Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

UQモバイルのおすすめ端末 10機種比較ランキング【2019年版】

本記事ではUQモバイルで発売中の端末から、人気のおすすめ機種を比較し、ランキング形式で紹介します。

 

初めてUQモバイルのスマホを購入予定の方、機種変更・端末変更を検討中の方は是非参考にしてください。

記事後半では、UQモバイルで使える人気のSIMフリー端末も紹介しています。

 

▼今すぐUQの端末を購入▼

UQモバイル公式サイト

 

2018年12月にiPhone7が発売されました
UQモバイルでiPhone7が発売!価格や注意点は?
現在お得な学割キャンペーン「ファミゼロ学割」が実施中です!

 

UQモバイルのおすすめ機種・端末

 

1位:HUAWEI P20 lite

 

 

私がUQモバイルで最もおすすめする端末は2018年6月に発売の「HUAWEI P20 lite」です。

 

この端末はUQモバイル以外の格安SIMでもダントツの人気です。

2018年で最も売れるAndroidのSIMフリースマホになるのは間違いないでしょう。

 

HUAWEI P20 liteはメインカメラに1,600万+200万画素のデュアルレンズを搭載しています。

美しい写真はもちろん、ポートレートモードでプロのような”ボケ”を演出することが可能です。

自撮り用のインカメラも1,600万画素とハイスペックです。

 

CPUはKirin659で、メモリー(RAM)は4GBと十分な性能です。

超高負荷の3Dゲームを除けば、処理速度はサクサクで快適でしょう。

急速充電顔認証・指紋認証センサーを搭載している点も高評価ですね。

 

UQモバイルではHUAWEI P20 liteが非常に安く購入できます。

おしゃべり・ぴったりプランの場合、端末代金の実質負担額は13,000円ほどです。

この性能ではありえない安さですね。

 

<端末代金実質負担額>

機種代金マンスリー割
(24ヶ月)
実質
負担額
¥31,212¥756¥13,068

※プランS/M/L同額

 

  • icon-circle-o アウトカメラはデュアルレンズ
  • icon-circle-o 自撮り用カメラは78度広角レンズ
  • icon-circle-o Kirin659+4GBメモリー搭載
  • icon-circle-o 顔認証&指紋認証センサー搭載
  • icon-circle-o 急速充電対応
  • icon-circle-o 性能の割に抜群のコスパ
  • icon-circle-o 実質13,000円ほどで買える
  • icon-times 防水・防塵なし

 

詳細記事UQモバイル「HUAWEI P20 lite」を徹底解説!

 

▼P20 liteを購入する▼

UQモバイル公式サイト

 

2位:iPhone7

 

 

続いてのUQモバイルのおすすめ端末は、iPhone7です。

ついにUQモバイルでもiPhone7が発売になりました。

 

iPhone7は2世代前のiPhoneですが、今でも性能は十分です。

ベンチマークスコアは、2018年末に発売されたOPPO R17 Proよりも高いです。

3Dゲームをされる方も満足されるでしょう。

 

おサイフケータイ(Felica)に対応し、ホームボタンで指紋認証もできます。

防水・防塵にも対応しているのが嬉しいですね。

 

他端末に比べて価格は高いですが、32GB端末なら実質3.4万円ほどで購入できます。

どうしてもiPhoneがよいという方も多く、比較的安価に使えるiPhone7は非常におすすめです。

 

<UQmobileのiPhone7の実質負担額>

プラン月額割引実質負担額
32GB
S¥864¥47,196
M・L¥864¥34,236
128GB
S¥864¥60,156
M・L¥864¥47,196

 

  • icon-circle-o iPhone7が待望の発売
  • icon-circle-o ゲームもできる高性能機種
  • icon-circle-o ホームボタンあり
  • icon-circle-o おサイフケータイ対応
  • icon-circle-o 防水・防塵
  • icon-circle-o テザリングも可能
  • icon-times 価格は他機種より高い
  • icon-times SIMロック済み

 

詳細記事UQモバイルのiPhone7を解説

 

▼UQでiPhone7を購入する▼

UQモバイル公式サイト

 

3位:OPPO R17 Neo

 

続いてのUQモバイルのおすすめ端末は、OPPOというスマホメーカーが発売した「R17 Neo」です。

OPPOの知名度はまだ高くありませんが、高性能な割に価格が安く、最近は日本でも人気が出てきました。

 

OPPO R17 NeoはUQモバイルで発売されているAndroid端末の中で最も性能が高い機種です。

搭載CPUはSnapdragon660メモリー(RAM)は4GBです。

一部の超高負荷の3Dゲームを除けば動作は非常に快適でしょう。

 

アウトカメラもAI搭載のデュアルレンズカメラで、AIが自動で被写体を判別し自動で設定を最適化してくれます。

また、画面にタッチすることで指紋認証ができる日本初の機種です。

DSDS対応トリプルスロットなのも嬉しいですね。

 

 

同タイミングで発売の新機種AQUOS sense2と比べ、CPUやカメラの性能は圧倒的にOPPO R17 Neoの方が高いです。

その割に端末の実質負担額はAQUOS sense2と同じなので、高性能機種が欲しい方はR17 Neoにしましょう。

 

ただし、おサイフケータイや防水といった機能は付いていませんので注意してください。

また、USB端子はmicro USBです。

 

もし自分が今UQモバイルで端末を買うなら、このOPPO R17 Neoを選ぶと思います。

 

<端末代金実質負担額>

機種代金マンスリー割
(24ヶ月)
実質
負担額
¥38,988¥540¥26,028

※プランS/M/L同額

 

  • icon-circle-o UQモバイルで最も高性能の端末
  • icon-circle-o Snapdragon660搭載
  • icon-circle-o メモリーRAMも4GB
  • icon-circle-o AI搭載のデュアルレンズカメラ
  • icon-circle-o インカメラも2500万画素
  • icon-circle-o 画面にタッチで指紋認証
  • icon-circle-o DSDS+SDのトリプルスロット
  • icon-circle-o イヤホンジャックあり
  • icon-circle-o 性能の割に端末価格が安い
  • icon-times 防水非対応
  • icon-times USB端子はmicro USB
  • icon-times OPPOは知名度が低い?

 

詳細記事OPPO R17 Neoのスペック・価格を解説!

 

▼R17 Neoの詳細をチェック▼

UQモバイル公式サイト

 

4位:AQUOS sense2

続いてのおすすめ端末は、2018年秋に発売のAQUOS sense2(アクオスセンス2)です。

現在UQモバイルで発売されている「AQUOS sense」の後継機です。

 

安心の国産スマホで多機能なのに加え、カメラはAI搭載に進化しています。

非常に美しいSHARPのIGZOディスプレイに加え、もちろん防水・防塵やおサイフケータイも搭載しています。

 

AQUOS senseの搭載CPUはSnapdragon450で、ゲームなどには向きませんが普段使いには十分です。

また、カメラにはAI(人工知能)が搭載されており、被写体を判別して自動で最適な撮影モードに切り替えてくれます。

誰でもかんたんに美しい写真が取れるのが嬉しいですね。

 

ただし、前作「AQUOS sense」は実質108円で購入できます。

性能にこだわらない方はAQUOS senseを購入するのもありかと思っています。

 

<端末代金実質負担額>

機種代金マンスリー割
(24ヶ月)
実質
負担額
¥39,396¥540¥26,028

※プランS/M/L同額

 

  • icon-circle-o 安心・多機能の国産スマホ
  • icon-circle-o 防水・防塵対応
  • icon-circle-o おサイフケータイ搭載
  • icon-circle-o AI搭載カメラで写真が誰でも美しく
  • icon-circle-o 便利機能が満載
  • icon-times AQUOS senseは実質108円
  • icon-times CPU性能は平凡

 

詳細記事UQモバイル「AQUOS sense2」の詳細解説!

 

▼AQUOS sense2をチェック▼

UQモバイル公式サイト

 

5位:iPhone SE

 

f:id:SCANTY:20170916233441p:plain

 

続いてのおすすめ端末は、UQモバイルで販売されているiPhoneのひとつ、「iPhone SE」です。

 

格安SIMで販売されているiPhone SEは海外モデルのCPO品が多いのですが、UQモバイルのiPhone SEは国内モデルの正規版です。

ストレージ容量は32GBと128GBの2種類から選ぶことができます。

 

iPhone SEの特徴はコンパクトな画面サイズです。

コンパクトサイズのiPhoneは根強い人気で、アップルストア出の販売が終了した後に人気が再燃しています。

どの格安SIMでも在庫切れ間近ですので、iPhone SEが欲しい方は今すぐ購入しましょう。

 

 

iPhone SEは「iPhoneの廉価版」といったイメージをお持ちの方もおられるようですが、性能はiPhone6・iPhone6 Plusと同等です。

発売から時期がたっていますが、今でも十分な性能を誇っています。

 

ただし、自撮り用のインカメラは120万画素と低画素なので注意してください。

 

<端末代金実質負担額(32GB)>

機種代金マンスリー割
(24ヶ月)
実質
負担額
¥44,172¥1,404¥10,476

※プランS/M/L同額

 

  • icon-circle-o iPhoneの美しい本体デザイン
  • icon-circle-o 4インチコンパクト画面
  • icon-circle-o 今でも十分な性能を搭載
  • icon-circle-o 端末代金実質1万円程度
  • icon-times 自撮り用カメラは120万画素
  • icon-times 終売間近、欲しい方は今すぐ!

 

詳細記事UQモバイル「iPhone SE」を解説!

 

▼iPhone SEを購入する▼

UQモバイル公式サイト

 

6位:iPhone6S

 

f:id:SCANTY:20171012015043p:plain

 

続いては「iPhone6S」です。

iPhone SEと同様、UQモバイルで買えるiPhone6Sは国内モデルの正規版です。

ストレージ容量は32GBと128GBの2種類から選ぶことができます。

 

iPhone6Sはアップルストアでの販売が終了し、現在は格安SIMキャリアをはじめ一部でしか購入できません。

iPhone6Sは最新のiPhone7・iPhone8に近いデザインのため、最新のiPhone端末と並んでも違和感無く使用することができます。

 

 

iPhoneSEと悩んでいる方は、以下の3点で判断しましょう。

  • 画面サイズ(SEは4inch、6Sは4.7inch)
  • インカメラ(SEは120万画素、6Sは500万画素)
  • 端末代金(6Sの方が少々高い)

 

<iPhone6S(32GB)の価格>

プラン端末代金マンスリー割
(24ヶ月)
実質
負担額
S¥59,724¥1,404¥26,028
M・L¥59,724¥1,944¥13,068

 

<iPhone6S(128GB)の価格>

プラン端末代金マンスリー割
(24ヶ月)
実質
負担額
S¥72,684¥1,404¥38,988
M・L¥72,684¥1,944¥26,028

 

  • icon-circle-o 格安スマホでiPhoneが買える
  • icon-circle-o 最新端末に似た美しいデザイン
  • icon-circle-o 4.7inchコンパクト画面
  • icon-circle-o 安心のApple性能
  • icon-circle-o 自撮り用カメラはSEより高画素
  • icon-times 防水・防塵なし
  • icon-times 端末代金はiPhone SEより高い

 

詳細記事UQモバイル「iPhone6S」を解説!

 

▼UQでiPhone6Sを購入する▼

UQモバイル公式サイト

 

7位:AQUOS sense

 

f:id:SCANTY:20171205114057p:plain

 

続いてのUQモバイルのおすすめ端末・機種は、SHARPから2017年11月に発売されたAQUOS sense(アクオスセンス)です。

この端末は全てにおいて非常にバランスの取れた端末で欠点が無く、初めての方からミドルユーザーまで安心の機種です。

 

UQモバイルでは後継機「AQUOS sense2」が発売になりました。

性能はもちろんAQUOS sense2の方が高いのですが、実質108円で買えるAQUOS senseも魅力的です。

 

AQUOS senseは「IGZOディスプレイ」を使用しており、画面が非常に美しいことが特徴です。

省エネ性能も抜群です。

本体はもちろん防水・防塵に対応し、指紋認証センサーおサイフケータイも搭載しています。

 

目に優しい「ブルーライトカット」機能や、覗き見防止機能もあります。

安心の国産メーカー「シャープ」製で、端末のデザインも人気です。

f:id:SCANTY:20171206083925p:plain

 

また、UQモバイルのプランM・Lとのセット購入なら、実質負担額108円で購入できます。

この性能でほぼタダの価格は非常に魅力です。

 

<端末代金実質負担額>

機種代金マンスリー割
(24ヶ月)
実質
負担額
¥31,212¥1,296¥108

※プランS/M/L同額

 

  • icon-circle-o 欠点の無いバランスよい性能
  • icon-circle-o IGZOの美しい画面
  • icon-circle-o 防水・防塵対応
  • icon-circle-o 指紋認証・おサイフケータイ搭載
  • icon-circle-o 全プラン端末代金実質108円
  • icon-circle-o SHARP製で安心の国産端末
  • icon-times CPU性能は平凡
  • icon-times 後継機AQUOS sense2が発売

 

詳細記事UQモバイル「AQUOS sense」を解説!

 

▼実質108円でAQUOS senseを購入▼

UQモバイル公式サイト

 

8位:HUAWEI nova 2

 

続いては2018年1月に発売されたHUAWEI nova 2(ノバ2)です。

auでも発売された人気端末で、高機能の割に端末代金が安い、コスパ抜群の端末です。

 

f:id:SCANTY:20180202130502p:plain

 

UQモバイル版のHUAWEI nova 2の特徴はなんと言ってもカメラです。

フロントカメラは、1200万画素の広角カメラと800万画素の望遠カメラを搭載したダブルレンズカメラです。

さらに、自撮り用のインカメラはなんと2,000万画素。カメラは非常にハイスペックです。

 

また、カメラだけでなくCPUも十分な性能で、さらにストレージが64GBと大容量なのもGOODです。

 

もちろん、HUAWEIおなじみの「急速充電」「指紋認証」も搭載しており、オーディオにもこだわっています。

純正のイヤホン・スマホカバー・充電器が付属しているのも嬉しいですね。

 

これだけの性能で、端末価格は非常に安価です。

 

<端末代金実質負担額>

機種代金マンスリー割
(24ヶ月)
実質
負担額
¥31,212¥1,296¥108

※プランS/M/L同額

 

  • icon-circle-o 1,200万+800万のデュアルカメラ
  • icon-circle-o インカメラは驚愕の2,000万画素
  • icon-circle-o 急速充電・指紋認証センサー
  • icon-circle-o 純正イヤホン・スマホカバー付属
  • icon-circle-o 全プラン実質108円
  • icon-times 防水・防塵なし

 

詳細記事UQモバイル「HUAWEI nova 2」を解説!

 

▼108円でnova 2を購入する▼

UQモバイル公式サイト

 

9位:DIGNO A

 

続いて紹介するおすすめ端末・機種は、2018年3月に発売の「DIGNO A」です。

前作「DIGNO V」や「DIGNO W」と同様、初めての方にも使いやすい安心なスマホになっています。

 

f:id:SCANTY:20180214021840p:plain

 

特徴はなんといっても京セラらしい「安心なスマホ」であることです。

防水・防塵はもちろん、衝撃にも強く、傷が入りにくい構造になっています。

 

バッテリーの持ちも優秀で、「エコモード」にすれば電池の消耗を抑えてさらに長持ちさせることができます。

 

画面にはブルーライトをカットする機能があったり、濡れた手や手袋をしたままでも画面操作が可能など、便利機能が豊富です。

CPUやカメラはそれほど高い性能ではありませんが、その分端末代金も非常に安くなっています。

 

初めてスマホを使う方や、普段それほどスマホの操作をしない方にも大変おすすめです。

 

<端末代金実質負担額>

機種代金マンスリー割
(24ヶ月)
実質
負担額
¥31,212¥1,296¥108

※プランS/M/L同額

 

  • icon-circle-o 便利機能満載
  • icon-circle-o 京セラ製で安心の国産スマホ
  • icon-circle-o 防水・防塵・耐衝撃
  • icon-circle-o 長持ちバッテリー
  • icon-circle-o 全プラン端末代金実質108円
  • icon-times CPU・カメラ性能は高くない

 

詳細記事UQモバイル「DIGNO A」を詳しく解説!

 

▼実質108円でDIGNO Aを購入する▼

UQモバイル公式サイト

 

10位:arrows M04 Premium

 

f:id:SCANTY:20171206094301p:plain

 

続いて紹介するのは、富士通から発売されている「arrows M04 Premium」です。

国産メーカーならではの充実した機能が特徴です。

防水・防塵はもちろん、耐久性もバッチリです。

おサイフケータイワンセグの便利機能も搭載しています。

カメラも「高速シャッター」や「広角レンズ」といった機能が充実していて、「誰でも簡単に」きれいな写真を撮ることができます。

更に嬉しいのがバッテリーの持ちがよいこと。「3日間充電不要!」と謳っています。

 

CPU性能が平凡なのが難点ですが、充実機能にも関わらず端末代金が安く抑えられ、非常にコスパの良い製品です。

 

<端末代金実質負担額>

機種代金マンスリー割
(24ヶ月)
実質
負担額
¥31,212¥1,296¥108

※プランS/M/L同額

 

  • icon-circle-o 富士通製で安心の国産スマホ
  • icon-circle-o 防水・防塵・耐衝撃
  • icon-circle-o おサイフケータイ・ワンセグ搭載
  • icon-circle-o 実質108円で購入可能
  • icon-times CPU性能は高くない
  • icon-times 発売から時期が経過

 

▼arrows M04を購入する▼

UQモバイル公式サイト

 

UQモバイルで使えるおすすめSIMフリー端末

 

UQモバイルで取り扱っているスマホ端末のほかに、家電量販店などで販売しているSIMフリー端末もUQモバイルで使用できます。

高性能端末も含め用途にあわせて端末を選べますので、SIMフリー端末も候補に入れてはいかがでしょうか。

 

これから紹介するのは全てau回線のバンド・au VoLTEに対応した端末です。

 

HUAWEI nova 3

 

 

UQモバイルで使えるSIMフリー端末のなかでまずおすすめの端末は、2018年10月発売の「HUAWEI nova 3」(ファーウェイノバ3)です。

 

CPUもカメラも超高性能な割に端末代金が安く、コスパが抜群です。

UQモバイルの端末はハイスペック機種がないので、高性能な機種をお求めの方はHUAWEI nova 3が断然おすすめです。

 

HUAWEI nova 3に搭載しているCPUはKirin970メモリー(RAM)は4GBと非常に高性能です。

高負荷の3Dゲームをしても快適に動作するでしょう。

 

また、アウトカメラ(背面側のカメラ)もインカメラもAI搭載のダブルレンズカメラです。

画素数の高さはもちろん、最適な撮影モードにAIが自動で設定してくれるため、誰でも簡単に美しい写真が撮影できます。

DSDSに対応しており、性能の割に価格が非常に安いのが特徴です。

 

2018年11月のアップデートでau VoLTEに対応し、UQモバイルでも問題なく使えるようになりました。

 

一方、欠点はおサイフケータイ・防水・ワンセグに非対応な点と、カメラがライカ製ではない点でしょうか。

ただ、現在のハイスペック機種の中ではダントツでおすすめです。

 

  • icon-circle-o 高性能Kirin970 + 4GBメモリー
  • icon-circle-o インもアウトもダブルレンズカメラ
  • icon-circle-o AIが自動で最適な撮影モードに設定
  • icon-circle-o DSDS・急速充電・顔認証対応
  • icon-circle-o 性能の割に価格が高くない
  • icon-circle-o au VoLTEにも対応済み
  • icon-times 防水・おサイフケータイなし
  • icon-times ハイレゾ・PCモード非対応

 

詳細「HUAWEI nova 3」のスペック・価格をレビュー!

 

ZenFone 5(ZE620KL)

 

 

続いてSIMフリー端末でおすすめなのは、2018年5月に発売された「ZenFone 5(ZE620KL)」です。

 

以前はUQモバイルでもZenFone4(ZE554KL)を販売していましたが、ZenFone5以降は取り扱いがなくなりました。

ですがZenFone5はもちろん、同時に発売されたZenFone 5Q・ZenFone 5ZもUQモバイルで使えます

 

ZenFone 5の搭載CPUはSnapdragon636メモリー(RAM)は6GBと十分です。

カメラは超高性能というレベルではありませんが、十分な性能を誇っています。

  • アウトカメラ:1200万+800万画素
  • インカメラ:800万画素

 

さらにAI(人工知能)を搭載しており、被写体に応じて最適な撮影モードを選択してくれたり、写真の加工の好みを学習して自動で提案してくれたりします。

 

他にも急速充電機能ハイレゾ対応と便利機能も満載です。

ディスプレイはフルHD+の最高峰の美しさを誇り、トレンドの縦長画面です。

 

  • icon-circle-o Snapdragon636+6GBメモリー
  • icon-circle-o デュアルカメラ搭載
  • icon-circle-o 人工知能が写真を美しく最適化
  • icon-circle-o 大容量バッテリー+急速充電
  • icon-circle-o ハイレゾ対応・イヤホン同梱
  • icon-circle-o 最高峰の美しいディスプレイ
  • icon-times 端末代金は少々高い
  • icon-times 防水・防塵なし

 

詳細記事SIMフリー「ZenFone5」の詳細を解説!

 

ZenFone 5Z(ZS620KL)

 

 

続いてはこちらも2018年6月に発売の「ZenFone5Z(ZS620KL)」です。

 

UQモバイル取り扱い端末にはハイスペックモデルがありません。

高負荷の3Dゲームをする方などはSIMフリー端末を購入してUQモバイルで購入したほうがよいでしょう。

 

ZenFone 5Z(ZS620KL)の特徴はなんといっても高性能なCPUです。

最先端のSnapdragon845を搭載メモリー(RAM)も6GBなので、高負荷の3Dゲームをしても処理速度は快適でしょう。

 

また、人工知能を搭載したカメラも高性能です。

デュアルレンズカメラにSONYの最先端イメージセンサーを搭載し、AIが自動で美しい写真に仕上げてくれます。

 

DSDS・DSDV指紋認証・顔認証に対応し、もちろん急速充電も可能です。

性能にこだわる方に大変おすすめの端末ですね。

 

  • icon-circle-o 最先端Snapdragon845搭載
  • icon-circle-o メモリー(RAM)も6GBと十分
  • icon-circle-o 高性能デュアルレンズカメラ
  • icon-circle-o 指紋認証・顔認証・DSDV
  • icon-circle-o 急速充電・ハイレゾ対応
  • icon-circle-o AIがCPU処理やカメラを最適化
  • icon-times 普段使いにはオーバースペック
  • icon-times 端末代金は高い

 

AQUOS R compact  SH-M06

 

 

続いてはSHARPの「AQUOS R compact SH-M06」です。

UQモバイルではAQUOS senseを販売していますが、AQUOS senseよりも高性能な端末です。

 

AQUOS R compactの特徴はなんといってもディスプレイです。

iPhone Xと同じように上部が切り欠きになった画面になっています。

 

名前の通り端末はコンパクトですが、4.9インチの画面サイズを実現してます。

画面解像度は2,160×1,080のフルHD+で非常に美しいです。

 

AQUOS R compactに搭載されているCPUはSnapdragon660で、メモリーは3GBです。

指紋認証センサー防水・防塵はもちろん、ハイレゾ対応のオーディオエモパーという人工知能を使った機能も便利です。

 

「AQUOS senseじゃ少し性能が物足りないな…」という方におすすめです。

 

  • icon-circle-o UQのAQUOS senseより高性能
  • icon-circle-o フルHD+で最高峰の美しさ
  • icon-circle-o 端末がコンパクトで携帯しやすい
  • icon-circle-o 防水・防塵・指紋認証センサー
  • icon-circle-o 指紋認証センサー搭載
  • icon-times メモリーRAM3GB
  • icon-times AQUOS senseより価格は高い

 

詳細記事SIMフリー「AQUOS R compact SH-M06」を解説

 

AQUOS sense plus SH-M07

 

 

続いては、SHARPのAQUOS sense plus(SH-M07)です。

 

こちらもUQモバイルで発売中のAQUOS senseより高性能ですが、AQUOS R compactよりは劣ります。

ただし、AQUOS R compactと性能はほとんど変わらないので、画面サイズや形で選んでよいと思います。

 

搭載CPUはSnapdragon630、メモリー(RAM)は3GBなので、高負荷の3Dゲームなど以外は処理速度が快適でしょう。

 

フルHD+のディスプレイにはもちろんシャープのIGZO液晶と搭載し、美しさと省エネ性能を兼ね備えています。

指紋認証センサー防水・防塵はもちろん、おサイフケータイハイレゾ対応のオーディオも搭載しています。

 

  • icon-circle-o AQUOS senseより高性能
  • icon-circle-o IGZO液晶でフルHD+の美しさ
  • icon-circle-o 5.5インチで握りやすい縦長本体
  • icon-circle-o 防水・防塵・指紋認証センサー搭載
  • icon-circle-o おサイフケータイ搭載
  • icon-times ワンセグなし
  • icon-times AQUOS senseより価格は高い

 

詳細記事SIMフリー「AQUOS sense plus」を解説!

 

SIMロック解除で他社端末もUQモバイルで使える

 

持ち込み端末もUQで使える

 

UQモバイルに乗り換えて来られる方の中には、ドコモやau、ソフトバンクなど他キャリアで購入した端末をお持ちの方もおられると思います。

また、UQモバイルで扱っていない端末を使いたいという方もおられるでしょう。

 

UQモバイルは他で購入した端末を持ち込んで使う事が可能です。

 

端末持ち込みで使う手順

 

端末持ち込みで使う手順は以下の通りです。

  1. 端末を用意
  2. UQモバイルのSIMカードを契約
  3. 端末にUQのSIMを挿入
  4. APN設定

 

UQモバイルはSIMカードのみを契約する事ができます。

持ち込み端末を使う方は、「UQモバイル公式サイト」でSIMカードを契約し、端末に挿してAPN設定すれば使えます。

APN設定UQモバイルのAPN設定手順

 

端末持ち込み時の注意点

 

使える端末はau VoLTE対応端末

 

他から持ち込んだ端末をUQモバイルで使う場合、最大の注意点は使える端末が限られることです。

UQモバイルで使えるのは「au VoLTE対応」端末のみです。

 

この点は少々難しいですが、au VoLTEに対応していない端末は結構多いです。

UQモバイルで持ち込み端末を使う場合は、事前に端末がau VoLTEに対応しているか確認しましょう。

 

基本的にはUQモバイルの「動作確認端末一覧」に記載があれば使えます。

マニアックな端末を使いたい場合は、購入元などで必ずau VoLTE対応か確認しましょう。

 

ちなみに、auで購入した端末なら全てau VoLTEに対応しています。

 

持ち込み端末でSIMロック解除が必要な場合

 

UQモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクで購入した端末を持ち込んで使いたいという方が多いです。

それらの端末も、SIMロック解除すればUQモバイルで使用できます。(au VoLTE対応端末のみ)

 

SIMロック解除
SIMフリー
不要
auで購入
ドコモで購入
必要
Softbankで購入

 

上表の通り、SIMフリー端末やauで購入した端末はSIMロック解除不要で使えます。

(しつこいですが、SIMフリー端末はau VoLTEに対応しているか確認してください)

 

また、ドコモやソフトバンクで購入した端末もSIMロック解除後はUQモバイルで使用できますので、安心して使用してください。

(ただしau VOLTE非対応端末は使用不可)

 

具体的な手順は下記記事を参照してください。

詳細記事au・ドコモ・SoftbankからUQモバイルにMNP転入する手順

 

最新のiPhone XR・XSやiPhone8もUQモバイルで使える

 

 

ここまでのランキングをみて「欲しい端末がUQモバイルで扱ってない!」という方もおられると思いますが、心配ありません。

端末を準備すれば、UQモバイルのSIMカードを挿して使うことができます。

 

auで購入した端末はそのまま使えますし、ドコモやソフトバンクで購入した端末もSIMロック解除すればほとんどの端末がUQモバイルで使えます。

 

もちろん、人気のiPhone8・iPhone Xも使えます。

リンク先で詳細を説明していますのでぜひご覧ください。

 

<詳細>

 

UQモバイルの機種・端末の注意点

 

UQモバイルの端末はSIMフリー?SIMロック?

 

UQモバイルで販売されているアンドロイド端末は、SIMロックがかかっていないSIMフリー端末です。

 

よって、万が一他社へMNP乗り換えする場合も、UQモバイルで購入した端末をSIMロック解除することなくそのまま使用することができます。

(別途APN設定が必要)

 

UQモバイルのiPhoneはSIMロック

 

ただし、UQモバイルで販売されているiPhone7・iPhone6S・iPhone SEはSIMロックがかかっています。

 

そのため、ドコモ回線・ソフトバンク回線の他キャリアにMNP乗り換えする場合は、SIMロック解除が必要です。

 

SIMロック解除は以下の2通りで手続きできます。

  • PC・スマホからマイUQモバイル
  • 電話:0120-929-818
    (受付時間9:00 ~ 21:00、年中無休)

 

店舗ではSIMロック解除は受け付けていないので注意が必要です。

 

UQで端末のみ購入は可能?

 

UQモバイルでは端末のみを購入することはできません。

端末のみ購入できるのは、UQモバイルユーザーが機種変更する場合のみです。

 

UQモバイルで取り扱っている端末のみを購入したい方は、以下の方法を検討しましょう。

 

  • アップルストアで購入(iPhone)
  • 家電量販店で購入
  • Amazon・楽天市場で購入
  • 中古スマホショップで購入
  • 端末のみ買える格安SIMキャリアで購入

 

iPhoneの場合は、アップルストアで新品のSIMフリー端末を購入できます。

また、Android端末でも「イオンモバイル公式サイト」なら端末のみを購入できますし、OCNモバイルONEの系列の「goosimseller」でも端末のみを購入できます。

 

また、WEBの中古スマホショップを探すのもおすすめです。

実は私も先日UQモバイルとauでしか扱っていないHUAWEI nova2を中古スマホ店で購入しました。

「中古は嫌だ…」という方もおられると思いますが、「イオシス」や「じゃんぱら」などのスマホショップは未使用品も多数扱っており、端末のみを安く購入できます。

ぜひ検討してみてください。

 

端末変更・機種変更の手順

 

UQモバイルに既に契約している方は、UQモバイルで端末変更(機種変更)が可能です。

端末変更には2パターンあり、「UQモバイル取り扱い端末に機種変更」「持ち込み端末に機種変更」に分かれます。

 

UQモバイル取り扱い端末に機種変更

 

UQモバイル取り扱い端末への端末変更(機種変更)は「UQモバイル公式サイト」もしくUQモバイル店舗でできます。

公式サイトで手続きする場合、端末変更手続きすると「端末のみ送られてくる場合」「端末+SIMカードが送られてくる場合」にわかれます。

端末のみが送られてきた場合、現在使っているSIMカードを新しい端末に差し替え、回線切り替えが必要です。

 

端末とSIMカードが送られてきた場合、商品発送日の7日後に自動で回線が切り替わり、新しい端末が使えるようになります。

 

端末変更・機種変更の詳細は下記記事にまとめています。

詳細記事UQモバイルで機種変更する手順

 

端末のマンスリー割とは?

 

UQモバイルで端末セットで購入する場合には、マンスリー割という割引が適用されます。

 

UQモバイルの端末とSIMカードをセットで契約すると、毎月の月額料金が割引になる仕組みです。

割引になるのは月額料金ですが、実質は端末価格の値引きです。

 

例:AQUOS sense2のマンスリー割

 

例えば2018年11月現在のAQUOS sense2の端末価格はは36,396円(税込)です。

ただし、おしゃべり・ぴったりプランとセットで購入すると、マンスリー割が適用されます。

マンスリー割によって月額料金が24ヶ月間毎月432円割引になります。

 

よって、実質の端末負担額は

39,662円-(432円×24ヶ月)=26,028円

となります。

 

マンスリー割はプランS・M・Lで同額の場合と、プランSのみ割引額が小さくなる場合に分かれます。

新しい機種はプランS・M・Lで同額、古い機種はプランSのみ割引額が小さい場合が多いです。

 

端末購入アシストとは?

 

UQモバイルでは以前は「端末購入アシスト」という方法で端末代金を分割支払いできる仕組みがありました。

端末購入アシストは、非常に簡単に言えば現在の「端末代金24回分割払い」と同じ仕組みです。

 

端末代金を購入時に一括で支払う必要がなく、毎月の月額料金に上乗せして支払うことで、初期費用を下げる事ができました。

現在はUQモバイルを含め、どの格安SIMキャリアでも24回分割払いという名称でサービス提供されています。

 

UQモバイルの端末買取・下取り

 

UQモバイルでは、MNPで他社から転入した場合や機種変更した場合、これまで使っていた端末を買取・下取りしてくれます。

 

ただし、買取り・下取りしてもらえる端末は限られています。

また、対象はおしゃべり・ぴったりプランに契約した場合のみです。

 

下取りの場合、例えばiPhone7 Plusなら最大25,920円で下取りしてくれます。

この査定金額は24分割され、毎月の月額料金から割引されます。

 

<主な査定額の一例>

端末査定額
(最大)
割引月額
(最大)
iPhone7
Plus
¥25,9201,080円
×24回
GALAXY
S8+
¥21,528897円
×24回
Xperia
XZ1
¥10,368432円
×24回
HUAWEI
nova2
¥1,29654円
×24回

 

契約や機種変更時に一緒に買い取ってもらえるのは手間が省けて楽ではあります。

ただし、査定額自体は高くありません。

状態が悪くなければ街の中古スマホショップで買い取ってもらったほうがよいでしょう。

端末買取・下取りUQモバイルの下取りサービス

 

▼UQモバイルの詳細をチェック▼

UQモバイル公式サイト

 

UQモバイルの端末保証オプション

 

UQモバイルには、スマホの故障・紛失・盗難に備えて端末保証オプションが用意されています。

UQモバイルで購入した端末を保証する「端末保証サービス」と、UQモバイル以外で購入した端末を保証する「つながる端末保証」の2種類があります。

 

端末補償オプションの詳細・料金

 

対象となる端末

 

  • UQモバイルで購入した端末

 

端末保証オプションの料金

 

  • 380円/月

 

保証内容

 

端末補償オプションに加入していると、故障時に通常よりかなり安い金額で新しい端末と交換できたり、修理代金が5,000円以上かからなかったりします。

(完全に無料になるわけではありません)

 

保証内容は以下の通りです。

 

発生内容追加負担
交換自然故障(1年目)無償
自然故障(2年目)5,000円/1回目
8,000円/2回目
(年2回まで)
部分破損
水濡れ・全損
修理自然故障(1年目)無償
自然故障(2年目)上限5,000円
部分破損
水濡れ・全損
代替機利用(1回)1,000円
盗難・紛失10,000円補填

 

つながる端末保証オプション

 

 

「つながる端末保証」とはUQモバイル以外で購入した端末(アンドロイドのみ)の故障や紛失の際、無償修理または交換が受けられるサービスです。

 

月額オプション料金

 

つながる端末保証の月額料金は500円/月です。

 

保証対象端末

 

対象は、UQモバイルのSIMカードを挿して使用しているアンドロイドのスマホ・タブレットです。

iPhoneは対象外です。

 

なお、あらかじめ端末を保証対象として登録しておく必要があります。

 

保証内容

 

内容費用上限
交換(1回目)4,000円年間2回まで
交換(2回目)8,000円
修理無料年間2回
1回につき5万円まで

 

詳細つながる端末保証サービス

 

端末保証オプションの解約方法

 

端末保証オプションは以下の方法で解約することができます。

 

  • PC・スマホからマイUQモバイル
  • 電話:0120-929-818
    (受付時間9:00 ~ 21:00、年中無休)

 

ただし、一度解約すると再加入することはできません。

 

▼申し込み・詳細はこちら▼
UQモバイル公式サイト

 

UQモバイルなら端末セット購入とSIM単体契約、どちらがお得?

 

UQモバイルで販売している端末はiPhoneを除き全てがSIMフリー端末です。

そのため、UQモバイルで購入しなくても家電量販店や通販サイトなどで新品の端末を購入することができます。

また、iPhone6S・SEもアップルストアで端末のみを購入できます。

 

では、UQモバイルで端末セットで購入する場合と、UQでSIMのみ契約して端末は別途購入するのと、どちらがお得でしょうか

 

基本は端末セットがお得

 

ほとんどの場合、UQモバイルのSIMカードとセットで端末を購入したほうがお得になります。

それは、SIMカードを契約してくれるかわりに、UQモバイルが端末代金を割引してくれているからです。

 

例えばiPhone6Sの場合、アップルストアでSIMフリー端末を購入してSIMカードをUQモバイルで契約するより、UQモバイルで端末セットで契約したほうが断然安くなります。

 

古い端末はセット購入が割高?

 

ただし、非常にまれではありますが、発売からかなり時期が経過した端末は、端末セットの方が割高になるケースもあります。

発売から時期が経過しているので端末の市場価格は下がっているのに、UQモバイルの値下げが追いついていないというケースです。

 

ただし、このケースになるのは非常にまれです。

ほとんどの場合、時期が経過するとUQモバイルでも端末代が値下げになり、最終的には実質タダになりますので、あまり気にしないほうがよいでしょう。

 

▼申し込み・詳細はこちら▼
UQモバイル公式サイト

 

UQモバイルのおすすめ端末購入はこちら

 

以上、UQモバイルのおすすめ端末ランキングでした。

お気に入りの1台が見つかったら、今すぐ申し込みましょう!

申込みは24時間購入可能な「UQモバイル公式サイト」でどうぞ!

 

▼今すぐUQモバイルの端末を購入▼

UQモバイル公式サイト

 

 

UQモバイル トップへ

 

UQモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-