Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

IIJmioのおすすめスマホ端末 15機種比較ランキング【2019年4月】

 

本記事では人気の格安SIM「IIJmio」(みおふぉん)で購入できるおすすめスマホ端末を比較し、ランキング形式で紹介します。

 

機種変更を検討中の方はもちろん、はじめてIIJmioに契約する方もぜひ参考にしてください。

 

現在IIJmioでお得なスマホセール実施中です!
詳細:IIJmioで一括100円のスマホセール実施中

 

▼今すぐ取扱い端末をチェック▼

IIJmio公式サイト 

 

▼当サイト限定キャンペーン中▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

IIJmioのおすすめスマホ端末

 

1位:AQUOS sense2 SH-M08

 

 

私がIIJmioで最もおすすめする機種は、SHARPのAQUOS sense 2(SH-M08)です。

大人気だった前作「AQUOS sense」の後継機として2018年12月に発売の機種です。

 

SH-M08は安心の国産スマホで、防水・防塵・おサイフケータイを搭載しています。

指紋認証センサー・顔認証にも対応し、カメラは被写体を判別して自動で最適なモードに切り替えてくれる「AI搭載カメラ」です。

 

搭載CPUはSnapdragon450で、400番台ながら性能はSnapdragon630と同程度のベンチマークスコアが出ています。

ゲームなどを除けば普段使いには十分でしょう。

 

注意点は、CPU性能やカメラの画素数は平凡です。

ゲームをされる方やもう少し高性能な機種が欲しい方は、HUAWEI nova 3OPPO R17 Pro、同じ国産スマホならAQUOS sense plus SH-M07を選びましょう。

 

ドコモ回線au回線
対応回線

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,250円
  • 一括払い:29,800円

 

  • icon-circle-o 大人気AQUOS senseの後継機
  • icon-circle-o 端末価格が高くない
  • icon-circle-o IGZO液晶でフルHD+の美しさ
  • icon-circle-o AI搭載カメラで美しい写真
  • icon-circle-o 防水・おサイフケータイ対応
  • icon-circle-o 指紋認証・顔認証対応
  • icon-times CPU・カメラ性能は高くない

 

詳細記事AQUOS sense2 SH-M08を詳細レビュー

 

▼IIJmioでSH-M08を購入する▼

IIJmio公式サイト 

 

2位:HUAWEI nova lite 3

 

 

続いてのIIJmioのおすすめ機種は2019年2月に発売の「HUAWEI nova lite 3」です。

2019年の上期はこの端末が最も売れるでしょう。

 

非常に価格の安い端末ですが、Kirin710を搭載する高性能スマホです。

アウトカメラもインカメラもAIが搭載されて自動で最適な撮影モードを選択してくれます。

 

また、DSDS・DSDVにも対応し、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線に対応しています。
※au VoLTEには購入後のアップデートで対応

顔認証・指紋認証も搭載しており、急速充電も可能です。

 

USB端子がmicroUSBであること、5GHzのWiFiに対応していない点が我慢できれば非常におすすめの機種です。

 

ドコモ回線au回線
対応回線

 

<端末代金>

  • 24回払い:980円
  • 一括払い:22,800円

 

  • icon-circle-o ゲームもできるKirin710搭載
  • icon-circle-o AI搭載のデュアルレンズカメラ
  • icon-circle-o インカメラは1600万画素+AI
  • icon-circle-o 指紋認証・顔認証
  • icon-circle-o 急速充電
  • icon-circle-o 性能の割に圧倒的に安い価格
  • icon-times 端子はmicro USB
  • icon-times 5GHzのWi-Fi非対応

 

詳細記事IIJmio「HUAWEI nova lite 3」を解説!

 

▼IIJmioでnova lite 3を購入する▼

IIJmio公式サイト 

 

3位:AQUOS R2 Compact SH-M09

 

 

続いてのおすすめ端末は「AQUOS R2 Compact SH-M09」です。

2019年2月に発売で、コンパクトな端末とハイスペックな性能が特徴です。

 

最大の特徴は本体サイズです。

サイズは縦131mm、横64mm、厚さ9.3mmとかなり小さく、iPhoneSEが販売終了になった今、ここまでコンパクトなサイズのスマホはAQUOS R2 Compact SH-M09しかありません。

 

また、ボディはコンパクトですが性能は一級品です。

搭載CPUはSnapdragon845メモリーRAMも4GBと十分です。

UQモバイルにはハイスペック端末がないので、ゲームをされる方にもおすすめですね。

 

国産のSHARP製ですので、防水おサイフケータイにも対応しています。

価格は少々高いですが、コンパクト端末と高性能CPUで人気です。

 

ドコモ回線au回線
対応回線

 

<端末代金>

  • 24回払い:2,750円
  • 一括払い:64,800円

 

  • icon-circle-o 貴重なコンパクトボディ
  • icon-circle-o 超高性能Snapdragon845
  • icon-circle-o 防水・おサイフケータイ
  • icon-circle-o au回線含む3キャリアで使える
  • icon-circle-o AI搭載カメラ
  • icon-circle-o 安心の国産スマホ
  • icon-times シングルSIM、シングルカメラ
  • icon-times 価格は高い

 

詳細記事AQUOS R2 Compact SH-M09レビュー

 

▼IIJmioでSH-M09を購入する▼

IIJmio公式サイト 

 

4位:HUAWEI nova 3

 

 

続いてのIIJmioでおすすめの機種は、2018年10月発売の「HUAWEI nova 3」(ファーウェイノバ3)です。

 

CPUもカメラも超高性能な割に端末代金が安く、コスパが抜群です。

SH-M08やP20 liteよりも高性能な機種をお求めの方はHUAWEI nova 3が断然おすすめです。

 

HUAWEI nova 3に搭載しているCPUはKirin970メモリー(RAM)は4GBと非常に高性能です。

高負荷の3Dゲームをしても快適に動作するでしょう。

 

また、アウトカメラ(背面側のカメラ)もインカメラもAI搭載のダブルレンズカメラです。

画素数の高さはもちろん、最適な撮影モードにAIが自動で設定してくれるため、誰でも簡単に美しい写真が撮影できます。

他にもDSDSにも対応しており、性能の割に価格が非常に安いのが特徴です。

 

一方、欠点はおサイフケータイ・防水・ワンセグに非対応な点と、カメラがライカ製ではない点でしょうか。

ただ、全体的な性能が高く、非常におすすめの機種です。

 

ドコモ回線au回線
対応回線×

 

<端末代金>

  • 24回払い:2,080円
  • 一括払い:49,800円

 

  • icon-circle-o 高性能Kirin970 + 4GBメモリー
  • icon-circle-o インもアウトもダブルレンズカメラ
  • icon-circle-o AIが自動で最適な撮影モードに設定
  • icon-circle-o DSDS・急速充電・顔認証対応
  • icon-circle-o 性能の割に価格が高くない
  • icon-circle-o au VoLTEにも対応
  • icon-times 防水・おサイフケータイなし
  • icon-times ハイレゾ・PCモード非対応

 

詳細HUAWEI nova 3を詳細レビュー!

 

▼今すぐnova 3をチェック▼

IIJmio公式サイト 

 

5位:ZenFone Live(L1)

 

 

続いてのIIJmioのおすすめ機種は、ASUSから発売のZenFone Live(L1) (ZA550KL)です。

2018年12月に発売の機種です。

 

ZenFone Live L1 (ZA550KL)は、端末の性能は最低限ながらとにかく端末価格が安いのが特徴です。

一括16,800円で購入できます。

先に紹介したZenFone Max(M1)(ZB555KL)よりさらに安いです。

 

価格の割に顔認証機能を搭載し、DSDSにも対応しています。

SDカードも入れられるトリプルスロット3キャリア回線にすべて対応しているので、スマホ2台持ちをされる方のサブ機としてもおすすめです。

 

搭載CPUやカメラ機能は最低限のレベルですが、通話やメール、LINEのやり取りやWEB閲覧が中心なら十分な性能です。

 

ドコモ回線au回線
対応回線

 

<端末価格>

  • 24回払い:750円/月
  • 一括払い:16,800円

 

  • icon-circle-o 圧倒的に価格が安い
  • icon-circle-o 顔認証機能搭載
  • icon-circle-o DSDS対応
  • icon-circle-o トリプルスロット
  • icon-circle-o 3キャリア回線対応
  • icon-times カメラ・CPUは本当に最低限
  • icon-times メモリーRAMは2GB

 

詳細記事ZenFone Live L1 (ZA550KL)のレビュー

 

▼ZA550KLの詳細確認・購入▼

IIJmio公式サイト 

 

6位:OPPO R17 Pro

 

続いて紹介するIIJmioのおすすめ機種は、OPPOから発売された「R17 Pro」です。

OPPOは高性能ながら端末価格が安く、私もおすすめのスマホメーカーです。

 

OPPO R17 ProはSnapdragon7106GBのメモリー(RAM)を搭載しており、3Dゲームも可能な高性能機種です。

カメラはAI(人工知能)を搭載したデュアルレンズカメラで、夜景も美しく撮影できるのが特徴です。

 

さらに、画面内で指紋認証できる最先端の機能や、顔認証・DSDS・DSDV・急速充電にも対応しています。

おサイフケータイや防水・防塵には非対応ですが、この性能でこの価格はなかなかの高コスパです。

 

ドコモ回線au回線
対応回線

 

<端末代金>

  • 24回払い:2,850円
  • 一括払い:67,800円

 

  • icon-circle-o 3Dゲームも出来る高性能機種
  • icon-circle-o AI搭載のデュアルカメラ
  • icon-circle-o DSDS・DSDV対応
  • icon-circle-o 国内3キャリアのバンド対応
  • icon-circle-o 急速充電・大容量バッテリー
  • icon-times 防水非対応
  • icon-times おサイフケータイ非搭載
  • icon-times OPPOの知名度がまだ低い

 

詳細「OPPO R17 Pro」をレビュー!

 

▼OPPO R17 Proを購入▼

IIJmio公式サイト 

 

7位:OPPO AX7

 

続いてのIIJmioのおすすめ機種は、2018年12月に発売のOPPO AX7です。

繰り返しになりますが、OPPOは高性能・低価格で非常におすすめのメーカーです。

 

OPPO AX7の性能は最低限ですが、その分とにかく端末価格が安いのが魅力です。

先に紹介したZenFone Max(M1)(ZB555KL)よりもさらに安い価格で購入可能です。

 

搭載CPUはSnapdragon450ですが、メモリーRAMは4GBで普段使いには十分でしょう。

DSDS・DSDVに加え、SDカードも増設できるトリプルスロットなのもメリットです。

 

機能自体は平凡ですが、この価格でデュアルレンズカメラ指紋認証センサーも搭載しています。

IIJmioのドコモ回線・au回線を含む全キャリアの回線で使えるので、ライトユーザーのメイン機種としてはもちろん、スマホ2台持ちのサブ端末としても非常におすすめです。

 

ドコモ回線au回線
対応回線

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,280円
  • 一括払い:29,800円

 

  • icon-circle-o 端末価格が安い
  • icon-circle-o DSDS・DSDV対応
  • icon-circle-o 国内3キャリアのバンド対応
  • icon-circle-o トリプルスロット
  • icon-circle-o 長持ちバッテリー
  • icon-circle-o 4GBのRAMで普段使いには十分
  • icon-times カメラ機能は平凡
  • icon-times 端子はmicro USB
  • icon-times 急速充電・顔認証・防水なし
  • icon-times OPPOの知名度がまだ低い

 

詳細記事OPPO AX7を詳細レビュー!

 

▼IIJmioでOPPO AX7を購入▼

IIJmio公式サイト 

 

8位:HUAWEI P20 lite

 

 

続いてのIIJmioおすすめ機種は2018年6月に発売の「HUAWEI P20 lite」です。

2018年に最も売れたAndroidのSIMフリー端末で、コスパ抜群の機種です。

 

メインカメラは1,600万画素+200万画素のデュアルレンズ、自撮り用のカメラも1600万画素です。

CPUはKirin659で、メモリー(RAM)が4GBなのもメリットです。

急速充電・指紋認証・顔認証を搭載しており、機能性も十分です。

 

これだけの性能ながら端末代金は格安で、コスパ抜群です。

さらにコミコミセット(2,480円)の対象端末なので、条件が合えばどこよりもお得に使用できます。

 

ドコモ回線au回線
対応回線

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,200円
  • 一括払い:27,800円

 

  • icon-circle-o Kirin659 + 4GBメモリー
  • icon-circle-o デュアルレンズカメラ搭載
  • icon-circle-o 自撮り用カメラも1600万画素
  • icon-circle-o 指紋認証・顔認証センサー
  • icon-circle-o 急速充電対応
  • icon-circle-o 端末代が安くコスパ抜群

 

▼P20 liteをチェックする▼

IIJmio公式サイト 

 

9位:Mate 20 Pro

 

 

続いてのIIJmioのおすすめ機種は「Mate 20 Pro」(メイト20プロ)です。

人気のスマホメーカーHUAWEIのフラッグシップスマホで、最高峰の性能を誇ります。

 

特徴はなんといってもCPU・カメラ性能の高さです。

搭載CPUは業界最高峰のKirin980、メモリー(RAM)は6GBです。

さらに、人工知能(AI)を搭載しており、パフォーマンスや省エネを極限まで高めてくれます。

 

カメラは老舗カメラメーカー「Leica(ライカ)」と共同開発しており、世界初のトリプルカメラを搭載しています。

 

画面内指紋認証機能の他、顔認証にも対応しています。

バッテリーの持ちも抜群で、急速充電・ワイヤレス充電にも対応しています。

また、海外メーカー製ながら防水・防塵に対応しているのも嬉しいですね。

 

ただし、ハイスペック端末のため端末代金が非常に高いです。

また、普段使いにはオーバースペックなので、性能に強いこだわりがなければ他機種を選択しましょう。

 

ドコモ回線au回線
対応回線×

 

<端末代金>

  • 24回払い:4,580円
  • 一括払い:109,800円

 

  • icon-circle-o 業界最高峰のスペック
  • icon-circle-o Kirin980+AIで処理最適化
  • icon-circle-o ライカ製のトリプルレンズカメラ
  • icon-circle-o 画面内指紋認証・顔認証
  • icon-circle-o 急速充電・ワイヤレス充電対応
  • icon-times 端末代金が高い
  • icon-times au回線はアップデート対応

 

詳細記事Mate 20 Proを詳細レビュー!

 

▼Mate 20 Proの詳細確認・購入▼

IIJmio公式サイト 

 

10位:AQUOS sense plus

 

 

続いてのIIJmioのおすすめ機種は、SHARPのAQUOS sense plus(SH-M07)です。

 

シャープからは「AQUOS sense2 SH-M08」が発売されましたが、AQUOS sense plusはSH-M08より性能が高いです。

搭載CPUはSnapdragon630、メモリー(RAM)は3GBなので、高負荷の3Dゲームなど以外は処理速度が快適でしょう。

 

フルHD+のディスプレイにはもちろんシャープのIGZO液晶と搭載し、美しさと省エネ性能を兼ね備えています。

指紋認証センサー防水・防塵はもちろん、おサイフケータイハイレゾ対応のオーディオも搭載しています。

 

ちなみに、IIJmioでは同じSHARPから4種類の端末を発売中です。

  • AQUOS sense2 SH-M08
  • AQUOS sense plus SH-M07
  • AQUOS R compact SH-M06
  • AQUOS sense lite SH-M05

 

性能はSH-M06が最も高く、価格はSH-M05が安いです。

どれもおサイフケータイや防水などの機能に違いはないので、画面サイズや価格で選ぶとよいでしょう。

 

ドコモ回線au回線
対応回線

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,580円
  • 一括払い:36,800円

 

  • icon-circle-o Snapdragon630+3GBメモリー
  • icon-circle-o IGZO液晶でフルHD+の美しさ
  • icon-circle-o 5.5インチで握りやすい縦長本体
  • icon-circle-o 防水・防塵・指紋認証センサー搭載
  • icon-circle-o おサイフケータイ搭載
  • icon-times ワンセグなし
  • icon-times SH-M08が発売済み

 

詳細記事AQUOS sense plus SH-M07を詳細レビュー

 

▼SH-M07をチェックする▼

IIJmio公式サイト 

 

11位:ZenFone5(ZE620KL)

 

 

続いては2018年5月に発売された「ZenFone 5(ZE620KL)」です。

ASUSのメインシリーズでファンが多い機種です。

 

搭載CPUはSnapdragon636、メモリー(RAM)は6GBと十分です。

カメラは超高性能というわけではありませんが、十分な性能を誇っています。

  • アウトカメラ:1200万+800万画素
  • インカメラ:800万画素

 

さらにAI(人工知能)を搭載しており、被写体に応じて最適な撮影モードを選択してくれたり、写真の加工の好みを学習して自動で提案してくれたりします。

 

他にも急速充電機能ハイレゾ対応と便利機能も満載です。

ディスプレイはフルHD+の最高峰の美しさを誇り、トレンドの縦長画面です。

 

個人的にはHUAWEI nova 3を上位にしましたが、正直好みで選んでよいと思います。

 

ドコモ回線au回線
対応回線

 

<端末代金>

  • 24回払い:2,050円
  • 一括払い:48,800円

 

  • icon-circle-o Snapdragon636+6GBメモリー
  • icon-circle-o デュアルカメラ搭載
  • icon-circle-o 人工知能が写真を美しく最適化
  • icon-circle-o 大容量バッテリー+急速充電
  • icon-circle-o ハイレゾ対応・イヤホン同梱
  • icon-circle-o 最高峰の美しいディスプレイ
  • icon-times 端末代金は少々高い
  • icon-times 防水・防塵なし

 

詳細記事ASUS「ZenFone 5」を詳細レビュー!

 

▼ZenFone5をチェックする▼

IIJmio公式サイト 

 

12位:nova lite 2

 

 

続いて紹介するのは、HUAWEIから発売の「nova lite 2」(ノバライト2)です。

2017年に大人気だったnova liteの後継機として、こちらも性能の割に端末代金が非常に安いことが特徴です。

 

nova lite 2の最大の特徴はカメラです。

メインカメラは1,300万画素+200万画素のダブルレンズで、2つのレンズで色彩と明るさを感知し、美しい写真を撮影できます。

ポートレートモードでプロのような”ボケ”を出すことも可能です。

 

nova lite 2の画面は、最近のトレンドである18:9の縦長画面です。

解像度は2,160×1,080ピクセルのフルHD+と、最高峰の美しさを誇ります。

 

CPUはKirin659のオクタコアメモリー(RAM)は3GBで、超高負荷の3Dゲームなどをしない限り、誰が使っても大満足のスペックです。

 

性能はHUAWEI P20 liteの方がわずかに高いですが端末価格はこちらの方が安く、普段使いには十分なスペックです。

 

さらに、nova lite 2もコミコミセットの対象です。

データ3GBと3分かけ放題がついて最も安い月額1,880円なので、大変お得です。

 

ドコモ回線au回線
対応回線×

 

<端末代金>

  • 24回払い:750円
  • 一括払い:16,800円

 

  • icon-circle-o 大人気機種nova liteの後継機
  • icon-circle-o デュアルレンズ搭載カメラ
  • icon-circle-o フルHD+の高解像度、縦長画面
  • icon-circle-o 指紋認証センサー搭載
  • icon-circle-o 高性能の割に端末が安い
  • icon-circle-o コミコミセット(1,880円)対象
  • icon-times ドコモ回線のみ

 

▼nova lite2をチェックする▼

IIJmio公式サイト 

 

13位:AQUOS sense lite SH-M05

 

 

続いては「AQUOS sense lite(SH-M05)」(アクオスセンスライト)です。

安心の国産メーカーで、バランスの良い性能の割に端末代金が安く、非常におすすめの機種です。

 

特徴は画面の美しさ。フルHDでとにかく画面がきれいです。

しかも搭載しているIGZOパネルは省エネにも優れバッテリーの持ちが長いのも特徴です。

 

国産メーカーらしく防水・防塵にも対応しており、雨の日や料理をしながらのスマホ操作もできます。

おサイフケータイも搭載しています。

カメラ性能もバランスがよく、誰でも簡単にきれいな写真が撮影できます。

 

端末代金が非常に安いのも特徴ですが、コミコミセットなら更に安くなります。

データ3GBに3分かけ放題の通話オプションがついて、毎月2,480円です。

通常に申し込むよりかなりお得になります。

 

ドコモ回線au回線
対応回線

 

<端末代金>

  • 24回払い:850円
  • 一括払い:19,800円

 

  • icon-circle-o 欠点の無いバランスの良い性能
  • icon-circle-o IGZOパネル搭載の美しい画面
  • icon-circle-o 安心の防水・防塵機能
  • icon-circle-o おサイフケータイ搭載
  • icon-circle-o 性能の割に価格が安い
  • icon-circle-o コミコミセット(2,480円)対象
  • icon-times CPU性能は平凡

 

▼SH-M05をチェックする▼

IIJmio公式サイト 

 

14位:ZenFone5Q (ZC600KL)

 

 

続いては2018年5月に発売された「ZenFone 5Q (ZC600KL)」です。

 

ZenFone 5Qのカメラは非常に高性能です。

背面のアウトカメラ・自撮り用のインカメラがどちらもデュアルカメラで、どちらも非常に高画素です。

  • メインカメラ:1,600万+800万画素
  • インカメラ:2,000万+800万画素

 

搭載CPUはSnapdragon630、メモリー(RAM)も4GBなので十分な性能です。

顔認証・指紋認証センサーを搭載しており、バッテリーも十分です。

さらにDSDS+SDカードが同時に挿入できるトリプルスロットです。

 

同時に発売が発表されたZenFone 5にはスペックが劣りますが、通常の使い方であればZenFone 5Qの性能で十分です。

その割に端末代金が非常に安いので、コスパ抜群のおすすめ機種です。

 

ドコモ回線au回線
対応回線

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,580円
  • 一括払い:37,800円

 

  • icon-circle-o 両面にデュアルカメラ搭載
  • icon-circle-o インカメラは2,000万+800万画素
  • icon-circle-o 顔認証・指紋認証センサー搭載
  • icon-circle-o Snapdragon630+4GBメモリー
  • icon-circle-o DSDS+SDのトリプルスロット
  • icon-circle-o 端末代金が安い
  • icon-times 性能はZenFone 5に劣る
  • icon-times 防水・おサイフ・ワンセグなし

 

▼ZenFone5Qをチェックする▼

IIJmio公式サイト 

 

15位:AQUOS R compact

 

 

続いてはSHARPの「AQUOS R compact SH-M06」です。

auやソフトバンクで大人気だった端末がSIMフリー端末として発売され、格安スマホでも購入できるようになりました。

 

AQUOS R compactの特徴はなんといってもディスプレイです。

片手で持てるコンパクトなサイズの端末が非常に人気ですね。

 

名前の通り端末はコンパクトですが、4.9インチの画面サイズを実現してます。

画面解像度は2,160×1,080のフルHD+で非常に美しいです。

 

AQUOS R compactに搭載されているCPUはSnapdragon660で、メモリーは3GBです。

指紋認証センサー防水・防塵はもちろん、ハイレゾ対応のオーディオエモパーという人工知能を使った機能も便利です。

 

SH-M08SH-M07じゃ少し性能が物足りないな…」という方におすすめです。

 

ドコモ回線au回線
対応回線

 

<端末代金>

  • 24回払い:2,100円
  • 一括払い:49,800円

 

  • icon-circle-o Snapdragon660搭載
  • icon-circle-o フルHD+で最高峰の美しさ
  • icon-circle-o 端末がコンパクトで携帯しやすい
  • icon-circle-o 防水・防塵・指紋認証センサー
  • icon-circle-o 指紋認証センサー搭載
  • icon-times メモリーRAM3GB
  • icon-times SH-M08より価格は高い

 

▼SH-M06をチェックする▼

IIJmio公式サイト 

 

IIJmio端末購入・機種変更時の注意点

 

端末代金支払いは分割・一括

 

IIJmioで端末とセットでSIMを契約する場合、端末代金は24回分割払い、もしくは一括払いが選択できます。

 

端末代の残金を一括支払も可能

 

また、分割払いを選択していた場合も、マイページから手続きすることによって途中で残金を一括支払いすることも可能です。

 

SIM・端末の発送にかかる日数

 

IIJmioでSIMや端末を購入した場合、IIJmio公式HPでは3~4日で到着するとアナウンスされています。

また、契約後に送られてくるメールには「最長で1週間程度かかる場合がある」とも記載されていました。

 

しかし、実際に申し込んだところ、申し込み翌日には発送完了のメールが届き、その翌日にはクロネコヤマトにて配達されました。

私の場合は都内でしたが、北海道・九州や離島にお住まいの方は+1日程度かかるかもしれません。

 

しかし、いずれにしても1週間もかかることはまれで、多くの場合がすぐ発送されるようです。

 

受取りは手渡しのみ

 

IIJmioから端末またはSIMのみを購入した場合、クロネコヤマトで配達されます。

その際、必ず本人が手渡しで受け取ることが必要です。

(家族などならOKの場合もあるかもしれませんが、原則は本人です)

 

ポストや宅配ボックスへの投函はしてくれず、不在票が入りますので、受取りに都合の良い日を各自設定してください。

 

IIJmioで端末のみ購入は可能?

 

端末だけ購入可はIIJmio契約者のみ

 

IIJmioではスマホの取り扱い機種が多いため、スマホだけ購入したいという方も多いです。

しかし、IIJmioでスマホ端末のみを購入できるのは、IIJmioのSIMを契約している方のみです。

現在IIJmioを契約していない方は端末のみを購入することはできません。

 

データSIMとのセットで端末のみ購入も可

 

しかし、データ専用SIMとのセットでも端末の購入が可能です。

データ専用SIMなら最低利用期間や違約金は実質ありませんので、初期費用と1か月分の料金を支払い、すぐに解約すれば実質端末のみを購入することも可能です。

 

機種変更・端末変更する方法

 

IIJmioで端末を購入する機種変更の手順

 

前章で解説したとおり、IIJmioのSIMカードを既に契約している方は、スマホ端末のみを購入することができます。

そのため、機種変更・端末変更したい場合は、下記の手順となります。

 

<機種変更の手順>

  1. IIJmioで新たに端末を購入
  2. 現在のスマホからSIMカードを抜く
  3. 新しい機種にSIMカードを挿入
  4. APN設定
  5. 各種データ移行

 

端末のみを購入する場合は、IIJmioのマイページから手続きします。

 

機種変更時もAPN設定が必要

 

機種変更時、IIJmioで購入した端末にIIJmioのSIMカードを挿して使用する場合も、APN設定が必要です。

APN設定とは、その端末でIIJmioのデータ通信ができるようにするための設定です。

手順は下記をご覧ください。

APN設定の詳細APN設定手順 | IIJmio

 

SIMカードのサイズに注意

 

IIJmioで機種変更をする際、最も注意が必要なのがSIMカードのサイズです。

 

現在販売中のほとんどの機種のSIMサイズは「nano」です。

今使用している端末のSIMカードのサイズがmicroもしくは標準だった場合、新しい機種に挿して使用することができません。

SIMサイズの変更が必要ないか、必ず確認してください。

 

もしSIMサイズの変更が必要な場合は、マイページから手続きすれば交換してもらえますが、手数料として約2,400円がかかります。

 

他で購入した端末にも機種変更可能

 

IIJmio以外で購入した端末に機種変更することも可能です。

アップルストアやスマホショップで購入したiPhoneを使用される方が多いですね。

 

詳しい手順は詳細はこちらを参考にしてください。

 

IIJmioの端末保証オプションは2種類

 

IIJmioには、端末保証オプションとして「端末補償オプション」と「つながる端末保証」の2種類が用意されています。

IIJmioで購入した端末なら「端末補償オプション」、IIJmio以外で購入した持ち込み端末なら「つながる端末保証」を利用しましょう。

 

端末補償オプション

 

 

端末補償オプションは、IIJmioで購入した端末に故障や破損などのトラブルが発生した場合、格安の料金で新しい端末に交換してくれるオプションです。

連絡をすれば最短翌日に新しい端末が届きます。

 

 

端末補償オプション
月額料金380円
(機種により500円)
保証期間永年
保証内容交換(有償)
費用交換1回目5,000円
交換2回目8,000円
保証回数年間2回まで
加入時期端末セット契約と同時

 

ただし、このオプションに加入できるのは、SIMと端末セットで契約するのと同時のみです。

 

詳細IIJmio公式サイト

 

つながる端末保証 (他社/iPhone)

 

 

つながる端末保証オプションは、IIJmio以外で購入したスマホにつけられる保証オプションです。

故障・破損などのトラブル発生時に、無償で修理または格安で新しい端末と交換してくれます。

料金は月額500円/月です。

 

持ち込み保証
月額料金500円/月
保証期間永年
保証内容無償修理
または
交換(有償)
費用修理:無料
1回目交換:4,000円
2回目交換:8,000円
保証回数年間2回まで
加入時期SIM契約と同時

 

オプション加入時に、対象となる端末をあらかじめ登録しておく必要があります。

また、iOS端末(iPhone)は修理のみとなりますので注意してください。

 

詳細IIJmio公式サイト

 

IIJmioで他社の端末も使える

 

ドコモ・au・Softbankの端末もIIJmioで使える

 

IIJmioでは、端末とセットでSIMを契約することもできますが、他社で購入したスマホ端末を持ち込んで流用することもできます。

ドコモ・au・ソフトバンクをはじめ、他の格安スマホの機種でもOKです。

 

端末のSIMロック解除が必要な場合

 

ただし、下記の場合は端末のSIMロック解除が必要です。

 

<SIMロック解除が必要>

  • ドコモ端末をau回線(タイプA)で使用
  • au端末をドコモ回線(タイプD)で使用
  • ソフトバンク端末を使用

 

他社のスマホをIIJmioで使う手順は下記記事に詳しくまとめています。

詳細記事MNP転入で他社のスマホをIIJmioで使う手順

 

iPhone8/iPhoneXRも使える

 

 

IIJmioでは、残念ながらiPhoneを販売していません。

しかし、iPhoneの端末があれば、IIJmioのSIMカードを挿して使うことができます。

 

ドコモ・au・ソフトバンクなどで購入するより安くiPhoneを使用することができますので、ぜひ利用しましょう。

 

大人気のiPhone8・iPhone7・iPhone6S・iPhoneSEはもちろん、最新機種のiPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XRも使えます。

 

詳細はこちらを参考にしてください。

 

IIJmioで実施中のキャンペーン

 

IIJmio「みおふぉん」では、期間限定でお得なキャンペーンを実施しています。

音声SIMのみの方も、スマホとセットで申し込む方も、月額料金の割引や端末代金の値下げなど、必ず何らかのキャンペーンを実施しています。

 

現在実施中のキャンペーン情報は下記記事に詳しくまとめています。

詳細記事【随時更新】IIJmio「みおふぉん」のお得なキャンペーン情報まとめ

 

おすすめ端末購入はIIJmio公式サイトで

 

以上、IIJmioのおすすめスマホランキングの紹介でした。

上記を参考に、自分にぴったりのスマホを探し、格安で快適なスマホライフを楽しんでください。

 

また、今ならお得なキャンペーンが実施中です。

キャンペーンは期間限定なのでお急ぎください!

 

IIJmio公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、お得に契約できる今のうちにぜひお申込ください!

 

▼今すぐ端末をチェックする▼

IIJmio公式サイト 

 

▼当サイト限定キャンペーン中▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

IIJmioトップページへ

 

IIJmio
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-