Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

ソフトバンク「Xperia XZs」を解説!1世代前ながら十分の高性能!

 

みなさんこんにちは!

本記事ではソフトバンクが発売しているスマホ「Xperia XZs」(エクスペリアエックスゼットエス)について、特徴やスペックを解説します。

 

ソフトバンクではすでに後継機「Xperia XZ1」が発売になっていますが、このXperia XZsはCPU・カメラ・バッテリーと超ハイスペックで、どなたが使っても大満足の性能です。

その割に端末代金が安くなっていますので、コスパ抜群で非常に狙い目の機種だと思います。

※本文中の画像は「ソフトバンク公式サイト」および「メーカーサイト」から引用

 

▼申込みはこちら▼
ソフトバンク公式サイト

 

Xperia XZsの特徴・レビュー

 

高性能CPU搭載

 

Xperia XZsの特徴のひとつは、高性能なCPUを搭載していることが挙げられます。

搭載しているCPUはSnapdragon820です。現時点ではあらたにSnapdragon835が発表されましたが、820でも十分すぎるスペックです。

 

CPUとは、簡単に言えばスマホの頭のよさ。
頭が良いほどいろんな処理を効率よく行えるため、動作が速くなります。逆にCPUの性能が低い=頭がよくないと、動作が重くなってもたつき、操作していていらいらしてしまいます。

 

また、メモリー(RAM)も4GBです。

これだけのハイスペックなCPUを搭載していれば、複数のアプリを立ち上げてガンガン操作しても、3Dゲームをしていても、処理がもたつくことは無いでしょう。

 

また、快適に動作するだけでなく省エネ性能も優れているので、長時間使用してもバッテリーの持ちが非常に良いのが特徴です。

 

SONY独自の美しい液晶

 

f:id:SCANTY:20180222184607p:plain

 

Xperia XZsは、ディスプレイが非常に美しいのが特徴です。

解像度は1920×1080のフルHDです。

 

さらに、SONYの液晶TV「ブラビア」で培った技術により、鮮やかな色を描画できます。

また、もともと低画質の映像を独自に解析し、画面上で美しく表示する技術「X-Reality for mobile」を搭載しています。粗い映像も、Xperia XZsで見れば美しい映像で視聴できます。

 

ハイレゾ・ノイズキャンセリング

 

f:id:SCANTY:20180222185307p:plain

 

Xperia XZsはオーディオにも大変こだわっています。

まず、ハイレゾに対応しています。これまでCDにおさめ切れていなかった様々な音を聞くことができるので、音が非常に美しく、奥行きを感じられます。

 

また、ノイズキャンセリング機能も搭載しています。イヤホンの外の音を遮断し、邪魔されることなく美しいオーディオを楽しむことができます。

もちろんbluetoothにも対応しているので、対応のヘッドフォンがあればワイヤレスで高音質を楽しむことができます。

 

スピーカーで迫力のサウンド

 

Xperia XZsは、イヤホンやヘッドフォンでオーディオを聞く場合だけではなく、スピーカーで聞く場合の音質にもこだわっています。

立体的なサウンドを再現するバーチャルサラウンド技術「S-Force フロントサラウンド」を搭載しており、スピーカーからでも迫力のあるサウンドが楽しめます。

 

1920万画素高性能カメラ搭載

 

f:id:SCANTY:20180222185839p:plain

 

Xperia XZsのメインカメラは1920万画素です。誰でも簡単に非常に美しい写真や動画を撮影できます。

また、スマホ用カメラが得意なSONY製のスマホだけあって、便利な機能が豊富です。

例えば、最大960fps(1秒間に960枚の画像コマ数)のスーパースロー映像を撮影できます。

さらに、シャッターを押す前の画像を自動で撮影しておいて、シャッターを切るのが後れた場合でもさかのぼって写真を選択できる機能もあります。(Predictive Capture機能

 

インカメラも1320万画素

 

Xperia XZsはインカメラ(画面側にある自撮り用カメラ)も1320万画素と高性能です。

広角レンズになっているため、複数人で自撮りする際にも全体を広く撮影できます。

 

また、「ハンドシャッター」という便利機能が搭載しています。

これは、自撮りの際に手のひらを画面に向けると自動でシャッターを切ってくれる機能です。

自撮りする場合はカメラのボタンが非常に押しにくいため、この機能は非常に便利ですね。

ちなみに、あらかじめタイマーを設定しておくことで、手のひらが写真に入り込む心配もありません。

 

美しい本体デザイン

 

f:id:SCANTY:20180222190152p:plain

 

SONYのスマホ「Xperia」シリーズは、本体デザインが美しいのも特徴です。

本体ボディは高級感漂うメタリックで覆われており、少しマッド加工もされているためオシャレですね。

 

指紋認証センサー搭載

 

f:id:SCANTY:20180222190306p:plain

 

Xperia XZsには、本体横の電源ボタンに指紋認証センサーを搭載しています。

いまでは多くの端末で搭載するようになりましたが、この指紋認証センサーは非常に便利です。

これまで、画面のロックを解除するにはパスコードやパターンの入力が必要でしたが、指紋認証センサーならワンタッチで解除することができます。

読み取りは一瞬で、読み取り精度も高いため、本当に便利ですね。

 

安心の防水・防塵対応

 

f:id:SCANTY:20180222190345p:plain

 

Xperia XZsは、安心の防水・防塵対応です。

特に防水はIPX8という最高峰のレベルですので、しばらく水の中に放置しても大丈夫なくらい、水に強いです。

「雨にぬれた!」「トイレ・お風呂に落とした!」というくらいでは壊れません。

また、濡れた手で画面をタッチしても問題なく操作できるのも良いですね。

 

おサイフケータイ対応

 

f:id:SCANTY:20180222190444p:plain

 

Xperia XZsはおサイフケータイに対応しています。

おサイフケータイは私も使っていますが非常に便利ですね。スマホがあれば電車や飛行機に乗れて、買い物もできて、ポイントカードがわりにもなります。

これも国産メーカーのSONYならではのメリットです。

 

フルセグで地デジの視聴可能

 

Xperia XZsはフルセグにも対応しています。

フルセグですので、ワンセグよりも美しい画質で地デジを楽しむことができます。

※ワンセグ・フルセグ視聴時は付属のケーブルが必要

 

USB Type-C・急速充電対応

 

f:id:SCANTY:20180222190553p:plain

 

Xperia XZsは、USB Type-Cに対応しています。上下どちらの向きでも挿入することができ、地味に便利です。

また、急速充電にも対応していますので、短い時間であっという間にフル充電できます。

 

▼申込みはこちら▼
ソフトバンク公式サイト

 

Xperia XZsのスペック

 

デザイン・カラー

 

Xperia XZsは「アイスブルー」「ブラック」「ウォームシルバー」「シトラス」の4色です。

 

f:id:SCANTY:20180222193557p:plain

 

表面と裏面のデザインはこんな感じです。

f:id:SCANTY:20180222193642p:plain

 

Xperia XZsの搭載機能

 

Xperia XZsは国産メーカーSONY製のスマホだけあって、防水・防塵はもちろん、おサイフケータイ、フルセグ、指紋認証センサーなど便利機能が豊富です。

 

機能
防水
防塵
フルセグ
おサイフ
指紋認証

 

Xperia XZsのスペック詳細

 

スペック
サイズ(mm)H146× W72× D8.1
重さ約161g
画面サイズ5.2インチ
解像度1,920 x 1,080
(フルHD)
バッテリー容量2,900mAh
連続通話時間
(LTE)
約1,710分
連続待受時間
(LTE)
約700時間
OSAndroid 8.0
CPUSnapdragon820
(クアッドコア)
2.2GHz+1.6GHz
メモリ(ROM)32GB
メモリ(RAM)4GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大256GB)
通信速度(下り)最大350Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,920万画素
有効画素数
(サブカメラ)
1,320万画素

 

Xperia XZsのベンチマーク

 

Xperia XZsのベンチマークをGeekbenchで計測した結果は以下の通りです。(ドコモから発売の同型SO-03Jで計測)

最新のXperia XZ1に搭載されているSnapdragon835には及びませんが、非常に高い数値が出ていますね。

  • シングル:1,730
  • マルチ:4,322

 

f:id:SCANTY:20180222191026p:plain

 

その他、特徴・スペックは「ソフトバンク公式サイト」で確認ください。

 

▼申込みはこちら▼
ソフトバンク公式サイト

 

Xperia XZ1とXperia XZsの比較

 

ソフトバンクからはXperiaシリーズの後継機「Xperia XZ1」が発売されています。

そこで、どちらを買うべきか悩んでいる方のために、両機種を比較します。

 

スペックの比較

 

比較項目Xperia XZ1Xperia XZs
サイズ
(mm)
W73× H148
× D7.4
W72× H146
× D8.1
重さ約156g約161g
画面サイズ5.2インチ5.2インチ
解像度1,920×1,080
(フルHD)
1,920×1,080
(フルHD)
バッテリー
容量
2,700mAh2,900mAh
CPUSnapdragon835
(オクタコア)
2.2GHz+1.9GHz
Snapdragon820
(クアッドコア)
2.2GHz+1.6GHz
メモリ
(ROM)
64GB32GB
メモリ
(RAM)
4GB4GB
カメラ
画素数
(メイン)
1,920万画素1,920万画素
カメラ
画素数
(サブ)
1,320万画素1,320万画素

 

Xperia XZ1とXperia XZsのスペック比較は上記の通りです。

Xperia XZ1は、最先端・最高峰のCPU「Snapdragon835」を搭載しているのが特徴ですね。メモリーも4GBに増強しています。

ソニーのフラッグシップスマホだけあって、最先端の性能を堪能することができます。

 

ただし、カメラやディスプレイの解像度は同じです。Xperia XZsもかなりハイスペックなスマホですので、こちらでも通常使う分には十分だと思います。

 

料金の比較

 

MNP乗り換え新規契約
・機種変更
Xperia XZ1¥680¥1,880
Xperia XZs¥450¥450

 

料金の比較は上表の通りです。Xperia XZsは一世代前の機種のため、料金が非常に安くなっています。

一方、Xperia XZ1は最新機種だけあって高額ですね。

 

Xperia XZsの方がおすすめ!

 

個人的には、Xperia XZsの方が断然おすすめです。理由は以下の2点です。

  • 1世代前ながらトップレベルの性能
  • 性能の割に端末が安い

 

確かに性能では最新のXperia XZ1に劣るものの、Xperia XZsもスマホの中ではトップレベルの性能です。

正直、この性能が必要な使い方をしている方はほとんどいないのではないかと思いますので、十分すぎる性能があります。

Xperia XZsは高性能な割に端末代金が非常に安くなっています。コスパ抜群です。

おそらく在庫がどんどん無くなっていくのだと思いますが、迷っている方はぜひXperia XZsを選びましょう。

 

ただ、SONYの最先端スマホを堪能したい!という方はXperia XZ1を選んでも構いません。性能はXperia XZsより更に進化しています。

 

▼申込みはこちら▼
ソフトバンク公式サイト

 

Xperia XZsの価格・料金

 

端末代金

 

Xperia XZsの24回払いの場合の月額負担額は以下の通りです。

この性能でこの料金はコスパ抜群ですね。

 

▼端末代金実質負担額(24回払い)▼

MNP乗り換え新規契約
・機種変更
実質負担額
(24回払い)
¥450¥450

 

月々支払額の目安

 

上記の端末代金に、各種プラン料金を加えた額が月々の支払額になります。

しかし、ソフトバンクのスマホ料金形態は非常に複雑です。

さまざまな条件によって金額が異なるため、このページで網羅するのは難しいのですが、主要なプランだと以下のようになります。

 

端末代金(24回払い)料金
MNP乗り換え450円/月
新規契約・機種変更450円/月
基本プラン料金
スマ放題ライト
(5分以内の国内通話無料)
¥2,000
スマ放題
(国内通話が24時間無料)
¥3,000
データ定額サービス料金
データ定額ミニ(1GB)¥2,900
データ定額ミニ(2GB)¥3,500
データ定額(5GB)¥5,000
ギガモンスター
データ定額(20GB)
¥6,000
ウルトラギガモンスター
データ定額(50GB)
¥7,000
各種割引料金
おうち割(光セット)最大
¥1,000引
半額サポート機種代
最大半額
みんな家族割最大
¥2,000引

 

申込みは公式サイトで!

 

以上、ソフトバンクの「Xperia XZs」の紹介でした。

ソフトバンクではすでに後継機「Xperia XZ1」が発売になっていますが、このXperia XZsはCPU・カメラ・バッテリーと超ハイスペックで、どなたが使っても大満足の性能です。

その割に端末代金が安くなっていますので、コスパ抜群で非常に狙い目の機種だと思います。

 

ソフトバンクのスマホは店頭でも契約できますが、「ソフトバンク公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、ぜひご利用ください!

 

▼申込みはこちら▼
ソフトバンク公式サイト

 

ソフトバンクのスマホ契約後は、家のネットをソフトバンク光にするのも忘れずに!

 

▼オプション不要で3.3万円還元▼

ソフトバンク光申込みサイト

 

<関連記事>

 

ソフトバンク トップへ

 

ソフトバンク
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-