SIM

 

まずは音声SIMの1GBプランの料金を比較します。

 

<音声1GBの料金>

音声SIMの料金
mineo¥1,180
OCNモバイルONE¥1,180
BIGLOBEモバイル¥1,160
イオンモバイル¥1,280

※税抜

 

上記の通り、最も安いのはBIGLOBEモバイルです。

以前は月1,400円でしたが、2020年12月に1,160円に値下げされました。

 

ただし、mineoもOCNモバイルONEも20円しか差がありません。

速度や付帯サービスの有無も考慮して選びましょう。

 

データ専用SIM・SMS付SIM

 

続いて、データSIMの料金比較です。

 

<データSIM 1GBの料金>

データ専用SMS付
mineo¥800Aプラン:¥800
Dプラン:¥920
Sプラン:¥980
OCNモバイルONE¥880¥1,000
BIGLOBEモバイル
イオンモバイル¥480¥620

 

データSIMが最も安いのはイオンモバイルです。

データ専用SIMなら月480円、SMSを付けても月620円と圧倒的な安さです。

 

一方、OCNモバイルONEのデータ専用SIMはやや高いですね。

BIGLOBEモバイルで1GBプランを選べるのは音声SIMのみで、データSIMは3GBからです。

 

キャンペーン・セールの比較

 

格安SIMキャリアでは常時お得なキャンペーン・セールを実施しています。

しかし、最近は「対象は音声3GB以上」といった条件を設定する場合が増えてきました。

 

2021年1月時点で直近の主要なキャンペーン・セールの対象可否をまとめます。

(データSIMはほぼ対象外と思ってよいです)

 

<音声1GBはキャンペーン対象?>

対象可否
mineo対象外
OCNモバイルONEキャンペーン:対象
スマホセール:対象
BIGLOBEモバイル対象外
イオンモバイル対象外

 

2021年1月前後に実施した主要なキャンペーンで、OCNモバイルONEは唯一音声1GBでも対象でした。

 

1月31日までSIM契約でキャッシュバックを実施していましたが、音声1GBでも他の容量と同額のキャッシュバックがもらえました。

また、毎月実施するスマホセールでも音声1GBが対象です。

 

一方、他のキャリアは音声3GB以上といった条件があり、1GBプランではキャンペーン・セールは適用できませんでした。

 

ただし、対象かどうかはキャンペーン毎に異なります

必ず各キャリアのキャンペーン情報を確認してください。

 

 

通信速度の比較

 

格安SIMで最も重要なのが通信速度です。

私も格安SIMの通信速度を毎月計測していますが、ざっくりの評価は以下のとおりです。

 

<通信速度の比較>

評価通常時お昼
OCNモバイル
ONE
1日中
速い
20
Mbps~
5~10
Mbps
イオンモバイル
(タイプ1・au)
5
Mbps~
3~4
Mbps
イオンモバイル
(タイプ2)
お昼
以外
速い
20
Mbps~
1~1.5
Mbps
BIGLOBE
モバイル (タイプA)
20
Mbps~
1~1.5
Mbps
mineo
(全プラン)
20
Mbps~
0.5~1
Mbps
イオンモバイル
(タイプ1/ドコモ)
20
Mbps~
0.5~1
Mbps
BIGLOBE
モバイル (タイプD)
やや
遅い
2~3
Mbps
0.5~1
Mbps

※上から早い順

 

最も速度が速いのはOCNモバイルONEです。

OCNモバイルONEは2019年秋から新コースを開始しましたが、この新コースはかなり速いです。

お昼でも5Mbps以上をキープしており、1日中快適に使えます。

 

 

イオンモバイルのタイプ1のau回線は通常時は5Mbps前後とそれほど速くありませんが、お昼でも3~4Mbps出ていて快適です。

 

その他のキャリアは通常時は快適ですが、お昼12時~13時はかなり遅くなります。

イオンモバイル(タイプ2)とBIGLOBEモバイル(タイプA)は1Mbpsはキープするものの、それ以外のキャリアは13時過ぎまで1Mbpsを割り込みます

 

 

BIGLOBEモバイル(タイプD)は通常時でも2~3Mbpsしか出ない時間が長いです。

タイプDは最適化を解除する特殊なAPNを設定すると速度は速くなりますが、データ消費が大きくなる・エンタメフリー時は最適化されて遅くなるなどの欠点もあります。

詳細BIGLOBEモバイルの最適化解除APN

 

イオンモバイルはこちらのページを参考にしました
詳細格安SIMの通信速度 (リアルタイム)
イオンモバイルのタイプ1は音声SIMもデータSIMも選べますが、タイプ2はデータSIMのみです

 

低速モードの有無

 

各キャリアには低速モード(節約モード)の機能が備わっています。

低速モードの有無と、低速通信時の速度制限の条件について比較しました。

 

<低速モードと制限の条件>

低速モード低速通信で
制限がかかる条件
mineoなし
OCNモバイル
ONE
契約容量の半分
(新コースのみ)
BIGLOBE
モバイル
×
イオンモバイル直近3日間で
366MB以上

 

BIGLOBEモバイルは低速モードがありません。

その代わり、Youtubeなどの動画や音楽ストリーミングがカウントフリーになる「エンタメフリー・オプション」が用意されています。

料金は音声SIMとセットなら月480円、データSIMとセットなら月980円です。

詳細BIGLOBEモバイルのエンタメフリー

 

mineoは全プランで低速モードが使えます。

低速制限時の最大速度は200kbpsですが、パケット放題という月350円のオプションに加入すると、速度が最大500kbpsにアップします。

詳細mineoのパケット放題を解説

 

OCNモバイルONEにも低速モードがありますが、新コースは低速ONの状態で契約容量の半分を超える容量を消費すると、速度が更に制限されます。

(例:3GBプラン契約者は1.5GBで制限)

新コース以外のプランには低速モードでの容量制限はありませんが、新コースより料金は高く速度は遅いです。

 

イオンモバイルにはタイプ1・タイプ2の両方に低速モードがありますが、低速モードをONにした状態で3日間で366MB以上使うと速度制限がかかります。

 

カウントフリーの有無

 

格安SIMでは、カウントフリーサービスを提供しているキャリアもあります。

 

カウントフリーとは、対象サービスで消費したデータ容量をカウントしないというサービスです。

カウントフリーの対象サービスならデータ容量は使い放題となります。

 

<カウントフリーの有無>

カウントフリー対象サービス
mineoなし
OCNモバイル
ONE
MUSIC
カウントフリ-

(無料)
Amazon Music、
AWA、Spotify
dヒッツなど
BIGLOBE
モバイル
エンタメフリー
(月480円~)
Youtube
ABEMA TV
U-NEXT
YouTube Music
Apple Musicなど
イオン
モバイル
なし

 

OCNモバイルONEにはMUSICカウントフリーというサービスがあります。

SIM契約者はAmazon Music・Spotifyやdヒッツなどの音楽ストリーミングサービスで容量を消費せず、使い放題になります。

料金は無料で、契約者は誰でも申込不要でカウントフリーです。

詳細OCNのMUSICカウントフリーを解説

 

BIGLOBEモバイルは有料オプションですが、エンタメフリーが用意されています。

音楽ストリーミングはもちろん、Youtubeを始めとした動画も見放題なのが人気です。

詳細BIGLOBEモバイルのエンタメフリーを解説

 

 

1GBのある格安SIMのおすすめは?

 

音声SIMはOCNモバイルONE

 

OCNモバイルONE ロゴ

 

音声SIMで1GBプランを契約するならOCNモバイルONEが最もおすすめです。

 

月1,180円で使えますし、何よりお昼でも通信速度が快適なのが最大のメリットです。

契約者は無料で誰でも「MUSICカウントフリー」が使えるのも嬉しいですね。

 

また、OCNモバイルONEはスマホセールがお得ですが、このスマホセールは音声1GBとセットでも対象です。

音声1GBに契約する方は、毎月実施するスマホセールを利用してOCNモバイルONEを契約するのがおすすめです。

 

  • 音声1GBが月1,180円
  • 毎月のスマホセールも対象
  • お昼でも通信速度が速い
  • 無料でMUSICカウントフリー
  • 最低利用期間・違約金なし
  • 選べるのはドコモ回線のみ
  • データSIMはやや高い

 

OCNモバイルONEの詳細はこちらにまとめています。

 

 

▼音声SIMなら一番おすすめ▼

OCNモバイルONE (公式) 

 

▼スマホセット契約がお得▼

OCNモバイルONE

 

 

データSIMはイオンモバイル

 

イオンモバイルロゴ

 

データSIMならイオンモバイルがおすすめです。

 

データ専用SIMは月480円、SMSを付けても月620円で使えて他社よりもかなり安いです。

3日間で366MBの容量制限はあるものの、低速モードも使えます。

 

ドコモ回線はタイプ1・タイプ2から選べますが、タイプ2の方が速度が速くておすすめです。

タイプ1のau回線もお昼の速度が速いようです。

 

  • ドコモ回線:タイプ2
  • au回線:タイプ1

 

ただし、au回線は以前までかなり速度が遅かったようです。

2020年12月以降は速いようですが、どちらも選べるならドコモ回線のタイプ2の方が安心かもしれません。

 

  • 料金は主要格安SIM最安値
  • 通信速度はお昼でも速い
  • 低速モードもあり
  • ドコモ・au回線が選べる
  • 低速は3日間の容量制限あり
  • au回線は昔めちゃ遅かった…?

 

▼データSIMが非常に安い▼

イオンモバイル公式サイト

 

 

楽天モバイルなら無料

 

楽天モバイル UN-LIMIT

 

MVNOではないですが、楽天モバイルも検討しましょう。

2021年4月から開始する新料金プランでは、月に使う容量が1GB以下なら料金は無料になりました。

 

<4月1日からの新料金プラン>

月額料金
~1GB無料
1~3GB¥980
3~20GB¥1,980
20GB以上¥2,980

 

さらにキャンペーンが豪華で、無料以下で買えるスマホもあります。

使える端末が限られる、全国にエリアが広がっていないなどの注意点はありますが、使わない手はありません。

詳細はこちらをお読みください。

 

 

▼キャンペーンも豪華▼

 

 

1GBプランの契約はこちら!

 

以上、格安SIMの1GBプランの比較とおすすめの解説でした。

 

音声SIMなら通信速度が速くてキャンペーンも対象のOCNモバイルONEが一番おすすめです。

毎月実施するスマホセールも対象なので、ぜひ利用しましょう。

 

OCNモバイルONEの詳細はこちらからどうぞ!

 

 

▼音声SIMなら一番おすすめ▼

OCNモバイルONE (公式) 

 

▼スマホセット契約がお得▼

OCNモバイルONE

 

 

シムラボ トップへ戻る