格安SIMのキャンペーン一覧はこちら 

楽天モバイルでiPhone SEが買える!使える!設定手順や料金を解説!

 

本記事では楽天モバイルで「iPhone SE」を使う手順・設定を解説します。

 

楽天モバイルではiPhone SEを購入できますし、他社で購入したiPhone SEも使えます。

人気をiPhone SEを楽天モバイルで使用することで、毎月のスマホ料金が大きく節約できるでしょう。

 

本記事では、前半で手持ちのiPhoneSEの使用方法、後半で購入できるiPhoneSEについて解説します。
iPhoneSEは楽天モバイルで在庫切れの場合もありますので注意してください。

 

▼申し込みはこちら▼
楽天モバイル公式サイト

 

関連記事格安SIMでiPhone SE買うならおすすめは?

 

  1. 楽天モバイルで手持ちのiPhone SEを使う方法・設定
    1. iPhone SE端末を用意
    2. MNP予約番号取得
    3. 楽天モバイルでMNP転入手続き
    4. iPhone SEにSIMカードを挿入
    5. 回線切り替え・開通手続き
    6. APN設定(ネットワーク設定)
  2. 楽天モバイルで使うiPhone SEの入手方法
    1. アップルストアはSEの販売終了
    2. ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhoneSEが使える
    3. iPhone SEの動作確認状況
    4. SIMロック解除が必要な場合
  3. 楽天モバイルで手持ちのiPhone SE使用時の注意点
    1. iPhone SEのSIMサイズはnano
    2. ドコモ回線ならテザリング可能
    3. au回線はいまだテザリング不可
    4. MNP予約番号の有効期限に注意
    5. 回線切り替え・回線開通の注意点
      1. 開通の受付時間と所要時間
      2. 開通申し込みの電話は使用中のスマホから
  4. 楽天モバイルユーザーがiPhone SEへ機種変更する手順
    1. 楽天モバイル公式サイトでiPhone SEに機種変更可能
    2. 手持ちのiPhone SEに自分で機種変更する
    3. SIMカードのサイズに注意
    4. iPhone SEから他機種への機種変更も可能
  5. 楽天モバイルで買えるiPhone SE
    1. 楽天モバイルのiPhone SEは海外販売モデル
    2. 日本モデルと大差なし
    3. ストレージ容量は16GB・64GB
    4. 本体カラーは全4色
    5. 楽天モバイルの付属品
    6. SIM挿入・APN設定が必要
  6. 楽天モバイル版iPhone SEのレビュー・スペック
    1. iPhone SEの特徴・メリット
    2. iPhone SEのデメリット
    3. スペック詳細
  7. 楽天モバイル版iPhone SEの料金・価格
    1. 16GBモデルの月額料金・値段
    2. 64GBモデルの月額料金・値段
  8. 楽天モバイルのお得なキャンペーン
  9. iPhone SE・SIMカード購入は楽天モバイル公式サイトで

楽天モバイルで手持ちのiPhone SEを使う方法・設定

 

楽天モバイルでは現在iPhone6S plusとiPhone SEを販売していますが、他社で購入したiPhoneを楽天モバイルで使うこともできます。

設定は非常に簡単ですし、端末代金が不要なので料金を更に安く抑えられます。

 

他社からMNP乗り換えでiPhone SEを使用する手順は以下の通りです。

 

  1. iPhone端末を用意
  2. MNP予約番号取得
  3. 楽天モバイルで転入手続き
  4. 回線切り替え
  5. APN設定

 

iPhone SE端末を用意

 

まずは、楽天モバイルで使うiPhone SEを準備します。

楽天モバイルではドコモ・au・ソフトバンクや他の格安SIMで購入したiPhone SEも使えます。

ただし、購入元と使用する回線の組み合わせによってSIMロック解除が必要になります。

 

詳細は後ほどで解説します。

 

MNP予約番号取得

 

次に、乗り換え元のキャリアでMNP予約番号を取得します。

MNP予約番号とは、番号そのままで他社に乗り換えるための、いわば引き継ぎ番号のようなものです。

 

ここではドコモ・au・ソフトバンクのMNP予約番号の取得方法を解説します。

 

▼MNP予約番号発行方法▼

予約番号
発行方法
備考
ドコモ
店頭
電話ドコモのスマホから151 または0120-800-000
WEBマイドコモ
au
店頭
電話0077-75470
ソフトバンク
店頭
電話Softbankのスマホから*5533 または0800-100-5533

 

楽天モバイルでMNP転入手続き

 

次に、楽天モバイルで転入手続き・SIMカードの購入をします。

転入手続きは「楽天モバイル公式サイト」が断然便利です。

 

転入手続きといっても、通常通り申し込み、途中でMNP予約番号や現在の電話番号を入力するだけです。

 

以下、簡単に購入の流れを解説します。

 

・「楽天モバイル公式サイト」にアクセス

 

・画面右上の「お申し込み」または画面中央の「今すぐお申し込み」をクリック

 

・「今すぐWebでお申し込み」をクリック

 

・「通話SIM」を選択

 

次画面で料金プランを選択します。

初期画面では「スーパーホーダイプラン」しか表示されませんが、下部に「組み合わせプラン」を表示するボタンがあります。

お好きな方を選択してください。

 

次画面でSIMカードのサイズを選択します。

iPhone SE用のSIMサイズは「nano」(ナノ)です。

誤って別のSIMを選択しないように気をつけてください。

 

 

au回線を選択する場合はサイズを小さくできる「マルチSIM」のみです。

 

 

その後は、オプションの選択や、契約者情報の入力に進んでください。

他キャリアから番号そのままで乗り換え(MNP乗り換え)の場合は、予約番号も入力してください。

 

なお、MNP予約番号などの入力の際、下記画面で回線手続きの方法を選択できます。

必ず「自宅から楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する」を選択しましょう。

 

もとからチェックが入っていますので、そのままにしておいてください。

 

入力が終われば、後日SIMカードが自宅に届きます。

 

▼申し込みはこちら▼
楽天モバイル公式サイト

 

iPhone SEにSIMカードを挿入

 

楽天モバイルのSIMカードとiPhone本体が手元に準備できたら、本体にSIMカードを挿入します。

詳細はApple公式サイトを参照してください。

詳細iPhone や iPad の SIM カードを差し替える – Apple サポート

 

回線切り替え・開通手続き

 

この回線切り替え手続きは、MNPで他社から乗り換える場合のみ必要です。
新規契約の場合は不要です。

 

楽天モバイルからSIMカードが届き本体にSIMカードを挿入したら回線の切り替え手続き(開通手続き)が必要です。

 

回線切り替え手続きは自動・手動の2パターンあり、SIM契約時に選択することができます。

必ず「自宅から楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する」を選択しましょう。

最初からチェックが入っていますので、そのままチェックをはずさなければ大丈夫です。

 

 

SIM到着後、本体に挿入したら下記に電話し、手続きします。

電話番号:楽天モバイル開通受付センター(0800-805-1111)

 

自動音声にしたがって各種情報の入力するだけなので非常に簡単です。

電話が終わったら15分程度で回線がもとのキャリアから楽天モバイルに切り替わります。

(回線切り替え時の注意点は後ほど詳しく解説)

 

APN設定(ネットワーク設定)

 

SIMカードをiPhoneSE本体に挿したあとは、APN設定(プロファイルインストール)を行います。

 

APN設定とは、楽天モバイルの回線を使ってiPhoneSEでモバイルデータ通信を行うための設定です。

詳細は下記で詳しく解説されていますので参考にしてください。

詳細楽天モバイルでiPhoneを使う 設定編

 

なお、APN設定はiPhoneSEがWi-Fiにつながった状態で実施する必要がありますので注意してください。

 

APN設定が終われば、いよいよ楽天モバイルでiPhone SEが使用できるようになります。

 

▼申し込みはこちら▼
楽天モバイル公式サイト

 

楽天モバイルで使うiPhone SEの入手方法

 

アップルストアはSEの販売終了

 

これまでiPhone SEの端末はアップルストアで購入できましたが、2018年秋に販売が終了になりました。

 

ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhoneSEが使える

 

ドコモ・au・ソフトバンクや、ワイモバイル・UQモバイルなどの格安SIMで購入したiPhone SEを楽天モバイルで使用できます。

特に3大キャリアから楽天モバイルに乗り換えることで、毎月のスマホ料金を大幅に節約することができます。

 

手持ちのiPhone SEを持ち込めば楽天モバイルで端末の購入も不要なため、非常に安くスマホを使うことができます。

 

iPhone SEの動作確認状況

 

楽天モバイルでは、ドコモ・au・ソフトバンクやUQモバイル・ワイモバイルで購入したiPhone SEの動作確認が終了しています。

どの端末も楽天モバイルで問題なく使用できますので安心してください。

 

SIMロック解除が必要な場合

 

他社で購入したiPhone SEを楽天モバイルで使用する場合、購入元と選ぶ回線の組み合わせによってはSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除とは、スマホ端末を他社のSIMカードでも使用できるようにすることです。

 

ドコモ・auで購入したiPhone SEはSIMロック解除なしで使用できます。

一方、ソフトバンクで購入したiPhone SEはSIMロック解除が必要です。

 

▼SIMロック解除要否▼

購入元ドコモ
回線
au
回線
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
au不要
ソフトバンク

 

SIMロック解除手続きはドコモ・au・ソフトバンクなどの公式サイト・マイページから申請しましょう。

オンラインで手続きすると3分程度で解除が完了します。

 

店頭で手続きすると有料(3,000円程度)になりますので注意してください。

 

楽天モバイルで手持ちのiPhone SE使用時の注意点

 

iPhone SEのSIMサイズはnano

 

既にiPhone SEの端末をお持ちで、楽天モバイルでSIMカードのみを購入する場合、SIMカードのサイズに注意が必要です。

iPhone SE用のSIMカードサイズはnanoです。

 

オンラインサイトでドコモ回線を選択する場合は、nano以外に標準・microの3サイズのSIMカードが販売されていますので、間違えないように注意してください。

 

 

SIMカードのサイズを誤った場合は手数料3000円を払って交換してもらわなければなりません。

 

なお、au回線はサイズを小さくできる「マルチSIM」のみなので安心です。

 

ドコモ回線ならテザリング可能

 

他社のiPhone SEを楽天モバイルで使用する場合、よく聞かれるのがテザリングです。

楽天モバイルのドコモ回線であれば、iPhone SEは他社で購入した端末やSIMフリー端末であってもテザリング可能です。

 

テザリングは無料ですので、データ容量内なら自由に使えます。

 

au回線はいまだテザリング不可

 

一方、楽天モバイルのau回線のSIMカードをiPhone SEに挿して使う場合、テザリングはできません。

 

他のau系格安SIMでは2018年10月末からテザリングが解禁になりましたが、楽天モバイルではいまだ対応していません。

 

どうしてもau回線でiPhone SEを使いたい場合は、「UQモバイル」か「BIGLOBEモバイル(au回線)」を選びましょう。

au回線ではこの2キャリアが速度が速くて快適です。

 

MNP予約番号の有効期限に注意

 

他社から楽天モバイルにMNPで乗り換える場合は注意手必要です。

 

楽天モバイル公式サイトでMNPの転入手続きができるのは、予約番号の有効期限が10日以上残っている場合に限ります。

残り10日を過ぎると再度MNP予約番号を取得するか、店頭に行かなければなりませんのでできるだけ早めに手続きしましょう。

 

回線切り替え・回線開通の注意点

 

開通の受付時間と所要時間

 

開通手続き(回線切り替え)には受付時間があります。

9:00~20:59に開通手続きを行った場合、15分程度で回線の切り替えがすぐに完了します。

21:00~翌8:59も開通手続きは可能ですが、切り替え完了は翌朝の9:00以降になります。

 

できるだけ9:00~20:59の間に手続きしましょう。

土・日・祝日も可能です。

 

開通申し込みの電話は使用中のスマホから

 

開通申し込みの電話は、MNPで移行する携帯電話番号のスマホから行いましょう。

自宅の電話や他のスマホなどから連絡すると開通手続きはできません。

 

▼申し込みはこちら▼
楽天モバイル公式サイト

 

楽天モバイルユーザーがiPhone SEへ機種変更する手順

 

楽天モバイル公式サイトでiPhone SEに機種変更可能

 

楽天モバイルで現在他の端末を使用している方はiPhone SEに機種変更することができます。

もちろん、現在iPhone SEを使用している方が他の機種に機種変更することも可能です。

 

機種変更する場合の端末代金は下記の価格となります。

通常、機種変更は新規で契約する場合よりお得な価格で端末を購入できます。

 

しかし、16GB端末は新規・MNPの場合のみキャンペーンで端末が安くなっています。

機種変更はこのキャンペーンが適用されないため、機種変更の方が高くなっています。

 

▼機種変更時の端末価格▼

通常
(一括の場合)
機種変更
(一括の場合)
16GB端末¥27,800¥37,620
64GB端末¥46,800¥42,120

 

機種変更は公式サイトのマイページ(メンバーズステーション)から簡単にできます。

機種変更はこちらメンバーズステーション

 

手持ちのiPhone SEに自分で機種変更する

 

既に新しいiPhone SEをお持ちの方は、自分で機種変更することもできます。

現在の端末からSIMカードを抜き、iPhone SEに挿せばそのまま使用できます。

 

使用できる端末はドコモで販売されていたiPhoneか、SIMフリー(SIMロック解除済み)のiPhoneです。

現在使用している端末からSIMカードを抜いて新しいiPhone本体に挿した後、APN設定をすれば使用できます。

 

SIMカードのサイズに注意

 

ただし、SIMカードの種類に注意してください。

iPhone SEに挿して使用できるのはnanoです。

 

現在使用している端末に挿さっているSIMカードが他のサイズ(micro・標準)の場合、マイページからSIMカードを交換してもらう必要があります。

交換手数料は3000円+税です。

 

iPhone SEから他機種への機種変更も可能

 

もちろん、現在楽天モバイルでiPhone SEを使用している方が、他の機種に変更することも可能です。

楽天モバイルのマイページで手続きできますし、前章で解説したとおり手持ちの端末に自分で機種変更することも可能です。

 

楽天モバイルのiPhone SEに挿入されているのはnanoサイズのSIMカードなので、ほとんどの機種はそのまま使えます。

 

▼申し込みはこちら▼
楽天モバイル公式サイト

 

楽天モバイルで買えるiPhone SE

 

楽天モバイルのiPhone SEは海外販売モデル

 

楽天モバイルで購入できるiPhone SEは「海外販売モデル」です。

日本で販売されている「国内モデル」とはインストールされているアプリや端末の仕様が異なる可能性があります。

 

日本モデルと大差なし

 

海外モデルと聞くと少々不安ですがですが、日本モデルと大差はありません

かなり細かい点では違いはあるものの、私たち一般ユーザーが気になるレベルではありませんし、不便をこうむることもほぼありません。

 

もちろん画面は日本語で表示されますし、日本のアプリもインストールできます。

安心して使用してください。

 

ストレージ容量は16GB・64GB

 

通常、日本モデルのiPhone SEは32GBと128GBです。

しかし、楽天モバイルで購入できるiPhone SEは16GB・64GBのモデルです。

 

iPhone SEはマイクロSDなどを外付けすることができませんので、写真や動画をたくさん撮影して容量が不安な方は64GBモデルを購入しましょう。

(もちろんクラウドストレージ等を活用することも可能です)

 

本体カラーは全4色

 

楽天モバイルで購入できるiPhone SEのカラーはローズゴールド、ゴールド、シルバー、スペースグレイの4色です。

国内版と同じラインナップですね。

 

ただし、カラーによっては完売の可能性もありますのでお求めの方はお急ぎください。

(特にシルバー、スペースグレイは人気です)

 

楽天モバイルの付属品

 

楽天モバイルで購入できるiPhone SEには、以下のものが同梱されています。

  • Lightning – USBケーブル
  • USB電源アダプタ
  • 純正イヤホン
  • マニュアル(英語)
  • SIM取り出しピン

 

ケーブルや電源アダプタ、イヤホンが付属していますので、通常使用には問題ありません。

なお、説明書(マニュアル)は外国語表記となっていますので注意してください。(あまり使用しないとは思いますが…)

 

SIM挿入・APN設定が必要

 

iPhoneSEを格安で購入できるのが楽天モバイルのメリットですが、唯一の難点はSIM挿入とAPN設定が必要なことです。

スマホとSIMカードが送られてきますので、受取後にスマホ本体にSIMカードを挿入し、APN設定をしなければなりません。

 

APN設定とは、iPhoneでデータ通信をするための設定です。

設定自体は簡単ですが、自分で設定しないといけないのが少々面倒ですね。

詳細楽天モバイルでiPhoneを使う 設定編

 

▼申し込みはこちら▼
楽天モバイル公式サイト

 

楽天モバイル版iPhone SEのレビュー・スペック

 

iPhone SEを簡単に説明すると、ボディーのデザインはiPhone 5Sとほぼ同じで、中身をアップデートした製品になっています。

 

iPhone SEの特徴・メリット

 

コンパクトなボディー

 

 

最近はスマホの大型化が進んでいますが、iPhone SEは4インチとコンパクトでとても扱いやすいです。

私もそうですが、私の周りにも画面が大きくない機種が好きな方が多いので、そのような方にもオススメの機種です。

 

十分なCPU性能

 

iPhone SEは、最新のiPhone 7シリーズには及ばないものの、実はiPhone5S等と比べ性能が格段にアップしています。(下図)

また、実はiPhone6・6Plusよりもコンピューターの処理能力が高いのです。

 

 

カメラの性能は12メガピクセルで、これも実はiPhone6・6 Plusと同じです。

 

画面の美しさはiPhone6Sと同じ

 

iPhone6SとiPhone SEを比較すると、画面解像度の数値はiPhone6Sが高いため、美しさはiPhone SEが劣っているように見えます。

 

▼ディスプレイの比較▼

iPhone6SiPhone SE
サイズ4.7インチ4.0インチ
解像度1,334 × 7501,136 × 640
画素数密度326ppi326ppi

 

しかし、これは画面サイズの違いが関係しており、画素数密度を比べるとどちらも同じです。

画面の美しさはiPhone6SもiPhone SEも同等といえるでしょう。

 

十分なCPU性能

 

iPhone SEは、最新のiPhone8やiPhone7には及ばないものの、実はiPhone5S等と比べ性能が格段にアップしています。(下図)

また、実はiPhone6・6 Plusよりもコンピューターの処理能力が高いのです。

 

 

発売から時期が経過しているので処理速度などに不安がある方もおられるかも知れませんが、サクサク快適なので安心してください。

 

メインカメラの画素数はiPhone 8と同じ

 

iPhone SEのメインカメラ(画面裏側にあるカメラ)の画素数は1,200万画素です。

これは、最新のiPhone8と同じ数値です。

 

▼メインカメラ画素数はiPhone 8と同じ▼

iPhone8iPhone SE
メインカメラ1,200万画素1,200万画素

 

もちろん、画素数が同じだからといって同じ美しさの写真が撮れるというわけではありませんが、iPhone SEも十分に美しい写真を撮影できます。

 

あと、地味に嬉しいのが、iPhone6S Plusのメインカメラは本体の外にわずかに飛び出していますが、iPhone SEのメインカメラは本体に収まっています。

凹凸がないのが特徴です。

 

バッテリーは意外と持つ

 

iPhone SEのバッテリー容量は非公表ですが、1,624mAhといわれています。

3,000mAhから、大きいものでは4,000mAhあるAndroidスマホと比べると、非常に小さいように思えます。

 

ただ、最新のiPhone8は1,821mAhといわれていますので、Androidスマホに比べて半分しか持たないというわけではありません。

「長持ち!」とまではいえませんが普段使いには十分のバッテリーです。

 

▼申し込みはこちら▼
楽天モバイル公式サイト

 

iPhone SEのデメリット

 

インカメラの画素数が低い

 

iPhone SEの難点のひとつは、自撮りに使用するインカメラの画素数が低いことです。

インカメラの画素数は120万画素で、700万画素のiPhone8や、500万画素のiPhone6Sと比べて大きく劣っています。

 

といっても、それなりに美しい写真が撮れるのですが、自撮りにこだわる方にはiPhone6S Plusがおすすめです。

 

角ばったデザインは賛否両論

 

もうひとつの難点は、角ばったデザインです。

最新のiPhone8やiPhone Xは丸みを帯びたデザインになっていますので、角ばったiPhone SEはすぐにそれとわかってしまいます

 

iPhone6Sや6S PlusはサイズもiPhone8・8Plusと同じでデザインも似ているので判別がしづらいのですが、ひと目でiPhone SEと分かるのが嫌だという方もおられます。

 

▼申し込みはこちら▼
楽天モバイル公式サイト

 

スペック詳細

 

スペック
サイズ(mm)W59× H124× D7.6
重さ約113g
画面サイズ4.0インチ
解像度1,136 × 640
バッテリー容量1,624mAh
連続通話時間
(3G)
14時間
連続待受時間
(LTE)
約10日間
OSiOS11
CPUA9チップ
M9コプロセッサ
メモリ(ROM)16GB
メモリ(RAM)2GB
対応外部メモリ
通信速度(下り)
有効画素数
(メインカメラ)
1200万画素
有効画素数
(サブカメラ)
120万画素

 

楽天モバイル版iPhone SEの料金・価格

 

16GBモデルの月額料金・値段

 

組み合わせプラン

 

楽天モバイルの料金プランは、組み合わせプランとスーパーホーダイの2種類あります。

まずは組み合わせプランを選択した場合のiPhone SEの料金は以下の通りです。

 

<端末代金24回払い>

データ基本料金端末代月額計
ベーシック¥1,250¥1,158¥2,408
3.1GB¥1,600¥1,158¥2,758
5GB¥2,150¥1,158¥3,308
10GB¥2,960¥1,158¥4,118
20GB¥4,750¥1,158¥5,908
30GB¥6,150¥1,158¥7,308

※ベーシック:低速(200kbps)・容量無制限
※初月に契約手数料3,394円必要
※分割手数料必要、楽天カード支払なら無料
※価格は税抜

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥27,700
データ容量基本料金
ベーシック¥1,250
3.1GB¥1,600
5GB¥2,150
10GB¥2,960
20GB¥4,750
30GB¥6,150

※ベーシック:低速(200kbps)・容量無制限
※初月に契約手数料3,394円必要

※価格は税抜

 

<お得な通話オプション>

通話をよくされる場合にはお得な通話オプション「国内通話10分かけ放題」が用意されています。「国内通話10分かけ放題」を追加する場合、上記料金に850円/月が加算されます。

 

オプション月額料金
10分かけ放題¥850

※価格は税抜

 

▼申し込みはこちら▼
楽天モバイル公式サイト

 

スーパーホーダイの月額料金

 

スーパーホーダイプランは、データ容量(S/M/L/LL)と10分のかけ放題オプションがセットになったプランです。

 

<端末代金24回払い>

プラン基本料端末代支払額
S2GB¥2,480¥1,158¥3,638
6GB¥3,480¥1,158¥4,638
14GB¥5,480¥1,158¥6,638
LL24GB¥6,480¥1,158¥7,638

※上記は楽天会員の場合の料金
※ダイヤモンド会員・2年/3年契約なら更に割引
※初月に契約手数料3,394円必要
※分割手数料必要、楽天カード支払なら無料
※価格は税抜

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥27,800
基本料
プランS2GB¥2,480
プランM6GB¥3,480
プランL14GB¥5,480
プランLL24GB¥6,480

※上記は楽天会員の場合の料金
※ダイヤモンド会員・2年/3年契約なら更に割引
※初月に契約手数料3,394円必要
※価格は税抜

 

▼申し込みはこちら▼
楽天モバイル公式サイト

 

64GBモデルの月額料金・値段

 

組み合わせプラン

 

楽天モバイルの料金プランは、組み合わせプランとスーパーホーダイの2種類あります。

まずは組み合わせプランを選択した場合のiPhone SEの料金は以下の通りです。

 

<端末代金24回払い>

データ基本料金端末代月額計
ベーシック¥1,250¥1,950¥3,200
3.1GB¥1,600¥1,950¥3,550
5GB¥2,150¥1,950¥4,100
10GB¥2,960¥1,950¥4,910
20GB¥4,750¥1,950¥6,700
30GB¥6,150¥1,950¥8,100

※ベーシック:低速(200kbps)・容量無制限
※初月に契約手数料3,394円必要
※分割手数料必要、楽天カード支払なら無料
※価格は税抜

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥46,800
データ容量基本料金
ベーシック¥1,250
3.1GB¥1,600
5GB¥2,150
10GB¥2,960
20GB¥4,750
30GB¥6,150

※ベーシック:低速(200kbps)・容量無制限
※初月に契約手数料3,394円必要

※価格は税抜

 

<お得な通話オプション>

通話をよくされる場合にはお得な通話オプション「国内通話10分かけ放題」が用意されています。「国内通話10分かけ放題」を追加する場合、上記料金に850円/月が加算されます。

 

オプション月額料金
10分かけ放題¥850

※価格は税抜

 

▼申し込みはこちら▼
楽天モバイル公式サイト

 

スーパーホーダイの月額料金

 

スーパーホーダイプランは、データ容量(S/M/L/LL)と10分のかけ放題オプションがセットになったプランです。

 

<端末代金24回払い>

プラン基本料端末代支払額
S2GB¥2,480¥1,950¥4,430
6GB¥3,480¥1,950¥5,430
14GB¥5,480¥1,950¥7,430
LL24GB¥6,480¥1,950¥8,430

※上記は楽天会員の場合の料金
※ダイヤモンド会員・2年/3年契約なら更に割引
※初月に契約手数料3,394円必要
※分割手数料必要、楽天カード支払なら無料
※価格は税抜

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥46,800
基本料
プランS2GB¥2,480
プランM6GB¥3,480
プランL14GB¥5,480
プランLL24GB¥6,480

※上記は楽天会員の場合の料金
※ダイヤモンド会員・2年/3年契約なら更に割引
※初月に契約手数料3,394円必要
※価格は税抜

 

▼申し込みはこちら▼
楽天モバイル公式サイト

 

楽天モバイルのお得なキャンペーン

 

現在、楽天モバイルではさまざまなキャンペーンを実施中です。

契約初月の月額料金が割引になったり、紹介キャンペーンで楽天ポイントが貰えたりと、常に何らかのお得なキャンペーンを実施しています。

 

現在実施中のキャンペーンは下記に詳しくまとめています。

詳細記事楽天モバイルで実施中のキャンペーンまとめ

 

iPhone SE・SIMカード購入は楽天モバイル公式サイトで

 

以上、楽天モバイルのiPhone SEの紹介でした。

コンパクトなボディと安い端末代金が魅力です。

「価格は抑えたいけど、絶対にiPhoneがいい!」という方におすすめです。

 

また、他社のiPhone SEをお持ちの方は楽天モバイルで大変安くスマホを使え、お得です。

 

楽天モバイル公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、ぜひご利用ください!

 

▼申し込みはこちら▼
楽天モバイル公式サイト

 

<関連記事>

 

楽天モバイル トップへ

 

楽天モバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-