Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

SIMフリー「AQUOS sense lite SH-M05」のレビュー・スペックを解説!価格が最安の格安SIM/MVNOはここだ!

 

みなさんこんにちは!

本記事では大人気のSIMフリースマホ「AQUOS sense lite SH-M05」(アクオスセンスライト)のレビューやスペック・評価を解説します。

 

また、AQUOS sense liteが買える格安SIM/MVNOキャリアの端末価格を徹底比較します。

 

アクオスセンスライトのレビュー・スペック

 

 

AQUOS sense lite(SH-M05)は、国内メーカー「SHARP」が発売したスマートフォンです。

シャープが誇る液晶技術「IGZOパネル」による美しい画面と、国内メーカーならではの高機能さが特徴です。

 

AQUOS sense liteの発売日

 

AQUOS sense lite SH-M05の発売日は2017年12月1日です。

 

アクオスセンスライトの特徴・評価

 

美しすぎるIGZOディスプレイ

 

 

AQUOS sense Liteの最大の特徴は、なんといってもその画面の美しさです。

シャープの技術を集結させた「IGZOパネル」を液晶に使用しています。

1,920×1,080ドットの画面解像度は最高レベルです。

 

私も別機種ですが、このIGZOパネルが搭載されたスマホを使っています。

画面は本当にきれいで、初めてみたときはその美しさに感動しました。

細かい色まで忠実に再現されています。

 

また、IGZOのすごいところは画面の美しさだけではありません。省エネ性能が高いのです。

そのため、美しいディスプレイにも関わらず、電池の消耗を抑えた設計になっています。

 

動画も美しく表現

 

アクオスセンスライトは動画も美しく表示します。

バーチャルHDRといって、動画の陰影をくっきり表示して自然に近い美しさを出す「HDR」という規格に対応していない動画も、まるでHDRに対応しているかのように表示できるのです。

本来暗くなったり、逆に明るすぎたりする動画を自動で美しく調整してくれます。

 

防水・防塵

 

アクオスセンスライトは防水・防塵機能に対応しています。

 

防水については、IPX8というレベルです。

これは「水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有する」というレベルです。誤ってお風呂やトイレにスマホを落としても安心ですね。

 

防塵についてもIP6Xというレベルです。

よほどのことが無い限り、チリやホコリにより故障することはありません。

 

濡れた手でも画面操作可能

 

 

AQUOS sense liteには、防水に加え便利な機能が付いています。

それは、濡れた手でも画面操作が可能なこと。

 

アクオスセンスライトは濡れた手で画面を触ってもしっかり反応してくれます。

そのため、お風呂に入りながらスマホを操作する際に非常に便利です。

 

指紋認証で簡単ロック解除

 

 

AQUOS sense Liteには指紋認証センサーが搭載しています。

これまでパスコードやパターンを入力して解除していたロックを、指紋認証により簡単に行うことができます。

 

しかも、そのスピードと認証性能が大変良いです。

読み取りに時間がかかったり、読み取りエラーになったりすることが少ないのも特徴です。

 

また、画面下部にある指紋認証センサーはホームボタンとしても使えます。

 

エモパーが役立つ情報を提供

 

 

アクオスセンスライトには「エモパー」という機能があります。

これは、使用者の行動を学習したスマホの中の人工知能が、使用者の行動に合わせて役立つ情報を提供してくれる機能です。

 

例えば、起床後に今日の天気を教えてくれたり、寝る前にアラームの確認をしてくれたり、スケジュールに登録した滞在先の天気を教えてくれたりします。

 

 

これらの機能は外出先では話しかけない設定になっていますので、突然喋りだすことはありません。

 

誰でも簡単な高性能カメラ

 

 

AQUOS sense Liteのカメラの特徴は、ホワイトバランスの調整に優れているということ。

AQUOS独自の画像イメージセンサーにより、青色は青く、白色は白く、被写体の色を忠実に写し、見た目に近い色合いになります。

誰でも簡単に美しい写真を撮影できます。

 

おサイフケータイ搭載

 

アクオスセンスライトはおサイフケータイ搭載です。

 

最近ようやくおサイフケータイ搭載スマホが増えてきましたね。

私も今の機種はなくなく非搭載端末ですが、次は絶対おサイフケータイ搭載スマホにしようと思っています。

 

自動スクロール機能が便利

 

AQUOS sense Liteには、「スクロールオート機能」という便利な機能があります。

これは、例えばスマホでWEBやSNSを閲覧する際、都度指で操作するのではなく、自動でゆっくり画面をスクロールしてくれる機能です。

 

特にツイッターやFacebookなどのSNSを読む際に便利です。

画面はゆっくり動きますが、文字や画像は鮮明に表示されますので読みやすいです。

 

もちろん、じっくり読みたい場合は指でタップするとスクロールをストップすることができます。

慣れると非常に便利な機能なので、ぜひ皆さんも活用してください。

 

画面設定で覗き見防止

 

AQUOS sense liteは画面設定で覗き見ブロックをすることができます。

画面を正面から見ると普通どおりの表示ですが、横からは画面が見えなくなります。

 

設定画面でON/OFFを簡単に切り替えられますので、必要なときだけ設定することができます。

フィルターを貼る必要がないのが嬉しいですね。

 

ブルーライトカットの設定可

 

AQUOS sense Liteはブルーライトをカットする「リラックスビュー」という機能が搭載されています。

 

長時間スマホを操作する場合や、目が疲れているとき、就寝前などにリラックスビューに設定すると、目に優しい画質になり、睡眠への影響を抑えることができます。

フィルターなどを貼らずに画面上で設定できるのが大きなメリットです。

 

また、就寝時間が近づくと自動でリラックスビューに設定してくれる便利な機能もあります。

 

AQUOS sense liteのデザイン・カラー

 

 

アクオスセンスライトは「ブラック」「ホワイト」「ゴールド」「ピンク」「ターコイズ」「レッド」「ブルー」の7色です。

ただし、ターコイズ・ピンク・レッド・ブルーは限定色です。

 

  • ターコイズ:mineo
  • ピンク:IIJmio
  • レッド:楽天モバイル
  • ブルー:OCNモバイルONE

 

端末の表・裏のデザインはこのような感じです。

 

 

主な搭載機能

 

AQUOS sense liteは便利機能が豊富です。

国内メーカーの「SHARP(シャープ)」が生産しており、おサイフケータイ、防水・防塵といった日本でおなじみの機能が搭載されています。

特に防水・防塵機能がついているのは大変安心です。

 

ただし、ワンセグ・赤外線通信は搭載されていません。

 

機能有無
おサイフ
防水
防塵
ワンセグ×
指紋認証センサー

 

AQUOS sense liteのスペック詳細

 

本体スペック
サイズ(mm)W72×L144×D8.5
重さ約147g
画面サイズ5.0インチ
解像度1,920 × 1,080
(フルHD)
バッテリー容量2,700mAh
連続通話時間
(LTE)
850分
連続待受時間
(LTE)
540時間
OSAndroid 7.1
CPUSnapdragon430
(オクタコア)
1.4+1.1GHz
メモリ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大256GB)
通信速度(下り)最大150Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,310万画素
有効画素数
(サブカメラ)
500万画素

 

AQUOS sense liteのベンチマーク

 

アクオスセンスライト(SH-M05)のベンチマークをGeekbenchで計測した結果は以下の通りです。

  • シングル:663
  • マルチ:2,407

 

 

 

 

AQUOS sense liteの価格・端末代金(SIMフリー/格安SIM)

 

SIMフリー版AQUOS sense liteの価格

 

AQUOS sense lite SH-M05は家電量販店やWEBサイトで購入できます。

端末価格は2018年7月時点で27,000円~29,000円前後で販売されています。

 

この性能でこの価格は非常にお買い得でコスパ抜群です。

 

 

楽天モバイルの価格

 

楽天モバイルは知名度がトップクラスで、MVNOの中で最も契約者数の多いキャリアです。

 

料金プランは「組み合わせプラン」と「スーパーホーダイ」の2種類が用意されています。

特にデータ容量を使い切っても1Mbpsでデータが使い放題のスーパーホーダイが大変人気です。

 

<端末料金>

  • 24回分割払い:934円
  • 一括払い:21,000円

 

定期的に端末セールを実施しており、上記価格より更に安い価格で購入も可能です。

詳細記事楽天モバイルで実施中の端末セール

 

▼申し込みはこちら▼
楽天モバイル公式サイト

 

mineo(マイネオ)の価格

 

 

続いてはmineo(マイネオ)です。

TVCMも放映されており、知名度抜群の格安SIMです。

 

回線はドコモ回線のタイプDとau回線のタイプAから選べます。

 

可否・内容
料金初期費用¥3,400
初月基本料金日割計算
ネットとのセット割なし
最低利用期間なし(※1)
違約金なし(※1)
データデータ繰り越し
高速・低速切替
通話アプリで通話料金半額
かけ放題オプション○(10分)
無料通話オプション○(30・60分)

※12ヶ月以内にMNP転出する場合は12,420円必要

 

<端末料金>

  • 24回分割払い:1,375円
  • 一括払い:33,000円

 

▼申し込み・詳細はこちら▼
マイネオ公式サイト

 

OCNモバイルONEの価格

 

 

OCNモバイルONEはNTTグループが運営する格安スマホ会社です。

端末代金はどれも非常に安く、端末代金を単純に比較するとほとんどOCNモバイルONEが最安値となります。

 

また、OCNモバイルONEはNTTグループだけあって、通話オプションが豊富でサービスも充実しています。

電話をする方にもおすすめのキャリアです。

 

通話オプション月額料金
国内10分かけ放題¥850
トップ3かけ放題¥850
かけ放題ダブル¥1,300

 

また、月ではなく日割のデータ容量上限が決まっているプランがあることも特徴です。

 

可否・内容
料金初期費用¥3,394
初月基本料金無料
ネットとのセット割
最低利用期間6ヶ月
違約金¥8,000
データデータ繰り越し
高速・低速切替
通話アプリで通話料金半額
かけ放題オプション○(10分)
無料通話オプション

 

<端末代金>

  • 24回分割払い:1,050円
  • 一括払い:21,800円

 

▼購入する・詳細を調べる▼
OCNモバイルONE(公式)

 

LINEモバイルの価格

 

 

続いてはLINEモバイルです。もはや誰もが活用するアプリとなったLINEが運営する格安スマホキャリアです。

特にTwitterやInstagramなどのSNSをよく利用する方は通信量がカウントされないため、大変お得になります。

また、先日からソフトバンク回線も選べるようになりました。

 

可否・内容
料金初期費用¥3,400
初月基本料金無料
ネットとのセット割なし
最低利用期間12ヶ月
違約金¥9,800
データデータ繰り越し
高速・低速切替
通話アプリで通話料金半額
かけ放題オプション○(10分)
無料通話オプション

 

<端末代金>

  • 24回分割払い:1460円
  • 一括払い:33,800円

 

▼申込みはこちら▼
LINEモバイル公式サイト

 

BIGLOBEモバイルの価格

 

 

BIGLOBEモバイルは、その名の通りBIGLOBEが運営する格安スマホです。

BIGLOBEモバイルの特徴はYoutubeやAbema TVが見放題になる「エンタメフリーオプション」です。

もっともデータ容量を消費する動画閲覧が見放題になるのは大変人気です。

 

可否・内容
料金初期費用¥3,394
初月基本料金無料
ネットとのセット割
最低利用期間6ヶ月
違約金¥8,000
データデータ繰り越し
高速・低速切替
通話アプリで通話料金半額
かけ放題オプション○(3分)
無料通話オプション○(60分)

 

<端末代金>

  • 24回分割:1380円
  • 一括払い:なし

 

▼申し込み・詳細はこちら▼
BIGLOBEモバイル(公式)

 

IIJmioの価格

 

 

IIJmioは、日本のインターネット老舗企業「IIJ」が運営する格安スマホ会社です。

IIJmioの特徴は顧客満足度の高さです。

下記をはじめさまざまな賞を受賞しており、評価が高い格安スマホ会社です。

  • 個人向けSIMカードシェアNo.1(MM総研調べ)
  • 顧客満足度3年連続総合1位(MMD研究所)

 

取り組み内容などをみても、個人的にも非常に信頼できる格安スマホキャリアですね。

ただし名前が読みにくいのが難点です…

 

可否・内容
料金初期費用¥3,000
初月基本料金日割計算
ネットとのセット割
最低利用期間12ヶ月
違約金残月数×1000円
データデータ繰り越し
高速・低速切替
通話アプリで通話料金半額
かけ放題オプション○(3・10分)
無料通話オプション

 

<端末代金>

  • 24回分割払い:1,100円
  • 一括払い:25,800円

 

IIJmioではコミコミセットというデータ容量とかけ放題がセットになったプランがあります。

コミコミセットでAQUOS sense liteを購入すると非常にお得です。

 

▼申し込みはこちら▼
IIJmio公式サイト

 

NifMo(ニフモ)の価格

 

 

ニフモは、ネット企業「NIFTY」が運営する格安スマホキャリアです。

NifMo(ニフモ)の特徴は、BBモバイルポイントが無料で使えること。

NifMo契約者は、下記マークがある場所では無料で高速Wi-Fiが使えるため、データ消費を抑えることがができます。

 

可否・内容
料金初期費用¥3,000
初月基本料金無料
ネットとのセット割
最低利用期間6ヶ月
違約金¥8,000
データデータ繰り越し
高速・低速切替
通話アプリで通話料金半額
かけ放題オプション○(10分)
無料通話オプション

 

<端末代金>

  • 24回分割払い:1,297円
  • 一括払い:31,112円

 

NifMoは高額キャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施しており、そのキャンペーンを利用すると実質1万円程度でアクオスセンスライトが購入できます。

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

イオンモバイルの価格

説明不要の大手GMS「イオン」が提供する格安スマホです。

全国の店舗でサポートを受けられることがメリットですね。

さらに、国内通話が完全かけ放題になる「050かけ放題」というオプションがあるのも人気の理由のひとつです。

 

可否・内容
料金初期費用¥3,000
初月基本料金日割計算
ネットとのセット割
最低利用期間なし(※1)
違約金なし(※1)
データデータ繰り越し
高速・低速切替
通話アプリで通話料金半額
かけ放題オプション(10分・完全)
無料通話オプション

※1:6ヶ月以内のMNP転出時は8,000円 

 

<端末代金>

  •  24回分割払い:1,476円
  • 一括払い:32,800円

 

▼申込みはこちら▼
イオンモバイル公式サイト

 

格安SIMのAQUOS sense lite最安とおすすめキャリア

 

アクオスセンスライトの最安はOCNモバイルONE

 

端末一括払い時の代金で単純に比較すると、OCNモバイルONEが21,800円でダントツで安いです。

 

キャリア端末代金
(一括払い)
楽天モバイル¥22,800
mineo¥33,000
OCNモバイルONE¥21,800
LINEモバイル¥33,800
BIGLOBEモバイル¥29,760
IIJmio¥25,800
NifMo¥31,112
イオン¥32,800

 

OCNモバイルONEはもともと端末代金が安いのですが、頻繁にお得な端末セールを実施しています。

2018年7月のセールでは11,800円まで価格が下がりました。

 

OCNモバイルONEは最低利用期間も6ヶ月しかありませんし、契約初月の基本料金も無料です。

その他、大きなデメリットも見当たりません。非常にお得にスマホを契約できます。

 

▼購入する・詳細を調べる▼
OCNモバイルONE(公式)

 

IIJmioもおすすめ

 

 

OCNモバイルONEは価格もその他のサービスも含め、非常におすすめです。

さらに、個人的にはIIJmioもおすすめです。

 

コミコミセットがお得

 

IIJmioには通常の端末とSIMのセットのほかに「コミコミセット」というセットがあります。

アクオスセンスライトの端末と以下の2つがセットになって、月々2,480円で使えます。

 

通常のセットより2,000円近く安くなりますので、セット条件が合致する方はぜひコミコミセットにしましょう。

コミコミセットならOCNモバイルONEを抜いて最安なります。

  • 端末(24回払い)
  • 3GB/月のデータ容量
  • 3分かけ放題(家族は10分)

 

現在お得なセール実施中!

 

また、現在IIJmioでは端末セールを実施しており、AQUOS sense lite SH-M05が19,800円で購入できます

 

しかも、この価格はSIMとのセット購入ではなく、端末のみを購入した場合の価格です。

端末だけ欲しい方には非常に嬉しいセールですね。

 

また、IIJmioのSIMカードをセットで契約するとさらにアマゾンギフト券が貰えます

  • 音声SIMとセット:5,000円分
  • データSIMとセット:2,000円分

 

大変お得なのでぜひ利用してください。

IIJmioのセールは12月3日までの期間限定です。

 

▼申し込みはこちら▼
IIJmio公式サイト

 

IIJmio(みおふぉん)

 

AQUOS sense lite購入はこちら!

 

以上、AQUOS sense lite(SH-M05)の解説でした。

安心の国内メーカー生産で、バランスの取れた性能と安い料金が魅力です。

初心者からミドルユーザーまで、どんな方にもフィットするスマホだと思います。

特に初めての方は「これを買っておけば間違いない」という安心の端末ですね。

 

今回の調査でIIJmioとOCNモバイルONEが最もお得に購入できることがわかりました。

どちらも現在お得なセールを実施中です。ぜひご利用ください!

詳細記事OCNモバイルONEで実施中のセール情報

詳細記事IIJmioで実施中のセール情報

 

▼購入する・詳細を調べる▼
OCNモバイルONE(公式)

 

▼当サイト限定の豪華特典あり▼
IIJmio公式サイト

 

<関連記事>

 

おすすめSIMフリースマホ一覧へ

 

格安スマホの比較
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-