Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

HUAWEI nova3のレビュー!スペック・価格も解説、最安値はここだ!

 

本記事では、2018年10月に発売のHUAWEI nova3(ノバ3)の価格やスペックをレビューします。

 

HUAWEI nova 3はアウトもインもAI搭載で高画素のダブルレンズカメラを搭載し、Kirin970と4GBメモリーで処理性能も抜群です。

また、同スペックのHUAWEI P20よりも定価が1.5万円も安く、ミドルハイの機種では人気がでること間違いなしです。

※本文中の画像は「HUAWEI公式サイト」より引用

 

本記事では前半でHUAWEI nova 3の価格比較を、後半でHUAWEI nova3のレビュー・スペックを解説します。

 

▼最安値でnova3を購入する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

格安SIM・MVNOでのHUAWEI nova3の価格を比較

 

 

HUAWEI nova 3は格安SIM・MVNOの各キャリアと、家電量販店、amazon・楽天市場などの通販サイトなどで購入できます。

まず、格安SIMやamazon・楽天市場におけるHUAWEI nova 3の価格を比較します。

 

OCNモバイルONE・goosimsellerの価格・料金

 

 

OCNモバイルONEおよびgoosimsellerでは、10月3日11時よりHUAWEI nova 3の販売を開始しました。

OCNモバイルONE・goosimsellerでは、HUAWEI nova 3の限定カラーであるレッドが購入できます。

 

 

OCNモバイルONEの料金はプラン料金+端末代金(24回分割 or 一括払い)です。

プランは月のデータ量上限が決まっている「標準コース」と、1日単位でデータ量を決める「日割コース」があります。

 

各コースにおけるHUAWEI nova 3の料金は以下の通りです。

現時点でHUAWEI nova 3はOCNモバイルONEが最安値です。

 

<端末代金>

  • 一括払い:34,800円

 

<端末代金一括払いの場合>

端末代金
¥34,800
コースデータ基本料
標準
3GB¥1,800
6GB¥2,150
10GB¥3,000
20GB¥4,850
30GB¥6,750
日割
110MB¥1,600
170MB¥2,080
低速15GB¥2,500

※価格は税抜
※端末代金にSIM代金含む

 

さらに、毎月実施する端末セールでさらにHUAWEI nova 3が安く買えます。

3月のセールでは17,800円で購入できました。

人気機種だけに在庫切れの可能性がありますので、ぜひお早めに購入してください。

 

▼最安値でnova 3を購入する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

ワイモバイルの価格・料金

 

 

2019年1月にワイモバイルでもHUAWEI nova 3が購入できるようになりました。

ワイモバイルのスマホプランとセットで購入した場合の端末代金実質負担額は以下の通りです。

 

<nova 3の実質負担額>

  • プランS:45,014円
  • プランM・L:35,600円

 

<nova3の月々支払額>

プランSプランMプランL
購入時支払額¥16,416
月額
料金
1年目¥3,488¥4,136¥6,296
2年目¥4,568¥5,216¥7,376
2年総額¥113,088¥128,640¥180,480

※新規契約・ソフトバンク以外からの乗り換えの場合

 

ワイモバイルは圧倒的な通信速度の速さが魅力です。

また、ソフトバンクWi-Fiスポットが無料で使えたり、ヤフープレミアム会員費が無料になる特典があります。

私もワイモバイルをメインで契約しています。

 

ただし最低利用期間は2年と長いです。

また余ったデータの繰り越しはできませんので注意してください。

 

端末価格はOCNモバイルONEと並んで最安値レベルなので、OCNモバイルONEとどちらが良いか検討しましょう。

 

 

▼ワイモバイルでnova3を購入▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

IIJmioの価格・料金

 

 

IIJmioの料金は非常にシンプルです。

基本的にデータ容量ごとの月額料金+端末料金になります。

端末料金は24回払いと一括払いが選べます。

 

IIJmioにおけるHUAWEI nova 3の価格は下記の通りです。

ただし、音声通話SIMとセットで5,000円分のアマゾンギフト券が貰えます。

 

<端末代金>

  • 24回分割払い:2,080円
  • 一括払い:49,800円

 

<端末代金一括払い>

端末代金
49,800円
データ月額基本料
3GB¥1,600
6GB¥2,220
12GB¥3,260

※価格は税抜
※初月に契約手数料3,000円必要

 

▼当サイト限定の特典あり▼

IIJmio公式サイト 

 

▼データ容量1年間増量▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

mineo(マイネオ)の価格・料金

 

マイネオでは2018年10月10日よりHUAWEI nova 3を発売しました。

 

 

mineo(マイネオ)の料金は月額基本料金+端末代金と、非常にシンプルでわかりやすい料金体系になっています。

端末代金は分割払い(24回払い)と一括払いから選べます。

 

なお、マイネオでは通常、回線をドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線から選べますが、HUAWEI nova 3はドコモ回線のみです。

 

<端末代金>

  • 24回分割払い:2,075円
  • 一括払い:49,800円

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥49,800
基本料金
タイプD
500MB¥1,400
3GB¥1,600
6GB¥2,280
10GB¥3,220
20GB¥4,680
30GB¥6,600

※価格は税抜
※初月に初期費用約3,400円必要

 

▼mineoでnova 3を購入する▼

マイネオ公式サイト

 

イオンモバイルの価格・料金

 

イオンモバイルでも10月5日よりHUAWEI nova 3が発売されています。

イオンモバイルの料金はプラン料金+端末代金(24回分割 or 一括払い)です。

プランは月のデータ量により500MBから50GBまで11種類あります。

 

なお、イオンモバイルでは通常ドコモ回線とau回線も選べますが、HUAWEI nova 3はドコモ回線のみです。

 

<端末代金>

  • 24回分割払い:2,283円
  • 一括払い:54,800円

 

一見価格は高いですが、イオンモバイルは端末のみでも購入できるのがメリットです。

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥54,800
データ量基本料データ量基本料
500MB¥1,13012GB¥3,280
1GB¥1,28020GB¥4,680
2GB¥1,38030GB¥6,080
4GB¥1,58040GB¥7,980
6GB¥1,98050GB¥10,800
8GB¥2,680

※料金は税抜
※別途SIM代金3,000円が加算

 

▼イオンなら端末のみ購入も可▼

イオンモバイル公式サイト

 

BIGLOBEモバイルの価格・料金

 

BIGLOBEモバイルでも10月3日からHUAWEI nova 3を発売しています。

 

 

BIGLOBEモバイルの料金は月額基本料金+端末代金(24回分割払い)となります。

端末代金の一括払いはありません。

 

BIGLOBEモバイルにおけるHUAWEI nova 3の料金は以下の通りです。

 

<端末代金>

  • 24回分割払い:2,280円
  • 一括払い:なし

 

<端末代金24回払い>

データ基本料金端末代月額計
1GB¥1,400¥2,280¥3,680
3GB¥1,600¥2,280¥3,880
6GB¥2,150¥2,280¥4,430
12GB¥3,400¥2,280¥5,680
20GB¥5,200¥2,280¥7,480
30GB¥7,450¥2,280¥9,730

※初月に契約手数料3,000円必要
※価格は税抜

 

ただし、BIGLOBEモバイルでは端末割引キャンペーンを実施しており、HUAWEI nova 3を購入すると端末代金が毎月450円割引になります。

よって、実質価格は43,920円まで下がります。

 

▼BIGLOBEでnova 3を購入▼

 

 

NifMo(ニフモ)の価格・料金

 

 

NifMoでもHUAWEI nova 3を扱っており、価格は48,889円です。

 

<端末代金>

  • 24回分割払い:2,038円
  • 一括払い:48,889円

 

<端末代金一括払いの場合>

端末代金
¥48,889
プラン基本料
3GB¥1,600
7GB¥2,300
13GB¥3,500

 

▼NifMoでnova 3を購入する▼

NifMo(ニフモ)公式サイト

 

楽天モバイルの価格・料金

 

楽天モバイルでもHUAWEI nova 3が購入できます。

楽天モバイルの料金プランは、組み合わせプランとスーパーホーダイの2種類あります。

また、楽天モバイルでは2018年10月よりドコモ回線・au回線が選べるようになりましたが、HUAWEI nova 3はドコモ回線のみです。

 

<端末代金>

  • 24回分割払い:2,240円
  • 一括払い:49,800円

 

<端末代金一括払い>
(組み合わせプラン)

端末代金
¥49,800
データ容量基本料金
ベーシック¥1,250
3.1GB¥1,600
5GB¥2,150
10GB¥2,960
20GB¥4,750
30GB¥6,150

※ベーシック:低速(200kbps)・容量無制限
※初月に契約手数料3,394円必要

※価格は税抜

 

▼楽天でnova 3を購入する▼

楽天モバイル公式サイト

 

スーパーホーダイプランは、データ容量(S/M/L/LL)と10分のかけ放題オプションがセットになったプランです。

 

下記は楽天会員が1年契約する場合の2年間の月額料金です。

2年の長期契約にすれば更に500円/月、3年契約にすれば1,000円/月が割引になります。

また、楽天ダイヤモンド会員なら契約から1年間月額500円引きになります。

 

<端末代金一括払い>
(スーパーホーダイ)

端末代金
¥54,800
基本料
プランS2GB¥2,480
プランM6GB¥3,480
プランL14GB¥5,480
プランLL24GB¥6,480

※楽天会員・1年契約の場合
※初月に契約手数料3,394円必要
※価格は税抜

 

▼楽天でnova 3を購入する▼

楽天モバイル公式サイト

 

 

Amazon・楽天市場の価格

 

HUAWEI nova 3はSIMフリー端末をamazonや楽天市場、家電量販店などで購入も可能です。

価格は54000円前後のようですね。

 

 

格安SIM(MVNO)でnova3の最安値は?

 

nova3端末価格の比較表

 

端末代金一括払いにおけるHUAWEI nova 3の価格を単純に比較すると、以下の通りです。

 

キャリア端末代金
(実質負担)
OCNモバイルONE¥34,800
ワイモバイル(S)¥45,014
ワイモバイル(M/L)¥35,600
IIJmio¥49,800
mineo(マイネオ)¥49,800
イオンモバイル¥54,800
BIGLOBEモバイル¥43,920
NifMo(ニフモ)¥48,889
楽天モバイル¥49,800

※BIGLOBEモバイルは分割支払額×24で計算

 

最安値はOCNモバイルONE

 

端末価格の最安値はOCNモバイルONEです。

 

OCNモバイルONEならもっとも高い楽天モバイル・イオンモバイルより2万円近く安い価格で購入できます。

 

OCNモバイルONEは音声通話SIMの最低利用期間も半年ですし、音声通話SIMでも月額1600円から使えますので、私もおすすめの格安SIMキャリアです。

 

さらに、ほぼ毎月実施するセールを利用すれば、さらにHUAWEI nova 3が安く買えます。

 

 

▼最安値でnova 3を購入する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

ワイモバイルもおすすめ

 

 

ワイモバイルもスマホプランM・Lとセット契約ならほぼ最安値です。

 

OCNモバイルONEに比べ、通信速度は圧倒的にワイモバイルが速いです。

また、ソフトバンクWi-Fiスポットが無料で使えたり、ヤフープレミアム会員費が無料になる特典があります。

私ならワイモバイルで契約しますね。

 

一方、OCNモバイルONEは音声通話SIMの最低利用期間が半年ですが、ワイモバイルは2年契約が必要です。

また余ったデータは翌月に繰り越せます。(ワイモバイルは不可)

 

端末価格はOCNモバイルONEと並んで最安値レベルなので、上記2点が気にならないなら個人的にはワイモバイルの方がおすすめです。

 

▼Ymobileでの購入はこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

ただし、上記は単純に端末代金一括払い時の価格の比較であり、キャリアによってキャンペーンサービス内容が異なります。
公式HPで価格を確認し、ご自身にあったキャリアを選択してください。

 

HUAWEI nova 3のスペック・仕様

 

nova 3の日本国内での発売日

 

HUAWEI nova 3は日本国内で2018年10月5日に発売されます。

一部の格安SIM・MVNO各社では10月2日より予約受付が開始されました。

 

HUAWEI nova 3の品番

 

HUAWEI nova 3の品番は「PAR-AL00」です。

 

本体カラー

 

HUAWEI nova 3の本体カラーは「ブラック」「アイリスパープル」です。

 

 

なお、OCNモバイルONE・goosimseller限定で「レッド」もあります。

 

 

スペック一覧表

 

HUAWEI nova 3のスペックは以下の通りです。

 

スペック
サイズ(mm)H157× W73.7× D7.3
重さ約166g
画面サイズ6.3インチ
解像度2,340 x 1,080
(フルHD+)
バッテリー容量3,750mAh
OSAndroid 8.1
CPUKirin970
(オクタコア)
2.36+1.8GHz
メモリ(ROM)128GB
メモリ(RAM)4GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大256GB)
有効画素数
(メインカメラ)
1,600万+
2,400万画素
有効画素数
(サブカメラ)
2,400万+
200万画素

 

nanoSIMのデュアルSIM

 

HUAWEI nova 3はnanoサイズのSIMカードが2枚入れられる「デュアルSIM」です。

音声通話SIM+データSIMといった組み合わせや、ドコモ回線+ソフトバンク回線など、異なるキャリアのSIMを組み合わせることも可能です。

 

DSDS・DSDV対応

 

さらにHUAWEI nova 3は2枚のSIMで音声通話が同時待ち受けできる「DSDS」に対応しています。

さらにさらに、どちらもVoLTEに対応可能な「DSDV」でもあります。

 

microSDカードはSIM2と排他

 

HUAWEI nova 3は最大256GBのmicroSDカードも入れられます。

ただし、SIMスロット2と同じ場所に入れるため、マイクロSDカードを入れると2枚目のSIMカードは入れられません。

 

USB端子はType-C

 

HUAWEI nova 3の端子は上下どちらでも挿せるUSB Type-Cです。

 

nova3の付属品・同梱物

 

HUAWEI nova 3には以下のものが付属しています。

  • ACアダプタ
  • USBケーブル
  • クイックスタートガイド
  • クリアケース
  • イヤホンマイク

 

イヤホン/クリアケース付属

 

HUAWEI nova 3には純正のイヤホン、クリアケースが付属しています。

イヤホンは3.5mmイヤホンジャックに接続して使用可能です。

 

クリアケースは少々安っぽいので、お気に入りのスマホケースを買うためのつなぎとして使ったほうがよいでしょう。

 

 

▼最安値でnova 3を購入する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

搭載された便利機能

 

搭載便利機能一覧

 

HUAWEI nova 3に搭載された便利機能は以下の通りです。

 

機能
防水
防塵
ワンセグ
フルセグ
おサイフケータイ
急速充電
ワイヤレス充電
指紋認証
顔認証

 

急速充電対応

 

HUAWEI nova 3は9V・2Aの急速充電に対応しています。

そもそもバッテリー容量も3,750mAhと大容量なので安心ですね。

 

指紋認証・顔認証対応

 

HUAWEI nova 3は指紋認証センサーはもちろん、インカメラによる顔認証にも対応しています。

指紋認証センサーは背面にあります。

 

防水・おサイフケータイ非対応

 

一方、HUAWEI nova 3は防水・防塵・ワンセグ・フルセグ・おサイフケータイには対応していません。

防水に対応していないのは少々デメリットですね。

 

また、ワイヤレス充電(無線充電)「Qi」にも非対応です。

 

HUAWEI nova 3のベンチマーク

 

Geekbench

 

HUAWEI nova 3(品番:PAR-AL00)のベンチマークスコアをGeekbenchで計測した結果は以下の通りです。

 

  • シングルスコア:1895
  • マルチスコア:6,537

 

 

Kirin970+4GBメモリーなので、先に発売されたHUAWEI P20とほぼ同じベンチマークスコアとなっています。

 

Antutu

 

Antutuのベンチマークスコア(総合)はおおむね18万前後です。

これだけのスコアがあれば普段使いにはもちろん、高負荷の3Dゲームをしても処理がもたつくことはないでしょう。

 

対応バンド・周波数

 

対応バンド・周波数一覧

 

HUAWEI nova 3の対応バンド・周波数は以下の通りです。

 

  • FDD LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28
  • TDD LTE:B38/40/41
  • WCDMA:B1/2/4/5/6/8/19
  • GSM:850/900/1800/1900 MHz

 

ドコモ回線で使用可

 

HUAWEI nova 3はドコモのLTE(全国版のバンド1/東名阪のバンド3)・プラチナバンド(バンド19)に対応しています。

WCDMAのバンド6(Fomaプラスエリア)にも対応していますので、山奥での3G通話も快適です。

 

ドコモ・ドコモ回線を使った格安SIMは問題なく使えます

 

ソフトバンク/ワイモバイル対応

 

HUAWEI nova 3はソフトバンク・ワイモバイルのLTE(バンド1・3)・プラチナバンド(バンド8)に対応しています。

WCDMAのバンド1・8にも対応していますので3Gでの通話も問題ありません。

 

ソフトバンク・ワイモバイルやソフトバンク回線を使った格安SIMでも問題なく使えます

 

au回線・au VoLTEにも対応

 

HUAWEI nova 3はau回線で使用するバンド1・18・26に対応しています。

また、発売同時はau VoLTEに対応していませんでしたが、先日のアップデートによりau VoLTEにも対応しました。

 

よって、auやUQモバイルなどのau回線を使った格安SIM・MVNOでも使用できます。

 

 

HUAWEI nova3のレビュー

 

 

AI搭載のデュアルレンズカメラ

 

HUAWEI nova 3の最大の特徴はなんといってもカメラです。

アウトカメラは1,600万画素(カラーセンサー)+2,400万画素(モノクロセンサー)のダブルレンズカメラが搭載されています。

 

カメラにはAIが搭載されており、被写体を自動判別して22種類の中から最適な撮影モードに切り替えてくれます。

誰でもかんたんに美しい写真が撮影できるのがメリットです。

 

インカメラもダブルレンズ

 

HUAWEI nova 3は自撮り用のインカメラもダブルレンズです。

2400万画素のメインレンズと、200万画素の深度測定用のレンズが搭載されています。

 

インカメラにもAIが搭載されており、被写体を自動判別して、8種類の中から撮影モードを選んでくれます。

また、HDR Proという機能により、逆光での撮影時でも被写体を美しく撮影できます。

 

最高峰Kirin970+4GB RAM

 

 

HUAWEI nova 3は処理性能も最高峰です。

 

搭載しているCPUは最高峰のKirin970です。

メモリー(RAM)も4GBなので、処理速度は非常に快適です。

 

アプリを複数同時に立ち上げて操作しても、高負荷の3Dゲームをしてももたつくことはないでしょう。

 

画面サイズは6.3インチ

 

HUAWEI nova 3の画面サイズは6.3インチです。スマホの中では大画面の方に属します。

 

ただし、本体と画面の間の枠(ベゼル)がほとんど無いベゼルレスの設計になっています。

また、本体面積のほとんどを画面が占める「フルビューディスプレイ」のため、本体サイズはコンパクトになっています。

 

また、画面は19.5:9の縦長ディスプレイとなっているため横幅が狭く、片手でも握りやすいのが特徴です。

 

大容量バッテリー+急速充電

 

HUAWEI nova 3はバッテリーも3,750mAhと大容量です。

搭載CPU「Kirin970」は省エネ性能も高いため、電池を気にすることなく使用できます。

 

 

また、HUAWEI nova 3は9V・2Aの急速充電にも対応しています。

 

3.5mmイヤホンジャックあり

 

HUAWEI nova 3には本体下部に3.5mmイヤホンジャックが搭載されています。

 

最近のスマホはイヤホンジャックが廃止され、無線または変換コネクタを介してイヤホン・ヘッドフォンを接続する機種が多くなってきました。

しかし、音質にこだわる方は有線で接続したいという意見も根強いです。

 

そんななか、イヤホンジャックがある点はHUAWEI nova 3の大きなメリットですね。

 

ストレージ容量128GB

 

HUAWEI nova 3のストレージ容量は128GBです。

かなり大容量なので、写真を沢山撮影する方も安心ですね。

 

microSD使用可能

 

また、最大256GBのmicroSDカードの挿入も可能です。

ただし、マイクロSDカードは2つ目のSIMスロットに入れるため、マイクロSDカードを使用する場合はSIMカードは1枚しか入れられません。

 

P20とnova 3の違い・比較

 

 

Kirin970+4GBメモリーといえば、同じHUAWEIから既に発売されている「HUAWEI P20」と同じ性能です。

HUAWEI nova 3とHUAWEI P20の違い・比較ポイントは主に以下の点です。

 

<nova 3とP20の違い・比較>

比較
ポイント
nova 3P20
カメラライカ
インカメラダブル
レンズ
シングル
レンズ
microSD
ハイレゾ対応
au回線使用
au VoLTE
PCモード
価格54,800円69,800円

 

HUAWEI nova 3が優れている点はインカメラもダブルレンズである点、そして何よりau回線のバンド・auVoLTEに対応している点です。

ストレージが128GBなのであまり使わないと思いますが、micro SDカードの増設ができるのもnova 3のみです。

また、価格(定価)は15,000円ほどHUAWEI nova 3の方が安いです。

 

一方、P20は何といってもライカと共同開発したカメラを搭載しているのが特徴ですね。

またP20はオーディオの質が高く、PCモードに対応している点もメリットです。

 

HUAWEI nova 3の購入はこちら!

 

以上、HUAWEI nova 3のレビューでした。

nova 3は最高峰のCPU・カメラ性能を誇りながら端末価格は高くなく、非常におすすめの端末です。

 

本記事で解説したとおり、HUAWEI nova3の最安値はOCNモバイルONEです。

他の格安SIMより圧倒的に安く購入できますので、ぜひご利用ください!

 

また、毎月実施するスマホセールを利用すれば19,800円程度で購入できます。

 

▼最安値でnova 3を購入する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

 

 

おすすめSIMフリースマホ一覧へ

 

格安スマホの比較
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-