Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

BIGLOBEモバイルの評判・口コミ【2019年最新】通信速度やデメリットも解説

 

本記事では、料金を大幅に削減できる人気の格安SIM「BIGLOBEモバイル」(旧:ビッグローブSIM)の評判・口コミ、通信速度やメリット・デメリットまで、その全てを完全解説します。

 

「この記事を読めば、BIGLOBEモバイルのことは何でもわかる!」といえるくらい詳しく・わかりやすく解説しています。

ぜひ参考にしてください!

 

▼BIGLOBEモバイルに申し込む▼

 

  1. BIGLOBEモバイルってどんな格安SIM?
    1. BIGLOBEモバイルとは?
    2. 2017年にauのKDDIグループに
    3. BIGLOBEモバイルの特徴
    4. 顧客満足度1位の高評価
  2. 私のBIGLOBEモバイルの総合評価
    1. au回線の速度は速い
    2. キャンペーンで料金最安値に
    3. 動画を見るならエンタメフリー
    4. 通話オプションが良心的
    5. ドコモ回線の速度は遅い
  3. BIGLOBEモバイルの速度
    1. タイプAは通信速度が速い
    2. タイプDの速度は遅い(平均程度)
    3. 実際の速度計測結果
    4. 通信速度切り替えは不可
    5. 速度制限時は最大200Kbps
    6. 速度制限解除の方法
    7. タイプAは3日間の速度制限あり
  4. BIGLOBEモバイルのメリット
    1. メリット・長所一覧表
    2. 料金が安い。年6万円節約可能
    3. ドコモ・au・ソフトバンクから年間6万円節約可能
    4. 契約初月は月額料金無料
    5. 最低利用期間が1年と短い
    6. 契約の自動更新もない
    7. ドコモ回線・au回線が選べる
    8. 特にau回線は速度が速い
    9. ドコモ・au端末がそのまま使える
    10. 大容量プランがある
    11. シェアSIMでデータを分け合える
    12. 無料でテザリング可能
    13. 余ったデータを繰り越し可能
    14. 無料でBIGLOBE Wi-Fiが使える
    15. エンタメフリーでYoutube見放題
    16. アプリで通話料が誰でも半額
    17. 10分かけ放題オプションもある
    18. 通話オプションを後から適用可能
    19. 買えるスマホ端末の種類が豊富
    20. キャンペーンで端末が最安級に
    21. 正規版のiPhoneが買える
    22. データSIMは口座振替も可能
  5. BIGLOBEモバイルのデメリット
    1. デメリット・欠点一覧表
    2. 通信速度は大手キャリアに劣る
    3. 特にお昼・朝夕は速度が低下
    4. 通信速度の切り替え不可
    5. au回線は3日間の速度制限あり
    6. 通話完全かけ放題オプションなし
    7. 家族割引がない
    8. キャリアメールは使えない
    9. キャリア決済も使えない
    10. エンタメフリーは画質が制限
    11. LINEのID検索はできない
    12. サポー可能な店舗が少ない
    13. 口座振替はデータSIMのみ
  6. BIGLOBEモバイルの評判・口コミ
    1. 基本料金プランの評判
    2. MNP乗り換えの評判
    3. キャンペーン・キャッシュバックの評判
    4. 光回線のセット割の評判
    5. データ通信速度の評判
    6. エンタメフリーの評判
    7. データ繰り越しの評判
    8. 速度切り替え機能の評判
    9. 通話料金の評判
    10. 通話オプションの評判
    11. シェアSIM(追加SIM)の評判
    12. 最低利用期間・解約手数料の評判
    13. BIGLOBE × iPhoneの評判
    14. 店舗・サポートの評判
  7. BIGLOBEモバイルの料金プラン
  8. BIGLOBEモバイルで使える端末
    1. 取り扱い・おすすめスマホ端末
    2. iPhone7やiPhone6Sも買える
    3. ドコモ・au・ソフトバンクの端末も使える
    4. BIGLOBEでiPhoneが使える
  9. BIGLOBEモバイルのキャンペーン
  10. BIGLOBEモバイル申し込みはこちら!

BIGLOBEモバイルってどんな格安SIM?

 

BIGLOBEモバイルとは?

 

BIGLOBEモバイルとは、BIGLOBE(ビッグローブ)が運営するMVNOサービスの会社です。

 

MVNOとは仮想移動体通信事業者のことです。
スマホや携帯電話などの通信回線をドコモ・auやソフトバンクなどの他の事業者から借りて、通信サービスを提供しています。

 

以前は「BIGLOBE SIM(ビッグローブシム)」という名前でした。

いわゆる「格安スマホ」「格安SIM」の会社ですね。

スマートフォンに挿すSIMカードを、単体、またはスマートフォンとセットで販売しています。

 

2017年にauのKDDIグループに

 

BIGLOBEモバイルは2017年にauを運営するKDDIの傘下に入り、グループ会社になりました。

以前はドコモ回線のみだったのですが、それ以降au回線も取り扱っています。

 

ここからは個人的感想ですが、特に2018年に入ってからau回線を推すようになり、回線速度が向上したり、au回線契約時の特典が豪華になったりしています。

私も現在BIGLOBEモバイルのau回線には非常に注目しています。

 

BIGLOBEモバイルの特徴

 

BIGLOBEモバイルの特徴は大きく3つです。

 

  • au回線の速度が速い
  • キャンペーン適用で最安が多い
  • 動画見放題のエンタメフリー

 

あとで詳しく解説しますが、BIGLOBEモバイルのau回線の速度はなかなか快適です。

 

格安SIMのau回線はUQモバイルの速度が最も速いですが、UQモバイルは2年契約が基本で料金も少々高いのが難点です。

UQモバイルが嫌な方はBIGLOBEモバイルのau回線にしましょう。

 

また、BIGLOBEモバイルではYoutubeやAbemaTV、主要な音楽ストリーミングサービスが見放題・聞き放題になるエンタメフリーが人気です。

エンタメフリーは他の格安SIMにはない独自サービスのため、スマホで動画をよく視聴する方はエンタメフリーを使うためにBIGLOBEモバイルに契約する方も多いです。

 

顧客満足度1位の高評価

 

画像引用:株式会社MM総研

 

BIGLOBEモバイルは、実際に契約している顧客や、格安SIM・MVNOの専門家の間で高い評価を得ています。

 

また、数々の調査で優秀な賞を受賞しており、実際に使用した方や専門家からのお墨付きの格安SIMといえます。

  • 顧客総合満足度総合1位(MM総研調べ)
  • MVNO格安SIMの市場動向調査「データ通信の品質・安定性」2年連続1位

 

▼BIGLOBEモバイルに申し込む▼

 

私のBIGLOBEモバイルの総合評価

 

BIGLOBEモバイルに対する私の評価は以下の通りです。

 

  • au回線の速度は速い
  • キャンペーンで料金最安値に
  • 動画見るならエンタメフリー
  • 通話オプションが良心的
  • ドコモ回線はau回線に比べて遅い

 

au回線の速度は速い

 

格安SIMで最も気になるのが通信速度です。

2018年の夏~秋にかけての回線増強により、BIGLOBEモバイルのau回線の速度はかなり快適になりました。

 

私も実際に計測しましたが、通常は15~30Mbps程度出ています。

最も回線が混雑する平日お昼の時間帯でも1Mbpsを下回ることはなく、通常使いには十分です。(他の格安SIMは大体0.4~0.7Mbps程度)。

 

私も通信速度は非常に重視していますが、主要な格安SIMで速いといえるのは「ワイモバイル」「UQモバイル」「LINEモバイル(ソフトバンク回線)」とBIGLOBEモバイルのau回線の4つのみです。

ワイモバイル・UQモバイル・LINEモバイルのソフトバンク回線はかなり速いですが、BIGLOBEモバイルのau回線はそれに次ぐ速度が出ています。

 

さらに、BIGLOBEモバイルはauを運営するKDDIの傘下に入りましたので、au回線は今後も快適な速度が続くのではないかと予想しています。

 

キャンペーンで料金最安値に

 

BIGLOBEモバイルの音声通話SIMは、年間を通して何らかのキャンペーンを実施しています。

 

特に毎月の料金が割引になるキャンペーンが豪華で、キャンペーンを適用すると2年間の支払い総額は格安SIM最安レベルに安くなります。

この月額料金割引キャンペーンはほとんど年中実施していますので、いつ申し込んでも大体お得です。

 

また、さらに初期費用無料キャンペーンもまれに実施しますので、この2つのキャンペーンが重なったタイミングに申し込めばかなりお得に申し込めます。

詳細記事BIGLOBEモバイルのキャンペーン情報

 

動画を見るならエンタメフリー

 

 

BIGLOBEモバイルにはエンタメフリーというオプションが用意されています。

これは、YoutubeやAbemaTVなどの動画サービス、Apple MusicやGoogle Play Musicなどの音楽ストリーミングサービス、radiko.jpなどのラジオ視聴がカウントフリー(データ容量を消費しない)になるオプションです。

 

特に、データ容量を最も消費する動画視聴もカウントフリーになるのが嬉しいですね。

よくYoutubeを見るかたはエンタメフリーは大変おすすめです。

詳細記事BIGLOBEモバイルのエンタメフリー解説

 

通話オプションが良心的

 

BIGLOBEモバイルにはお得な通話オプションが用意されています。

3分または10分のかけ放題と、60分または90分の無料通話がつく「通話パック60/90」です。

 

<通話オプション一覧>

オプション月額料金
通話パック60¥650
通話パック90¥830
3分かけ放題¥650
10分かけ放題¥830

 

このラインナップ自体は平凡です。

しかし、BIGLOBEモバイルは「当月の通話状況を見てあとから通話オプションに加入できる」という良心的な仕組みになっています。

 

月途中に通話オプションに加入した場合、他の格安SIMキャリアは翌月から適用されるか、加入後の通話に対してのみ適用されるかのどちらかです。

 

しかし、BIGLOBEモバイルは月途中に加入しても当月にさかのぼってオプションを適用してくれます。

よって、当月の通話状況を見て、オプションに加入したほうが得か、そのままの方が得か判断できます。

 

この仕組みを採用しているのは主要な格安SIMではBIGLOBEモバイルのみです。

特に通話が多い方はBIGLOBEモバイルなら通話料金を削減できる可能性があります。

 

ドコモ回線の速度は遅い

 

冒頭で、BIGLOBEモバイルのau回線は格安SIMの中でも比較的速度が速いと説明しました。

一方、BIGLOBEモバイルのドコモ回線の速度はau回線に比べて遅いです。

 

格安SIMの中では平均的な速度で、他社に比べて特別に遅いわけではありませんが、速度にこだわる方にはおすすめしません。

 

どうしてもドコモ回線を使いたい方は楽天モバイルがよいでしょう。

(ただし楽天モバイルも通信速度が速いというわけではなく、まだマシというレベルです。)

 

「SIMロック解除していないドコモ端末を使う」「ドコモしか繋がらないエリアに住んでいる」という場合以外はドコモ回線を選ばざるを得ません。

しかし、それ以外はワイモバイル・UQモバイル・LINEモバイル(ソフトバンク回線)・BIGLOBEモバイル(au回線)のどれかを選びましょう。

詳細記事格安SIMのおすすめはこの4社だ!

 

 

BIGLOBEモバイルの速度

 

通信速度は地域や周囲の環境によって異なります。大きな傾向は変わらないと思いますが、具体的な速度などは参考程度にとどめてください。

 

タイプAは通信速度が速い

 

BIGLOBEモバイルはau回線のタイプAとドコモ回線のタイプDがありますが、タイプAの方が圧倒的に速度が速いです。

 

通常時の速度

 

タイプAは通常時はワイモバイル・UQモバイルどころか、ドコモ・au・ソフトバンクと同じくらいの速度が出ています。

youtubeで高画質動画を見ていても全く途切れません。

格安SIMでは「ワイモバイル」「UQモバイル」「LINEモバイル(S)」と並んでおすすめできる格安SIMのひとつです。

 

▼タイプAは非常に高速▼

 

混雑時(お昼)の速度

 

ただ、お昼12時~13時は通常時に比べて大きく落ち込みます

ワイモバイル・UQモバイル・LINEモバイルと比べた場合、au回線の通常時の速度は同じか速いくらいなのですが、お昼や朝夕の通勤時間帯は大きく差をつけられてしまいます。

 

▼速度イメージ▼

キャリア通常時混雑時
BIGLOBE
(au回線)
20~60
Mbps
1~3
Mbps
ワイモバイル
UQモバイル
LINEモバイル(S)
20~60
Mbps
3~20
Mbps

混雑時の落ち込みは大きい

 

しかし、ワイモバイル・UQモバイルなどを除いた他の格安SIMキャリアが0.5Mbps前後なのに対し、BIGLOBEモバイルはおおむね1Mbps近く出ています。

(まれに0.6~0.9Mbpsくらいのときもありますが)

 

混雑する時間帯は限られますので、動画視聴などさえ我慢すれば、WEBやSNSの閲覧には十分な速度だと思います。

 

BIGLOBEモバイルは2017年にKDDIのグループ会社となり、au回線の増強を繰り返しています。

関係者の方とお話しすると、今後も速度維持には自信を持っていらっしゃるようでした。

私の感覚的にも、少なくとも1~2年は大丈夫だと思います。

 

BIGLOBEモバイルのタイプA(au回線)は速度面でなかなかおすすめです。

 

▼タイプAは結構速い▼

 

タイプDの速度は遅い(平均程度)

 

一方、BIGLOBEモバイルのタイプD(ドコモ回線)の通信速度は、タイプAに比べて大きく劣ります。

 

通常時で1Mbps~2.5Mbps、混雑時は0.5Mbps程度です。

ドコモ回線を使った格安SIMキャリアの中では平均的な速度ですが、タイプAやドコモ・au・ソフトバンクに比べるとかなり遅いです。

 

▼速度イメージ▼

キャリア通常時混雑時
BIGLOBE
モバイル
(D)
1~2.5Mbps0.5Mbps

 

私も使っていますが、お昼12時~13時はもちろん、通常時でもWEBサイトの表示が遅かったり、Twitterの画像が表示されなかったりします。

あまりスマホを使わない方はこの程度の速度で十分なのかもしれませんが、タイプAが高速なのに比べると大きく見劣りします。

タイプDもタイプAも料金は同じですので、BIGLOBEモバイルを契約したい方はよほどの事が無い限りタイプAの方がよいです。

 

どうしてもドコモ回線が良い場合や、SIMロック解除していないドコモ端末を使いたい場合は少々マイナーですがNifMoがよいでしょう。

 

▼タイプDよりAが断然おすすめ▼

 

実際の速度計測結果

 

タイプAの通信速度

 

ここでは、私が実際に計測した通信速度の記録を載せておきます。

スマホの通信速度は地域や周囲の環境によって大きく異なりますので、参考程度にしてください。

 

<タイプAの速度計測結果(更新中)>

タイプA
日付時間速度
(Mbps)
11月30日金12:351.50
15:0086.30
20:309.10
23:0055.30
12月3日月10:0071.86
12月4日火10:4564.23
12:301.70
12月5日水10:5055.17
12:251.13
17:307.55
12月6日木10:3059.53
12月7日金12:300.88
19:3010.06
12月8日土18:007.07

※塗りつぶしは、最も回線が混雑する12~13時の計測結果

 

上表の通り、通常時は50Mbpsを超えた速度が出ることもあります。

同条件で計測したワイモバイルやUQモバイルよりも速いことも多いです。

 

一方、お昼12時~13時や朝夕の通勤時間帯は大きく速度が落ちます。

それでも他の格安SIMより速いのですが、ワイモバイルやUQモバイル、LINEモバイル(S)はここまで大きく遅くなりません。

 

タイプDの通信速度

 

<タイプDの速度計測結果(更新中)>

タイプD
日付時間速度
(Mbps)
11月21日水16:002.24
11月22日木18:000.80
11月27日火12:300.30
11月29日木12:450.50
11月30日金12:400.36
15:001.95
12月3日月10:002.14
12月4日火10:502.13
12:300.33
12月5日水10:452.28
12:300.33
17:301.22
12月6日木10:303.40
12月7日金12:300.33

※塗りつぶしは、最も回線が混雑する12~13時

 

タイプDは、ワイモバイル・UQモバイル・LINEモバイル(S)を除いた他の格安SIMと同じくらいの平均的な速度です。

他の格安SIMキャリアも大体このくらいですが、タイプAの速度が速いだけに非常に遅く感じます。

 

通常時は1~2.5Mbps程度、混雑時は0.5Mbpsを割り込む事も多いです。

 

通信速度切り替えは不可

 

BIGLOBEモバイルに通信速度の切り替え機能はありません。

 

他の格安SIMでは、通信速度を高速・低速に切り替える機能があります。

通常は高速で通信しますが、マイページやアプリで低速に切り替えると、通信速度が200Kbps程度に制限されるかわりに、データ容量を消費しないという機能です。

 

LINE・メールのやり取りや音楽ストリーミングは低速で十分ですので、この機能をうまく使えばデータ容量を節約できるのですが、BIGLOBEモバイルでは不可なので注意してください。

 

速度制限時は最大200Kbps

 

BIGLOBEモバイルをはじめ、スマホキャリアでは月のデータ容量を使い切ると速度制限(通信制限)がかかります。

 

BIGLOBEモバイルでもデータを使い切ると速度制限がかかりますが、速度制限時の速度は最大200Kbpsです。

ワイモバイルなど、最大128Kbpsのキャリアもありますが、BIGLOBEモバイルはわずかに速いです。(といってもあまり差はありません)

 

速度制限解除の方法

 

データを使い切って速度制限がかかった場合は、データ容量を追加チャージすることで速度制限を解除できます。

データチャージによる速度制限解除は、マイページ(アプリ)から可能です。

 

▼アプリで追加チャージ可能▼

 

追加チャージは100MB(0.1GB)で300円ですので、少々割高です。

毎月400MB(0.4GB)以上チャージする方はひとつ上の料金プランに変更したほうが安くなる場合があります。

 

タイプAは3日間の速度制限あり

 

BIGLOBEモバイルのタイプA(au回線)は直近3日間のデータ使用量が6GBを超えると通信制限(速度制限)がかかる可能性があります。

 

BIGLOBEモバイルには20GB・30GBといった大容量プランもあるので、3日間で6GBは現実的に起こります。

よって、常に気にする必要があるのがデメリットです。

 

ただし、3日間で6GBを超えたからといって必ず通信制限がかかるわけではありません。

「通信回線の混雑状況を見て制限を実施」となっていますので、速度制限がかからない可能性もあります。

 

なお、タイプD(ドコモ回線)にこの3日間の速度制限はありません

 

▼BIGLOBEモバイルに申し込む▼

 

BIGLOBEモバイルのメリット

 

メリット・長所一覧表

 

BIGLOBEモバイルの主なメリット・長所は以下の通りです。

 

  • icon-circle-o 年6万円節約可能な料金の安さ
  • icon-circle-o 契約初月は月額料金無料
  • icon-circle-o 最低利用期間が1年と短い
  • icon-circle-o ドコモ回線・au回線が選べる
  • icon-circle-o 特にau回線は速度が速い
  • icon-circle-o 大容量プランがある
  • icon-circle-o データを分け合えるシェアSIM
  • icon-circle-o テザリングが無料で可能
  • icon-circle-o 余ったデータを繰り越し可能
  • icon-circle-o 無料でBIGLOBE Wi-Fiが使える
  • icon-circle-o エンタメフリーでYoutube見放題
  • icon-circle-o 通話オプションを後から適用可能
  • icon-circle-o 正規版のiPhoneが買える
  • icon-circle-o 端末はキャンペーン適用で最安級

 

ここからまず、上記を含めたBIGLOBEモバイルのメリットを詳しく解説していきます。

 

▼BIGLOBEモバイルに申し込む▼

 

料金が安い。年6万円節約可能

 

BIGLOBEモバイルの最大のメリットは、なんといってもその料金の安さです。

月3GBのデータが使える音声通話付きのSIMが、なんと月額1,400円から使えます。

 

<音声通話SIM>

データ容量基本料金
1GB¥1,400
3GB¥1,600
6GB¥2,150
12GB¥3,400
20GB¥5,200
30GB¥7,450

 

さらに、データSIMなら月額900円で3GB使えます。

 

<データ専用・SMS付SIM>

容量データSMS付
1GB
3GB¥900¥1,020
6GB¥1,450¥1,570
12GB¥2,700¥2,820
20GB¥4,500¥4,620
30GB¥6,750¥6,870

 

この圧倒的な料金の安さがBIGLOBEモバイルのメリットです。

 

ドコモ・au・ソフトバンクから年間6万円節約可能

 

特に現在ドコモ・au・ソフトバンクのスマホを契約している方は、毎月のスマホ代を大幅に削減することができます。

 

例えば私の場合、以前契約していたドコモでは月5GBのプランで毎月8,000円ほど支払っていました。(端末代除く)

電話はほとんどしなかったにもかかわらず、この値段です。

 

しかし、BIGLOBEモバイルだと6GB使えて毎月2,150円。

10分までの国内通話が何回でも無料になるオプションをつけても2,980円です。

 

月5,000円、年間だと6万円以上の節約になります。

家族全員でBIGLOBEモバイルに乗り換えれば、さらに節約できるのが大きなメリットです。

 

契約初月は月額料金無料

 

BIGLOBEモバイルはもともと安いのですが、さらに契約初月の月額料金が無料になっています。

月初に申し込めば、その月は無料でデータ通信を楽しむことができます。

ちなみに、端末代金の分割支払も初月は無料です。

 

契約初月の料金
有料無料
初期費用月額料金
通話料端末料金
SMS送信料

 

▼BIGLOBEモバイルをチェック▼

 

最低利用期間が1年と短い

 

BIGLOBEモバイルの最低利用期間、いわゆる「縛り期間」は1年です。

 

他の格安SIMもほぼ1年で、中にはOCNモバイルONEのように最低利用期間が半年のキャリアもありますので、格安SIMキャリアと比較しても大きな長所とはいえません。

 

しかし、ドコモ・au・ソフトバンクやワイモバイル・UQモバイルの最低利用期間は2年ですので、これらと比べるとBIGLOBEモバイルは半分で済むのがメリットです。

 

契約の自動更新もない

 

BIGLOBEモバイルには契約の自動更新もありません。

 

ドコモ・au・ソフトバンクやワイモバイル・UQモバイルでは、2年経過後に何もしなければ更に2年間の契約が自動更新されてしまいます。

しかし、BIGLOBEモバイルは1年の最低利用期間を終えると、あとはいつ解約・MNP転出しても違約金はかかりません

契約の自動更新がなく安心なのがBIGLOBEモバイルのメリットです。

 

▼BIGLOBEモバイルをチェック▼

 

ドコモ回線・au回線が選べる

 

BIGLOBEモバイルではau回線のタイプAと、ドコモ回線のタイプDを選択することができます。

 

au・ドコモの回線はどちらもカバー範囲が非常に広いのが特徴ですが、地域によってはつながりやすさに差があります。

そんな場合も、電波の繋がりやすさや好みに応じて回線を選べるのがメリットです。

 

特にau回線は速度が速い

 

BIGLOBEモバイルではドコモ回線とau回線が選べますが、最近はau回線の速度が快適です。

2018年夏ごろからau回線の増強が行われ、速度がぐっと上がりました。

速度が不安な格安SIMの中でも、BIGLOBEモバイルの快適なau回線は大きなメリットです。

 

ドコモ回線も特段遅いというわけではありませんが、BIGLOBEモバイルを契約するなら現在はau回線がおすすめですね。

 

▼速度快適のBIGLOBEに契約する▼

 

ドコモ・au端末がそのまま使える

 

前章で解説したとおり、BIGLOBEモバイルではドコモ回線・au回線が選択できます。

そのため、ドコモ・auで購入したスマホ端末はSIMロック解除なしでそのまま使えるのもメリットです。

 

ドコモで購入した端末にドコモ回線のSIMを挿せばSIMロック解除は不要です。

同様にauやUQモバイルで購入した端末をau回線で使えばSIMロック解除が不要です。

 

<SIMロック解除要否>

端末
購入元
タイプA
(au回線)
タイプD
(ドコモ回線)
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
au不要
ソフトバンク

 

ドコモ・au・ソフトバンクからの乗り換え手順は下記記事に詳しくまとめています。

詳細記事BIGLOBEモバイルにMNPで乗り換える全手順

 

大容量プランがある

 

 

BIGLOBEモバイルのメリットのひとつに、大容量プランがあることが挙げられます。

20GB・30GBのプランがあり、動画をよく見る方にもぴったりです。

 

月末になるとデータ容量を追加購入している方や、別途モバイルルーターを契約している方は、BIGLOBEモバイルの大容量プランにすれば料金を節約できます。

 

シェアSIMでデータを分け合える

 

BIGLOBEモバイルには、大容量プランを契約し、SIMカードを追加して容量を分け合う「シェアSIM」というサービスもあります。

家族でスマホを使う場合は、それぞれが契約するより大容量プランの容量を分け合うことで料金を節約できます。

 

使いようによっては家のネット回線の契約が不要になり、固定費を節約することも可能です。

 

▼シェアSIMの詳細をチェック▼

 

無料でテザリング可能

 

BIGLOBEモバイルはテザリングが無料でできます。

 

ドコモ・au・ソフトバンクではテザリングが有料化の方向に進んでいます。

しかし、BIGLOBEモバイルならオプション料金なし・申し込み不要でテザリングできます。(データ容量は消費しますので注意)

 

余ったデータを繰り越し可能

 

 

BIGLOBEモバイルでは余ったデータ容量を翌月に繰り越せるのがメリットです。

しかも、翌月は繰り越したデータから先に消費されるため、無駄なく使うことができるのです。

※翌月に繰り越せるのは契約した容量まで(例:3GB契約の方は3GBまで繰り越し可能)

 

無料でBIGLOBE Wi-Fiが使える

 

 

BIGLOBEモバイルで6GB以上のSIMカードを契約された方は、「BIGLOBE Wi-Fi」が無料で利用できます

BIGLOBE Wi-Fiといってもあまり有名ではないかもしれませんが、スターバックスやプロント、ロッテリア、タリーズコーヒー、セブンイレブンなどをはじめとした、全国83,000ヵ所に設置されています。

 

無料の専用アプリをインストールしておけば、自動で接続してくれますので、データ容量を簡単に節約することができます。

これは非常に嬉しいメリットです。

※6GB以上の契約の方は無料、それ以外は月額250円 

 

▼BIGLOBEモバイルをチェック▼

 

エンタメフリーでYoutube見放題

 

 

BIGLOBEモバイルの最大のメリットがこの「エンタメフリーオプション」です。

音声通話機能付きSIMで3GB以上を契約している方なら、月480円の追加料金でYoutubeやAbemaTVが見放題になります。

 

これらの動画閲覧や音楽視聴で消費したデータはカウントされません。

データ通信のなかで最もデータ容量を食うのが動画閲覧ですが、中でも一番人気のあるYoutubeも対象なのが嬉しいです。

 

<エンタメフリー対象サービス>

  • 動画:Youtube、AbemaTV、U-NEXT
  • 音楽:Google Play Music、Apple Music、Spotify、AWA、Amazon Music
  • ラジオ:radiko.jp

 

詳細記事BIGLOBEモバイルのエンタメフリーを解説

 

アプリで通話料が誰でも半額

 

 

BIGLOBEモバイルは国内通話料金が大変お得です。

通常、国内通話は30秒毎に20円の通話料がかかります。

しかし、専用のアプリ「BIGLOBEでんわ」から電話をかければ、誰でも無料で通話料が半額の10円/30秒になります。

 

「専用アプリから掛ける」と言われると面倒な気がしますが、アプリを起動して電話番号をタップするだけ。

電話帳もそのまま使えますし、通常に電話を掛けるのと全く同じ手間で通話料を半額にできるのがメリットです。

 

10分かけ放題オプションもある

 

 

前章で説明したとおり、国内通話の料金はアプリを使うと10円/30秒ですが、よく電話をする方はお得な通話定額オプションを追加できます。

無料通話がつく「通話パック60・90」、または「国内通話3分・10分かけ放題」と、複数から選べるのがメリットですね。

 

通話定額オプションを追加する場合、下記のオプション料金が加算されます。

 

オプション月額料金
通話パック60¥650
通話パック90¥830
3分かけ放題¥650
10分かけ放題¥830

※価格は税抜

 

通話オプションを後から適用可能

 

更に大きなメリットが、この通話オプションはどちらも月末に申し込めば月初にさかのぼって計算してくれます。

つまり、月末になって「今月通話が多かったな…」という時にこのオプションを申し込めば、その月の通話料がお得になります。

 

さらにさらに、このプランは申込・解約が自由なので、好きな月だけ申し込み、不要になれば解約できます。

スマホキャリアには珍しい、非常に親切な設計ですね。

 

▼BIGLOBEモバイルをチェック▼

 

買えるスマホ端末の種類が豊富

 

 

BIGLOBEモバイルでは手持ちの端末を使うこともできますが、BIGLOBEモバイルでスマホを購入できます。

その際、BIGLOBEモバイルは取り扱いスマホの種類が多いのがメリットです。

 

AndroidのSIMフリースマホで、2018年に最も売れる事が確実な「HUAWEI P20 lite」や、2018年9月発売の「HUAWEI nova 3」、国産の大人気機種「AQUOS sense plus」など、人気端末が多数揃っています。

 

BIGLOBEモバイルのおすすめスマホは下記記事に詳しくまとめています。

詳細記事BIGLOBEモバイルのおすすめ端末ランキング

 

キャンペーンで端末が最安級に

 

BIGLOBEモバイルは格安SIMで最安レベルの端末価格なのがメリットです。

 

定価自体は普通ですが、年中お得なキャンペーンを実施しており、キャンペーンを考慮すると最安レベルになります。

最新端末や人気端末も全てキャンペーン対象になりますので、ぜひご利用ください!

 

現在実施中のキャンペーンは下記記事に詳しくまとめています。

詳細記事BIGLOBEモバイルで実施中のキャンペーン一覧

 

正規版のiPhoneが買える

 

 

BIGLOBEモバイルではiPhone7・iPhone SE・iPhone6Sが買えるのがメリットです。

 

しかも他の格安SIMキャリアのように海外モデルのCPO品(メーカー認定整備済み品)ではありません。

BIGLOBEモバイルのiPhoneは国内モデルの正規版(新品)です。

 

さらに、iPhoneにもお得なキャンペーンが適用され、2年間毎月1,050円の割引(総額25,200円割引)が適用され、格安でiPhone端末が購入できます。

 

2018年末にはiPhone7が発売されました。

また、iPhoneSEはアップルストアでの販売が終了になりどこも在庫が少なくなっていますが、BIGLOBEモバイルなら全色・全容量の在庫があります。

 

ただし、在庫はいずれなくなりますので、契約検討中の方はお急ぎください!

 

▼正規版のiPhoneを購入▼

 

データSIMは口座振替も可能

 

BIGLOBEモバイルのデータSIM・SMS付SIMはクレジットカードだけでなく、口座振替で料金を支払うことも可能です。

口座振替で料金が支払える格安SIMは限られていますので、大きなメリットです。

 

ただし、音声通話SIMはクレジットカードによる支払いのみです。

 

▼BIGLOBEモバイルをチェック▼

 

BIGLOBEモバイルのデメリット

 

デメリット・欠点一覧表

 

BIGLOBEモバイルのデメリットは以下の通りです。

 

  • icon-times お昼・朝夕は通信速度が低下
  • icon-times 通信速度の切り替え不可
  • icon-times au回線は3日間の速度制限あり
  • icon-times 家族割引がない
  • icon-times キャリアメールは使えない
  • icon-times キャリア決済も使えない
  • icon-times エンタメフリーは画質が制限
  • icon-times サポートが受けられる店舗が少ない
  • icon-times 口座振替はデータSIMのみ

 

ここから、BIGLOBEモバイルのデメリットについて詳しく解説していきます。

 

通信速度は大手キャリアに劣る

 

BIGLOBEモバイルを含め、格安SIMキャリアの通信速度はドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアには劣ります

これはBIGLOBEモバイルだけでなく、格安SIM全体のデメリットです。

 

BIGLOBEモバイルのau回線は速度が快適といってきましたが、au回線でもドコモ・au・ソフトバンクやワイモバイル・UQモバイルに比べると速度は劣ります。

au回線だとほとんどの方は問題ないと思いますが、速度に強くこだわる方はよく検討が必要です。

 

特にお昼・朝夕は速度が低下

 

BIGLOBEモバイルの通信速度は普段使いには十分な速度です。

ただし、お昼12時~13時や朝夕の通勤時間帯は速度が低下します。

これも格安SIM全体のデメリットです。

 

速度が低下する時間は限られていますが、この時間によくデータ通信を利用する方は高い料金を払ってでもドコモ・au・ソフトバンクに残りましょう。

もしくは、格安SIMの中ではワイモバイルUQモバイルLINEモバイル(ソフトバンク回線)の速度が快適です。

 

▼BIGLOBEモバイルをチェック▼

 

通信速度の切り替え不可

 

他の格安SIMキャリアには、データ通信速度を高速・低速に切り替える機能がある場合があります。

しかしBIGLOBEモバイルには通信速度の切り替え機能がありません。

ここは少々残念なデメリットです。

 

au回線は3日間の速度制限あり

 

BIGLOBEモバイルのau回線は直近3日間のデータ使用量が6GBを超えると通信制限(速度制限)がかかる可能性があります。

 

BIGLOBEモバイルには20GB・30GBといった大容量プランもあるので、3日間で6GBは現実的に起こります。

よって、常に気にする必要があるのがデメリットです。

 

ただし、3日間で6GBを超えたからといって必ず通信制限がかかるわけではありません。

「通信回線の混雑状況を見て制限を実施」となっていますので、速度制限がかからない可能性もあります。

 

また、ドコモ回線にこの3日間の速度制限はありません

 

▼BIGLOBEモバイルをチェック▼

 

通話完全かけ放題オプションなし

 

BIGLOBEモバイルには10分かけ放題オプションはありますが、完全かけ放題のオプションはありません

頻繁に通話する方にとってはデメリットです。

 

完全かけ放題オプションはワイモバイルの「スーパー誰とでも定額」か、イオンモバイルの「050かけ放題オプション」を選択しましょう。

 

家族割引がない

 

BIGLOBEモバイルには家族割引はありません。

その分データ容量をシェアできるサービスはあるのですが、個別にデータ容量を使いたいという方にはデメリットです。

 

家族割は、毎月500円の割引になるワイモバイルやUQモバイルが充実していますね。

 

▼BIGLOBEモバイルをチェック▼

 

キャリアメールは使えない

 

BIGLOBEモバイルを含め、格安SIMキャリアではキャリアメールが使えないのがデメリットです。

 

キャリアメールとは、「~@docomo.ne.jp」「~@au.com」といった、キャリア独自のドメインで使えるメールです。

このキャリアメールがないと使えないサービスもあるため、BIGLOBEモバイルにサービスがないのはデメリットです。

 

キャリアメールが必要な方は無料で使えるワイモバイルか、月額200円で使えるUQモバイルにしましょう。

 

キャリア決済も使えない

 

BIGLOBEモバイルではキャリア決済も使えないのもデメリットです。

「ドコモSPモード決済」「auかんたん決済」などによる支払いはできませんので、キャリア決済での支払いが必須なサービスは使用できません。

 

キャリア決済もワイモバイル・UQモバイルなら使えます。

 

▼BIGLOBEモバイルをチェック▼

 

エンタメフリーは画質が制限

 

 

メリットでも解説しましたが、BIGLOBEモバイルの大きな特徴としてYoutubeやAbemaTVなどの通信量がカウントされない「エンタメフリー」というオプションがあります。

このオプションは非常に人気ですが、このエンタメフリーはあくまでスマホ向けのサービスのため、画質が制限されています。

 

スマホで見る分には問題ないのですが、タブレットなどで観ようとすると画質が少々粗くなりますので注意してください。

 

エンタメフリーオプションの画質については下記記事に詳しくまとめています。

詳細記事エンタメフリーの画質はどのくらい?

 

LINEのID検索はできない

 

これはほとんどの格安SIM共通のデメリットです。

BIGLOBEモバイルを含め、ほとんどの格安SIMキャリアではLINEの年齢認証ができないため、ID検索ができません。

 

格安SIMでID検索ができるのは「ワイモバイル」と「LINEモバイル」のみです。

 

サポー可能な店舗が少ない

 

こちらも多くの格安SIMキャリア共通のデメリットです。

BIGLOBEモバイルは店舗が少ないため、困ったときにすぐに対面でサポートを受けることができません。

 

何か困ったことがあったら、電話かチャットでサポートを受けることになります。

対面でのサポートじゃないと不安という方には少々辛いかもしれません。

 

ただ、格安SIMの中にはほとんど店舗が無いところもあるのですが、BIGLOBEモバイルはサポートが受けられる店舗が少ないながらもあります。

また、徐々に店舗数も増えていますので、今後は充実するかもしれません。

 

口座振替はデータSIMのみ

 

BIGLOBEモバイルの料金支払いはクレジットカードと口座振替が選べます。

しかし、口座振替はデータSIM・SMS付SIMの支払いのみです。

 

音声通話SIMの場合はクレジットカードのみなのがデメリットです。

 

▼BIGLOBEモバイルをチェック▼

 

BIGLOBEモバイルの評判・口コミ

 

ここでは、BIGLOBEモバイルを実際に契約している方の評判・口コミを集めました。

 

基本料金プランの評判

 

使用者の口コミの中で何より多いのが「料金が安い」という意見。

特に3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から乗り換えると、その料金の安さに驚きます。

最近では3大キャリアでも格安SIMへの対抗策として安いプランが出てきましたが、それでもまだまだ安いです。

 

夫が来月BIGLOBEモバイルに変えるらしい。
2人とも今までauで月々1万以上払ってたけどこれからは月4~5000円代。安い。
2人で約1万節約!!

 

とにかく通信料を抑えられるのがBIGLOBEモバイルの魅力ですね。

 

MNP乗り換えの評判

 

BIGLOBEモバイルを含めた格安SIMへは、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアから番号そのままで乗り換えてくる方が多いです。

3大キャリアで使っていた番号そのままで移行できますし、使っていたスマホをそのまま使うこともできます。

 

BIGLOBE、なにこれすんげー安い、、docomoの回線だし番号そのままだし、、しかし手続きもネットでなんかちょっと不安だけど、よーく読んで確認したら大丈夫かなー。検討してみよ。。来春にはdocomo解約予定だから~

 

キャンペーン・キャッシュバックの評判

 

もともと料金が安いBIGLOBEモバイルですが、さらに割引キャンペーンを適用することができます。

月額料金割引やキャッシュバックなど、常に何らかのキャンペーンを実施しています。

 

f:id:SCANTY:20180321180705p:plain

 

いろいろ調べた末BIGLOBE SIMへMNP。キャッシュバック約12000円+クーポン割引4400円+Gポイント1000Pくらい貰えるらしい。

 

現在実施中のキャンペーンは下記記事に詳しくまとめています。

詳細記事BIGLOBEモバイルのキャンペーンまとめ

 

キャンペーンはほとんど期間限定です。申込みはお早めに!!

 

▼BIGLOBEモバイルをチェック▼

 

光回線のセット割の評判

 

 

ビッグローブ光とセットで月額料金割引

 

BIGLOBEモバイルを契約している方は、家のネットをビッグローブ光にするとスマホ料金がさらに毎月300円割引になります。

これを「光・SIMセット割」と言います。

家族で契約している場合は全員300円割引になりますので、かなりお得です。

 

なんとBIGLOBE光回線ひいてる人はBIGLOBEの格安SIMにすると更に300円安くなるんだよ〜

 

このセット割は意外と知られていないお得ワザです。

ぜひ検討してみてください。

 

ビッグローブ光申し込みでキャッシュバック

 

さらに、下記サイトからビッグローブ光に申し込むと高額キャッシュバックが貰えるキャンペーンも実施中です。

下記サイトなら、25,000円のキャッシュバックが貰えます。

 

オプション加入など一切なしですし、キャッシュバック申請手続きも要らないので貰い忘れもありません。

BIGLOBEモバイルを契約される方は、絶対に家のネットをビッグローブ光にしましょう。

 

 

▼25,000円キャッシュバック中▼

 

データ通信速度の評判

 

次は通信速度に関する口コミです。

これまで解説してきたとおり、BIGLOBEモバイルの通信速度は下記の通りです。

  • au回線:十分速い
  • ドコモ回線:遅い(他の格安SIMと同等)

 

正直、BIGLOBEモバイルの通信速度に関しては遅いという意見ばかりかと予想していましたが、以外に快適という意見が多かったです。

 

毎月恒例の格安SIM(MVNO)速度比較を測定中ですが、先月出たばかりのBIGLOBEモバイルAプランがかなり爆速。
そりゃあ利用者ほとんどいないから当たり前っちゃ当たり前なんだけど、びっくりする位速くてストレスフリーだわ。
これがいつまで持ってくれるかで会社の評判が変わりそうだね。

 

また、ドコモ回線も快適という声もあります。

速度は地域や周囲の環境によって変動するので一概には言えません。

 

nifmoからbiglobeにキャリア変えたら、同じdocomo回線なのに繋がりにくい昼時間が快適に〜

電波届かなかった駅も入るように
\(^o^)/

 

一方で遅いという意見ももちろんチラホラ。

 

BIGLOBEに変えてから回線遅く感じるキャリア回線の方が速いよー

 

通信速度は地域や時間帯によって大きく変動するのである意味仕方がない部分もあります。

速度を気にされる方は3大キャリアのサブブランドで速度がより安定している「ワイモバイル」「UQモバイル」の方がおすすめでしょう。

 

▼BIGLOBEモバイルをチェック▼

 

エンタメフリーの評判

 

BIGLOBEモバイルで人気なのはやはりエンタメフリーオプション。

一番データ容量を消費するYoutubeが、たった480円追加で見放題って嬉しいですね。

 

BIGLOBEモバイルの通称「エンタメSIM」でYouTube見放題は、毎月速度制限に悩まされてる人には魅力的だなぁ
しかも初年度の月額は980円とは。
サブ機として試してみたくてうずうずしてきました(笑)

※データSIMは980円/月、音声SIMは480円/月

 

Youtubeだけでなく、AbemaTVやU-NEXT、Amazon Music、Google Play Music、radiko.jp等も対象です。

 

BIGLOBEモバイルのオプションにあるエンタメフリー。
radiko.jpがカウントフリーに入ってるのはバイク乗ってる時ラジオ放送はもちろん交通情報聴けたりするのが役に立つ。

 

エンタメフリーの詳細は下記記事に詳しくまとめています。

詳細記事BIGLOBEモバイルのエンタメフリーを解説!

 

データ繰り越しの評判

 

BIGLOBEモバイルでは、当月の余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

月によってデータ使用量に変動がある場合も、この繰り越し機能によって変動を吸収できます。

これ、本当にお得な機能です。

 

私はBIGLOBEですけど、格安SIM言うても月間3GB→繰り越しで結局6GB使用できてます。
それで月額2,500円前後。大満足なのです。

 

速度切り替え機能の評判

 

多くの格安SIMには、通信速度を高速/低速に切り替える機能が付いています。

低速通信にしているときはデータ容量が消費されず、データを節約できる便利な機能です。

 

しかし、BIGLOBEモバイルにはこの機能がありません

(その代わりエンタメフリーという便利な機能があります)

 

Twitterや音楽ストリーミングなどをよく利用される方は低速通信で十分ですので、低速切替機能があれば便利ですね。

今後の実装を期待します。

 

BIGLOBEモバイルは低速切り替えができんのか。しまったな。
radikoをだらだら聴こうと思ったのに。
エンタメフリーオプションを付ければ解決かな。
お金かかるけど。

 

▼BIGLOBEモバイルをチェック▼

 

通話料金の評判

 

 

BIGLOBEモバイルの通話料金は通常20円/30秒です。

しかし、アプリ「BIGLOBEでんわ」を利用すると、国内通話が半額の10円/30秒になります。

アプリの利用料金は無料ですので、誰でも簡単に通話料金を半額にすることができます。

 

BIGLOBEモバイルの通話料金が半額になるアプリ、思ったより簡単だった。

慣れたら全部通話半額だな。オプションもいらなそー。

 

通話オプションの評判

 

 

前章で、BIGLOBEモバイルはアプリから電話を掛けることで国内通話が半額になることを説明しました。

しかし、BIGLOBEモバイルにはさらにお得な通話プランがあります。

 

オプション月額料金
通話パック60¥650
通話パック90¥830
3分かけ放題¥650
10分かけ放題¥830

 

60分または90分の無料通話が付与される「通話パック60・90」と、3分または10分以内の国内通話が何度でも無料になる「3分・10分かけ放題」が自由に選択できます。

 

BIGLOBEの通話パック60は、通常キャリアでは20円/30秒かかるところ、その4分の1、つまり5円/30秒で最初の60分間は使えてしまうらしい。凄いな。050のIP電話よりも安い!オプションだから必要な月だけ付ければいい。

 

この「通話パック」「3分・10分かけ放題」には、よくある「21時~翌1時は有料」「無料の連絡先は3件まで」といった制限もありません。

いつ、誰にかけても無料です。

 

更に嬉しいのが、このプランはどちらも月末に申し込めば月初にさかのぼって計算してくれる点です。

月末になって「今月通話が多かったな…」という時に申し込めば、その月の通話料がお得になります。

さらにさらに、このプランは申込・解約が自由なので、好きな月だけ申し込み、不要になれば解約できます。

スマホキャリアには珍しい、非常に親切な設計ですね。

 

BIGLOBEのエンタメフリー契約して、今月は結構通話しちゃったなぁ~って時は通話パック60に申し込めば月初にさかのぼって適用されるからお得!BIGLOBEにMNPしよう。

 

▼BIGLOBEモバイルをチェック▼

 

シェアSIM(追加SIM)の評判

 

BIGLOBEモバイルにはシェアSIMというサービスがあります。

これは、SIMカードを追加して、複数のSIMカード間で容量を分け合うことができるサービスです。

 

家族でBIGLOBEモバイルのスマホを使う場合、それぞれが契約するよりもシェアSIMで容量を分け合ったほうが大変お得になります。

 

今格安SIMに乗り換え&格安スマホに機種変検討中なんだけど、
ドコモで私の分とママの分合わせると21000くらいなのに、BIGLOBEモバイルのシェアSIMにすると2人で月々7000円!
スマホ本体2つ分の分割払い入ってるのに

 

また、家族でなくてもお1人で1枚はスマホ用、もう1枚はタブレットやポケットWi-Fi用にすることもできます。

容量に無駄が生じにくくなるので非常に便利です。

 

BiglobeのSIMに変えてひと月。契約は3GB。
自身のスマホと3GBの範囲内でシェアできるデータ用SIMをもう一枚発行してiPad用に。2枚で2GBに収まったのでバッチリ。
450円でラジコやYouTubeの通信量が発生しないオプションにも加入。
移動中ラジコでタイムフリーで好きな番組聴いたり。乗り換えは大成功。

※エンタメフリーは480円

 

最低利用期間・解約手数料の評判

 

BIGLOBEモバイルの音声通話付きSIMは、解除手数料がかかる最低利用期間(縛り期間)が1年です

正確に言うと「契約翌月から12ヶ月間を過ぎると解約手数料なし」です。

他のキャリアの半分の期間ですね。

 

しかも、1年経過後も契約が自動更新されないので、いつでも自由に解除することができます。

万が一音声SIMを1年以内に解約する場合は8000円の解約手数料がかかります。

 

なお、データ専用SIMは最低利用期間・解約手数料はありません。

 

6月からBIGLOBEの1年縛りが終わりいつでもMNPができるようになる。当初はLINEモバイルに乗り換えようと思ってたけど、乗り換えたところでそんなに変わらないだろうし、今も不満ないので、このままBIGLOBEで続けそう

 

BIGLOBE × iPhoneの評判

 

BIGLOBEモバイルは、格安SIMでは珍しくiPhone7・iPhone6S・iPhone SEを扱っています。

お得な割引キャンペーンも行っており、「料金は抑えたいけど機種は絶対iPhoneがいい!」という方に非常におすすめです。

 

ついに母上の携帯を iPhone SE にする。今の時点だと BIGLOBE モバイルで端末ごとお願いするのが,安くて手間がなさそうなので,それで。
私の IIJmio 契約で SIM 増やそうとも思ったのだけど,名義変えたりする必要があるからちょっと面倒。

 

また、先日最新のiPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XRが発売されましたが、最新のiPhoneやiPhone8・iPhoneXももちろんBIGLOBEモバイルで使えます。

BIGLOBEモバイルのSIMカードでiPhoneを使っている方も多いようですね。

 

昨日からのリベンジで、今日はビックカメラ渋谷東口店別館へ。BIGLOBEモバイルのSIMを申し込み完了、30分でSIMカードが手に入りました!

やっと念願の格安SIMユーザーに。
SIMフリー端末はiPhone X。

 

BIGLOBEモバイルでiPhoneを使う設定は下記記事に詳しくまとめています。

詳細記事BIGLOBEモバイルでiPhoneを使う手順

 

店舗・サポートの評判

 

BIGLOBEモバイルは店舗が非常に少ないです。

ヨドバシカメラやビックカメラなどの大型店には店舗があるのですが、基本的には申し込みカウンターとなっており、数も少ないです。

 

そのため、電話やWEBチャットでサポートを受けることになります。

特にこのチャットが便利です。電話は待ち時間が長いのがデメリットですが、チャットなら比較的すぐ回答が返ってきます。

 

BIGLOBEモバイル始めるときは、チャットで質問すると丁寧に教えてもらえるよ!キャンペーン情報も聞けばちゃんと教えてくれる!
初めての人にはオススメ!

 

▼BIGLOBEモバイルをチェック▼

 

BIGLOBEモバイルの料金プラン

 

BIGLOBEモバイルには「セレクトプラン」「スマホまる得プラン」の2種類が用意されています。

 

セレクトプランはデータ容量やオプションを自由に選択するプランです。

一方、スマホまる得プランはデータ容量と通話オプションがセットになったプランです。

 

それぞれ、対象端末や最低利用期間・契約解除料(違約金)が異なりますので、申し込み前に必ず下記記事をチェックしてください。

 

 

▼BIGLOBEモバイルに申し込む▼

 

BIGLOBEモバイルで使える端末

 

BIGLOBEモバイルでは、スマホとセットでSIMカードを契約することもできますし、手持ちのスマホを使うこともできます。

 

ここでは、BIGLOBEモバイルで使えるスマホを具体的に解説します。

 

取り扱い・おすすめスマホ端末

 

当たり前ですが、BIGLOBEモバイルで販売しているスマホは全て使うことができます。

BIGLOBEモバイルでは現在、HUAWEI(ファーウェイ)やASUS(エイスース)などの人気の海外スマホ、SHARP(シャープ)や富士通の国産スマホを豊富に取り扱っています。

 

詳細記事BIGLOBEモバイルのおすすめスマホ 14機種を紹介!

 

iPhone7やiPhone6Sも買える

 

 

BIGLOBEモバイルは、格安SIMで非常に珍しくiPhoneを販売しています。

 

しかも、BIGLOBEモバイルで購入できるiPhoneは国内モデルの正規版です。

他のMVNOのように海外モデルやCPO品(メーカー認定済み整備品)ではありません。

 

格安SIMで国内モデル・正規版のiPhoneを買えるのは、サブブランドといわれるワイモバイル・UQモバイルを除けばBIGLOBEモバイルだけです。

 

しかもiPhone購入時にお得なキャンペーンもほぼ年中実施しています。

非常にお得に買えますので、「スマホ料金は抑えたいけど、どうしてもiPhoneがいい!」という方はBIGLOBEモバイルがおすすめです。

 

詳細記事BIGLOBEモバイルのiPhone7を解説

詳細記事BIGLOBEモバイルのiPhone6Sを解説

詳細記事BIGLOBEモバイルのiPhone SEを解説

 

ドコモ・au・ソフトバンクの端末も使える

 

BIGLOBEモバイルでは、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したスマホも使うことができます。

 

通常、他のキャリアで購入したスマホを流用する場合は、SIMロック解除が必要になります。

しかし、冒頭で解説したとおり、BIGLOBEモバイルはau回線・ドコモ回線を選べるので、auで購入したスマホをタイプAで使う場合はSIMロック解除が必要ありません。

同様に、ドコモで購入したスマホをタイプDで使う場合もSIMロック解除不要です。

 

古い機種など一部を除き、ほとんどの端末を使うことができますので、端末をお持ちの方は安心です。

 

BIGLOBEでiPhoneが使える

 

 

BIGLOBEモバイルではiPhone7・iPhone6S・iPhoneSEを販売していますが、人気のiPhone8やiPhoneX、最新のiPhone XSやiPhone XRも使えます。

 

最新のiPhoneは端末代金が高いため、基本料金の安いBIGLOBEモバイルのSIMを挿して利用するとスマホ料金をトータルで節約できます。

 

詳細記事BIGLOBEモバイルでiPhoneを使う手順!

 

BIGLOBEモバイルのキャンペーン

 

現在、BIGLOBEモバイルではお得なキャンペーンを実施しています。

 

<キャンペーンの一例>

  • 音声SIM契約で月額料金割引
  • スマホとセット契約で月額料金割引
  • iPhone契約で2年間月額1,050円割引
  • ご自宅訪問設定サービス無料
  • BIGLOBE光申込みで2.5万キャッシュバック

 

スマホとセットでSIMカードを契約される方も、SIMのみの契約の方も高額な月額料金割引が貰えます。

 

また、iPhone6S・iPhoneSEを契約される方も大変お得です。

2年間で25,000円近い割引になりますので、ぜひ利用してください。

 

BIGLOBEモバイルで現在実施中のキャンペーンは下記に詳しくまとめています。

詳細記事BIGLOBEモバイルのキャンペーン一覧

 

BIGLOBEモバイル申し込みはこちら!

 

以上、BIGLOBEモバイルのサービス内容や料金、メリット・デメリットの解説でした。

 

BIGLOBEモバイルはドコモ・au・ソフトバンクと比べて月5,000円以上の割引になります。

また、手持ちの端末も使えますし、新たなスマホを安く購入することもできるので安心です。

エンタメフリーオプションや、iPhone 6S・iPhone SEが購入できるのも好評ですね。

 

そして、今ならお得なキャンペーンが実施中です。

BIGLOBEモバイル公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、お得に契約できる今のうちにぜひお申込ください!

 

▼BIGLOBEモバイルに申し込む▼

 

 

BIGLOBEモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-