格安SIMのキャンペーン一覧はこちら 

SIMフリー版HUAWEI P30 liteのスペックまとめ!価格・最安値は?

 

HUAWEI P30 lite画像

 

本記事ではSIMフリー版「HUAWEI P30 lite」のスペックや特徴を解説します。

 

大人気だった「HUAWEI P20 lite」の後継機として、おそらく2019年に最も売れるAndroidスマホ…になるはずでした。

楽しみにしていた方、非常に残念ですね。

 

HUAWEI P30 liteの代替となる機種

 

ご存知の通り、HUAWEIを取り巻く問題でHUAWEI P30 liteは各社で発売が延期になりました。

格安SIM・MVNOやAmazonでも発売が延期になり、いつ発売になるかわかりません。

 

個人的にはなんとか良い事態に落ち着くことを願っていますが、事態が収束するまでHUAWEI製品は買い控えたほうが良いかもしれません。

 

そこで、HUAWEI P30 liteを購入しようと楽しみにしていた方に、代替となるおすすめ機種を紹介します。

 

Google Pixel 3a

 

Pixel 3a画像

 

まずおすすめするのはGoogleが発売したPixel 3aです。

Google Pixel 3の半額近い48,600円で購入でき、性能は抜群です。

 

Google Pixel 3の廉価版という位置づけですが、使用者のレビューを見ると操作感もカメラ性能も差は感じないという声が多いです。

使用者の評判が高く、私も今最も購入したい端末ですね。

 

au VoLTEにも対応しており、ドコモ・au・ソフトバンクを含めたほぼ全てのキャリアで使えます

 

デメリットは格安SIMで販売しておらず、Google Storeで定価購入する必要がある点ですね。

その点、SIMとのセット販売による値引きがなく少々割高になりますが、十分な性能と上々の評判で安心感があります。

 

 

端末購入Google Store

 

 

ZenFone Max Pro M2

 

現在OCNモバイルONEのセールで一括19,800円で購入可能です!

 

ZenFone Max Pro M2

 

続いておすすめするのはASUSのZenFone Max Pro M2(ZB631KL)です。

発売時に製品の不具合で回収になりましたが、現在は問題ない製品が販売されています。

 

ドコモ・au・ソフトバンクの全キャリア回線で使え、搭載CPUはSnapdragon660、メモリーRAMは4GBなので十分です。

カメラ性能は一級品とまでは言えませんが、AI搭載のデュアルレンズカメラで普段使いには十分でしょう。

 

DSDV対応で、ZenFone Maxシリーズの特徴である5,000mAhの大容量バッテリーも魅力です。

性能の割に価格が非常に安いのが特徴で、最安値はOCNモバイルONE・goosimsellerです。

 

欠点はUSB端子がmicro USBな点と5Ghz帯のWi-Fiに非対応な点ですが、通常使う分には問題ないでしょう。

HUAWEI P30 liteの代替としては非常におすすめです。

 

  • icon-circle-o 高性能Snapdragon660搭載
  • icon-circle-o 全キャリアの回線対応
  • icon-circle-o DSDS・DSDV対応
  • icon-circle-o AI搭載カメラ
  • icon-circle-o 顔認証対応
  • icon-circle-o 5000mAh大容量バッテリー
  • icon-circle-o フルHD+の美しい画面
  • icon-times 端子はmicroUSB
  • icon-times 5GHzのWiFi非対応

 

 

▼最安値でMax Pro M2を購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

ZenFone Max M2

 

現在OCNモバイルONEのセールで一括6,800円で購入可能です!

 

 

最後は、ASUSのZenFone Max M2(ZB633KL)です。

こちらも高性能・低価格でコスパ抜群の機種です。

 

同時に発売されたZenFone Max Pro M2(ZB631KL)より性能は落ちますが、それでも十分なレベルで価格が安いのが特徴です。

正直、この価格でこの性能はコスパ抜群で魅力的です。

個人的にもかなりおすすめのスマホですね。

 

前世代のSnapdragon626より性能が大幅に向上したSnapdragon632を搭載し、DSDS・DSDVで全キャリアの回線に対応しています。

 

また、この価格で顔認証にも対応しており、オーディオにもこだわっています。

メモリーRAMも4GBなので普段使いには十分ですし、ほとんどのゲームもサクサク動くでしょう。

 

画面解像度が低い点、USB端子がmicroUSBな点、5GHz帯のWiFiに非対応な点が我慢できれば、今すぐ買いたいおすすめ機種です。

 

  • icon-circle-o 高性能Snapdragon632搭載
  • icon-circle-o 全キャリアの回線対応
  • icon-circle-o DSDS・DSDV対応
  • icon-circle-o この性能でこの価格は魅力
  • icon-circle-o 指紋認証+顔認証対応
  • icon-circle-o 4000mAh大容量バッテリー
  • icon-circle-o トリプルスロット対応
  • icon-times 画面解像度は低い
  • icon-times 端子はmicroUSB
  • icon-times 5GHzのWiFi非対応

 

 

▼ZB633KLを最安値で購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

SIMフリーP30 liteの発売日

 

SIMフリーP30 liteの発売日

 

HUAWEI P30 liteのSIMフリー版の発売日は5月24日(金)でしたが、格安SIM・MVNOやアマゾンにおける発売日は延期になりました。

いつ発売されるかは未定です。

 

ワイモバイル・UQモバイルの発売日も2019年5月24日(金)の予定でしたが、延期になりました。

 

  • SIMフリー版:5月24日(金)未定
  • ワイモバイル:5月24日(金)未定
  • UQモバイル:5月24日(金)未定

 

取扱いキャリア

 

HUAWEI P30 liteは以下の格安SIM・MVNOや家電量販店で発売予定です。

 

  • IIJmio
  • QTモバイル
  • goosimseller
  • DMMモバイル
  • NifMo(ニフモ)
  • マイネオ
  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • ヤマダ電機
  • Amazon など

 

格安SIM・MVNOの価格比較

 

2019年5月21日17:00時点で価格が判明しているキャリアを紹介します。

※価格は音声SIMとセットの税抜き価格

 

価格比較一覧表・最安値

 

5月21日17:00時点での価格比較表は以下のとおりです。

 

キャリア一括価格
OCNモバイルONE
goosimseller
¥14,800
IIJmio¥24,800
マイネオ¥32,400
LINEモバイル未定
楽天モバイル未定
HUAWEIオンライン
(定価)
¥32,800

 

最安値はOCNモバイルONE・goosimsellerです。

通常価格は22,800円ですが、6月10日AM11:00まで発売記念特価セールを実施しており、一括14,800円で購入できます。

 

さらにgoosimsellerではクイズに答えると最大5000円分の割引クーポンが配布するキャンペーンが実施されています。

この割引クーポンは使用枚数に限りがありますので、狙っている方はお急ぎください。

 

▼最安値でP30 liteを購入する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

▼クーポンが貰えるクイズ実施中▼

goosimseller公式サイト

 

 

OCNモバイルONE/goosimseller

 

 

OCNモバイルONE・goosimsellerでは5月22日にHUAWEI P30 liteを発売します。

通常価格は22,800円ですが、発売記念特価として6月10日まで14,800円で購入できます。

 

  • 通常価格(一括)22,800円
  • 発売記念特価(一括)14,800円
    ※6月10日11時まで

 

さらに、goosimseller公式サイトで公開されているクイズに答えると最大5000円分の割引クーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。(6月10日11時まで)

ただし、今回は使用回数に上限があるため、狙っている方はお早めに回答してクーポンを使いましょう。

 

クイズをちらっと見ましたが、結構難しかったです。

 

▼発売記念特価セール中▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

IIJmio

 

 

IIJmioでも5月24日(金)からHUAWEI P30 liteを発売します。

価格は以下のとおりです。

  • 一括価格:29,800円
  • 24回分割:1,250円/月

 

IIJmioでは7月3日までにHUAWEI P30 liteを音声SIMとセットで購入すると、5000円分のe-Giftがもらえます。

e-GiftはAmazonギフト券やnanacoなど、好きなギフト券や電子マネーに交換できるため、実質5,000円引きで購入できます。

また、当サイト「シムラボ」とのタイアップキャンペーンも実施中です。

 

また、すでにIIJmioを契約している方も6ヶ月以上経過していれば5000円のe-Giftがもらえます。

 

▼IIJmioでP30 liteを購入▼

IIJmio公式サイト 

 

▼当サイト申し込みで特典が上乗せ▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

mineo(マイネオ)

 

mineo(マイネオ)

 

mineo(マイネオ)でも5月24日にHUAWEI P30 liteを発売します。

価格は以下のとおりです。

  • 一括価格:32,400円
  • 24回分割:1,350円/月

 

mineo(マイネオ)の端末価格はほぼ定価ですが、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線が選べるのが特徴です。

通信速度もそこそこ速いです。

 

▼mineoでP30 liteを購入する▼

マイネオ公式サイト

 

 

LINEモバイル

 

LINEモバイルロゴ

 

LINEモバイルにおけるHUAWEI P30 liteの発売日・価格は発表されていません。

端末価格はおそらく定価付近だと思いますが、現在キャンペーンを実施中のためトータルではお得に購入できます。

 

▼LINEモバイルをチェック▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

楽天モバイル

 

楽天モバイルロゴ

楽天モバイルにおけるHUAWEI P30 liteの発売日・価格は発表されていません。

nova lite 3ではいきなり1万円を切る特価で発売されました。

楽天モバイルの価格にも注目ですね。

 

▼楽天モバイルをチェック▼

楽天モバイル公式サイト

 

 

SIMフリー版P30 liteのスペック

 

本体カラー・色

 

HUAWEI P30 liteの本体カラーは「ピーコックブルー」「パールホワイト」「ミッドナイトブラック」の3色です。

 

HUAWEI P30 lite_本体カラー

 

スペック一覧表

 

SIMフリー版HUAWEI P30 liteのスペック詳細は以下のとおりです。

 

スペック
サイズ(mm)H153× W73× D7.4
重さ約159g
画面サイズ約6.15インチ
解像度2,312 x1,080
(フルHD+)
バッテリー容量3,340mAh
OSAndroid 9+
EMUI 9.0.1
CPUKirin710
(オクタコア)
2.2+1.7GHz
メモリ(ROM)64GB
メモリ(RAM)4GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大512GB)
有効画素数
(メインカメラ)
2,400万+
800万+200万画素
有効画素数
(サブカメラ)
2.400万画素
USB端子USB Type-C

 

デュアルSIM・DSDS対応

 

SIMフリー版のHUAWEI P30 liteはSIMカードが2枚挿せるデュアルSIMです。

 

DSDS、および2枚同時にVoLTEで待受ができる「DSDV」に対応しています。

※ビックカメラの商品詳細に記載あり

 

microSDカード挿入可

 

HUAWEI P30 liteは最大512GBのマイクロSDカードを挿入することでストレージ容量を増やせます。

 

ただしマイクロSDスロットと2枚目のSIMカードスロットは同じ場所(排他)なので、マイクロSDカードを使う場合はデュアルSIMにはできません

 

イヤホンジャック搭載

 

HUAWEI P30 liteには本体下部に3.5mmイヤホンジャックが搭載されています。

有線でイヤホン・ヘッドフォンを接続できるのはメリットです。

 

USB端子はUSB Type-C

 

HUAWEI P30 liteのUSB端子はUSB Type-Cです。

先に発売されたnova lite 3はmicro USBでしたが、P30 liteは前作P20 liteに続きタイプCです。

 

5GhzのWiFiに対応

 

HUAWEI P30 liteが対応するWi-Fi規格は以下のとおりです。

 

802.11a/b/g/n/ac

 

nova lite 3は2.4Ghzのみで5GhzのWi-Fiに対応していませんでしたが、HUAWEI P30 liteは5Ghzにも対応しています。

 

SIMフリーとワイモバイル・UQモバイル・au版との違い

 

HUAWEI P30 liteはSIMフリー版の他に、ワイモバイル・UQモバイル・auでも発売されます。

(auはHUAWEI P30 lite Premium)

 

この4つのタイプの違いは以下のとおりです。

 

SIMフリーYmobileUQau
ストレージ容量64GB64GB64GB128GB
SIM
スロット
2
(DSDV)
111
SIMロックなしなしなしあり
au VoLTE対応×?

※au版はHUAWEI P30 lite Premium

 

au版は唯一SIMロックがかかっています。

また、au・UQモバイル・ワイモバイル版はおそらくSIMスロットが1つにカスタマイズされています。

一方、SIMフリー版のHUAWEI P30 liteはデュアルSIMでDSDS・DSDVに対応しています。

 

auのHUAWEI P30 lite Premiumはストレージ容量が128GBに増量されています。

しかし、HUAWEI P30 liteはmicroSDカードを挿入すれば拡張できるので、あまり意味はありません。

 

単純に性能を比較するとSIMフリー版の方が良いです。

中古スマホ店で買い取って貰う場合もSIMフリー版のほうが高く買い取ってもらえるでしょう。

 

▼最安値でP30 liteを購入する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

P30 liteの付属品・同梱品

 

付属品一覧

 

  • マイク付イヤホン
  • ACアダプタ
  • USBケーブル
  • クイックスタートガイド
  • クリアケース

 

ACアダプタ・ケーブル付属

 

HUAWEI P30 liteにはACアダプタ・USBケーブルが付属しています。

付属しているのは「HUAWEI Quick Charger」という高速充電に対応した純正の充電器です。

 

純正ケース・イヤホン付属

 

HUAWEI P30 liteには純正のケース・イヤホンが付属しています。

 

しかしどちらも簡易的なものですので、お気に入りのスマホケースやイヤホン・ヘッドフォンを購入するまでのつなぎとして利用しましょう。

 

搭載された便利機能

 

搭載便利機能一覧

 

HUAWEI P30 liteに搭載されている便利機能は以下のとおりです。

 

有無
防水
防塵
ワンセグ
おサイフケータイ
指紋認証
顔認証
急速充電
ワイヤレス充電

 

指紋認証・顔認証対応

 

HUAWEI P30 liteは指紋認証・顔認証に対応しています。

指紋認証センサーは本体背面に搭載されています。

 

HUAWEI P30 lite_指紋認証センサー

 

防水・防塵非対応

 

HUAWEI P30 liteは防水・防塵に対応していません。

 

おサイフケータイ/ワンセグ不可

 

HUAWEI P30 liteはおサイフケータイやワンセグ・フルセグにも対応していません。

このあたりは仕方がないですね。

 

ワイヤレス充電非対応

 

HUAWEI P30 liteは付属の充電器による急速充電に対応していますが、ワイヤレス充電には対応していません。

 

P30 liteのベンチマークスコア

 

antutu

 

HUAWEI P30 liteの搭載CPUはKirin710です。

antutuにおけるKirin710のベンチマークを、同じCPUを搭載しているnova lite 3から算出した総合コアは13万~14万です。

 

前作HUAWEI P20 liteが9万前後でしたので、性能は大きく進化しています。

 

Geekbench

 

GeekbenchにおけるHUAWEI P30 liteのベンチマークスコアは以下のとおりです。

 

  • シングル:1,523
  • マルチ:5,105

 

HUAWEI P30 lite_Geekbenchベンチマーク

 

超高負荷の3Dゲームなどを除けば、大抵の作業は問題なく処理できるでしょう。

 

P30 liteの対応バンド・周波数

 

対応バンド・周波数一覧

 

SIMフリー版のHUAWEI P30 liteの対応バンドは以下の通りです。

 

  • FDD-LTE:B1・3・5・7・8・18・19・26・28
  • TD-LTE:B41
  • W-CDMA:B1・2・5・6・8・19
  • GSM:1900/1800/900/850 MHz

 

ドコモ回線で使用可

 

ドコモ回線で使用するFDD-LTEのバンドは1・3・19です。

HUAWEI P30 liteは全て対応しておりSIMフリーでもあるため、ドコモやドコモ回線を使った格安SIMキャリアのSIMカードを挿しても使えます

 

また、WCDMAのバンド6にも対応しているため、山間部での3G通話・データ通信も可能です。

 

ソフトバンク/ワイモバイル可

 

ソフトバンク・ワイモバイル回線で使うFDD-LTEのバンドは1・3・8ですが、SIMフリー版のHUAWEI P30 liteは全て対応しています。

また、WCDMAのバンド1・8にも対応しています。

 

SIMロックもかかっていませんので、ソフトバンク・ワイモバイルやソフトバンク回線を使った格安SIMでも問題なく使えます

 

au回線・au VoLTE対応

 

SIMフリー版のHUAWEI P30 liteはau回線のLTEバンド(1・18・26)に対応しています。

また、au VoLTEにも対応しています。

 

よって、au回線を使った格安SIMでも使えます。

 

P30 lite発売までもう少し!

 

以上、SIMフリー版HUAWEI P30 liteの詳細でした。

 

SIMフリー版のHUAWEI P30 liteは5月24日に発売です。

格安SIM各社でも発売されると思いますので、価格など詳細が判明次第追記いたします。

 

▼最安値でP30 liteを購入する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

 

シムラボ! トップへ戻る

 

格安スマホの比較
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-