YmobileでiPhone7が1.5万、SIMが1万円割引中 

NifMoを解約する全手順!違約金やおすすめの乗り換え先も【ニフモ】

 

NifMo

 

本記事では、格安SIM「NifMo」を解約する手順や違約金・注意点を解説します。

また、あわせておすすめの乗り換え先キャリアも紹介します。

 

NifMoの解約手続きは少々特殊です。

本記事をよく読み、損をしないように解約しましょう。

 

解約ではなく他社にMNP乗り換えする手順は下記記事に詳しくまとめています。
NifMoからMNP転出する手順
本記事の内容は、特段の記載がない限りデータSIM・音声通話SIM共通です。

 

NifMoを解約する手順と注意点

 

NifMoの解約は以下の手順で進めます。

 

  • マイページからNifMoを解除
  • SIMカード返却
  • @niftyを解除

 

マイページで解約手続き

 

NifMoの解約は、マイページから手続きします。

電話や店舗では解約はできません。

 

マイページにログイン後、画面に従って解約手続きを進めてください。

 

1.注意事項をよく読み、「同意する」を選択

 

NifMo解約手順

 

2.次ページの注意点もよく読み、「次へ進む」をクリック

 

NifMo解約手順

 

3.サービス解除予定日を確認後、「サービスを解除する」をクリック

 

NifMo解約手順

 

この画面で、実際に解約する日付が表示されます。

この画面までいつ解約するかはわかりません。

この画面で必ず解約日を確認してください。

 

SIMカードを返却

 

NifMoのSIMカードは、NifMoから借りているものです。

そのため、NifMoを解約したあとにはSIMカードを返却しなければなりません。

 

 

SIMカードの返却先は以下の通りです。

 

〒270-2214
千葉県松戸市松飛台336-17
グッドマン松戸内3階
ヤマトロジスティクス(株)内
NifMo SIMカード返却センター

 

返却の送料は各自負担です。

SIM返却の詳細は下記ページを確認してください。

 

詳細SIMカードの返却方法 | NifMo

 

@niftyも解約

 

NifMoに契約すると、同時に@niftyというサービスにも登録しています。

NifMoを解約しただけでは@niftyは解約されず、NifMo解約後も月額250円の課金が継続します。

 

@niftyの光回線やメールアドレスを使わない場合は、必ず@niftyも解約しましょう。

@niftyの解約手順は下記ページを参照してください。

 

詳細@niftyを解約したい | NifMo

 

 

NifMo解約時の注意点

 

解約は手続きの約11日後

 

NifMoはマイページで解約手続きしても、即座に解約されるわけではありません。

NifMoはマイページでの解約手続きをした約11日後に解約されます。

 

他の格安SIMでは、解約申請した月末日に解約されるところが多いですが、NifMoは月末日ではなく手続きした約11日後である点に注意してください。

 

実際にいつ解約されるかは、マイページから解約手続きを進めると表示されます。

必ず確認してください。

 

解約月料金は全額/日割りなし

 

NifMoを月途中に解約した場合、料金は日割り計算されずに1ヶ月分全額請求されます。

 

前章の通りNifMoの解約日は月末日ではなく、手続きした日から約11日後です。

11日後が月をまたいでしまうと、その月の分の料金も1ヶ月分かかるので注意してください。

 

解約を決めたらできるだけ早めに手続きしましょう。

 

店舗/電話で解約できる?

 

NifMoの解約はマイページからのみです。

電話や店舗では解約手続きができません。

 

解約にかかる手数料

 

NifMoの解約には手数料はかかりません。

ただし、音声通話SIMの場合は次章で解説する違約金が掛かる可能性があります。

 

また、MNP転出の場合はMNP転出手数料がかかります。

 

 

 

最低利用期間と違約金/解約金

 

通常、NifMo単純な解約には手数料はかかりません。

しかし、音声通話SIMを契約中の方が最低利用期間をすぎる前に解約する場合は解約違約金が発生します。

データSIMに違約金はありません。

 

NifMoの音声通話SIMの最低利用期間は利用開始月の翌月から6ヶ月後の月末日までです。

利用開始日が1月15日の場合、最低利用期間は7月末までです。

 

最低利用期間を迎える前に音声通話SIMを解約すると違約金が発生します。

 

違約金はいつ解約しても8,000円です。

8,000円は非常に痛い出費になりますので、できるだけ6ヶ月間は使い続けましょう。

 

シェアプランの解約日

 

NifMoでは、一つの契約プランに対し、複数のSIMカードで容量を分け合う「シェアプラン」が用意されています。

このシェアプランの解約もマイページから手続きします。

 

シェアプランの解約日は「申請日の翌日から10営業日後の日付が属する月の最終営業日」です。

通常プランの解約は約11日後でしたが、シェアプランは10営業日後が属する月の月末営業日が解約日ですので注意してください。

 

SIMを返却しないと弁償?

 

NifMoではSIMカードの返却が必要ですが、返却をしなくても罰金などはありません。

 

 

解約のお得なタイミングは?

 

どうせ解約するのであれば、できる限りお得に解約したいですよね。

この章では、NifMoを解約するのにお得なタイミングを解説します。

 

最低利用期間終了後

 

まず、音声通話SIMを契約している方はできる限り最低利用期間終了後に解約しましょう。

最低利用期間内に解約する場合、違約金が発生します。

 

NifMoの場合、最低利用期間内ならいつ解約しても8,000円かかります。

格安SIMにおける8,000円はかなり痛いです。

できる限り半年間は我慢して解約しましょう。

 

解約日が月末になるように

 

繰り返しになりますが、NifMoの解約日は解約手続きをした約11日後です。

他の格安SIMのように、解約手続きをした月の月末日ではありません。

 

いつ解約しても解約月の料金は全額請求されますので、解約日ができるだけ月末に近いほどお得です。

解約日は約11日後ですので、15日を過ぎたくらいに解約手続きをすれば、解約日が月末になります

 

ただし、あまりにギリギリを狙って月をまたいでしまうと大きな損ですので、余裕を持って手続きしましょう。

 

データ容量は使い切ろう

 

NifMoを解約すると、これまで貯まっていたデータ容量は全てなくなります。

よって、繰り越しでデータ容量が貯まっている場合はせっかくですので使い切りましょう。

 

繰り越しデータがたくさん余っている場合は、最終月だけ小さい容量にプラン変更すれば、繰り越しデータを無駄なく使えて基本料金を安く抑えられます。

 

乗り換え先のキャンペーンを確認

 

NifMoを解約して他の格安SIMに契約する場合は、乗り換え先のキャンペーンを必ず確認しましょう。

格安SIMの料金はどこもあまり変わりませんが、キャンペーンが実施中かそうでないかでお得度は大きく異なります。

必ずキャンペーンを適用しましょう。

 

各格安SIMのキャンペーンは下記で確認してください。

 

 

次に契約する格安SIMのおすすめは?

 

今本記事をお読みの方の中には、NifMoを解約して別の格安SIMを契約しようとされている方もおられるかもしれません。

 

私がおすすめするおすすめの格安SIMキャリアは以下の3社です。

 

おすすめ乗り換え先
1BIGLOBEモバイル
2ワイモバイル
3UQモバイル

 

BIGLOBEモバイル

 

 

まず紹介するのはBIGLOBEモバイルです。

 

BIGLOBEモバイルはNifMoと同じドコモ回線に加えau回線が選べ、料金も同程度ですが通信速度はNifMoより速いです。

 

特にau回線はかなり速いです。

au回線に対応した端末をお持ちの方はできるだけタイプAを選びましょう。

 

BIGLOBEモバイルは料金プランもシンプルで安くキャンペーンが豪華なことが魅力です。

また、Youtubeなどの動画・音楽がカウントフリーになる「エンタメフリー」が非常に人気です。

 

  • ドコモ回線とau回線も選べる
  • au回線は通信速度が快適
  • 最低利用期間1年
  • 料金がシンプル
  • エンタメフリーも選べる
  • お昼は速度が落ちる

 

ドコモ回線もau回線もお昼は通信速度が落ちますが、それでもNifMoより速いです。

 

 

▼ドコモ/au回線が選べる▼

 

 

ワイモバイル

 

 

続いて紹介するのはワイモバイルです。

 

ワイモバイルは格安SIMではダントツで通信速度が速くお昼でも通信速度が落ちないのがメリットです。

全国に店舗があるのも大きなメリットですね。

 

  • 格安SIMトップクラスに速度が速い
  • キャリアメール・留守電無料
  • ソフトバンクWi-Fiスポットが無料
  • SIMのみ契約時の割引がお得
  • 光回線とのセット割でさらに安く
  • 店舗数は格安SIM最多
  • データ繰越不可
  • 低速モードなし
  • 最低利用期間は2年

 

ワイモバイルは私が最もおすすめする格安SIMキャリアでもあります。

私自身もワイモバイルをメインで契約しています。

 

ただし、最低利用期間は2年とNifMoより長いです。

また、データ繰越ができないのが最大のデメリットですね。

 

 

▼ワイモバイルの詳細を確認▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

UQモバイル

最後に紹介するのはUQモバイルです。

 

ワイモバイルと並んで、通信速度は格安SIMの中で圧倒的に速いです。

NifMoの通信速度が気になっている方は、UQモバイルかワイモバイルがおすすめです。

 

  • Ymobileと同等に速度が速い
  • 余ったデータは繰り越し可能
  • 店舗もそこそこある
  • 最低利用期間は2年
  • 現在の端末は使えない場合も

 

メインの「おしゃべり・ぴったりプラン」は最低利用期間が2年ですが、データ容量が3GBで良いなら最低利用期間が1年の「データ高速+音声プラン」もあります。

 

料金はNifMoより少々高いですが、快適な通信速度と店舗がある点がメリットです。

ワイモバイルと違って余ったデータの繰越もできますし、低速モードに切り替えればデータ通信速度が消費されません。

 

当サイト限定のキャッシュバックもあるのでぜひ利用してください。

 

 

▼通信速度はMVNOでNO.1▼

UQモバイル公式サイト

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

 

NifMoからMNPで乗り換える手順

 

MNPを利用してNifMoから他社に乗り換える手順は以下の記事に詳しくまとめています。

 

 

特にMNP予約番号の有効期限と、最低利用期間/違約金に注意してください。

 

ニフモの解約手順・注意点まとめ

 

以上、NifMoの解約手順や手数料、違約金に関する解説でした。

解約の場合は本記事をよく読み、損をしないように解約しましょう。

 

NifMoから他社に乗り換える場合は本記事で紹介した3社なら通信速度は非常に快適です。

ぜひ乗り換えで快適な格安SIMライフを過ごしてください!

 

▼ドコモ/au回線が選べる▼

 

▼快適な速度と全国に店舗あり▼

ワイモバイル公式サイト

 

▼通信速度は非常に快適▼

UQモバイル公式サイト

 

 

 

格安SIMへのMNP完全解説

 

未分類
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-