ワイモバイルで5周年キャンペーン実施中 

SIMフリー版HUAWEI P30 liteのスペック/最安値まとめ!8月に発売開始

 

HUAWEI P30 lite画像

 

本記事ではSIMフリー版「HUAWEI P30 lite」のスペックや特徴を解説します。

 

HUAWEI問題により発売が延期されていましたが、7月にIIJmioで、8月にワイモバイル・UQモバイルや楽天モバイルなど各社で発売が発表されました。

 

SIMフリーP30 liteの発売日

 

SIMフリーP30 liteの発売日

 

HUAWEI P30 liteのSIMフリー版の発売日は5月24日(金)でしたが、格安SIM・MVNOやアマゾンにおける発売日は延期になりました。

 

その後、8月に各社で発売日が発表されています。

 

  • イオンモバイル:5月24日(金)
  • IIJmio:7月2日(火)
  • 楽天モバイル:8月5日(月)
  • ワイモバイル:8月8日(木)
  • UQモバイル:8月8日(木)
  • mineo:8月9日(金)
  • LINEモバイル:8月9日(金)

 

取扱いキャリア

 

HUAWEI P30 liteは以下の格安SIM・MVNOや家電量販店で発売予定です。

 

  • IIJmio
  • QTモバイル
  • goosimseller
  • DMMモバイル
  • NifMo(ニフモ)
  • マイネオ
  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • ヤマダ電機
  • Amazon など

 

このうち、NifMo・エキサイトモバイル・イオンモバイルではすでに発売されています。

また、7月2日にIIJmioでも発売されました。

 

ワイモバイルやUQモバイル、楽天モバイルをはじめ、他の格安SIMでも8月中には発売されるでしょう。

 

格安SIM・MVNOの価格比較

 

2019年8月10日時点で価格が判明しているキャリアを紹介します。

※価格は音声SIMとセットの税抜き価格

 

価格比較一覧表・最安値

 

8月10日時点で延期後の発売日が公表されている格安SIMキャリアにおけるHUAWEI P30 liteの価格を比較します。

 

キャリア一括価格
ワイモバイル(※)¥12,500
(8/8発売)
UQモバイル(※)¥27,400
(8/8発売)
楽天モバイル¥29,980
(8/5発売)
OCNモバイルONE
goosimseller
¥14,800
(発売未定)
IIJmio¥24,800
(発売済)
マイネオ¥32,400
(8/9発売)
LINEモバイル¥32,880
(8/9発売)
楽天モバイル¥29,980
(8/5発売)
HUAWEIオンライン
(定価)
¥32,800

※割引後の実質負担額

 

ワイモバイルにおける端末価格は税抜36,500円ですが、スマホプランM・Lとセットで契約すると毎月1,000円の月額割引が適用され、実質12,500円となります。

 

同じくUQモバイルに端末価格は税抜29,300円ですが、おしゃべり・ぴったりプラン(S/M/L)とセットで契約すると毎月1,000円のマンスリー割が適用され、実質27,400円となります。

 

最安値はワイモバイル

 

格安SIMにおけるHUAWEI P30 liteの最安値はワイモバイルです。

 

ワイモバイルにおける端末価格は税抜36,500円ですが、スマホプランM・Lとセットで契約すると毎月1,000円の月額割引が適用され、実質12,500円となります。

 

スマホプランSの場合は月額割引は500円/月なので、実質負担額は24,500円なのでそこまで安くはありません。

最安値になるのはスマホプランM・Lの場合のみです。

 

スマホプランM・Lを契約される方、2年縛りでもOKであれば、ワイモバイルが最安値です。

 

OCNモバイルONEも安い

 

OCNモバイルONE

 

個人的なおすすめはOCNモバイルONE・goosimsellerです。

8月10日時点で発売再開日が発表されていませんが、発売されれば一括14,800円とワイモバイルに次ぐ安さです。

 

OCNモバイルONEの月額料金はワイモバイルよりも安く、最低利用期間も6ヶ月間と短いため、ワイモバイル契約者以外はOCNモバイルONE・goosimsellerで買うのがおすすめです。

 

▼OCNモバイルONEをチェック▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

各格安SIMキャリアの価格

 

ワイモバイル

 

 

ワイモバイルでは2019年8月8日にHUAWEI P30 liteを発売します。

スマホプランM・Lとセットなら実質12,500円で購入でき、ワイモバイルが最安値です。

 

ワイモバイルのスマホプランとセットで購入した場合の端末代金実質負担額は以下の通りです。

 

<HUAWEI P30 liteの実質負担額>

  • プランS:24,500円
  • プランM・L:12,500円

※新規契約・ソフトバンク以外からのMNP乗り換えの場合

 

ワイモバイルは圧倒的な通信速度の速さが魅力です。

また、ソフトバンクWi-Fiスポットが無料で使えたり、ヤフープレミアム会員費が無料になる特典があります。

私もワイモバイルをメインで契約しています。

 

ただし最低利用期間は2年と長いです。

また余ったデータの繰り越しはできませんので注意してください。

 

端末価格はOCNモバイルONEと並んで最安値レベルなので、OCNモバイルONEとどちらが良いか検討しましょう。

 

 

▼ワイモバイルでP30 liteを購入▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

UQモバイルの価格

UQモバイルではHUAWEI P30 liteを8月8日に発売します。

 

UQモバイルにおけるP30 liteの本体価格は税抜29,300円です。

しかしおしゃべり・ぴったりプランとセット契約の場合、「マンスリー割」という割引が適用され、月額料金が毎月216円割引になります。

 

よって、P30 liteの本体実質負担額は実質27,400円です。

 

  • 実質負担額:27,400円

 

さらに、当サイト限定で最大10,000円のキャッシュバックが貰えます。

10,000円を差し引けば、実質1.7万円程度になりますね。

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

UQモバイルは通信速度がMVNOの中で最も速く、店舗数も多くて私が最もおすすめするキャリアです。

おしゃべり・ぴったりプランは最低利用期間が2年のプランですが、2年契約が嫌でなければUQモバイルで購入もおすすめです。

 

 

▼UQモバイルは実質1.7万円~▼

UQモバイル公式サイト

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

 

楽天モバイル

 

楽天モバイルロゴ

楽天モバイルではHUAWEI P30 liteを8月5日に発売しました。

価格は以下のとおりです。

 

  • 一括価格:29,980円
  • 24回分割:1,349円/月

※分割は税込価格

 

楽天モバイルでは珍しく少々高いですが、おそらくセールなどで安くなると思います。

セール情報をチェックしてください。

 

 

▼楽天モバイルは8/5発売▼

楽天モバイル公式サイト

 

 

OCNモバイルONE/goosimseller

 

 

OCNモバイルONE・goosimsellerでもHUAWEI P30 liteを発売しますが、延期後の発売日は公表されていません。

通常価格は22,800円ですが、発売記念特価として14,800円で発売予定です。

 

  • 通常価格(一括)22,800円
  • 発売記念特価(一括)14,800円

 

発売日が未定ですが、発売されればOCNモバイルONE・goosimsellerが最安値です。

 

▼発売記念特価で買える▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

IIJmio

 

 

IIJmioでは7月2日(火)からHUAWEI P30 liteを発売しました。

価格は以下のとおりです。

  • 一括価格:29,800円
  • 24回分割:1,250円/月

 

IIJmioではHUAWEI P30 liteを音声SIMとセットで購入すると、5000円分のe-Giftがもらえます。

e-GiftはAmazonギフト券やnanacoなど、好きなギフト券や電子マネーに交換できるため、実質5,000円引きで購入できます。

 

また、当サイト「シムラボ」とのタイアップキャンペーンも実施中です。

 

また、すでにIIJmioを契約している方も6ヶ月以上経過していれば5000円のe-Giftがもらえます。

 

▼IIJmioでP30 liteを購入▼

IIJmio公式サイト 

 

▼当サイト申し込みで特典が上乗せ▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

mineo(マイネオ)

 

mineo(マイネオ)

 

mineo(マイネオ)の発売日は8月9日(金)です。

価格は以下のとおりです。

  • 一括価格:32,400円
  • 24回分割:1,350円/月

 

mineo(マイネオ)の端末価格はほぼ定価ですが、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線が選べるのが特徴です。

通信速度もそこそこ速いです。

 

▼mineoでP30 liteを購入する▼

マイネオ公式サイト

 

 

LINEモバイル

 

LINEモバイルロゴ

 

LINEモバイルにおけるHUAWEI P30 liteの発売日は8月9日(金)です。

端末価格は以下の通りです。

 

  • 一括価格:32,880円
  • 24回分割:1,470円/月

 

価格はほぼ定価ですが、現在月額料金割引キャンペーンを実施中のためトータルではお得に購入できます。

 

▼LINEモバイルをチェック▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

SIMフリー版P30 liteのスペック

 

本体カラー・色

 

HUAWEI P30 liteの本体カラーは「ピーコックブルー」「パールホワイト」「ミッドナイトブラック」の3色です。

 

HUAWEI P30 lite_本体カラー

 

スペック一覧表

 

SIMフリー版HUAWEI P30 liteのスペック詳細は以下のとおりです。

 

スペック
サイズ(mm)H153× W73× D7.4
重さ約159g
画面サイズ約6.15インチ
解像度2,312 x1,080
(フルHD+)
バッテリー容量3,340mAh
OSAndroid 9+
EMUI 9.0.1
CPUKirin710
(オクタコア)
2.2+1.7GHz
メモリ(ROM)64GB
メモリ(RAM)4GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大512GB)
有効画素数
(メインカメラ)
2,400万+
800万+200万画素
有効画素数
(サブカメラ)
2.400万画素
USB端子USB Type-C

 

デュアルSIM・DSDS対応

 

SIMフリー版のHUAWEI P30 liteはSIMカードが2枚挿せるデュアルSIMです。

 

DSDS、および2枚同時にVoLTEで待受ができる「DSDV」に対応しています。

ただし、ワイモバイル版・UQモバイル版はシングルSIMに改良されています。

 

microSDカード挿入可

 

HUAWEI P30 liteは最大512GBのマイクロSDカードを挿入することでストレージ容量を増やせます。

 

ただしマイクロSDスロットと2枚目のSIMカードスロットは同じ場所(排他)なので、マイクロSDカードを使う場合はデュアルSIMにはできません

 

イヤホンジャック搭載

 

HUAWEI P30 liteには本体下部に3.5mmイヤホンジャックが搭載されています。

有線でイヤホン・ヘッドフォンを接続できるのはメリットです。

 

USB端子はUSB Type-C

 

HUAWEI P30 liteのUSB端子はUSB Type-Cです。

先に発売されたnova lite 3はmicro USBでしたが、P30 liteは前作P20 liteに続きタイプCです。

 

5GhzのWiFiに対応

 

HUAWEI P30 liteが対応するWi-Fi規格は以下のとおりです。

 

802.11a/b/g/n/ac

 

nova lite 3は2.4Ghzのみで5GhzのWi-Fiに対応していませんでしたが、HUAWEI P30 liteは5Ghzにも対応しています。

 

SIMフリーとワイモバイル・UQモバイル・au版との違い

 

HUAWEI P30 liteはSIMフリー版の他に、ワイモバイル・UQモバイル・auでも発売されます。

(auはHUAWEI P30 lite Premium)

 

この4つのタイプの違いは以下のとおりです。

 

SIMフリーYmobileUQau
ストレージ
容量
64GB64GB64GB128GB
SIM
スロット
2
(DSDV)
111
SIMロックなしなしなしあり
au VoLTE
対応
×?

※au版はHUAWEI P30 lite Premium

 

au版は唯一SIMロックがかかっています。

また、au・UQモバイル・ワイモバイル版はおそらくSIMスロットが1つにカスタマイズされています。

一方、SIMフリー版のHUAWEI P30 liteはデュアルSIMでDSDS・DSDVに対応しています。

 

auのHUAWEI P30 lite Premiumはストレージ容量が128GBに増量されています。

しかし、HUAWEI P30 liteはmicroSDカードを挿入すれば拡張できるので、あまり意味はありません。

 

単純に性能を比較するとSIMフリー版の方が良いです。

中古スマホ店で買い取って貰う場合もSIMフリー版のほうが高く買い取ってもらえるでしょう。

 

▼最安値でP30 liteを購入する▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

P30 liteの付属品・同梱品

 

付属品一覧

 

  • マイク付イヤホン
  • ACアダプタ
  • USBケーブル
  • クイックスタートガイド
  • クリアケース

 

ACアダプタ・ケーブル付属

 

HUAWEI P30 liteにはACアダプタ・USBケーブルが付属しています。

付属しているのは「HUAWEI Quick Charger」という高速充電に対応した純正の充電器です。

 

純正ケース・イヤホン付属

 

HUAWEI P30 liteには純正のケース・イヤホンが付属しています。

 

しかしどちらも簡易的なものですので、お気に入りのスマホケースやイヤホン・ヘッドフォンを購入するまでのつなぎとして利用しましょう。

 

搭載された便利機能

 

搭載便利機能一覧

 

HUAWEI P30 liteに搭載されている便利機能は以下のとおりです。

 

有無
防水
防塵
ワンセグ
おサイフケータイ
指紋認証
顔認証
急速充電
ワイヤレス充電

 

指紋認証・顔認証対応

 

HUAWEI P30 liteは指紋認証・顔認証に対応しています。

指紋認証センサーは本体背面に搭載されています。

 

HUAWEI P30 lite_指紋認証センサー

 

防水・防塵非対応

 

HUAWEI P30 liteは防水・防塵に対応していません。

 

おサイフケータイ/ワンセグ不可

 

HUAWEI P30 liteはおサイフケータイやワンセグ・フルセグにも対応していません。

このあたりは仕方がないですね。

 

ワイヤレス充電非対応

 

HUAWEI P30 liteは付属の充電器による急速充電に対応していますが、ワイヤレス充電には対応していません。

 

P30 liteのベンチマークスコア

 

antutu

 

HUAWEI P30 liteの搭載CPUはKirin710です。

antutuにおけるKirin710のベンチマークを、同じCPUを搭載しているnova lite 3から算出した総合コアは13万~14万です。

 

前作HUAWEI P20 liteが9万前後でしたので、性能は大きく進化しています。

 

Geekbench

 

GeekbenchにおけるHUAWEI P30 liteのベンチマークスコアは以下のとおりです。

 

  • シングル:1,523
  • マルチ:5,105

 

HUAWEI P30 lite_Geekbenchベンチマーク

 

超高負荷の3Dゲームなどを除けば、大抵の作業は問題なく処理できるでしょう。

 

P30 liteの対応バンド・周波数

 

対応バンド・周波数一覧

 

SIMフリー版のHUAWEI P30 liteの対応バンドは以下の通りです。

 

  • FDD-LTE:B1・3・5・7・8・18・19・26・28
  • TD-LTE:B41
  • W-CDMA:B1・2・5・6・8・19
  • GSM:1900/1800/900/850 MHz

 

ドコモ回線で使用可

 

ドコモ回線で使用するFDD-LTEのバンドは1・3・19です。

HUAWEI P30 liteは全て対応しておりSIMフリーでもあるため、ドコモやドコモ回線を使った格安SIMキャリアのSIMカードを挿しても使えます

 

また、WCDMAのバンド6にも対応しているため、山間部での3G通話・データ通信も可能です。

 

ソフトバンク/ワイモバイル可

 

ソフトバンク・ワイモバイル回線で使うFDD-LTEのバンドは1・3・8ですが、SIMフリー版のHUAWEI P30 liteは全て対応しています。

また、WCDMAのバンド1・8にも対応しています。

 

SIMロックもかかっていませんので、ソフトバンク・ワイモバイルやソフトバンク回線を使った格安SIMでも問題なく使えます

 

au回線・au VoLTE対応

 

SIMフリー版のHUAWEI P30 liteはau回線のLTEバンド(1・18・26)に対応しています。

また、au VoLTEにも対応しています。

 

よって、au回線を使った格安SIMでも使えます。

 

 

P30 liteがいよいよ発売!

 

以上、SIMフリー版HUAWEI P30 liteの詳細でした。

 

SIMフリー版のHUAWEI P30 liteは8月から主要な格安SIMで発売が開始されました。

他の格安SIM各社でも発売されると思いますので、価格など詳細が判明次第追記いたします。

 

▼最安値はワイモバイル▼

ワイモバイル公式サイト 

 

▼発売後はOCNモバイルも最安値▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

 

シムラボ! トップへ戻る

 

SIMフリースマホ
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-