格安SIMのキャンペーン一覧はこちら 

イオンモバイルのおすすめスマホ機種 16端末比較ランキング【2019年】

 

本記事では、人気の格安SIM・MVNOキャリア「イオンモバイル」で購入できるおすすめスマホ機種を比較し、ランキング形式で紹介します。

 

機種変更の方も初めてイオンモバイルに契約する方もぜひ参考にしてください。

※料金は税抜

 

▼取り扱い機種詳細はこちら▼

イオンモバイル公式サイト

 

イオンモバイルの機種比較ランキング

 

1位:AQUOS sense2 SH-M08

私がイオンモバイルで最もおすすめする機種は、SHARPのAQUOS sense 2(SH-M08)です。

大人気だった前作「AQUOS sense」の後継機として2018年12月に発売の機種です。

 

SH-M08は安心の国産スマホで、防水・防塵・おサイフケータイを搭載しています。

指紋認証センサー・顔認証にも対応し、カメラは被写体を判別して自動で最適なモードに切り替えてくれる「AI搭載カメラ」です。

 

搭載CPUはSnapdragon450で、400番台ながら性能はSnapdragon630と同程度のベンチマークスコアが出ています。

ゲームなどを除けば普段使いには十分でしょう。

 

注意点は、CPU性能やカメラの画素数は平凡です。

ゲームをされる方やもう少し高性能な機種が欲しい方は、HUAWEI nova 3honor9、同じ国産スマホならAQUOS sense plus SH-M07を選びましょう。

 

ドコモ回線au回線
対応回線

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,366円
  • 一括払い:32,800円

 

  • icon-circle-o 大人気AQUOS senseの後継機
  • icon-circle-o SH-M08はOCNが最安
  • icon-circle-o IGZO液晶でフルHD+の美しさ
  • icon-circle-o AI搭載カメラで美しい写真
  • icon-circle-o 防水・おサイフケータイ対応
  • icon-circle-o 指紋認証・顔認証対応
  • icon-times CPU・カメラ性能は高くない

 

詳細記事AQUOS sense2 SH-M08を詳細レビュー

 

▼人気のSH-M08を購入する▼

イオンモバイル公式サイト

 

2位:HUAWEI nova lite 3

 

 

続いてのイオンモバイルのおすすめ機種は2019年2月に発売の「HUAWEI nova lite 3」です。

2019年の上期はこの端末が最も売れるでしょう。

 

価格が非常に安い端末ですが、Kirin710を搭載する高性能端末です。

アウトカメラもインカメラもAIが搭載されて自動で最適な撮影モードを選択してくれます。

 

また、DSDS・DSDVにも対応し、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線に対応しています。
※au VoLTEには購入後のアップデートで対応

顔認証・指紋認証も搭載しており、急速充電も可能です。

 

USB端子がmicroUSBであること、5GHzのWiFiに対応していない点が我慢できれば非常におすすめの機種です。

 

ドコモ回線au回線
対応回線

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,206円
  • 一括払い:26,800円

 

  • icon-circle-o ゲームもできるKirin710搭載
  • icon-circle-o AI搭載のデュアルレンズカメラ
  • icon-circle-o インカメラは1600万画素+AI
  • icon-circle-o 指紋認証・顔認証
  • icon-circle-o 急速充電
  • icon-circle-o 圧倒的な端末価格の安さ
  • icon-times 端子はmicro USB
  • icon-times 5GHzのWi-Fi非対応

 

詳細記事イオンモバイル「HUAWEI nova lite 3」を解説!

 

▼イオンでnova lite 3を購入する▼

イオンモバイル公式サイト

 

3位:HUAWEI nova 3

 

 

続いてのイオンモバイルでおすすめの機種は、2018年10月発売の「HUAWEI nova 3」(ファーウェイノバ3)です。

 

CPUもカメラも超高性能な割に端末代金が安く、コスパが抜群です。

SH-M08やP20 liteよりも高性能な機種をお求めの方はHUAWEI nova 3が断然おすすめです。

 

HUAWEI nova 3に搭載しているCPUはKirin970メモリー(RAM)は4GBと非常に高性能です。

高負荷の3Dゲームをしても快適に動作するでしょう。

 

また、アウトカメラ(背面側のカメラ)もインカメラもAI搭載のダブルレンズカメラです。

画素数の高さはもちろん、最適な撮影モードにAIが自動で設定してくれるため、誰でも簡単に美しい写真が撮影できます。

 

他にもDSDSにも対応しており、性能の割に価格が非常に安いのが特徴です。

 

一方、欠点はおサイフケータイ・防水・ワンセグに非対応な点と、カメラがライカ製ではない点でしょうか。

ただ、全体的な性能が高く、非常におすすめの機種です。

 

ドコモ回線au回線
対応回線

 

<端末代金>

  • 24回払い:2,283円
  • 一括払い:54,800円

 

  • icon-circle-o 高性能Kirin970 + 4GBメモリー
  • icon-circle-o インもアウトもダブルレンズカメラ
  • icon-circle-o AIが自動で最適な撮影モードに設定
  • icon-circle-o DSDS・急速充電・顔認証対応
  • icon-circle-o 性能の割に価格が高くない
  • icon-circle-o au VoLTEにも対応
  • icon-times 防水・おサイフケータイなし
  • icon-times ハイレゾ・PCモード非対応

 

詳細HUAWEI nova 3を詳細レビュー!

 

▼nova3を購入・詳細確認▼

イオンモバイル公式サイト

 

4位:AQUOS sense plus SH-M07

 

 

続いては、SHARPのAQUOS sense plus(SH-M07)です。

 

先に紹介したSH-M08より発売日は古いですが、性能はこちらのAQUOS sense plusの方が高いです。

搭載CPUはSnapdragon630、メモリー(RAM)は3GBなので、高負荷の3Dゲームなど以外は処理速度が快適でしょう。

 

フルHD+のディスプレイにはもちろんシャープのIGZO液晶と搭載し、美しさと省エネ性能を兼ね備えています。

指紋認証センサー防水・防塵はもちろん、おサイフケータイハイレゾ対応のオーディオも搭載しています。

 

イオンモバイルでは同じSHARPの「AQUOS sense2 SH-M08」「AQUOS sense lite(SH-M05)」も購入できますが、性能はSH-M07が高いです。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,784円
  • 一括払い:42,800円

 

  • icon-circle-o Snapdragon630+3GBメモリー
  • icon-circle-o IGZO液晶でフルHD+の美しさ
  • icon-circle-o 5.5インチで握りやすい縦長本体
  • icon-circle-o 防水・防塵・指紋認証センサー
  • icon-circle-o おサイフケータイ搭載
  • icon-times ワンセグなし
  • icon-times SH-M08より価格は高い

 

詳細記事イオンモバイル「AQUOS sense plus」を解説!

 

▼SH-M07を購入・詳細確認▼

イオンモバイル公式サイト

 

5位:Mate 20 Pro

 

 

続いてのイオンモバイルのおすすめ機種は「Mate 20 Pro」(メイト20プロ)です。

人気のスマホメーカーHUAWEIのフラッグシップスマホで、最高峰の性能を誇ります。

 

特徴はなんといってもCPU・カメラ性能の高さです。

搭載CPUは業界最高峰のKirin980、メモリー(RAM)は6GBです。

さらに、人工知能(AI)を搭載しており、パフォーマンスや省エネを極限まで高めてくれます。

 

カメラは老舗カメラメーカー「Leica(ライカ)」と共同開発しており、世界初のトリプルカメラを搭載しています。

 

画面内指紋認証機能の他、顔認証にも対応しています。

バッテリーの持ちも抜群で、急速充電・ワイヤレス充電にも対応しています。

また、海外メーカー製ながら防水・防塵に対応しているのも嬉しいですね。

 

ただし、ハイスペック端末のため端末代金が非常に高いです。

また、普段使いにはオーバースペックなので、性能に強いこだわりがなければ他機種を選択しましょう。

 

ドコモ回線au回線
対応回線×

 

<端末代金>

  • 24回払い:4,661円
  • 一括払い:111,880円

 

  • icon-circle-o 業界最高峰のスペック
  • icon-circle-o Kirin980+AIで処理最適化
  • icon-circle-o ライカ製のトリプルレンズカメラ
  • icon-circle-o 画面内指紋認証・顔認証
  • icon-circle-o 急速充電・ワイヤレス充電対応
  • icon-times 端末代金が高い
  • icon-times au回線はアップデート対応

 

詳細記事Mate 20 Proを詳細レビュー!

 

▼Mate 20 Proを確認・購入▼

イオンモバイル公式サイト

 

6位:honor9

 

 

続いて紹介するのはHUAWEIの「honor9」(オーナーナイン)です。

高性能・低価格の大人気機種ですが、最近は購入できるキャリアが少なくなってきました。

 

honor9に搭載しているCPUはKirin960メモリーは4GBと非常に高性能です。

高負荷の3Dゲームをしても快適に動作するでしょう。

 

バッテリー容量も省エネ性能も優秀なので、スマホのヘビーユーザーにもぴったりです。

アウトカメラ(背面側のカメラ)は1,200万画素+2,000万画素のデュアルレンズカメラで、写真にこだわる方にも十分な性能です。

 

さらに、スマホ本体デザインが非常に美しいのも特徴のひとつです。

純正のスマホカバーやイヤホンが付属しているのも嬉しいですね。

 

<端末代金>

  • 24回払い:2,241円
  • 一括払い:53,800円

 

  • icon-circle-o 高性能Kirin960 + 4GBメモリー
  • icon-circle-o 大容量バッテリー + 急速充電
  • icon-circle-o 高性能デュアルカメラ
  • icon-circle-o 美しい本体デザイン
  • icon-circle-o 性能の割に価格が高くない
  • icon-times 防水・防塵なし

 

詳細イオンモバイル「honor9」を徹底解剖!

 

▼honor9を確認・購入▼

イオンモバイル公式サイト

 

7位:HUAWEI P20 lite

 

 

続いてのおすすめ機種は、2018年6月に発売の「HUAWEI P20 lite」です。

2018年に最も売れたAndroidのSIMフリースマホで、コスパ抜群です。

 

メインカメラは1,600万画素+200万画素のデュアルレンズ、自撮り用のカメラも1600万画素です。

CPUはKirin659で、メモリー(RAM)が4GBなのもメリットです。

 

急速充電・指紋認証・顔認証を搭載しており、機能性も十分です。

これだけの性能ながら端末代金は格安で、コスパ抜群です。

欠点もなく、どなたにもおすすめできる1台ですね。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,325円
  • 一括払い:31,800円

 

  • icon-circle-o Kirin659 + 4GBメモリー
  • icon-circle-o デュアルレンズカメラ搭載
  • icon-circle-o 自撮り用カメラも1600万画素
  • icon-circle-o 指紋認証・顔認証
  • icon-circle-o 急速充電
  • icon-circle-o 端末代が安くコスパ抜群

 

詳細記事イオンモバイル「HUAWEI P20 lite」を解説!

 

▼P20 liteを購入・詳細確認▼

イオンモバイル公式サイト

 

8位:ZenFone5(ZE620KL)

 

 

続いてのおすすめ機種は2018年5月に発売された「ZenFone5(ZE620KL)」です。

 

搭載CPUはSnapdragon636メモリー(RAM)は6GBと十分です。

カメラは超高性能というレベルではありませんが、十分な性能を誇っています。

  • アウトカメラ:1200万+800万画素
  • インカメラ:800万画素

 

さらにAI(人工知能)を搭載しており、被写体に応じて最適な撮影モードを選択してくれたり、写真の加工の好みを学習して自動で提案してくれたりします。

 

他にも急速充電機能ハイレゾ対応と便利機能も満載です。

ディスプレイはフルHD+の最高峰の美しさを誇り、トレンドの縦長画面です。

 

この順位にしましたが、既に紹介したhonor9や後で解説するP20とおすすめ度は変わりませんので、お好みでどれを選んでも構いません。

 

<端末代金>

  • 24回払い:2,200円
  • 一括払い:52,800円

 

  • icon-circle-o Snapdragon636+6GBメモリー
  • icon-circle-o デュアルカメラ搭載
  • icon-circle-o 人工知能が写真を美しく最適化
  • icon-circle-o 大容量バッテリー+急速充電
  • icon-circle-o ハイレゾ対応・イヤホン同梱
  • icon-circle-o 最高峰の美しいディスプレイ
  • icon-times 端末代金は5Qより高い
  • icon-times 防水・防塵なし

 

詳細記事イオンモバイル「ZenFone5」の詳細を解説!

 

▼ZenFone 5を確認・購入▼

イオンモバイル公式サイト

 

9位:AQUOS sense lite SH-M05

 

 

続いては「AQUOS sense lite(SH-M05)」です。

安心の国産メーカーで、バランスの良い性能の割に端末代金が安く、非常におすすめの機種です。

 

SH-M05の特徴は画面の美しさ。フルHDでとにかく画面がきれいです。

しかも搭載しているIGZOパネルは省エネにも優れバッテリーの持ちが長いのも特徴です。

 

国産メーカーらしく防水・防塵にも対応しており、雨の日や料理をしながらのスマホ操作もできます。

カメラ性能もバランスがよく、誰でも簡単にきれいな写真が撮影できます。

おサイフケータイ搭載なのも嬉しいですね。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,366円
  • 一括払い:32,800円

 

  • icon-circle-o バランスの良い性能
  • icon-circle-o IGZOパネル搭載の美しい画面
  • icon-circle-o 安心の防水・防塵機能
  • icon-circle-o おサイフケータイ搭載
  • icon-circle-o 性能の割に価格が安い
  • icon-times CPU性能は平凡

 

詳細記事AQUOS sense liteのスペック・価格を解説!

 

▼SH-M05を確認・購入▼

イオンモバイル公式サイト

 

10位:nova lite 2

 

 

続いては2018年2月に発売のnova lite 2(ノバライト2)です。

2017年に大人気だったnova liteの後継機として、コスパ抜群の機種が発売されました。

 

nova lite 2の最大の特徴はカメラです。

メインカメラは1,300万画素と200万画素のダブルレンズで、2つのレンズで協力して美しい写真を撮影できます。

 

また、最近のトレンドである18:9の縦長画面も特徴です。

画面はフルHD+(2,160×1,080ピクセル)なので、画面が非常に美しいです。

 

CPUはKirin659のオクタコアメモリー(RAM)は3GBで、誰が使っても十分なスペックです。

 

HUAWEI P20 liteより性能はわずかに劣りますが、端末価格はこちらが安いです。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,075円
  • 一括払い:25,800円

 

  • icon-circle-o 大人気機種nova liteの後継機
  • icon-circle-o デュアルレンズ搭載カメラ
  • icon-circle-o フルHD+で美しい18:9縦長画面
  • icon-circle-o 普段使いに十分なCPU性能
  • icon-circle-o 指紋認証センサー搭載
  • icon-circle-o 高性能の割に端末が安い
  • icon-times 防水機能なし

 

詳細記事イオンモバイル「nova lite2」を解説!

 

▼nova lite 2を確認・購入▼

イオンモバイル公式サイト

 

11位:ZenFone4 Max (ZC520KL)

 

 

続いては「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」です。

ZenFone 4 Max(ZC520KL)の特徴は長持ちバッテリーと価格の安さです。

 

バッテリー容量は4,100mAhと驚異的です。さらに、省エネ性能にも優れています。

 

この大容量バッテリーと省エネ性能により、連続待受時間はなんと37日間

つまり、操作しない状態なら1ヶ月以上充電不要ということになります。(もちろん環境などにより短くなりますが)

 

バッテリー以外も優秀です。

メインカメラは1,300万+500万画素のでデュアルカメラで、サブカメラ(自撮り用カメラ)も800万画素となかなか。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,033円
  • 一括払い:24,800円

 

  • icon-circle-o 4,100mAhの脅威のバッテリー
  • icon-circle-o 最大37日間充電不要
  • icon-circle-o デュアルカメラ搭載
  • icon-circle-o 求めやすい価格
  • icon-times CPUは平凡
  • icon-times 防水機能なし

 

▼ZenFone 4 Maxを確認・購入▼

イオンモバイル公式サイト

 

12位:arrows M04

 

 

続いてはarrows M04です。

国産メーカー「富士通」のスマホだけあって、安心の機能と誰でも使いやすい操作性が特徴です。

 

防水・防塵はもちろん、ワンセグ・おサイフケータイにも対応しています。

特に防水性に優れ、「洗えるスマホ」として有名です。

 

バッテリーの持ちもよく、「3日間充電不要」と謳っています。

耐久性に優れているのも嬉しいですね。

カメラもなかなかの性能で、超高速シャッター広角カメラを搭載しており、誰でも簡単に美しい写真が撮れます。

 

AQUOS sense liteと迷いますが、評判はすこしだけAQUOS sense liteの方が高いです。

しかし、ワンセグ搭載ならarrows M04で決まりですね。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,575円
  • 一括払い:37,800円

 

  • icon-circle-o 安心の国産スマホ
  • icon-circle-o 防水対応で”洗えるスマホ”
  • icon-circle-o ワンセグ・おサイフ搭載
  • icon-circle-o 欠点のないカメラ性能
  • icon-circle-o 求めやすい価格
  • icon-times CPUは平凡

 

▼arrows M04を確認・購入▼

イオンモバイル公式サイト

 

13位:ZenFone5Q (ZC600KL)

 

 

続いてのおすすめ機種は2018年5月に発売された「ZenFone 5Q (ZC600KL)」です。

 

ZenFone 5Qのカメラは非常に高性能です。

背面のアウトカメラ・自撮り用のインカメラがどちらもデュアルカメラで、どちらも非常に高画素です。

  • メインカメラ:1,600万+800万画素
  • インカメラ:2,000万+800万画素

 

搭載CPUはSnapdragon630、メモリー(RAM)も4GBなので十分な性能です。

顔認証・指紋認証センサーを搭載しており、バッテリーも十分です。

さらにDSDS+SDカードが同時に挿入できるトリプルスロットです。

 

同時に発売が発表されたZenFone 5にはスペックが劣りますが、通常の使い方であればこちらの十分です。

その割に端末代金が非常に安いので、コスパ抜群のおすすめ機種です。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,658円
  • 一括払い:39,800円

 

  • icon-circle-o 両面にデュアルカメラ搭載
  • icon-circle-o インカメラは2000万+800万画素
  • icon-circle-o 顔認証・指紋認証センサー搭載
  • icon-circle-o Snapdragon630+4GBメモリー
  • icon-circle-o DSDS+SDのトリプルスロット
  • icon-circle-o 端末代金が安い
  • icon-times 性能はZenFone5に劣る
  • icon-times 防水・おサイフ・ワンセグなし

 

詳細記事イオンモバイル「ZenFone5Q」を詳しく解説!

 

▼ZC600KLを確認・購入▼

イオンモバイル公式サイト

 

14位:HUAWEI P20

 

 

続いて紹介するおすすめ機種は「HUAWEI P20」です。

先にHUAWEI P20 liteを紹介しましたが、CPU・カメラを含めた全体的な性能はこちらが上です。

 

HUAWEI P20の特徴はなんと言ってもカメラです。

大人気の「ライカ(Leica)」製のカメラを搭載しており、カメラにこだわる方には断然おすすめです。

 

メインカメラは1200万画素のカラーレンズと2000万画素のモノクロレンズを搭載しており、高速フォーカスやAIによる手振れ補正機能も搭載。

自撮り用インカメラは2,400万画素と超高画素です。

 

CPUは超高性能のKirin970、メモリー(RAM)も4GBなので3Dゲームをされる方も十分な処理能力です。

HUAWEI P20 liteより少々端末代金が高いですが、カメラにこだわる方やゲームをされる方はこちらがおすすめです。

 

<端末代金>

  • 24回払い:2,908円
  • 一括払い:69,800円

 

  • icon-circle-o 高性能Kirin970 + 4GBメモリー
  • icon-circle-o ライカ製デュアルレンズカメラ
  • icon-circle-o 自撮り用カメラは2400万画素
  • icon-circle-o 指紋認証・顔認証
  • icon-circle-o 急速充電
  • icon-times P20 liteより少々高い

 

▼P20を確認・購入する▼

イオンモバイル公式サイト

 

15位:ZenFone4 Selfie

 

 

続いてはZenFone 4 Selfie(ZD553KL)です。

こちらは「セルフィー」という名前の通り、自撮りに最適なモデルです。

 

インカメラ(画面側のカメラ)にデュアルレンズを搭載しており、2,000万画素のレンズと800万画素の広角レンズで美しい自撮りができます。

SNS用などに自撮り写真を撮られる方におすすめです。

 

もちろんインカメラ以外も高性能。

メインカメラ(背面側のカメラ)も1,600万画素と高画質です。

 

CPUはSnapdragon430と平凡ながら、メモリーRAMは4GB、ストレージは標準で64GBです。

自撮りカメラ以外も充実してながら端末代金も高くなく、お求めやすい安心の端末です。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,277円
  • 一括払い:29,800円

 

  • icon-circle-o 自撮りに適した高性能インカメラ
  • icon-circle-o 背面のカメラも1600万画素
  • icon-circle-o 4GBメモリー(RAM)
  • icon-circle-o 求めやすい価格
  • icon-times CPUは平凡

 

▼ZD553KLを確認・購入する▼

イオンモバイル公式サイト

 

16位:Mate 10 Pro

 

f:id:SCANTY:20171231122132p:plain

 

続いて紹介するおすすめ機種は「Mate 10 Pro」(メイトテンプロ)です。

Mate 20 Proが発売されて1世代前の機種になりましたが、今でもかなりのハイスペック機種です。

 

特徴はなんといってもCPU・カメラ性能の高さです。

搭載CPUはKirin 970、メモリー(RAM)は6GBです。

さらに、人工知能(AI)を搭載しており、パフォーマンスや省エネを極限まで高めてくれます。

 

カメラは老舗カメラメーカー「Leica(ライカ)」と共同開発しており、メインカメラは1200万+2000万画素のデュアルカメラです。

 

指紋認証センサー搭載はもちろん、バッテリーの持ちも抜群で、急速充電にも対応しています。

また、海外メーカー製ながら防水・防塵に対応しているのも嬉しいですね。

 

ハイスペック端末のため端末代金が非常に高いですが、性能にこだわる方には非常におすすめの機種です。

 

<端末代金>

  • 24回払い:3,741円
  • 一括払い:89,800円

 

  • icon-circle-o 業界最高峰のスペック
  • icon-circle-o 高性能CPU+AIで最適化
  • icon-circle-o ライカと開発したデュアルカメラ
  • icon-circle-o 防水・防塵対応
  • icon-circle-o 大容量バッテリー・急速充電
  • icon-times 端末代金が高い

 

▼Mate 10 Proを確認・購入▼

イオンモバイル公式サイト

 

イオンモバイルで機種のみ購入は可能?

 

機種・端末のみの購入も可能

 

イオンモバイルで端末のみ購入することは可能です。

 

そもそもイオンモバイルは他の格安スマホキャリアと違い、端末の販売とSIMの契約がセットになっていません。

イオンモバイルの公式サイトで書かれている金額は、全て端末のみを購入した場合の金額です。

 

「他社でSIMを契約しているけど、端末だけ欲しい…」という場合は、イオンモバイルで端末を購入することができます。

 

機種代金・端末価格は少々高い

 

イオンモバイルで販売されているスマホ端末は、全て端末のみを購入できます。

他の格安スマホキャリアのようにSIMの契約と端末がセットになっていないため、スマホの端末代金は少々高くなっています。

 

ただし、端末のみを購入できるのは大きな利点です。

現在SIMを契約している方で端末のみを新しく購入したい方は、イオンモバイルでの購入がおすすめです。

 

▼イオンの購入端末はこちら▼

イオンモバイル公式サイト

 

イオンモバイルの機種変更・端末変更

 

機種変更・端末変更の手順

 

前章で解説したとおり、イオンモバイルではスマホ端末のみを購入することができます。

そのため、現在イオンモバイルのSIMを契約している方が機種変更したい場合は、下記の手順となります。

 

<機種変更の手順>

  1. イオンモバイルで新たに端末を購入
  2. 現在のスマホからSIMカードを抜く
  3. 新しい機種にSIMカードを挿入
  4. APN設定
  5. 各種データ移行

 

上記の通り、機種変更したい場合はイオンモバイルで端末のみを購入し、現在の端末に挿入されているSIMカードを新しい端末に差し替えます。

その後、APN設定をすれば完了です。

 

APN設定が必要

 

前章の通り、イオンモバイルで購入した端末にイオンモバイルのSIMカードを挿して使用する場合も、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

 

APN設定とは、端末でイオンモバイルのデータ通信ができるようにする設定です。

この作業をしないと、データ通信ができません。

 

APN設定の手順は下記に詳しく説明されています。

APN設定の詳細APN設定手順 | イオンモバイル

 

SIMカードのサイズに注意

 

機種変更時には、SIMカードのサイズに注意しましょう。

 

最近発売された端末はほとんどnanoサイズのSIMカードが使える仕様になっていますが、少し前の端末はmicro(マイクロ)のものもあります。

 

 

現在使用している端末に挿入されている端末がmicro(マイクロ)で、新しい端末のSIMサイズがnanoの場合、SIMカードを差し替えることができません。

イオンモバイルの店舗で、SIMカードのサイズを変更してもらいましょう。

 

残念ながら、ネットやマイページからSIMカードのサイズを変更することはできません。

 

詳細SIMカードのサイズ変更 | イオンモバイル

 

イオンモバイルの端末保証オプション

 

イオンモバイルには、端末保証オプションとして「イオンスマホ安心保証」と「イオンモバイル持ちこみ保証」の2種類が用意されています。

イオンモバイルで購入した端末なら「イオンスマホ安心保証」、イオンモバイル以外で購入した持ち込み端末なら「イオンモバイル持ちこみ保証」を利用しましょう。

 

イオンスマホ安心保証

 

イオンスマホ安心保証は、イオンモバイルで購入した端末を保証してくれるオプションです。

SIMカードとスマホ端末をセットで契約した場合に加入できます。

加入できるのは、SIMと端末セットで契約するのと同時か、契約から14日以内です。

 

イオンスマホ安心保証
月額料金350円
(機種により450円)
保証期間永年
保証内容無償修理
または
交換(有償)
費用交換時4,000円
保証回数年間2回まで
加入時期SIM・端末セット契約と同時、または14日以内

 

詳細イオンモバイル公式サイト

 

イオンモバイル持ちこみ保証

 

 

イオンモバイル持ちこみ保証は、イオンモバイル以外で購入したスマホにつけられる保証オプションです。

 

Android端末なら550円/月、iOS端末(iPhone)なら650円/月で加入できます。

オプション加入時に、端末を予め登録しておく必要があります。

 

持ち込み保証
月額料金Android端末:550円
iOS端末:650円
保証期間永年
保証内容無償修理
または
交換(有償)
費用<Android端末>
1回目交換:4,000円
2回目交換:8,000円<iOS端末>
12,000円
保証回数年間2回まで
加入時期SIM契約と同時

 

詳細イオンモバイル公式サイト

 

イオンモバイルでau・ドコモ・Softbankの機種も使える

 

持ち込みの機種・端末を使う手順

 

イオンモバイルでは、ドコモ・au・ソフトバンクをはじめ、他社で購入したスマホを使用することもできます。

この方法で料金が安いイオンモバイルに乗り換えることで、端末を購入せずに、毎月の基本料金を大幅に節約できます。

 

ただし、下記の場合は端末のSIMロック解除必要になります。

  • ドコモ端末をau回線で使用する場合
  • au端末をドコモ回線で試用する場合
  • ソフトバンク端末を使用する場合

 

具体的な手順は下記記事に詳しくまとめています。

詳細記事イオンモバイルで他社のスマホ端末を使用する方法

 

イオンモバイルでiPhoneも使える

 

 

イオンモバイルでは、残念ながらiPhone端末の販売をしていません。

ただし、手持ちのiPhoneや別途購入したiPhoneにイオンモバイルのSIMカードを挿すことで、イオンモバイルでiPhoneを使うことができます。

 

大人気機種のiPhone8・iPhone7・iPhone6S・iPhoneSEはもちろん、最新機種のiPhoneXRやiPhone XSも問題なく使用できます。

 

イオンモバイルでiPhoneを使うための設定手順や料金などは下記記事を参考にしてください。

 

 

イオンモバイルの端末キャンペーン

 

イオンモバイルでは、定期的に期間限定のお得なキャンペーンを実施しています。

人気のスマホが安くなったり、契約時の初期費用がほぼタダになったりと大変お得です。

詳細は下記記事に詳しく解説しています。

 

詳細記事イオンモバイルのセール・キャンペーン情報

 

イオンモバイルの機種購入はこちら

 

以上、イオンモバイルのおすすめスマホ端末の紹介でした。

イオンモバイルなら、月々のスマホ料金を大幅に下げることができます。

本記事を参考に、ぜひお気に入りの1台を見つけてください。

 

また、イオンモバイルでは現在お得なキャンペーンを実施しています。

イオンモバイル公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、お得に契約できる今のうちにぜひお申込ください!

 

▼イオンの購入端末はこちら▼

イオンモバイル公式サイト

 

 

イオンモバイル トップへ

 

イオンモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-