Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

UQモバイル「arrows M04 Premium」を解説!多機能の国産スマホ!

 

みなさんこんにちは!

本記事では、UQモバイルより2017年秋冬モデルとして10月26日に発売された「arrows M04 Premium」について詳しくレビューします。

 

防水・防塵、ワンセグ・おサイフケータイ・大容量バッテリーと、何でも揃った充実の国産スマホです。

※本文中の画像は「UQモバイル公式サイト」および「メーカーサイト」から引用

 

▼申し込み・詳細はこちら▼
UQモバイル公式サイト

 

arrows M04 Premiumのレビュー

 

ワンセグでテレビが見られる

 

 

arrows M04 Premiumは国内メーカーである富士通が生産しています。

そのため、国内でなじみの深い便利機能が搭載されています。

 

まずはワンセグです。

外出先でも手軽にテレビを閲覧できます。

ドラマやスポーツなど、どうしてもリアルタイムで見たい番組があるときには、外出先でもスマホで閲覧することができます。

アンテナ内蔵なので、別途パーツを用意する必要がありません。

 

おサイフケータイ搭載

 

 

arrows M04 Premiumにはおサイフケータイも搭載されています。私もよく利用する便利機能です。

おサイフケータイが搭載されているのは国産スマホの大きな利点ですね。

 

洗えるスマホ

 

 

arrows M04 Premiumには、防水どころか洗える機能までついています。

スマホを触っていると、画面が指紋でベタベタになったり、食事中にソースが着いて汚れたりといったことがあります。

そんなとき、arrows M04 Premiumならハンドソープでごしごし洗えるのです。

清潔好きな方にぴったりの機能ですね。

 

防水・防塵で安心

 

 

防水・防塵機能がついているのも国産スマホの特徴。

「洗えるスマホ」なので、防水は当たり前ですね。

防水はIPX5/IPX8というレベルです。

これは、「水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有する」というもの。

水につけても大丈夫ということで、トイレに落としたりしても問題ありません。

 

防塵がついているのも安心。

よほどのことが無い限り、チリやホコリにより故障することはありません。

まさかのときに安心ですね。

 

耐久性もバッチリ

 

 

arrows M04 Premiumは、耐久性も抜群です。

通常、スマホの耐久性を表す規格として、「MIL規格」と呼ばれるアメリカ国防総省が定めた基準が使われることがほとんどです。

しかし、arrows M04 Premiumは、その「MIL規格」よりも更に厳しい、富士通独自の試験をクリアしています。

 

また、画面の周りは0.3mmのフチがあり、直接画面に衝撃がいかない構造になっています。

落下や衝撃により、画面が割れたりひびが入ったりすることはほとんど無いでしょう。

 

3日充電不要のバッテリー

 

arrows M04 Premiumはバッテリーの長持ちがよいのも特徴

バッテリーの容量自体は2,580mAhと通常レベルなのですが、なんといっても省エネ性能がすごい。

特に電池を消耗するディスプレイについて、独自技術により大幅にエネルギー消費を低減させています。

 

なんと、3日間充電不要と謳っています。

私のスマホは毎日充電必須ですが、arrows M04 Premiumの3日間充電不要は驚きです。

 

カメラに広角レンズ搭載

 

 

arrows M04 Premiumはカメラも高機能です。

画素数自体はメイン1,310万画素、サブ500万画素と普通レベルです。

 

しかし、メインカメラ・サブカメラともに広角レンズを搭載しており、通常より幅広い範囲の写真を撮影することができます。

arrows M03は角度が85度でしたが、arrows M04 Premiumは90度に広がっています。

風景をとる場合や、大人数の写真を撮影する場合に最適ですね。

 

サブカメラ(画面側の自撮り用カメラ)も広角なので、複数人の自撮りをする場合も見切れることなく撮影できます。

 

超高速カメラシャッター搭載

 

 

arrows M04 Premiumのカメラには「ゼロシャッターラグ」という機能があります。

これは、シャッターボタンを押してから実際に撮影されるまでのタイムラグをなくす機能です。

 

この「ゼロシャッターラグ」機能により、ボタンを押した瞬間に高速でフォーカスを合わせて撮影してくれます。

これにより、ベストなシャッタータイミングを逃さずに写真を撮影することができます。

 

初めての方も安心の機能

 

 

arrows M04 Premiumには、スマホが初めての方にも安心の機能が搭載されています。

電話をかける・メッセージを書くといった基本機能は、誰でもわかりやすい画面構成になっています。

また、例えば文字が小さくて読みにくいときに文字をワンタッチで拡大する機能や、読みたい箇所をすぐにズームする機能もあります。

 

さらには、スマホに拡大鏡が搭載されています。

文字が細かい新聞や辞書も読むときも、スマホをかざすことで文字を拡大することができます。

 

歩数計を標準搭載

 

地味ながら嬉しいのが、arrows M04 Premiumには歩数計が標準搭載されていることです。

わざわざアプリをインストールする必要がありませんし、邪魔な広告も表示されません。

歩いた歩数や季節、時間に応じて壁紙が変化し、歩く楽しみが増えます。

 

また、歩いた歩数を家族に自動でメールする機能もあります。

例えば遠く離れた両親の毎日の歩数を確認することで、異変がないかチェックすることもできます。

 

CPU性能は高くない

 

arrows M04 PremiumのCPUはSnapdragon410です。

正直、そこまで高性能なものではありません。

 

普段使いには全く問題ありませんが、高い負荷がかかると動作が重くなる可能性があります。

3Dゲームなどをする方にはあまりオススメできません。

ゲームをされる方やヘビーユーザーは「OPPO R17 Neo」がオススメです。

 

▼申し込み・詳細はこちら▼
UQモバイル公式サイト

 

arrows M03との違い・比較

 

UQモバイルからは2016年7月にarrows M03が発売されています。

正直、今回のarrows M04 Premiumはarrows M03と違いがあまりありません。

しいて言えば内部ストレージが16GB→32GBになったこと、メモリー(RAM)が2GB→3GBになったことくらいでしょうか。

 

ですが、2年使用時の総支払額はarrows M03よりarrows M04 Premiumの方が安いです。

迷ったらarrows M04 Premiumにしましょう。

 

<M03から進化した点>

  • ストレージが16GB→32GBに
  • メモリー(RAM)が2GB→3GBに
  • カメラの撮影角度が85度→90度に
  • 本体色のピンクが無くなり、レッドが追加
  • 料金が安い

 

<M03と同じ点>

  • 搭載CPU(Snapdragon410)
  • カメラ画素数
  • 電池容量
  • 画面サイズ など

 

arrows M04 Premiumのスペック

 

発売日

 

arrows M04 PremiumのUQモバイルでの発売日は2017年10月26日です。

 

デザイン・カラー

 

 

arrows M04 Premiumは「ブラック」「ホワイト」「レッド」の3色です。

表と背面のデザインはこんな感じです。

 

 

主な機能

 

arrows M04 Premiumは国内メーカー「富士通」が生産しています。

そのため、おサイフケータイ、ワンセグ、防水・防塵といった日本でおなじみの機能が全部入っています。

防水・防塵機能があるのが安心ですね。

個人的にはよく使用するおサイフケータイが搭載されているのが嬉しいです。

 

 

スペック詳細

 

本体スペック
サイズ(mm)W71× L144× D8.0
重さ約148g
画面サイズ5.0インチ
解像度1,280 × 720
バッテリー容量2,580mAh
連続通話時間
(LTE)
520分
連続待受時間
(LTE)
500時間
OSAndroid 7.1
CPUSnapdragon 410
(クアッドコア)
メモリ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大256GB)
通信速度(下り)最大150Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,310万画素
有効画素数
(サブカメラ)
500万画素

 

ベンチマーク

 

arrows M04 Premiumに最も近いと思われる、ドコモのF-05JのベンチマークをGeekbenchで計測した結果は以下の通りです。

  • シングル:502
  • マルチ:1,497

 

 

その他、特徴・スペックは「UQモバイル公式サイト」で確認ください。

 

▼申し込み・詳細はこちら▼
UQモバイル公式サイト

 

arrows M04 Premiumの価格・料金

 

UQモバイルの料金は非常にシンプルです。

基本的にプラン料金(S/M/L)+ 端末料金になります。

 

 

arrows M04 Premiumは1年前に発売されたarrows M03よりも2年使用時の合計支払額が安くなっています。

機種自体がarrows M03からのマイナーチェンジにとどまっていることが理由だと思います。

国産メーカーのスマホが欲しい方にはぜひオススメの機種です。

 

arrows M04 Premiumを2年間使用した場合の料金は以下の通りです。

一括払いでも24回払いでも2年支払額の合計は変わりません。

 

<端末代金24回払い>

プランSプランMプランL
購入時料金¥3,240
月額
料金
1年目¥3,218¥3,758¥5,918
2年目¥4,298¥4,838¥6,998
2年総支払額¥93,540¥106,500¥158,340

 

<端末代金一括払い>

プランSプランMプランL
購入時料金¥39,636
月額
料金
1年目¥1,706¥2,246¥4,406
2年目¥2,786¥3,326¥5,486
2年総支払額¥93,540¥106,500¥158,340

 

arrows M04 Premiumの評判・口コミ

 

arrows M04 Premiumを実際に使用している方の口コミをSNS・口コミサイトなどから抜粋しました。

 

良い評判・口コミ

 

1. おサイフケータイが使えて嬉しい

 

arrows M04 Premiumを購入した理由が「おサイフケータイ搭載機種だから」と言う方が意外にも多かったです。

最近、おサイフケータイ(Felica)対応の機種の発売が減り、選択肢が少なくなっています。

私も対応機種がなくてなくなく非対応機種を買いました。

 

そんな中、SIMフリー・最新OS搭載・おサイフケータイ対応の機種は非常に貴重です。

「こんな機種の発売をずっと待っていた!」との声もありました。

 

2. 防水・防塵・堅牢で安心

 

防水・防塵機能搭載で安心感がある」との声も多かったです。

最近は高性能CPUを搭載したHUAWEIなどの海外メーカーの人気が上がってきていますが、海外メーカーの機種には防水・防塵が搭載されていないことが多いです。

スマホを水没させた経験がある方や主婦の方などは、防水機能ははずせません。

防水機能が搭載されていることがこの機種の決め手になった方も多いようです。

 

3. 旧機種のM03より安い

 

今まで使っていたarrows M03から進化したのに、M04の方が安いことに驚いた」という意見がありました。

arrows M04 Premiumは、旧機種のarrows M03よりストレージやカメラ性能が進化しているのに、価格が8,000円ほど安くなっています。

 

arrows M04 Premiumは、これまでarrowsの旧機種を使用していた方にも人気のようです。

「M03が気に入っていたので、同一ラインのM04に安く買い換えられて良かった」との声もありました。

 

悪い評判・口コミ

 

1. 他の最新機種からするとスペックが見劣り

 

悪い意見で最も多かったのが、「最近発売されている他メーカーの機種に比べると、CPUやカメラの性能が見劣りする」というものです。

確かに、arrows M04 Premiumの性能は「普通」です。

端末代金が安く、誰でも使いやすい機種である反面、スマホのヘビーユーザーやカメラにこだわる方にとっては物足りないと思います。

 

arrows M04 Premiumのターゲット層がライト~ミドルユーザーなので当然ではありますが、高スペックスマホの発売を楽しみにしていた方にとっては少しがっかり立ったようですね。

 

2. M03と変わり映えしない

 

1つ前の意見と似ていますが、「前作のM03から全然進化していない」という意見も多かったです。

確かに、M03の発売からしばらく期間が空いたにも関わらず、進化したのはストレージ容量とカメラ性能の一部のみです。

その分料金が安くなっているのですが、arrows好きにとっては少し不満だったようです。

 

▼申し込み・詳細はこちら▼
UQモバイル公式サイト

 

私の評価:AQUOS senseが良い

 

私の率直な評価をお伝えします。

私の正直な評価は、「AQUOS senseの方がおすすめ」です。

下記がスペックの比較表ですが、多くの項目でAQUOS senseが上回っています。

特にCPU性能とバッテリーがAQUOS senseのほうが優秀なのがポイントです。

 

AQUOS senseM04 Premium
サイズ
(mm)
W72× L144× D8.6W71× L144× D8.0
重さ約148g約148g
画面サイズ5.0インチ5.0インチ
解像度1,920 × 1,080
(フルHD)
1,280 × 720
バッテリー
容量
2,700mAh2,580mAh
連続通話時間
(LTE)
1,330分520分
連続待受時間
(LTE)
650時間500時間
OSAndroid 7.0Android 7.1
CPUSnapdragon430
(オクタコア)
1.4+1.1GHz
Snapdragon 410
(クアッドコア)
メモリ
(ROM)
32GB32GB
メモリ
(RAM)
3GB3GB
外部メモリmicroSDXC
(最大256GB)
microSDXC
(最大256GB)
通信速度
(下り)
最大150Mbps最大150Mbps
カメラ画素数
(メイン)
1,310万画素1,310万画素
カメラ画素数
(サブ)
500万画素500万画素

 

さらに、価格もAQUOS senseの方が13,000円近く安くなっています。

 

2年支払額AQUOS
sense
arrows M04
Premium
プランS¥80,580¥93,540
プランM¥93,540¥106,500
プランL¥145,380¥158,340

 

唯一arrows M04 Premiumが勝っているのは、ワンセグが搭載していることでしょうか。

ただし、指紋認証はAQUOS senseのみです。

 

機能AQUOS
sense
arrows M04
Premium
おサイフ
防水
防塵
ワンセグ×
指紋認証×

 

これらの比較から、私は今arrows M04 Premiumを買うならAQUOS senseがおすすめです。

詳細記事:UQモバイル「AQUOS sense」を解説!

 

申込みはこちら!

 

以上、UQモバイルで発売された「arrows M04 Premium」のスペック・価格・レビューの解説でした!

ワンセグ搭載で安心の国産スマホです。

特にあまりスマホを使わないライトユーザーには非常におすすめの機種ですね。

 

arrows M04 Premiumの申込みは「UQモバイル公式サイトがおすすめです。

ぜひご利用ください!

 

▼申し込み・詳細はこちら▼
UQモバイル公式サイト

 

<関連記事>

 

UQモバイル トップへ

 

UQモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-