ワイモバイルで5周年キャンペーン実施中 

LINEモバイル「HUAWEI P20 lite」を解説!高コスパのおすすめ機種!

 

みなさんこんにちは!

本記事では、人気の格安スマホ「LINEモバイル」から2018年6月15日に発売の「HUAWEI P20 lite」のスペックや価格・料金をレビューします。

 

デュアルレンズカメラを搭載し、フルHD+の美しい縦長ディスプレイが特徴です。

高コスパで爆発的人気を誇ったP10 liteの後継機として、性能の割に値段が非常に安く、相変わらずコスパ抜群なのもP10 liteと同様ですね。

 

▼申込みはこちら▼
LINEモバイル公式サイト

 

LINEモバイル版P20 liteの特徴・レビュー

 

 

高性能デュアルレンズ搭載カメラ

 

HUAWEI P20 liteの特徴のひとつはデュアルレンズカメラを搭載していることです。

アウトカメラの有効画素数はメインレンズが1,600万画素、サブレンズは200万画素です。

 

前作P10 liteは1,200万画素のシングルレンズでしたので、カメラは大きな進化を遂げています。

 

ポートレートモードで撮影可

 

P20 liteのデュアルレンズのうち、200万画素のサブレンズは奥行きを測定するためのレンズです。

このレンズがあることで、今流行のポートレートモード(背景をぼかすモード)での撮影も可能です。

 

また、撮影後に焦点を調整できる「ワイドアパーチャ」という機能も役立ちます。

 

フラッシュで暗闇でも美しい写真

 

 

HUAWEI P20 liteは、薄暗い環境での写真撮影に強い機種です。

高性能のイメージセンサーを搭載しており、光量が少ない中でもより多くの光を取り込み、写真を鮮明に仕上げてくれます。

 

また、フラッシュも高性能で、周囲の環境や被写体に応じて11種類の中から最適なフラッシュを選択することで、暗闇や薄暗い環境の中でも美しい写真を撮影できます。

 

広角の自撮り用インカメラ

 

自撮り用のインカメラも1,600万画素と非常に画素数が高いです。

さらに、画角78度の広角レンズとなっているため、複数人で自撮りする場合や、風景を含めて自撮りする場合に非常に役立ちます。

 

また、被写体の顔を認識して10段階の「ビューティ補正」機能があるため、肌の色や輪郭が美しく仕上がるのが特徴です。

 

もちろん、メインカメラと同様、特殊な「LCDスクリーンフラッシュ」を搭載しているため、暗闇での撮影でも美しい写真になります。

 

Kirin659+4GBメモリー搭載

 

HUAWEI P20 liteの搭載CPUは「Kirin659」、メモリー(RAM)は4GBです。

Kirin659は別シリーズの人気機種「nova lite 2」などにも搭載されています。

Kirin659も十分な性能ですが、何よりメモリーが4GBなのは非常に心強いですね。

 

高負荷の3Dゲームなどを除けば、処理速度は快適でしょう。

 

AI搭載で処理を最適化

 

さらのHUAWEI P20 liteにはAI(人工知能)が搭載されています。

AIが使用者の操作パターンを理解し、複数のタスクに対して最も効率的な力の配分を行うことで、処理速度の向上とバッテリーの節約を実現しました。

 

指紋認証と顔認証に対応

 

HUAWEI P20 liteは顔認証と指紋認証に対応しています。

画面を見るだけで一瞬でスマホのロックを解除し、操作可能な状態にスタンバイします。

 

ただし、iPhone Xがそうであったように顔認証はまだまだ読み取り精度が高くないのが問題です。

しかし、HUAWEI P20 liteには指紋認証センサーも搭載されているため、万が一顔認証センサーの読み取りがうまくいかない場合も、指紋認証でロック解除することができます。

指紋認証センサーは背面にあり、指をかざせば一瞬でロックが解除されます。

 

大容量バッテリー + 急速充電

 

HUAWEI P20 liteのバッテリー容量は3,000mAhです。

また、P10 liteに引き続き急速充電機能が搭載しています。

 

2つのBluetoothを同時接続

 

HUAWEI P20 liteは「デュアルBluetooth機能」を搭載しています。

2つのBluetoothを同時に接続することができますので、例えばワイヤレスイヤホンで音楽を聴きながらスマホとPCを接続して作業したり、非常に便利です。

 

LINEモバイル版P20 liteはSIMフリーだがDSDSではない

 

LINEモバイルから発売されるHUAWEI P20 liteはSIMフリー端末です。

そのため、万が一他社で使用したくなってもSIMロック解除なしで使用できます。

 

ただし、端末はデュアルSIMですがDSDSではありません。

 

▼申込みはこちら▼
LINEモバイル公式サイト

 

LINEモバイル版P20 Liteのスペック

 

LINEモバイルでのP20 liteの発売日

 

HUAWEI P20 liteの発売日は2018年6月15日です。

 

カラーバリエーション

 

LINEモバイルで発売されるHUAWEI P20 liteのカラーは「クラインブルー」「サクラピンク」「ミッドナイトブラック」の3色です。

 

 

搭載機能

 

機能有無
おサイフ×
防水×
防塵×
ワンセグ×
指紋認証
顔認証

 

スペック一覧表

 

スペック
サイズ(mm)H149× W71× D7.4
重さ約145g
画面サイズ5.84インチ
解像度2,280 x 1,080
(フルHD+)
バッテリー容量3,000mAh
連続通話時間
(LTE)
約960分
連続待受時間
(LTE)
約433時間
OSAndroid 8.0
CPUKirin659
(オクタコア)
2.36GHz+1.7GHz
メモリ(ROM)32GB
メモリ(RAM)4GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大256GB)
通信速度(下り)最大225Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,600万+
200万画素
有効画素数
(サブカメラ)
1,600万画素

 

その他スペック詳細は「LINEモバイル公式サイト」でご確認ください。

 

P20 liteのベンチマーク

 

P20 liteのベンチマークを「Geekbench」で計測した結果は以下の通りです。

 

 

搭載CPUはKirin659なので超高性能というわけではありませんが、普段使いには十分すぎる性能を持っています。

3Dゲームは少々グラフィックレベルを落とす必要があるかもしれませんが、それ以外は十分快適な処理速度でしょう。

 

▼申込みはこちら▼
LINEモバイル公式サイト

 

LINEモバイルで買えるP20とP20 liteの比較

 

LINEモバイルではHUAWEI P20 liteと同時にP20も発売になります。

そこで、P20とP20 liteのスペックを比較します。

 

P20P20 lite
サイズ
(mm)
H150×W71
×D7.7
H149× W71
× D7.4
重さ約165g約145g
画面サイズ5.8インチ5.84インチ
解像度2,244 x 1,080
(フルHD+)
2,280 x 1,080
(フルHD+)
バッテリー
容量
3,400mAh3,300mAh
OSAndroid 8.1Android 8.0
CPUKirin970
(オクタコア)
2.36GHz+1.8GHz
Kirin659
(オクタコア)
2.36GHz+1.7GHz
メモリ
(ROM)
128GB32GB
メモリ
(RAM)
4GB4GB
対応外部
メモリ
なしmicroSD
(最大256GB)
有効画素数
(メインカメラ)
1,200万+
2,000万画素
1,600万+
200万画素
有効画素数
(サブカメラ)
2,400万画素1,600万画素

 

最も大きな差はカメラです。

P20はライカ製のカメラを搭載していますが、 P20 liteはライカ製ではありません。

カメラにこだわる方にとってライカ製というのは非常に魅力的ですので、ここは大きな差になると思います。

 

また、CPU性能もP20はKirin970を搭載していますが、P20 liteはKirin659です。

Kirin659でも普段使いには十分な性能ですが、3Dゲームをされる方や処理速度にこだわる方はP20がおすすめです。

 

一方、その他全体的なスペックを見ると、P20 liteでも十分な性能です。

その分、端末代金は35,000円以上P20 liteが安くなっています。

 

この値段を考えると、以下に該当する方はP20 liteでもよいと思います。

  • 3Dゲームをしない方
  • 性能に強いこだわりがない方
  • ライカのカメラにこだわらない方

 

HUAWEI P20の詳細は下記記事をご覧ください。

詳細記事LINEモバイル「P20」を解説!

 

▼申込みはこちら▼
LINEモバイル公式サイト

 

LINEモバイル版P20 liteの価格・料金

 

LINEモバイルには3つのプランがあります。

LINEが無料になる「LINEフリープラン」

LINEに加えTwitter(ツイッター)・Facebook(フェイスブック)・Instagram(インスタグラム)の通信量が無料になる「コミュニケーションフリープラン」

LINE・Twitter・Facebook・Instagramに加えLINE MUSICのストリーミング・DLが無料になる「MUSIC+プラン」です。

 

<カウントフリーの対象>

無料対象
プラン名LINEtwitter
Facebook
Instagram
LINE
MUSIC
LINEフリー
コミュニケーションフリー
MUSIC+

 

また、各プランごとにデータ容量の上限が設定されています。

各プラン・データ容量における「HUAWEI P20 lite」の料金は以下の通りです。

 

<端末代金24回払い>

プランデータ基本料端末代月額計
LINEフリー1GB¥1,200¥1,390¥2,590
コミュニケーションフリー
3GB¥1,690¥1,390¥3,080
5GB¥2,220¥1,390¥3,610
7GB¥2,880¥1,390¥4,270
10GB¥3,220¥1,390¥4,610
MUSIC+3GB¥2,390¥1,390¥3,780
5GB¥2,720¥1,390¥4,110
7GB¥3,280¥1,390¥4,670
10GB¥3,520¥1,390¥4,910

※音声通話付SIMの料金
※価格は税抜
※別途初期費用3,400円必要

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥31,980
プランデータ基本料
LINEフリー1GB¥1,200
コミュニケーションフリー
3GB¥1,690
5GB¥2,220
7GB¥2,880
10GB¥3,220
MUSIC+3GB¥2,390
5GB¥2,720
7GB¥3,280
10GB¥3,520

※音声通話付SIMの料金
※料金は税抜
※別途初期費用3,400円必要

 

さらに、通話オプション「10分かけ放題」を追加する場合、料金が加算されます。

  • 10分かけ放題:10分以内の国内通話が何度でも無料

 

通話オプション月額料金
10分かけ放題¥880

※価格は税抜

▼申込みはこちら▼
LINEモバイル公式サイト

 

P20 lite購入はLINEモバイル公式ストアで!

 

以上、LINEモバイル「HUAWEI P20 lite」の紹介でした。

デュアルレンズカメラを搭載し、フルHD+の美しい縦長ディスプレイが特徴です。

前作P10 liteと同じく、性能の割に値段が非常に安く、相変わらずコスパ抜群ですね。

 

LINEモバイルなら月々のスマホ代を5,000円以上お得にすることができます。

今乗り換えれば初月無料&来月から5,000円節約できます。

LINEモバイルの申込みは「LINEモバイル公式サイト」で簡単に手続きできますので、今すぐお申込みを!

 

▼申込みはこちら▼
LINEモバイル公式サイト

 

<関連記事>

 

LINEモバイル トップへ

 

LINEモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-