格安SIMのキャンペーン一覧はこちら 

UQモバイルは本当に高い?料金を他の格安SIMと比較【2019年版】

本記事では、UQモバイルの料金プランについて解説します。

 

UQモバイルは他の格安SIMと比べて料金が高いといわれていますが、実際はどうなのか、他社と料金を比較して検証します。

また、料金以外のメリット・デメリットも解説しています。

 

▼公式サイトで料金を確認▼

UQモバイル公式サイト

 

メインはおしゃべり・ぴったりプラン

 

まずは、UQモバイルで多くの方が契約する「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」について簡単に解説します。

 

料金プランをもっと詳しく知りたい方は「UQモバイルの料金プラン完全解説」をお読みください

 

料金表と使えるデータ容量

 

UQモバイルの基本的な料金プランであるおしゃべり・ぴったりプランは、データ量(S・M・L)と通話オプション(10分かけ放題/無料通話)がセットになったプランです。

 

 

まずはデータ容量を選びます。

おしゃべりプランもぴったりプランも、S・M・Lの3種類の中から選びます。

最初の1年間は「ワンキュッパ割」が適用されて1,000円安く、2年目から+1,000円になります。

 

プランデータ1年目2年目
S3GB¥1,980¥2,980
M9GB¥2,980¥3,980
L21GB¥4,980¥5,980

※データ容量は契約から2年間

 

次に、無料の通話オプションを選びます。

5分以内の国内通話がかけ放題になるオプションか、最大180分の無料通話のオプションが選べます。

 

5分かけ放題を選ぶと「おしゃべりプラン」、無料通話を選ぶと「ぴったりプラン」になります。

 

SML
おしゃべり5分以内の国内通話かけ放題
ぴったり無料通話
60分
無料通話
120分
無料通話
180分

 

ただし、上記の料金表はあくまで基本料金(=定価)です。

次章で解説するように、実際はさらに安くなります。

 

端末セット購入の場合

 

UQモバイルに契約する場合は、スマホ端末とSIMカードをセットで契約する方法と、SIMカードのみを契約する方法があります。

 

 

端末とSIMカードをセットで契約する場合、月額料金が割引になりかなりお得に購入できます。

 

例えばiPhone6S(32GB)とSIMをセットを契約する場合で見てみましょう。

UQモバイルにおけるiPhone6S(32GB)の本体価格は59,724円です。

 

ですが、「おしゃべり・ぴったりプラン」とセットで契約すると、「マンスリー割」と呼ばれる月額料金の割引が適用され、毎月2,052円安くなります。

よって、iPhone6Sの実質的な端末負担額は10,476円です。

 

UQモバイルでスマホとセットで契約すると、それぞれ別に買うよりかなりお得に購入できるのです。

 

最低利用期間・契約解除料

 

おしゃべり・ぴったりプランを契約する際の注意点は最低利用期間と契約解除料(違約金)です。

おしゃべり・ぴったりプランの最低利用期間(いわゆる縛り期間)は2年間です。

 

2年後に訪れる更新月(3か月間)以外に解約する場合は、税抜9,500円の契約解除料(違約金)がかかります。

 

▼UQモバイルの料金プランを確認▼

UQモバイル公式サイト

 

データ高速プランも人気

 

データ高速プランとは

 

UQモバイルにはおしゃべり・ぴったりプラン以外に「データ高速プラン」も用意されています。

 

データ高速プランは、データ容量は3GBのみですが最低利用期間が1年のプランです。

 

おしゃべり
・ぴったり
プラン
データ高速
プラン
最低利用期間2年1年
データ容量S・M・Lの
3種類
3GB
基本料金1,980円~
4,980円
1,680円/月

 

データ高速プランのメリット

 

 

データ高速プランには通話オプションはついていません。

そのため、月額料金はおしゃべり・ぴったりプランのSより安いです。

 

また、最低利用期間が1年と短いのもメリットです。

最低利用期間が2年のおしゃべり・ぴったりプランの半分で済みます。

 

データ高速プランのデメリット

 

一方、データ容量が3GBしか選べない点です。

また、学割やイチキュッパ割など各種キャンペーンの対象外なのもデメリットです。

 

▼UQモバイルのプランを確認▼

UQモバイル公式サイト

 

他に「データ無制限プラン」もありますが、加入者は少ないのでここでは割愛します
料金プランをもっと詳しく知りたい方は「ワイモバイルの料金プラン完全解説」をお読みください

 

UQモバイルの料金を他社と比較

 

UQモバイルの料金は他社より高いと言われますが、実際に他社と比べて検証します。

 

ワイモバイルとの比較

 

 

メインプランの料金は同じ

 

UQモバイルとワイモバイルのメインのプランの料金は同じです。

 

ワイモバイルのメインとなる料金プランはスマホプランですが、UQモバイルのおしゃべり・ぴったりプランと月額料金・使えるデータ容量は全く同じです。

 

<スマホプラン>

プランデータ1年目2年目
プランS3GB¥1,980¥2,980
プランM9GB¥2,980¥3,980
プランL21GB¥4,980¥5,980

 

ただし、UQモバイルは「5分かけ放題」または「最大90分の無料通話」から選べますが、ワイモバイルは10分かけ放題のみの点が異なります。

 

データ高速プランが選べるのがUQのメリット

 

前章の通り、UQモバイルにはおしゃべり・ぴったりプラン以外にも「データ高速プラン(3GB)」「データ無制限プラン」というプランも用意されています。

 

ワイモバイルは実質的にスマホプランしかありませんので、データ高速プランや無制限プランも選べるのがUQモバイルのメリットです。

 

UQモバイルとワイモバイルの違い

 

UQモバイルとワイモバイルの料金プランはほぼ同じですが、いくつか大きな違いがあります。

 

例えばUQモバイルは「余ったデータの繰り越し」「データ速度の切り替え」が可能ですが、ワイモバイルはできません

 

一方、キャリアメール・留守番電話はワイモバイルは無料なのに対しUQモバイルは有料です。

また、光回線とのセット割があるのはワイモバイルだけです。

 

ワイモバイルとUQモバイルの違いは下記記事に詳しくまとめています。

詳細記事ワイモバイルとUQモバイルの違いはこの4つ

 

  • メインプランの料金は同じ
  • ワイモバイルは10分かけ放題のみ
  • 別プランも選べるのがUQの利点
  • データ通信速度は同等に速い

 

楽天モバイルとの比較

続いて、MVNOで契約者数トップの楽天モバイルとの比較です。

 

楽天モバイルには「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」の2つのプランが用意されています。

 

スーパーホーダイとの比較

 

楽天会員の方が2年契約でスーパーホーダイに契約した場合の料金表は以下の通りです。

 

<楽天のスーパーホーダイ>

プランデータ
容量
楽天会員の
月額料金
S2GB¥1,980
M6GB¥2,980
L14GB¥4,980
LL24GB¥5,980

 

<おしゃべり・ぴったりプラン>

プランデータ量1年目2年目
S3GB¥1,980¥2,980
M9GB¥2,980¥3,980
L21GB¥4,980¥5,980

 

1年目の料金は同額で、2年目の料金はUQモバイルの方が1,000円高くなります。

 

ただし使えるデータ容量が異なります。

スーパーホーダイS・M・Lはそれぞれ2GB・6GB・14GBですが、UQモバイルなら同額で3GB・9GB・21GB使えます。

 

なお、スーパーホーダイはデータ容量を使い切っても最大1Mbpsの速さで通信できるサービスがあります。

このサービスは非常に人気ですね。

 

ただし、通常の通信速度はUQモバイルの方が圧倒的に速いです。

 

  • 1年目は同額、2年目は楽天が月1,000円安い
  • データ容量はUQモバイルが多い
  • 楽天はデータ使い切っても最大1Mbps
  • 通信速度は圧倒的にUQモバイルが速い

 

組み合わせプランとの比較

 

楽天モバイルには、データ容量・通話オプションを自由に選べる「組み合わせプラン」も用意されています。

組み合わせプランの料金表、および10分かけ放題をつけた場合の月額料金は以下の通りです。

 

データ容量音声かけ放題付
ベーシック¥1,250¥2,100
3.1GB¥1,600¥2,450
5GB¥2,150¥3,000
10GB¥2,960¥3,810
20GB¥4,750¥5,600
30GB¥6,150¥7,000

 

おしゃべり・ぴったりプラン(S)は3GBに通話オプションがついて1年目:1,980円、2年目:2,980円です。

よって、楽天モバイルの3.1GBプランにかけ放題をつけた場合とほぼ同じくらいです。

 

データ高速プランと比較すると、UQモバイルは3GBで1680円なので楽天モバイルよりわずかに高いです。

 

  • かけ放題付なら料金はほぼ同じ
  • 楽天は選べる容量の数が多い
  • 楽天はかけ放題なしも選べるのがメリット
  • 通信速度はUQモバイルが断然速い

 

mineo(マイネオ)との比較

 

 

最後に、楽天モバイルに次ぐMVNO契約者数2位のマイネオと比較します。

 

mineo(マイネオ)の音声通話SIMの料金プランは回線の種類によって異なり、以下の通りです。

 

auドコモソフト
バンク
500MB¥1,310¥1,400¥1,750
3GB¥1,510¥1,600¥1,950
6GB¥2,190¥2,280¥2,630
10GB¥3,130¥3,220¥3,570
20GB¥4,590¥4,680¥5,030
30GB¥6,510¥6,600¥6,950

 

UQモバイルのおしゃべり・ぴったりプランは3GBに通話オプションがついて1年目:1,980円、2年目:2,980円です。

また、データ高速プランはかけ放題なしで3GBが1,680円/月です。

 

一方、mineo(マイネオ)の10分かけ放題は月額850円なので、3GBで比較した場合は以下の通りです。

 

キャリア・
プラン
3GB
かけ放題
なし
かけ放題
あり
mineo
(Aプラン)
¥1,510¥2,360
UQモバイル
(おしゃべり)
1年目:1,980円
2年目:2,980円
UQモバイル
(データ高速)
¥1,680

 

かけ放題なしの場合、データ高速プランよりもマイネオの方が170円/月安いです。

かけ放題ありの場合、UQモバイルは平均2480円なのでこちらも120円/月ほどmineoの方が安いです。

 

かけ放題あり・なしどちらでもmineoの方が僅かに安くなります。

ですが、通信速度はワイモバイルが圧倒的に速いです。

 

  • かけ放題あり・なしいずれもmineoが安い
  • 通信速度はUQモバイルが速い

 

結論:UQモバイルは高い?

 

結論から言うと、UQモバイルの月額料金は他の格安SIMより少々高いです。
(ワイモバイルとは同じ)

 

UQモバイルでおしゃべり・ぴったりプランを選ぶ場合も、他の格安SIMで10分かけ放題オプションを付けたほうが安くなります。

また、データ容量が3GB以外の場合はかけ放題または無料通話付きのプランしか選べないのがUQモバイルのデメリットです。

 

3GBでかけ放題なしの場合も、他の格安SIMの3GBプランの方がUQモバイルのデータ高速プランよりわずかに安くなります。

 

料金以外も考慮が必要

 

ただし、上記は単純に料金プランとデータ容量を比較した場合のみです。

格安SIMは料金以外にも考慮すべき点が多数あります。

 

何より、UQモバイルは通信速度が圧倒的に速いです。

また、キャリアメールやキャリア決済が使えたり全国に店舗がある点も魅力です。

 

次章で解説するメリット・デメリットも必ず読んでから格安SIMを検討しましょう。

 

料金以外のUQモバイルのメリット

 

料金以外のUQモバイルの主要なメリットを解説します。

特に通信速度が他の格安SIMに比べかなり速いのは大きな魅力ですね。

 

UQモバイルのメリットは下記記事にも詳しくまとめています
詳細記事UQモバイルのメリット27個まとめ!

 

通信速度はとにかく速い

 

UQモバイルの最大のメリットは通信速度が速いことです。

 

正直、格安SIMの通信速度はドコモ・au・ソフトバンクと比べてかなり遅いです。

通常は3Mbps、お昼は0.5Mbpsくらいが一般的です。(ドコモ本家はお昼でも40Mbpsとか)

 

しかし、UQモバイルの通信速度は非常に快適です。

私も現在契約していますが、最も回線が混雑する12時半頃でも20Mbpsを超えていました。

 

格安SIMの通信速度が不安な方も、UQモバイルなら安心だと思います。

 

速度制限時も他社より速い

 

どの格安SIMキャリアでも、定められたデータ容量を使い切ると速度制限がかかります。

 

UQモバイルでも速度制限があるのですが、UQモバイルは速度制限時でも最大300Kbpsで通信できます。

他社はほとんどが最大128Kbpsなので、制限時でも最大300Kbps出るUQモバイルは魅力的です。

 

128Kbpsも300Kbpsもどちらも遅いことには変わりないのですが、300Kbpsだと遅いなりにSNSやWEB閲覧もできます。

よく速度制限にかかる人は、300Kbpsで通信できるUQモバイルがおすすめです。

 

キャリア決済・キャリアメール

 

UQモバイルはキャリア決済「auかんたん決済」が使えます

 

キャリア決済とは、WEBサービスや通販などで発生した請求を、スマホ料金とまとめて払う事ができるサービスです。

キャリア決済が使える格安SIMは、ワイモバイル・UQモバイルなどごく一部です。

 

また、UQモバイルではキャリアメールも使えます。(月額200円)

キャリアメールとは「~@docomo.ne.jp」「~@softbank.ne.jp」といった、キャリア独自のメールアドレスですが、UQモバイルも「~@uqmobile.jp」というキャリアメールが使えます

 

▼UQ申し込みはこちら▼

UQモバイル公式サイト

 

料金以外のデメリット

 

一方、UQモバイルにはデメリット・注意点もあります。

特に以下の2点はかなり大きなデメリットですのでよくお読みください。

 

その他のデメリットは下記記事にまとめています。
詳細記事UQモバイルのデメリットまとめ

 

最低利用期間が2年

 

UQモバイルの最大のデメリットは、メインのおしゃべり・ぴったりプランの最低利用期間(縛り期間)が2年と長い点です。

最低利用期間を過ぎる前に解約またはMNP転出すると、9,500円+税の契約解除料(違約金)が発生します。

 

格安SIMの音声通話SIMの最低利用期間は1年のところが多いです。

なかには、OCNモバイルONEのように最低利用期間が6ヶ月というキャリアもあります。

 

UQモバイルにも最低利用期間が1年のデータ高速プランがありますが、データ容量は3GBしか選べません。

 

頻繁にキャリアを変更する方や、乗り換えの可能性がある方はこの2年という長さはネックになるでしょう。

 

使えない端末が多い

 

UQモバイルはau回線を使っています。

このau回線は少々特殊で、Android端末はSIMフリーでもSIMロック解除しても使えない端末が多いのです。

(iPhoneはドコモ・ソフトバンク端末でもSIMロック解除すれば使えます)

 

そもそもauのバンド・周波数に対応している端末は少なく、さらにau VoLTEに対応している必要があります。

 

日本国内で発売されるAndroidの端末はドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルのLTE回線にはほぼ対応しているのですが、au VoLTE回線に対応している端末となると、数がぐっと減ります。

 

そのため、UQモバイルで使用できる端末は他の格安SIMキャリアに比べてかなり少ないのがデメリットです。

詳細UQモバイルのメリット・デメリット解説

 

UQモバイルで得する人・損する人

 

結局、私が考えるUQモバイルがおすすめな方、おすすめではない方は以下の通りです。

 

こんな人にUQモバイルはおすすめ

 

<おすすめの人>

  • ネット・SNS・動画をよく見る
  • お昼や夕方の通信速度にこだわる
  • 店舗があった方が安心
  • キャリア決済が必要
  • キャリアメールが必要

 

特にUQモバイルは通信速度が本当に快適です。

お昼や通勤時間帯にもよくネットやSNSを見たり、動画を見る方はUQモバイル(またはワイモバイル)がおすすめです。

 

また、店舗がたくさんあるのも魅力です。

他の格安SIMは店舗がほとんどなく手続きはWEBで完結する必要がありますが、UQモバイルは全国に店舗があり、現在もどんどん増えています。

近くに店舗があるのは安心ですね。

 

こんな人にはおすすめしない

 

逆に、こんな人にはUQモバイルはおすすめしません。

 

<おすすめしない人>

  • それほどスマホは使わない
  • かけ放題は不要
  • 少しでも料金を安くしたい
  • 頻繁にキャリアを買える
  • データ繰り越し機能が必須
  • ドコモ・ソフトバンクのAndroid端末を使いたい

 

本記事で解説した通り、UQモバイルの料金プランは他社に比べて少々高いです。

「スマホはそれほど使わないので料金を1円でも安くしたい」という方は他の格安SIMのほうがおすすめですね。

 

また、最低利用期間が2年であることにも注意が必要です。

頻繁にキャリアを変える方や解約の可能性がある方は、最低利用期間が1年の他キャリアを選びましょう。

 

UQモバイル以外のおすすめは?

 

UQモバイル以外の格安SIMでおすすめのなのは「ワイモバイル」「LINEモバイル」「BIGLOBEモバイル」の3キャリアです。

 

この3キャリアは通信速度が快適です。

通信速度にこだわる方はUQモバイルを含めた4キャリアから選びましょう。

 

ただしLINEモバイルはソフトバンク回線のみ、BIGLOBEモバイルはau回線のみです。

 

BIGLOBEモバイルが最もおすすめ

 

 

この3キャリアの中ならBIGLOBEモバイルがおすすめです。

 

UQモバイルと同じau回線が選べるので、今使っている端末はそのまま使えます。

通信速度はUQモバイルには及びませんが格安SIMの中ではかなり快適で、データ容量も1GBから30GBまで選べます。

もちろんUQモバイルより料金が安いです。

 

au回線は少々扱いが難しい点や、UQモバイルより少々速度が劣る点には注意が必要ですが、UQモバイルと同じau回線ならBIGLOBEモバイル(A)がおすすめです。

詳細記事BIGLOBEモバイルの評判・評価まとめ

 

▼BIGLOBEモバイルに申し込む▼

 

UQモバイルの契約申し込みはこちら!

 

以上、UQモバイルの料金の他社比較でした。

 

本文中で解説した通り、UQモバイルの料金は他社より少々高めですが、それを凌ぐメリットがあります。

私も契約していますが、MVNOでは通信速度が最速で非常におすすめのキャリアです。

 

UQモバイルの契約は24時間受付可能で待ち時間なしの「UQモバイル公式サイト」がおすすめです。

こちらからどうぞ!

 

▼UQモバイル申し込みはこちら▼

UQモバイル公式サイト

 

 

UQモバイル トップへ

 

UQモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-