Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

UQモバイル「DIGNO A」を完全解説!レビュー・スペック・価格をわかりやすく!

 

みなさんこんにちは!

今日は、UQモバイルより2018年春モデルとして3月1日に発売のスマートフォン「DIGNO A」(ディグノA)のスペック・料金について徹底解説します。

 

国内メーカー「京セラ」らしい、防水・防塵・耐衝撃に対応した安心スマホです。その他の機能は最低限ですが、プランM・Lなら端末代金は実質タダと、非常に安いのも特徴です。

初めてスマホを使う方やスマホライトユーザーにおすすめの安心機種です。

※本文中の画像は「UQモバイル公式サイト」および「メーカーサイト」から引用

 

▼申し込み・詳細はこちら▼
UQモバイル公式サイト

 

DIGNO Aの特徴・レビュー

 

防水・防塵対応

 

DIGNO Aは防水・防塵機能に対応しています。

防水については、IPX5/IPX8というレベルです。

これは「水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有する」というレベルです。

 

よく「トイレに落としてスマホが水没した」なんて失敗談を聞きますが、DIGNO Aなら安心。

なんといっても30分水につけておいても大丈夫なんですから!

 

 

防塵についてもIP5Xというレベルです。

よほどのことが無い限り、チリやホコリにより故障することはありません。

まさかのときに安心ですね。

 

衝撃にも強い

 

 

DIGNO Aは、衝撃にも大変強い構造になっています。

画面には割れにくく傷つきにくいガラスの「Dragontrail X」が採用されており、スマホのよくあるトラブル「画面割れ」が起きにくくなっています。

 

また、画面の周りにわずかに突起があるため、衝撃が直接画面にあたりにくくなっています。

DIGNO Aは、なんでも米国国防総省の基準を満たした性能だそうです。なんだか安心ですね(笑)

万が一落としてしまったりしても大丈夫!

 

長持ちバッテリー

 

スマートフォンの難点は、ガラケーに比べ電池の消費が早いこと。

ですが、DIGNO Aは十分な2,600mAhのバッテリーを搭載しています。

また操作による電池の消耗を抑える構造になっているため、電池の持ちが抜群です。

 

また、エコモードという、消費電力を抑えるモードに切り替える機能も搭載しています。

例えば仕事中や夜間など、あまり操作しない時間帯にエコモードにしておけば、その時間だけ消費電力を抑え、その分待受時間を長くすることができます。

 

 

また、エコモードはタイマー設定もできるので、あらかじめ夜間になるとエコモードに切り替えるようにすることも可能です。

 

画面のブルーライトをカット

 

スマホの画面からは、目に悪影響を与えるといわれるブルーライトがでています。

私も以前は長時間使用していると目が疲れてきていました。

 

しかし、DIGNO Aにはブルーライトカット機能が搭載しています。

ボタンひとつでブルーライトカットモードに切り替えることができ、目の疲れを軽減できます。また、就寝前にはブルーライトカットモードにすることで寝つきがよくなるとも言われています。

私も常にブルーライトカットモードONにしています。

 

手袋・濡れた手でも操作可能

 

 

私が最も気に入ったのは、グローブタッチ機能といって、手袋をしたままでも操作ができる機能です。

冬場ははめていた手袋を外してから操作しなければならず、大変不便です。

 

DIGNO Aは本体の画面に手袋でのタッチを読み取る機能があるため、いちいち外す必要がありません。

また、同様に画面が濡れた状態や濡れた手でも操作できるので、水周りでの操作や、お風呂の中で操作する場合にも非常に便利です。

 

カメラは必要最低限

 

DIGNO Aのカメラは以下の通りです。

  • メインカメラ:1300万画素
  • サブカメラ:500万画素

 

それほど低いわけではありませんが、必要最低限といったところでしょうか。

細かい機能はありませんが、誰でも簡単にそれなりの写真が撮影できるようになっています。

 

▼申し込み・詳細はこちら▼
UQモバイル公式サイト

 

DIGNO Aのスペック

 

発売日

 

DIGNO AのUQモバイルでの発売日は2018年3月1日の予定です。

 

デザイン・カラー

 

 

DIGNO Aは「ライトブルー」と「ブラック」の2色です。

 

主な機能

 

DIGNO Aは国内メーカー「京セラ」が生産しており、防水・防塵・耐衝撃に対応しています。

しかし、低価格を実現するために機能を必要最低限に抑えているため、おサイフケータイ、ワンセグや指紋認証センサーといった機能は搭載されていません。

 

機能有無
おサイフ×
防水
防塵
ワンセグ×
指紋認証×

 

スペック詳細

 

本体スペック
サイズ(mm)W72× L145× D8.7
重さ約136g
画面サイズ5.0インチ
解像度1,920 × 1,080
(フルHD)
バッテリー容量2,600mAh
連続通話時間
(LTE)
960分
連続待受時間
(LTE)
530時間
OSAndroid 8.0
CPUSnapdragon430
1.4+1.1GHz
(オクタコア)
メモリ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大256GB)
通信速度(下り)最大150Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,300万画素
有効画素数
(サブカメラ)
500万画素

 

その他、特徴・スペックは「UQモバイル公式サイト」で確認ください。

 

▼申し込み・詳細はこちら▼
UQモバイル公式サイト

 

DIGNO Aの価格・料金

 

UQモバイルの料金は非常にシンプルです。

基本的にプラン料金(S/M/L)+ 端末料金になります。

 

<おしゃべりプラン>

 

<ぴったりプラン>

 

DIGNO Aの月額料金と、2年間使用した場合の料金は以下の通りです。

プランM・Lの場合は端末代金が実質タダになります。

 

<端末代金24回払い>

プランSプランMプランL
購入時料金¥3,240
月額
料金
1年目¥2,462¥3,218¥5,378
2年目¥3,542¥4,298¥6,458
2年総支払額¥75,396¥93,540¥145,380

 

<端末代金一括払い>

プランSプランMプランL
購入時料金¥34,452
月額
料金
1年目¥1,166¥1,922¥4,082
2年目¥2,246¥3,002¥5,162
2年総支払額¥75,396¥93,540¥145,380

 

DIGNO VとDIGNO Aの比較

 

UQモバイルでは同じ京セラからDIGNO Vが発売されています。どちらを選ぶかお悩みの方に、DIGNO AとDIGNO Vを比較しました。

 

スペックの比較

 

DIGNO AはDIGNO Vに比べ、画面解像度がフルHDになり、美しくなりました。

またメモリーRAMが3GBに、ストレージが32GBになったのは大きな進化です。

 

一方、バッテリーに関しては数値上はDIGNO Vの方が勝っています。

ただし、この数値は実際の持ちと当てはまらない場合も多いので、あまり気にしなくて良いと思います。

 

スペックDIGNO ADIGNO V
サイズ
(mm)
W72 × L145
× D8.7
W73 × L146
× D8.9
重さ約136g約139g
画面サイズ5.0インチ5.0インチ
解像度1,920 × 1,080
(フルHD)
1,280 × 720
(HD)
バッテリー容量2,600mAh2,600mAh
連続通話
時間(LTE)
960分1,300分
連続待受
時間(LTE)
530時間650時間
OSAndroid 8.0Android 7.1
CPUSnapdragon
430
1.4+1.1GHz
(オクタコア)
Snapdragon
430
1.4+1.1GHz
(オクタコア)
メモリ
(ROM)
32GB16GB
メモリ
(RAM)
3GB2GB
対応外部
メモリ
microSDXC
(最大256GB)
microSDXC
(最大256GB)
通信速度
(下り)
最大150Mbps最大150Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,300万画素1,300万画素
有効画素数
(サブカメラ)
500万画素500万画素

 

また、このほかにもDIGNO Vではおサイフケータイが搭載されていましたが、DIGNO Aには搭載されていません。

 

機能DIGNO ADIGNO V
おサイフ×
防水
防塵
ワンセグ××
指紋認証××

 

基本的にはDIGNO Aの方が全体的な機能は進化していますが、おサイフケータイが必要な方はDIGNO Vを選んでも良いでしょう。

 

価格・料金の比較

 

<DIGNO A(24回分割払い時)>

プランSプランMプランL
購入時料金¥3,240
月額
料金
1年目¥2,462¥3,218¥5,378
2年目¥3,542¥4,298¥6,458
2年総支払額¥75,396¥93,540¥145,380

 

<DIGNO V(24回分割払い時)>

プランSプランMプランL
購入時料金¥3,240
月額
料金
1年目¥2,138¥3,218¥5,378
2年目¥3,218¥4,298¥6,458
2年総支払額¥67,620¥93,540¥145,380

 

上表の通り、DIGNO AとDIGNO Vの料金はプランM・Lの場合どちらも端末代金実質タダになり、同額です。

プランSの場合のみDIGNO Aはタダではないので、DIGNO Aの方が高くなります。

 

おすすめは断然DIGNO A

 

スペックと料金を比較すると、おすすめは断然DIGNO Aです。

メモリー(RAM)が3GBに進化したのが大きいですね。

 

料金もプランM・プランLの場合は同額なので、断然DIGNO Aw選ぶべきですね。

ただし、

  • プランSを契約する場合
  • おサイフケータイを使いたい場合

はDIGNO Vにしましょう。

 

DIGNO A購入は公式サイトが便利!

 

以上、UQモバイルで発売された「DIGNO A」のスペック・価格・レビューの解説でした!

 

国内メーカー「京セラ」らしい、防水・防塵・耐衝撃に対応した安心スマホです。その他の機能は最低限ですが、端末価格はプランM・Lなら実質タダなのも嬉しいですね。

初めてスマホを使う方やスマホライトユーザーにおすすめの安心機種です。

 

DIGNO Aは申し込みは「UQモバイル公式サイト」からとうぞ!

 

▼申し込み・詳細はこちら▼
UQモバイル公式サイト

 

<関連記事>

 

UQモバイル トップへ

 

UQモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-