格安SIMのキャンペーン一覧はこちら 

NifMoでiPhoneが格安で使える!設定やテザリング可否、機種変更手順を解説!【ニフモ】

 

皆さんこんにちは!

本記事では、格安スマホのNifMo(ニフモ)で、iPhone(iPhone8・iPhone7・iPhone6S・iPhone SEなど)を使用する手順・料金を説明します。

 

この方法で2年間で最大50,000円近く通信料を節約することができます。

また、iPhoneを使うための設定(APN設定)もいたって簡単です。

 

<対象のiPhone機種>

  • iPhone8・8 plus
  • iPhone X
  • iPhone7・7 plus
  • iPhone6S・6S plus
  • iPhone SE

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

記事内ではiPhone6S Plus・iPhone7 Plus・iPhone8 plusの表記を割愛している場合がありますが、これらの機種も設定手順などは全て同じです。

 

NifMoにおけるiPhoneの動作確認・対応状況

 

NifMoではiPhoneの動作確認済み、対応可能

 

NifMo(ニフモ)では現在、SIMフリー版のiPhone8・8plus・iPhone X・iPhone7・iPhone7 Plus・iPhone6S・iPhone6S Plus・iPhoneSEの動作確認が終了しています。

 

一方、ドコモ・auとソフトバンクで購入したiPhoneの動作確認は終了していません。

しかし、SIMフリー端末・ドコモ端末はもちろん、au・ソフトバンクで購入したiPhoneもSIMロック解除後は問題なく使えますので安心して購入してください。

 

SIMフリー版
・ドコモ版
ソフトバンク
・au版
iPhone X
iPhone8
・8Plus
iPhone7
・7Plus
iPhone6S
・6S Plus
iPhoneSE

◎:そのまま使える、○:SIMロック解除後使える

 

NifMoで使えるiPhoneはアップルストアで購入

 

iPhone端末本体をお持ちで無い方は、アップルストアで購入できます。

アップルストアで購入できるiPhone端末は「SIMフリー」の端末なので、NifMoのSIMカードを挿してAPN設定すれば、そのまま使うことができます。(SIMロック解除不要)

 

▼iPhone価格表▼

64GB256GB
iPhone8¥78,800
(¥85,104)
¥95,800
(¥103,464)
iPhone8 Plus¥89,800
(¥96,984)
¥106,800
(¥115,344)
iPhoneX¥112,800
(¥121,824)
¥129,800
(¥140,184)
32GB128GB
iPhone 7¥61,800
(¥66,744)
¥72,800
(¥78,624)
iPhone 7
Plus
¥74,800
(¥80,784)
¥85,800
(¥92,664)
iPhone 6S¥50,800
(¥54,864)
¥61,800
(¥66,744)
iPhone 6S
Plus
¥61,800
(¥66,744)
¥72,800
(¥78,624)
iPhone SE¥39,800
(¥42,984)
¥50,800
(¥54,864)

 

docomo・au・ソフトバンクで購入したiPhoneもNifMoで使える

 

SIMフリー端末以外にも、ドコモやソフトバンク、auで購入したiPhone端末もNifMoで使うことができます

 

ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアの料金で使うよりNifMoで使ったほうが月額料金は安くなります。

解約金や端末の残り支払額などを総合的に試算した上で、MNPによる乗り換えを検討しましょう。

 

au・SoftbankのiPhoneはSIMロック解除必要

 

前章で説明したとおり、iPhone本体はApple StoreでSIMフリー端末を購入する方法と、ドコモ・au・ソフトバンクで購入した端末を使用する方法があります。

 

アップルストアで購入したSIMフリー端末と、ドコモで購入したiPhoneは、NifMoで購入したSIMカードを挿して設定すればそのまま使用できます。(SIMロック解除不要)

 

一方、au・ソフトバンクで購入した端末を使用する場合は、事前にSIMロック解除が必要です。

 

SIMロック解除
SIMフリー
不要
ドコモで購入
auで購入
Softbankで購入

 

SIMロック解除はauショップ・ソフトバンクショップなどの店頭でもできますが、その場合手数料3,000円がかかってしまいます。

ですので、必ずau・ソフトバンクのマイページからWEBで手続きしましょう。マイページで手続きすれば無料です。

 

また、au・ソフトバンクを解約・MNP転出した後にSIMロック解除する場合は店頭での手続きのみとなり、やはり3,000円かかってしまいます。

解約・MNP転出する前にあらかじめマイページで解除しておきましょう。

 

▼SIMロック解除の料金▼

店頭マイページ
SIMロック
解除
¥3,000無料

 

NifMoでiPhoneを使う6つの手順

 

NifMo(ニフモ)の店頭・オンラインストアでは、iPhone8・iPhone7・iPhone6S・iPhone SEなどのiPhone端末は販売していません。

そのため、以下の6つの手順が必要になります。

  1. iPhone本体を準備
  2. MNP予約番号を発行
  3. NifMoのSIMカードを契約
  4. 回線切り替え・開通手続き
  5. SIMカードを本体に挿入
  6. APN設定

 

iPhone端末本体を準備

 

まずはiPhone本体を準備します。

iPhone本体はNifMoでは購入できませんので、前章を参考に本体を入手してください。

 

MNP予約番号を発行

 

この工程は、MNPで他社からNifMo(ニフモ)に乗り換える場合のみに発生します。
MNPではなく、NifMo(ニフモ)に新規に申し込む場合は飛ばしてください。

 

MNP予約番号の発行方法

 

ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安スマホキャリアから電話番号そのままでNifMo(ニフモ)に乗り換える場合は、乗り換え元のキャリアで「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。

MNP予約番号とは、同じ携帯番号を他社でも使用するための引継ぎ番号のようなものです。

 

ドコモ・au・ソフトバンクMNP予約番号は下記の方法で取得できます。

 

予約番号
発行方法
備考
ドコモ
店頭
電話ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEBマイドコモ
au
店頭
電話0077-75470
ソフトバンク
店頭
電話Softbankのスマホから*5533
または0800-100-5533

 

MNP予約番号の有効期限

 

他社で発行してもらったMNP予約番号には15日間の有効期限があります。

この15日間以内にNifMo回線の開通まで終えなければなりません。

 

そのため、NifMoでMNP転入手続きをする場合は有効期限が12日以上残っている状態でしか受け付けてもらえません。

他社でMNP予約番号を取得してもらったら、すぐにNifMoで手続きをしましょう。

 

万が一有効期限が残り12日を過ぎたら、再度発行してもらう必要があります。

 

NifMo(ニフモ)でiPhone用のSIMカードを購入

 

続いては、NifMo(ニフモ)のSIMカードを契約します。

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

このカードを挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信を可能にします。

 

 

SIMカードは「NifMo公式サイト」で購入できます。

契約するまでの画面の遷移を載せておきますので参考にしてください。

 

1. 公式サイトにアクセス

 

NifMo公式サイト」にアクセスし、右上の「申し込む」を選択⇒画面最下部の「上記事項に同意のうえ、申しこむ」を選択

 

 

2. SIMカードのみ購入を選択

 

 

3. 契約タイプの選択

 

データ容量プランを選択後、契約タイプを選択します。

通常は音声通話対応SIMです。

 

 

4. SIMカードのサイズを選択

 

ここが一番重要です。

SIMカードのサイズを選択する画面では、「nano」を選択してください。

iPhone8・iPhone X・iPhone7・iPhone6S・iPhone SEのSIMカードは全て「nanoSIM」です。

 

 

その後は、以下の情報を入力します。

  • オプションの要否
  • 氏名・住所などの契約者情報
  • MNP番号(他社からMNP移転する場合のみ)
  • クレジットカード情報

 

最後に、本人確認書類をアップロードします。

ここまでくれば後は大丈夫です。数日後にNifMo(ニフモ)からSIMカードが送られてきます。

それまでにiPhone端末を準備しましょう。

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

開通手続き・回線切り替え

 

この工程はMNP乗り換えの場合のみ必要です。

 

SIMカードがNifMoから届いても、まだ回線は乗り換え元の端末のままです。

回線をNifMoに切り替える作業が必要です。

 

到着したSIMカードパッケージに記載のURLから回線手続きをしましょう。

またはこちらの「開通手続きページ」からも手続きできます。

 

上記のページを開き、「MNP回線切り替えを申請する」ボタンをクリックすると、1~2時間後に乗り換え元の回線が使えなくなり、かわりにNifMoの回線が開通します。

 

iPhoneにNifMoのSIMカードを挿入

 

端末とSIMカードが手元に届き開通手続きした後は、iPhone本体にカードを挿入します。

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

iPhone や iPad の SIM カードを取り出す/差し替える – Apple サポート

 

APN設定(プロファイルインストール)

 

iPhone本体にSIMカードを挿入したら、APN設定が必要です。

APN設定とは、iPhoneをインターネットに接続するための設定です。

 

作業は非常に簡単です。

こちらの手順に従ってAPNプロファイルをインストールすればOKです。

 

1. Wi-Fiにつなげた状態でサファリを起動

 

 

2. APN構成プロファイルをDL

 

サファリで下記URLに接続します。

APNプロファイル:https://support.nifty.com/support/manual/internet/nifmo/dlfs/NifMoAPN9.mobileconfig

 

 

 

 

 

 

 

以上で設定は完了です。

 

なお、APN設定をするためにはデータ通信が必要になりますが、iPhoneはまだデータ通信ができません。

そのため、Wi-Fiに繋がった状態で操作する必要があります。

 

プロファイルのインストールが完了すると、とうとうiPhoneがNifMo(ニフモ)で使えるようになります。

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

iPhoneをNifMoで使用する際の注意点

 

本人確認書類の提出が必要

 

NifMo(ニフモ)で音声SIMカードを申し込む際、本人確認書類の提出が必要です。

本人確認書類として認められるのは以下の書類です。

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 健康保険被保険者証+補助書類
  • 身体障害者手帳
  • 住民基本台帳カード(写真付きカードのみ)
  • 在留カード+補助書類

 

NifMoはiPhoneでテザリング可能

 

NifMo(ニフモ)でiPhoneを使用する際、テザリングは可能です。

実はau回線を使用している一部のキャリアではテザリングができない場合があるのですが、NifMo(ニフモ)は問題なくテザリング可能です。

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

iPhone用のSIMカードサイズはnano

 

iPhoneを使用する際、最も注意すべきなのがSIMカードのサイズです。

NifMoでは3種類のSIMカードが選択できますが、iPhone6S・7・8・X・SEで使用できるSIMカードサイズはnanoです。

 

標準・microを選んでしまうとiPhoneでは使用できませんので注意してください。

 

NifMoユーザーがiPhoneに機種変更する方法

 

NifMoでiPhoneに機種変更する手順

 

既にNifMoのSIMカードを契約している方もiPhone8・XやiPhone6S・iPhone7・iPhone SEに機種変更することもできます。

手順は以下の通りです。

 

  1. iPhone端末を用意
  2. 本体からSIMカードを抜く
  3. iPhoneにSIMカードを挿入
  4. APN設定

 

現在の端末からSIMカードを抜き、iPhone端末に入れてAPN設定するだけです。

APN設定の手順は前に詳しく解説しています。

 

SIMカードのサイズ変更が必要な場合も

 

iPhoneに機種変更する場合もSIMカードのサイズに注意が必要です。

iPhoneで使用できるのはnanoサイズのSIMカードのみなので、現在使用しているSIMカードが標準・microならSIMカードを交換してもらう必要があります。

 

サイズの変更はマイページから手続きできます。

その際、サイズ変更手数料として3000円がかかりますので注意してください。

 

NifMoでiPhoneが繋がらない・圏外の場合

 

NifMoのSIMカードを挿してもiPhoneが圏外・繋がらない場合は以下の2つを確認してください。

 

1. SIMロック解除しているか?

 

他社で購入したiPhoneを使用する場合、端末購入元によってはSIMロック解除が必要です。

 

SIMフリー版
・ドコモ版
ソフトバンク
・au版
SIMロックの
解除
不要

 

冒頭に解説した方法で事前にSIMロック解除しましょう。

 

2. APN設定(ネットワーク設定)したか?

 

意外と知られていないのが、iPhone本体にSIMカードを挿してもデータ通信はできない、ということです。

データ通信するためにはAPN設定という初期設定が必要です。

 

APN設定の手順も前述していますのでそちらを参考にしてください。

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

NifMoでiPhone使用時の料金・価格

 

NifMoのSIMカードの月額料金

 

NifMoのSIMの料金は、月に使えるデータ容量に応じて3種類のプランが用意されています。シンプルでわかりやすいですね。

各コースの料金は以下の通りです。

 

データ量音声SIM
3GB¥1,600
7GB¥2,300
13GB¥3,500

 

NifMoでiPhoneにも使えるキャンペーン中

 

NifMoでは現在、SIMカードを契約すると高額のキャッシュバックが貰えるお得なキャンペーンを実施中です。

 

端末セットだけでなくSIMカードのみの契約も対象なのでiPhone使用時にも使えます。

また、音声通話SIMだけでなくデータSIMでもキャッシュバックがもらえるので大変お得です。

 

現在のキャッシュバック額や受け取り方法は下記記事に詳しくまとめています。

詳細記事NifMoで実施中のキャッシュバックキャンペーン

 

iPhone用のSIMカード購入はNifMo公式サイトで!

 

以上、NifMo(ニフモ)でiPhoneを使う手順の解説でした。

 

NifMo(ニフモ)でiPhoneを使用することで月額料金を大幅に安く抑えることができます。

設定も簡単ですので、スマホ料金の節約にぜひNifMoを活用してください!

 

SIMカードの申込みは「NifMo公式サイト」で簡単に手続きできます。こちらからどうぞ!

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

<関連記事>

 

NifMoへのMNP乗り換え手順

 

NifMo
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-