Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

LINEモバイルでZenFone Live L1 (ZA550KL)が発売!価格やスペックを解説

 

人気の格安SIM・MVNOのLINEモバイルで、ASUSのZenFone Live L1 (ZA550KL)が発売されました。

このZenFone Live L1 (ZA550KL)は超低価格なのが特徴で、通話・メール・LINEやWEB閲覧が中心の方や、スマホ2台持ちのサブ機にぴったりです。

 

本記事では、LINEモバイルにおけるZenFone Live L1 (ZA550KL)の価格などについて詳しく解説します。

ZenFone Live L1 (ZA550KL)のスペックや詳細レビュー、価格比較については下記記事を参考にしてください。

 

 

▼ZA550KLを購入・詳細を確認▼

LINEモバイル公式サイト

 

ZenFone Live L1 の発売詳細

 

LINEモバイルにおける発売日

 

LINEモバイルにおけるZenFone Live L1 (ZA550KL)の発売日は2019年1月9日(水)です。

他社ではすでに2018年12月21日から発売されていますので、少々遅れての発売となりました。

 

LINEモバイルの本体カラー

 

LINEモバイルにおけるZenFone Live L1 (ZA550KL)の取り扱いカラーは、「ミッドナイトブラック」「スペースブルー」「シマーゴールド」「ローズピンク」の4色です。

 

 

▼ZA550KLを購入・詳細を確認▼

LINEモバイル公式サイト

 

ZenFone Live L1 の価格・料金

 

本体価格・機種代金

 

LINEモバイルにおけるZenFone Live L1 (ZA550KL)の本体価格は以下の通りです。

 

  • 一括払い:17,800円
  • 24回払い:810円/月

※料金は税抜

 

なんと定価より高い…

 

前章の通り、LINEモバイルにおけるZenFone Live L1 (ZA550KL)の一括価格は17,800円です。

この価格は他社よりも高く、なんと定価よりも高くなっています。

 

<ZenFone Live L1の価格比較>

購入キャリア端末代金
(実質負担額)
OCNモバイルONE¥8,800
IIJmio¥16,800
mineo(マイネオ)¥16,800
LINEモバイル¥17,800
アマゾン・楽天¥16,800
ASUS公式¥16,800

 

詳細記事ZenFone Live L1 (ZA550KL)の最安値は?

 

差は1,000円なので、LINEモバイルに契約される方は端末とセットで買った方が楽です。

ですが、少しでも安く買いたい方は別で端末を購入して、LINEモバイルでSIMのみ契約したほうが良いでしょう。

 

 

▼ZA550KLを購入・詳細を確認▼

LINEモバイル公式サイト

 

LINEモバイルで使用時の補足・注意点

 

端末はSIMフリー

 

LINEモバイルで販売されているZenFone Live L1 (ZA550KL)はSIMロックのかかっていないSIMフリー端末です。

 

ドコモ/ソフトバンク回線対応

 

LINEモバイルではドコモ回線・ソフトバンク回線を選べますが、ZenFone Live L1 (ZA550KL)はどちらの回線でも使用できます。

 

そもそもZenFone Live L1 (ZA550KL)はドコモ・au・ソフトバンクやワイモバイルなど全キャリアの回線バンド・周波数に対応しているのが特徴です。

SIMロックもかかっていませんので、万が一LINEモバイル以外で使う場合にもSIMカードを差し替えてAPN設定すればそのまま使えます。

 

ソフトバンク回線がおすすめ

 

LINEモバイルではドコモ回線・ソフトバンク回線が選べますが、断然ソフトバンク回線がおすすめです。

通信速度が圧倒的に速いからです。

 

私もソフトバンク回線のSIMを契約していますが、ドコモ・au・ソフトバンクと変わらないくらいの速度が出ています。

お昼12時~13時でも、動画が閲覧できるほどの十分な速度です。

 

月額料金は同じですので、通信エリアなどに問題がなければ必ずソフトバンク回線を選びましょう。

詳しくは下記記事にまとめています。

 

 

ZA550KLはこんな人におすすめ

 

とにかく端末価格を抑えたい方

 

こちらの「ZenFone Live L1 の詳細レビュー」で解説していますが、ZenFone Live L1 (ZA550KL)の搭載CPUはSnapdragon430、メモリーRAMは2GBです。

性能は本当に最低限といったレベルです。

 

その分価格が安いので、通話・メール・LINEやSNS・WEB閲覧が中心の方で、とにかく端末価格を抑えたいという方には大変おすすめです。

一括17,800円という価格は驚異的な安さですし、この価格でこの性能はコスパ抜群だと思います。

詳細記事ZenFone Live L1 (ZA550KL)のスペック詳細

 

スマホ2台持ちのサブ機にも

 

また、ZenFone Live L1 (ZA550KL)はDSDS全キャリアの回線バンド・周波数に対応していますので、スマホ2台持ちの方のサブ機としてもおすすめですね。

(私もこの用途で購入しようかと思っています)

 

スペックは最低限なので注意

 

一方、アプリをガンガン使う方やカメラ・写真にこだわる方、ある程度の性能があるスマホが欲しいという方にはおすすめできません。

もう少し良い性能のスマホが欲しいという方は「HUAWEI P20 lite」、高性能スマホが良い方は「ZenFone 5(ZE620KL)」を選択しましょう。

 

 

▼ZA550KLを購入・詳細を確認▼

LINEモバイル公式サイト

 

ZenFone Live L1購入はLINEモバイル公式サイトで

 

以上、LINEモバイルから発売のZenFone Max M1(ZB555KL)の解説でした。

 

本文中でも解説しましたが、何より超低価格なのが特徴で、通話・メール・LINEやWEB閲覧が中心の方や、スマホ2台持ちのサブ機にぴったりです。

購入は「LINEモバイル公式サイト」でどうぞ!

 

▼ZA550KLを購入・詳細を確認▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

LINEモバイル トップへ

 

LINEモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-