Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

iPhone6SとiPhoneSEの違いを比較!今ならどっちを買うべき?

 

本記事では、iPhone6SとiPhone SEのどちらを買うべきか、比較・違いをまとめています。

 

2018年秋にアップルでiPhone6SとiPhone SEの販売が終了になりました。

しかし、iPhone6S・iPhone SEともに今でも絶大な人気を誇っており、格安SIMキャリアでは争奪戦が起きています。

本記事を参考にぜひ賢くiPhoneを使ってください!

 

iPhone6SとiPhone SEを最安で購入する方法は下記記事にまとめています。
iPhone SEの最安値は540円!価格を比較
iPhone6Sの格安SIM最安値はここだ!

 

▼最安値はどちらもワイモバイル▼

ワイモバイル公式サイト

 

iPhone6SとiPhoneSEの比較

 

CPU性能

 

 

CPU性能は、6S・SEともにほぼ同じです。

CPUはともにA9チップとM9コプロセッサを搭載しています。

 

またメモリー(RAM)も2GBと同等です。

操作しているときのサクサク感はどちらも同等と言えるでしょう。

 

カメラの性能

 

 

カメラは両者に差があります。

背面についているメインカメラはiPhone 6S・iPhone SEともに1,200万画素で変わりません。

 

しかし、画面の方についているサブカメラはiPhone6Sは500万画素なのに対し、iPhoneSEは120万画素です。

サブカメラは自分を撮影する「自撮り」の際によく使用します。

SNS投稿用などに自撮りをよくされるかたはiPhone 6Sを選択したほうが良いかもしれません。

 

メインサブ
6S1200万画素500万画素
SE1200万画素120万画素

 

画面サイズ・画素数

 

iPhone 6SとiPhone SEの最も大きな差のひとつが、画面サイズです。

iPhone 6Sは4.7インチ画面、iPhoneSEは4.0インチです。

大画面が主流となっている現在のスマホの中で、どちらもコンパクトな部類のサイズですが、特にiPhone SEの4インチは特徴的です。

 

サイズ解像度画素数
密度
6S4.7 inch1334 × 750326ppi
SE4.0 inch1136 × 640326ppi

 

4.0インチだと、電車で通勤している際にも片手で簡単に操作ができます。

また、ポケットにも入りやすいですね。

現在ではこのようなコンパクトサイズの機種が少なくなっているので、とても貴重です。

 

一方、できるだけ大画面がよいと言う方はiPhone 6Sを選択したほうが良いでしょう。

ちなみに、画素数はiPhone 6Sの方が高いですが、画素密度は326ppiなので見え方は変わりません。

画面の美しさは同じと考えてよいと思います。

 

料金・価格

 

現時点でiPhone6S・iPhone SEともに販売しているワイモバイルを例に、両者の価格を比較します。

ともに32GBの端末で料金を比較した結果が以下の通りです。

(24回分割払いで比較)

 

<iPhone SE>

プランSプランMプランL
契約手数料¥3,240
購入時頭金¥540
月額
料金
1年目¥3,218¥3,758¥5,918
2年目¥4,298¥4,838¥6,998
2年総支払額¥93,972¥106,932¥158,772

 

<iPhone 6S>

プランSプランMプランL
契約手数料¥3,240
購入時頭金¥540
月額
料金
1年目¥3,758¥4,298¥6,458
2年目¥4,838¥5,378¥7,538
2年総支払額¥106,932¥119,892¥171,732

 

端末代金を分割払いとした場合、2年間支払額の合計はiPhone SEの方がiPhone 6Sより13,000円以上安いです。

iPhone SEの方が発売が早かったため、このような差が生まれています。

 

端末代金一括の場合も同様にiPhone SEの方が安いです。

料金にこだわる方はiPhone SEの方がおすすめです。

 

バッテリーの持ち具合

 

バッテリーの持ち具合に大きな差はありません。

搭載しているバッテリー容量を見るとiPhone 6Sの方が大きいのですが、そのぶん画面サイズが大きいのでネットやビデオ再生の持ち時間はiPhone SEの方が長くなっています。

 

 

デザイン

 

本体の色のラインナップはどちらも4色で、バリエーションも同じです。

  • シルバー
  • ゴールド
  • スペースグレイ
  • ローズゴールド

 

 

デザインにおける大きな違いは、本体の「角」です。

iPhone 6Sは本体の角が丸くなっているのに対し、iPhone SEは角ばっています。

さわり心地が大きく違いますので、こちらもチェックしておいたほうが良いでしょう。

(といっても、使っていればすぐ慣れると思いますが…)

 

比較結果・違いのまとめ

 

以上の結果から、iPhone 6Sを選ぶべき人、iPhone SEを選ぶべき人はこんな人です。

 

iPhone6Sを選ぶべき人

 

  • 大きな画面を好む
  • 「自撮り」をよくする
  • 丸みをおびたデザインが好き

 

iPhoneSEを選ぶべき人

 

  • コンパクトな画面が好き
  • 料金を安く抑えたい
  • 角ばったデザインがすき

 

以上、iPhone 6SとiPhone SEの比較でした!

iPhone6S・iPhone SEともに格安SIMではワイモバイルが最安値です。

ただし、各種条件もありますので詳しくは下記記事を必ずチェックしてください!

 

詳細記事iPhone6Sの最安値はここだ!格安SIMを比較

詳細記事iPhone SEを540円で買えるのはここだ!

 

▼最安値で今すぐiPhoneを購入する▼

ワイモバイル公式サイト

 

おすすめSIMフリースマホ一覧へ

 

格安スマホの比較
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-