Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

NifMoのおすすめスマホ端末 14機種ランキング【2019年・ニフモ】

 

みなさんこんにちは!

今日は人気の格安スマホキャリア(MVNO)「NifMo(ニフモ)」で購入できる人気・おすすめスマホ端末を比較・一覧化し、ランキング形式で紹介します。

 

機種変更の方もMNP乗り換えの方にもわかりやすく説明していますので、ぜひ参考にしてください。

※本文中の画像は「NifMo公式サイト」より引用
※料金は税抜

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

NifMoの端末セール・キャンペーン情報

 

NifMoでキャッシュバック実施中

 

 

ランキングに入る前に、お得な情報を紹介します。

現在、NifMoでは期間限定でキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

 

下記リンクから特設ページにアクセスし、スマホ本体とセットで3GB・7GB・13GBのプランに契約すると、プランに応じて高額なキャッシュバックが貰えます。

音声通話SIMはもちろん、SMS付きSIMやデータ専用SIMとのセット購入でもキャッシュバックが貰えます。

 

このページで紹介している端末は全てキャッシュバック対象機種です。

<キャッシュバック額>
音声SIMSMS・
データSIM
3GB¥16,000¥12,000
7GB¥20,000¥12,000
13GB¥20,000¥12,000

 

このキャッシュバックは、Googleなどから公式サイトにアクセスしても出現しません。

こちらの特設ページから公式サイトにアクセスした場合のみ出現しますので注意してください。

 

キャッシュバックがもらえるのは期間限定なのでお見逃しなく!

詳細記事NifMoで実施中のキャッシュバックキャンペーン

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

お得な端末セールも実施

 

NifMoでは定期的にお得なスマホ端末セールを実施しています。

人気機種はもちろん、最新機種も大幅値引きになりますのでぜひ利用してください!

 

セール情報は下記記事に詳しくまとめています。

詳細記事NifMoのお得なスマホセール情報

 

NifMoのおすすめスマホ端末

 

1位:HUAWEI P20 lite

 

 

私が最もおすすめする端末は、2018年6月に発売の「HUAWEI P20 lite」です。

2017年に最も売れたAndroidのSIMフリー端末「P10 lite」の後継機で、コスパ抜群です。

 

メインカメラは1,600万画素+200万画素のデュアルレンズ、自撮り用のカメラも1600万画素です。

CPUはKirin659で、メモリー(RAM)が4GBなのもメリットです。

さらに端末に人工知能を搭載しており、処理やバッテリーの消費を最適化してくれます。

 

急速充電・指紋認証・顔認証を搭載しており、機能性も十分です。

これだけの性能ながら端末代金は格安で、コスパ抜群です。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,204円
  • 一括払い:28,889円

 

  • icon-circle-o Kirin659 + 4GBメモリー
  • icon-circle-o デュアルレンズカメラ搭載
  • icon-circle-o 自撮り用カメラも1600万画素
  • icon-circle-o 指紋認証・顔認証
  • icon-circle-o 急速充電
  • icon-circle-o 端末代が安くコスパ抜群

 

詳細記事NifMo「HUAWEI P20 lite」を解説!

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

2位:HTC U11 life

 

 

続いて紹介するのは「HTC U11 life」です。

HTC U11 lifeの最大の特徴は海外メーカー製スマホの特徴である「高性能で端末価格が安い」ことです。

なおかつ、国内メーカーの特徴である「防水・防塵・おサイフケータイ搭載」を兼ね備えている点も魅力です。

 

搭載CPUはSnapdragon630、メモリー(RAM)は4GBなので、性能は十分です。

 

カメラはデュアルカメラではないものの、メインカメラ・サブカメラがともに1,600万画素と高性能です。

とくに自撮り用のインカメラが1600万画素なのは非常にハイスペックですね。

 

また、海外メーカーHTC製にもかかわらず、防水・防塵に対応し、おサイフケータイも搭載しています。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,575円
  • 一括払い:37,778円

 

  • icon-circle-o Snapdragon630 + 4GBメモリー
  • icon-circle-o USB Type-C対応
  • icon-circle-o メインもサブも1600万画素カメラ
  • icon-circle-o 防水・防塵対応
  • icon-circle-o おサイフケータイ搭載
  • icon-times p20 liteより少々高い

 

詳細記事「HTC U11 life」を解説!おサイフ・防水対応機種!

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

3位:ZenFone5(ZE620KL)

 

 

続いては2018年5月に発売された「ZenFone 5(ZE620KL)」です。

のちにZenFone 5Qも紹介しますが、カメラ以外の全体的な性能はこちらの方が上です。

 

搭載CPUはSnapdragon636、メモリー(RAM)は6GBと十分です。

カメラはZenFone 5Qには劣りますが、十分な性能を誇っています。

  • アウトカメラ:1200万+800万画素
  • インカメラ:800万画素

 

さらにAI(人工知能)を搭載しており、被写体に応じて最適な撮影モードを選択してくれたり、写真の加工の好みを学習して自動で提案してくれたりします。

 

他にも急速充電機能ハイレゾ対応と便利機能も満載です。

ディスプレイはフルHD+の最高峰の美しさを誇り、トレンドの縦長画面です。

 

ZenFone 5Qの方が価格は安いですが、カメラよりCPU・メモリーを重視される方はこちらの方がおすすめです。

 

<端末代金>

  • 24回払い:2,038円
  • 一括払い:48,889円

 

  • icon-circle-o Snapdragon636+6GBメモリー
  • icon-circle-o デュアルカメラ搭載
  • icon-circle-o 人工知能が写真を美しく最適化
  • icon-circle-o 大容量バッテリー+急速充電
  • icon-circle-o ハイレゾ対応・イヤホン同梱
  • icon-circle-o 最高峰の美しいディスプレイ
  • icon-times 端末代金は5Qより高い
  • icon-times 防水・防塵なし

 

詳細記事「ZenFone5」の価格・スペックを解説!

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

4位:HTC U12+

 

 

続いては2018年8月に発売の「HTC U12+」です。

HTCが誇るのフラッグシップスマホで、ハイスペックながら防水やおサイフケータイも搭載した人気の機種です。

 

特徴は最先端のスペックです。

現時点で最高峰のSnapdragon845と6GBメモリー(RAM)を搭載していますので、高負荷の3Dゲーム等をされる方も処理速度は快適です。

カメラはアウトカメラもインカメラもデュアルレンズで暗闇での撮影にも強く、美しい写真が撮影できます。

 

そして、HTCスマホの特徴である防水・防塵・おサイフケータイに対応しているのも人気の秘訣です。

最高峰のスマホなので端末価格は高いですが、非常におすすめの機種です。

 

<端末代金>

  • 24回払い:3,797円
  • 一括払い:91,112円

 

  • icon-circle-o 最高峰Snapdragon845搭載
  • icon-circle-o メモリーRAMも6GB
  • icon-circle-o アウトもインもデュアルレンズ
  • icon-circle-o 防水・防塵対応
  • icon-circle-o Felica・おサイフケータイ搭載
  • icon-circle-o オーディオも最先端
  • icon-times 端末代金が高い
  • icon-times 国内版はDSDSではない

 

詳細記事NifMo「HTC U12+」を解説!

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

5位:nova lite 2

 

 

続いては2018年2月に発売された「nova lite 2」(ノバライト2)です。

2017年に大人気だったnova liteの後継機として、コスパ抜群の機種が発売されました。

 

最大の特徴はカメラです。

メインカメラは1,300万画素と200万画素のダブルレンズで、2つのレンズで明るさと色彩を読み取り、美しい写真に仕上げてくれます。

背景に自然な”ボケ”を作ることも可能です。

 

また、最近のトレンドである18:9の縦長画面も特徴です。

画面解像度は2,160×1,080ピクセルのフルHD+なので、画面が非常に美しいです。

CPUはKirin659のオクタコアメモリー(RAM)は3GBで、ハイスペックとまでは言えませんが、普段使いには十分な処理速度です。

 

性能はHUAWEI P20 liteよりわずかに劣りますが、価格は断然nova lite 2の方が安いです。

3Dゲームなどをしない限り性能は十分なので、こだわりがなければnova lite 2でもよいでしょう。

 

<端末代金>

  • 24回払い:926円
  • 一括払い:22,223円

 

  • icon-circle-o 大人気機種nova liteの後継機
  • icon-circle-o デュアルレンズ搭載カメラ
  • icon-circle-o フルHD+の18:9縦長画面
  • icon-circle-o オクタコアCPU+3GBメモリー
  • icon-circle-o 指紋認証センサー搭載
  • icon-circle-o 高性能の割に端末が安い
  • icon-times 防水機能なし

 

詳細記事NifMo「nova lite 2」を解説!高性能・低価格でコスパ抜群

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

6位:ZenFone5Q (ZC600KL)

 

 

続いては2018年5月に発売された「ZenFone 5Q (ZC600KL)」です。

 

ZenFone 5Qのカメラは非常に高性能です。

背面のアウトカメラ・自撮り用のインカメラがどちらもデュアルカメラで、どちらも非常に高画素です。

  • メインカメラ:1,600万+800万画素
  • インカメラ:2,000万+800万画素

 

搭載CPUはSnapdragon630、メモリー(RAM)も4GBなので十分な性能です。

顔認証・指紋認証センサーを搭載しており、バッテリーも十分です。

さらにDSDS+SDカードが同時に挿入できるトリプルスロットです。

 

同時に発売が発表されたZenFone 5・ZenFone 5Zにはスペックが劣りますが、通常の使い方であればこちらの十分です。

その割に端末代金が非常に安いので、コスパ抜群のおすすめ機種です。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,575円
  • 一括払い:37,778円

 

  • icon-circle-o 両面にデュアルカメラ搭載
  • icon-circle-o インカメラは2000万+800万画素
  • icon-circle-o 顔認証・指紋認証センサー搭載
  • icon-circle-o Snapdragon630+4GBメモリー
  • icon-circle-o DSDS+SDのトリプルスロット
  • icon-circle-o 端末代金が安い
  • icon-times 性能はZenFone 5・5Zに劣る
  • icon-times 防水・防塵・おサイフなし

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

7位:ZenFone5Z(ZS620KL)

 

 

続いてはこちらも2018年6月に発売の「ZenFone 5Z(ZS620KL)」です。

人気のスマホメーカー「ASUS」が誇る超ハイスペックモデルの機種です。

 

特徴はなんといっても高性能なCPUです。

最先端のSnapdragon845を搭載し、メモリー(RAM)も6GBなので、高負荷の3Dゲームをしても処理速度は快適でしょう。

 

また、人工知能を搭載したカメラも高性能です。

デュアルレンズカメラにSONYの最先端イメージセンサーを搭載し、AIが自動で美しい写真に仕上げてくれます。

 

DSDV指紋認証・顔認証に対応し、もちろん急速充電も可能です。

性能にこだわる方に大変おすすめの機種です。

 

<端末代金>

  • 24回払い:2,686円
  • 一括払い:64,445円

 

  • icon-circle-o 最先端Snapdragon845搭載
  • icon-circle-o メモリー(RAM)も6GBと十分
  • icon-circle-o 高性能デュアルレンズカメラ
  • icon-circle-o 指紋認証・顔認証・DSDV
  • icon-circle-o 急速充電・ハイレゾ対応
  • icon-circle-o AIがCPU処理やカメラを最適化
  • icon-times 普段使いにはオーバースペック?
  • icon-times 端末代金は高い

 

詳細記事NifMo「ZenFone5Z(ZS620KL)」を解説!

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

8位:AQUOS sense lite SH-M05

 

 

続いてはシャープから発売された「AQUOS sense lite SH-M05」(アクオスセンスライト)です。

 

安心の国産メーカーでバランスの良い性能の割に端末代金が安く、初めての方からミドルユーザーまで、どなたにもおすすめの機種です。

購入者からの評判が非常に高いのが特徴ですね。

 

特徴は画面の美しさ。フルHDでとにかく画面がきれいです。

しかも搭載しているIGZOパネルは省エネにも優れバッテリーの持ちが長いのも特徴です。

 

国産メーカーらしく防水・防塵にも対応しており、雨の日や料理をしながらのスマホ操作もできます。

カメラ性能もバランスがよく、誰でも簡単にきれいな写真が撮影できます。

 

性能・コスパはnova lite 2がわずかに上ですが、国産スマホの安心感とおサイフケータイを使う方はAQUOS sense liteがおすすめです。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,297円
  • 一括払い:31,112円

 

  • icon-circle-o 欠点の無いバランスの良い性能
  • icon-circle-o IGZOパネル搭載の美しすぎる画面
  • icon-circle-o 安心の防水・防塵機能
  • icon-circle-o おサイフケータイ搭載
  • icon-circle-o 性能の割に価格が安い
  • icon-times CPU性能は平凡
  • icon-times 国産・おサイフ不要ならnova lite 2

 

詳細記事NifMoの「AQUOS sense lite」を解説!

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

9位:HUAWEI P20

 

 

続いて紹介するのは「HUAWEI P20」です。

先にHUAWEI P20 liteを紹介しましたが、CPU・カメラを含めた全体的な性能はこちらが上です。

 

HUAWEI P20の特徴はなんと言ってもカメラです。

大人気の「ライカ(Leica)」製のカメラを搭載しており、カメラにこだわる方には断然おすすめです。

メインカメラは1200万画素のカラーレンズと2000万画素のモノクロレンズを搭載しており、高速フォーカスやAIによる手振れ補正機能も搭載。

自撮り用インカメラは2,400万画素と超高画素です。

 

CPUは超高性能のKirin970、メモリー(RAM)も4GBなので3Dゲームをされる方も十分な処理能力です。

HUAWEI P20 liteより少々端末代金が高く、ZenFone 5Zと同じ価格なので個人的には5Zを買うかなと思いますが、ライカカメラにこだわる方はこちらがおすすめです。

 

<端末代金>

  • 24回払い:2,686円
  • 一括払い:64,445円

 

  • icon-circle-o 高性能Kirin970 + 4GBメモリー
  • icon-circle-o ライカ製デュアルレンズカメラ
  • icon-circle-o 自撮り用カメラは2400万画素
  • icon-circle-o 指紋認証・顔認証
  • icon-circle-o 急速充電
  • icon-times P20 liteより少々高い
  • icon-times 同じ値段ならZenFone 5Z?

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

10位:AQUOS R compact  SH-M06

 

 

続いてはSHARPのAQUOS R compact SH-M06(アクオスアールコンパクト)です。

auやソフトバンクで大人気だった端末のSIMフリー版が発売になり、格安スマホでも購入できるようになりました。

 

AQUOS R compactの特徴はなんといってもその画面です。

iPhone Xと同じように画面上部が切り欠きになった画面になっています。

 

名前の通り端末はコンパクトですが、4.9インチの画面サイズを実現してます。

もともとSHARP製スマホは画面が美しいのですが、AQUOS R compactの画面解像度は2,160×1,080のフルHD+で、さらにきれいです。

 

AQUOS R compactに搭載されているCPUはSnapdragon660で、メモリーは3GBです。

指紋認証センサー防水・防塵はもちろん、ハイレゾ対応のオーディオエモパーという人工知能を使った機能も便利です。

 

同じSHARPからはAQUOS sense liteも発売されていますが、性能はこちらの方が上です。

「AQUOS sense liteの性能じゃ少し物足りないな…」という方に大変おすすめです。

 

<端末代金>

  • 24回払い:2,686円
  • 一括払い:64,445円

 

  • icon-circle-o Snapdragon660搭載
  • icon-circle-o フルHD+で最高峰の美しさ
  • icon-circle-o 端末がコンパクトで携帯しやすい
  • icon-circle-o 防水・防塵・指紋認証センサー
  • icon-circle-o 指紋認証センサー搭載
  • icon-times メモリーRAM3GB
  • icon-times SH-M05より価格は高い

 

詳細記事AQUOS R compactのスペック・価格を解説

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

11位:Mate 10 Pro

 

2018年6月22日に価格が安くなりました

 

f:id:SCANTY:20171231122132p:plain

 

続いて紹介するのは「Mate 10 Pro」(メイトテンプロ)です。

 

現在NifMo(ニフモ)で取り扱っている機種の中で、HTC U12+・ZenFone 5Zと並んで最も高性能なスマホのひとつです。

正直、ほとんどの方にはオーバースペックになると思いこの順位にしましたが、スマホのスペックランキングならトップレベルの機種です。

 

特徴はなんといってもCPU・カメラ性能の高さです。

搭載CPUは業界最高峰のKirin 970、メモリー(RAM)は6GBです。

さらに、人工知能(AI)を搭載しており、パフォーマンスや省エネを極限まで高めてくれます。

 

カメラは老舗カメラメーカー「Leica(ライカ)」と共同開発しており、メインカメラは1200万+2000万画素のデュアルカメラです。

 

指紋認証センサー搭載はもちろん、バッテリーの持ちも抜群で、急速充電にも対応しています。

また、海外メーカー製ながら防水・防塵に対応しているのも嬉しいですね。

 

ハイスペック端末のため端末代金が非常に高いですが、性能にこだわる方には非常におすすめの機種です。

 

<端末代金>

  • 24回払い:3,149円
  • 一括払い:75,556円

 

  • icon-circle-o 業界最高峰のスペック
  • icon-circle-o 高性能CPU+AIで最適化
  • icon-circle-o ライカと開発したデュアルカメラ
  • icon-circle-o 防水・防塵対応
  • icon-circle-o 大容量バッテリー・急速充電
  • icon-times 端末代金が高い

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

12位:ZenFone 4 Max

 

 

続いてはASUSの「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」です。

ZenFone 4 Maxのバッテリーは、現在発売されているスマホの中でもトップクラスです。

 

バッテリー容量は4,100mAhと驚異的です。さらに、省エネ性能にも優れています。

この大容量バッテリーと省エネ性能により、連続待受時間はなんと37日間

つまり、操作しない状態なら1ヶ月以上充電不要ということになります。(もちろん環境などにより短くなりますが)

 

また、スマホをモバイルバッテリー代わりにして、他のデバイスを充電することもできます。

 

実はZenFone 4 Maxはバッテリー以外も優秀です。

メインカメラは1300万+500万画素のデュアルカメラで、サブカメラ(自撮り用カメラ)も800万画素となかなか。

この性能でこの端末価格は非常にお買い得です。

 

<端末代金>

  • 12回払い:1,575円
  • 一括払い:18,889円

 

  • icon-circle-o 4,100mAhの脅威のバッテリー
  • icon-circle-o 最大37日間充電不要
  • icon-circle-o デュアルレンズカメラ搭載
  • icon-circle-o ZenFone Max Plusより安い
  • icon-times CPU性能は平凡
  • icon-times 性能はZenFone Max Plusに劣る

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

13位:arrows M04

 

 

続いては「arrows M04」です。

この順位にしましたが、上位のAQUOS sense liteに劣らないバランスの良い端末です。

 

arrows M04は国産メーカー「富士通」のスマホだけあって、安心の機能と誰でも使いやすい操作性が特徴です。

防水・防塵はもちろん、ワンセグ・おサイフケータイにも対応しています。

特に防水性に優れ、「洗えるスマホ」として有名です。

 

バッテリーの持ちもよく、「3日間充電不要」と謳っています。耐久性に優れているのも嬉しいですね。

カメラもなかなかの性能で、超高速シャッター広角カメラを搭載しており、誰でも簡単に美しい写真が撮れます。

 

CPU性能やメモリーの点からAQUOS sense liteの方をおすすめしましたが、arrows M04の方が端末代金は安いです。

また、ワンセグ搭載ならarrows M04に決まりですね。

初めての方やライトユーザーにおすすめの機種です。

 

<端末代金>

  • 24回払い:1,297円
  • 一括払い:31,112円

 

  • icon-circle-o 富士通製で安心の国産スマホ
  • icon-circle-o 防水対応で”洗えるスマホ”
  • icon-circle-o ワンセグ・おサイフケータイ搭載
  • icon-circle-o 欠点のないカメラ性能
  • icon-circle-o AQUOS sense liteより安い
  • icon-times CPU性能は平凡

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

14位:Moto E5

 

 

続いてはモトローラの「Moto E5」です。

 

Moto E5の特徴はなんといっても端末代金の安さです。

月1,482円の12回払いで購入でき、nova lite 2やZenFone 4 Max(ZC520KL)と並んで最安レベルです。

 

また、大容量4,000mAhのバッテリーを搭載しており、付属の充電器を使用すれば急速充電も可能です。

5.7インチの大画面を搭載しており、動画を見るのにも最適ですね。

 

CPUやカメラは最低限といったところですが、価格が安い割になかなかの性能を誇るコスパの良い端末です。

 

<端末代金>

  • 12回払い:1,482円
  • 一括払い:17,778円

 

  • icon-circle-o 4,000mAh大容量バッテリー
  • icon-circle-o 急速充電用の充電器が付属
  • icon-circle-o 5.7インチ大画面
  • icon-circle-o 最安レベルの端末代金
  • icon-times カメラやCPUは最低限
  • icon-times モトローラは知名度低い?

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

NifMoで端末購入時の注意点

 

NifMoの端末代支払いは分割・一括

 

NifMoで端末を購入した場合の端末代金は分割または一括で支払えます。

分割は通常24回ですが、端末代金が安い機種は12回払いの場合もありますので注意してください。

 

NifMoで端末のみ購入は可能?

 

SIM契約者は端末のみ購入が可能

 

現在NifMoのSIMを契約している方は、端末のみを購入することができます。

ただし、端末のみの購入には以下の条件があります。

  • NifMoのSIM契約から12ヶ月以上経過
    (SIMのみ契約の場合も12ヶ月以上必要)
  • 機種変更したことがある場合、前回機種変更から12ヶ月以上経過

 

機種変更の手順については後ほどくわしく解説します。

 

契約者以外はSIMとセットで購入が必要

 

NifMoでSIMを契約していない方は、NifMoでの端末購入はSIMカードとのセットのみとなります。

端末のみを購入することはできません。

 

どうしても端末のみを購入したい方は、データ専用SIMとセットで端末を購入し、データSIMをすぐに解約する、という方法もあります。

しかし、初期費用3,000円と1か月分の基本料がかかるうえ、NifMoのお得なキャッシュバックキャンペーンが適用されません。

 

NifMoで端末のみを購入するのはあまり現実的ではないように思います。

家電量販店や街のスマホショップで購入したほうがよいでしょう。

 

NifMoで機種変更・端末変更する手順・注意点

 

NifMoでの機種変更の5つの手順

 

NifMoで既にSIMカードを契約している方は、端末のみを購入し機種変更(端末変更)を行うことができます。

 

機種変更の手順は以下の通りです。

  1. 機種変更メニューより端末を選択
  2. 端末が届く
  3. 現在の端末からSIMカードを抜く
  4. 新しい端末にSIMを挿入
  5. APN設定

 

NifMoで機種変更する時の注意点

 

NifMoの機種変更事務手数料は3000円

 

NifMoで機種変更をする場合、事務手数料として3,000円が必要です。

 

機種変更時にAPN設定が必要

 

機種変更の場合、NifMoのマイページから端末のみを購入します。

端末が届いたらSIMカードを挿してAPN設定が必要です。

APN設定とは、その端末でNifMoのデータ通信を可能にするための設定です。

 

設定手順は下記をご覧ください。

詳細端末のAPN設定手順 | NifMo

 

SIMカードのサイズに注意

 

機種変更時に最も注意が必要なのはSIMカードのサイズです。

 

現在販売されているスマホ端末のSIMカードのサイズは、ほぼ全てが「nano」です。

現在使用している端末のSIMカードのサイズがmicroまたは標準SIMの場合、新しい端末を購入しても使用できません。

事前に必ずSIMカードのサイズを確認しましょう。

 

SIMカードのサイズが異なる場合は、「@niftyカスタマーサービスデスク」に電話することで変更してもらうことができます。

  • @niftyカスタマーサービスデスク電話番号
    :03-5860-7600(または0120-32-2210)

 

なお、SIMサイズ交換手数料は機種変更の事務手数料に含まれます。

 

NifMoでiPhoneへの機種変更も可能

 

NifMoで機種変更をする場合、NifMoで新たに端末を購入することもできますが、NifMo以外で購入した端末に機種変更することも可能です。

特に多いのが、アップルストアや中古スマホショップで購入したiPhoneに機種変更される方ですね。

 

この場合は、以下の手順となります。

  1. 既存の端末からNifMoのSIMカードを抜く
  2. iPhone(また機種変更したい端末)に差し替え
  3. APN設定

 

NifMoの端末保証オプションは2種類

 

NifMoには、端末保証オプションとして「NifMoあんしん保証」「NifMoあんしん保証 for SIMフリー」の2種類が用意されています。

NifMoで購入した端末なら「NifMoあんしん保証」、NifMo以外で購入した持ち込み端末なら「NifMoあんしん保証 for SIMフリー」を利用しましょう。

 

NifMoあんしん保証

 

 

NifMoあんしん保証は、NifMoで購入した端末に故障や破損などのトラブルが発生した場合、格安の料金で新しい端末に交換してくれるオプションです。

連絡をすれば新しい端末を届けてくれます。

 

NifMoあんしん保証
月額料金380円(初月無料)
保証期間最長36ヶ月
保証内容交換(有償)
費用<カテゴリーA>
交換1回目15,000円
交換2回目20,000円
交換3回目定価
<カテゴリーB>
交換1回目5,000円
交換2回目10,000円
交換3回目定価
保証回数無制限
加入時期端末セット契約と同時

 

他の格安スマホキャリアの端末保証オプションとことなり年間の利用制限はありませんが、交換回数が増えるごとに交換費用が高くなっていきます。

また、このオプションに加入できるのは、SIMと端末セットで契約するのと同時のみです。

 

交換時の費用は端末によって異なります。詳細は下記をご覧ください。

詳細端末ごとのカテゴリ分類

 

NifMoあんしん保証 for SIMフリー

 

 

「NifMoあんしん保証 for SIMフリー」は、NifMoで購入した端末はもちろん、NifMo以外で購入したスマホにもつけられる保証オプションです。

故障・破損などのトラブル発生時に、無償で修理または格安で新しい端末と交換してくれます。

料金は月額380円(初月無料)です。

 

NifMoあんしん保証
for SIMフリー
月額料金380円(初月無料)
保証期間故障:製品発売から3年間
破損:永年
保証内容無償修理
または
交換(有償)
費用修理:無料
1回目交換:4,000円
2回目交換:8,000円
保証回数年間2回まで
保証上限40,000円まで
(超過分実費)
加入時期いつでも可能

 

他の格安スマホキャリアのオプションは加入後に端末の登録が必要ですが、「NifMoあんしん保証 for SIMフリー」では対象端末でNifMoのSIMによるデータ通信が行われたことを確認して保証開始になるので、手間が省けます。

 

NifMoならiPhoneも保証加入可能

 

この「NifMoあんしん保証 for SIMフリー」はiPhone端末でも加入可能です。

他の格安スマホキャリアは「iPhoneは対象外」「iPhoneは修理のみ・交換不可」といった制限がありますが、「NifMoあんしん保証 for SIMフリー」では修理不可の場合は交換してくれます。

 

iOSの場合は修理対応となりますが、破損の状況により全部品交換となる場合があります。
引用NifMo公式サイト

 

NifMoで他社の端末も使える!

 

ドコモ・au・Softbank端末もNifMoで使える

 

NifMoでは、端末とセットでSIMを契約することもできますが、他社で購入したスマホ端末を持ち込んで流用することもできます。

ドコモ・au・ソフトバンクをはじめ、他の格安スマホの機種でもOKです。

 

SIMロック解除が必要な場合

 

ただし、au・ソフトバンク・ワイモバイルの端末を使用する場合は、事前に端末のSIMロック解除が必要です。

 

他社のスマホをNifMoで使う手順は下記記事に詳しくまとめています。

 

NifMoでiPhone7・iPhone8も使える

 

 

NifMoでは残念ながらiPhone端末を販売していません。

しかし、端末さえあれば、どのiPhoneでもNifMoのSIMカードを挿して使うことができます。

 

ドコモ・au・ソフトバンクなどで購入するより安くiPhoneを使用することができますので、ぜひ利用しましょう。

 

大人気の「iPhone6S」「iPhone SE」「iPhone7」をはじめ、最新機種の「iPhone8」「iPhone X」も使えます。

 

詳細はこちらを参考にしてください。

詳細記事NifMoでiPhoneが使える!設定手順を解説!

 

NifMoの機種・端末購入は公式サイトで!

 

以上、NifMo(ニフモ)のおすすめスマホランキングの紹介でした。

格安スマホのNifMoなら、月々のスマホ料金を大幅に下げることができます。

本記事を参考に、ぜひお気に入りの1台を見つけてください。

 

NifMo(ニフモ)のスマホは「NifMo公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができます。

 

今なら期間限定で、キャッシュバックキャンペーン中です。

Google等で公式サイトに遷移した場合は出現しませんので、下記リンクからジャンプしてください!

 

▼申込みはこちら▼
NifMo公式サイト

 

<関連記事>

 

NifMoへのMNP乗り換え手順

 

NifMo
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-