UQモバイルでiPhone14が使える!詳細はこちら 
SIMフリースマホ

TCL 10 Proのスペック解説!中古も使える!

 

TCL 10 Pro

本記事ではSIMフリースマホ「TCL 10 Pro」のスペックを解説します。

 

TCL 10 Proは格安SIMキャリアでの販売が終了しましたが、いまでも十分なスペックです。

中古を買って使うのもおすすめです。

 

 

▼人気スマホが超お得▼

OCNモバイルONE

 

TCL 10 Proの特徴と評価

 

シムラボ TCL 10 Pro SIMフリー

 

TCL 10 Proの評価

 

TCL 10 Proの特徴と評価は以下のとおりです。

 

  • 高性能・低価格でコスパ抜群
  • アウトカメラは4眼レンズ
  • 画面内顔認証+顔認証
  • 6.4インチ有機ELの画面
  • 大手3キャリアのバンド対応
  • おサイフ・防水非対応
  • シングルSIM
  • au系MVNOでは通話不可

 

TCL 10 ProはTCLという中国のスマホメーカーの製品です。

聞き慣れないスマホメーカーですが、2020年頃にはいくつかのスマホが日本でも発売されました。

 

TCL 10 Proはアウトカメラに4つのレンズを搭載しています。

  • メイン:6,400万画素
  • 広角:1,600万画素
  • 暗所撮影用:200万画素
  • マクロカメラ:500万画素

 

ディスプレイは有機ELの6.47インチです。

湾曲した画面は好みが分かれるかもしれませんが、画面が大きいのでゲームをする方や動画をよく見る方にもおすすめです。

 

LTEバンドはB1/3/8/18/19/26に対応しており、3社のVoLTEにも対応しているのでドコモ・au・ソフトバンクや格安SIMのどの回線でも使えます。

 

【追記】
TCL 10 Proはau系MVNOでのVoLTE通話に非対応だそうです。UQモバイルやBIGLOBEモバイルなどのau回線では、データ通信はできるが通話ができないとのこと

 

顔認証はもちろん、画面内指紋認証にも対応しています。

 

CPUはTCL PLEXと同じSnapdragon675です。

Proという名の割に超ハイスペックというわけではありませんが、メモリーRAMも6GBあるのでほとんどの動作は快適でしょう。

 

TCL 10 Proの注意点

 

個人的にこの価格でこの性能ならおすすめですが、注意点もいくつかあります。

 

まず、au回線を使ったMVNOでの通話に非対応です。

データ通信はできるものの、au系MVNOのVoLTEに非対応で、UQモバイルやBIGLOBEモバイル(A)では実際に通話ができなかったとの検証がされています。

au本家のSIMは使えますが、au系MVNOでの使用はやめておきましょう。

 

また、おサイフケータイ・防水に非対応な点です。

特に最近はキャッシュレスが推進されていますのでおサイフケータイ対応スマホの人気が再燃していますが、TCL 10 Proは非対応なので注意してください。

 

なお、TCL 10 ProはシングルSIMでDSDS/DSDV非対応です。

さらに、「Pro」と付くとハイスペックスマホのような気がしますが、搭載CPUはSnapdragon675とミドルスペックです。

 

 

 

TCL 10 Proのスペック

 

スペック一覧表

 

TCL 10 Proのスペック詳細は以下のとおりです。

 

スペック
本体サイズ
(mm)
H158.5× W72.4× D8.6
本体の
重さ
約177g
画面
サイズ
約6.47インチ
有機EL
解像度2,340×1,080
(フルHD+)
バッテリー
容量
4,500mAh
搭載
OS
Android 10
CPUSnapdragon675
(オクタコア)
メモリー
(ROM)
128GB
メモリー
(RAM)
6GB
対応外部
メモリ
microSDXC
(最大256TB)
有効画素数
(メインカメラ)
6,400万+
800万(広角)+
200万(暗所用)+
500万(マクロ)画素
有効画素数
(サブカメラ)
2,400万画素
USB
端子
USB Type-C

 

本体カラー・色

 

TCL 10 Proの本体カラーはアンバーグレイ・フォレストミストグリーンの2色です。

 

TCL 10 Pro 本体カラー

 

SIMロック? SIMフリー?

 

TCL 10 ProはSIMフリーです。

ドコモ・ソフトバンク回線のSIMを挿してAPN設定すればすぐに使えます。

 

6.47インチの有機EL画面

 

TCL 10 Proの特徴の一つに美しいディスプレイが挙げられます。

 

ほとんどベゼル(縁)がない全面ディスプレイで、左右のエッジは局面になっています。

有機ELで非常に美しく、6.47インチと大画面なので動画をよく見る方やゲームをする方にもおすすめです。

 

DSDS・DSDV非対応

 

TCL 10 ProはシングルSIMです。

DSDS・DSDVには対応していません。

 

CPUはSnapdragon675

 

TCL 10 Proに搭載されているチップセットはSnapdragon675です。

Proという名前が付く割に、CPUはミドルスペックなので注意してください。

 

ただ、Snapdragon675はハイスペックというわけではありませんが、3Dゲームなどかなり重い作業をしなければ十分な性能でしょう。

 

RAMは6GB/ストレージ128GB

 

TCL 10 Proのメモリー(RAM)は6GB、ストレージは128GBです。

これだけあれば十分でしょう。

 

また、ストレージ容量はSDカードで増設可能です。

 

microSDカード挿入可

 

TCL 10 Proは最大256GBのマイクロSDカードを挿入することでストレージ容量を増やせます。

ストレージ容量は64GBありますが、足りない方はマイクロSDカードを使用しましょう。

 

 

AI搭載4眼カメラ

 

TCL 10 Proの最大の特徴はカメラです。

この価格ですが、最大6400万画素で4つのレンズのカメラを搭載しています。

 

  • メイン:6,400万画素
  • 広角:1,600万画素
  • 暗所撮影用:200万画素
  • マクロカメラ:500万画素

 

また、AI搭載カメラが明るさなどを自動判別して、最適な撮影モードに設定してくれます。

 

インカメラの画素数は2,400万画素で、ポートレートセルフィ機能も搭載しています。

 

イヤホンジャック搭載

 

TCL 10 Proには3.5mmイヤホンジャックが搭載されています。

有線でイヤホン・ヘッドフォンを接続できるのはメリットですね。

 

USB端子はUSB Type-C

 

TCL 10 ProのUSB端子はUSB Type-Cです。

 

5GhzのWiFiに対応

 

TCL 10 Proが対応するWi-Fi規格は以下のとおりです。

 

802.11a/b/g/n/ac

 

5GhzのWi-Fiにも対応しています。

 

ACアダプタ/ケーブル付属

 

TCL 10 Proには以下の付属品がついています。

 

  • ACアダプター
  • USB Type-Cケーブル
  • クリアケース
  • SIMピン
  • クイックスタートガイド

 

ケーブル・充電器はもちろん、クリアケースもついています。

 

 

搭載された便利機能

 

搭載便利機能一覧

 

TCL 10 Proに搭載されている便利機能は以下のとおりです。

 

有無
防水
防塵
ワンセグ
おサイフケータイ
指紋認証
顔認証
ワイヤレス充電

 

指紋認証センサーあり

 

TCL 10 Proは指紋認証・顔認証の両方に対応しています。

 

指紋認証センサーは画面内です。

画面内は少々精度が低いことが多いので注意が必要です。

 

防水・防塵非対応

 

TCL 10 Proは防水・防塵に非対応です。

雨の日や水回りでの操作には注意しましょう。

 

おサイフケータイ非対応

 

TCL 10 Proはおサイフケータイに非対応です。

 

最近はキャッシュレスが推進されていますのでおサイフケータイが非搭載は残念ですね。

 

ワンセグ・フルセグ非対応

 

TCL 10 Proはワンセグ・フルセグには対応していません。

 

TCL 10 Proの対応バンド

 

対応バンド・周波数一覧

 

TCL 10 Proの対応バンドは以下の通りです。

 

  • FDD-LTE:B1・3・8・18・19・26
  • W-CDMA:B1・6・8・9・19
  • GSM:1900/1800/900/850MHz

 

ドコモ回線で使える?

 

ドコモ回線で使用するFDD-LTEのバンドは1・3・19です。

TCL 10 Proは1・3に加え、プラチナバンド19にも対応しています。

 

3Gのバンド1・6にも対応していますので、ドコモ回線では問題なく使えます

 

ソフトバンク/ワイモバイル可

 

ソフトバンク・ワイモバイル回線で使うFDD-LTEのバンドは1・3・8ですが、TCL 10 Proはすべて対応しています。

また、WCDMAのバンド1・8にも対応しています。

 

よって、ソフトバンク・ワイモバイルやソフトバンク回線を使った格安SIMでも問題なく使えます

 

au・au系MVNOで使える?

 

TCL 10 Proはau回線が使うLTEバンド1・18・26のすべてに対応しています。

au VoLTEにも対応していますので、au本家のSIMでも使えます。

 

ただし、au回線をつかたMVNO(UQモバイルやBIGLOBEモバイルのタイプAなど)のVoLTEには対応しておらず、通話が不可です。

au系MVNOでの使用はやめましょう。

 

楽天モバイルで使える?

 

楽天モバイルではTCL 10 Proの動作確認がされていません。

他のTCL機種も使用不可なので、おそらく使えないでしょう。

詳細ご利用製品の対応状況確認 | 楽天モバイル

 

SNSなどで探してみると、楽天モバイルのSIMは使えないようです。

発売時は対応に向けて準備中と発表されましたが、楽天モバイルでの使用は諦めましょう。

 

 

 

TCL 10 Proの購入/機種変更はこちら

 

以上、TCL 10 Proの解説でした。

 

TCL 10 Proは格安SIMキャリアでの発売が終了しましたが、いまでも十分なスペックです。

中古を買って使うのもおすすめです。

 

 

なお、OCNモバイルONEのセールなら他の最新機種も安く購入できますので、ぜひセール情報を確認してください。

 

 

シムラボ トップへ戻る