Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

マイネオのおすすめスマホ機種 14端末ランキング【2019年・mineo】

 

本記事では人気の格安SIM「mineo(マイネオ)」で購入できるおすすめ機種を比較し、ランキング形式で紹介します。

 

また、機種変更や端末保証オプション、iPhoneを使う手順についてもわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

※料金は税抜

 

・マイネオでiPhone8・8Plusが発売されました
・マイネオでnova lite 3が発売されます(2/21)

 

▼公式で端末一覧を確認する▼

マイネオ公式サイト

 

  1. マイネオのおすすめ機種
    1. 1位:HUAWEI P20 lite
    2. 2位:iPhone8・8Plus
    3. 3位:AQUOS sense2 SH-M08
    4. 4位:HUAWEI nova 3
    5. 5位:Mate 20 Pro
    6. 6位:ZenFone Max (M1)
    7. 7位:ZenFone Live(L1)
    8. 8位:ZenFone5(ZE620KL)
    9. 9位:AQUOS sense lite
    10. 10位:HUAWEI P20
    11. 11位:iPhone6S
    12. 12位:nova lite 2
    13. 13位:arrows M04
    14. 14位:iPhone7
  2. マイネオ端末購入時の補足・注意点
    1. mineoの端末はいつ届く?到着までの日数は?
    2. 中古端末の購入も可能
    3. エントリーパッケージでもマイネオ端末購入可
    4. 端末のみ購入・追加購入も可
    5. 端末の故障・破損・紛失時の対処
  3. マイネオの端末保証オプション
    1. 端末安心保証サービス
      1. 端末を最短翌日に交換
      2. 端末交換時の料金・費用
    2. 持込み端末安心保証サービス
      1. 他社購入の端末も保証
      2. 事前にIMEIの登録が必要
      3. 修理・交換時の費用
      4. iPhoneも端末保証の対象
      5. 加入後30日間は保証対象外
    3. 端末保証オプションの解約手順
  4. 持ち込み端末もマイネオで使える
    1. 手持ちの端末もそのまま使える
    2. 他社のiPhoneもマイネオで使える
    3. 端末チェッカーで使用可否確認
    4. SIMロック解除の要否
    5. 使用前にAPN設定が必要
  5. マイネオで使えるSIMフリーのおすすめ機種
    1. AQUOS sense plus SH-M07
    2. AQUOS sense2 SH-M08
    3. honor9
  6. マイネオで機種変更/端末変更する手順
    1. マイページから機種変更可能
    2. 機種変更時はAPN設定不要
    3. SIM変更時は回線切り替え
    4. 端末購入3ヶ月は機種変更不可
    5. 機種変更の端末購入特典
  7. 自分で機種変更/端末変更する手順
    1. 自分で機種変更する手順
    2. SIMカードのサイズに注意
    3. 回線毎の使える機種を確認
  8. mineoの端末購入は公式サイトで!

マイネオのおすすめ機種

 

1位:HUAWEI P20 lite

 

 

私がマイネオでもっともおすすめの機種は、2018年6月に発売の「HUAWEI P20 lite」です。

2018年に最も売れたAndroidのSIMフリー端末で、コスパ抜群の機種です。

 

メインカメラは1,600万画素+200万画素のデュアルレンズ、自撮り用のカメラも1600万画素です。

 

CPUはKirin659で、メモリー(RAM)が4GBなのもメリットです。

さらに端末に人工知能を搭載しており、処理やバッテリーの消費を最適化してくれます。

 

急速充電・指紋認証・顔認証を搭載しており、機能性も十分です。

これだけの性能ながら端末代金は格安で、コスパ抜群です。

欠点もなく、どなたにもおすすめできる1台です。

 

<対応する回線>

Dプラン
(ドコモ)
Aプラン
(au)
Sプラン
(Softbank)

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,225円
  • 一括払い:29,400円

 

  • icon-circle-o Kirin659 + 4GBメモリー
  • icon-circle-o デュアルレンズカメラ搭載
  • icon-circle-o 自撮り用カメラも1600万画素
  • icon-circle-o 指紋認証・顔認証搭載
  • icon-circle-o 急速充電対応
  • icon-circle-o 端末代が安くコスパ抜群
  • icon-times 3Dゲームは少々難しい

 

▼P20 liteの詳細を確認・購入▼

マイネオ公式サイト

 

2位:iPhone8・8Plus

 

mineo(マイネオ)では、2018年12月17日からiPhone8・iPhone8 Plusが発売になりました。

格安SIMキャリアでiPhone8・iPhone8 Plusを販売するのはマイネオのみです。

 

容量カラー
iPhone864GB
シルバー
ゴールド
スペースグレイ
256GB
iPhone8
Plus
64GB
シルバー
ゴールド
スペースグレイ
256GB

 

マイネオで発売されるiPhone8・8plusは国内モデルの正規品(新品)です。

海外モデルやCPO品(メーカー認定整備済み品)ではありません。

 

アップルからは最新のiPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XRが発売されていますが、通常使用にはオーバースペックだと思います。

一方、高性能ながら価格の下がったiPhone8はねらい目で大変おすすめです。

 

マイネオのiPhone8は価格もApple Storeとほぼ変わりません(数百円だけマイネオの方が高い)ので、別々に購入するよりSIMと一緒に購入するのがおすすめです。

 

<対応する回線>

Dプラン
(ドコモ)
Aプラン
(au)
Sプラン
(Softbank)

 

<mineoのiPhone8・8 Plusの価格>

容量一括払い分割 (月)
iPhone 864GB¥67,800¥2,825
256GB¥85,200¥3,550
iPhone 8 Plus64GB¥79,200¥3,300
256GB¥96,000¥4,000

 

詳細記事マイネオでiPhone8・8plusが発売!

 

▼iPhone8の詳細を確認・購入▼

マイネオ公式サイト

 

3位:AQUOS sense2 SH-M08

続いてのマイネオのおすすめの機種は、SHARPのAQUOS sense 2(SH-M08)です。

大人気だった前作「AQUOS sense」の後継機として2018年12月に発売の機種です。

 

SH-M08は安心の国産スマホで、防水・防塵・おサイフケータイを搭載しています。

指紋認証センサー・顔認証にも対応し、カメラは被写体を判別して自動で最適なモードに切り替えてくれる「AI搭載カメラ」です。

 

搭載CPUはSnapdragon450で、400番台ながら性能はSnapdragon630と同程度のベンチマークスコアが出ています。

ゲームなどを除けば普段使いには十分でしょう。

 

  • icon-circle-o 大人気AQUOS senseの後継機
  • icon-circle-o IGZO液晶でフルHD+の美しさ
  • icon-circle-o AI搭載カメラで美しい写真
  • icon-circle-o 防水・おサイフケータイ対応
  • icon-circle-o 指紋認証・顔認証対応
  • icon-times CPU性能はそこまで高くない

 

詳細記事AQUOS sense2 SH-M08を詳細レビュー

 

▼mineoでSH-M08を購入する▼

マイネオ公式サイト

 

4位:HUAWEI nova 3

 

 

続いてのマイネオでおすすめの機種は、2018年10月発売の「HUAWEI nova 3」(ファーウェイノバ3)です。

CPUもカメラも超高性能な割に端末代金が安く、コスパが抜群です。

P20 liteよりも高性能な機種をお求めの方はHUAWEI nova 3が断然おすすめです。

 

HUAWEI nova 3に搭載しているCPUはKirin970メモリー(RAM)は4GBと非常に高性能です。

高負荷の3Dゲームをしても快適に動作するでしょう。

 

また、アウトカメラ(背面側のカメラ)もインカメラもAI搭載のダブルレンズカメラです。

画素数の高さはもちろん、最適な撮影モードにAIが自動で設定してくれるため、誰でも簡単に美しい写真が撮影できます。

他にもDSDS対応、au VoLTEにも対応しており、性能の割に価格が非常に安いのが特徴です。

 

一方、欠点はおサイフケータイ・防水・ワンセグに非対応な点と、カメラがライカ製ではない点でしょうか。

 

<対応する回線>

Dプラン
(ドコモ)
Aプラン (au)Sプラン (Softbank)

 

  • icon-circle-o 高性能Kirin970 + 4GBメモリー
  • icon-circle-o インもアウトもデュアルカメラ
  • icon-circle-o AIが自動で最適な撮影モードに
  • icon-circle-o DSDS・急速充電・顔認証対応
  • icon-circle-o 性能の割に価格が高くない
  • icon-circle-o au VoLTEにも対応済み
  • icon-times 防水・おサイフケータイなし
  • icon-times ハイレゾ・PCモード非対応

 

▼nova3をmineoで購入▼

マイネオ公式サイト

 

詳細記事「HUAWEI nova 3」の詳細レビュー

 

5位:Mate 20 Pro

 

 

続いてのマイネオのおすすめ機種は「Mate 20 Pro」(メイト20プロ)です。

人気のスマホメーカーHUAWEIのフラッグシップスマホで、最高峰の性能を誇ります。

 

特徴はなんといってもCPU・カメラ性能の高さです。

搭載CPUは業界最高峰のKirin980、メモリー(RAM)は6GBです。

さらに、人工知能(AI)を搭載しており、パフォーマンスや省エネを極限まで高めてくれます。

 

カメラは老舗カメラメーカー「Leica(ライカ)」と共同開発しており、世界初のトリプルカメラを搭載しています。

 

画面内指紋認証機能の他、顔認証にも対応しています。

バッテリーの持ちも抜群で、急速充電・ワイヤレス充電にも対応しています。

また、海外メーカー製ながら防水・防塵に対応しているのも嬉しいですね。

 

ハイスペック端末のため端末代金が非常に高いですが、発売直後から非常に人気の端末です。

 

<対応する回線>

Dプラン
(ドコモ)
Aプラン
(au)
Sプラン
(Softbank)
(対応予定)

 

<端末価格>

  • 24回払い:4,150円/月
  • 一括払い:99,600円

 

  • icon-circle-o 業界最高峰のスペック
  • icon-circle-o Kirin980+AIで処理最適化
  • icon-circle-o ライカ製のトリプルレンズカメラ
  • icon-circle-o 画面内指紋認証・顔認証
  • icon-circle-o 急速充電・ワイヤレス充電対応
  • icon-times 端末代金が高い
  • icon-times au回線はアップデート対応

 

詳細記事マイネオ「Mate 20 Pro」を解説!

 

▼Mate 20 Proの詳細確認・購入▼

マイネオ公式サイト

 

6位:ZenFone Max (M1)

 

 

続いてのマイネオのおすすめ機種は、ASUSから発売のZenFone Max M1(ZB555KL)です。

2018年12月に発売の機種です。

 

ZenFone Max M1(ZB555KL)の最大の特徴はバッテリーです。

大容量4000mAhのバッテリーを搭載しており、電池切れの心配はないでしょう。

また、急速充電にも対応しているのが嬉しいです。

 

また、DSDSに対応しており、さらにauを含めた全キャリアの回線が使えるのも魅力です。

2枚のSIMカードとSDカードを同時に入れられるトリプルスロットなのも嬉しいですね。

 

そして何よりのメリットは端末価格の安さです。

この性能で2万円を切る端末価格はかなり魅力的です。

 

搭載CPU・メモリーRAMは最低限ながら、カメラはデュアルレンズカメラですし、価格の割には性能は十分だと思います。

非常にコスパの良い機種ですね。

 

<対応する回線>

Dプラン
(ドコモ)
Aプラン
(au)
Sプラン
(Softbank)

 

<端末価格>

  • 24回払い:825円/月
  • 一括払い:19,800円

 

  • icon-circle-o 2万円を切る激安の端末価格
  • icon-circle-o 大容量バッテリー+急速充電
  • icon-circle-o DSDS対応
  • icon-circle-o 全キャリアの回線に対応
  • icon-circle-o トリプルスロット
  • icon-circle-o デュアルカメラ
  • icon-times CPU・カメラは最低限
  • icon-times 防水非対応

 

詳細記事ZenFone Max M1の詳細レビュー

 

▼ZB555KLの詳細確認・購入▼

マイネオ公式サイト

 

7位:ZenFone Live(L1)

 

 

続いてのマイネオおすすめ機種は、ASUSから発売のZenFone Live(L1) (ZA550KL)です。

2018年12月に発売の機種です。

 

ZenFone Live L1 (ZA550KL)は、端末の性能は最低限ながらとにかく端末価格が安いのが特徴です。

一括16,800円で購入できます。

ZenFone Max(M1)(ZB555KL)よりさらに安いです。

 

価格の割に顔認証機能を搭載し、DSDSにも対応しています。

SDカードも入れられるトリプルスロット3キャリア回線にすべて対応しているので、スマホ2台持ちをされる方のサブ機としてもおすすめです。

 

搭載CPUやカメラ機能は最低限のレベルですが、通話やメール、LINEのやり取りやWEB閲覧が中心なら十分な性能です。

 

<対応する回線>

Dプラン
(ドコモ)
Aプラン
(au)
Sプラン
(Softbank)

 

<端末価格>

  • 24回払い:700円/月
  • 一括払い:16,800円

 

  • icon-circle-o 圧倒的に価格が安い
  • icon-circle-o 顔認証機能搭載
  • icon-circle-o DSDS対応
  • icon-circle-o トリプルスロット
  • icon-circle-o 3キャリア回線対応
  • icon-times カメラ・CPUは本当に最低限
  • icon-times メモリーRAMは2GB

 

詳細記事ZenFone Live L1 (ZA550KL)のレビュー

 

▼ZA550KLの詳細確認・購入▼

マイネオ公式サイト

 

8位:ZenFone5(ZE620KL)

 

 

続いてのマイネオおすすめ機種は、2018年6月に発売の「ZenFone 5(ZE620KL)」です。

 

搭載CPUはSnapdragon636、メモリー(RAM)は6GBと十分です。

カメラもデュアルカメラを搭載しており、超ハイスペックというわけではありませんが十分な性能を誇っています。

  • アウトカメラ:1200万+800万画素
  • インカメラ:800万画素

 

さらにAI(人工知能)を搭載しており、被写体に応じて最適な撮影モードを選択してくれたり、写真の加工の好みを学習して自動で提案してくれたりします。

 

他にも急速充電機能ハイレゾ対応と便利機能も満載です。

ディスプレイはフルHD+の最高峰の美しさを誇り、トレンドの縦長画面です。

 

前作「ZenFone 4」に引き続き、バランスの良い高性能機種に仕上がっています。

 

<対応する回線>

Dプラン
(ドコモ)
Aプラン
(au)
Sプラン
(Softbank)

 

  • icon-circle-o Snapdragon636+6GBメモリー
  • icon-circle-o デュアルカメラ搭載
  • icon-circle-o 人工知能が写真を美しく最適化
  • icon-circle-o 大容量バッテリー+急速充電
  • icon-circle-o ハイレゾ対応・イヤホン同梱
  • icon-circle-o 最高峰の美しいディスプレイ
  • icon-times 防水・防塵なし

 

詳細記事マイネオ「ZenFone 5(ZE620KL)」を解説!

 

▼ZenFone5の詳細を確認・購入▼

マイネオ公式サイト

 

9位:AQUOS sense lite

 

 

続いてのマイネオおすすめ機種は、シャープから発売された「AQUOS sense lite SH-M05」(アクオスセンスライト)です。

 

多機能で性能も良い割に端末代金が安く、nova lite 2と並んでどなたにもおすすめできる機種です。

国産メーカーSHARP製で安心感もありますね。

購入者からの評判も非常に高いです。

 

AQUOS sense liteの特徴は画面の美しさ。

IGZO液晶搭載のディスプレイはフルHDなので非常に美しいです。

 

また、省エネ性能も優れバッテリーの持ちが長いのも特徴です。

国産メーカー製なので防水・防塵にも対応しており、少々の水濡れでも安心して使用することができます。

 

カメラ性能もバランスがよく、誰でも簡単にきれいな写真が撮影できます。

おサイフケータイも搭載しています。

 

コスパはわずかにnova lite 2の方が上ですが、国産スマホがよい方やおサイフケータイを使いたい方はぜひこの機種がおすすめです。

 

<対応する回線>

Dプラン
(ドコモ)
Aプラン
(au)
Sプラン
(Softbank)

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,375円
  • 一括払い:33,000円

 

  • icon-circle-o 多機能でバランスの良い性能
  • icon-circle-o IGZOパネル搭載の美しい画面
  • icon-circle-o 安心の防水・防塵機能
  • icon-circle-o おサイフケータイ搭載
  • icon-circle-o 性能の割に価格が安い
  • icon-times CPU性能は平凡
  • icon-times コスパはP20 liteが高い

 

詳細記事mineo「AQUOS sense lite」を解説!

 

▼SH-M05の詳細を確認・購入▼

マイネオ公式サイト

 

10位:HUAWEI P20

 

 

続いて紹介するのは「HUAWEI P20」です。

先にHUAWEI P20 liteを紹介しましたが、CPU・カメラを含めた全体的な性能はこちらが上です。

 

HUAWEI P20の特徴はなんと言ってもカメラです。

大人気の「ライカ(Leica)」製のカメラを搭載しており、カメラにこだわる方には断然おすすめです。

 

メインカメラは1200万画素のカラーレンズと2000万画素のモノクロレンズを搭載しており、高速フォーカスやAIによる手振れ補正機能も搭載。

自撮り用インカメラは2,400万画素と超高画素です。

 

CPUは超高性能のKirin970、メモリー(RAM)も4GBなので3Dゲームをされる方も十分な処理能力です。

 

ただし、HUAWEI nova 3より1.5万円ほど高いです。

ライカカメラやハイレゾなどにこだわりがなければ、HUAWEI nova 3が個人的にはおすすめです。

 

<対応する回線>

Dプラン
(ドコモ)
Aプラン
(au)
Sプラン
(Softbank)

 

<端末代金>

  • 24回払い:2,725円
  • 一括払い:65,400円

 

  • icon-circle-o 高性能Kirin970 + 4GBメモリー
  • icon-circle-o ライカ製デュアルレンズカメラ
  • icon-circle-o 自撮り用カメラは2400万画素
  • icon-circle-o 指紋認証・顔認証
  • icon-circle-o 急速充電
  • icon-times P20 lite・nova3より少々高い

 

▼P20の詳細を確認・購入▼

マイネオ公式サイト

 

11位:iPhone6S

 

 

mineo(マイネオ)では、2018年5月より「iPhone6S」を購入できるようになりました。

mineoはiPhone6Sが安く購入でき、月額料金も非常に安いので大変おすすめです。

 

iPhone6Sの特徴は、なんと言ってもその美しいデザイン。

滑らかな曲線は最新のiPhone 8・iPhone Xと同じフォルムになっています。

また、画面は4.7インチのRetina HDディスプレイが採用され、非常に美しいです。

 

こちらの商品は海外モデルのメーカー認定整備済品です。

しかし、ケーブルやACアダプタも同梱されていますし、われわれが使う分には国内モデルと変わりありません。

 

どうしてもiPhoneが良い!という方に、格安で使用できるmineoのiPhone 6Sは大変おすすめです。

 

<対応する回線>

Dプラン
(ドコモ)
Aプラン
(au)
Sプラン
(Softbank)

 

<端末代金(64GB)>

  • 24回払い:2,475円
  • 一括払い:59,800円

 

  • icon-circle-o iPhone 6Sが格安で買える
  • icon-circle-o 最新機種と似たデザイン
  • icon-circle-o 4.7インチコンパクト画面
  • icon-circle-o インカメラはiPhone SEより優秀
  • icon-times メーカー認定整備済品・海外モデル
  • icon-times 64GB・ゴールドのみ

 

詳細記事mineoで「iPhone6S」が買える!

 

▼iPhone6Sの詳細を確認・購入▼

マイネオ公式サイト

 

12位:nova lite 2

 

 

続いてのマイネオおすすめ機種は、2018年2月15日に発売の「nova lite 2」(ノバライト2)です。

前機種「nova lite」も非常に人気でしたが、こちらのnova lite 2は更におすすめの機種です。

 

nova lite 2の最大の特徴はカメラです。

メインカメラは1,300万画素と200万画素のダブルレンズです。

この2つのレンズで色彩・明るさを感知して美しい写真に仕上げるとともに、背景をぼかす「ポートレートモード」も搭載し、プロのような仕上がりになります。

 

また、最近のトレンドである18:9の縦長ディスプレイも特徴です。

解像度は2,160×1,080ピクセルのフルHD+と最高峰のレベルなので、画面が非常に美しいです。

 

CPUはKirin659のオクタコアメモリー(RAM)は3GBで、同じHUAWEI製の大人気スマホ「P10 lite」よりも進化しています。

 

性能は同じHUAWEIのP20 liteの方が上ですが、端末価格はnova lite 2の方が安いです。

どちらも普段使いには十分なので、大きなこだわりがなければnova lite 2でも十分でしょう。

 

<対応する回線>

Dプラン
(ドコモ)
Aプラン
(au)
Sプラン
(Softbank)

 

<端末代金>

  • 24回払い:950円
  • 一括払い:22,800円

 

  • icon-circle-o 大人気機種nova liteの後継機
  • icon-circle-o デュアルレンズカメラ搭載
  • icon-circle-o 18:9縦長でフルHD+の画面
  • icon-circle-o 十分なCPU性能
  • icon-circle-o 指紋認証センサー搭載
  • icon-circle-o 高性能の割に端末が安い
  • icon-times 防水機能なし

 

▼novalite2の詳細を確認・購入▼

マイネオ公式サイト

 

13位:arrows M04

 

 

続いてのマイネオおすすめ機種は「arrows M04」です。

アローズシリーズは国産メーカー「富士通」のスマホだけあって、便利な機能が満載で、操作がわかりやすいのが特徴です。

 

防水・防塵はもちろん、ワンセグ・おサイフケータイにも対応しています。

特に防水性はピカイチで、「洗えるスマホ」として有名です。

 

バッテリーの持ちもよく「3日間充電不要」と謳っています。

耐久性に優れていて落下や衝撃に強いのも嬉しいですね。

カメラもなかなかの性能で、超高速シャッター広角カメラを搭載しており、誰でも簡単に美しい写真が撮れます。

 

AQUOS sense liteとよく比較されますが、評判はすこしだけAQUOS sense liteの方が高いです。

しかし、ワンセグ搭載なら「arrows M04」です。

CPU性能は平凡ですが、多機能で欠点の無い安心の国産スマホですね。

 

<対応する回線>

Dプラン
(ドコモ)
Aプラン
(au)
Sプラン
(Softbank)

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,325円
  • 一括払い:31,800円

 

  • icon-circle-o 富士通製で安心の国産スマホ
  • icon-circle-o 防水対応で”洗えるスマホ”
  • icon-circle-o >ワンセグ・おサイフケータイ搭載
  • icon-circle-o 欠点のないカメラ性能
  • icon-circle-o 求めやすい価格
  • icon-times CPU性能は平凡
  • icon-times ワンセグ不要ならSH-M05

 

▼M04の詳細を確認・購入▼

マイネオ公式サイト

 

14位:iPhone7

 

 

mineo(マイネオ)では、2018年2月15日からiPhone7が発売されています。

格安SIMでiPhone7を販売しているのはマイネオのみです。

ただし最近では品切れ状態が続いています)

 

マイネオでのiPhone7の取扱端末は以下の通りです。

iPhone7・7 Plusともに128GBの端末は、日本国内では販売終了している限定カラーのREDです。

また、256GB端末も販売されます。

容量によって取り扱いカラーが異なるので注意してください。

 

容量カラー
iPhone 7128GBRED
256GBシルバー
ローズゴールド
iPhone 7 Plus128GBRED
256GBブラック

 

2月15日に発売された分は残念ながら完売しましたが、在庫が確保でき次第再入荷予定とのことです。

こまめに「マイネオ公式サイト」で在庫をチェックし、在庫があれば即買いしましょう。

 

なお、iPhone7の申込みは公式サイトのみからとなっています。

店頭では購入できませんので注意してください。

 

詳細記事mineoでiPhone7・7plusが発売!限定カラー含め数量限定!

 

▼iPhone7の詳細を確認・購入▼

マイネオ公式サイト

 

マイネオ端末購入時の補足・注意点

 

mineoの端末はいつ届く?到着までの日数は?

 

mineoで端末を購入すると、主にゆうパックで端末が送られてきます。

到着までにかかる日数は、公式HPでは1週間程度となっています。

 

お申し込みから1週間程度で宅配便にてお届けいたします。
mineo端末同時購入の方は、SIMカードと一緒に端末をお届けします。
SIMカードのお届けは、申込混雑状況によって前後する場合があります。

 

ただし、到着までにかかる日数は申し込み状況によって異なり、HPに大体の目安が記載されています。

例えば2018年6月10日は3~4日となっていました。

 

 

キャンペーンなどを実施すると申込みからの所要日数が長くなるようで、最大8日かかったという方もいらっしゃいました。

申込みは余裕を持って行ってください。

 

▼申し込み・詳細はこちら▼
マイネオ公式サイト

 

中古端末の購入も可能

 

マイネオの公式サイトでは「ムスビー」という中古スマホショップが紹介されています。

 

このムスビーでは状態のよい中古スマホが販売されています。

「新品にこだわらない」「できるだけ端末価格を安く抑えたい」「マイネオ取り扱い端末以外のスマホを使いたい」という方は、こちらのムスビーを利用するのもよいでしょう。

 

▼中古スマホが豊富▼

 

また、マイネオのエントリーパッケージが無料でついてくるキャンペーンなども実施しています。

 

エントリーパッケージでもマイネオ端末購入可

 

mineoは、「マイネオ公式サイト」でも申し込み可能ですが、アマゾンやヨドバシカメラなどで購入したエントリーパッケージを利用して申し込むことが可能です。

そして、エントリーパッケージを利用する場合も、端末とセットで購入できます

 

エントリーパッケージで申し込む場合も、amazonから購入したエントリーパッケージに書かれたコードを公式サイトで手続きする際に入力するだけなので、通常の公式サイトと購入方法はあまり変わりません。

公式サイトで申し込む際に端末セットで購入を選び、お好きな端末を選択すれば完了です

 

端末のみ購入・追加購入も可

 

既にmineoに契約されている方は、端末のみを購入することも可能です。

端末はマイページの「ご契約サービスの変更」の「端末追加購入(機種変更)」から購入できます。

 

端末のみ購入時の注意点

 

その際、注意点が2点あります。

ひとつは、SIMカードのサイズを間違えないことです。

現在契約しているSIMカードがmicroなのに、nano対応のスマホ端末を購入しても使えませんので、必ずサイズをチェックしてください。

 

もう1点は、mineoで端末を購入した後、3ヶ月間は新たに端末を購入できないということです。

「mineoで新しい端末を買ったけど、気に入らなかったので買い換えたい…」という場合も、3ヶ月間は待ちましょう。

 

▼申し込み・詳細はこちら▼
マイネオ公式サイト

 

端末の故障・破損・紛失時の対処

 

本記事は端末保証オプションである「端末安心保証サービス」未加入の方向けに説明しています。
端末保証オプションに加入されている方は次章をお読みください

 

「端末安心保証サービス」未加入の場合に端末が故障・破損した場合は、メーカーに修理や交換を依頼することになります。

 

メーカーによって異なりますが、購入後1年間の自然保証はメーカーが無償で対応してくれます。

1年経過後は有償修理となりますので、場合によっては新しい端末を購入したほうが安いかもしれません。

  • 購入から1年以内の自然保証:メーカー保証対応(1年)
  • 1年経過後:メーカーの有償修理・交換

 

詳しくはこちらをお読みください。

詳細端末の故障・破損について | mineo

 

マイネオの端末保証オプション

 

端末の故障や破損が発生すると、場合によっては高額な修理代がかかる場合があります。

それに備え、mineo(マイネオ)では端末保証のオプションに加入することができます。

 

端末保証オプションは、「mineoで購入した端末」向けと「持ち込みの端末」向けの2種類が用意されています。

 

端末安心保証サービス

 

 

端末を最短翌日に交換

 

mineoで購入した端末の端末保証オプションは「端末安心保証サービス」という名称です。

月額370円を支払っておけば、故障・破損が発生した場合に新しい端末を最短翌日に届けてくれます。

 

交換には料金がかかりますが、通常よりかなり格安になりますので、破損・故障が不安な方はぜひ加入しましょう。

 

端末交換時の料金・費用

 

端末安心保証サービスは月額370円かかりますが、実際に端末を交換してもらう際にはさらに料金がかかります。

端末安心保証サービスを利用して交換する際にかかる費用は以下の通りです。

 

<交換にかかる費用>

  • 1回目:5,000円
  • 2回目:8,000円
  • 3回目以降:実費

 

上記の通り、格安で交換してもらえるのは2回目までなので注意してください。

 

▼端末安心保証サービスの詳細▼

マイネオ公式サイト

 

持込み端末安心保証サービス

 

 

他社購入の端末も保証

 

mineoでは、マイネオ以外で購入した端末にも保証オプションがつけられます。

名称は「持込み端末安心保証サービス」です。

 

月額500円支払っておけば、故障・破損発生時に無償または格安で修理・交換してくれます。

 

事前にIMEIの登録が必要

 

持込み端末安心保証サービスで補償してくれる対象端末には条件があります。

  • マイネオのSIMで通信をする端末
  • 事前にIMEI番号を登録した端末

 

IMEI番号とは、端末の製造番号です。

オプション加入後、このIMEI番号を登録した端末のみが補償を受けられます。

必ず登録しておきましょう。

 

修理・交換時の費用

 

こちらの持込み端末安心保証サービスも、実際に端末保証オプションを適用して修理・交換する場合には、別途費用がかかります。

修理・交換時の費用は以下の通りです。

 

<修理・交換費用>

修理交換
1回目
無償
¥5,000
2回目¥8,000
3回目以降実費

 

上表の通り、オプションで保証してくれるのは2回目までです。

修理は2回目まで無料、交換の場合は5,000円/8,000円がかかります。

3回目以降は実費になりますので注意してください。

 

iPhoneも端末保証の対象

 

この端末保証オプションには対象端末が限られています。

全ての端末が加入できるわけではありません。

対象端末は下記サイトで確認してください。

詳細対象端末 | mineo

 

上記ページの通り、iPhoneも端末保証オプションの対象です。

特に最新のiPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XRは端末価格が非常に高額ですので、不安な方は月額500円かかりますが持込み端末安心保証サービスへの加入をおすすめします。

 

加入後30日間は保証対象外

 

この持込み端末安心保証サービスは、加入後30日間は保証の対象外です。

悪用防止のための措置ですので仕方がないですね。

 

端末保証オプションの解約手順

 

マイネオの端末保証オプションは、どちらもマイネオのマイページから解約できます。

 

解約手順端末安心保証サービスの解約

解約手順持込み端末安心保証サービスの解約

 

なお、端末安心保証サービスは最大35ヶ月までしか保証してくれませんので、35ヶ月の末日で自動解約となります。

 

▼端末保証の詳細をチェック▼

マイネオ公式サイト

 

持ち込み端末もマイネオで使える

 

手持ちの端末もそのまま使える

 

mineoでは新たに端末を購入できますが、ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安スマホキャリアで購入した端末を、mineoでそのまま使用することも可能です。

 

他社のiPhoneもマイネオで使える

 

スマホ界で圧倒的人気を誇るiPhoneですが、mineoで取り扱いのあるiPhoneは限られています。

しかし、人気機種のiPhone8やiPhoneX、最新のiPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XRもmineoで使うことができます。

 

手順などは下記記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

端末チェッカーで使用可否確認

 

ご自身が使用しているスマホ端末がmineo(マイネオ)で使用できるか不安な場合は、「端末チェッカー」で使用可否を確認することができます。

 

ためしに、SIMフリー端末(ドコモ・au・ソフトバンクで購入しSIMロック解除済み)のAQUOS R compactが使用できるか確認したところ、以下の結果が出ました。

 

 

auプラン・ドコモプランで使用できるかどうかだけでなく、購入すべきSIMカードの種類・サイズまでわかるので安心です。

ぜひご利用ください。

 

詳細端末チェッカー | mineo

 

SIMロック解除の要否

 

マイネオではドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線を選べます。

そのため、以下の場合はSIMロック解除することなくそのまま端末を使用できます。

 

  • ドコモ端末をDプランで使用
  • au端末をAプランで使用
  • ソフトバンク端末をSプランで使用
  • SIMフリー端末を使用

 

上記以外の場合は、SIMロック解除が必要になります。

 

<SIMロック解除の要否>

D
プラン
A
プラン
S
プラン
SIM
フリー
不要不要不要
ドコモ不要
au不要
Softbank不要

 

SIMロック解除は店頭で手続きすると3,000円の手数料がかかりますので、契約中にマイページからSIMロック解除手続きをしましょう。

 

使用前にAPN設定が必要

 

mineoのSIMカードが届いたら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

APN設定とは、端末でmineoの回線を使ったデータ通信ができるようにする設定です。

 

詳細は下記を参照してください。

 

▼APN設定の詳細はこちら▼

マイネオ公式サイト

 

マイネオで使えるSIMフリーのおすすめ機種

 

ここからは、mineo(マイネオ)では取り扱っていないが、問題なく使えておすすめの機種を紹介します。

ただし、回線によっては使えない場合もありますので、動作確認端末で対応可否を確認してください。

 

AQUOS sense plus SH-M07

 

 

マイネオで使えるおすすめ機種の1台目は、SHARPのAQUOS sense plus(SH-M07)です。

2018年6月に発売の機種です。

 

SIMフリーではAQUOS sense2 SH-M08が発売されましたが、性能はAQUOS sense plusの方が上です。

搭載CPUはSnapdragon630、メモリー(RAM)は3GBなので、高負荷の3Dゲームなど以外は処理速度が快適でしょう。

 

フルHD+のディスプレイにはもちろんシャープのIGZO液晶と搭載し、美しさと省エネ性能を兼ね備えています。

指紋認証センサー防水・防塵はもちろん、おサイフケータイハイレゾ対応のオーディオも搭載しています。

 

<対応する回線>

Dプラン
(ドコモ)
Aプラン (au)Sプラン (Softbank)

 

  • icon-circle-o Snapdragon630+3GBメモリー
  • icon-circle-o IGZO液晶でフルHD+の美しさ
  • icon-circle-o 5.5インチで握りやすい縦長本体
  • icon-circle-o 防水・防塵・指紋認証センサー搭載
  • icon-circle-o おサイフケータイ搭載
  • icon-times ワンセグなし
  • icon-times 最新機種SH-M08が発売

 

詳細記事AQUOS sense plus SH-M07を解説!

 

AQUOS sense2 SH-M08

 

続いてのマイネオで使えるおすすめ機種は、SHARPのAQUOS sense 2(SH-M08)です。

大人気だった前作「AQUOS sense」の後継機として2018年12月に発売の機種です。

 

安心の国産スマホで、防水・防塵・おサイフケータイを搭載しています。

指紋認証センサー・顔認証にも対応し、カメラは被写体を判別して自動で最適なモードに切り替えてくれる「AI搭載カメラ」です。

 

搭載CPUはSnapdragon450で、400番台ながら性能はSnapdragon630と同程度のベンチマークスコアが出ています。

ゲームなどを除けば普段使いには十分でしょう。

 

SHARPからは以下の4機種が発売中です。

  • AQUOS sense2 SH-M08
  • AQUOS sense plus SH-M07
  • AQUOS R compact SH-M06
  • AQUOS sense lite SH-M05

 

本記事ではSH-M07・SH-M08を紹介しましたが、さらに性能にこだわるなら「AQUOS R Compact SH-M06」、価格を抑えるなら「AQUOS sense lite SH-M05」を選びましょう。

 

<対応する回線>

Dプラン
(ドコモ)
Aプラン (au)Sプラン (Softbank)

 

  • icon-circle-o 大人気AQUOS senseの後継機
  • icon-circle-o IGZO液晶でフルHD+の美しさ
  • icon-circle-o AI搭載カメラで美しい写真
  • icon-circle-o 防水・おサイフケータイ対応
  • icon-circle-o 指紋認証・顔認証対応
  • icon-times CPU性能はそこまで高くない
  • icon-times マイネオでは発売なし

 

詳細記事AQUOS sense2 SH-M08を詳細レビュー

 

honor9

 

 

続いてマイネオで使えるおすすめ機種は「honor9」(オーナーナイン)です。

CPUもカメラも高性能な割に端末代金が安く、コスパが抜群です。

 

honor9に搭載しているCPUはKirin960メモリーは4GBと非常に高性能です。

高負荷の3Dゲームをしても快適に動作するでしょう。

 

バッテリー容量も省エネ性能も優秀なので、スマホのヘビーユーザーにもぴったりです。

アウトカメラ(背面側のカメラ)は1,200万画素+2,000万画素のデュアルレンズカメラで、写真にこだわる方にも十分な性能です。

 

さらに、スマホ本体デザインが非常に美しいのも特徴のひとつです。

純正のスマホカバーやイヤホンが付属しているのも嬉しいですね。

 

<対応する回線>

Dプラン
(ドコモ)
Aプラン (au)Sプラン (Softbank)

 

  • icon-circle-o 高性能Kirin960 + 4GBメモリー
  • icon-circle-o 大容量バッテリー + 急速充電
  • icon-circle-o 高性能デュアルレンズカメラ
  • icon-circle-o 美しい本体デザイン
  • icon-circle-o 性能の割に価格が高くない
  • icon-times 防水・防塵なし
  • icon-times au回線では使えない

 

詳細SIMフリー「honor9」を解説!

 

▼マイネオのSIM契約はこちら▼

マイネオ公式サイト

 

マイネオで機種変更/端末変更する手順

 

マイページから機種変更可能

 

既にmineo(マイネオ)を契約している方が機種変更(端末変更)する場合は、端末のみを購入することができます。

今使用しているSIMカードを差し替えれば機種変更が完了ですね。

 

端末変更はマイページの「ご契約サービスの変更」の「端末追加購入(機種変更)」から購入できます。

 

機種変更時はAPN設定不要

 

マイネオのマイページから機種変更手続きして端末を購入した場合、基本的にはAPN設定は不要です。

現在使用している機種からSIMカードを抜き、新しい端末に挿して電源を入れれば使えます。

 

SIM変更時は回線切り替え

 

機種変更する際、SIMカードの変更が必要な場合があります。

例えば、機種変更したい端末が今使っている回線タイプでは使えない場合や、SIMカードのサイズが異なる場合などです。

 

このような場合は、機種変更手続きをすると自動で新しいSIMカードを送ってきてくれます

届いた端末にSIMカードも同梱されていた場合は、古いSIMから新しいSIMへの「回線切り替え」手続きが必要になります。

 

回線切り替え手続きはマイページから簡単に出来ます。

また、端末に説明書が同梱されていますので、よく読んで回線切り替え(開通)手続きしてください。

 

端末購入3ヶ月は機種変更不可

 

マイネオマイページから機種変更する際には注意点があります。

それは、mineoでは端末を購入した後3ヶ月間は新たに端末を購入できないということです。

 

「mineoで新しい端末を買ったけど、気に入らなかったので買い換えたい…」という場合も、3ヶ月間は待ちましょう。

 

機種変更の端末購入特典

 

マイネオでは、長期間契約している方にお得な特典があります。

そのうちのひとつが「端末購入特典」です。

 

マイネオで端末とセットでSIMカードを契約した場合、1年ごとにアマゾンギフト券が貰えます。

貰えるギフト券の額は、購入した端末の金額と経過年数によって異なります。

 

端末
価格
1年
1ヶ月目
2年
1ヶ月目
3年
1ヶ月目
5万円~¥2,000¥2,500¥3,000
3.5万円~¥1,500¥2,000¥2,500
2万円~¥1,000¥1,500¥2,000
~2万円¥500¥1,000¥1,500

※購入1台当たりの金額 

 

基本的に格安SIMの特典は入会時のみの場合が多いですが、長期利用で特典があるのは非常に嬉しいですね。

詳細記事マイネオの端末購入特典

 

▼端末購入特典の詳細をチェック▼

マイネオ公式サイト

 

自分で機種変更/端末変更する手順

 

マイネオでは公式サイトのマイページから機種変更できますが、自分で機種変更することも出来ます。

使いたい端末を既に持っている場合や、マイネオ取り扱い端末以外を使いたい場合は自分で機種変更しましょう。

もちろんiPhoneへの機種変更も可能です。

 

自分で機種変更する手順

 

自分で機種変更する手順は以下の通りです。

 

  1. 使いたい端末を用意
  2. SIMカードを抜く
  3. 新端末にSIMを挿入
  4. APN設定

 

基本的には、今使っている機種からSIMカードを抜き、新しい機種に挿してAPN設定をすれば完了です。

APN設定の手順は下記に詳しくまとめてあります。

 

SIMカードのサイズに注意

 

ただし、自分で機種変更する際の注意点が2点あります。

ひとつは、SIMカードのサイズです。

例えば、現在契約しているSIMカードがmicroで新しい端末のSIMカードのサイズがnanoの場合、マイページからSIMカードのサイズを変更してもらう必要があります。

その際、3000円ほどの手数料がかかりますので注意してください。

 

回線毎の使える機種を確認

 

もう1点、自分で機種変更する際は、新しい端末がどの回線に対応しているかを必ずチェックしましょう。

 

Dプラン(ドコモ回線)・Sプラン(ソフトバンク回線)はほとんどの端末が使えますので、あまり心配はいりません。

しかし、Aプラン(au回線)で使いたい場合は、使えない端末が多いです。

 

SIMフリー(SIMロック解除済み)のiPhoneは全ての回線で使えますが、Android端末はauのバンド・周波数やau VoLTEに対応していない場合があります。

マイネオ公式サイトの動作確認端末、または端末チェッカーで、使えるかどうか確認しましょう。

詳細端末チェッカー | mineo

 

▼機種変更はこちらから▼

マイネオ公式サイト

 

mineoの端末購入は公式サイトで!

 

以上、mineo(マイネオ)のおすすめスマホランキングの紹介でした。

 

格安スマホのmineoなら、月々のスマホ料金を大幅に下げることができます。

本記事を参考に、ぜひお気に入りの1台を見つけてください。

 

mineo(マイネオ)のスマホは「マイネオ公式サイト」から24時間、待ち時間なしで申し込むことができます。

お得に契約できる今のうちにぜひお申込ください!

 

▼端末購入・機種変更はこちら▼

マイネオ公式サイト

 

<関連記事>

 

mineoトップページへ

 

mineo
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-