YmobileでiPhone7が1.5万、SIMが1万円割引中 

イオンモバイルでiPhoneを使う全手順解説!設定や機種変更方法も

 

iPhone XS

 

本記事では、イオンモバイルでiPhoneを使う手順を解説します。

 

イオンモバイルでiPhoneを使うことで、毎月のスマホ料金を大幅に下げることができます。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhoneも使えますし、テザリングも可能です。

 

▼iPhone用SIMを購入する▼

イオンモバイル公式サイト

 

イオンモバイルで使えるiPhone

 

iPhoneの動作確認状況

 

イオンモバイルでは、比較的古いiPhoneも動作確認されており、問題なく使用できることが確認されています。

SIMサイズはドコモ回線もau回線もnanoで、テザリングも可能です。

 

動作確認状況はドコモ回線・au回線によって異なります。

必ず動作確認端末一覧を確認してください。

 

詳細イオンモバイルの動作確認端末一覧

 

SIMフリーのiPhoneが使える

 

iPhone7以降の機種であれば、アップルストアで端末のみが購入できます。

アップルストアで購入できるiPhoneはSIMフリーなので、イオンモバイルのドコモ回線・au回線でも使えます。

 

<SIMフリー版の価格>

32GB128GB
iPhone7¥50,800¥61,800
iPhone7
Plus
¥64,800¥75,800
64GB256GB
iPhone 8¥67,800¥84,800
iPhone 8
Plus
¥78,800¥95,800
64GB256GB512GB
XS¥112,800¥129,800¥152,800
XS
Max
¥124,800¥141,800¥164,800
64GB128GB256GB
XR¥84,800¥90,800¥101,800

 

ドコモ・au・ソフトバンクのiPhoneも使える

 

SIMフリー端末以外にも、ドコモやソフトバンク、auやワイモバイル・UQモバイルで購入したiPhoneもイオンモバイルで使えます

 

ただし、端末の購入元と選ぶ回線の組み合わせ(ドコモ回線/au回線)によってはSIMロック解除が必要な場合があります。

 

SIMロック解除が不要でそのまま使えるのは、「SIMフリー端末を使う場合」と「ドコモで購入したiPhoneをドコモ回線で使う場合」「auで購入したiPhone8以降の機種をau回線で使う場合」です。

 

  • SIMフリー端末を使う
  • ドコモ端末をドコモ回線で使う
  • au端末をau回線で使う
    (iPhone8以降のみ)

 

下記の場合はSIMロック解除が必要です。

 

  • ドコモ端末をau回線で使う
  • au端末をドコモ回線で使う
  • au端末をau回線で使う(iPhone7まで)
  • ソフトバンク端末を使う

 

<端末購入元とSIMロック解除要否>

端末購入元ドコモ回線au回線
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
au~iPhone7:要
iPhone8~:
不要
Softbank

 

特に、auで購入したiPhone7以前の端末をau回線で使う場合にもSIMロック解除が必要な点に注意してください。

 

SIMロック解除の方法と費用

 

SIMロック解除とは、他の携帯会社で使用していた端末を、別の携帯会社でも使用できるようにすることです。

 

ドコモ・au・ソフトバンクの公式サイト・マイページからSIMロック解除を申請しましょう。

マイページで手続きすれば無料です。

 

 

また、ドコモ・au・ソフトバンクを解約・MNP転出した後にSIMロック解除する場合は店頭での手続きのみとなり、やはり3,000円かかってしまいます。

解約・MNP転出する前にあらかじめマイページで解除しておきましょう。

 

▼SIMロック解除の料金▼

店頭マイページ
SIMロック
解除
¥3,000無料

 

中古iPhoneも使用可

 

iPhoneは街なかのスマホショップや、スマホ通販サイトでも購入できます。

 

特にイオシスムスビー、じゃんぱらなどでは中古・未使用品のiPhoneが格安で手に入ることもあります。

私も先日イオシスで未使用品のiPhone7を購入しました。

 

中古スマホ店や通販サイトで購入する際は、できる限りSIMロック解除済のiPhoneを購入しましょう。

 

▼未使用・中古のiPhoneが安い▼

 

 

イオンモバイルでiPhoneを使う手順

 

イオンモバイルでiPhoneを使うには、以下の6つの手順が必要です。

 

  1. iPhone本体を準備
  2. MNP予約番号を発行
  3. イオンモバイルのSIMを購入
  4. 本体にSIMカードを挿入
  5. 回線切り替え・開通手続き
  6. APN設定

 

ここからは、上記6手順を順に説明していきます。

 

iPhone本体を準備

 

イオンモバイルではiPhoneを販売していませんので、他で購入・入手が必要です。

 

iPhone本体は以下の方法で購入できます。

 

  • アップルストアで購入
  • ドコモ・au・Softbankの端末を使用
  • 中古スマホ店で購入

 

ただし、iPhoneの購入元と選ぶ回線によっては、事前にSIMロック解除が必要な場合があります。

詳細は前章「イオンモバイルで使えるiPhone」を確認してください。

 

MNP予約番号を発行

 

この工程は、MNPで他社からイオンモバイルに乗り換える場合のみに発生します。

 

ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安スマホキャリアから電話番号そのままでイオンモバイルに乗り換える場合は、乗り換え元のキャリアで「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。

MNP予約番号とは、同じ携帯番号を他社でも使用するための引継ぎ番号のようなものです。

 

ドコモ・au・ソフトバンクMNP予約番号は下記の方法で取得できます。

 

予約番号
発行方法
備考
ドコモ
店頭
電話ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEBマイドコモ
au
店頭
電話0077-75470
ソフト
バンク
店頭
電話Softbankスマホから*5533
または0800-100-5533

 

iPhone用SIMを契約

 

iPhone本体の準備ができたら、イオンモバイルのSIMカードを契約します。

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

 

 

SIMカードは「イオンモバイル公式サイト」また店舗で購入できます。

以下、簡単に購入の流れを解説します。

 

1. 公式サイトにアクセス

 

イオンモバイル公式サイト」にアクセスし、右上の「お申込み」を選択⇒「WEBで申し込む」を選択

 

 

「WEBで申込む」⇒「SIMカードのみ購入」

 

 

2. 回線を選択

 

次に回線(ドコモ回線/au回線)を選択します。

回線の選び方は次章を参考にしてください。

 

 

3. SIMカードの種類・サイズを選択

 

次の画面でSIMの種類・サイズを選択します。

SIMの種類は通常は「音声SIM」です。

 

 

SIMサイズについて、イオンモバイルのドコモ回線ではサイズの異なる3種類のSIMカードが販売されています。

nano(ナノ)・micro(マイクロ)・標準SIMです。

 

現在発売されている端末のほとんどは「nano」ですが、一部micro等の場合もありますので、ご自分の端末のSIMカードサイズを確認して購入しましょう。

誤って別のSIMを購入しないように気をつけてください。

 

 

au回線を選んだ方は、マルチSIM1種類なので問題ありません

 

入力が完了したら最下段の「この内容で申込む」を選択します。

 

 

4. イオンスクエアに登録

 

イオンでSIMカードを購入するためには「イオンスクエア」への登録が必要になります。

イオンスクエア会員でない方がほとんどだと思いますので「新規メンバー登録」をクリックし、氏名・住所などを登録します。

 

 

5. SIM購入手続き

 

イオンスクエアへの登録が終わった後、画面右上の「カートボタン」をクリックしてください。

カートボタンがない場合はトップページに戻ると出現します。

 

 

カートボタンには先ほど選択したSIMカードが入っています。

そのまま購入手続きを進めてください。

 

6. 本人確認書類のアップロード

 

SIM購入完了後、本人確認書類のアップロードが必要になります。(音声SIMの場合)

本人確認書類は以下の4点のうちいずれかが必要です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 健康保険証

 

7. プランを選択

 

本人確認書類のアップロードが完了したら、プランを選択します。

データ容量に応じたプランを選択しましょう。

音声SIMのプランは以下の通りです。

 

▼イオンモバイルの料金プラン▼

データ基本料データ基本料
500MB¥1,13012GB¥3,280
1GB¥1,28020GB¥4,680
2GB¥1,38030GB¥6,080
4GB¥1,58040GB¥7,980
6GB¥1,98050GB¥10,800
8GB¥2,680

 

また、必要に応じてオプションを選択します。

特に人気なのは10分以内の国内通話が全て無料になる「10分かけ放題」です。

 

通話オプション月額料金
イオンでんわ
10分かけ放題
¥850

 

以上で申込みは完了です。

準備が出来次第、SIMカードが送られてきます。

 

▼iPhone用SIMを購入する▼

イオンモバイル公式サイト

 

イオンモバイルのWEBでSIMを申し込んだ場合、イオンモバイル側で回線切り替えを終えてからSIMが発送されます。
回線切り替えからSIM到着までは不通期間が発生しますので注意してください。

 

iPhoneにSIMカードを挿入

 

イオンモバイルのSIMカードとiPhone本体が手元に準備できたら、iPhone本体にSIMカードを挿入します。

詳細はこちらに記載されています。

 

詳細SIMの挿入方法 | Apple

 

APN設定

 

SIMカードをiPhone本体に挿したあとは、APN設定(プロファイルインストール)を行います。

 

APN設定とは、イオンモバイルの回線を使ってiPhoneでモバイルデータ通信を行うための設定です。

詳細は下記で詳しく解説されていますので参考にしてください。

詳細イオンモバイルでiPhoneを使う設定

 

なお、APN設定はiPhoneがWi-Fiにつながった状態で実施してください。

 

APN設定が終われば、いよいよイオンモバイルでiPhoneが使用できるようになります。

 

▼iPhone用SIMを購入する▼

イオンモバイル公式サイト

 

 

iPhone使用時の注意点

 

au端末のSIMロック解除

 

冒頭で、iPhoneのSIMロック解除が必要な場合を解説しました。

繰り返しになりますが、iPhoneの購入元と選ぶ回線によっては、事前にSIMロック解除が必要な場合があります。

 

端末購入元ドコモ回線au回線
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
au~iPhone7:要
iPhone8~:
不要
Softbank

 

特にauで購入したiPhoneをau回線で使う場合には注意が必要です。

auで購入したiPhone7までの機種(iPhone SE・6S・7)をau回線で使う場合はSIMロック解除が必要です。

 

一方、iPhone8以降の機種(iPhone X・iPhone XS・XS Max・XR)はau回線を選べばSIMロック解除無しでそのまま使えます

 

iPhoneでテザリング可

 

イオンモバイルはドコモ回線・au回線ともにiPhoneでテザリング可能です。

テザリングは申し込み不要で無料でできます。

 

以前までau回線ではテザリングができませんでした。

しかし、現在ではau回線でもテザリング可能です。

 

iPhoneのSIMサイズはnano

 

ドコモ回線のSIMを契約する場合、SIMカードのサイズに注意が必要です。

 

ドコモ回線はサイズの異なる3種類のSIMカードが販売されています。

nano・micro(マイクロ)・標準SIMです。

 

楽天モバイル_SIMサイズ

 

iPhone用のSIMカードのサイズは「nano」です。

ドコモ回線を選ぶ場合、誤って他のサイズのSIMカードを購入しないように気をつけてください。

 

au回線は自分でサイズを小さくできる「マルチSIM」1種類なので安心してください。

 

▼iPhone用SIMを購入する▼

イオンモバイル公式サイト

 

 

iPhoneに機種変更する手順

 

現在すでにイオンモバイルのSIM・スマホを使用している方も、iPhoneに機種変更できます。

 

手順は以下の通りです。

 

  1. iPhone端末を用意
  2. 現在の端末からSIMを抜く
  3. iPhoneにSIMを挿入
  4. APN設定

 

iPhoneを購入・用意

 

イオンモバイルではiPhoneを販売していませんので、iPhoneは他で購入する必要があります。

アップルストアや街中の中古スマホショップではイオンモバイルで使えるSIMフリー端末が販売されています。

 

<SIMフリー版の価格>

32GB128GB
iPhone7¥50,800¥61,800
iPhone7
Plus
¥64,800¥75,800
64GB256GB
iPhone 8¥67,800¥84,800
iPhone 8
Plus
¥78,800¥95,800
64GB256GB512GB
XS¥112,800¥129,800¥152,800
XS
Max
¥124,800¥141,800¥164,800
64GB128GB256GB
XR¥84,800¥90,800¥101,800

 

▼安く買うならスマホ通販サイト▼

 

 

また、ドコモ・au・ソフトバンクで販売されていた端末を流用することもできます。

ただし、au・ソフトバンクの端末はSIMロック解除が必要な場合があるので注意してください。

 

<SIMロック解除が必要な場合>

端末購入元ドコモ回線au回線
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
au要/不要
Softbank

 

現在の端末からSIMを抜く

 

次に、現在使用しているスマホ端末からSIMカードを抜きます。

 

 

その際、注意が必要です。

iPhoneで使用できるのはドコモ回線もau回線もnanoSIMのみです。

 

ドコモ回線を契約している方で、現在使用しているSIMカードのサイズが標準・microの場合はSIMカードを交換してもらう必要があります。

 

店舗またはイオンモバイルお客さまセンターから交換の手続きをしましょう。

交換には手数料として3,000円がかかります。

 

抜いたSIMをiPhoneに挿入

 

iPhone本体が手元に準備できたら、本体にSIMカードを挿入します。

詳細はこちらに詳しく解説されています。

 

詳細SIMカードの挿入方法

 

APN設定

 

SIMカードをiPhone本体に挿したあとは、APN設定を行います。

APN設定とは、イオンモバイルの回線を使ってiPhoneでモバイルデータ通信を行うための設定です。

 

詳細は下記で詳しく解説されていますので参考にしてください。

詳細iPhoneのAPN設定

 

なお、APN設定はiPhoneがWi-Fiにつながった状態で実施してください。

 

APN設定が終われば、iPhoneへの機種変更は完了です。

 

▼iPhone用SIMを購入する▼

イオンモバイル公式サイト

 

 

iPhone用SIM購入はイオンモバイル公式サイトで

 

以上、イオンモバイルでiPhoneを使用する手順と料金でした。

 

イオンモバイルなら最新のiPhoneを格安で使用できます。

設定も簡単です。

 

iPhone用のSIMカードは「イオンモバイル公式サイト」で24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、ぜひご利用ください!

 

▼iPhone用SIMを購入する▼

イオンモバイル公式サイト

 

シムラボ! トップへ戻る

 

未分類
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-