格安SIMのキャンペーン一覧はこちら 

ソフトバンク「DIGNO G」を解説!防水・防塵と安心の使いやすさ!

 

皆さんこんにちは!

本記事ではソフトバンクから発売中のスマートフォン「DIGNO G」(ディグノジー)について、スペック・料金をレビューします。

 

「安心」をキーワードにしており、初めてスマホを使う方高齢者の方にも大変優しい設計になっています。

また、同じ京セラが発売している1つ前の機種「DIGNO F」との違いも解説します。

※本文中の画像は「ソフトバンク公式サイト」および「メーカーサイト」より引用

 

▼申込みはこちら▼
ソフトバンク公式サイト

 

DIGNO Gの特徴・レビュー

 

f:id:SCANTY:20180222131226p:plain

 

DIGNO Gは、国内メーカーである京セラが、ソフトバンクから2017年7月7日に発売したスマートフォンです。

特に「安心」をテーマに初めての方やライトユーザーに適した機種になっています。

 

電池が長持ち、最長3日!

 

スマートフォンの難点は、ガラケーに比べ電池の消費が早いこと。

しかし、DIGNO Gは2,300mAhのバッテリーを搭載しており、また操作による電池の消耗を抑える構造になっているため、電池の持ちが抜群です。

使い方や環境等により消耗具合は異なりますが、3日間充電しなくてもOKの作りになっているそうです。

 

耐衝撃、防水、防塵

 

f:id:SCANTY:20170905104350p:plain

 

DIGNO Gは「安心」をウリにしていることもあって、故障に強い設計になっています。

耐衝撃に関しては、高さ1.22mから落下させても衝撃に耐えられる構造です。

画面は強化ガラスのため、割れたりひびが入ったりしにくくなっています。

f:id:SCANTY:20170905104439p:plain

 

また、水やホコリにも強い作りになっています。

防水は、水深1mに30分間沈めても問題なし(IPX7の防水性能)です。

誤ってお風呂やトイレに落としても、データの消失を防ぐことができるので大変安心ですね。

 

汚れたら洗えるスマホ

 

前章で解説したとおり、DIGNO Gは防水性能に優れています。

そのため、もしスマホ本体が汚れたら、軽く水で洗い流すことができます。

 

手袋をしたまま操作可能

 

f:id:SCANTY:20180222131807p:plain

 

私が最も気に入ったのは、グローブタッチ機能といって、手袋をしたままでも操作ができる機能です。

冬場ははめていた手袋を外してから操作しなければならず、大変不便です。

私はスマホが操作できる手袋を使っていましたが、反応しないことが多く、結局手袋を外して操作していました。

DIGNO Gは本体の画面に手袋でのタッチを読み取る機能があるため、いちいち外す必要がありません。

 

濡れた手でも操作できる

 

また、手袋だけでなく水に濡れた手でも操作できるので、家事をしながら操作する場合や、雨の日に屋外で操作する場合にも問題なく作動します。

 

1300万画素高性能カメラ

 

DIGNO Gのメインカメラは1,300万画素です。

画素数が高いだけでなく、高速でピントを合わせる「オートフォーカス機能」などの便利機能が搭載されています。

他にも、光の量を美しく反映し、まるで肉眼で見ているかのような写真になる「HDR撮影」機能や、手振れ補正などももちろん搭載しています。

 

自撮り用カメラは低画質

 

DIGNO Gで注意すべき点が、サブカメラのスペックです。

サブカメラ(画面側にある自撮り用カメラ)は200万画素と、かなり低めです。

自撮りをしない方にはあまり関係ないですが、SNS用などに自撮りをされる方は注意してください。

 

▼申込みはこちら▼
ソフトバンク公式サイト

 

DIGNO Gのスペック

 

主な機能

 

機能
防水
防塵
ワンセグ
おサイフ
指紋認証
赤外線通信

 

DIGNO Gには赤外線通信が付いていますので、現在携帯電話(ガラケー)を使用している方も電話帳や写真のデータを簡単に移行することができます。

赤外線通信搭載の機種はどんどん少なくなってきているので貴重ですね。

 

スペック詳細

 

本体スペック
サイズ(mm)W72× H143× D10.6
重さ約142g
画面サイズ5.0インチ
解像度1280 × 720
(HD)
バッテリー容量2,300mAh
連続通話時間
(LTE)
1,300分
連続待受時間
(LTE)
660時間
OSAndroid 7.1
CPUSnapdragon425
(クアッドコア)
1.4GHz
メモリ(ROM)16GB
メモリ(RAM)2GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大256GB)
通信速度(下り)最大112.5Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,300万画素
有効画素数
(サブカメラ)
200万画素

 

ベンチマーク

 

DIGNO GのベンチマークをGeekbenchで計測した結果は以下の通りです。(同機種のAndroid One S2で測定)

スペックは決して高くありません。

  • シングル:681
  • マルチ:1,906

 

f:id:SCANTY:20180117044045p:plain

 

DIGNO GとDIGNO Fの比較

 

f:id:SCANTY:20180222123936p:plain

 

ソフトバンクは、同じ京セラ製のスマホ「DIGNO F」も販売されています。

そこで、DIGNO GとDIGNO Fを比較しました。

 

スペックの比較

 

比較項目DIGNO GDIGNO F
サイズ
(mm)
W72× H143
× D10.6
W72× H142
× D10.8
重さ約142g約138g
画面サイズ5.0インチ5.0インチ
解像度1,280 x 720
(HD)
1,280 x 720
(HD)
バッテリー
容量
2,300mAh2,300mAh
CPUSnapdragon425
(クアッドコア)
1.4GHz
Snapdragon410
(クアッドコア)
1.2GHz
メモリ
(ROM)
16GB8GB
メモリ
(RAM)
2GB2GB
カメラ
画素数
(メイン)
1,300万画素800万画素
カメラ
画素数
(サブ)
800万画素200万画素

 

上記表からわかるとおり、画面の美しさはどちらも1,280×720ドットのHDなので、同じですね。

バッテリー容量もともに2,300mAhです。

一方、搭載CPU・メモリー(RAM)・メモリー(ROM)・カメラ画素数はDIGNO Gの方が上回っています

 

DIGNO Fの搭載CPUとメモリー(ROM)が8GBなのは、多機種と比べてもかなり低いほうなので、決してDIGNO Gが高いわけではありません。

しかし、全体的には後継機「DIGNO G」の方がスペックは高いです。

 

料金の比較

 

MNP乗り換え新規契約
・機種変更
DIGNO G¥450¥580
DIGNO F¥450¥450

 

DIGNO GとDIGNO Fの24回分割払い時の料金比較は上表の通りです。

MNPで他社から乗り換えた場合はどちらも同額です。

一方、新規契約・機種変更の場合はDIGNO Gの方が高くなっています

月額130円、2年間で3000円ほどDIGNO Gの方が高くなります。

 

DIGNO Gがおすすめ!

 

どちらを買うべきか迷っている方は、DIGNO Gの方がおすすめです。

性能がDIGNO Gの方が高い割に、料金が同額または少々高いくらいにおさまるからです。

新規契約または機種変更の方で、「スマホはほとんど使わないから少しでも安いほうが良い!」というかたはDIGNO Fでも良いですが、個人的にはDIGNO Gの方がおすすめです。

 

詳細記事ソフトバンク「DIGNO F」の機能・料金を解説!安心の国産スマホ!

 

▼申込みはこちら▼
ソフトバンク公式サイト

 

DIGNO Gの料金・価格

 

端末代金

 

DIGNO Gの24回払いの場合の月額負担額は以下の通りです。

 

▼端末代金実質負担額(24回払い)▼

MNP乗り換え新規契約
・機種変更
実質負担額
(24回払い)
¥450¥580

 

月々支払額の目安

 

上記の端末代金に、各種プラン料金を加えた額が月々の支払額になります。

しかし、ソフトバンクのスマホ料金形態は非常に複雑です。

さまざまな条件によって金額が異なるため、このページで網羅するのは難しいのですが、主要なプランだと以下のようになります。

 

端末代金(24回払い)料金
MNP乗り換え450円
新規契約・機種変更580円
基本プラン料金
スマ放題ライト
(5分以内の国内通話無料)
¥2,000
スマ放題
(国内通話が24時間無料)
¥3,000
データ定額サービス料金
データ定額ミニ(1GB)¥2,900
データ定額ミニ(2GB)¥3,500
データ定額(5GB)¥5,000
ギガモンスター
データ定額(20GB)
¥6,000
ウルトラギガモンスター
データ定額(50GB)
¥7,000
各種割引料金
おうち割(光セット)最大
¥1,000引
半額サポート機種代
最大半額
みんな家族割最大
¥2,000引

 

申込みは公式サイトで!

 

以上、ソフトバンクの「DIGNO G」の紹介でした。

スペックが高い製品ではありませんが、防水・防塵・耐衝撃を搭載しています。「安心」をキーワードにしており、初めてスマホを使う方高齢者の方にも大変優しい設計になっています。

 

ソフトバンクのスマホは店頭でも契約できますが、「ソフトバンク公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、ぜひご利用ください!

 

▼申込みはこちら▼
ソフトバンク公式サイト

 

ソフトバンクのスマホ契約後は、家のネットをソフトバンク光にするのも忘れずに!

 

▼オプション不要で3.3万円還元▼

ソフトバンク光申し込み 

 

<関連記事>

 

ソフトバンク トップへ

 

ソフトバンク
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-