格安SIMのキャンペーン一覧はこちら 

UQモバイルのギガぞうを解説!フリーWiFiスポットやデータ圧縮が便利

 

 

本記事ではUQモバイルのWiFiスポット「ギガぞう」を解説します。

 

外出先でもWiFiが使えるだけでなく、データ容量を圧縮してくれる機能もあります。

UQモバイル契約者はぜひとも利用しましょう。

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

UQモバイルのギガぞうとは?

 

 

UQモバイルの「ギガぞう」は街中のいろいろな場所で使える公衆無線LANサービスです。

 

独自の暗号化通信により、セキュリティ性の非常に高い安全な通信を実現しています。

そのため、フリーWi-Fiをそのまま使うのはセキュリティの面で不安でという人も、ギガぞうであれば安心して利用することができます。

 

さらにギガぞうは、通常のUQモバイルのモバイルデータ通信のデータ容量の圧縮も行ってくれます。

「公衆無線LANサービス」と「LTEのデータ通信の圧縮」のダブルで通信量を節約することができます。

 

UQモバイルのユーザーならこのギガぞうの専用プランがお得に利用できます。

 

ギガぞうは公衆無線LAN

 

ギガぞうは「公衆無線LAN」と呼ばれるサービスです。

簡単に言うと、飲食店や交通機関などで多くの人が利用できるWi-Fiサービスです。

 

UQモバイル契約者は、ギガぞうのWi-Fiサービスを一部エリアを除き無料で利用できます。

外出先でも快適な通信速度で通信ができ、データ通信量の節約も可能です。

 

UQモバイルでは、以前は「Wi2 300 for UQ mobile」という公衆無線LANオプションが提供されていましたが、ギガぞうはそこからさらにエリアが拡大しました。

 

ギガぞうの月額料金

 

ギガぞうには2つのプランがあります。

 

  • フリープラン for UQ mobile(無料)
  • スタンダードプラン for UQ mobile(月額500円~)

 

フリープランとスタンダードプランの違いは、使える「Wi-Fiスポットの数」です。

スタンダードプランになると、使えるスポットの数は大幅に増えます。

 

スタンダードプランの月額料金

 

スタンダードプランの月額料金は、決済方法により微妙に異なります。

スタンダードプランの詳しい料金は以下の通りです。

 

  • クレジットカード決済:月額463円(税別)
  • iTunes Store決済:月額463円(税別)
  • Googleウォレット決済:月額500円(税別)

 

カフェやレストランは全てスタンダードプランのみで利用できるスポットです。

フリープランでは利用できません。

 

「カフェでノートパソコンを開いて、ギガぞうのWi-Fiで仕事をしたい!」と考えている人は、有料のスタンダードプランに申し込みをしましょう。

 

決済方法により3ヶ月料金無料

 

UQモバイルの利用者であれば、初回30日間は無料でギガぞうのスタンダードプランを利用できます。

またさらに、ギガぞうのキャンペーンとして2ヶ月間無料期間が延長されています。

 

したがって最大で3か月間はギガぞうを無料で利用可能です。

 

ただし、キャンペーンでの無料期間は申し込みした決済方法により異なります

必ずしも2か月間の無料期間を受けられるわけではないので、この点は注意しましょう。

 

  • クレジットカード決済:翌月末まで無料
    (最大2か月間無料)
  • iTunes Store決済:1か月間無料
  • Googleウォレット決済:無料期間なし

 

基本的には、無料期間が長く、月額料金も安いクレジットカード決済がおすすめです。

無料期間中の解約すれば料金はかからないので、ギガぞうが気になっている人は無料期間を利用して試してみると良いですよ。

 

無料プランへ移行も可

 

有料のスタンダードプランから無料のフリープランへの移行も随時可能です。

 

無料期間で試しにスタンダードプランを利用してみて、いまいちだと思ったら無料プランに移行することもできます。

まずは気軽に試してみると良いですね。

 

オプションエリアも利用可

 

ギガぞうでは、Wi2 300ではオプションエリアだったカフェやレストランが、スタンダードプランの月額料金のみで利用可能です。

 

Wi2 300でのオプションエリアとは、以前は1時間100円の別料金で利用していたWi-Fiスポットのことです。

これまでUQモバイルで提供していたWi2 300では、一部のエリアはオプションエリアとなっており別途料金が必要でした。

 

ギガぞうになり、オプションエリアも月額料金内で利用できるようになりました。

今では何時間でもカフェやレストランのWi-Fiスポットの利用できるので、とても便利になりました。

 

ギガぞうが使えるエリア

 

ギガぞうのWi-Fiスポットは街中のいたるところで利用できます。

 

主なWiFiスポット

 

カフェ、駅の中、ファミレスなど、街中のあらゆる場所にギガぞうのWi-Fiスポットがあります。

 

▼ギガぞうが使えるスポット例▼

 

特にカフェについては、有名店のほとんどにギガぞうがあります。

外出先で仕事をすることが多い人も、ギガぞうがあればすぐ対応できます。

 

WiFiスポットの検索方法

 

近くのWiFiスポットは「ギガぞうWi-Fiエリア検索」のページからWiFiスポットを検索できます。

 

フリーワード検索で調べたい地域の地名を入力すればすぐに検索できます。

また都道府県から順次、地名を指定しての検索も可能です。

 

東京駅付近のWiFiスポットだと以下の通りです。

 

▼東京駅付近のギガぞうのスポット▼

 

緑がWi2 300のフリーエリア、青や水色がスタンダードエリア、オレンジがオプションエリアです。

ギガぞうのスタンダードプランであれば、オプションエリアを含め全てのWi-Fiスポットが利用可能です。

 

やはりお店が多いエリアだと、Wi-Fiスポットもたくさんありますね。

 

フリーエリアを検索する方法

 

フリーエリアだけを調べる方法もあります。

 

フリーエリアだけを調べるには、「ギガぞうWi-Fiエリア検索」でエリアの項目で「フリーエリア」だけにチェックを入れて検索をかければオッケーです。

 

検索結果にはフリーエリアのWi-Fiスポットだけが表示されるようになります。

 

ギガぞうの設定方法

 

ギガぞうの設定はアプリから可能です。

UQモバイル専用プランに申し込むためにはUQモバイル回線での申し込みが必須です。

 

申し込みは不要

 

UQモバイルへのギガぞうの利用登録は不要です。

ギガぞうのアプリをインストールし、登録を行えばオッケーです。

 

ギガぞうアプリの設定手順

 

ギガぞうの初回登録と設定方法は以下の通りです。

 

  1. アプリのインストール
  2. UQ回線でアプリを起動
  3. 初回登録
  4. プロファイルインストール
    (iPhoneのみ)

 

ギガぞうアプリのダウンロード

 

まずはギガぞうのアプリをダウンロードしましょう。

 

 

UQモバイルの回線のままアプリを起動

 

Wi-Fiに接続せずに、UQモバイルの回線のままでギガぞうのアプリを起動します。

UQモバイルの回線を認識させることで、UQモバイル利用者専用のページが表示されます。

 

初回登録を進める

 

画面の指示に従って初回登録を進めましょう。

途中で「UQ mobileユーザー様向けのプランが適用されます」という表示が出るはずです。

 

 

この表示が出れば、UQモバイル利用者として登録ができ、「30日間無料」などの特典が利用できることになります。

必ず確認しましょう。

 

もし表示が出なかったら登録を完了せずに、アプリを再起動して登録を一からやり直すようにしましょう。

 

?プロファイルのインストール(iPhoneのみ)

 

iPhoneの場合には、プロファイルのインストールが必要です。

ユーザー登録完了後に、続けてプロファイルのインストールの画面が出てくるので、画面の指示に従って進めていきましょう。

 

 

ギガぞう利用時の注意点

 

便利でお得なギガぞうですが、利用する上で知っておくべき注意点がいくつかあります。

注意点を確認しておけば、より快適に便利にギガぞうを利用していけるはずです。

 

申込はUQモバイル専用プラン

 

前章で解説したとおり、アプリをインストールした後はWi-FiをOFFにしてUQモバイルの回線で登録手続きをしましょう。

UQモバイル回線で初回登録手続きを行うことで、UQモバイル専用プランへの申し込みすることができます。

 

うっかり自宅のWi-Fi環境で登録を完了してしまうと、UQモバイル専用プランとはならず、通常プランとなってしまい30日間無料の特典が受けられません。

 

LTEデータ通信を圧縮

 

ギガぞうはWi-Fi接続だけでなく、UQモバイルの回線に接続しているときも威力を発揮します。

 

UQモバイルの回線でのデータ通信、つまりLTEデータ通信の通信量を圧縮して、消費容量を少なくしてくれます。

節約容量は人によって異なりますが、1か月で数GBの節約になることも多いようです。

 

ギガぞうのデータ圧縮機能でデータ通信量を減らすことができれば、少ないデータ容量のプランに切り替えて月々のスマホ代を節約することも可能です。

 

ただしLTEデータ通信の圧縮機能を常時ONにしておくと「バッテリー消費が激しい」という声もあります。

スマホのバッテリーと相談しながら、上手くギガぞうを利用できると良いですね。

 

データ通信を圧縮しない方法

 

ギガぞうで電池持ちが悪いと感じたらデータ通信を圧縮をOFFにしましょう。

ギガぞうアプリのホーム画面の設定から「モバイルデータ通信の節約」をOFFにすることで、データ通信の圧縮機能を停止できます。

 

データ通信の圧縮は月々のデータ通信料の節約に大いに役立ちますが、やはりバッテリー消費が激しくなることもあります。

 

弱いWiFiに接続しない方法

 

ギガぞうでは電波の弱いWi-Fiに接続しない設定にしておくこともできます。

アプリ内の設定画面の「電波の弱いWi-Fiは利用しない」の切り替えから設定が可能です。

 

Wi-Fiの自動接続の設定は自動的にデータ通信量を節約してくれる便利な機能ですが、何でもかんでも接続してしまうので、まともに通信できないような電波の弱いWi-Fiを拾ってしまうこともあります。

 

弱いWi-Fiをつかまないように「電波の弱いWi-Fiは利用しない」の設定はオンにしておきましょう。

 

複数端末で利用可能

 

ギガぞうは1契約で5台まで利用が可能です。

お手持ちのスマホのほかに、タブレットやPCでも利用できますので、積極的に利用しましょう。

 

PCでも利用可能

 

ノートパソコンでもギガぞうが利用できます。

パソコンの利用方法はこちらの公式ページから確認できます。

 

パソコンをギガぞうで利用するためには有料のスタンダードプランへの加入が必須です。

無料のフリープランではパソコンが使えない点には注意しましょう。

 

無料プランへのプラン変更方法

 

ギガぞうのスタンダードプランは最大3ヶ月無料ですが、無料期間中に無料プランへの切り替え持っ可能です。

 

 

有料のスタンダードプランの解約、無料プランへの変更の方法は決済方法により異なります。

 

?iTune Store決済の場合

 

設定の中のiTunes StoreとApp Storeから解約できます。

 

  1. iPhone/iPadで「設定」をタップする
  2. 「iTunes StoreとApp Store」をタップする
  3. 「Apple ID」をタップする
  4. 「Apple IDを表示」をタップする
  5. Apple IDのパスワードを入力し、「OK」をタップする
  6. 「登録」をタップする
  7. 「ギガぞう」をタップする
  8. 「登録をキャンセルする」をタップする

 

?Googleウォレット決済の場合

 

Playストアの「定期購読の解約」からギガぞう有料プランの解約ができます。

 

  1. Android端末で[Playストア]をタップする
  2. メニュー(画面左上三本線)をタップする
  3. 「定期購入」をタップする
  4. ギガぞうの「解約」をタップする
  5. メッセージ内の「定期購入の解約」をタップする

 

?クレジットカード決済の場合

 

アプリ内またはギガぞうのマイページから解約できます。

有料プラン解約後も残りの期間は有料サービスが利用できます。

解約をすることを決めたのであれば早めに解約手続きを行いましょう。

 

ギガぞうの評判・口コミは?

 

ギガぞうを実際に使っているユーザーの間ではどのような評判が多いでしょうか?

良い評判、悪い評判含めて、ギガぞうの評判を確認していきましょう。

 

電車やバスで便利に使える

 

自分の生活圏がギガぞうにだいたいカバーされていることに気づきGPD Pocket2とスマホで愛用しだしたらかなり快適に…
電車の車両やバスがワタシのポケファイ状態

 

名鉄バスに乗ったら、ギガぞう君がバリ3!
快適快適!こりゃ便利!

 

電車やバスなどの交通機関でもギガぞうが使えるところがたくさんあります。

特に通勤・通学路にギガぞうがあると毎日使えて便利なようですね。

 

電池の減りが早くなる

 

ギガぞうアプリを入れて1週間、様子をみていたが、自分にとってはあまり効果は少ないかな?
アプリが電池を食うので、電池持ちが悪くなったので、かえってマイナスかも……

 

ギガぞうアプリがWi2のWifiを自動ログインしてくれるのはいいんだけど、都内地下鉄やなんかで高速移動してる日は、電池の消費が激しい。
アクセスポイントを切り替えたりWifi切断を繰り返してる影響かと感じる。
VPN利用だけを切ったら消費量が変わるのかを試してみたい。

 

ギガぞうはデータ圧縮、Wi-Fi自動接続などで、バックグラウンドで常に機能している状態になります。

データ容量が節約できる一方で、電池の減りは速くなることも多いようです。

バッテリー容量の小さいスマホを使っている人には少し厳しいかもしれません。

 

圧縮の効果が大きい

 

「ギガぞう」というWiFi接続サービスのアプリを試しているんだけど、自動でWiFiに接続してギガ節約するよりVPN経由の圧縮の効果がかなり大きいみたい。

多分1ヶ月で1GB以上の節約にはなる。

ただしそこに月額500円の価値を見出すかどうか…

圧縮だけで月額300円くらいにならないかな(笑)

 

ギガぞうのメインはWi-Fiサービスですが、圧縮の方に価値を見出す人もいるようです。

Wi-Fiと圧縮の両方でデータ通信量を節約できると、かなり効果が期待できそうですね。

 

ギガぞうでデータ容量を節約しよう

 

以上、UQモバイルのギガぞうの解説でした。

 

ギガぞうを使えば外出先でもWi-Fiが使えますし、データ容量を圧縮する便利機能もあります。

UQモバイル契約者はぜひ利用しましょう。

 

これからUQモバイルを契約される方は「UQモバイル公式サイト」から契約しましょう。

当サイト限定のキャッシュバックも実施中です。

 

▼UQへの申し込みはこちら▼

UQモバイル公式サイト

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

 

 

UQモバイル トップへ

 

UQモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-