Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

Google Pixel 3のスペックを解説!SIMフリー版・ドコモ・ソフトバンクの価格も

 

本記事では、2018年秋に発売のスマホ「Google Pixel3」(グーグルピクセル3)「Google Pixel3 XL」のスペックや価格を解説します。

 

日本ではSIMフリー版とドコモ・ソフトバンクから発売されます。

GoogleがOSだけでなく端末も開発した純正のスマートフォンで、現在圧倒的な人気を誇るiPhoneの対抗馬になるかもしれません。

私も購入を検討しているおすすめスマホです。

 

▼ドコモ版Pixel3を購入・詳細確認▼

ドコモ公式オンラインストア

 

▼ソフトバンク版を購入・詳細確認▼

ソフトバンク公式サイト

 

Pixel3の価格比較!最安値は?

 

 

Google Pixel 3・Pixel 3 XLは主に「Googleストア(オンライン)」「ドコモ」「ソフトバンク」で購入できます。

オンラインのGoogleストアは基本的に定価で販売され、ドコモ・ソフトバンクはSIMとセット販売のため、割引が適用されて販売されます。

 

SIMフリー版Pixel3の価格

 

Pixel 3・Pixel 3 XLはオンライン上のグーグルストアで購入できます。

GoogleストアにおけるPixel 3・Pixel 3 XLの価格は以下の通りです。

 

<Googleストアの価格>

Pixel 3Pixel 3 XL
64GB¥110,808¥138,802
128GB¥124,805¥152,798

※価格は税込

 

購入はこちらスマートフォンを購入 | GoogleStore

 

ドコモ版Pixel3の価格

Google Pixel 3・Pixel 3 XLはドコモでも発売されました。

ドコモでも端末価格自体はGoogleストアとほぼ同じですが、Pixel 3・3 XLの購入は料金プランとのセットになります。

そのため、月々サポートという割引が適用され、実質負担額は安くなります。

 

また、ドコモの取り扱いはPixel 3の64GBと、Pixel 3 XLの128GBの2種類です。

Pixel 3の128GBとPixel 3 XLの64GBは販売されませんので注意してください。

 

<新規契約時の価格>

Pixel 3
(64GB)
Pixel 3 XL
(128GB)
端末価格¥98,496¥131,544
月々
サポート
¥41,472¥40,824
オンライン
割引
¥5,184¥5,184
実質
負担額
¥51,840¥85,536

 

<MNP転入時の価格>

Pixel 3
(64GB)
Pixel 3 XL
(128GB)
端末価格¥98,496¥131,544
月々
サポート
¥66,096¥65,664
オンライン
割引
¥5,184¥5,184
実質
負担額
¥27,216¥60,696

 

<機種変更時の価格>

Pixel 3
(64GB)
Pixel 3 XL
(128GB)
端末価格¥98,496¥131,544
月々
サポート
¥41,472¥40,824
実質
負担額
¥57,024¥90,720

 

▼Pixel3が5,184円割引中(~1/31)▼

 

▼ドコモオンラインでを購入▼

ドコモ公式オンラインストア

 

ソフトバンク版Pixel3の価格

ソフトバンクでもGoogle Pixel 3・Pixel 3 XLが発売されました。

ソフトバンクはドコモと異なり、Pixel 3もPixel 3 XLも64GB・128GBがそれぞれ発売されています。

端末価格は以下の通りです。

 

<ソフトバンクの端末価格>

Pixel 3Pixel 3 XL
64GB¥98,400¥119,520
128GB¥108,960¥131,040

 

ソフトバンクの料金は端末の実質負担額が算出しにくいため、端末価格(定価)しかお伝えできないのですが、ドコモに比べると割引前の基本料金が安くなっており、おおむね同じくらいの料金になります。

 

▼SoftbankでPixel3を購入▼

ソフトバンク公式サイト

 

最安値はドコモへのMNP

 

単純に端末価格を比較した場合、Google Pixel 3・Google Pixel 3 XLはともにドコモにMNP転入の場合が最安値となります。

(ソフトバンクとの比較が難しいですが、2年総支払額ではドコモのほうが安いです。)

 

現在au・ソフトバンクを契約している方で、Google Pixel 3が使いたい方は、これを機にdocomoにMNPで乗り換えてみてはいかがでしょうか。

 

<ドコモMNP転入時が最安>

Pixel 3
(64GB)
Pixel 3 XL
(128GB)
端末価格¥98,496¥131,544
月々
サポート
¥66,096¥65,664
オンライン
割引
¥5,184¥5,184
実質
負担額
¥27,216¥60,696

 

5,184円割引キャンペーン中

 

現在ドコモオンラインショップではGoogle Pixel3・Pixel3 XLへの新規契約・MNP乗り換え・機種変更時に5184円割引になるキャンペーンを実施中です。

2019年1月31日までの期間限定なので、検討中の方はお早めに購入しましょう。

 

▼Pixel 3が5,184円割引中(~1/31)▼

 

ただし、ドコモはPixel 3の128GBとPixel 3 XLの64GBの取り扱いがない点には注意が必要です。

 

<ドコモの取り扱い>

Pixel 3Pixel 3 XL
64GB×
128GB×

 

▼Pixel 3最安はドコモオンライン▼

ドコモ公式オンラインストア

 

Pixel3を格安SIM・MVNOで使う

 

Google Pixel 3・Google Pixel 3 XLはドコモ・ソフトバンクで購入できますが、格安SIM・MVNOでの運用もおすすめです。

GoogleストアでSIMフリー端末を購入し格安スマホ・MVNOでSIMカードを購入して挿せば、毎月の基本料金が安いので長く使えば使うほどお得になります。

 

格安SIMは通信速度が遅いのが難点ですが、「ワイモバイル」「UQモバイル」「LINEモバイル(ソフトバンク回線)」は快適です。

 

ワイモバイルでPixel3を使う

 

 

ワイモバイルが最もおすすめ

 

私が最もおすすめするのがワイモバイルです。

ワイモバイルは通信速度が非常に快適ですし、Pixel 3に挿して使えるSIMカードのみを契約すれば最大14,400円割引のキャンペーンも実施中です。

 

 

さらに、他社からのMNP乗り換えでSIMカードのみを契約すれば、10,000円の割引が上乗せされるキャンペーンも開催中です。

この10,000円割引は当サイト「シムラボ」を含めた一部サイト限定の特典です。

 

▼さらに10,000円割引上乗せ▼

 

ワイモバイルのメリット・デメリット

 

ワイモバイルのメリットは何より通信速度が速いことです。

最も混雑する12時~13時でも10Mbps以上を保ち、ドコモ・au・ソフトバンクと遜色ないくらいの快適さです。

 

3大キャリアと同様にキャリア決済・キャリアメールが使えるほか、ソフトバンクWiFiスポットヤフープレミアム会員費も無料です。

さらに、ソフトバンク光とのセット「おうち割」で月額料金がさらに最大1,000円割引になります。

 

最低利用期間が2年であること・データの繰り越しができない事がデメリットですが、Pixel 3で使用するならワイモバイルが最もおすすめです。

 

▼私も契約中のワイモバイル▼

ワイモバイル公式サイト

 

UQモバイルでPixel3を使う

UQモバイルのメリット

 

次におすすめなのがUQモバイルです。

後ほど説明しますが、Pixel 3・Pixel 3 XLはどちらもau回線・au VoLTEに対応していますので、UQモバイルでも使えます。

 

ワイモバイルと同じく、格安SIMの中で通信速度が圧倒的に速いのが特徴です。

また、余ったデータを翌月に繰り越せる点がワイモバイルより優れています。

3GBプランのみですが、最低利用期間が1年のプランもあります。

 

UQモバイルのデメリット

 

一方、SIMカードのみを契約した場合の特典は、3,000円のキャッシュバックにとどまります。(ワイモバイルは最大14,400円)

また、留守電は有料、光回線とのセット割が無い点などはデメリットですね。

 

ただし、(繰り返しになりますが)余ったデータを繰り越しできるのはワイモバイルに無い大きなメリットです。

ワイモバイルとUQモバイルは好みで選んでよいでしょう。

 

▼Pixel 3はUQモバイルもおすすめ▼

UQモバイル公式サイト

 

LINEモバイルでPixel3を使う

 

 

最後に紹介するのはLINEモバイルです。

LINEモバイルのソフトバンク回線は通信速度が快適でおすすめですね。

(ちなみにドコモ回線は遅いので選んではいけません)

 

LINEモバイルのメリット

 

LINEモバイルのソフトバンク回線も通信速度は快適です。

私の計測ではワイモバイル・UQモバイルには若干劣りますが、12時~13時でも5Mbpsを下回ることはなく、遅いと感じることはありません。

 

LINEモバイルのメリットは音声通話SIMの最低利用期間が1年であることです。

ワイモバイル・UQモバイルは2年縛りが基本で2年後の契約の自動更新もありますが、LINEモバイルにはありません。

気軽に契約できるのが嬉しいですね。

 

また、LINEモバイルの基本料金はわずかにワイモバイル・UQモバイルよりも安いです。

さらに、定期的に月額料金の割引キャンペーンを実施していますので、お得に契約できます。

詳細記事LINEモバイルのキャンペーン一覧

 

LINEモバイルのデメリット

 

一方、LINEモバイルではキャリアメールやキャリア決済といったサービスはありません。

また、現在はソフトバンク回線の速度は速いですが、今後どうなるかはわかりません。

さらに、店舗が無い・SNSフリーのプランしかないといったデメリットもあります。

 

▼LINEモバイルは最低利用期間1年▼

LINEモバイル公式サイト

 

格安SIMでPixel3を使う手順

 

格安SIM・MVNOでPixel3を使うためには、以下の手順が必要です。

 

  1. Pixel3本体を入手
  2. 格安SIMのSIMカードを契約
  3. Pixel3にSIMカードを挿入
  4. APN設定

 

ざっくりいうと、Google Pixel 3・Pixel 3 XL本体に格安SIMで契約したSIMカードを挿入し、APN設定(プロファイルのインストール)をすれば完了です。

ドコモ・au・ソフトバンクのどの回線タイプでも使用できます。

 

▼おすすめはワイモバイル▼

ワイモバイル公式サイト

 

Google Pixel 3のスペック

 

Google Pixel 3の発売日

 

Google Pixel 3の発売日はGoogleストア・ドコモ・ソフトバンクともに11月1日です。

 

発売日
Googleストア
11月1日
(木)
ドコモ
ソフトバンク

 

本体カラーは3色

 

Pixel 3・Pixel 3 XLの本体カラーは「ジャストブラック」「クリアリーホワイト」「ノットピンク」の3色です。

 

 

スペック一覧表

 

Google Pixel 3およびGoogle Pixel 3 XLのスペックは以下の通りです。

 

<Google Pixel 3>

本体スペック
サイズ(mm)W68× L146× D7.9
重さ約148g
画面サイズ5.5インチ
解像度2,160×1,080
(フルHD+)
バッテリー容量2,915mAh
OSAndroid 9.0
CPUSnapdragon845
(オクタコア)
2.5GHz+1.6GHz
メモリ(ROM)64GB・128GB
micro SD×
メモリ(RAM)4GB
有効画素数
(メインカメラ)
1,220万画素
有効画素数
(サブカメラ)
800万+
800万画素
SIMサイズnano ×1

 

<Google Pixel 3 XL>

本体スペック
サイズ(mm)W77× L158× D7.9
重さ約184g
画面サイズ6.3インチ
解像度2,960×1,440
(WQHD+)
バッテリー容量3,430mAh
OSAndroid 9.0
CPUSnapdragon845
(オクタコア)
2.5GHz+1.6GHz
メモリ(ROM)64GB・128GB
micro SD×
メモリ(RAM)4GB
有効画素数
(メインカメラ)
1,220万画素
有効画素数
(サブカメラ)
800万+
800万画素
SIMサイズnano ×1

 

キャリア版はSIMロック

 

ドコモ・ソフトバンクで発売されたGoogle Pixel3・Pixel3 XLにはSIMロックがかかっています。

SIMロックを解除するには一括払いで購入するか、購入から101日以上が経過していることなど、いくつか条件があります。

 

Google Pixel3・Pixel3 XLは全キャリアの周波数・バンドに対応していますので、SIMロックを解除すれば、auを含めた他のキャリアでも使用可能です。

 

SIMフリー版はGoogleStoreで

 

Google Pixel3・Pixel3 XLはGoogleStore(Googleストア)でも購入できます。

Googleストアで購入できるGoogle Pixel3・Pixel3 XLはSIMフリー版です。

 

手持ちのSIMを挿して使う場合や格安SIMで使う場合はこちらを購入しましょう。

購入はこちらスマートフォンを購入 | GoogleStore

 

Pixel 3・XLの画面サイズ

 

Google Pixel3・Pixel3 XLの画面サイズは以下の通りです。

  • Pixel 3:5.5インチ
  • Pixel 3 XL:6.3インチ

 

USB端子はUSB type-C

 

Google Pixel3・Pixel3 XLのUSB端子はUSB Type-Cです。

上下どちらも挿せるのが地味に便利です。

 

また、付属品として充電器(ACアダプタ・USBケーブル)が同梱されています。

 

イヤホンジャックなし

 

Google Pixel3・Pixel3 XLには3.5mmイヤホンジャックはありません

 

有線でつなぐ場合は、USB Type-Cの端子に接続する必要があります。

なお、購入時にUSB Type-Cに接続する専用のイヤホンと、USB Type-Cから3.5mmイヤホンジャックに変換するケーブルが同梱されています。

 

シングルSIM・DSDS非対応

 

Google Pixel3・Pixel3 XLはどちらもnanoSIM×1のシングルSIMです。

DSDSやDSDVには対応していません

 

なお、ドコモ版・ソフトバンク版はもちろん、SIMフリー版のGoogle Pixel3・Pixel3 XLもシングルSIMですので注意してください。

 

メモリーRAMは4GB

 

Google Pixel3・Pixel3 XLのメモリー(RAM)はどちらも4GBです。

最近のハイスペックスマホは6GB・8GBのRAMを搭載した機種も多いため、それほど大容量でありません。

 

ただし、ソフトウェアの処理を最適化すれば処理は快適なので、動作は快適です。

(ちなみにiPhone XS Maxも同じ4GBといわれています)

 

ストレージは64GB・128GB

 

Google Pixel3・Pixel3 XLのストレージ容量はどちらも64GB・128GBの2種類が用意されています。

 

前述の通り、Google Pixel3・Pixel3 XLはマイクロSDカードが使えませんので、容量に不安のある方は128GBを選びましょう。

個人的には64GBを買って写真や動画をGoogleフォトに保存するのがおすすめです。

 

なお、ドコモ版のGoogle Pixel3・Pixel3 XLは容量が限られています。

 

<ドコモの取り扱い>

Pixel 3Pixel 3 XL
64GB×
128GB×

 

マイクロSDカード増設不可

 

Google Pixel3・Pixel3 XLはどちらもマイクロSDカード(microSDカード)が使えません

ストレージ容量は64GB・128GB版がありますが、容量が心配な方は少々高いですが128GB版を選ぶか、Googleフォトやドロップボックスなどのクラウドストレージをうまく活用しましょう。

 

付属品・同梱品

 

Google Pixel 3・Pixel 3 XLには、購入時に以下のものが同梱されています。

 

  • クイックスイッチアダプター
  • ケーブル(USB-C to USB-C)
  • USB Type-Cイヤホン
  • SIMツール(SIMピン)
  • ヘッドフォン用変換アダプター(USB-C to 3.5mm)
  • クイック スタート ガイド

 

クイックスイッチアダプターとは、これまで使用していたスマホからGoogle Pixel 3・Pixel 3 XLにデータを簡単に移行できるツールです。

USB-C to USB-Cのケーブルに接続して本体に挿せば、各種データ(電話帳・写真・インストール済みのアプリ)がコピーできます。

 

そのほか、USB Type-Cに接続できるイヤホンや、USB Type-Cから3.5mmイヤホンジャックに変換できるアダプタも付属しています。

 

▼ドコモ版Pixel3を購入・詳細確認▼

ドコモ公式オンラインストア

 

▼ソフトバンク版を購入・詳細確認▼

ソフトバンク公式サイト

 

搭載便利機能

 

便利機能一覧表

 

Google Pixel 3・Pixel 3 XLに搭載されている主な便利機能は以下の通りです。

 

機能有無
おサイフケータイ
防水
防塵
ワンセグ×
赤外線通信×
指紋認証
顔認証×
急速充電
ワイヤレス充電

 

防水・防塵対応

 

Google Pixel 3・Pixel 3 XLは防水・防塵に対応しています。

IP68という最高等級の性能ですので、水濡れや水没による破損を防いでくれます。

 

Felica・おサイフケータイ搭載

 

Google Pixel 3・Pixel 3 XLはおサイフケータイ・Felicaに対応しています。

ドコモ・ソフトバンクでも発売されていることもあって、防水とおサイフケータイに対応しているのは嬉しいですね。

 

ワイヤレスの急速充電

 

Google Pixel 3・Pixel 3 XLには急速充電可能な充電器が同梱されています。

15分の充電で7時間使用可能と謳われていますので、充電を忘れた場合も安心です。

 

また、専用の充電器を買えば、ワイヤレス充電も可能です。

Google純正の「Pixel Stand」か、またはPixel 3に対応したワイヤレス充電器が別途購入が必要ですが、ワイヤレス充電の場合も最大10Wで急速充電できます。

 

 

指紋認証対応・顔認証不可

 

Google Pixel3・Pixel3 XLは本体背面に指紋認証センサーを搭載しています。

読み取り精度・スピードともに申し分なしです。

 

一方最近のハイスペック機種に多く搭載されている顔認証には対応していません

この点は少々意外で残念でした。

 

▼ドコモ版Pixel3を購入・詳細確認▼

ドコモ公式オンラインストア

 

▼ソフトバンク版を購入・詳細確認▼

ソフトバンク公式サイト

 

Pixel3の対応バンド・周波数

 

対応バンド・周波数一覧

 

Google Pixel 3・Pixel 3 XLの対応バンド・周波数は以下の通りです。

 

  • FDD-LTE:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/21/25/26/28/29/30/66
  • TD-LTE:38/40/41/42/48
  • WCDMA:1/2/4/5/6/8/19
  • GSM:850/900/1,800/1,900MHz

 

ドコモ回線で使える

 

ドコモ回線で使用するFDD-LTEのバンドは1・3・19です。

Google Pixel 3・Pixel 3 XLは全て対応しているので、ドコモやドコモ回線を使った格安SIMキャリアのSIMカードを挿しても使えます

 

また、WCDMAのバンド6にも対応しているため、山間部での3G通話・データ通信も可能です。

 

ソフトバンク/ワイモバイル対応

 

ソフトバンク・ワイモバイル回線で使うFDD-LTEのバンドは1・3・8ですが、Google Pixel 3・Pixel 3 XLは全て対応しています。

また、WCDMAのバンド1・8にも対応しています。

 

そのため、ソフトバンク・ワイモバイルやソフトバンク回線を使った格安SIMでも問題なく使えます。

 

au・au VoLTE対応

 

Google Pixel 3・Pixel 3 XLはau回線で使用するFDD-LTEのバンド1・18・26に対応しています。

また、au VoLTEに対応していますので、auや、UQモバイルなどのau回線を使った格安SIM・MVNOでも使用できます

 

▼ドコモ版Pixel3を購入・詳細確認▼

ドコモ公式オンラインストア

 

▼ソフトバンク版を購入・詳細確認▼

ソフトバンク公式サイト

 

Google Pixel 3のベンチマーク

 

Geekbench

 

GeekbenchにおけるGoogle Pixel 3・Pixel 3 XLのベンチマークは以下の通りです。

 

  • シングル:2,350~2,400前後
  • マルチ:8,200~8,500前後

 

▼Pixel 3のベンチマーク▼

 

▼Pixel 3 XLのベンチマーク▼

 

antutu

 

antutuにおけるGoogle Pixel3・Pixel3 XLのベンチマーク(総合スコア)は以下の通りです。

(どちらもSnapdragon845のため性能は同じと判断)

 

  • 総合スコア:22万~24万

 

正直、他のSnapdragon845搭載機種より少々低めですね。

ちなみにiPhone XSの総合スコアは35万前後ですので、圧倒的な差があります。

(ただし、超高負荷の3Dゲームをする場合でも20万あれば十分です)

 

▼ドコモ版Pixel3を購入・詳細確認▼

ドコモ公式オンラインストア

 

▼ソフトバンク版を購入・詳細確認▼

ソフトバンク公式サイト

 

Google Pixel 3の特徴レビュー

 

Google Pixel 3・Pixel 3 XLにはさまざまな最先端の機能が搭載されています。

その中から、いくつか注目すべき機能をピックアップしました。

 

最高峰Snapdragon845搭載

 

Google Pixel 3・Pixel 3 XLはともに最高峰のCPU「Snapdragon845」を搭載しています。

メモリーRAMは4GBと大容量とまではいかないものの十分なので、処理速度はきわめて快適です。

高負荷の3Dゲームをしても全く問題なくサクサク動作するでしょう。

 

おサイフケータイ/Google Pay対応

 

Google Pixel 3・Pixel 3 XLはともにFelica(フェリカ)・おサイフケータイおよびGoogle Payに対応しています。

おサイフケータイのファンは非常に多いので、これは大きなメリットですね。

 

また、GooglePayはまだまだ普及の途上ですが、ひとつのアプリでさまざまな電子マネーが使えたり、ポイントカードも一括管理できるなど非常に便利です。

 

前後の写真から最高の1枚を提案

 

Google Pixel 3・Pixel 3 XLの最大のウリはカメラです。

Pixel 3・Pixel 3 XLのカメラには「トップショット」という機能があります。

 

これは、シャッターを押した瞬間の前後の写真も端末が自動で撮影してくれる機能で、その複数の写真の中からベストショットを選ぶことが可能です。

 

シングルカメラでポートレート

 

Google Pixel 3・Pixel 3 XLのカメラは通常のアウトカメラ・自撮り用のインカメラともにシングルレンズです。

レンズが2つあるデュアルレンズカメラが主流になる中で不安に思うかもしれませんが、心配無用です。

 

カメラ性能だけでなくAIの機械学習を生かし、非常に美しい写真に仕上げてくれます。

また、被写体の背景をぼかす「ポートレートモード」もシングルレンズとは思えないほど非常にはっきりしています。

 

Googleレンズで被写体を検索

 

 

Google Pixel 3・Pixel 3 XLで最も話題なのがこの機能です。

何か気になるものがあれば、カメラを向けて画面を長押しするだけで、被写体の情報を画面に表示してくれます。

 

例えば缶コーヒーにレンズを向ければ、その缶コーヒーがどのメーカーの何という製品で価格がいくらなのか表示し、通販サイトへのリンクまで出してくれます。

一般生活でどれだけ使うかわかりませんが、とにかくすごい機能です。

 

▼ドコモ版Pixel3を購入・詳細確認▼

ドコモ公式オンラインストア

 

▼ソフトバンク版を購入・詳細確認▼

ソフトバンク公式サイト

 

グーグルピクセル3購入はドコモ・ソフトバンク公式オンラインサイトで

 

以上、Google Pixel 3・Pixel 3 XLの解説でした。

 

Googleが端末まで開発した純正のスマホで、最先端の技術が詰まっています。

iPhone XSのように価格が高くなく、おサイフケータイにも対応しているので、個人的にもおすすめのスマホです。

 

Google Pixel 3の購入はGoogleストア、またはドコモ・ソフトバンクのオンラインサイトでどうぞ!

端末価格の最安値はドコモオンラインショップです。

 

▼ドコモ版Pixel3を購入・詳細確認▼

ドコモ公式オンラインストア

 

▼ソフトバンク版を購入・詳細確認▼

ソフトバンク公式サイト

 

 

おすすめSIMフリースマホ一覧へ

 

格安スマホの比較
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-