Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

UQモバイルのデメリット・メリット38個総まとめ【2019年最新】実際に契約した私の感想も

本記事では、私がおすすめの格安SIM「UQモバイル」メリット・デメリット・欠点・契約時の注意点を解説します。

 

公式サイトや広告ではメリットばかり強調されますが、特にどんなデメリット・欠点があるか気になります。

実際に契約中の私が感じたメリット・デメリットを解説しますので、これから契約される方はぜひお読みください。

 

▼お得なキャッシュバックはこちら▼

UQモバイル公式サイト

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

  1. UQモバイルのメリット・利点
    1. データ通信速度が速い
    2. お昼の速度も速い
    3. 速度制限時も他社より速い
    4. auのスマホがそのまま使える
    5. 端末の実質負担額が安い
    6. UQモバイルは基本料金が安い
    7. 料金プランがシンプル
    8. 無料通話のプランが選べる
    9. 毎月料金プランの変更可能
    10. UQ家族割で更に安くなる
    11. 余ったデータは翌月に繰り越し
    12. 節約モードでデータ消費ゼロ
    13. 無料でWiFiスポットが使える
    14. iPhoneも格安で使える
    15. iPhoneでもテザリング可能に
    16. UQモバイルでLINEも使える
    17. UQモバイルは口座振替可能
    18. 全国にUQモバイルの店舗あり
    19. UQモバイルは子供向けにも最適
    20. 公式オンラインストアが便利
  2. UQモバイルのデメリット・欠点
    1. 料金は他MVNOより少々高い
    2. 2年目は料金が1,000円UP
    3. 最低利用期間が2年と長い
    4. 契約更新期間が短い
    5. 3年目はデータ容量が減る
    6. 機種変更後はイチキュッパ割適用なし
    7. 完全かけ放題オプションなし
    8. 留守番電話が有料
    9. 大容量データプランがない
    10. UQモバイルはデータシェア不可
    11. 家族割の適用は2回線目から
    12. 光回線とのセット割がない
    13. 無料通話の時間が短い
    14. キャリアメールが有料
    15. 取り扱いスマホ端末が少ない
    16. 使えないAndroid端末も
    17. 3日間の使用量で通信制限あり
    18. LINEの年齢認証不可
    19. UQモバイル店舗はまだ少ない
  3. UQモバイルのおすすめ端末
    1. UQモバイルのおすすめ機種ランキング
    2. iPhone XR・XSやiPhone8も使える
  4. お得なキャンペーン実施中!
    1. SIM契約でキャッシュバック
    2. ファミゼロ学割
    3. その他キャンペーン
  5. UQモバイルの契約はこちらから!

UQモバイルのメリット・利点

 

まずは、実際に契約して感じたUQモバイルのメリット・利点について説明してきます。

 

データ通信速度が速い

 

 

UQモバイルの最大のメリットは、格安SIM・MVNOの中でデータ通信速度が安定して速いことです。

 

UQモバイルは他の格安SIMと同じく、auから回線の一部を借りて運営しているMVNOです。

しかし、auを運営するKDDIのグループ会社なこともあってか、MVNOの中では通信速度はダントツです。

 

速度にこだわるならUQモバイルかワイモバイルのどちらかを選べば間違いありません。

 

お昼の速度も速い

 

私も実際に契約しており、定期的に速度を計測していますが、格安SIMがどこも遅くなるお昼の12時~13時も20Mbps以上は出ています

 

5MbpsあればYoutubeの高画質動画も見れますので、UQモバイルの20Mbpsは十分すぎる速度です。

 

他のMVNOはお昼になると1Mbpsを切るキャリアがほとんどです。

UQモバイルより契約者数が多い楽天モバイルやmineoも、お昼は1Mbpsに届かないことがほとんどです。

 

そんな中、20Mbpsを超えるUQモバイルは本当に圧倒的です。

 

速度制限時も他社より速い

 

UQモバイルを含め、どの格安SIMキャリアでも月のデータ容量を使い切ると速度制限がかかります。

 

しかし、UQモバイルは速度制限時でも300Kbpsで通信できます

これは他社と比べるとなかなか速いです。

 

例えばワイモバイルは速度制限がかかると128Kbpsしか出ません。

128Kbpsも300Kbpsもどちらも遅いことには変わりないのですが、300Kbpsだと遅いなりにSNSやWEB閲覧もできます。

 

<速度制限時の比較>

YmobileUQ
速度制限時の
通信速度
128Kbps300Kbps

 

よく速度制限にかかる人は、300Kbpsで通信できるUQモバイルがおすすめです。

 

auのスマホがそのまま使える

 

UQモバイルとauは同じ回線を使用しています。

そのため、基本的にauで購入した端末はSIMロック解除なしでそのままUQモバイルで使えます

 

既にauで購入した端末をお持ちの方は、UQモバイルへの乗り換えでスマホ料金が大きく安くなります。

 

ただし、auで購入した端末でも2017年8月以前に発売の機種はSIMロック解除が必要です。

iPhoneで言えば、iPhone7まではSIMロック解除が必要で、iPhone8以降は不要です。

 

公式サイトの動作確認端末を参考にしてください。

 

▼動作確認端末で要否をチェック▼

UQモバイル公式サイト

 

 

端末の実質負担額が安い

 

 

UQモバイルでは、SIM契約と同時に人気のスマホ端末をセットで購入できます。

UQモバイルでスマホ端末をセットで購入するとマンスリー割が適用され、端末代金が非常に安くなります

 

例えば2019年2月に発売のHUAWEI nova lite 3は実質540円、2018年に一番売れたHUAWEI P20 liteは実質108円です。

端末を新しくしたい方は、UQモバイル取扱機種から選ぶのがおすすめです。

 

 

UQモバイルは基本料金が安い

 

 

UQモバイルの最大の特徴は、大手キャリアに比べて料金が安いことです。

私は以前ドコモを契約していました。

データ通信量が5GBのプランで毎月8,000円ほど支払っていました。

 

しかし、UQモバイルのプランMでは毎月9GB使えて、料金は3,000円ほどです。

しかも5分以内の国内通話は何回でも無料です。

 

大手キャリアからの乗り換えで毎月5,000円、年間で6万円もの節約が可能です。

 

料金プランがシンプル

 

UQモバイルの料金プランは「データ容量」と「無料通話パターン」を選ぶだけ。

料金プランが非常にシンプルで誰でもわかりやすいのが特徴です。

 

<おしゃべり・ぴったりプラン>

プランデータ1年目2年目
S3GB¥1,980¥2,980
M9GB¥2,980¥3,980
L21GB¥4,980¥5,980

 

また、自分が使うデータ容量がわからない場合も、毎月無料でデータ容量を変更できます。

 

無料通話のプランが選べる

 

 

「UQモバイルの料金」で説明したとおり、UQモバイルは国内通話について、2つの無料通話プランから自由に選択できます。

 

ライバルのワイモバイルは「10分以内の国内通話が無料」しか選べません。

自分のスタイルに合ったプランを選べるのはUQモバイルの強みといえると思います。

 

通話おしゃべりぴったり
プランS5分以内の無料通話60分
プランM国内通話〃 120分
プランL何度でも無料〃 180分

 

毎月料金プランの変更可能

 

「契約時はプランSで契約したけど、毎月データ容量が足りないな…」といったことがあるかもしれません。

そんなときもUQモバイルなら大丈夫です。

 

プランS/M/L間の変更も、おしゃべりプラン⇔ぴったりプランの変更も毎月可能です。

変更はもちろん無料。

 

「いつもはプランSの3GBでいいけど、来月は旅行に行くから一ヶ月だけプランMにしたい」といったこともできます。

 

  • データ容量を無料で変更可能
    (S⇔M⇔L)
  • おしゃべり⇔ぴったりプランの変更可能

 

UQ家族割で更に安くなる

 

 

UQ家族割は、家族でUQモバイルに申し込むと、2回線目以降の月額料金が1台あたり500円割引になるキャンペーンです。

最大9回線まで割引になり、割引は契約している限りずっと続きます。

 

もともと安いUQモバイルの料金がさらに安くなりますので、ぜひとも家族みんなでUQモバイルへの乗り換えを検討しましょう。

 

余ったデータは翌月に繰り越し

 

UQモバイルには、余ったデータの繰り越しが可能です。

当月使いきれなかったデータ容量は翌月に繰り越され、翌月にたくさん使えます。

 

 

しかも、翌月は繰り越したデータ容量から先に消費されます。

よって、さらに翌月にも繰り越ししやすくなるので大変良心的です。

 

節約モードでデータ消費ゼロ

 

 

UQモバイルには、「節約モード」という非常にお得なサービスがあります。

これは、データ通信を節約モードに切り替えると、通信速度が低速になるかわりに、データ消費量がカウントされないというサービスです。

 

節約モードにしているときも300Kbpsの通信が可能です。

メールやLINEのやり取り、音楽ストリーミングはストレスなく通信できるでしょう。

また、ラジオ視聴もほとんど問題ありません。

 

節約モードにはUQモバイルの専用アプリからワンタッチで切り替えられます。

こまめに切り替えることでデータ消費がゼロになるのは非常に嬉しいですね。

 

無料でWiFiスポットが使える

 

UQモバイルに契約していれば、全国にある「Wi2 300」というWiFiスポットが無料で使えます。

 

マクドナルドなどのカフェ・飲食店をはじめ、公共交通機関など、全国にスポットがあります。

データを消費せずに無料で高速通信が使えるのは嬉しいですね。

 

 

▼今すぐUQモバイルに乗り換える▼

UQモバイル公式サイト

 

iPhoneも格安で使える

 

 

皆さんの中には、「スマホは絶対iPhoneじゃないと嫌だ!」という方もおられるでしょう。

でも、その点もUQモバイルなら大丈夫です。

 

まず、UQモバイルではiPhone7とiPhone6Sを販売しています。

 

 

また、iPhone8・iPhoneXや最新のiPhone XS・XRも、端末をお持ちの方はUQモバイルのSIMカードを挿入して使用できます。

 

 

大手キャリアでiPhoneを契約するより2年間合計で40,000円近く節約できます。

iPhoneを検討中の方はぜひUQモバイルのSIMカードをぜひご利用ください。

 

iPhoneでもテザリング可能に

 

UQモバイルでiPhoneを使う際、これまでテザリングができないのが最大のネックでした。

しかし、2018年10月末からどのiPhoneでもテザリングが可能になりました。

 

最新のiPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XRでもテザリング可能です。

 

テザリングは無料で、申し込みなども不要で誰でも使えます。

 

UQモバイルでLINEも使える

 

 

UQモバイルなら、もちろんLINEの使用も可能です。

ただしID検索はできませんので注意してください。

 

UQモバイルは口座振替可能

 

UQモバイルは口座振替での支払いが可能です。

 

格安スマホで意外と多いのが、「支払いはクレジットカードのみ」という場合です。

UQモバイルも以前はクレジットカードのみでしたが、2017年9月より口座振替による代金支払いが可能になりました。

 

口座振替を希望される方は多いので、これもUQモバイルの嬉しいメリットです。

 

全国にUQモバイルの店舗あり

 

他の格安スマホ会社との大きな違いとして、UQモバイルは全国各地に実店舗がある点が挙げられます。

格安スマホの中には、コスト削減のため実店舗を置かず、ネットや電話のサポートのみのところがあります。

 

しかし、UQモバイルには実店舗があります。

スマホの契約などはオンラインストアで十分ですが、何か困ったときや緊急の場合には街のUQモバイルショップに行けば対応してくれます。

特に初めての方は、何かあったときのために店舗があるのは安心ですね。

 

UQモバイルは子供向けにも最適

 

 

UQモバイルはお子様向けのスマホにも最適です。

特にお子様向けの「家族みまもりパック」というオプションが大変好評です。

 

このオプションは、スマホを持った家族が今どこにいるか一目でわかる「みまもりサービス」と、スマホの使用履歴を分析して教えてくれる「Filli」というサービスが利用できます。

料金が安いのでお子様にも持たせやすいですし、上記のオプションで安全面も担保できます。

 

公式オンラインストアが便利

 

UQモバイルには店舗がたくさんあるのがメリットですが、休日や繁忙期はいつでも混雑しています。

そんなときに便利なのがUQモバイルオンラインストアです。

以下に挙げるように、オンラインストアにはメリットがたくさんあります。

 

  • 24時間受付可能
  • 待ち時間無し
  • 10分で手続き完了
  • 店頭に行く時間/手間/電車賃不要
  • 余計なオプションを勧められない
  • 送料無料
  • 最短当日発送

 

ぜひUQモバイルオンラインストアを利用してください。

 

▼お得なキャッシュバックはこちら▼

UQモバイル公式サイト

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

 

UQモバイルのデメリット・欠点

 

ここからはUQモバイルのデメリットや不満点を解説していきます。

 

料金は他MVNOより少々高い

 

UQモバイルの月額料金はドコモ・au・ソフトバンクに比べてかなり安いですが、他のMVNO・格安SIMに比べると少々高いです。

とにかく料金を下げたいという方にはデメリットとなるかもしれません。

 

他のMVNOとの料金比較は下記記事に詳しくまとめています。
UQモバイルは高い?他と料金を比較

 

たとえば、同じau回線が使える「mineo(マイネオ)」と比較すると、どのプランも数百円高くなっています。

またマイネオでは定期的にキャンペーンを実施しており、この料金から更に割引が適用されます。

 

UQモバイルマイネオ
3GB¥2,4803GB¥1,510
9GB¥3,48010GB¥3,130
21GB¥5,48020GB¥4,590

※UQの料金は2年間の平均

 

ただし、UQモバイルはかけ放題・または無料通話がついた価格です。

 

そして何より、通信速度が圧倒的に速いのがメリットです。

スマホはあまり使わない、通信速度は気にしないという方は料金が安い他の格安SIMがおすすめですが、速度が不安な方は断然UQモバイルがおすすめです。

 

2年目は料金が1,000円UP

 

 

これはデメリットというよりも注意点になるかもしれません。

 

UQモバイルでは、「月々1,980円から使える!」と大々的に宣伝しています。

たしかに、おしゃべり・ぴったりプランで最も安いプランSを契約すると月額料金は税抜1,980円なのですが、これは「イチキュッパ割」が適用される最初の1年のみです。

 

2年目からは「イチキュッパ割」が消滅するため基本料金が1,000円アップし、2,980円になります。

プランM・Lも同様です。

 

プランデータ1年目2年目
S3GB¥1,980¥2,980
M9GB¥2,980¥3,980
L21GB¥4,980¥5,980

 

2018年秋より基本データ容量が増量になりましたので2年目もお得なのは間違いないですが、なんか損した気分になります。

 

▼今すぐUQモバイルに乗り換える▼

UQモバイル公式サイト

 

 

最低利用期間が2年と長い

 

大手キャリアと同様、UQモバイルも一番標準的なプランである「プランS/M/L」に契約すると最低利用期間があります。

UQモバイルの最低利用期間は2年です。

つまり、2年縛りということになります。

 

他の格安SIMキャリアは半年や1年のところが多いので、この点はUQモバイルの大きなデメリットです。

 

2年経過する前に解約・MNP転出すると契約解除料9,500円がかかります。

 

契約更新期間が短い

 

前章で解説した契約解除料がかからない契約更新期間は、契約満了月の1ヶ月間のみです。

(契約満了月=契約月を含む25ヶ月目)

 

この「契約月を含む25ヶ月目」のうちに契約解除をしないと、さらに2年契約が自動で更新されてしまいます。

 

契約更新期間が1ヶ月だけなのもデメリットのひとつです。

 

3年目はデータ容量が減る

 

UQモバイルでプランS/M/Lを契約すると、データはそれぞれ3GB・9GB・21GB使えます。

しかし、データ容量が3GB・9GB・21GB使えるのは契約から2年間(25ヶ月間)のみです。

 

26ヶ月目以降も契約を更新して機種変更もしない場合、データ容量はそれぞれ2GB・6GB・14GBに減少します。

これまで通りの容量を使用するためには、500円/月の有料オプションへの加入が必要です。

 

 

2年以上使うと逆に損になってしまうのがUQモバイルのデメリットのひとつです。

 

機種変更後はイチキュッパ割適用なし

 

UQモバイルは契約後1年間はイチキュッパ割が適用され、基本料金が毎月1,000円割引になります。

(おしゃべり・ぴったりプランの場合)

前章で解説したとおり、このイチキュッパ割は最初の1年のみのため、2年目は基本料金が1,000円が高くなります

 

また、イチキュッパ割は新規契約・MNP転入後の1年間のみです。

2年経過して機種変更してもイチキュッパ割は適用されません。

そのため、3年・4年と継続的に使ってもお得にならないのです。

 

前章のデータ容量の件も含め、2年以上使うと損になってしまうのがUQモバイルのデメリットのひとつでしょう。

 

一番お得なのは、2年経過後の契約更新月にワイモバイルにMNPで乗り換え、2年ごとにUQモバイル→ワイモバイルを交互に契約することです。

そうすれば、1年ごとに1,000円割引が適用されます。

 

 

▼今すぐUQモバイルに乗り換える▼

UQモバイル公式サイト

 

 

完全かけ放題オプションなし

 

UQモバイルには国内通話が完全かけ放題になるオプションがありません。

 

おしゃべり・ぴったりプランには5分かけ放題・または無料通話がついているのですが、よく電話をされる方や仕事でスマホを使う方は足りない場合もあります。

そんなときにどれだけ電話しても定額になるオプションがあればよいのですが、UQモバイルには有料オプションもないのがデメリットです。

 

定額オプションを使いたい方はワイモバイルの「スーパー誰とでも定額」が良いかもしれません。

 

 

留守番電話が有料

 

UQモバイルの留守番電話は有料です。

別途「電話基本パック」(月額380円)の有料オプションに加入しないと留守番電話は使えません。

 

ライバルのワイモバイルは誰でも無料で留守番電話が使えるだけに、これはデメリットのひとつですね。

 

▼今すぐUQモバイルに乗り換える▼

UQモバイル公式サイト

 

 

大容量データプランがない

 

最近、3大キャリア・格安スマホを含めたスマホキャリア各社では、30GB・50GBといった大容量データ通信プランができています。

しかし、UQモバイルはプランLの21GBが最大です。

 

2018年9月に基本データ容量が増量されましたので、以前よりは欠点が改善されました。

それでも、データをガンガン使う方は物足りないのがデメリットになるかもしれません。

 

 

UQモバイルはデータシェア不可

 

UQモバイルには、データ容量を複数のSIMカードでシェアするサービスがありません。

家族割はあるものの、シェアプランがないのはデメリットのひとつです。

 

家族割の適用は2回線目から

 

 

これはデメリットというより注意点になるかもしれません。

 

UQモバイルには家族割という割引制度があります。

家族でUQモバイルに契約すると、月額料金が毎月500円割引になるというサービスです。

 

しかし、この500円の割引が適用されるのは2回線目以降です。

親となる主回線は割引が適用されませんので注意してください。

 

光回線とのセット割がない

 

最近、スマホキャリアの多くは、家のネットを自社ブランドにすることでスマホ料金を割引くサービスを実施しています。

ドコモはドコモ光とセットで、ソフトバンク・ワイモバイルはソフトバンク光とセットで契約することで、毎月のスマホ料金が割引になります。

 

 

しかし、UQモバイルには家のネットとのセット割がありません。

auにはauひかりとセットにすると割引になる「auスマートバリュー」というサービスがあるのですが、UQモバイルは対象外です。

 

ライバルのワイモバイルにはセット割引があるので、UQにないのはデメリットです。

 

 

無料通話の時間が短い

 

UQモバイルのおしゃべりプランは、5分以内の国内通話が何度でも無料になります。

しかし、ライバルのワイモバイルは時間が10分まで無料です。

 

かけ放題を選択しようとされている方にとっては、UQモバイルのほうが時間が短いのはデメリットですね。

 

ただし、UQモバイルは最大180分の無料通話が貰える「ぴったりプラン」を選択できますので、その点はメリットともいえます。

 

キャリアメールが有料

 

UQモバイルではキャリアメールを利用することができます。

キャリアメールとは@docomo.ne.jpや@softbanku.ne.jpといったメールアドレスです。

 

UQモバイルではオプションとして@uqmobile.jpのアドレスが付与されますが、月額200円かかります。

ライバルのワイモバイルは無料なので、この点はデメリットですね。

 

取り扱いスマホ端末が少ない

 

 

UQモバイルではSIMカードとセットでスマホを購入できます。

しかし、現在は取り扱い端末がかなり少なくなってしまいました

 

前述したとおり、iPhone6S・iPhone7が購入できるのは大きなメリット・利点ですが、その他のSIMフリー端末は少なくなっているのがデメリットです。

 

なおUQモバイルでスマホ端末を購入するなら「AQUOS sense2」「nova lite 3」「OPPO R17 Neo」がダントツでおすすめです。

 

 

使えないAndroid端末も

 

UQモバイルはau回線を使用しています。

このau回線は少々特殊で、Android端末にはau回線で使えない物も多いのです。

 

au・UQモバイルで購入した以外のAndroid端末は、以下の3条件を満たさないと使えません。

 

  1. SIMフリー・SIMロック解除済
  2. auのバンド・周波数に対応した端末
  3. au VoLTEに対応した端末

 

日本国内で発売されるSIMフリー端末はドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルのLTE回線にはほぼ対応しているのですが、au VoLTE回線に対応している端末となると、数がぐっと減ります。

(最近はかなり多くなりました)

 

そのため、UQモバイルで使用できる端末はワイモバイルに比べてかなり少ないのがデメリットです。

 

端末を購入したい方は、UQモバイル取り扱い端末か、SIMフリー端末の中でも「Google Pixel 3」「ZenFone5(ZE620KL)」「AQUOS R2 Compact SH-M09」「AQUOS sense plus SH-M07」などがUQモバイルで使えます。

 

3日間の使用量で通信制限あり

 

UQモバイルではネットワークの品質担保と利用の公平性を確保するため、直近3日間に6GB以上データ通信すると、通信速度が制限されてしまう場合があります。

通信制限がかかると、通常は最大150Mbpsで通信していたのが、300kbpsにまで落ちてしまいます。

 

格安SIMキャリアでは直近の使用量による通信制限がないところが多いので、この点はUQモバイルのデメリットです。

 

300kbpsはSNSや音楽ストリーミングなどは問題ないと思いますが、動画やWEBサイト閲覧には支障をきたすでしょう。

3日間で6GBを超えないよう、Wi-Fiや「節約モード」をうまく活用しましょう。

 

なお、制限速度制限は混雑状況に応じて変動します。

 

LINEの年齢認証不可

 

 

UQモバイルでLINEを使う際、年齢認証はできません。

年齢認証しなくても通常使う分には問題ありませんが、ID検索が不可となります。

 

これはUQモバイルだけではなく、格安スマホは基本的に年齢認証できませんので、格安SIM全体のデメリットといえます。

ただし、ワイモバイルとLINEモバイルは年齢認証が可能です。

 

UQモバイル店舗はまだ少ない

 

UQモバイルには実店舗があるのがメリットです。

しかし、その数はワイモバイルに比べて少ないのはデメリットです。

 

ワイモバイルは2018年夏時点で1,000店舗ほどありますが、UQモバイルは200店舗ほどしかありません。

現在数を増やしているとのことですが、近くにない場合はネットで手続きしましょう。

 

▼今すぐUQに乗り換える▼

UQモバイル公式サイト

 

 

UQモバイルのおすすめ端末

 

UQモバイルのおすすめ機種ランキング

 

 

UQモバイルではさまざまな機種が発売されています。

UQモバイルのおすすめ機種をお探しの方は下記記事を参考にしてください。

 

 

特に、2019年上期で最も売れるであろう「nova lite 3」や2018年で最も売れたAndroidスマホ「HUAWEI P20 lite」、多機能でバランスのよいSHARPの「AQUOS sense2」がおすすめです。

 

また、UQモバイルではiPhone6SiPhone7も購入できます。

「絶対にiPhoneがいい!」という方にも安心です。

 

iPhone XR・XSやiPhone8も使える

 

 

UQモバイルではiPhone6S・iPhone7は販売していますが、最新のiPhone XS・iPhone XRや根強い人気のiPhone8・iPhoneXは販売していません。

 

しかし、これらの機種もUQモバイルのSIMカードを挿して使うことができます。

ドコモ・au・ソフトバンクで契約するより安く利用できますので、ぜひ活用してください。

 

2018年10月末より全機種でテザリングも可能になりました

 

お得なキャンペーン実施中!

 

UQモバイルではお得なキャンペーンを実施中です。

UQモバイルで端末セットで契約する場合も、SIMのみ契約して手持ちのスマホに挿して使う場合にも、必ず下記キャンペーンを適用させましょう。

 

SIM契約でキャッシュバック

 

UQモバイルに新規契約・または他社から乗り換えで契約した方は、最大13,000円のキャッシュバックが受けられます。

 

iPhoneを含め、他社端末にUQモバイルのSIMを挿して使う場合にも端末セットで契約の場合にも適用されます。

 

このキャッシュバックキャンペーンは、当サイト「シムラボ」を含めた一部サイト限定です。

公式サイトからは出現しない限定キャンペーンですので、必ず下記リンクよりキャッシュバックを受け取ってください。

 

▼お得なキャッシュバックはこちら▼

UQモバイル公式サイト

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

 

ファミゼロ学割

 

 

UQモバイルでは現在「ファミゼロ学割」という学割キャンペーンを実施しています。

 

ファミゼロ学割は、18歳以下の方がUQモバイルに新規で申し込むと月額基本料が最大3か月無料(新中高生は最大5か月無料)になるキャンペーンです。

さらに、ファミゼロ学割は学生の家族も新規契約で基本料金が3か月無料になるので大変お得です。

 

  • 18歳以下は基本料3か月無料
  • 新中高生は基本料金5か月無料
  • 新規契約した家族も3か月無料

 

もちろんUQモバイルでSIMのみを購入する場合も、端末セットで契約する場合もファミゼロ学割の対象です。

UQモバイルの学割はめちゃくちゃお得なので、対象者は必ず利用してください。

 

ファミゼロ学割の条件や申し込み手順・必要書類は下記記事に詳しくまとめています。

 

 

その他キャンペーン

 

上記以外にも、UQモバイルではお得なキャンペーンを実施しています。

人気のオプションが無料になったり、家族割などのキャンペーンを不定期で開催しています。

 

現在実施中のキャンペーンは下記記事にまとめています。

SIM契約前に必ずチェックしましょう。

 

 

▼お得なキャッシュバックはこちら▼

UQモバイル公式サイト

 

 

UQモバイルの契約はこちらから!

 

以上、UQモバイルのメリット・デメリットの解説でした。

 

料金が格安なのにも関わらず、通信速度は安定して速く、データ繰り越しもできるUQモバイルは非常におすすめです。

みなさんもぜひ申し込んで、スマホ料金を節約してください!

 

▼お得なキャッシュバックはこちら▼

UQモバイル公式サイト

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

 

 

UQモバイル トップへ

 

UQモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-