YmobileでiPhone7が1.5万、SIMが1万円割引中 

ワイモバイルの10月からの新料金プランを解説!スマホプランは終了、ベーシックプランがメインに

 

ワイモバイル_新料金プラン

 

本記事では2019年10月1日からスタートするワイモバイルの新料金プランについて解説します。

 

これまでメインプランだった「スマホプラン」が受付終了になり、刷新されたスマホベーシックプランがメインとなります。

 

▼新料金プランの詳細を確認▼

ワイモバイル公式サイト

 

2019年9月30日までの料金プランはこちら
ワイモバイルの現行料金プランを解説

 

10月1日からの新料金プランの概要

 

ワイモバイルでは2019年10月1日から料金プランが大きく変更になります。

今回の変更のポイントは以下のとおりです。

 

  • スマホプランは終了
  • スマホベーシックプランがメインに
  • S(3GB)・M(9GB)・R(13GB)
  • 半年間700円割引
  • 最低利用期間・違約金なし

 

スマホベーシックプランが刷新

 

2019年10月1日以降、ワイモバイルは「スマホベーシックプラン」がメインのプランとなります。

 

これまでもスマホベーシックプランは存在していましたが、最低利用期間・違約金が無い代わりに月額料金が高かったので、だれも契約していませんでした。

しかし、今後はスマホベーシックプランを安くすることでメインのプランに据えます。

 

スマホーシックプランの料金表

 

スマホベーシックプランの料金表は以下のとおりです。

 

<10月1日からの新料金プラン>

プランデータ~7ヶ月目8~24ヶ月目
S3GB¥1,980¥2,680
M9GB¥2,980¥3,680
R13GB¥3,980¥4,680

※契約翌月を1ヶ月目とする

 

ワイモバイル新料金プラン料金表

 

ただし、データ容量と月額料金については複雑な条件があります。

次章以降を必ず確認してください。

 

6ヶ月間700円割引

 

まず、スマホベーシックプランの月額料金は、契約翌月から7ヶ月目までの6ヶ月間、月額700円割引になります。

これを「新規割」といいます。

新規とありますが、他社からのMNP乗り換えや契約変更の場合にも適用されます。

 

これまでは1年間1,000円割引になる「ワンキュッパ割」が適用されていましたが、今後は半年間700円割引に減額されます。

月額料金が安くなったように見えますが、この「新規割」で調整しているのですね。

 

最低利用期間/違約金なし

 

スマホベーシックプランには最低利用期間・契約解除料(違約金)がありません。

そのため、いつ解約・MNP転出してもOKです。

 

2019年10月以降はどのスマホキャリアでも違約金が1,000円または無料になります。

 

終了となる既存プラン

 

スマホベーシックプランがメインとなる代わりに、以下の料金プランは終了になります。

 

  • スマホプラン S/M/L
  • スマホベーシックプラン L
  • ケータイプラン SS
  • データプラン S/L
  • Pocket WiFi プラン 2

 

タブレットやポケットWi-Fiを契約する場合にどうなるかは確認して追記します。

 

スマホプランは新規終了

 

これまでワイモバイルのメインのプランだった「スマホプラン」は9月30日をもって新規受付が終了になります。

もちろん、現在スマホプランを契約している方は10月以降も引き続き同じプランで使えます。

 

ワンキュッパ割も終了

 

ワンキュッパ割

 

これまで、ワイモバイルのスマホプランに契約すると月額料金が1年間1000円割引になる「ワンキュッパ割」が適用されました。

しかし、このワンキュッパ割は終了になり、あらたに「新規割」が適用されるようになります。

 

期間割引額
ワンキュッパ割1年間1000円
↓↓↓
新規割6ヶ月間700円

 

▼新料金プランの詳細を確認▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

新料金プランの注意点

 

データ増量は2年間無料

 

前章で、新しいメインプランのスマホベーシックプランの料金表を以下の通り記載しました。

 

<ワイモバイルの新料金プラン>

プランデータ~7ヶ月目8~24ヶ月目
S3GB¥1,980¥2,680
M9GB¥2,980¥3,680
R13GB¥3,980¥4,680

 

ただし、データ容量は注意が必要です。

 

本来、スマホベーシックプランの基本容量はS:2GB、M:6GB、R:10GBです。

しかし、契約から2年間は「データ増量キャンペーン」が適用されて3GB・9GB・13GBになっているのです。

 

<データ容量の仕組み>

プラン基本容量増量後の容量
S2GB3GB
M6GB9GB
R10GB13GB

 

契約から2年間は無料かつ自動でデータが増量されるので気にする必要はありません。

しかし、契約から2年経過するとデータ増量キャンペーンが終了し、データ容量がS:2GB、M:6GB、R:10GBに戻ってしまいます

 

3年目以降も有料オプションに加入することでS:3GB、M:9GB、R:13GBに戻せますが、月額500円かかってしまいますので注意してください。

 

プラン変更時の違約金

 

これまでスマホプランを契約していた方は、2019年10月以降もスマホプランのままです。

最低利用期間も契約解除料も発生します。

 

解約・MNP転出すると違約金として9,500円+税がかかりますので注意してください。

 

プラン変更で違約金免除の場合

 

ただし、スマホプランからスマホベーシックプランにプラン変更する場合に、契約解除料が免除される場合があります。

以下の2つのうち、いずれかを満たしていればプラン変更時に契約解除料がかかりません。

 

  • ワイモバイルを2年以上継続して契約している
  • 機種変更と同時に「スマホベーシックプラン」または「ケータイベーシックプラン
    SS」を契約する

 

たとえば、ワイモバイルをこれまで2年以上継続契約している方なら、スマホプランからスマホベーシックプランに変更して解約・MNP転出すれば、違約金なしで解約できることになります。

 

MNP転出手数料は一律3000円

 

これまでワイモバイルのMNP転出手数料は契約からの経過月数によって変動していました。

 

<これまでの手数料>

  • 契約から6ヶ月以内:6,000円
  • 契約から7ヶ月目以降:3,000円

 

しかし、2019年10月以降は契約月数に関わらず一律3000円になります。

 

<2019年10月以降>

  • 経過月数に関わらず一律3000円

 

▼新料金プランの詳細を確認▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

旧プランとの比較/どちらがお得?

 

旧プランとどちらがお得?

 

新プランと旧プラン、どちらがお得でしょうか。

容量が同じのプランS・Mについて、単純に2年間の総支払額で比較してみます。

 

<2年総支払額の比較>

旧プラン新プラン
S¥59,520¥60,120
M¥83,520¥84,120

 

上表の通り、単純に料金を比較した場合にはわずかに旧プラン(スマホプラン)の方が安いです。

ただし、差額は数百円です。

 

スマホプランは最低利用期間あり・違約金ありに対しスマホベーシックプランにはありませんので、この差なら個人的には新プランのほうがお得だと思います。

 

ただし、SIMのみ契約時の割引や、端末セット購入時の「月額割引」がどうなるかわかりません。

おそらくそこまで変わらないのではないかと思いますので、新プランか旧プランか選べる方は新プランで契約したほうが良いと思います。

 

新プランのメリット/デメリット

 

私が考える新プランのメリット・デメリットは以下のとおりです。

 

  • icon-circle-o 最低利用期間/違約金なし
  • icon-circle-o 月額料金はほぼ同じ
  • icon-circle-o 13GBプランも選べるように
  • icon-times 大容量プランがない

 

新プランの最大のメリットは最低利用期間・違約金が廃止されたことです。

これにより、気軽に解約・キャリア変更ができるようになりました。

 

また、違約金が廃止される代わりに月額料金が高くなるのかと思っていましたが、月額料金はほとんど同じです。

また不明な点が多いですが、現時点では新プランのほうがお得なように感じます。

 

一方、最大のデメリットは21GBまで使えたプランLが廃止になったことです。

おそらく大容量プランはソフトバンクのウルトラギガモンスターに誘導したいのだと思います。

 

ワイモバイルの申し込みはこちら

 

以上、ワイモバイルの新料金プランの解説でした。

 

新料金プランは最低利用期間・違約金が廃止されたましたが、その割に料金も変わっておらず、良い方向に変更されたと思います。

ただし、不明点はまだ多いですので 今後の発信に注意しておきましょう。

 

ワイモバイルの契約は24時間受付可能な「ワイモバイル公式サイト」が断然おすすめです。

こちらからどうぞ!

 

▼ワイモバイルへの申し込みはこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

 

ワイモバイル トップへ

 

ワイモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-