Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

au「Galaxy S9+ SCV39」のスペック解説!Galaxy S9(SCV38)との比較も

 

 

本記事では、auで2018年夏モデルとして発売中のSAMSUNG(サムスン)製スマホ「Galaxy S9+」(SCV39)について詳しく解説します。

 

最高峰のSnapdragon845+6GBメモリー(RAM)デュアルカメラを搭載した超ハイスペックなスマホです。

6.2インチの有機EL大画面でサウンドにもこだわっており、スマホで動画を視聴される方にもおすすめですね。

 

▼SCV39を購入・詳細を確認▼

au公式オンラインサイトへ

 

Galaxy S9+ SCV39の特徴・レビュー

 

 

Snapdragon845搭載

 

Galaxy S9+(SCV39)に搭載されているCPUは、現時点で最高峰のSnapdragon845です。

処理速度はサクサクで、動きがもたつくことはほぼないでしょう。

 

またメモリー(RAM)も6GBと大容量なので、高負荷の3Dゲームをされる方や複数のアプリを立ち上げてガンガン操作する方も大満足のスペックです。

 

昼も夜も鮮明なカメラ

 

Galaxy S9+(SCV39)のアウトカメラはレンズが2つあるデュアルカメラです。

Galaxy S9+(SCV39)のカメラの特徴は、昼でも夜でも、周囲の光の量に関わらず美しい写真が撮影できることです。

 

 

周囲の環境にあわせてレンズの絞り値をF値2.4とF値1.5を自動で切り替えてくれます。

特に夜間の撮影では暗闇でも被写体がくっきりと描写され、非常に美しい写真に仕上がります。

 

ズームやスーパースロー撮影も可

 

Galaxy S9+(SCV39)は、遠くの被写体をズームしての撮影も美しく仕上がります。

光学ズームとデュアル光学式手振れ補正という機能があり、被写体がボケたり、撮影時にブレたりする事を抑える仕様になっています。

 

 

また、1秒間に960コマを撮影できるスーパースローモーション動画の撮影も可能です。

日常生活でスーパースローの動画を撮ることはあまりないかもしれませんが、スマホでプロのような動画を撮影できるのは嬉しいですね。

 

動画視聴に最適の画面・サウンド

 

Galaxy S9+(SCV39)は特に動画を視聴する方におすすめです。

ディスプレイは6.2インチと大画面で、ディスプレイには有機ELを採用しており、美しい画質になります。

また、晴れた日の明るい場所で画面を見てもくっきり見えるのが特徴です。

 

さらに、音質にもこだわっています。

サウンドには映画館で使われる「ドルビーアトモス」が採用され、また大音量でも音割れがなくクリアな音質を楽しめます。

 

指紋・顔・虹彩認証でロック解除

 

 

Galaxy S9+(SCV39)には指紋認証センサー・顔認証センサー・虹彩認証センサーが搭載されています。

指紋認証センサーは画面の背面にあり、本体を握った際に自然にタッチできるような構造になっています。

(ただし、最初は誤ってカメラを触ってしまい、レンズに指紋がつくという声も…)

 

また、設定により画面に顔を向けるだけで顔認証と瞳による虹彩認証も可能です。

顔認証とするか虹彩認証とするかは自動判別してくれますので、気にせず画面を向けるだけでロックが解除されます。

読み取りスピードが非常に速い上に精度も高く、認証に失敗することはほとんどありません。

 

防水・防塵対応

 

Galaxy S9+(SCV39)は防水・防塵にも対応しています。

 

防塵はIPX6、防水はIPX5/8という等級で、雨の中や水周りで操作しても問題ありません。

万が一水の中に落としたとしても、ほとんどの場合問題なく使用できるでしょう。

 

ワイヤレス充電Qi対応

 

Galaxy S9+(SCV39)のバッテリー容量は3,500mAhと大容量です。

特に電池を消費するゲームや動画視聴でもバッテリーを気にせずに使用できます。

 

また、Galaxy S9+(SCV39)はワイヤレス充電「Qi」(チー)に対応しています。

専用の充電器を別途購入すれば、スマホ本体を置くだけで充電が可能です。

 

 

▼SCV39を購入・詳細を確認▼

au公式オンラインサイトへ

 

Galaxy S9+(SCV39)のスペック

 

auでの発売日

 

Galaxy S9+(SCV39)のauでの発売日は2018年5月18日です。

同時にGalaxy S9(SCV38)も発売になりました。

 

ドコモでも発売中

 

Galaxy S9+およびGalaxy S9はドコモでも発売中です。

ドコモでの型番はSC-03Kです。

 

<発売中のキャリア>

端末ドコモauSoftbank
S9+×
S9×

 

海外版はSIMフリーも購入可

 

Galaxy S9+のSIMフリー版は国内では販売されていません。

ただし、海外ではSIMフリー端末が販売されており、amazon等で輸入した商品を購入できます。

 

 

本体カラーはバリエーション

 

Galaxy S9+(SCV39)のカラーは「ミッドナイトブラック」「チタニウムグレー」の2色です。

 

 

搭載機能

 

Galaxy S9+(SCV39)はおサイフケータイ、フルセグ、指紋・顔・虹彩認証に対応しています。

また、ワイヤレス充電「Qi」にも対応しています。

 

機能有無
ワンセグ
フルセグ
おサイフケータイ
指紋認証
顔認証
虹彩認証
ハイレゾ
ワイヤレス充電

 

スペック一覧表

 

スペック
サイズ(mm)H158× W74× D8.5
重さ約187g
画面サイズ6.2インチ
解像度1,440 x 2,960
(QHD+)
バッテリー容量3,500mAh
OSAndroid 8.0
CPUSnapdragon845
(オクタコア)
2.8GHz+1.7GHz
メモリ(ROM)64GB
メモリ(RAM)6GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大400GB)
有効画素数
(メインカメラ)
1,220万+
1,220万画素
有効画素数
(サブカメラ)
800万画素

 

その他スペック詳細は「au公式オンラインサイト」で確認してください。

 

▼SCV39を購入・詳細を確認▼

au公式オンラインサイトへ

 

Galaxy S9+(SCV39)の価格・料金

 

Galaxy S9+(SCV39)の本来の価格は以下の通りです。

 

<割引適用前>

  • 一括払い:112,320円
  • 24回払い:4,680円×24回

 

▼SCV39を購入・詳細を確認▼

au公式オンラインサイトへ

 

Galaxy S9(SCV38)との比較

 

auからは同じSamsung製の「Galaxy S9(SCV38)」も発売されています。

そこでGalaxy S9+(SCV39)とGalaxy S9(SCV38)を比較します。

 

スペックの比較

 

両者のスペックを比較した表は以下の通りです。

 

S9+
(SCV39)
S9
(SCV38)
サイズ
(mm)
H158× W74
×D8.5
H148× W69
×D8.5
重さ187g161g
画面
サイズ
6.2インチ5.8インチ
解像度1,440 × 2,960
(クアッドHD+)
1,440 × 2,960
(クアッドHD+)
バッテリー
容量
3,500mAh3,000mAh
電池持ち
時間
約120時間約115時間
OSAndroid 8.0Android 8.0
CPUSnapdragon845
(オクタコア)
2.8GHz+1.8GHz
Snapdragon845
(オクタコア)
2.8GHz+1.8GHz
メモリ
(ROM)
64GB64GB
メモリ
(RAM)
6GB4GB
対応
外部メモリ
microSDXC
(最大400GB)
microSDXC
(最大400GB)
有効画素数
(メインカメラ)
1,220万+
1,220万画素
1,220万画素
有効画素数
(サブカメラ)
800万画素800万画素

 

上表の通り、大きな差はGalaxy S9+(SCV39)のメインカメラがデュアルレンズであることと、メモリーRAMが6GBに増強している点です。

特にカメラの進化は大きなポイントになるかもしれません。

 

その他、搭載CPUやディスプレイの解像度、バッテリーの持ちは変わりません。

 

搭載機能の比較

 

端末に搭載されている便利機能を比較した表は以下の通りです。

見ての通り、主要な便利機能はどちらの機種にも全て搭載されています。

 

特に顔認証・虹彩認証とワイヤレス充電「Qi」に対応している点は非常に優秀ですね。

 

機能S9+
(SCV39)
S9
(SCV38)
ワンセグ
フルセグ
おサイフ
ケータイ
指紋認証
顔認証
虹彩認証
ハイレゾ
ワイヤレス
充電

 

端末価格の比較

 

最後に、各種割引適用後の端末代金実質負担額を比較します。

 

S9+
(SCV39)
S9
(SCV38)
端末価格¥112,320¥95,040

 

上表の通り、端末価格はGalaxy S9(SCV38)の方が17,000円ほど安いです。

ただし、上記は割引適用前の定価なので、割引が適用されれば価格差は縮まります。

 

私の評価

 

私の評価は「この価格差ならGalaxy S9+(SCV39)の方がおすすめ」です。

 

スペックで大きな差が出るのはカメラです。

Galaxy S9(SCV38)はシングルカメラでしたが、Galaxy S9+(SCV39)はデュアルレンズカメラになりました。

2つのレンズがあることで撮影の幅が大きく広がりますので、カメラにこだわる方はGalaxy S9+(SCV39)がおすすめです。

 

その他、大きな差があるのはGalaxy S9+のメモリーRAMが6GBになったくらいで、他はほぼかわりません。

 

一方、気になる端末価格の差は約17,000円です。

割引適用後の実質負担額は半額程度になるため、実際の価格差は10000円以下です。

 

この価格差を大きいと見るか小さいと見るかは意見が分かれそうですが、私は小さいと判断しました。

価格がこれだけしか変わらないのであれば、せっかくなので最高峰の性能を備えたGalaxy S9+(SCV39)にしたほうがお得と思います。

 

ただし、Galaxy S9(SCV38)も超ハイスペックなスマホです。

Galaxyにしたい、でも価格はできるだけ抑えたいという方は、Galaxy S9(SCV38)でも全く問題ないと思います。

 

▼SCV39・SCV38を詳しく比較▼

au公式オンラインサイトへ

 

 

【必見】auスマホ料金の節約技

 

auスマートバリューは必須

 

 

auのスマホ・ケータイやタブレットを契約中の方には、月額料金のお得な節約技があります。

それは、auスマートバリューです。

 

auスマートバリューとは

 

auスマートバリューとは、auのスマホ・ケータイ・タブレットと、光回線である「auひかり」をセットで契約することで、月額料金が毎月割引になる制度です。

 

auスマートバリューの割引は、契約1回線ごとに適用されます。

よって、例えば家族4人でauのスマホを契約している場合には、4人全員に割引が適用されるのです。

 

auスマートバリューの割引額

 

auスマートバリューの割引額は以下の通りです。

 

契約プラン(スマホ)割引額
auピタット
プラン
・シンプル
(1GBまで)
対象外
・スーパーカケホ
・カケホ
(2GBまで)
500円/月
・スーパーカケホ
・カケホ
・シンプル
(2~20GBまで)
1,000円/月
・auフラットプラン20/30
・auフラットプラン25 Netflix
・データ定額1
934円/月
・データ定額2/3
・ジュニアスマートフォン
・カケホ (3Gケータイ・データ付)
・データ定額5/20
2年間
1,410円/月
3年目以降
934円/月
・LTEフラット
・ISフラット
・データ定額8
・プランF(IS)シンプル
・データ定額302年間
2,000円/月
3年目以降
934円/月

 

ドコモ・ソフトバンクにもauスマートバリューと同様の割引制度があります。

スマホと光回線のセット割引は、ドコモ・au・ソフトバンクでスマホを契約している方には必須の割引なのです。

 

auひかりでキャッシュバック

 

 

これからauひかり(auスマートバリュー)を契約しようと考えている方には、さらにお得な裏技があります。

それは、auの店舗や家電量販店でauひかりに申し込むのではなく、auの正規代理店から申し込むことで高額キャッシュバックをもらう方法です。

 

例えば私が最もおすすめのauの正規代理店「NNコミュニケーションズ」なら、auひかり申し込みで最大50,000円のキャッシュバックがもらえます。

 

<キャッシュバック額>

光回線+
ひかり電話
光回線のみ
ホームタイプ
(戸建て)
¥50,000¥43,000
マンション
タイプ
¥45,000¥38,000

 

さらにNNコミュニケーションズなら、KDDIが実施している公式キャンペーンも適用されて2重取りできますし、余計なオプション加入も不要です。

また、キャッシュバックは手続き不要で翌々月末には振り込まれます

 

  • icon-circle-o 最大50,000円キャッシュバック
  • icon-circle-o 余計なオプションの加入不要
  • icon-circle-o キャッシュバック手続き不要
  • icon-circle-o 翌々月末に振り込み
  • icon-circle-o 電話で丁寧なサポート
  • icon-circle-o 公式キャンペーンも2重で適用
  • icon-times 公式じゃないから不安?
  • icon-times 申し込みはネット・電話のみ

 

高額キャッシュバックがもらえる場合は、余計や有料オプションに加入が必須か、キャッシュバックの申請手続きが複雑でもらい忘れを狙っているかのどちらかです。

ですが、ここならどちらも心配いりません。

 

auひかりは必ずここから申し込みましょう。

 

▼一番お得な申し込み方法▼

auひかり 申し込みサイトへ

 

▼オプション不要で高額還元▼

 

SCV39購入はau公式オンラインショップで

 

以上、auから発売中のGalaxy S9+(SCV39)の解説でした。

 

最先端のCPU「Snapdragon845」+6GBメモリーを搭載しており、デュアルカメラの性能もピカイチです。

まだ、画質やサウンドにもこだわっており、動画やゲームにも最適です。

 

auのスマホ購入・機種変更は「au公式オンラインサイト」が断然おすすめです。

来店不要で24時間いつでも手続きできますし、待ち時間も不要です。

ぜひご利用ください!

 

▼SCV39を購入・詳細を確認▼

au公式オンラインサイトへ

 

 

au
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-