Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

IIJmio「ZenFone 4 Max」を解説!最強バッテリー搭載機種!

 

みなさんこんにちは!

本記事では、IIJmioから2017年12月15日に発売した「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」について詳しく解説します。

 

モバイルバッテリーにもなる抜群のバッテリー容量が最大の特徴ですが、デュアルカメラ搭載で美しい写真が撮れるのも特徴のひとつです。

性能の割に端末代金が安く、お求め安いのも嬉しいですね。

※本文中の画像は「IIJmio公式サイト」および「メーカーサイトから引用

 

▼申し込みはこちら▼
IIJmio公式サイト

 

ZenFone 4 Maxの特徴・レビュー

 

 

ZenFone 4 Max(ZC520KL)は、人気スマホメーカーASUS(エイスース)が発売したスマートフォンです。

スマホの発売と同時にIIJmioでも取り扱いが開始しました。

 

脅威のバッテリー容量

 

ZenFone 4 Max(ZC520KL)の特徴はなんといってもバッテリーの持ちがよいことです。

容量は4,100mAhと驚異的。

4,000mAhを超えるバッテリーを搭載したスマホはほとんどありません。

 

この大容量バッテリーにより、なんと連続待受時間は37日間

つまり、操作しない状態なら1ヶ月以上充電不要ということになります。

(もちろん環境などにより短くなります)

 

 

さらに、電池寿命が長いのはバッテリーの容量だけではありません。

電池の消費を最適化する機能があり、省エネにも優れているのです。

 

電池節約モードに切替可能

 

ZenFone 4 Max(ZC520KL)は、電池の容量が少なくなった場合に電池節約モードに切り替えることもできます。

このモードに切り替えれば、電池の持ちをさらに2倍近くに伸ばすことができます。

電池の持ちがよいからと油断して充電を忘れた場合にも安心です。

 

スマホがモバイルバッテリーに

 

ZenFone 4 Max(ZC520KL)は、他のデバイスに給電することができます。

つまり、スマホがモバイルバッテリーにもなるのです。

 

大容量バッテリーなので、音楽プレイヤーやタブレットの充電が切れそうな際もスマホのバッテリーをおすそ分けすることができます。

ZenFone 4 Maxから他のデバイスに充電するためのケーブルも付属しているのが嬉しいです。

 

デュアルカメラ搭載

 

 

ZenFone 4 Max(ZC520KL)のアウトカメラ(画面の裏側にあるカメラ)はデュアルカメラです。

デュアルカメラとは、レンズが2つあるということ。1300万画素と500万画素のレンズがついています。

 

500万画素のレンズは広角レンズになっていますので、通常は1300万画素のレンズで写真を撮影し、風景など広い範囲の写真を撮りたいときにサブレンズに切り替えることができます。

切替もワンタッチで簡単です。

 

 

カメラに便利機能搭載

 

アウトカメラのメインレンズには、高速オートフォーカス機能がついています。

約0.03秒でフォーカスをあわせるので、狙った瞬間を逃しません。

また電子式手ぶれ補正を搭載しており、美しい写真に仕上げることが可能です。

 

自撮り用カメラも高性能

 

 

ZenFone 4 Max(ZC520KL)はインカメラ(画面側にある自撮り用カメラ)も高機能です。

画素数は800万画素で、人の肌の色が美しくみえるLEDフラッシュが搭載されています。

また、140度の広角レンズになっているので、複数人で自撮りをするときにも便利です。

 

▼申し込みはこちら▼
IIJmio公式サイト

 

ZenFone 4 Maxのスペック

 

ZenFone 4 Maxは、抜群のバッテリーと便利機能が付いたカメラが特徴です。

特にバッテリーにこだわる方には非常におすすめの機種といえます。

一方、CPU性能はそれほど高くありません。

スマホをガンガン使うヘビーユーザーや、ゲームをされる方は「ZenFone5」「ZenFone 4カスタマイズモデル」「honor9」などがおすすめです。

 

主な機能

 

ZenFone 4 Maxには防水・防塵機能のほか、おサイフケータイやワンセグといった機能は付いていません。

 

スペック詳細

 

本体スペック
サイズ(mm)W73× H150× D8.7
重さ約156g
画面サイズ5.2インチ
解像度1,280 × 720
(HD)
バッテリー容量4,100mAh
連続通話時間
(3G)
1,920分
連続待受時間
(4G)
888時間
OSAndroid 7.1
CPUSnapdragon430
(オクタコア)
1.4GHz
メモリ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大256GB)
通信速度(下り)最大150Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,300万+
500万画素
有効画素数
(サブカメラ)
800万画素

 

デザイン・カラー

 

 

端末の色は、ゴールド・ブラック・ピンクの3種類です。

 

ZenFone 4 Maxの料金

 

IIJmioの料金は非常にシンプルです。基本的にデータ容量ごとの月額料金+端末料金になります。

端末料金は24回払いと一括払いが選べます。

ZenFone 4 MAXの料金は以下の通りです。発売したばかりなのに端末代金が非常に格安なのが嬉しいですね。

 

<端末代金24回払い>

データ基本料端末代月額計
3GB¥1,600¥850¥2,450
6GB¥2,220¥850¥3,070
12GB¥3,260¥850¥4,110

※価格は税抜

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥19,800
データ月額基本料
3GB¥1,600
6GB¥2,220
10GB¥3,260

※価格は税抜

 

▼申し込みはこちら▼
IIJmio公式サイト

 

お得なキャンペーン実施中!

 

IIJmioでは、年間を通して何らかのお得なキャンペーンを実施しています。

月額料金が割引になったり、データ容量が増量になるキャンペーンが大変人気です。

 

現在実施中のキャンペーン一覧は下記にまとめています。

必ずチェックしましょう。

詳細記事IIJmioで実施中のお得なキャンペーン一覧

 

公式サイトで今すぐお申し込み!

 

以上、IIJmioの「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」の紹介でした。

 

モバイルバッテリーにもなる抜群のバッテリー容量が最大の特徴ですが、デュアルカメラ搭載で美しい写真が撮れるのも特徴のひとつです。

性能の割に端末代金が安いうえに、さらに現在キャンペーンを実施しており、料金が大変お得になっています。

 

IIJmio公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、お得に契約できる今のうちにぜひお申込ください!

 

▼申し込みはこちら▼
IIJmio公式サイト

 

<関連記事>

 

IIJmioトップページへ

 

IIJmio
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-