Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

ワイモバイル「HUAWEI nova lite」を徹底解説!

 

みなさんこんにちは!

本記事では、ワイモバイル(Y!mobile)から2017年10月12日に発売されたスマートフォン「HUAWEI nova lite for Y!mobile(608HW)」について、スペックから価格まで徹底解説します。

※本文中の画像は「ワイモバイル公式サイト」および「メーカーサイト」より引用

 

▼申し込み・詳細確認はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

ノバライトのレビュー・特徴

 

高性能CPUと3GBのRAM

 

 

HUAWEI nova lite for Y!mobileの最大の特徴は、高性能なCPUです。

「高い端末は買えないけど、ゲームをしたい」という方には最適です。

 

メモリー(RAM)も3GB搭載しています。

nova liteの発売まで、3GBのメモリー(RAM)を搭載していたのはワイモバイルの最新機種「Android One X1」のみでした。

3Dゲームなどの高い負荷がかかるゲームは多少もたつく場合もあるようですが、一般的なゲームは全く問題ありません。

 

もちろん、ゲームをしない方にも恩恵が大きいです。

ゲームだけでなく、通常の操作でも「とにかくサクサク動く」と感じました。

複数のアプリを起動したときやアプリの起動などがとにかく快適です。

 

3,000mAhの大容量バッテリー

 

 

HUAWEI nova lite for Y!mobileの特徴2つ目は「バッテリーの持ち具合」です。

3,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

 

さらに、電池の持ちがよい理由はバッテリーだけではありません。

CPUが大変効率良く動作しており、電池をできるだけ消費しない設計になっているのです。

 

スペック表のバッテリー容量や連続通話時間・連続待受時間の値は一般的なレベルです。

しかし、実際に使ってみると電池の持ちよさを時間します。

 

HUAWEIは別機種の「P9Lite」も電池の持ちが良いと大変好評でした。

メーカーの技術が優れているのかもしれません。

 

暗い場所・動く物が得意な高性能カメラ

 

 

HUAWEI nova lite for Y!mobileのメインカメラは1,200万画素です。

この数字自体は「普通」です。

 

ですが、この機種の特徴は「暗いところでも綺麗に撮れる」「動いているものも綺麗に撮れる」ことです。

この機種は、光を感知する「受光センサー」の性能が優れています。

そのため、光がわずかしかない「夜景」や「薄暗いレストラン」などで撮影する際も、わずかな光量の違いを感知し、写真に反映してくれます。

 

また、撮影しようとしている対象物をすばやく捉えてピントを合わせる機能「オートフォーカス機能」も優れています。

そのため、激しく動いている対象物もブレずに撮影することができます。

 

自撮りに最適なサブカメラ

 

 

HUAWEI nova lite for Y!mobileのサブカメラ(画面側にあるカメラ)は800万画素です。

メインカメラに比べて画素数がガクッと落ちるスマホが多い中、800万画素はかなり優秀です。

また、美顔になるよう細かい設定がなされています。

良くSNS用に自撮りをされる方にもオススメです。

 

高速指紋認証機能

 

 

HUAWEI nova lite for Y!mobileの端末の背面には、指紋認証センサーが搭載されています。

多くのスマホはこれまで、ロックを解除するのに暗証番号やパターンの入力が必要でした。

しかし、このHUAWEI nova lite for Y!mobileは背面に指紋をかざすだけでロックを解除してくれます。

利便性とセキュリティが大きく向上します。

 

また、驚くべきはその認証スピード。

センサーに指紋をかざすとあっという間に認証が終了します。

指紋認証によくある「なかなか読み取らない」「エラーになる」といったことが大変少ない機種です。

 

▼申し込み・詳細確認はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

HUAWEI nova liteのスペック

 

発売日

 

HUAWEI nova lite for Y!mobileのワイモバイルでの発売は2017年10月12日です。

ただし「HUAWEI nova lite」自体は2017年の2月24日に発売されています。

 

デザイン・カラー

 

 

色はゴールド・ホワイト・ブラックの3種類です。

 

主な機能

 

これまでワイモバイルはSHARPや京セラなどの国産メーカーの機種が多かったため、これらの機能が搭載されていることも多かったです。

しかし、HUAWEIは海外メーカー。

HUAWEI nova lite for Y!mobileには、おサイフケータイ・ワンセグ・赤外線通信などの機能はありません。

ワンセグや赤外線通信が無いのは良いとしても、防水機能が無いのは少し心配ですね。

 

 

スペック詳細

 

<基本スペック>

  • 本体の大きさ:幅73mm × 長さ147.1mm × 厚さ7.6mm
  • 本体の重さ:約146g
  • 画面サイズ:約5.2インチ
  • バッテリー容量:3,000mAh
  • 連続通話時間(LTE):980分
  • 連続待受時間(LTE):580時間
  • OS:Android 7.0
  • CPU:Kirin 655 2.1GHz+1.7GHz(オクタコア)
  • メモリ:ROM16GB、RAM3GB
  • 対応外部メモリ:microSDXC(最大128GB)
  • 通信速度:下り最大112.5Mbps

 

<ディスプレイ>

  • サイズ:5.2インチ
  • 解像度:1,920 × 1,080 (フルHD)

 

<カメラ>

  • 有効画素数:メイン1,200万画素、サブ800万画素
  • 記録サイズ(静止画):3,968×2,976ドット
  • 記録サイズ(動画):1,920 × 1,080ドット

 

その他、特徴・スペックは「ワイモバイル公式サイト」で確認ください。

 

▼申し込み・詳細確認はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

HUAWEI nova liteの価格・料金

 

ワイモバイルのスマホ料金は、非常にシンプルです。

大まかに言えば、スマホプラン(S/M/L)+ 端末代金で決まります。

 

HUAWEI nova lite for Y!mobileはワイモバイルで発売されたばかりですが、「HUAWEI nova lite」自体は2017年2月に発売済の商品ですので、端末代金は非常に安いです。

この商品は性能が良い割りに端末代金が安く、大変コストパフォーマンスが良いので、私もオススメの機種です。

 

 

下記料金は、新規契約・およびソフトバンク以外からMNPで移行する場合の料金です。

ソフトバンクからのMNPの場合は月の支払金額が+540円になります。

 

スマホプランS(月のデータ容量3GB)の場合

  • 購入時の支払額:540円
  • 月々の支払額:2,138円
    (13ヶ月目以降,3,218円
  • 契約手数料:3,240円

 

スマホプランM(月のデータ容量9GB)の場合

  • 購入時の支払額:540円
  • 月々の支払額:3,218円
    (13ヶ月目以降4,298円
  • 契約手数料:3,240円

 

スマホプランL(月のデータ容量21GB)の場合

  • 購入時の支払額:540円
  • 月々の支払額:5,378円
    (13ヶ月目以降6,458円
  • 契約手数料:3,240円

 

※料金は時期により変動します。詳しくは公式サイトでシミュレーションしてください。

 

ワイモバイル公式サイト

 

料金に関する注意点

 

1回10分以内の国内通話は無料

 

ワイモバイルは、スマホプラン(S/M/L)を契約していれば、1回10分以内であれば国内通話は何度でも無料です。

ワイモバイル以外の他社への電話も無料です。

また、よくある「21時以降は有料」といった制限もありません

 

ただし、10分を超えると30秒につき20円の通話料がかかります。

また、国際電話やナビダイヤルなど、一部無料対象外の電話番号もありますので注意してください。

 

13ヶ月目以降は月の支払が1,080円アップ

 

ワイモバイルのスマホプランには、現在「ワンキュッパ割」という割引キャンペーンが適用されます。

これは、契約初月から12ヶ月間は月々の支払額が1,080円割引されるというものです。
※ワンキュッパ割なのに1,080円しか割引にならないってめちゃくちゃややこしいですよね

 

 

13ヶ月目以降はワンキュッパ割による1,080円の割引がなくなります。

よって、月々の支払額が1,080円高くなりますのでご注意ください。

 

▼申し込み・詳細確認はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

ワイモバイル料金の節約技

 

おうち割で月1,000円割引

 

 

ワイモバイルには、月々のスマホ料金をさらに安くする裏技があります。

それは、家のネットをソフトバンク光にすることです。

 

家のネットをソフトバンク光にすると「おうち割」が適用され、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になります。

 

月割引額
プランS500円
プランM700円
プランL1,000円

 

 

上図の割引は1人当たりの割引額です。

よって家族でワイモバイルユーザーが3人いれば最大3,000円/月の割引になります。

 

ワイモバイルユーザーなら、この「おうち割」はめちゃくちゃお得です。

ぜひソフトバンク光に申し込みましょう。

 

詳細記事ワイモバイルなら光回線は絶対ソフトバンク光!

 

光回線セットでキャッシュバック

 

さらに、ソフトバンク光には公式サイトや家電量販店で申込んではいけません。

正規代理店のWEBサイトから申し込めば申込特典として高額のキャッシュバックがもらえます。

 

正規代理店とは、ソフトバンクからネット回線の販売や申込の受付を正規に委託した代理店のこと。
正規代理店は顧客獲得競争をしているので、独自の特典を設けていることが多い。 

 

▼オプション不要でキャッシュバック▼

 

キャッシュバックは、新規申し込みか転用かで異なります。

  • 新規:フレッツ光以外からの乗換
  • 転用:フレッツ光からの乗換

 

新規転用
キャッシュ
バック額
33,000円13,000円

 

正規代理店から申し込むことで、余計なオプション加入が必要だったり、手間が増えたりと言ったことはありません。

ただただキャッシュバックがもらえるだけですので、必ずこちらから申し込みましょう。

 

正規代理店のメリット

  • 公式特典+独自特典の2重取り
  • キャッシュバック3.3万円(※)
  • 余計なオプションなど一切なし
  • 手間が余計にかかることもなし
  • キャッシュバック貰い忘れなし

※転用の場合は1.3万円

 

▼オプション不要で3.3万円還元▼

ソフトバンク光申込みサイト

 

私も実際に申し込み、キャッシュバックがもらえました。

(ただし当時は今より少ない24,000円のみ…)

 

 

体験談を記事にしていますので、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

▼オプション不要で3.3万円還元▼

ソフトバンク光申込みサイト

 

▼オプション不要でキャッシュバック▼

 

端末購入は公式ストアでどうぞ

 

以上、ワイモバイルの「HUAWEI nova lite for Y!mobile」の徹底解説でした!

そろそろ機種を変えようと思っている方、ぜひコスパ抜群のオススメ機種「HUAWEI nova lite for Y!mobile」をご検討ください。

 

お申込みは、手続き簡単、24H受付、送料無料、最短翌日発送の「ワイモバイル公式ストア」がおすすめです!

端末の詳細を確認したり、料金シミュレーションもできます。

 

▼申し込み・詳細確認はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

<関連記事>

 

ワイモバイル トップへ

 

ワイモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-