Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

ソフトバンク「Xperia XZ2」のレビュー・価格・スペックを解説!【702SO】

 

皆さんこんにちは!

本記事では、ソフトバンクから発売されたSONYの「Xperia XZ2」(エクスペリアXZ2)のスペックや料金について詳しく解説します。

 

前作より進化した最高峰CPU「Snapdragon845」を搭載し、処理能力が大幅にアップしました。

オーディオや動画にも強い、おすすめのスマホです。

※本文中の画像は「ソフトバンク公式サイト」および「メーカーサイト」より引用

 

▼申込みはこちら▼
ソフトバンク公式サイト

 

Xperia XZ2のレビュー・スペック

 

 

Xperia XZ2(702SO)のレビュー

 

最高峰CPUSnapdragon845搭載

 

Xperia XZ2はSONYのフラッグシップスマホだけあり、最高峰のCPUを搭載しています。

搭載しているCPUは最新のSnapdragon845です。

 

また、メモリー(RAM)は4GBと、海外メーカー製のスマホに比べると見劣りするように見えますが、その処理能力の高さは抜群です。

高負荷の処理を続けても、3Dゲームをしても全く問題ない性能です。

 

スマートクリーナーで快適動作

 

前作に引き続き、Xperia XZ2には「スマートクリーナー」という機能が搭載されています。

この機能は、アプリを使用していると作成される不要なデータ(ごみファイル)を自動で削除してくれたり、メモリーの一時データを自動で削除してくれます。

これにより、スマホ内のストレージ(保存領域)を確保し、動作を快適に保ってくれます。

 

スマートクリーナーをオンにしておけば、あとは自動で最適化してくれるので、難しい設定や操作が不要なのも嬉しいです。

 

シングルながら高性能のカメラ

 

 

Xperia XZ2のメインカメラはシングルレンズです。

最近ではデュアルカメラが主流で、トリプルカメラも発売されている中、シングルカメラのままであったことは賛否両論ありました。

また、前作Xperia XZ1から大きな進化がなかったことに落胆された方も多いようです。

 

しかし、Xperia XZ2のカメラは十分高性能です。

メインカメラは1920万画素で、「Motion Eyeカメラシステム」を搭載し、風景も人の顔も細部まで緻密に再現します。

被写体の動きを先読みして自動で画像を一時保存しておく「先読み撮影」機能や、被写体の次の動きを予測して焦点を合わせ続ける「オートフォーカス連写」、1秒間に960コマというプロのようなスロー映像が撮れる「スーパースローモーション」など便利機能が多彩です。

 

また、「プレミアムおまかせオート」という機能もあり、カメラが被写体やコンディションを判断して最適な撮影モードを選択してくれるので、誰でもかんたんに美しい写真が撮影できます。

 

世界初の4K HDR動画を撮影可能

 

Xperia XZ2は動画の撮影もバッチリです。

世界で始めてHDRによる4K動画撮影が可能になりました。

通常より広い明るさの幅で動画を撮影できますので、暗いところも明るいところも肉眼で見るような鮮やかな映像になります。

 

 

約5.7インチの18:9縦長ディスプレイ

 

 

Xperia XZ2は、最近トレンドの18:9縦長ディスプレイを採用しています。

1画面で見られる情報量が増えるので、特にSNSをみる際に重宝しますね。

解像度も2160×1080ドットのフルHD+と最高峰のレベルです。

 

画面が縦に広いので、2つの画面を並べて表示する「マルチウィンドウ」も非常に使いやすいです。

動画を見ながらSNSに返信する、といったことが可能になります。

 

HDR対応ディスプレイ

 

Xperia XZ2では、HDRに対応した動画を閲覧することができます。

HDRは通常より表現できる明るさの幅が広く、明るいところと暗いところがより鮮明に美しく表示されます。

 

また、Youtube等の通常の動画をHDR動画のように美しく変換する機能も搭載しています。

 

強度の高いゴリラガラス5使用

 

Xperia XZ2のディスプレイには、非常の強度の高いゴリラガラス5が採用されています。

画面割れはもちろん、傷もつきにくい構造になっています。

 

大容量バッテリー搭載

 

Xperia XZ2のバッテリー容量は3,060mAhです。

前作Xperia XZ1が2,700mAhでしたので、15%近く容量が増えています。

 

また、充電時のバッテリーへの負荷を軽減する技術により、バッテリーの劣化を防ぎ、長期間使用することができます。

 

ワイヤレス充電可能

 

個人的に非常に嬉しいのが「ワイヤレス充電」に対応していることです。

別売りとなりますが、専用の充電器を購入すればコネクタを挿すことなく充電ができます。

これ、地味ですが非常に嬉しい機能です。

 

 

防水・防塵対応

 

Xperia XZ2はもちろん防水・防塵にも対応しています。

とくに防水はIPX5/8という等級で、「常温の水道水の水深1.5mに30分間放置しても電話性能が保てる」というレベルです。

 

また、水に濡れた状態でも画面を操作することができます。

雨の日や水仕事をしながらの操作もでき、非常に安心です。

 

ハイレゾ・ノイズキャンセリング

 

Xperia XZ2は前作に引き続き、ハイレゾ音源の再生、およびノイズキャンセリングにも対応しています。

また、ハイレゾ音源ではない通常のサウンドも、ハイレゾ相当の高解像度音源に変換できる「DSEE HX」という機能も搭載しており、オーディオにこだわる方には大変おすすめです。

 

大音量スピーカーにも使える

 

Xperia XZ2はフロントスピーカーが進化しました。

前作Xperia XZ1に比べ音量が約20%アップしており、複数人で音楽を楽しむ場合にも最適です。

 

▼申込みはこちら▼
ソフトバンク公式サイト

 

Xperia XZ2の発売日

 

ソフトバンクのXperia XZ2の発売日は2018年5月31日です。

 

Xperia XZ2の型番

 

ソフトバンクにおけるXperia XZ2の型番は「702SO」です。

 

カラーバリエーション

 

ソフトバンクで発売されるXperia XZ2は「リキッドシルバー」「リキッドブラック」「ディープグリーン」の3色です。

 

 

搭載機能

 

Xperia XZ2は国内メーカーSONY製だけあって、おサイフケータイ、フルセグ、防水・防塵・指紋認証センサーが搭載されています。

 

有無
防水
防塵
フルセグ
おサイフ
指紋認証
顔認証

 

スペック詳細

 

スペック
サイズ(mm)H153× W72× D11.1
重さ約198g
画面サイズ5.7インチ
解像度2,160 x 1,080
(フルHD+)
バッテリー容量3,060mAh
連続通話時間
(4GLTE)
約2,010分
連続待受時間
(4GLTE)
約620時間
OSAndroid 8.0
CPUSnapdragon845
(オクタコア)
2.8GHz+1.8GHz
メモリ(ROM)64GB
メモリ(RAM)4GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大400GB)
通信速度(下り)最大774Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,920万画素
有効画素数
(サブカメラ)
500万画素

 

その他スペック詳細は「ソフトバンク公式サイト」を確認ください。

 

▼申込みはこちら▼
ソフトバンク公式サイト

 

前作Xperia XZ1との違い・比較

 

 

ここでは、前作Xperia XZ1との違いをまとめ、比較してみます。

 

CPU性能が進化

 

まず何より搭載CPUが大きく進化しています。

前作Xperia XZ1はSnapdragon835ですが、Xperia XZ2はSnapdragon845です。

処理能力は1.3倍程度に増強されており、この点は大きな進化といえます。

 

ディスプレイもより美しく

 

ディスプレイの解像度も進化しました。

Xperia XZ1は1,920 x 1,080のフルHDでしたが、Xperia XZ2は2,160×1,080のフルHD+となっています。

 

指紋認証センサーが背面に

 

前作Xperia XZ1では、指紋認証センサーが本体側面の電源ボタンに設置されていました。

しかし、Xperia XZ2では背面に認証センサーが設置されています。

今のスマホはホームボタンか背面に指紋認証センサーがあるのがトレンドですので、今回の変化で使いやすくなったと感じています。

 

バッテリー増強・ワイヤレス充電対応

 

Xperia XZ1では2,700mAhだったバッテリー容量が3,060mAhに増強しています。

本体サイズが大きくなったため、搭載できるバッテリーも増えたのでしょう。

4GLTEによる連続通話時間も約1,460分から2,010分と大きく進化しました。

 

また、ワイヤレス充電にもはじめて対応しています。

 

イヤホンジャックが廃止

 

Xperia XZ2はイヤホンジャックが廃止されました。

この点は賛否両論あるところだと思います。

 

無線接続でオーディオを楽しむ方も増えてきましたが、今でも有線で接続したいという声も根強いです。

そのため、イヤホンジャックは廃止したものの、USB type-Cのコネクタからイヤホンジャックに変換するコネクタが同梱されています。

 

インカメラの画素数は大幅ダウン

 

逆に、自撮り用のインカメラは前作Xperia XZ1から大きく退化しました。

画素数は前作が1,320万画素だったのが500万画素となりました。

 

画素数だけ見ると、他メーカーのフラッグシップスマホに比べると大きく見劣りします。

もちろんSONYの技術により美しい写真が撮影できるのですが、非常に気になる点です。

 

Xperia XZ2とXZ1のスペック比較表

 

比較項目XZ2XZ1
サイズ
(mm)
H153× W72×
D11.1
W73× H148
× D7.4
重さ約198g約156g
画面サイズ5.7インチ5.2インチ
解像度2,160 x 1,080
(フルHD+)
1,920×1,080
(フルHD)
バッテリー
容量
3,060mAh2,700mAh
CPUSnapdragon845
(オクタコア)
2.8+1.8GHz
Snapdragon835
(オクタコア)
2.45+1.9GHz
メモリ
(ROM)
64GB64GB
メモリ
(RAM)
4GB4GB
カメラ
画素数
(メイン)
1,920万画素1,920万画素
カメラ
画素数
(サブ)
500万画素1,320万画素

 

▼申込みはこちら▼
ソフトバンク公式サイト

 

Xperia XZ2の評判・評価

 

Xperia XZ2の評判・口コミ

 

CPU・カメラ

 

まず多かったのは処理速度やカメラを評価する口コミです。

発売時点で最高峰のSnapdragon845を搭載しており、高負荷の作業でも快適に動作します。

 

 

特に、高負荷の3Dゲームやリズムゲームをされる方におすすめです。

画面がカクカクすることなく、快適に楽しめます。

 

 

カメラ

 

Xperia XZ2はカメラも超優秀です。

デュアルレンズではないことが逆に驚きですが、SONYの最高峰イメージセンサーを搭載しており、暗闇でも美しく撮影できます。

 

 

オートフォーカスも非常に高性能です。

単に焦点を合わせるのが速いだけでなく、被写体の動きを先読みして焦点をあわせにいく機能も搭載しています。

 

 

防水加工してありますので、ある程度なら水につけても大丈夫です。

水中でカメラを使うこともできます。

 

 

本体デザイン

 

ここからは悪い口コミです。

なにより多かったのがデザインです。

 

背面が丸くなっていて、平面においても安定しません。

 

 

イヤホンジャックなし

 

他にも、イヤホンジャックがないのが不満という声もありました。

 

 

ただし、他も含めスマホはイヤホンジャック廃止の方向に向かっています。

いずれはどの機種からもなくなると思いますので、思い切って無線のイヤホン・ヘッドホンを購入してはいかがでしょうか。

 

▼申込みはこちら▼
ソフトバンク公式サイト

 

Xperia XZ2の評価

 

Xperia XZ2の個人的な評価は以下の通りです。

 

  • icon-circle-o 端末としての性能は一級品
  • icon-circle-o 特に高負荷3Dゲームにおすすめ
  • icon-circle-o 防水・防塵・フルセグ・おサイフ
  • icon-times デザインは賛否両論
  • icon-times 端末代金は高め

 

デザインさえ気にならなければ、非常におすすめの端末です。

「iPhoneは嫌だ、でも高性能なスマホが欲しい!」という方はXperia XZ2にしておけば間違いありません。

 

ただ、かなりのマニアでないかぎりXperia XZ1で十分ではないかと思います。

Xperia XZ1は1世代前の機種ですが、性能はトップクラスですし、価格もXperia XZ2に比べて安いです。

私だったら迷わずXperia XZ1を選びます。

 

▼申込みはこちら▼
ソフトバンク公式サイト

 

ソフトバンクのXperia XZ2の価格・料金

 

端末代金

 

Xperia XZ2の24回払いの場合の月額負担額は以下の通りです。

MNP乗換えだとかなりお安いですが、新規契約・機種変更の場合は値段が大きく上がってしまいます。

ちなみにSHARPのフラッグシップスマホ「AQUOS R2」と比較すると、MNP乗り換えの場合は同額ですが、新規契約・機種変更の場合は600円ほど高いですね。

 

▼端末代金実質負担額(24回払い)▼

MNP乗り換え新規契約
・機種変更
実質負担額
(24回払い)
¥680¥2,480

 

月々支払額の目安

 

上記の端末代金に、各種プラン料金を加えた額が月々の支払額になります。

しかし、ソフトバンクのスマホ料金形態は非常に複雑です。

さまざまな条件によって金額が異なるため、このページで網羅するのは難しいのですが、主要なプランだと以下のようになります。

 

端末代金(24回払い)料金
MNP乗り換え680円/月
新規契約・機種変更2,480円/月
基本プラン料金
スマ放題ライト
(5分以内の国内通話無料)
¥2,000
スマ放題
(国内通話が24時間無料)
¥3,000
データ定額サービス料金
データ定額ミニ(1GB)¥2,900
データ定額ミニ(2GB)¥3,500
データ定額(5GB)¥5,000
ギガモンスター
データ定額(20GB)
¥6,000
ウルトラギガモンスター
データ定額(50GB)
¥7,000
各種割引料金
おうち割(光セット)最大
¥1,000引
半額サポート機種代
最大半額
みんな家族割最大
¥2,000引

 

スマホ料金を節約する裏技

 

おうち割でスマホが毎月1,000円引

 

 

ソフトバンクのスマホには、毎月のスマホ料金を節約する裏技があります。

それは 、家のネット(光回線)をソフトバンク光にすることです。

 

スマホがソフトバンク・家のネットがソフトバンク光なら、「おうち割」が適用され、スマホ料金が毎月最大1,000円引きになります。

 

割引額はスマホの契約プランによって1,000円か500円になります。以下の表を参照してください。

 

500円割引になる場合
データ定額サービスデータ定額ミニ1GB/2GB
3Gスマホ
3Gケータイ
シンプルスマホ
パケットし放題フラット
Wi-Fiバリュープラン専用パケット定額
パケットし放題フラットfor シンプルスマホ
(iPad専用)ベーシックデータ定額プランfor 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プランfor 4G

 

月1,000円割引になる場合
データ定額サービスデータ定額5GB
データ定額20GB
データ定額30GB
データ定額50GB
パケットし放題フラット
パケットし放題フラットfor スマートフォン
パケットし放題MAXfor スマートフォン
パケットし放題フラットfor 4G
パケットし放題フラットfor 4G LTE
4G/LTEデータし放題フラット
4G/LTEデータし放題フラットN
4Gデータし放題フラット+
4Gデータし放題フラット+N

 

おうち割は家族全員に適用

 

上記の割引はスマホ回線1契約毎に適用されます。

よって、例えば家族4人でデータ定額5GBを契約している場合、毎月4000円の割引になります。

 

おうち割は家族でソフトバンクに契約している方ほどお得です。

 

▼オプション不要で3.3万円還元▼

ソフトバンク光申込みサイト

 

ソフトバンク光申し込みで3.2万円キャッシュバック

 

繰り返しになりますが、スマホがソフトバンクの方は、絶対に家のネットをソフトバンク光にすべきです。

 

ただし、ソフトバンク光にはソフトバンクショップや家電量販店から申し込んではいけません。

 

ソフトバンク光正規代理店のWEBサイトから申し込むのが一番お得です。

ソフトバンクショップなどでは貰えない、高額なキャッシュバックがもらえるからです。

 

正規代理店とは、ソフトバンクからネット回線の販売や申込の受付を正規に委託された代理店のこと。
正規代理店は顧客獲得競争をしているので、独自の特典を設けていることが多い。

 

私がおすすめするのは「エヌズカンパニー」という正規代理店です。

私も実際に申し込み、高額キャッシュバックを貰いました。(当時は24,000円でしたが、現在は32,000円に増額しました)

 

▼オプション不要で3.2万円還元▼

 

こちらのお店のWEBサイトから申し込めば、最大32,000円がキャッシュバックされます。

(現在フレッツ光を利用している方がソフトバンク光に乗り換える場合のみ、キャッシュバックは13,000円になります。)

 

新規転用
キャッシュ
バック額
32,000円13,000円

※転用:フレッツ光からの乗り換え

 

4つのおすすめポイント

 

ソフトバンク光の正規代理店「エヌズカンパニー」のおすすめポイント・メリットは以下の4点です。

  • 高額キャッシュバック
  • 余計なオプション加入は一切不要
  • キャッシュバックの貰い忘れなし
  • 公式特典との2重取り可能

 

エヌズカンパニーはキャッシュバックを貰うのに、余計なオプションに加入する必要がありません

また、ソフトバンク光申し込み時にキャッシュバックの申請も完了するので、貰い忘れも発生しません。

 

さらに、ソフトバンクが公式に行っているキャンペーンも適用されるので、キャッシュバックとの2重取りができるのも魅力です。

 

ソフトバンク光申し込みはこちら

 

エヌズカンパニーはWEBで簡単に申し込めますし、電話で疑問点も丁寧に説明してくれます 。

何度も言いますが、余計なオプションへの加入などは一切不要ですので、安心して申し込んでください。

 

唯一のデメリットは、「公式サイトじゃないので不安」という点でしょうか。

ですが、エヌズカンパニーはソフトバンクから毎年表彰を受けている優良代理店ですので安心してください。

 

ソフトバンクユーザーは光回線をソフトバンク光にするのは必須ですが、ソフトバンクショップなどで申し込むのは大きな損です。

ぜひご利用ください!

 

▼オプション不要で3.3万円還元▼

ソフトバンク光申込みサイト

 

Xperia XZ2購入はソフトバンク公式サイトで!

 

以上、ソフトバンクの「Xperia XZ2」の紹介でした。

最高峰のCPUだけでなく、映像の美しさオーディオにもこだわったハイスペック機種です。

おサイフケータイやフルセグなどの便利機能が多彩なのも嬉しいですね。

 

ソフトバンクのスマホは店頭でも契約できますが、「ソフトバンク公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、ぜひご利用ください!

 

▼申込みはこちら▼
ソフトバンク公式サイト

 

ソフトバンクのスマホ契約後は、家のネットをソフトバンク光にするのも忘れずに!

 

▼オプション不要で3.3万円還元▼

ソフトバンク光申込みサイト

 

<関連記事>

 

ソフトバンク トップへ

 

ソフトバンク
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-