Ymobileで最大24,395円還元キャンペーン中 

auのオンラインでSIMロック解除してみた!中古も手数料無料に

auロゴ

本記事ではauで買ったスマホを無料でSIMロック解除する手順を解説します。

 

auでは2020年春から中古端末も無料でSIMロック解除できるようになりました。

私も中古端末を実際にSIMロック解除してみました。

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

SIMロック解除の条件と注意点

 

SIMロック解除できる機種

 

auで発売されたスマホは、au以外のキャリアのSIMを入れて使えないように全てSIMロックがかかっています。

このうち、2015年4月23日以降に発売されたスマホはこのSIMロックを解除できます

 

かなり古い機種でない限りSIMロック解除できますが、不安な方はこちらで自身のスマホが対象か確認してください。

詳細SIMロック解除可能な機種 | au

 

auの端末であれば、自分で買った端末以外でもSIMロック解除できます

また、auを契約していない方でも解除可能です。

 

ただし、ネットワーク利用制限がかかったスマホは解除できません。

また次章で解説する通り、購入からの期間や支払い方法等によって一部制限がかかる場合があります。

 

購入後すぐに解除できる?

 

auでスマホを購入後、すぐにSIMロック解除できるのは以下の条件のいずれかを満たす場合です。

 

  • 端末を一括払いで購入した場合
  • 端末代金の残債を精算済の場合
  • 端末代金・料金の支払をクレジット払いにしている場合

 

分割払いの場合でも、端末代金と月額料金をクレジット払いにしている方はすぐにSIMロック解除可能です。

できるだけSIMロック解除しておきましょう。

 

ただし、以下の場合は端末購入から100日間はSIMロック解除できません。

 

  • 契約中の回線で過去100日以内に他機種をSIMロックした場合
  • 端末代をクレジット払い以外の方法で分割払いにしている場合
  • 料金をクレジット払い以外の支払方法にしている場合

 

店舗は解除料金がかかる

 

SIMロック解除はau店舗とオンライン(My au)で手続きできます。

このうち、au店舗で解除手続きする場合は税抜3,000円の手数料がかかります

(端末購入と同時に解除する場合は無料)

 

My auなら無料で手続きできますし、auを契約していなくてもSIMロック解除できますので、SIMロック解除はできるだけオンラインで手続きしましょう。

 

解約後・中古端末も解除可

 

SIMロック解除は、auを契約していない方や既に解約してしまった方、中古スマホを買った方でもできます。

 

  • au契約中の方
  • auを解約した方・契約していない方
  • 中古端末を買った方

 

au IDさえ作ればオンラインで無料で解除手続きできます。

au IDは無料なので、必ずオンラインで手続きしましょう。

 

SIMロック解除できる時間

 

SIMロック解除をオンラインで手続きする場合、9:00~21:30の間にしか手続きできません。

 

店舗で手続きする場合は営業時間内なら可能ですが、閉店間際だと受付不可の場合がありますので余裕を持っていきましょう。

来店する場合は必ず来店予約していきましょう。

 

解除済みか確認する方法

 

例えば中古でスマホを買った場合や他人から譲り受けた場合、SIMロック解除されているかどうかわからない場合があります。

そのような場合は、SIMステータスを確認することでSIMロック解除済かどうか確認できます。

 

Androidの確認方法

 

設定 → システム → 端末情報 → 機器の状態 → SIMのステータス → SIMカードステータスを確認してください。

 

私のXperia XZsはSIMロックされている状態で、以下のように表示されました。

 

SIMステータス更新

 

一方、SIMロックを解除したあとにSIMステータス更新をタップした後、「許可されています」と表示されました。

下記のようになっていればSIMロックは解除されています。

 

SIMステータス更新

 

iPhoneの確認方法

 

iPhoneの場合は、実際に他社のSIMを入れてみるのが最善のようです。

SIMを入れて「アクティベーションが必要です」や「SIMが無効です」と表示されればSIMロックされています。

 

一方、何事もなくAPN設定ができて通話・データ通信ができればSIMロックは解除されています。

 

 

オンラインのSIMロック解除手順

 

ここから、実際に私がオンラインでSIMロック解除した手順を解説します。

 

解除するのは中古で買ったXperia XZs SOV35です。

なお、私はauの回線を契約していません。

 

IMEIを確認

 

My auでSIMロック解除するためには、端末のIMEIという番号が必要です。

事前に控えておきましょう。

 

AndroidのIMEI確認方法

 

Androidの場合、IMEI番号は以下で確認できます。

システム → 端末情報 → 機器の状態 → IMEI情報

 

Android IMEI確認方法

↓↓↓

Android IMEI確認方法

 

↓↓↓

Android IMEI確認方法

 

iPhoneのIMEI確認方法

 

iPhoneは、機種によって確認方法が異なります。

 

iPhone6S・6S Plus以降の機種は、SIMトレイにIMEI番号が記載されています。

iPhone6・6 Plus以前の機種とiPhone SE (第1世代)は本体背面にIMEIが記載されています。

詳細IMEIの確認方法 | Apple(日本)

 

My auで解除手続き

 

つづいて、My auで手続きします。

手続き可能時間は9:00~21:30です。

 

こちらのページから「SIMロック解除のお手続き(My au)」にアクセス

 

SIMロック解除 My au

 

au ID・パスワードを入力してログインします。

au IDはauを契約していなくても作成できますので、お持ちでない方は「新規登録はこちら」から作成してください。

登録料などは無料です。

 

au SIMロック解除手順

 

続いての画面で、「auで購入した端末」「その他端末」を選んでください。

私は中古ショップで買った端末でしたので、「その他端末」を選びます。

 

すると、IMEI番号を入力する欄が出ますので、そちらに端末のIMEIを入力してください。

 

SIMロック解除 My au

 

次の画面で、解除の理由などを入力します。

理由は何でも良いです。

私は「ドコモのSIMカードを利用」を選びました。

 

次へを押すと、登録メールアドレスに確認メールが送られます。

15分以内にURLをクリックしてください。

 

SIMロック解除 My au

 

クリックするとSIMロック解除手続きが完了します。

 

SIMロック解除 My au

 

私はAndroidでしたのでこのあとも手続きが続きますが、iPhoneはこの時点で作業は終了です。

 

SIMステータスを更新

 

iPhoneはWEB上の手続きのみで作業は終了ですが、Androidはまだ作業が必要です。

 

まず、端末本体に使いたいSIMを入れます。(←もしかしたら不要かも…)

 

その後、設定 → システム → 端末情報 → 機器の状態 → SIMのステータス → SIMカードステータスをタップします。

すると、以下の様が画面が表示されます。

 

SIMステータス更新

 

画面下の「SIMステータスを更新」をタップします。

すると、SIMロックステータスが「許可されています」に変わります。

 

SIMステータス更新

 

これでSIMロック解除は終了です。

端末によっては再起動がかかる場合もあるようです。

 

 

auスマホは他社で使える?

 

auで買ったスマホも、SIMロック解除すれば他社のSIMを認識するようになります。

ただし、SIMロック解除すれば全て使えるというわけではありません。

 

iPhoneは他社でも使える

 

iPhone11

 

まず、iPhoneはSIMロック解除すればどの回線でも使えます

端末がドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルのどの回線のバンドにも対応しているからです。

 

よって、auで買ったiPhoneはSIMロック解除すればドコモ・ソフトバンクや格安SIMでも使えます。

 

Androidは注意が必要

 

一方、auで買ったAndroidはSIMロック解除したからといってどのSIMでも使えるわけではありません。

 

Androidは機種によって掴むバンド(周波数)が決まっているため、ドコモ回線・ソフトバンク回線・ワイモバイル回線のSIMを挿しても使えない場合があります。

 

ドコモ・SoftBank回線で使う

 

前章の通り、auで買ったiPhoneはSIMロック解除すればドコモやソフトバンク、およびそれらの回線を使った格安SIMでも使えます。

 

一方、auで買ったAndroidをドコモ回線・ソフトバンク回線で使う際には注意が必要です。

一部の機種はドコモ・ソフトバンク回線で使う周波数に対応していません。

 

ドコモ回線が使うバンドは以下のとおりです。

  • LTE:1・3・19
  • 3G:1・6

 

ソフトバンク・ワイモバイル回線が使うバンドは以下のとおりです。

  • LTE:1・3・8
  • 3G:1・8

 

下記ページで、自身の端末が上記のバンドに対応しているか確認しましょう

詳細au端末が対応しているバンド一覧 | au

 

この全てに対応していないと使えないわけではありませんが、地域によっては電波が弱くなる可能性があります。

基本的には全て対応していなければ使わないのがおすすめです。

 

au回線で使う

 

UQモバイルやBIGLOBEモバイル・mineo・IIJmioなどのau回線で使う場合、auで買った端末はiPhoneもAndroidも全て対応していますので問題なく使えます。

 

なお、2017年8月以降にauで発売されたスマホは、SIMロック解除しなくてもau回線の格安SIMで使えます。

iPhoneで言えばiPhone8・8 Plus・X以降はSIMロック解除不要です。

 

ただし、2017年8月以前にauで発売されたスマホはau回線で使う場合にもSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除の要否に関わらず、事前に解除しておくのがおすすめです。

 

楽天モバイルMNOで使う

 

楽天モバイル MNO ロゴ

 

2020年4月から楽天モバイルのMNO回線(UN-LIMIT)のサービスが開始しました。

楽天モバイルで使う場合にもSIMロック解除が必要です。

 

本記事執筆時点で、au版のスマホは楽天モバイルで動作確認されていません。

しかし、auで買ったiPhoneやGalaxy・Xperia・AQUOSも一部機種が楽天モバイルで使えています。

 

詳細はこちらを確認してください。

 

 

auのSIMロック解除まとめ

 

以上、auのオンラインでSIMロック解除する手順と注意点の解説でした。

 

auでは2020年春からオンラインなら中古端末でも無料で解除できるようになりました。

au端末をお持ちの方は、不要な場合でも必ず解除しておきましょう。

 

SIMロック解除はこちらからどうぞ!

 

▼SIMロック解除はこちら▼

SIMロック解除の手続き 

 

auから乗り換えならUQモバイルが断然おすすめです!

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

 

シムラボ! トップへ戻る