YmobileでiPhone7が1.5万、SIMが1万円割引中 

UQモバイルで動作確認端末一覧に手持ちのスマホがない場合の対処法

本記事ではUQモバイル公式サイトの動作確認端末一覧に記載のない機種が使えるか、詳細を解説します。

 

動作確認端末一覧に書いていない機種でも、UQモバイルで使える場合もあります。

見分け方も記載していますので、是非参考にしてください!

 

▼UQモバイルのSIM契約はこちら▼

UQモバイル公式サイト

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

UQモバイルの動作確認端末とは

 

UQモバイルで使えることを確認

 

UQモバイルで持ち込みのスマホを使う場合、まずは動作確認端末一覧で対応状況を確認します。

 

そもそも「動作確認端末」とは、UQモバイルでスマホを使う場合に、問題なく使えることが公式に確認された端末です。

 

動作確認端末一覧に記載されている端末は、特記事項などがない限りUQモバイルのSIMカードを挿しても問題なく使えることが保証されています。

 

UQモバイルの動作確認端末一覧

 

UQモバイルの動作確認端末一覧はこちらのページにまとまっています。

 

 

このページの表で、端末を購入した携帯会社別・メーカー別・端末種類別(タブレット・スマホなど)・SIMサイズ別に端末の絞り込みができます。

 

同じ機種でもUQモバイル版・SIMフリー版とドコモ・au・ソフトバンク版に分かれている場合もありますので注意してください。

 

動作確認端末にない端末もある

 

動作確認端末は比較的多い

 

皆さんの中には、ドコモ・au・ソフトバンクやSIMフリーのスマホをUQモバイルで使いたいという方もおられると思います。

UQモバイルの動作確認端末は非常に多く、ほとんどの機種が記載されています。

 

端末が発売直後の場合は、少し待てば動作確認される可能性があります。

 

一部SIMフリー端末も記載なし

 

しかし、一部記載のない端末もあります。

例えばHUAWEIのMate 20 Proを検索してみると、ソフトバンク版は動作確認されていますがSIMフリー版は記載がありません。

 

一覧にない=使えないではない

 

ただし、動作確認端末一覧に記載がない=UQモバイルで使えないということではありません。

記載がなくても使える端末はたくさんあります

 

ただし動作確認はされていないため、ユーザー自身で使えるかどうかを確認しなければなりません。

 

使える/使えない端末まとめ

 

iPhone/Androidと端末の購入元別に、UQモバイルで使える/使えないを分けた表は以下の通りです。

 

端末購入元iPhoneAndroid
SIMフリー
5S以降の機種
なら使用可
バンドが対応

au VoLTE
対応機種
のみ
au
ドコモ
ソフトバンク

※SIMフリー/au端末以外はSIMロック解除必要
※au端末でもSIMロック解除が必要な場合も

 

ただし、一部例外があるので必ず事前に確認してください。

次章以降で詳しく解説します。

 

補足:SIMロック解除とは

 

ドコモ・au・ソフトバンクで発売されたスマホは、他のキャリアのSIMを挿しても使えないように端末にロックがかかっています。(ワイモバイル・UQモバイルも一部該当)

これをSIMロックといいます。

 

例えば「ドコモで購入したiPhoneをソフトバンクで使いたい」「ソフトバンクのXperiaをイオンモバイルで使いたい」といった場合は、SIMロックを解除しないと使えません。

 

UQモバイルはauの回線の一部を使っているので、通常auで購入したスマホはUQモバイルでSIMロック解除無しで使えるはずなのですが、実際は少々複雑です。

au VoLTEの関係で2017年8月1日以前に発売されたスマホはSIMロック解除が必要な点に注意してください。

 

端末購入元ドコモauSoftbank
SIMフリー不要不要不要
ドコモ不要
au不要
(一部必要)
Softbank不要

 

▼UQモバイルのSIM契約はこちら▼

UQモバイル公式サイト

 

 

UQモバイルで他社のiPhoneを使う

 

 

SIMフリーのiPhone

 

アップルストアで購入したSIMフリーのiPhoneは、5S以降の機種であればUQモバイルで使えます

 

SIMフリー端末はSIMロックされていませんので、そのままUQモバイルのSIMを挿してAPN設定すれば使えます。

 

ドコモ・ソフトバンクのiPhone

 

 

ドコモ・ソフトバンクで購入したiPhoneは、「SIMロック解除済み」かつ「iPhone5S以降の機種」であればUQモバイルで使えます。

 

ドコモ・ソフトバンクのマイページまたは店舗でSIMロック解除しましょう。

マイページで解除すれば手数料は無料です。

 

auのiPhone

 

auで購入したiPhoneは少々ややこしいです。

 

iPhone7・7 PlusまではSIMロック解除が必要です。(iPhone6やiPhone6S、iPhoneSEなど)

一方、iPhone8・8 Plus以降の機種はSIMロック解除することなくUQモバイルで使えます。

 

<au端末のSIMロック解除要否>

SIMロック解除
必要
SIMロック解除
不要
発売日2017年
8月1日以前
2017年
8月1日以降
端末例iPhone7
iPhone6S
iPhone SE
iPhone8
iPhone X
iPhone XR/XS

 

auのマイページ「My au」または店舗でSIMロック解除しましょう。

マイページで解除すれば手数料は無料です。

 

auからUQモバイルに乗り換える手順は下記記事に詳しくまとめています。

 

 

▼UQモバイルのSIM契約はこちら▼

UQモバイル公式サイト

 

 

UQモバイルで他社のAndroidを使う

 

SIMフリーのAndroid

 

SIMフリーのAndroid端末を使いたい場合は、以下の2点を確認する必要があります。

 

  • UQのバンドに対応しているか
  • au VoLTEに対応しているか

 

バンドとは、各キャリアごとに使用している電波の周波数です。

Android端末がUQモバイルのバンド(周波数)を掴める仕様でなければ、UQモバイルでは使えません。

 

UQモバイルの対応バンド・周波数

 

UQモバイルのバンドは以下の通りです。

  • FDD-LTE(4G)のB1・18・26
    (18と26はどちらかのみでOK)

 

このバンドに対応していないAndroid端末はUQモバイルでは使えません。

 

au VoLTEへの対応も必要

 

さらにau VoLTEに対応している必要があります。

 

端末のメーカーHPのスペック表を確認し、対応バンドとau VoLTEに対応しているか確認しましょう。

なお、HUAWEIのスマホは購入後のアップデートでau VoLTEに対応する場合もあります。

 

ドコモ・ソフトバンクのAndroid

 

ドコモ・ソフトバンクのAndroidもSIMフリーと同様に「対応バンド・周波数」「au VoLTEへの対応」を確認しましょう。

バンドとau VoLTEに対応している機種は、SIMロック解除すればUQモバイルで使えます。

 

ただし、ドコモ・ソフトバンクのAndroid端末はどのバンドに対応しているか未公表の場合や、UQモバイルのバンドに対応していない端末が多いです。

基本的にはUQモバイルで使わないほうが良いでしょう。

 

ドコモのAndroidはmineoOCNモバイルONE・楽天モバイルのドコモ回線で使うのがおすすめです。

 

同様に、ソフトバンクのAndroidはワイモバイルLINEモバイルのソフトバンク回線がおすすめです。

 

auのAndroid

 

auのAndroid端末はUQモバイルで使えます。

ただし、こちらもSIMロック解除が必要な場合があります。

 

2017年8月1日以前に発売された端末はSIMロック解除が必要です。

2017年8月1日以降に発売された端末は、SIMロック解除無しでそのまま使えます

 

▼UQモバイルのSIM契約はこちら▼

UQモバイル公式サイト

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

 

こんな端末はUQで使えるか要注意

 

Android端末

 

SIMフリー、またはドコモ・ソフトバンクで購入したAndroidスマホはUQモバイルでは使えない可能性があります。

 

繰り返しになりますが、UQモバイルで使える端末は「UQモバイルのバンド」と「au VoLTE」に対応している必要があります。

Android端末は対応していない場合も多く、必ず確認してください。

 

海外版SIMフリー端末

 

国内で発売されたSIMフリーのAndroid端末は、バンドが合致しau VoLTEに対応していればUQモバイルで使えます。

しかし、同じSIMフリー端末でも海外版のスマホには注意が必要です。

 

中古スマホ店や通販サイトでは、海外で発売されたAndroidスマホが販売されています。

国内版のAndroidスマホがUQモバイルで使えるからといって、海外版も使えるわけではありません。

海外版のAndroidスマホはUQモバイルのバンド・周波数の一部に対応していない場合がありますので注意が必要です。

 

日本メーカーのスマホや、国内モデルと同じ名称の機種(例:Xperia)でも海外版は対応周波数が異なりますので注意してください。

 

手持ちの端末が使えるか確認する方法

 

対応バンド/周波数を確認する

 

動作確認に記載のない端末がUQモバイルで使えるかどうか確認するためには、対応バンド(周波数)au VOLTEへの対応可否を確認します。

 

対応バンドとは、その端末で掴むことができる電波の周波数のことです。

端末ごとにどの周波数を掴めるかが分かれており、UQモバイルの周波数を掴めない端末はUQモバイルでの通信ができません。

 

また、バンドが対応していてもau VoLTEに対応していなければUQモバイルでは使えません。

 

UQモバイルの対応バンド

 

UQモバイル(=au)のバンドは以下の通りです。

 

  • FDD-LTE(4G):1・18・26
    (18と26はどちらか一方で可)

 

上記のバンドに加え、au VoLTEへの対応必要です。

 

バンドはメーカー公式HPを確認

 

前章で解説した通り、UQモバイルで使えるか調べる際には、UQモバイルのバンドとau VoLTEに対応しているかを調べればOKです。

 

SIMフリー端末はほとんどが対応バンドとau VoLTEへの対応可否を端末の公式HPで公表しています。

 

対応バンド非公表の端末も

 

ただし、一部のメーカーでは対応バンド・周波数を明確に公表していない場合もあります。

特に「Galaxy」「AQUOS」「Xperia」など、ドコモ・au・ソフトバンクで並行して販売されている機種は注意が必要です。

 

これらの場合、同じ機種でも発売されたキャリア毎に周波数が違う場合があります。

しかし、公式HPには詳しいバンドやau VoLTEへのが書いてなく、サポートに問い合わせても教えてくれないことも多いです。

 

WEBなどで調べると公式HP以外に対応バンドが書いてあるサイトもありますが、正しいかどうかはわかりません。

公式サイトで対応バンドがはっきりとわからない場合は、使わない方が良いかもしれません。

 

バンドが不明の場合は?

 

ドコモ・ソフトバンクで購入したAndroid端末でバンド・周波数がはっきりとわからない場合は、UQモバイルではなく同じ回線を使っている格安SIMを選びましょう。

 

ドコモで購入したAndroid端末は、mineoやLINEモバイル、OCNモバイルONEや楽天モバイルのドコモ回線プランであれば確実に使えます

 

また、ソフトバンクで購入した端末はワイモバイルやLINEモバイルのソフトバンク回線プランであれば確実に使えます。
※ワイモバイルはSIMロック解除が必要

 

通信速度の観点から、ドコモ回線ならmineo(Dプラン)か楽天モバイル、ソフトバンク回線を選ぶならワイモバイルLINEモバイル(ソフトバンク回線)がおすすめです。

 

端末をUQモバイルで使う設定

 

UQモバイルで使えることが確認でき、端末にUQモバイルのSIMカードを挿入したらAPN設定(プロファイルインストール)が必要です。

 

APN設定とは、端末をUQモバイルのネットワーク回線に接続するための設定です。

APN設定をしないとUQモバイルの回線につながりません。

 

AndroidのAPN設定

 

Android端末は多くの場合、端末にSIMカードを入れて「設定」⇒「モバイルネットワーク」⇒「アクセスポイント名」をタップすると、下記のように自動でキャリアの候補が表示されます。

その中からUQモバイルを選択すればOKです。

 

 

もし上記ができない場合は「Android端末のAPN設定」を参考に設定を行ってください。

 

iPhoneのAPN設定

 

iPhoneのAPN設定は下記に手順が記載されています。

 

 

なお、iPhoneのAPN設定をするためにはデータ通信が必要になります。

ですがモバイルデータ通信はまだできませんので、Wi-Fiに接続してから設定をしてください。

 

▼UQmobileのSIMカードを購入▼

UQモバイル公式サイト

 

 

SIM購入時のお得なキャンペーン

 

UQモバイルでSIMカードを契約する際にお得なキャンペーンが実施中です。

SIM購入時は必ずキャンペーンを利用しましょう。

 

限定キャッシュバック中

 

現在、当サイト「シムラボ」ではUQモバイルの限定キャッシュバックキャンペーンを実施しています。

当サイトからUQモバイルの指定プランに申し込めば、高額現金キャッシュバックがもらえます。

 

契約プランキャッシュバック
おしゃべり・
ぴったり
プラン
S¥10,000
M¥11,000
L¥13,000
データ高速+音声¥5,000

 

有料オプション加入などの条件もありません。

当サイトから申し込んで条件を満たせば必ずキャッシュバックが貰えますので、ぜひ利用してください。

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

 

UQ家族割で月500円割引

 

 

UQ家族割は、家族でUQモバイルに申し込むと、2回線目以降の月額料金が1台あたり500円割引になるキャンペーンです。

 

最大9回線まで割引になり、割引は契約している限りずっと続きます。

 

ただし、UQ家族割が適用されるのは、親回線・子回線ともにおしゃべりプラン・ぴったりプランのみです。

 

本キャンペーンは終了日が定まっておらず、常に実施しています。

詳細は下記記事に詳しくまとめています。

 

 

▼家族割でさらに500円引き▼

UQモバイル公式サイト

 

 

その他キャンペーン

 

上記以外にも、UQモバイルではお得なキャンペーンを実施しています。

人気のオプションが無料になったりといったキャンペーンを不定期で開催しています。

 

現在実施中のキャンペーンは下記記事にまとめています。

SIM契約前に必ずチェックしましょう。

 

 

▼UQモバイルに乗り換える▼

UQモバイル公式サイト

 

UQモバイルのSIM購入はこちら!

 

以上、UQモバイルで使えるスマホ・使えないスマホの解説でした。

 

動作確認端末一覧に記載がない機種でも問題なく使える場合があります。

本記事をよく読み、しっかりと確認してからUQモバイルのSIMを契約しましょう。

 

UQモバイルのSIMカード契約は「UQモバイル公式サイト」から行います。

お得なキャンペーン実施中ですので、お早めに申し込んでください!

 

▼UQmobileのSIM契約はこちら▼

UQモバイル公式サイト

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

 

 

UQモバイル トップへ

 

UQモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-