Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

楽天モバイルでiPhoneを使う全手順を解説!APN設定やテザリングも

 

本記事では、契約者数最多の格安SIM「楽天モバイル」で、iPhoneを使う手順と料金を解説します。

 

【対象機種】
iPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XR、iPhone8/8Plus、iPhoneX、iPhone7/7Plus、iPhone6S/6SPlus、iPhone SE

 

楽天モバイルで最新のアイフォンを使うことで、スマホ料金を大幅に節約できます。

さらに、先日よりau回線も選べるようになりました!

 

▼iPhone用SIM購入はこちら▼

楽天モバイル公式サイト

 

楽天モバイルで使えるiPhone

 

 

iPhoneは動作確認済み、対応可

 

楽天モバイルでは、iPhoneの動作確認が完了しており、問題なく使えることが確認されています。

ドコモ回線・au回線のどちらでも使用可能です。

 

ただし、au回線をiPhoneに挿して使う場合、テザリングができません。

他社はau回線でも2018年10月末からテザリングが解禁になりましたが、主要格安SIMでは楽天モバイルのみ現在も不可です。

 

SIMフリー購入はアップルストアで

 

iPhone本体をお持ちで無い方は、アップルストアで購入できます。

アップルストアで購入できるiPhone端末は「SIMフリー」の端末なので、楽天モバイルのSIMカードを挿してAPN設定すれば、そのまま使うことができます。(SIMロック解除不要)

 

▼SIMフリーiPhone価格表▼

32GB128GB
iPhone7¥50,800¥61,800
iPhone7
Plus
¥64,800¥75,800
64GB256GB
iPhone 8¥67,800¥84,800
iPhone 8
Plus
¥78,800¥95,800
64GB256GB256GB
XS¥112,800¥129,800¥152,800
XS
Max
¥124,800¥141,800¥164,800
XR¥84,800¥90,800¥101,800

 

iPhone8・iPhone8 Plusは2018年10月に値下げになりました。
iPhone6S・iPhone SE・iPhone Xはアップルストアでの販売が終了しました

 

docomo・au・ソフトバンクで購入したiPhoneも使える

 

SIMフリーのiPhone以外にも、ドコモやソフトバンク、auで購入したiPhoneも楽天モバイルで使うことができます

 

ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアの料金で使うより楽天モバイルで使ったほうが月額料金は安くなります。

解約金や端末の残り支払額などを総合的に試算した上で、MNPによる乗り換えを検討しましょう。

 

SoftbankはSIMロック解除必要

 

前章で説明したとおり、iPhone本体はApple StoreでSIMフリー端末を購入する方法と、ドコモ・au・ソフトバンクで購入した端末を使用する方法があります。

 

アップルストアで購入したSIMフリー端末と、ドコモ・auで購入したiPhoneは、楽天モバイルで購入したSIMカードを挿して設定すればそのまま使用できます。(SIMロック解除不要)

 

一方、ソフトバンクで購入したiPhoneを使用する場合は、事前にSIMロック解除が必要です。

 

iPhone購入元ドコモ
回線
au
回線
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
au不要
ソフトバンク

 

SIMロック解除はソフトバンクショップなどの店頭でもできますが、その場合手数料3,000円がかかってしまいます。

ですので、必ずソフトバンクのマイページからWEBで手続きしましょう。

マイページで手続きすれば無料です。

 

また、ソフトバンクを解約・MNP転出した後にSIMロック解除する場合は店頭での手続きのみとなり、やはり3,000円かかってしまいます。

解約・MNP転出する前にあらかじめマイページで解除しておきましょう。

 

▼SIMロック解除の料金▼

店頭マイページ
SIMロック
解除
¥3,000無料

 

楽天モバイルでiPhoneを使う手順

 

楽天モバイルでiPhoneを使うには、以下の6つの手順が必要です。

 

  1. iPhone本体を準備
  2. MNP予約番号を発行
  3. 楽天モバイルのSIMカードを購入
  4. 本体にSIMカードを挿入
  5. 回線切り替え・開通手続き
  6. APN設定

 

ここからは、上記6手順を順に説明していきます。

 

iPhone端末を購入・準備

 

楽天モバイルでは基本的にiPhoneは販売していません。

(iPhone SE・6S Plusの海外モデルは購入可能)

 

そのため、iPhone本体は前章で解説したとおり、以下の方法で準備する必要があります。

  • アップルストアで購入
  • ドコモ・au・Softbankの端末を使用

 

ソフトバンクで購入したiPhoneを使用する場合は事前にSIMロック解除が必要になります。

前述の「ソフトバンク端末はSIMロック解除必要」の章を参考にしてください。

 

MNP予約番号を発行

 

この工程は、MNPで楽天モバイルに乗り換える場合のみに発生します。
MNP乗り換えではなく、楽天モバイルに新規に申し込む場合は飛ばしてください。

 

ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安SIMキャリアから電話番号そのままで楽天モバイルに乗り換える場合は、乗り換え元のキャリアで「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。

 

MNP予約番号とは、同じ携帯番号を他社でも使用するための引継ぎ番号のようなものです。

ドコモ・au・ソフトバンクMNP予約番号は下記の方法で取得できます。

 

予約番号
発行方法
備考
ドコモ
店頭
電話ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEBマイドコモ
au
店頭
電話0077-75470
ソフトバンク
店頭
電話Softbankのスマホから*5533
または0800-100-5533

 

楽天のSIMカードを契約

 

iPhone本体の準備ができたら、楽天モバイルのSIMカードを契約します。

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

 

 

SIMカードは「楽天モバイル公式サイト」で購入できます。

以下、簡単に購入の流れを解説します。

 

・「楽天モバイル公式サイト」にアクセス

 

・画面右上の「お申し込み」または画面中央の「今すぐお申し込み」をクリック

 

・「今すぐWebでお申し込み」をクリック

 

・「通話SIM」を選択

 

次画面で料金プランを選択します。

初期画面では「スーパーホーダイプラン」しか表示されませんが、下部に「組み合わせプラン」を表示するボタンがあります。

お好きなほうを選択してください。

 

次画面でSIMカードのサイズを選択します。

本記事で解説しているiPhone用のSIMサイズは「nano」(ナノ)です。

ドコモ回線の場合、誤って別のSIMを選択しないように気をつけてください。

 

au回線の場合はサイズを各自で小さくできる「マルチSIM」のみなので安心です。

 

 

その後は、オプションの選択や、契約者情報の入力に進んでください。

他キャリアから番号そのままで乗り換え(MNP乗り換え)の場合は、予約番号も入力してください。

 

なお、MNP予約番号などの入力の際、下記画面で回線手続きの方法を選択できます。

必ず「自宅から楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する」を選択しましょう。

 

もとからチェックが入っていますので、そのままにしておいてください。

 

入力が終われば、後日SIMカードが自宅に届きます。

 

▼iPhone用SIM購入はこちら▼

楽天モバイル公式サイト

 

iPhoneにSIMカードを挿入

 

楽天モバイルのSIMカードとiPhone本体が手元に準備できたら、本体にSIMカードを挿入します。

詳細はApple公式サイトを参照してください。

詳細iPhone や iPad の SIM カードを差し替える – Apple サポート

 

回線切り替え・開通手続き

 

この回線切り替え手続きは、MNPで他社から乗り換える場合のみ必要です。
新規契約の場合は不要です。

 

楽天モバイルからSIMカードが届きiPhone本体にSIMカードを挿入したら回線の切り替え手続き(開通手続き)が必要です。

 

回線切り替え手続きは自動・手動の2パターンあり、SIM契約時に選択することができます。

必ず「自宅から楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する」を選択しましょう。

最初からチェックが入っていますので、そのままチェックをはずさなければ大丈夫です。

 

 

SIM到着後、本体に挿入したら下記に電話し、手続きします。

電話番号:楽天モバイル開通受付センター(0800-805-1111)

 

自動音声にしたがって各種情報の入力するだけなので非常に簡単です。

電話が終わったら15分程度で回線がもとのキャリアから楽天モバイルに切り替わります。

(回線切り替え時の注意点は後ほど詳しく解説)

 

APN設定

 

SIMカードをiPhone本体に挿したあとは、APN設定を行います。

 

APN設定とは、楽天モバイルの回線を使ってiPhoneでモバイルデータ通信を行うための設定です。

詳細は下記で詳しく解説されていますので参考にしてください。

詳細楽天モバイルでiPhoneを使う 設定編

 

なお、APN設定はiPhoneがWi-Fiにつながった状態で実施する必要がありますので注意してください。

 

APN設定が終われば、いよいよ楽天モバイルでiPhoneが使用できるようになります。

 

▼iPhone用SIM購入はこちら▼

楽天モバイル公式サイト

 

楽天モバイルでiPhone使用時の注意点

 

au回線はiPhoneでテザリング不可

 

楽天モバイルでiPhoneを使用する際、ドコモ回線ではテザリングは可能です。

テザリングは無料ですし、申し込み不要で使えますのでテザリングを使う方はドコモ回線にしましょう。

 

一方、au回線のSIMカードをiPhoneに挿して使う場合、テザリングはできません。

実は他の格安SIMキャリアでは2018年10月末にau回線でもiPhoneでテザリングできるようになったのですが、楽天モバイルはまだau回線でテザリングできませんので注意してください。

 

SIMカードサイズはnano

 

楽天モバイル公式サイト」のドコモ回線は、サイズの異なる3種類のSIMカードが販売されています。

nano(ナノ)・micro(マイクロ)・標準SIMです。

 

 

iPhone用のSIMカードは「nano」です。

誤って他のサイズのSIMカードを購入しないように気をつけてください。

 

au回線はマルチSIMの1種類なので、SIMカードが届いたあとにnanoのサイズに調整するだけでOKです。

 

回線切り替え・開通時の注意点

 

受付時間と開通の所要時間

 

開通手続き(回線切り替え)には受付時間があります。

9:00~20:59に開通手続きを行った場合、15分程度で回線の切り替えがすぐに完了します。

21:00~翌8:59も開通手続きは可能ですが、切り替え完了は翌朝の9:00以降になります。

 

できるだけ9:00~20:59の間に手続きしましょう。

土・日・祝日も可能です。

 

開通申し込みの電話は使用中のスマホから

 

開通申し込みの電話は、MNPで移行する携帯電話番号のスマホから行いましょう。

自宅の電話や他のスマホなどから連絡すると開通手続きはできません。

 

▼iPhone用SIM購入はこちら▼

楽天モバイル公式サイト

 

楽天モバイルでiPhone使用時の料金

 

楽天モバイルでiPhoneを使う場合の料金・値段を解説します。

楽天モバイルの音声通話付SIMのプランには、「組み合わせプラン」と「スーパーホーダイ」の2つのプランがあります。

  • 組み合わせプラン
  • スーパーホーダイ

 

組み合わせプランは、月のデータ容量を6種類の中から選択するプランです。

ドコモ回線・au回線が選べます。

 

一方、スーパーホーダイは、月のデータ容量(S・M・L・LLから選択)と国内通話10分かけ放題がセットになったプランです。

こちらはドコモ回線のみです、

 

ドコモ・au・ソフトバンクの端末を流用する場合、楽天モバイルの月額料金だけで使用できます。

新たにSIMフリー端末を購入する場合、初期費用として端末購入費用がかかります。

 

▼iPhone価格表▼

32GB128GB
iPhone7¥50,800¥61,800
iPhone7
Plus
¥64,800¥75,800
64GB256GB
iPhone 8¥67,800¥84,800
iPhone 8
Plus
¥78,800¥95,800
64GB256GB256GB
XS¥112,800¥129,800¥152,800
XS
Max
¥124,800¥141,800¥164,800
XR¥84,800¥90,800¥101,800

 

iPhone8・iPhone8 Plusは2018年10月に値下げになりました。
iPhone6S・iPhone SE・iPhone Xはアップルストアでの販売が終了しました

組み合わせプランの月額料金

 

まずは組み合わせプランの月額料金は以下の通りです。

 

データ容量基本料金
ベーシック¥1,250
3.1GB¥1,600
5GB¥2,150
10GB¥2,960
20GB¥4,750
30GB¥6,150

※ベーシック:低速(200kbps)・容量無制限
※初月に契約手数料3,394円必要

※価格は税抜

 

お得な通話オプション

 

通話をよくされる場合にはお得な通話オプション「国内通話10分かけ放題」が用意されています。

「国内通話10分かけ放題」を追加する場合、上記料金に850円/月が加算されます。

 

オプション月額料金
10分かけ放題¥850

※価格は税抜

 

▼iPhone用SIM購入はこちら▼

楽天モバイル公式サイト

 

スーパーホーダイの月額料金

 

スーパーホーダイの料金表は以下の通りです。

S/M/L/LLのデータ容量に、10分かけ放題オプションが含まれた料金です。

 

プランデータ楽天会員の
月額料金
S2GB¥2,480
M6GB¥3,480
L14GB¥5,480
LL24GB¥6,480

 

メリットは、10分かけ放題がセットになって料金が安くなることです。

 

さらに、楽天ダイヤモンド会員なら最初の1年間は月額料金が500円引き、2年契約なら更に月額500円引き、3年契約なら月額1,000円引きになります。

 

<プランS:通常月額2,980円>

  1. 楽天会員なら500円引きで2,480円/月
  2. 楽天ダイヤモンド会員ならさらに500円引で1,980円/月
  3. 2年契約でさらに500円引きで1,480円/月
  4. 3年契約で1,000円引きで980円/月

 

1と2と3、または1と2と4は併用できますので、楽天ダイヤモンド会員で3年契約すれば月額は980円まで下げられます。

 

 

また、これまではデータ容量が月2GB・6GB・14GBの3つのプランからしか選べませんでしたが、先日24GBのLLプランが追加になりました。

 

▼iPhone用SIM購入はこちら▼

楽天モバイル公式サイト

 

楽天モバイルユーザーがiPhoneに機種変更する手順

 

現在すでに楽天モバイルのSIM・スマホを使用している方が、iPhoneに機種変更することもできます。

 

手順は以下の通りです。

 

  1. iPhone端末を用意
  2. 現在の端末からSIMカードを抜く
  3. iPhoneにSIMカードを挿入
  4. APN設定

 

使用したいiPhone端末を用意

 

楽天モバイルではiPhoneは一部を除き販売されていませんので、ご自身で用意する必要があります。

 

アップルストアや街中の中古スマホショップでは楽天モバイルで使えるSIMフリー端末が販売されています。

 

▼SIMフリーiPhone価格表▼

32GB128GB
iPhone7¥50,800¥61,800
iPhone7
Plus
¥64,800¥75,800
64GB256GB
iPhone 8¥67,800¥84,800
iPhone 8
Plus
¥78,800¥95,800
64GB256GB256GB
XS¥112,800¥129,800¥152,800
XS
Max
¥124,800¥141,800¥164,800
XR¥84,800¥90,800¥101,800

 

iPhone8・iPhone8 Plusは2018年10月に値下げになりました。
iPhone6S・iPhone SE・iPhone Xはアップルストアでの販売が終了しました

 

また、ドコモ・au・ソフトバンクで販売されていたiPhoneを流用することもできます。

ただし、au・ソフトバンクの端末はSIMロック解除が必要ですので注意してください。

 

購入元ドコモ
回線
au
回線
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
au不要
ソフトバンク

 

現在の端末からSIMカードを抜く

 

次に、現在使用しているスマホ端末からSIMカードを抜きます。

 

 

その際、注意が必要です。

本記事の説明対象のiPhoneで使用できるのはnanoSIMのみです。

 

ドコモ回線で、現在使用しているSIMカードのサイズが標準・microの場合はSIMカードを交換してもらう必要があります。

マイページ(メンバーズステーション)から交換の手続きをしましょう。

交換には手数料として3000円がかかります。

 

iPhoneにSIMカードを挿入

 

楽天モバイルのSIMカードとiPhone本体が手元に準備できたら、本体にSIMカードを挿入します。

詳細はApple公式サイトを参照してください。

詳細iPhone や iPad の SIM カードを差し替える – Apple サポート

 

APN設定(ネットワーク設定)

 

SIMカードをiPhoneに挿したあとは、APN設定を行います。

APN設定とは、楽天モバイルの回線を使ってiPhoneでモバイルデータ通信を行うための設定です。

 

詳細は下記で詳しく解説されていますので参考にしてください。

詳細楽天モバイルでiPhoneを使う 設定編

 

なお、APN設定はiPhoneがWi-Fiにつながった状態で実施する必要がありますので注意してください。

 

APN設定が終われば、いよいよ楽天モバイルでiPhoneが使用できるようになります。

 

▼iPhone用SIM購入はこちら▼

楽天モバイル公式サイト

 

楽天モバイルで購入できるiPhone

 

iPhoneSE・iPhone6S Plus販売中

 

楽天モバイルでは公式サイトでiPhone SE・iPhone6S Plusを販売しています。

どちらもアップルストアでの販売が終了になり在庫が少なくなっていますが、SIMカードをセットで購入できるのは嬉しいですね。

 

最近在庫切れの場合が多いので、事前に「楽天モバイル公式サイト」で在庫をチェックしてください

 

iPhoneはメーカー認定整備済品

 

楽天モバイルで購入できるiPhone6S Plus・iPhone SEはどちらも「メーカー認定整備済品」です。

 

メーカー認定整備品とは、正規に販売されたが何らかの理由で返品された端末を、認定メーカーが再整備した製品です。

認定メーカーの試験をクリアしていますので、性能はお墨付きです。

 

iPhoneは海外モデル

 

楽天モバイルで購入できるiPhone SEとiPhone6S Plusは、もとは海外で販売されていたモデルとなります。

 

海外モデルと聞くと少々不安ですがですが、日本モデルと大差はありません

かなり細かい点では違いはあるものの、私たち一般ユーザーが気になるレベルではありませんし、不便をこうむることもありません。

安心して使用してください。

 

購入できるiPhoneの端末と容量

 

楽天モバイルで購入できる機種の容量は、以下の通りです。

 

iPhone SEiPhone
6S Plus
モデル海外モデル
CPO品
海外モデル
CPO品
カラーローズゴールド
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
シルバー
容量①16GB
②32GB
③64GB
①64GB
②128GB
一括価格①27,980円
②44,800円
③46,800円
①72,800円
②79,800円

 

iPhoneの付属品

 

楽天モバイルで購入できるiPhoneには、以下のものが同梱されています。

  • Lightning – USBケーブル
  • USB電源アダプタ
  • 純正イヤホン
  • マニュアル(英語)
  • SIM取り出しピン

 

ケーブルや電源アダプタ、イヤホンが付属していますので、通常使用には問題ありません。

なお、説明書(マニュアル)は外国語表記となっていますので注意してください。(あまり使用しないとは思いますが…)

 

SIM挿入・APN設定が必要

 

iPhoneSEを格安で購入できるのが楽天モバイルのメリットですが、唯一の難点はSIM挿入とAPN設定が必要なことです。

スマホとSIMカードが送られてきますので、受取後にスマホ本体にSIMカードを挿入し、APN設定をしなければなりません。

 

APN設定とは、iPhoneでデータ通信をするための設定です。

設定自体は簡単ですが、自分で設定しないといけないのが少々面倒ですね。

詳細楽天モバイルでiPhoneを使う 設定編

 

▼iPhone購入はこちら▼

楽天モバイル公式サイト

 

iPhoneSE・6S Plusのスペック

 

<iPhoneSE・6SPlusのスペック表>

iPhone SE6S Plus
サイズ
(mm)
W59× H124
× D7.6
H158× W78
× D7.3
重さ約113g約192g
画面
サイズ
4.0インチ5.5インチ
解像度1,136 × 6401,920 x 1,080
バッテリー
容量
1,624mAh2,750mAh
OSiOS 11iOS 10
CPUA9A9
メモリ
(ROM)
16GB
32GB
64GB
64GB
128GB
メモリ
(RAM)
2GB2GB
有効画素数
(メインカメラ)
1,200万
画素
1,200万
画素
有効画素数
(サブカメラ)
120万画素500万画素

 

iPhone用SIM購入は楽天モバイル公式サイトで!

 

以上、楽天モバイルでiPhoneを使用する手順と料金でした。

楽天モバイルならiPhoneを格安で使用することができます。

設定も簡単です。

 

iPhone用のSIMカードは「楽天モバイル公式サイト」で24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、ぜひご利用ください!

 

▼iPhone用SIM購入はこちら▼

楽天モバイル公式サイト

 

<関連記事>

 

楽天モバイル トップへ

 

楽天モバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-