Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

Android(アンドロイド)スマホ・タブレットで辞書登録する方法を解説

 

スマホで文字を入力する際に、メールアドレスや住所など、長い単語をいちいち入力するのはめんどくさいですよね。

 

今回はAndroid(アンドロイド)の7.0以降のバージョンにおいて、辞書登録する方法を解説します。

私はワイモバイルのスマホを使用していますが、他のキャリアでも基本的に同じだと思います。

 

辞書登録は便利だよ

 

皆さん、辞書登録機能は活用していますか?

スマホを触っていてよく入力する長い単語や、特殊な読み方をする漢字は、あらかじめ辞書登録しておくことで、簡単に変換することができます。

 

一番良く使うのが、メールアドレス

インターネット通販などを利用する際に入力する機会が多いと思います。

しかし、メールアドレスは多くの場合はアルファベットと数字が組み合わさっているので、都度入力するのは面倒です。

 

そんなときに、あらかじめ辞書登録しておけば簡単にアドレスに変換することができます。

例えば私の場合、メールアドレスの読み方を「あど」と登録しておくことで、文字入力画面で「あど」と入力して変換ボタンを押せば、自動でXXXX1234@gmail.comに変換されるように設定しています。

 

そのほかにも、住所なども便利

特に番地は2-15-30のように、数字とハイフンを交互に入力するのが面倒です。

 

「じゅうしょ」と入力して変換すると、「東京都新宿区新宿2-15-30」と表示されるようにしています。

そのほかにも DQNネームの方 名前の読みが珍しい方は自分の名前を登録しておくのも良いですね。

 

あとは、例えば旦那が会社終わりに奥さんに「今から帰るよ」と連絡している場合など、毎日使う文章も登録しておくと良いかもしれませんね。

 

Android7.0以降で辞書登録する方法

 

実は意外とわかりにくく、ネットで調べてやっとわかりました。

操作自体はとても簡単です。

 

文字入力画面で「あa」を長押し

 

f:id:SCANTY:20170511235458p:plain

 

「Google 日本語入力設定」を選択

 

f:id:SCANTY:20170511235655p:plain

 

「辞書ツール」を選択

 

f:id:SCANTY:20170511235810p:plain

 

画面上部のプラスボタンを選択

 

f:id:SCANTY:20170511235919p:plain

 

単語を入力

 

「単語」の欄に変換後の言葉を、よみの欄に入力する言葉を入力

f:id:SCANTY:20170512000525p:plain

 

登録された内容を確認

 

f:id:SCANTY:20170512000411p:plain

 

以上で終了です。

意外と知らない便利な技が結構ありますね!

私もまだまだ気付いていない技がたくさんあると思いますので、勉強してまた記事にします。

 

<関連記事>

 

格安SIMへのMNP完全解説

 

ワイモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-