Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

SIMフリー「AQUOS sense2 SH-M08」をレビュー!スペック・価格・最安値も解説

 

本記事では、SHARPから発売のSIMフリースマホ「AQUOS sense2 SH-M08」(アクオスセンス2)のスペックや価格を解説します。

 

前作の大人気機種「AQUOS sense」からCPU性能が進化し、AIカメラも搭載してさらに使いやすいスマホになっています。

価格も高くなく、国産のSIMフリー端末では非常におすすめの機種です。

 

▼SH-M08はBIGLOBEが最安値▼

 

  1. AQUOS sense2 SH-M08の発売日
    1. SH-M08の取り扱い事業者
    2. SH-M08の発売日
  2. AQUOS sense2 SH-M08の価格
    1. OCNモバイルONEの価格
    2. 楽天モバイルの価格
    3. IIJmioの価格
    4. BIGLOBEモバイルの価格
    5. mineo(マイネオ)の価格
    6. NifMo(ニフモ)の価格
    7. UQモバイルの価格
    8. amazon/楽天/家電量販店の価格
  3. AQUOS sense2 SH-M08の最安値
    1. 価格比較一覧表
    2. 最安値はOCNモバイルONE
    3. 2月3日まではキャンペーンでBIGLOBEモバイルが最安値
    4. UQモバイルもおすすめ
  4. AQUOS sense2 SH-M08のスペック
    1. AQUOS sense2の型番
    2. 本体カラー
    3. スペック一覧表
    4. SIMフリー端末として発売
    5. 画面サイズは5.5インチ
    6. 5GhzのWiFiにも対応
    7. USB端子はUSB Type-C
    8. メモリーRAMは3GB
    9. ストレージ容量は32GB
    10. マイクロSDカード増設可
    11. シングルSIM・DSDS非対応
    12. 付属品・同梱品
    13. 充電器も付属
  5. SH-M08の搭載便利機能
    1. 搭載便利機能一覧
    2. 指紋認証はホームボタン
    3. 顔認証にも対応
    4. おサイフケータイ搭載
    5. 防水・防塵、濡れた手で操作可
    6. 急速充電対応
  6. SH-M08の対応バンド・周波数
    1. 周波数・対応バンド一覧
    2. ドコモ回線で使用可
    3. ソフトバンク/ワイモバイル対応
    4. au回線・au VoLTEも対応
  7. SH-M08のベンチマーク
    1. Geekbench
    2. antutu
  8. AQUOS sense2 SH-M08のレビュー
    1. 美しいIGZOディスプレイ
    2. 5.5インチで持ちやすい縦長画面
    3. 就寝前に自動でリラックスオート
    4. 超寿命・長持ちバッテリー
    5. AI搭載カメラで美しい写真に
    6. カメラで明るい写真が撮影可
    7. 搭載CPUはSnapdragon450
  9. SH-M08とSH-M07の比較、おすすめは?
    1. スペックの比較
    2. 搭載便利機能の比較
    3. 端末価格・値段の比較
  10. AQUOS sense2 SH-M08購入はこちら

AQUOS sense2 SH-M08の発売日

SH-M08の取り扱い事業者

 

AQUOS sense2 SH-M08を販売するのは以下の事業者・格安SIM/MVNO各社です。

 

  • OCNモバイルONE
  • 楽天モバイル
  • IIJmio
  • BIGLOBEモバイル
  • NifMo(ニフモ)
  • mineo(マイネオ)
  • 家電量販店各社
  • amazon/楽天市場 など

 

上記とは別に、ドコモ・au・UQモバイルでもAQUOS sense2が発売されています。

ドコモ・au版のAQUOS sense2はSIMロック済み、UQモバイル版はSIMフリーです。

詳細記事UQモバイル「AQUOS sense2」を解説!

 

SH-M08の発売日

 

AQUOS sense2 SH-M08の発売日は2018年12月27日(木)です。

格安SIM・MVNO各社の発売日は以下の通りです。

 

  • OCNモバイルONE:12月25日(火)
  • 楽天モバイル:12月26日(水)
    ※12月20日より予約開始
  • IIJmio:12月25日(火)
  • BIGLOBEモバイル:2019年1月17日
  • マイネオ:1月25日(金)

 

SH-M08ではありませんが、ドコモ・au・UQモバイルのAQUOS sense2は既に発売されています。

 

 

AQUOS sense2 SH-M08の価格

 

 

OCNモバイルONEの価格

 

 

OCNモバイルONEおよび系列のgoosimsellerでは、2018年12月25日からAQUOS sense2 SH-M08を販売しています。

 

OCNモバイルONEにおけるAQUOS sense2 SH-M08の価格は以下の通りです。

 

  • 一括払い:21,800円

 

本体の一括価格ではOCNモバイルONEのAQUOS sense2 SH-M08が最安値です。

OCNモバイルONEは音声通話SIMの最低利用期間も6か月と短いので、端末セットで格安SIMに契約される場合には最もおすすめです。

 

詳細記事OCNモバイルONEの評判・デメリット

 

▼最安値はOCNモバイルONE▼

OCNモバイルONE(公式)

 

楽天モバイルの価格

楽天モバイルでは12月26日(木)よりAQUOS sense2 SH-M08の販売を開始します。

(店頭は12月27日発売)

 

楽天モバイルにおけるAQUOS sense2 SH-M08の価格は以下の通りです。

 

  • 一括払い:29,800円
  • 分割払い:1,341円/月(税込)

 

楽天モバイルでは、通常の4色のほかに「カーディナルレッド」という限定色のSH-M08を販売します。

 

 

楽天モバイルはMVNOで最も契約者数の多い格安SIMキャリアです。

ドコモ回線・au回線が選べる点や、データ容量を使いきっても最大1Mbpsの速度で通信できるスーパーホーダイが人気です。

 

詳細記事楽天モバイルの評判・評価まとめ

 

▼楽天モバイルでSH-M08を購入▼

楽天モバイル公式サイト

 

IIJmioの価格

 

 

IIJmioでは12月25日(火)よりAQUOS sense2 SH-M08の受付を開始します。

さらに、IIJmioではSH-M08の限定カラーである「ピンク」が発売されます。

 

 

IIJmioにおけるAQUOS sense2 SH-M08の価格は以下の通りです。

 

  • 一括払い:29,800円
  • 分割払い:1,250円/月

 

IIJmioでは、音声通話SIMとセットでAQUOS sense2 SH-M08を購入すると、5,000円分のe-Giftが貰えるキャンペーンを実施中です。

e-Giftとは好きな電子マネーに交換できる券で、nanaco・楽天Edy、Amazonギフト券、App Store&iTunesコード、GooglePlayギフトコードなど、さまざまな電子マネーに対応しています。

 

 

また、当サイト「シムラボ」とのコラボキャンペーンも実施しており、通常のキャンペーンに特典が上乗せされます。

 

▼IIJmioでSH-M08を購入する▼

IIJmio公式サイト

 

▼当サイト限定キャンペーン中▼

IIJmio(みおふぉん)

 

BIGLOBEモバイルの価格

 

BIGLOBEモバイルでもAQUOS sense2 SH-M08を発売します。

キャンペーンも反映した価格では、AQUOS sense2 SH-M08はBIGLOBEモバイルが最安値です。

 

ただし、キャンペーンは2月3日までの期間限定です。

 

BIGLOBEモバイルにおけるAQUOS sense2 SH-M08の価格は以下の通りです。

支払いは24回分割払いのみで、一括払いはありません。

 

  • 分割払い:1,380円/月

 

ただし、現在キャンペーン中で、タイプAの音声通話SIMとセットなら毎月600円、タイプDなら毎月450円の割引が適用されます。

よって、実質の支払額(実質負担額)は以下の通りとなります。

 

  • 音声SIM(A)とセット:780円/月
    (支払総額18,720円)
  • 音声SIM(D)とセット:930円/月
    (支払総額22,320円)

 

BIGLOBEモバイルでAQUOS sense2を購入するなら、タイプAが断然おすすめです。

割引額が大きいだけでなく、通信速度もタイプA(au回線)の方が圧倒的に速いです。

 

詳細記事BIGLOBEモバイルの通信速度を計測!

 

▼割引適用でBIGLOBEが最安値に▼

 

mineo(マイネオ)の価格

 

 

mineo(マイネオ)では1月25日(金)よりAQUOS sense2 SH-M08の販売を開始します。

マイネオにおけるAQUOS sense2 SH-M08の価格は以下の通りです。

 

  • 一括払い:33,000円
  • 分割払い:1,375円/月

 

mineo(マイネオ)はTVCMなどで知名度抜群で、MVNOでは楽天モバイルに次ぐ契約者数を誇ります。

ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線をすべて取り扱っており、月額料金が大きく安くなるキャンペーンが人気です。

 

詳細記事mineo(マイネオ)の評判・口コミ総まとめ!

 

▼mineoでSH-M08を購入する▼

マイネオ公式サイト

 

NifMo(ニフモ)の価格

 

 

NifMo(ニフモ)では12月26日(木)よりAQUOS sense2 SH-M08の販売を開始しました。

NifMoにおけるAQUOS sense2 SH-M08の価格は以下の通りです。

 

  • 一括払い:33,334円
  • 分割払い:1,389円/月

 

NifMoは少々マイナーなMVNOですが、ドコモ回線の格安SIMのなかでは通信速度が速いのが特徴です。

ドコモ回線は通信速度が遅いキャリアが多いので、快適なドコモ回線を使いたい場合はNifMoはおすすめです。

 

詳細記事NifMo(ニフモ)の評判・口コミ総まとめ!

 

▼NifMoでSH-M08を購入する▼

NifMo(ニフモ)公式サイト

 

UQモバイルの価格

厳密にはSH-M08ではありませんが、同じSIMフリー版が発売されているUQモバイルの価格も解説します。

 

UQモバイルにおけるAQUOS sense2の端末代金は36,396円(税込)です。

しかし、UQモバイルの最もメジャーなプランである「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」とセットで購入するとマンスリー割が適用され、毎月432円の割引になります。

 

よって、最終的なAQUOS sense2の実質負担額は26,028円です。

 

プランSプランMプランL
端末代金¥36,396
マンスリー割¥432¥432¥432
実質負担額¥26,028¥26,028¥26,028

 

UQモバイル版のAQUOS sense2は下記記事で詳しく解説しています。

詳細記事UQモバイル「AQUOS sense2」を解説!

 

▼UQでAQUOS sense2を購入

UQモバイル公式サイト

 

amazon/楽天/家電量販店の価格

 

AQUOS sense2 SH-M08はAmazon・楽天市場やビックカメラ・ヨドバシなどの家電量販店でも購入できます。

価格は現時点でほぼ定価の34,800円です。

 

 

AQUOS sense2 SH-M08の最安値

 

価格比較一覧表

 

AQUOS sense2 SH-M08の価格(割引後の実質負担額)の比較結果は以下の通りです。

 

<実質負担額の比較>

購入キャリア端末代金
(一括払い時)
OCNモバイルONE¥21,800
楽天モバイル¥29,800
IIJmio¥24,800
BIGLOBE(A)¥33,120
BIGLOBE(D)¥33,120
マイネオ¥33,000
NifMo¥33,334
アマゾン・楽天¥34,800
UQモバイル¥24,100

 

最安値はOCNモバイルONE

 

AQUOS sense2 SH-M08の最安値はOCNモバイルONEです。

一括払いのみですが、21,800円で購入できます。

 

OCNモバイルONEで選べるのはドコモ回線のみですが、最低利用期間が6か月と短いのが大きなメリットです。

端末セットでSIMカードを契約する場合には、最もおすすめの格安SIMキャリアです。

 

▼最安値でSH-M08を購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

2月3日まではキャンペーンでBIGLOBEモバイルが最安値

 

AQUOS sense2 SH-M08の一括払いの価格はOCNモバイルONEが最安値です。

しかし、キャンペーンを考慮するとBIGLOBEモバイルが最安値になります。

 

定価自体は他より高めですが、現在キャンペーンを実施しており、実質最安値で購入できます。

 

  • 音声SIM(A)とセット:780円/月
    支払総額18,720円
  • 音声SIM(D)とセット:930円/月
    支払総額22,320円

 

特にBIGLOBEモバイルのタイプA(au回線)は他の格安SIMより通信速度が速いのが特徴です。

BIGLOBEモバイルでSH-M08を購入するならタイプAとのセット契約が断然おすすめです。

 

▼割引適用でBIGLOBEが最安値▼

 

▼BIGLOBEモバイルの評判・評価▼

 

UQモバイルもおすすめ

SH-M08ではありませんが、UQモバイルでもAQUOS sense2が購入できます

UQモバイル版のAQUOS sense2もSIMフリーですし、周波数なども同じと思われます。

(ドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルのバンドにも対応していると思われますが、未確認です)

 

UQモバイルは2年契約が必要な点がデメリットですが、通信速度は圧倒的に速く、実質負担額も24,100円程度で購入できます。

 

 

▼UQでAQUOS sense2を購入

UQモバイル公式サイト

 

AQUOS sense2 SH-M08のスペック

 

AQUOS sense2の型番

 

SIMフリー版のAQUOS sense2の型番は「SH-M08」です。

 

ちなみに、ドコモにおけるAQUOS sense2の型番は「SH-01L」、auの型番は「SHV43」です。

 

本体カラー

 

AQUOS sense2 SH-M08の本体カラーは「ホワイトシルバー」「ニュアンスブラック」「アッシュイエロー」「アーバンブルー」の4色です。

 

 

また、楽天モバイルでは「カーディナルレッド」、IIJmioでは「フレンチピンク」がそれぞれ限定カラーとして発売されます。

 

▼カーディナルレッド(楽天モバイル)▼

 

▼フレンチピンク(IIJmio)▼

 

スペック一覧表

 

AQUOS sense2のスペックは以下の通りです。

 

スペック
サイズ(mm)H148× W71× D8.4
重さ約155g
画面サイズ5.5インチ
解像度2,160 x 1,080
(フルHD+)
バッテリー容量2,700mAh
連続通話時間約1,910分
連続待受時間約650時間
OSAndroid 8.1
CPUSnapdragon450
(オクタコア)
1.8GHz
メモリ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大512GB)
有効画素数
(メインカメラ)
1,200万画素
有効画素数
(サブカメラ)
800万画素

 

SIMフリー端末として発売

 

AQUOS sense2 SH-M08はSIMロック解除がかかっていない「SIMフリー端末」です。

よって、万が一購入したキャリア以外のSIMカードを入れて使う場合も問題なく使用できます。

 

なお、UQモバイル版もSIMフリーですが、au版・ドコモ版のAQUOS sense2はSIMロックされています。

 

画面サイズは5.5インチ

 

AQUOS sense2 SH-M08の画面サイズは5.5インチです。

前作AQUOS senseは5.0インチだったので画面サイズは大きくなっています。

 

しかし、画面と本体のフチ(ベゼル)が狭くなっているため、本体のサイズ自体はほぼ同じです。

 

5GhzのWiFiにも対応

 

AQUOS sense2 SH-M08はIEEE802.11a/b/g/n/acのWiFiに対応しています。

2.4GHzだけでなく5GHzの周波数帯域にも対応しています。

 

5GHz帯は価格を抑えるために非対応になる事も多いですが、SH-M08はバッチリです。

 

USB端子はUSB Type-C

 

AQUOS sense2 SH-M08のUSB端子はUSB Type-Cです。

 

低価格スマホだと真っ先にType-Cへの対応が削られて端子がmicro USBにされます。

しかし、AQUOS sense2 SH-M08は上下どちらでも挿せて、現在主流であるType-Cに対応しています。

 

メモリーRAMは3GB

 

AQUOS sense2 SH-M08のメモリー(RAM)は3GBです。

最近のハイスペックスマホは6GB・8GBのメモリーを積む端末も多い中、SHARP製のスマホは大体3GB・4GBの場合が多いです。

 

搭載CPUもSnapdragon450なので、普段使いには十分ですが高負荷の3Dゲームなどは厳しいでしょう。

 

ストレージ容量は32GB

 

AQUOS sense2 SH-M08のストレージ容量は32GBです。

最近のスマホの中では最低限といったレベルですね。

 

マイクロSDカード増設可

 

AQUOS sense2 SH-M08の内部ストレージ容量は32GBと最低限ですが、マイクロSDカードを増設できます。

microSDで最大512GBも増設できますので、容量は問題ないでしょう。

 

シングルSIM・DSDS非対応

 

AQUOS sense2 SH-M08はシングルSIMです。

DSDSやDSDVには対応していません。

 

付属品・同梱品

 

AQUOS sense2 SH-M08の同梱品は以下の通りです。

 

  • ACアダプタ
  • USBケーブル(Type-C)
  • 取扱説明書

 

充電器も付属

 

UQモバイル版のAQUOS sense2は充電器が付属されていませんでした。

しかし、SIMフリー版のAQUOS sense2 SH-M08は充電器(ACアダプタ・USBケーブル)が付属しています。

 

▼最安値でSH-M08を購入▼

 

SH-M08の搭載便利機能

 

搭載便利機能一覧

 

AQUOS sense2 SH-M08は国内メーカーSHARP製のスマホだけあって、便利機能が満載です。

おサイフケータイはもちろん、防水・防塵にも対応しています。

また、指紋認証・顔認証機能も搭載しています。

 

一方、ワンセグ・フルセグやワイヤレス充電「Qi」は対象外です。

 

機能有無
おサイフケータイ
防水
防塵
ワンセグ×
急速充電
ワイヤレス充電×
指紋認証
顔認証

 

指紋認証はホームボタン

 

AQUOS sense2 SH-M08は指紋認証センサーがホームボタン部分にあります。

指紋認証センサーは本体背面や側面にある場合もありますが、個人的にはホームボタンが一番便利です。

 

認証速度も快適で一瞬でロック解除されました。

 

顔認証にも対応

 

AQUOS sense2 SH-M08は顔認証にも対応しています。

顔認証に対応していると、画面を見るだけでロックが解除されるので、指紋認証よりも圧倒的に便利です。

 

ただし、AQUOS sense2の評判・口コミを聞くと、「顔認証の精度が低い」「スピードが遅い」という声もあります。

また、ある方からは顔に対してしっかり画面を向けないと認証されないので、指紋認証の方が簡単という声を聞きました。

 

認証の精度は相性の部分もあり評価しにくいのですが、個人的にはこの価格で顔認証がついているだけでも評価すべきだと思います。

 

おサイフケータイ搭載

 

AQUOS sense2 SH-M08はおサイフケータイを搭載しています。

おサイフケータイは昔から根強いファンが多く(私も使っています)、最近では搭載機種がまた増えてきました。

 

スマホ1台で各種支払い・決済ができるのは非常に便利です。

 

防水・防塵、濡れた手で操作可

 

AQUOS sense2 SH-M08はもちろん防水・防塵に対応されています。

特に防水は最高等級の8ですので、通常の使用では水濡れ・浸水による故障はほとんどないでしょう。

また、濡れた手でも操作可能ですので、お風呂でも安心してスマホを操作できます。

 

急速充電対応

 

AQUOS sense2 SH-M08は急速充電に対応しています。

電源OFF状態で、付属の充電器(ACアダプタ・USBケーブル)を使用した場合、3時間ほどでフル充電できます。

 

▼最安値でSH-M08を購入▼

 

SH-M08の対応バンド・周波数

 

周波数・対応バンド一覧

 

AQUOS sense2 SH-M08の対応バンドは以下の通りです。

 

  • FDD-LTE:B1/3/5/8/12/17/19/26/41
  • WCDMA:B1/5/6/8/19
  • GSM:850/900/1800/1900MHz

 

ドコモ回線で使用可

 

ドコモ回線で使用するFDD-LTEのバンドは1・3・19です。

AQUOS sense2 SH-M08は全て対応しているので、ドコモやドコモ回線を使った格安SIMキャリアのSIMカードを挿しても使えます

 

また、WCDMAのバンド6にも対応しているため、山間部での3G通話・データ通信も可能です。

 

ソフトバンク/ワイモバイル対応

 

ソフトバンク・ワイモバイル回線で使うFDD-LTEのバンドは1・3・8ですが、AQUOS sense2 SH-M08は全て対応しています。

また、WCDMAのバンド1・8にも対応しています。

 

そのため、ソフトバンク・ワイモバイルやソフトバンク回線を使った格安SIMでも問題なく使えます

 

au回線・au VoLTEも対応

 

最も注意が必要なのがau回線です。

結論から言うと、AQUOS sense2 SH-M08はau回線にも対応しています。

 

auの対応バンドはFDD-LTEの1・18・26(18・26はどちら対応していれば可)ですが、AQUOS sense2 SH-M08は全て対応しています。

また、au VoLTEにも対応していますので、au・UQモバイルや他のau回線を使った格安SIMでも問題なく使えます。

 

▼最安値でSH-M08を購入▼

 

SH-M08のベンチマーク

 

Geekbench

 

GeekbenchにおけるAQUOS sense2 SH-M08のベンチマークスコアは以下の通りです。

(同じ仕様のau版AQUOS sense2で計測)

 

 

  • シングルスコア:757
  • マルチスコア:3,591

 

antutu

 

auntutuにおけるAQUOS sense2 SH-M08のベンチマークスコア(総合)は70,000~72,000程です。

搭載CPUはSnapdragonの400番台ですが、Snapdragon430より処理能力が20%向上したとある通り、Snapdragon630やP20 liteが搭載しているKirin659とそれほど変わらない性能です。

 

Snapdragon400番台というとかなり貧弱に聞こえますが、重い3Dゲームなどを除けば快適に動作するでしょう。

 

▼最安値でSH-M08を購入▼

 

AQUOS sense2 SH-M08のレビュー

 

美しいIGZOディスプレイ

 

AQUOS senseシリーズの特徴のひとつは、なんと言っても美しいディスプレイです。

 

AQUOS sense2 SH-M08は高精彩のIGZOディスプレイを採用し、画面解像度は2,160×1,080のフルHD+になりました。

動画を見るにも写真を見るにも美しく、また省エネ性能に優れています。

 

5.5インチで持ちやすい縦長画面

 

 

AQUOS sense2 SH-M08は前作AQUOS senseとほぼ同じ本体サイズながら、画面と本体のフチ(ベゼル)を少なくしたことから、大画面化に成功しています。

本体サイズはそのままで、画面サイズは5.0インチから5.5インチに大きくなりました。

 

また、最近流行の18:9縦長画面になっているため、SNS等はこれまでより広い範囲を閲覧できます。

また、幅が狭いので片手でも持ちやすいのが特徴です。

 

就寝前に自動でリラックスオート

 

前作AQUOS senseには「リラックスビュー」という画質モードがあり、就寝前に設定を変更することでブルーライトをカットして快適な睡眠ができる、という機能でした。

 

AQUOS sense2 SH-M08には更に一段進化した「リラックスオート」という機能が搭載されています。

これは、使用者の生活習慣を人工知能が学習し、就寝前のタイミングになると自動で画質をリラックスビューに変更してくれる機能です。

人工知能「エモパー」をONにしておけば自動で設定してくれるので、非常に便利です。

 

超寿命・長持ちバッテリー

 

AQUOS sense2 SH-M08のバッテリー容量は2,700mAhと、他と比べてそこまで大きいものではありません。

しかし、SHARP独自の省エネ技術により、電池の持ちは悪くありません。(非常によいというわけではありませんが…)

 

また、通常は充電を繰り返すとバッテリーが劣化していきますが、AQUOS sense2にはバッテリーの劣化を防ぐ技術も搭載されており、1年後でも90%以上のバッテリー寿命を維持できると謳っています。

 

AI搭載カメラで美しい写真に

 

AQUOS sense2 SH-M08のカメラにはAI(人工知能)が搭載されています。

「人(顔)」「料理」「花」「夕景」「花火」「黒板」などの被写体を瞬時に判断し、自動で最適な撮影モードに切り替えてくれます。

細かい調整をすることなく、誰でもかんたんに美しい写真が撮影できるのが特徴です。

 

カメラで明るい写真が撮影可

 

 

AQUOS sense2 SH-M08のカメラは明るく撮影できるのも特徴です。

 

人気だった前作「AQUOS sense」に比べ、イメージセンサーが大型化し、取り込める光の量がアップしました。

そのため、明るさが約50%アップと謳っています。

 

搭載CPUはSnapdragon450

 

AQUOS sense2 SH-M08に搭載されているCPUはSnapdragon450です。

前作のAQUOS senseはSnapdragon430でしたので、最大20%程処理能力がアップしています。

 

前章で解説したとおり、Snapdragon630やKirin659などと同程度のベンチマークスコアが出ました。

メモリー(RAM)も3GBなので、普段使いには十分な性能です。

 

ただし、重いゲームをされる方や処理速度にこだわる方には少々物足りないかもしれません。

上記に該当する方はワンランク高性能な「AQUOS sense plus SH-M07」か、「おすすめSIMフリースマホランキング」を参考に別の機種も検討しましょう。

 

▼SH-M08最安値はBIGLOBE▼

 

SH-M08とSH-M07の比較、おすすめは?

 

 

SHARPからはAQUOS sense plus SH-M07も発売中で大変人気です。

ここでは、SH-M08とSH-M07を比較しました。

 

スペックの比較

 

AQUOS sense2 SH-M08とAQUOS sense plus SH-M07のスペック比較表は以下の通りです。

 

<スペック比較>

スペックSH-M08SH-M07
サイズ
(mm)
H148× W71
× D8.4
H151× W71
× D8.9
重さ約155g約147g
画面サイズ5.5インチ5.5インチ
解像度2,160 x 1,080
(フルHD+)
2,160 x 1,080
(フルHD+)
バッテリー
容量
2,700mAh3,100mAh
連続
通話時間
約1,920分約1,850分
連続
待受時間
約620時間約670時間
CPUSDM450
(オクタコア)
1.8GHz
SDM630
(オクタコア)
2.2+1.8GHz
メモリー
(ROM)
32GB32GB
メモリー
(RAM)
3GB3GB
対応外部
メモリー
microSDXC
(最大512GB)
microSDXC
(最大400GB)
有効画素数
(メインカメラ)
1,200万画素1,640万画素
有効画素数
(サブカメラ)
800万画素800万画素

 

大きな差はCPU性能です。

搭載CPUはSH-M08はSnapdragon450、SH-M07はもう一段高性能なSnapdragon630で、ベンチマークスコアもSH-M07の方が高いです。

処理性能にこだわる方はSH-M07にしましょう。

 

また、カメラの画素数自体はSH-M07の方が高いですが、SH-M08にはAIカメラが搭載されています。

AIが被写体を判断し、最適な撮影モードに自動切り替えしてくれますので、誰でも簡単にきれいな写真が撮影できるのが特徴です。

 

搭載便利機能の比較

 

<便利機能の比較>

機能SH-M08SH-M07
おサイフケータイ
防水
防塵
ワンセグ××
急速充電
ワイヤレス充電××
指紋認証
顔認証×

 

大きな差異は顔認証の有無です。

SH-M08には顔認証が搭載されています。

まだ精度・速度はそこそこのようですが、顔を向けるだけでロックが解除されるのは非常に便利なので、ここは大きなメリットですね。

 

端末価格・値段の比較

 

端末価格をSH-M08・SH-M07のどちらも取り扱っている楽天モバイルで比較します。

 

  • SH-M08:29,800円
  • SH-M07:32,800円

 

正直、そこまで差はありません。

ゲームをする場合など処理性能にこだわる方はSH-M07が良いですが、それ以外の方は個人的にはSH-M08の方がおすすめです。

 

詳細記事AQUOS sense plus SH-M07のレビュー

 

▼SH-M08最安値はBIGLOBE▼

 

AQUOS sense2 SH-M08購入はこちら

 

以上、SHARPから発売のSIMフリースマホ「AQUOS sense2 SH-M08」のレビューでした。

 

前作の大人気機種「AQUOS sense」からCPU性能が進化し、AIカメラも搭載してさらに使いやすいスマホになっています。

価格も高くなく、国産のSIMフリー端末では非常におすすめの機種です。

 

AQUOS sense2 SH-M08の最安値はBIGLOBEモバイルです。

現在キャンペーン実施中で圧倒的最安値となっています。

キャンペーンは2月3日までなので、購入は「BIGLOBEモバイル公式サイト」でお急ぎください!

 

▼SH-M08最安値はBIGLOBE▼

 

また、最安値ではありませんが通信速度が快適なUQモバイルもおすすめです。

 

▼UQモバイルもおすすめ▼

UQモバイル公式サイト

 

 

 

おすすめSIMフリースマホ一覧へ

 

格安スマホの比較
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-