Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

au「AQUOS R compact SHV41」のスペック・価格を解説!SHV39との比較も

 

 

本記事ではauから2017年冬モデルとして発売中の人気機種「AQUOS R compact(SHV41)」のスペックや端末価格を解説します。

 

国内メーカーSHARP製の多機能・ハイスペックな機種です。

コンパクトなサイズの端末が人気で使用者の評価も高く、どなたにもおすすめできる機種ですね。

 

▼SHV41を購入・機種変更▼

au公式オンラインサイトへ

 

SHARPからは後継機「AQUOS R2 Compact」も発売されました。
(auでは発売予定なし)
AQUOS R2 Compactのスペックを解説

 

SHV41の特徴レビュー

 

f:id:SCANTY:20180221140827p:plain

 

AQUOS R compact(SHV41)は、国内メーカー「SHARP」が発売したスマートフォンです。

コンパクトな本体ながら大画面を実現した美しいディスプレイと、豊富な便利機能が特徴です。

 

高性能CPU搭載

 

AQUOS R compact(SHV41)に搭載されているCPUはSnapdragon660で、メモリーは3GBです。

Snapdragon(通称スナドラ)は数字が大きいほど高性能ですが、600番台はなかなかの性能です。

 

個人的にはメモリーが4GBあれば100点満点だったのですが、それでも普通の方が使うには十分すぎるスペックです。

複数のアプリを立ち上げてガンガン操作する方も、ゲームをされる方も大満足のスペックとなっています。

 

大画面で美しいディスプレイ

 

AQUOS R compact(SHV41)の最大の特徴は、なんといってもディスプレイ形状です。

フリーフォームディスプレイ」が採用されており、本体のサイズが小さいのに4.9インチの画面サイズを実現しています。

 

画面は2,032×1,080ドットのフルHD+という最高峰の美しさです。

また、シャープの技術を集結させた「IGZOパネル」を液晶に使用しているため、細かい色まで忠実に再現されています。

 

さらに省エネ性能が高いため、そのため、美しいディスプレイにも関わらず、電池の消耗を抑えた設計になっています。

 

バランスの良い高性能カメラ

 

f:id:SCANTY:20180111180052p:plain

 

AQUOS R compact(SHV41)はカメラも優秀です。

メインカメラは1640万画素、自撮り用のインカメラは800万画素となっています。

どちらも広角レンズになっており、これまでより広い範囲を撮影することができます。

 

また、AQUOS R compact(SHV41)には新しい画質エンジンを搭載しており、露出やホワイトバランスの性能が向上しました。

それによって、被写体の色を忠実に写し、実際に目で見た自ような然な色合いで撮影できます。

 

4K動画も撮影可能

 

f:id:SCANTY:20180111180116p:plain

 

AQUOS R compact(SHV41)では、4K動画を撮影することができます。スマホで4K動画が撮影できるのはすごいですね。

さらに電子式手振れ補正機能も搭載しており、誰でも簡単に動画を撮影することができます。

 

エモパーが役立つ情報を提供

 

f:id:SCANTY:20171020174939p:plain

 

AQUOS R compact(SHV41)には「エモパー」という機能があります。

これは、使用者の行動を学習したスマホの中の人工知能が、使用者の行動に合わせて役立つ情報を提供してくれる機能です。

 

例えば、起床後に今日の天気を教えてくれたり、寝る前にアラームの確認をしてくれたり、スケジュールに登録した滞在先の天気を教えてくれたり、最新ニュースや株価を教えてくれたり、近くのオススメグルメやコンビニを教えてくれたりします。

 

f:id:SCANTY:20171020174825p:plain

 

これらの機能は外出先では話しかけない設定になっていますので、突然喋りだすことはありません。

 

充電台はロボクルにしよう

 

エモパーは、さらに「ロボクル」という充電台と組み合わせるのがおすすめです。

 

「ロボクル」にスマホをセットしておくと、人がいることを感知して、そちらに振り向いて話しかけてくれます。

エモパーがあると便利な執事がいるような感覚になりますが、ロボクルがあると、実際に人のほうを向いて会話してくれるので、感覚がさらに人に近くなります。

 

 

▼SHV41を購入・機種変更▼

au公式オンラインサイトへ

 

SHV41のスペック・仕様

 

発売日・型番

 

auにおけるAQUOS R compactの型番は「SHV41」です。

発売日は2017年12月22日です。

 

本来カラーは3色

 

auで販売されるAQUOS R compact(SHV41)は「メタルブラック」「ムーンホワイト」「ローズピンク」の3色です。

端末の表・裏のデザインはこのような感じです。

 

 

スペック一覧表

 

本体スペック
サイズ(mm)W66×L132×D9.6
重さ約140g
画面サイズ4.9インチ
解像度2,032 × 1,080
(フルHD+)
バッテリー容量2,500mAh
連続通話時間
(LTE)
1,530分
連続待受時間
(LTE)
630時間
OSAndroid 8.0
CPUSnapdragon660
(オクタコア)
2.2+1.8GHz
メモリ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大400GB)
通信速度(下り)最大479Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,640万画素
有効画素数
(サブカメラ)
800万画素

 

画面サイズは4.9インチ

 

AQUOS R compact(SHV41)の画面サイズは4.9インチです。

 

iPhoneSEの販売が終了した中、コンパクトな画面サイズの端末はこのAQUOS R compactのみとなりました。

片手で持てるコンパクトなスマホをお探しの方はAQUOS R compact(SHV41)がおすすめです。

 

USB端子はUSB Type-C

 

AQUOS R compact(SHV41)のUSB端子はUSB Type-Cです。

上下関係なくどちらでもさせるのが魅力ですね。

 

ただし、AQUOS R compact(SHV41)には充電器(ACアダプタ・USBケーブル)が付属していません。

USB Type-C対応のケーブルをお持ちでない方は購入が必要です。

 

 

 

イヤホンジャックあり

 

AQUOS R compact(SHV41)には本体上部に3.5mmイヤホンジャックがあります。

最近はイヤホンジャックが廃止されるスマホが増えてきましたが、今でも有線でイヤホンやヘッドホンを接続したいという声は根強いです。

 

AQUOS R compact(SHV41)はハイレゾにも対応しているので、音質にこだわる方にも最適です。

 

シングルSIM・DSDS非対応

 

AQUOS R compact(SHV41)はnanoSIM×1のシングルSIMです。

デュアルSIM・DSDSではありません。

 

なお、SIMフリー版のAQUOS R compactもシングルSIMです。

 

メモリーRAMは3GB

 

AQUOS R compact(SHV41)のメモリー(RAM)は3GBです。

正直、3GBは少々少ないですね。

 

SHARPのスマホはハイスペック機種でもRAMが少なめですが、4GBあれば満点だったかなと思います。

 

ストレージROMは32GB

 

AQUOS R compact(SHV41)の内部ストレージ容量は32GBです。

普段使いには十分ですが、写真や動画をよく撮影されるかたは足りないかもしれません。

 

しかし、AQUOS R compact(SHV41)はマイクロSDカードでストレージ容量を増設可能です。

 

マイクロSDカード増設可能

 

AQUOS R compact(SHV41)はマイクロSDカードで容量を増設できます。

32GBの内部ストレージで足りない方はmicroSDカードを利用しましょう。

 

最大400GBまで増設できますので、容量は心配いらないと思います。

 

 

SHV41の付属品・同梱品

 

AQUOS R compact(SHV41)の付属品・同梱品はテレビアンテナケーブルのみです。

イヤホンやスマホケースは持ちろん、充電器(ACアダプタ・USBケーブル)も同梱されていません。

 

充電器・ケーブルは付属なし

 

前章で解説したとおり、AQUOS R compact(SHV41)には充電器(ACアダプタ・USBケーブル)が同梱されていません。

USBのACアダプタやUSB Type-Cのケーブルをお持ちの方はそのまま使えますが、お持ちでない方は購入が必要です。

 

 

 

▼SHV41を購入・機種変更▼

au公式オンラインサイトへ

 

SHV41の主な便利機能

 

搭載便利機能一覧

 

AQUOS R compact(SHV41)に搭載されている便利機能は以下の通りです。

 

有無
防水
防塵
ワンセグ
おサイフケータイ
指紋認証
顔認証
急速充電
ワイヤレス充電Qi

 

おサイフケータイ搭載

 

AQUOS R compact(SHV41)はおサイフケータイ搭載です。

 

最近ようやくおサイフケータイ搭載スマホが増えてきましたね。

おサイフケータイ搭載により、財布がなくてもスマホさえあれば電車に乗れますし、飛行機にも乗れますし、スタバでコーヒーも飲めますし、セブンイレブンでの買い物はnanacoで支払えますし、めちゃくちゃ便利です。

防水・防塵対応

 

AQUOS R compact(SHV41)は防水・防塵機能に対応しています。

 

防水はIPX8という最高の等級です。

これは「水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有する」というレベルです。誤ってお風呂やトイレにスマホを落としても安心ですね。

 

防塵についてもIP6Xというレベルです。

よほどのことが無い限り、チリやホコリにより故障することはありません。

防塵のありがたさを感じるときはあまり無いかもしれませんが、まさかのときに安心ですね。

 

濡れた手・手袋でも画面操作可

 

AQUOS R compact(SHV41)には、防水に加え便利な機能が付いています。

それは、濡れた手でも画面操作が可能なこと。

 

通常のスマホは、せっかく防水機能が付いていても濡れた手だと画面が操作を読み取らないことがありましたが、AQUOS R compact(701SH)は濡れた手で画面を触ってもしっかり反応してくれます。

そのため、お風呂に入りながらスマホを操作する際に非常に便利です。

 

また、手袋をしていても操作可能なのも嬉しいですね。

 

指紋認証で簡単ロック解除

 

f:id:SCANTY:20171209113306p:plain

 

AQUOS R compact(SHV41)には指紋認証センサーが搭載しています。

これまでパスコードやパターンを入力して解除していたロックを、指紋認証により簡単に行うことができます。

 

しかも、そのスピードと認証性能が大変良いです。

読み取りに時間がかかったり、読み取りエラーになったりすることが少ないのも特徴です。

 

また、画面下部にある指紋認証センサーはホームボタンとしても使えます。

 

顔認証は非搭載

 

一方、AQUOS R compact(SHV41)には顔認証機能はありません。

 

持つと画面がONに

 

f:id:SCANTY:20180111175817p:plain

 

ちょっと地味ですが、個人的に大変便利だと思ったのがスマホを持つと自動的に画面がONになる機能です。

これまでは電源ボタンを押して画面を起動していましたが、スマホ本体を持つと自動で画面が明るくなります。

 

ハイレゾ対応

 

AQUOS R compact(SHV41)はオーディオも優秀です。

CDの4倍の音質である「ハイレゾ」での再生に対応しています。スマホで音楽を聴く際に音質にこだわる方にもおすすめです。

 

急速充電対応

 

AQUOS R compact(SHV41)は急速充電のクイックチャージ3.0に対応しています。

QC3.0に対応している充電器(ACアダプタ)を使えば、高速で充電できます。

 

ただし、AQUOS R compact(SHV41)には充電器(ACアダプタ・USBケーブル)が付属していません。

ACアダプタやUSB Type-Cのケーブルをお持ちでない方は別途購入してください。

 

 

 

ワイヤレス充電Qi非対応

 

AQUOS R compact(SHV41)はワイヤレス充電「Qi」に対応していません。

 

自動スクロール機能が便利

 

AQUOS R compact(SHV41)には、「スクロールオート機能」という便利な機能があります。

これは、例えばスマホでWEBやSNSを閲覧する際、都度指で操作するのではなく、自動でゆっくり画面をスクロールしてくれる機能です。

 

特にツイッターやFacebookなどのSNSを読む際に便利です。

画面はゆっくり動きますが、文字や画像は鮮明に表示されますので読みやすいです。

 

もちろん、じっくり読みたい場合は指でタップするとスクロールをストップすることができます。

慣れると非常に便利な機能なので、ぜひ皆さんも活用してください。

 

画面設定で覗き見防止

 

f:id:SCANTY:20180111175538p:plain

 

人前でスマホを操作するとき、画面を他人に見られたくないですよね。

私は覗き見防止用の画面フィルターを貼っていますが、画面が暗くなってしまうのがちょっと難点です。

 

しかし、AQUOS R compact(SHV41)は画面設定で覗き見ブロックをすることができます。

画面を正面から見ると普通どおりの表示ですが、横からは画面が見えなくなります。

 

設定画面でON/OFFを簡単に切り替えられますので、必要なときだけ設定することができます。

フィルターを貼る必要がないのが嬉しいですね。

 

ブルーライトカットの設定可

 

f:id:SCANTY:20180111175637p:plain

 

AQUOS R compact(SHV41)はブルーライトをカットする「リラックスビュー」という機能が搭載されています。

長時間スマホを操作する場合や、目が疲れているとき、就寝前などにリラックスビューに設定すると、目に優しい画質になり、睡眠への影響を抑えることができます。

フィルターなどを貼らずに画面上で設定できるのが大きなメリットです。

 

また、就寝時間が近づくと自動でリラックスビューに設定してくれる「リラックスオート」という機能もあります。

 

▼SHV41を購入・機種変更▼

au公式オンラインサイトへ

 

SHV41のベンチマークスコア

 

Geekbench

 

AQUOS R compact(SHV41)のベンチマークをGeekbenchで計測した結果は以下の通りです。

  • シングル:1610
  • マルチ:4,425

 

 

antutu

 

AQUOS R compact(SHV41)のantutuの総合スコアは12万~13万程度です。

超高負荷の3Dゲームを除けば、一般的な処理はサクサク快適でしょう。

 

▼SHV41を購入・機種変更▼

au公式オンラインサイトへ

 

AQUOS R compact SHV41の価格

 

AQUOS R compact(SHV41)の端末価格、および24回払いの場合の月額負担額は以下の通りです。

  • 端末価格:54,000円
  • 24回分割:2,250円/月

 

▼SHV41を購入・機種変更▼

au公式オンラインサイトへ

 

SHV41とAQUOS R(SHV39)の比較

 

 

auからは、同じシャープから2017年夏モデルとしてAQUOS R(SHV39)も発売されています。

どちらを買うべきかお悩みの方に、AQUOS R(SHV39)とAQUOS R compact(SHV41)のスペック・料金を比較します。

 

スペックの比較

 

比較項目AQUOS RAQUOS R
compact
サイズ
(mm)
W74× H153
× D8.7
W66× H132
× D9.6
重さ約169g約140g
画面サイズ5.3インチ4.9インチ
解像度2,560 x 1,4402,032 x 1,080
バッテリー
容量
3,160mAh2,500mAh
CPUSnapdragon835
(オクタコア)
2.2GHz+1.9GHz
Snapdragon660
(オクタコア)
2.2GHz+1.8GHz
メモリ
(ROM)
64GB32GB
メモリ
(RAM)
4GB3GB
カメラ
画素数
(メイン)
2,260万
画素
1,640万
画素
カメラ
画素数
(サブ)
1,630万
画素
800万
画素

 

AQUOS R(SHV39)はシャープのフラッグシップスマホだけあって、スペックを比較するとどの項目もAQUOS Rの方が勝っています。

特にCPUとカメラは最高峰の性能なので、AQUOS R(SHV39)が圧勝ですね。

 

ただし、AQUOS R compact(SHV41)も通常の方が使うには十分な性能です。

メモリー(RAM)が3GBなのが気になりますが、搭載CPU(Snapdragon660)も高性能ですし、画面解像度やカメラの画素数も十分だと思います。

 

端末価格の比較

 

  • AQUOS R:86,400円
  • AQUOS R compact:54,000円

 

AQUOS R(SHV39)とAQUOS R compact(SHV41)の端末価格の比較は上表の通りです。

AQUOS R(SHV39)の方が性能が良い分、AQUOS R compact(SHV41)の方が3万円ほど安いですね。

 

私の評価

 

これまでの比較結果から、私のおすすめは以下の通りです。

  • 価格にこだわるなら絶対AQUOS R(SHV39)
  • 「画面サイズ」「性能」と「価格」を天秤にかけよう

 

前章で解説したとおり、性能はAQUOS R(SHV39)の方が良いので、ゲームをされる方やスペックにこだわる方は迷わずAQUOS R(SHV39)を選びましょう。

ただし価格はAQUOS R(SHV39)の方が3万円ほど高いです。

 

個人的には、コンパクトな画面の方が好きなのと、AQUOS R compact(SHV41)の方がコスパが高いように思うので、AQUOS R compact(SHV41)の方がおすすめですね。

 

詳細記事au「AQUOS R SHV39」を解説!

 

▼SHV41を購入・機種変更▼

au公式オンラインサイトへ

 

 

【必見】auスマホ料金の節約技

 

auスマートバリューは必須

 

 

auのスマホ・ケータイやタブレットを契約中の方には、月額料金のお得な節約技があります。

それは、auスマートバリューです。

 

auスマートバリューとは

 

auスマートバリューとは、auのスマホ・ケータイ・タブレットと、光回線である「auひかり」をセットで契約することで、月額料金が毎月割引になる制度です。

 

auスマートバリューの割引は、契約1回線ごとに適用されます。

よって、例えば家族4人でauのスマホを契約している場合には、4人全員に割引が適用されるのです。

 

auスマートバリューの割引額

 

auスマートバリューの割引額は以下の通りです。

 

契約プラン(スマホ)割引額
auピタット
プラン
・シンプル
(1GBまで)
対象外
・スーパーカケホ
・カケホ
(2GBまで)
500円/月
・スーパーカケホ
・カケホ
・シンプル
(2~20GBまで)
1,000円/月
・auフラットプラン20/30
・auフラットプラン25 Netflix
・データ定額1
934円/月
・データ定額2/3
・ジュニアスマートフォン
・カケホ (3Gケータイ・データ付)
・データ定額5/20
2年間
1,410円/月
3年目以降
934円/月
・LTEフラット
・ISフラット
・データ定額8
・プランF(IS)シンプル
・データ定額302年間
2,000円/月
3年目以降
934円/月

 

ドコモ・ソフトバンクにもauスマートバリューと同様の割引制度があります。

スマホと光回線のセット割引は、ドコモ・au・ソフトバンクでスマホを契約している方には必須の割引なのです。

 

auひかりでキャッシュバック

 

 

これからauひかり(auスマートバリュー)を契約しようと考えている方には、さらにお得な裏技があります。

それは、auの店舗や家電量販店でauひかりに申し込むのではなく、auの正規代理店から申し込むことで高額キャッシュバックをもらう方法です。

 

例えば私が最もおすすめのauの正規代理店「NNコミュニケーションズ」なら、auひかり申し込みで最大50,000円のキャッシュバックがもらえます。

 

<キャッシュバック額>

光回線+
ひかり電話
光回線のみ
ホームタイプ
(戸建て)
¥50,000¥43,000
マンション
タイプ
¥45,000¥38,000

 

さらにNNコミュニケーションズなら、KDDIが実施している公式キャンペーンも適用されて2重取りできますし、余計なオプション加入も不要です。

また、キャッシュバックは手続き不要で翌々月末には振り込まれます

 

  • icon-circle-o 最大50,000円キャッシュバック
  • icon-circle-o 余計なオプションの加入不要
  • icon-circle-o キャッシュバック手続き不要
  • icon-circle-o 翌々月末に振り込み
  • icon-circle-o 電話で丁寧なサポート
  • icon-circle-o 公式キャンペーンも2重で適用
  • icon-times 公式じゃないから不安?
  • icon-times 申し込みはネット・電話のみ

 

高額キャッシュバックがもらえる場合は、余計や有料オプションに加入が必須か、キャッシュバックの申請手続きが複雑でもらい忘れを狙っているかのどちらかです。

ですが、ここならどちらも心配いりません。

 

auひかりは必ずここから申し込みましょう。

 

▼一番お得な申し込み方法▼

auひかり 申し込みサイトへ

 

▼オプション不要で高額還元▼

 

SHV41の購入・機種変更はau公式オンラインサイトで

 

以上、auから2017年冬モデルとして発売中の人気機種「AQUOS R compact(SHV41)」のスペックや端末価格の解説でした。

 

国内メーカーSHARP製の多機能・ハイスペックな機種です。

コンパクトなサイズの端末が人気で使用者の評価も高く、どなたにもおすすめできる機種ですね。

 

SHV41は店頭でも契約できますが、「au公式オンラインサイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、ぜひご利用ください!

 

▼SHV41を購入・機種変更▼

au公式オンラインサイトへ

 

 

au
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-