Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

イオンモバイルにMNP転入する全手順を解説!予約番号や手数料、即日転入の方法も解説

 

本記事では、人気の格安SIM「イオンモバイル」にドコモ・au・SoftbankなどからMNPで転入する手順を解説します。

 

料金の安い「イオンモバイル」に他社から乗り換えることで、スマホ料金を年間6万円ほど節約できます。

ぜひ活用してください!

 

▼申込みはこちら▼
イオンモバイル公式サイト

 

現在ドコモ・au・ソフトバンク等でiPhoneをご利用の方がイオンモバイルに乗り換える手順は、「イオンモバイルでiPhoneを使う手順」で詳しく解説しています。

 

  1. イオンモバイルにMNP転入する手順
    1. 端末のSIMロック解除
    2. MNP予約番号の発行
    3. 公式サイトでMNP転入手続き
    4. APN設定
  2. イオンモバイルへのMNP転入時の回線の選び方
    1. MNP時にau回線・ドコモ回線が選べる
    2. MNP転入でドコモ・au・Softbank端末も使える
      1. 端末購入元・回線によりSIMロック解除が必要
      2. au端末×au回線でもSIMロック解除必要
    3. SIMロック解除&ドコモ回線を選べ
    4. SIMロック解除の方法・手数料
  3. イオンモバイルへMNP転入時の注意点
    1. イオンモバイルへMNP転入時の準備・必要書類
    2. MNP予約番号の有効期限に注意
      1. 15日間以内に開通完了が必要
      2. 公式サイトでのMNP転入は残り10日以上
      3. 期限切れ時は再発行が必要
    3. 開通・回線切り替えの注意点
      1. 開通後にSIMカードが発送
      2. SIM到着まで不通期間・空白期間発生
      3. SIMカード発送~到着の日数
    4. MNP転入時の利用開始日・初月の月額料金
      1. 利用開始日はSIM発送の翌々日
      2. 初月の料金は日割り計算
    5. イオンモバイルへのMNP転入がお得なタイミング
      1. 乗り換え元の契約更新月
      2. すぐ転入した方がお得な場合も
      3. お得な転入タイミングは月末
    6. 料金支払いは口座振替不可
  4. イオンモバイル店舗でMNP転入する方法
    1. イオン内に店舗あり
    2. 店舗でMNP転入時の準備物・必要書類
    3. 店舗でMNP転入なら即日開通、空白期間なし
  5. イオンモバイルのMNP転出手数料・事務手数料
  6. MNP後に圏外・イオンモバイルに繋がらない場合の対応
    1. SIMロック解除されているか?
    2. APN設定(ネットワーク設定)
  7. イオンモバイルへのMNP転入時にスマホ端末も購入可能
    1. MNP時に買えるイオンモバイルのおすすめスマホ
    2. MNP転入で手持ちのスマホ・iPhoneも使える
  8. イオンモバイルへのMNPでお得なキャンペーン実施中
  9. MNP乗り換え手続きはイオンモバイル公式サイトで!

イオンモバイルにMNP転入する手順

 

MNPを利用してドコモ・au・ソフトバンクからイオンモバイルに乗り換えるためには、主に以下の4つの手順を踏む必要があります。

 

  1. SIMロック解除
    (今のスマホをそのまま使う場合)
  2. 乗り換え元でMNP予約番号を発行
  3. イオンモバイルでMNP転入手続き
  4. APN設定

 

これから、それぞれについて詳しく解説します。

 

端末のSIMロック解除

 

この手順は、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したスマホ端末をイオンモバイルで使用する場合のみ必要です。
イオンモバイルで端末を新たに購入する場合は飛ばしてください。

 

前章で解説しましたが、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したスマホは購入したキャリア以外でスマホ端末を使用できない「SIMロック」という状態になっています。

そのため、端末の購入元と選ぶ回線の組み合わせによっては、SIMロック解除が必要になります。

 

▼SIMロック解除の要否▼

ドコモ回線au回線
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
au要(※)
Softbank

 

au端末をau回線で使用する場合、2018年7月1日以降に発売された機種ならSIMロック解除は必要ありません。

 

ただし、SIMロック解除はマイページから手続きすれば無料なので、不要な場合でもSIMロック解除しておくことをおすすめします。

 

MNP予約番号の発行

 

さて、いよいよドコモ・au・ソフトバンクの解約手続きに入ります。

MNPで他社に乗り換える場合、乗り換え元の携帯会社で「MNP予約番号」を発行してもらいます。

MNP予約番号とは新しい携帯会社へ引き継ぐための番号ですね。

 

MNP予約番号は以下の3つの方法で取得できます。

  • 各キャリアショップの店頭
  • 電話
  • マイページ

 

予約番号
発行方法
備考
ドコモ
店頭
電話ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEBマイドコモ
au
店頭
電話0077-75470
ソフトバンク
店頭
電話Softbankのスマホから*5533
または0800-100-5533

 

MNPの転出手続きをすると、2,000円の手数料がかかります。

MNP予約番号の発行はどこで手続きしても手数料は変わりませんが、店頭は混んでいますし、電話はなかなか繋がらないので、できればマイページで手続きするのがおすすめです。

 

公式サイトでMNP転入手続き

 

続いて、イオンモバイルのSIMカードを購入します。

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

このカードを挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信を可能にします。

 

 

SIMカードは「イオンモバイル公式サイト」で購入できます。

購入までの画面の遷移を載せておきますので参考にしてください。

 

1. 公式サイトにアクセス

 

イオンモバイル公式サイト」にアクセスし、右上の「お申込み」を選択⇒「WEBで申し込む」を選択

 

 

「WEBで申込む」⇒「SIMカードのみ購入」

 

 

2. 回線を選択

 

次に回線(ドコモ回線/au回線)を選択します。

回線の選び方は次章を参考にしてください。

 

 

3. SIMカードの種類・サイズを選択

 

次の画面でSIMの種類・サイズを選択します。

SIMの種類は通常は「音声SIM」です。

 

 

サイズについて、イオンモバイルではサイズの異なる3種類のSIMカードが販売されています。

nano(ナノ)・micro(マイクロ)・標準SIMです。

 

現在発売されている端末のほとんどは「nano」ですが、一部micro等の場合もありますので、ご自分の端末のSIMカードサイズを確認して購入しましょう。

誤って別のSIMを購入しないように気をつけてください。

 

 

入力が完了したら最下段の「この内容で申込む」を選択します。

 

 

4. イオンスクエアに登録

 

イオンでSIMカードを購入するためには「イオンスクエア」への登録が必要になります。

イオンスクエア会員でない方がほとんどだと思いますので「新規メンバー登録」をクリックし、氏名・住所などを登録します。

 

 

5. SIM購入手続き

 

イオンスクエアへの登録が終わった後、画面右上の「カートボタン」をクリックしてください。

カートボタンがない場合はトップページに戻ると出現します。

 

 

カートボタンには先ほど選択したSIMカードが入っています。

そのまま購入手続きを進めてください。

 

6. 本人確認書類のアップロード

 

SIM購入完了後、本人確認書類のアップロードが必要になります。(音声SIMの場合)

本人確認書類は以下の4点のうちいずれかが必要です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 健康保険証

 

7. プランを選択

 

本人確認書類のアップロードが完了したら、プランを選択します。

データ容量に応じたプランを選択しましょう。

音声SIMのプランは以下の通りです。

 

▼イオンモバイルの料金プラン▼

データ基本料データ基本料
500MB¥1,13012GB¥3,280
1GB¥1,28020GB¥4,680
2GB¥1,38030GB¥6,080
4GB¥1,58040GB¥7,980
6GB¥1,98050GB¥10,800
8GB¥2,680

 

また、必要に応じてオプションを選択します。

特に人気なのは10分以内の国内通話が全て無料になる「10分かけ放題」です。

 

通話オプション月額料金
イオンでんわ
10分かけ放題
¥850

 

以上で申込みは完了です。

準備が出来次第、SIMカードが送られてきます。

 

▼申込みはこちら▼
イオンモバイル公式サイト

 

APN設定

 

届いたSIMカードをスマホ端末本体に挿入したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

APN設定とは、端末をインターネットに接続するための設定です。

 

作業は非常に簡単です。

こちらの手順に従ってファイルをインストールすればOKです。

手持ちの端末(Android/iPhone)によってインストールするプロファイルが異なりますので注意してください。

 

APN設定が終われば、イオンモバイルへのMNP転入が完了です。

 

▼申込みはこちら▼
イオンモバイル公式サイト

 

イオンモバイルへのMNP転入時の回線の選び方

 

MNP時にau回線・ドコモ回線が選べる

 

MNP転入時にとても重要な「回線の選び方」について説明します。

 

イオンモバイルでは、au回線のSIMカードと、ドコモ回線のSIMカードを選択しなければなりません

(厳密にはドコモ回線もさらにタイプ1・2に分かれるのですが、タイプ2はデータ専用なのでここでは省きます)

 

イオンモバイルで端末を購入する場合や、SIMフリー端末・SIMロック解除済み端末を使用する場合は、基本的にどちらを選んでも構いません。

料金は同じですし、電波のエリアもほとんど同じです。

 

MNP転入でドコモ・au・Softbank端末も使える

 

端末購入元・回線によりSIMロック解除が必要

 

イオンモバイルでは、ドコモ・au・ソフトバンクの端末も使えます。

ただし、その場合は注意が必要です。

端末の購入元と選ぶ回線の組み合わせにより、端末のSIMロック解除が必要な場合があります。

 

SIMロック解除とは、ドコモ・au・ソフトバンクで購入した端末を他のキャリアでも使用できるようにすること

 

SIMロック解除が必要な場合は以下の通りです。

 

▼SIMロック解除の要否▼

ドコモ回線au回線
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
au要(※)
Softbank

 

<SIMロック解除が必要な場合>

  • ドコモ端末をau回線で使う
  • au端末を使う(次章で説明)
  • ソフトバンク端末を使う

 

au端末×au回線でもSIMロック解除必要

 

特にau回線を使用する場合は注意が必要です。

auで2017年8月1日以前に発売された機種はイオンモバイルのau回線に対応していません。

 

そのため、auで購入した端末をau回線で使う場合であっても2017年8月1日以前に発売された端末ならSIMロック解除が必要になります。

ここは最も間違えやすいので注意してください。

 

SIMロック解除&ドコモ回線を選べ

 

ここまで聞くと少々ややこしいですが、個人的には「どこで購入した端末かに関わらずSIMロック解除し、ドコモ回線を使用する」のがおすすめです。

 

まず、端末はSIMロック解除が不要な場合でも必ず解除しておきましょう。

万が一他の回線・他の格安スマホキャリアで使用する場合も対応できますし、使用しなくなって中古ショップなどに売る場合も、SIMロック解除端末の方が高くなります。

 

また、回線はドコモ回線がおすすめです。

(あくまで最近の調査結果ですが)通信速度はドコモ回線のほうが速い場合が多いです。

 

SIMロック解除の方法・手数料

 

SIMロック解除はドコモショップ・auショップ・ソフトバンクショップなどの店頭でもできますが、その場合手数料3,000円がかかってしまいます。

 

ですので、必ずドコモ・au・ソフトバンクのマイページからWEBで手続きしましょう。

マイページで手続きすれば無料です。

 

また、ドコモ・au・ソフトバンクを解約、またはMNP転出した後にSIMロック解除する場合は店頭での手続きのみとなり、やはり3,000円かかってしまいます。

解約・MNP転出する前にあらかじめマイページで解除しておきましょう。

 

▼SIMロック解除の手数料▼

店頭
電話
マイページ
SIMロック
解除
¥3,000無料

 

▼申込みはこちら▼
イオンモバイル公式サイト

 

イオンモバイルへMNP転入時の注意点

 

イオンモバイルへMNP転入時の準備・必要書類

 

MNP転入にあたり必要なものは以下のものです。

  • MNP予約番号
  • 支払い用クレジットカード
  • 本人確認書類

 

イオンモバイルにMNP転入する場合や音声通話付SIMを契約する場合には、申し込み手続き時に本人確認書類のアップロードが必要です。

本人確認のために、以下の書類のいずれかを準備してください。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 健康保険証

 

MNP予約番号の有効期限に注意

 

15日間以内に開通完了が必要

 

前章でも解説しましたが、乗り換え元のキャリアで発行してもらったMNP予約番号の有効期限は15日間です。

イオンモバイルでは、この15日以内にSIMの開通(回線切り替え)までを終えなければなりません。

 

公式サイトでのMNP転入は残り10日以上

 

さらに、イオンモバイル公式サイトでMNP転入手続きをする場合、申し込み時点でMNP予約番号の有効期限が10日以上ないと手続きができません。

 

有効期限に関わらず、MNP予約番号発行後はすぐに「イオンモバイル公式サイト」で転入手続きをしましょう。

 

期限切れ時は再発行が必要

 

MNP予約番号の有効期限内にイオンモバイルへのMNP転入が完了しなかった場合や、WEBで手続きしたいのに残り10日を過ぎてしまった場合、MNP予約番号の再発行が必要になります。

 

再度乗り換え元のキャリアで手続きし、MNP予約番号を再発行してもらいましょう。

 

開通・回線切り替えの注意点

 

開通後にSIMカードが発送

 

他社からイオンモバイルにMNP転入する場合、イオンモバイル側で開通手続き(回線切り替え)を終えてからSIMカードが発送されます。

 

SIMカード到着後に電話したりネットで開通手続きをする必要はなく、届いたSIMを本体に挿してAPN設定さえすればすぐに使えるようになります。

 

SIM到着まで不通期間・空白期間発生

 

ただし、イオンモバイル側で開通手続き(回線切り替え)をすると、乗り換え元のキャリアのSIMカードは使用できなくなります。

 

そのため、SIMカードが自宅に届くまでは不通期間・空白期間になってしまいます。

この間は電話・モバイルデータ通信が使えなくなるので注意してください。

(Wi-Fiによる通信は可能)

 

SIMカード発送~到着の日数

 

私が申し込んだ際、申し込み翌々日にSIMカードが発送され、その翌日に到着しました。

よって、丸2日間程は空白期間が発生してしまいました。

 

地方にお住まいの場合や、申し込みタイミングが3~5月の繁忙期/月初・月末ならさらに不通期間が延びるかもしれません。

 

MNP転入時の利用開始日・初月の月額料金

 

利用開始日はSIM発送の翌々日

 

イオンモバイルの利用開始日は、SIMカードを発送した翌々日となります。

 

初月の料金は日割り計算

 

また月途中でMNP転入した場合、契約初月の基本料金は日割り計算されます。

また、データ容量はまるまる付与され、余ったデータは翌月に繰り越されますので、転入は月末の方がお得になります。

 

イオンモバイルへのMNP転入がお得なタイミング

 

他社からイオンモバイルに転入するタイミングについては、以下の2点を検討しましょう。

 

乗り換え元の契約更新月

 

まず、最も注意が必要なのが、乗り換え元キャリアの解約金(違約金)です。

 

ドコモ・au・ソフトバンクはほとんどの場合2年の最低利用期間があり、2年後に訪れる「契約更新月」以外にMNP転出すると解約手数料(違約金)がかかります

 

できるだけ、解約金がかからない契約更新月内にMNP転入手続きをしましょう。

 

すぐ転入した方がお得な場合も

 

ただし、ドコモ・au・ソフトバンクに比べてイオンモバイルの月額料金は圧倒的に安いです。

そのため、解約金を払ってでも今すぐ乗り換えたほうがお得になる場合があります。

 

3大キャリアの違約金はおおむね9,500円なので、イオンモバイルへのMNPで毎月5,000円安くなる場合は、契約更新月まで3ヶ月以上あれば今すぐ乗り換えたほうがお得になります。

現在のプランとイオンモバイルのプラン料金を比較し、最も得するタイミングを選んでください。

 

お得な転入タイミングは月末

 

ドコモ・au・ソフトバンクからイオンモバイルへのMNP転入は月末がお得の場合が多いです。

 

まず、ドコモ・au・ソフトバンクの解約月の月額料金は日割りにならず、いつ解約しても全額負担の場合が多いです。(プランによって異なります)

 

そのため、いつ解約しても料金自体は一緒です。

どうせ料金が一緒なら、データ容量は思いっきり使いきった方がお得ですね。

 

一方、イオンモバイルは契約初月の料金は日割り計算され、データ容量はまるまる付与されます。

また、使用できなかったデータ容量は翌月に繰り越されます。

そのため、月末に契約すればデータ容量はそのままで、月額料金が安くなるのです。

 

よって、イオンモバイルへの転入は月末に近いほうがお得になります。

 

ただし、あまりにギリギリを狙って翌月になると、契約更新月を超えてしまったりと大変なことになります。

月末を狙いつつも余裕を持って手続きしましょう。

 

▼申込みはこちら▼
イオンモバイル公式サイト

 

料金支払いは口座振替不可

 

イオンモバイルの料金支払いはクレジットカードのみです。

口座振替はできませんので注意してください。

 

▼申込みはこちら▼
イオンモバイル公式サイト

 

イオンモバイル店舗でMNP転入する方法

 

イオン内に店舗あり

 

イオンモバイルは全国のイオン内に店舗があり、店舗での手続きなら即日転入手続き・開通ができます。

 

ただし、全ての店舗で即日MNP転入ができるわけではありません。

店舗のうち、「ご契約即日お渡し店舗」のみが即日で手続きできます。

 

即日転入できる店舗はこちらをご覧ください。

詳細イオンモバイルの販売店一覧

 

店舗でMNP転入時の準備物・必要書類

 

店舗でMNP転入・開通手続きをする際は以下のものをご用意ください。

  • クレジットカード
  • 本人確認書類(前述)
  • MNP予約番号

 

また、事前に店舗受付シートを作成して持参するとスムーズに手続きが進みます。

 

店舗でMNP転入なら即日開通、空白期間なし

 

SIMカードは早ければ発送翌日には到着します。

しかし、どうしても空白期間が嫌な方はイオンモバイルの店舗で手続きをすると即日開通します。

 

店舗に出向くのは面倒ですが、仕方がありません。

店舗はこちらで検索してください。

店舗検索イオンモバイル公式サイト

 

イオンモバイルのMNP転出手数料・事務手数料

 

ドコモ・au・ソフトバンクなど、他社からMNPでイオンモバイルに転入する場合、以下の費用がかかります。

  • MNP転出手数料:3,000円
  • SIMカード発行手数料:3,000円
  • SIMロック解除費:無料/3,000円(※1)
  • 解約金・違約金:9,500円(※2)

※1:端末のSIMロック解除が必要な場合のみ
※2:契約更新月以外に転出する場合のみ

 

元のキャリアの契約更新月以外にMNP転出すると解約金・違約金がかかります。

ただし、イオンモバイルの月額料金の方が圧倒的に安いので、解約金を払ってでも早く乗り換えたほうがお得になる場合もあります。

 

各人の契約プランによりますが、契約更新月まで3ヶ月以上残っている場合は乗り換えたほうがお得な場合が多いです。

 

▼申込みはこちら▼
イオンモバイル公式サイト

 

MNP後に圏外・イオンモバイルに繋がらない場合の対応

 

端末にイオンモバイルのSIMカードを挿したのに圏外になる・使えない場合は、以下をチェックしてください。

 

SIMロック解除されているか?

 

繰り返しになりますが、以下の場合は事前に端末のSIMロック解除が必要です。

 

▼SIMロック解除の要否▼

ドコモ
回線
au
回線
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
au要(※)
ソフトバンク

※auで2017年8月1日以降に発売された端末は不要

 

ドコモ・au・ソフトバンクの店舗や電話でSIMロック解除手続きをしましょう。

契約中にマイページで解除手続きをすれば手数料は無料ですが、解約後は店舗や電話でしか手続きできず、手数料3,000円程度がかかります。

 

APN設定(ネットワーク設定)

 

イオンモバイルのデータ通信ができるようにするための「APN設定」が必要です。

APN設定の手順も前に説明していますので参考にしてください。

 

▼申込みはこちら▼
イオンモバイル公式サイト

 

イオンモバイルへのMNP転入時にスマホ端末も購入可能

 

MNP時に買えるイオンモバイルのおすすめスマホ

 

イオンモバイルでは手持ちのスマホを使用することも可能ですが、MNP転入を機に新たなスマホを購入することも可能です。

 

イオンモバイルでは2018年5月に発売の「ZenFone 5」「ZenFone 5Q」や高性能・低価格の「honor9」「ZenFone 4 カスタマイズモデル」

超高性能な「Mate 10 Pro」、安心の国産スマホ「AQUOS sense lite」などの人気機種を多数取り扱っています。

 

詳細記事イオンモバイルのおすすめスマホ端末ランキング

 

MNP転入で手持ちのスマホ・iPhoneも使える

 

イオンモバイルでは、SIMカードとセットで新たにスマホを購入することもできますし、現在使っているスマホをそのまま使うこともできます。

相当古い機種など一部を除けば、ほぼ全ての機種をイオンモバイルで使うことができます。

 

もちろん、iPhone7・iPhone8や最新のiPhoneXS・XRもOK。

今もっていなくても、アップルストアや中古スマホ店で好きなスマホ端末を購入して、イオンモバイルのSIMカードを挿して使うことができます。

 

イオンモバイルでiPhoneを使うメリットや設定手順については下記記事で詳しく説明しています。

 

▼申込みはこちら▼
イオンモバイル公式サイト

 

イオンモバイルへのMNPでお得なキャンペーン実施中

 

イオンモバイルでは、年間を通して何らかのキャンペーンを常に実施しています。

特に初期費用が無料や1円になるキャンペーンや、月額料金が割引になるキャンペーンが非常に人気です。

 

現在実施中のキャンペーンは下記に詳しくまとめています。

詳細記事イオンモバイルで実施中のキャンペーン情報

 

MNP乗り換え手続きはイオンモバイル公式サイトで!

 

以上、ドコモ・au・ソフトバンクからイオンモバイルにMNP転入する手順の解説でした。

イオンモバイルなら、ドコモ・au・ソフトバンクと比べて月5,000円程のスマホ料金節約になります。

また、手持ちの端末も使えますし、新たなスマホを安く購入することもできるので安心です。

 

そして、今ならお得なキャンペーンが実施中です。

イオンモバイル公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、お得に契約できる今のうちにぜひお申込ください!

 

▼申込みはこちら▼
イオンモバイル公式サイト

 

<関連記事>

 

格安SIMへのMNP完全解説

 

イオンモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-