YmobileでiPhone7が1.5万、SIMが1万円割引中 

ワイモバイルは2年縛りで違約金あり!解約・機種変更のお得なタイミングは?

 

 

本記事はワイモバイルの2年縛りについて詳しく解説します。

 

ワイモバイルのスマホプランは最低利用期間が2年で、違約金・契約の自動更新もあります。

本記事をよく読んでプラン内容をよく理解し、お得なタイミングで解約・MNP転出・機種変更をしてください。

 

▼今すぐYmobileに申し込む▼

ワイモバイル公式サイト 

 

スマホプランは2年縛り

 

 

2年間は無料で解約できない

 

ワイモバイルでスマホを契約する方は、ほとんど「スマホプランS・M・L」に契約されます。

 

このスマホプランには2年間の最低利用期間が設定されています。

いわゆる「2年縛り」のプランですね。

 

縛りは契約開始日の翌月から2年

 

厳密にいうと、スマホプランの最低利用期間(縛り期間)は契約開始日の翌月から24か月間です。

下図の通り、2018年8月20日に契約開始日を迎えた場合、2020年8月31日までは契約が必要です。

 

 

ただし、契約開始翌月から数えて24か月目(2020年8月)は解約・MNP転出手続きが可能です。

この月を含む3か月間の間に解約・MNP転出手続きすれば違約金はかかりません。

 

契約解除料・違約金は9,500円

 

2年縛りの途中でも、解約・MNP転出は可能です。

しかし、高額な契約解除料(違約金)がとられます。

 

スマホプランの契約解除料は10,260円(税抜9,500円)です。

どのタイミングで解約しても10,260円かかります。

 

契約更新月は3か月間に延長

 

スマホプランは、2年おきに契約解除料がかからない「契約更新期間」が訪れます。

この期間内に解約・MNP転出すれば、違約金はかかりません。

 

スマホプランの契約更新期間は、契約開始日翌月から24~26か月目の3か月間です。

先ほどの例の場合、2020年8月~10月の3か月間が契約更新月となります。

 

2年縛り後に契約の自動更新あり

 

スマホプランは、契約の自動更新があります。

契約から2年後の契約更新期間を過ぎてもそのままの場合、さらに契約が2年間更新されます。

 

契約が自動更新されると、違約金なしで解約できるのはさらに2年後です。

解約やMNP転出を考えている方は、必ず契約更新期間内に手続きしましょう。

 

解約・転出のお得なタイミングは?

 

解約・転出は契約更新期間に

 

前章で解説した通り、スマホプランは契約更新期間以外に解約すると契約解除料がかかります。

そのため、解約・MNP転出はかならず契約更新期間内にしましょう。

 

この期間なら契約解除料がかからず、損することがありません。

 

違約金ありでも解約がお得な場合

 

ただし、違約金を払ってでもすぐ解約した方がお得な場合もあります。

 

例えばワイモバイルのスマホプランM(1年目2,980円、2年目3,980円)からマイネオのAプラン・6GB(月額2,190円)に乗り換えるとします。

この場合、2年目以降は毎月1,790円もマイネオの料金が安いので、ワイモバイルの契約が契約更新月まで6か月以上残っている場合は、契約解除料を払ってでもすぐ解約した方がお得になります。

 

<残り6か月の支払い総額比較>

マイネオワイモバイル
月額料金¥2,190×6
=¥13,140
¥3,980×6
=¥23,880
契約解除料¥9,500¥0
残り6か月間の
支払総額
¥22,640¥23,880

 

ワイモバイルよりさらに料金が安いキャリアに移転する場合は、違約金を支払った方がお得か、契約更新月まで待った方がお得か計算しましょう。

 

 

機種変更のお得なタイミングは?

 

機種変更に違約金はかからない

 

スマホプランを端末とセットで契約した場合、機種変更はいつでも可能です。

2年縛り期間中に限らず、どのタイミングで機種変更しても契約解除料はかかりません

 

契約解除料はあくまでスマホプランを解約する場合のみにかかります。

機種変更してもスマホプランを継続契約していれば、契約解除料はかかりません。

 

機種変更も2年縛り解除後がお得

 

ただし、スマホプランとセットで端末を購入した場合、「月額割引」という割引が適用されています。

端末代金を毎月(もしくは一括で)支払う代わりに月額料金が毎月割引になり、端末代金の負担が抑えられるという仕組みです。

 

この月額割引は、機種変更すると終わってしまいます。

新たに購入した機種に対して月額割引が始まりますが、前の機種分で本来適用されるはずだった割引が終わるので少々損です。

 

お得な機種変更タイミングは、やはり2年経過したタイミングです。

これ以降のタイミングに機種変更すれば、前に購入した機種の割引を全額受けられます。

 

詳細記事ワイモバイルの機種変更手順・お得なタイミングとは

詳細記事機種変更時のおすすめスマホ一覧

 

▼Ymobileで機種変更する▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

スマホベーシックプランは2年縛りなし

 

スマホベーシックプランとは

 

実は、ワイモバイルには2年縛りがない「スマホベーシックプラン」も用意されています。

2年縛りが無くいつでも解約できる代わりに、スマホプランより月額料金が高くなっています。

 

<スマホプランとベーシックプラン>

スマホ
プラン
ベーシック
プラン
最低利用期間2年なし
基本料金安い高い
データ増量無料
キャンペーン
対象対象外

 

スマホベーシックプランの料金表

 

スマホベーシックプランの料金表は以下の通りです。

 

<スマホベーシックプランの料金表>

ベーシック
プラン
データ量月額料金
S2GB¥5,480
M6GB¥6,480
L14GB¥8,480

 

スマホプランより1年目は月額3,500円、2年目も月額2,500円高いです。

また、データ増量キャンペーンが適用されないため、データ容量も少ないですね。

 

正直、ベーシックプランは損

 

このスマホベーシックプランに契約する方はほとんどいません。

 

また、個人的にもスマホベーシックプランはおすすめしません

月額料金が高いため、ほとんどの場合で損になるからです。

 

スマホプランとの料金比較

 

下表は、各月に解約した場合の基本料金+契約解除料の累計額の比較です。

スマホプランは基本料金(初月2,980円、以後1,980円)と契約解除料9,500円を足した額、スマホベーシックプランは基本料金(毎月5,480円)の累計額です。

 

▼解約した場合の累計支払額比較▼

 

上表の通り、スマホベーシックプランがお得なのは、契約月とその翌月に解約する場合のみです。

3ヶ月目は同額、4ヶ月目以降は契約解除料を支払ってもスマホプランの方がお得になっています。

 

これはS/M/Lのどのプランでも、同じ結果になります。

契約から2ヶ月以内に解約することが決まっている方はベーシックプランのほうが良いですが、通常はスマホプランにしましょう。

 

2年縛りがないからと言ってスマホベーシックプランを選ぶと、かえって損することになります。

 

キャンペーンも適用されない

 

また、ワイモバイルで実施している各種キャンペーンはスマホベーシックプランは対象外の場合がほとんどです。

1年目が月1,000円安くなるワンキュッパ割も対象外ですし、学割キャンペーンも対象外です。

 

データ増量無料キャンペーンも対象外なので、プランSは2GB、Mは6GB、Lは14GBしか使えません。

 

上記を踏まえ、ワイモバイルに契約する場合は基本的にスマホプランにしましょう。

 

▼今すぐスマホプランに契約する▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

2年縛りがない・縛りが短い格安SIMのおすすめは?

 

ここまで解説した通り、ワイモバイルは2年縛りのスマホプランが基本です。

では、他の格安SIMで最低利用期間がない・短い格安SIMはないでしょうか?

 

格安SIMの最低利用期間一覧表

 

シェア上位を占める格安SIM・MVNOの音声通話SIMの最低利用期間は以下の通りです。

 

最低利用期間キャリア
なし
mineo
イオンモバイル
ワイモバイル
(スマホベーシック)
6か月OCNモバイルONE
1年
UQモバイル
(データ高速+音声)
楽天モバイル
LINEモバイル
BIGLOBEモバイル
IIJmio
2年
ワイモバイル
(スマホプラン)
UQモバイル
(おしゃべり・ぴったり)

 

これから私のおすすめを紹介します。

 

mineoは縛り期間無し

 

 

MVNOで契約者数が2位のmineo(マイネオ)は、音声通話SIMでも最低利用期間(縛り期間)がありません

ドコモ・au・ソフトバンクの全回線プランでいつ解約しても違約金なしです。

 

ただし、純粋な解約ではなく1年以内のMNP転出の場合は、通常2,000円のMNP転出手数料が11,500円になります。

MNPの場合は実質的に1年縛りがあるということですね。

 

ですが、純粋な解約の場合はmineo(マイネオ)は安心して使用できます。

 

詳細記事mineoのメリット・デメリットまとめ

 

▼mineoならいつでも解約OK▼

マイネオ公式サイト

 

 

LINEモバイルは1年縛り

 

 

LINEモバイルの音声通話SIMの最低利用期間(縛り期間)は1年です。

決して短くはないですが、スマホプランの2年に比べると半分で済みます。

 

LINEモバイルがおすすめなのは、ワイモバイルとほぼ同エリアのソフトバンク回線が選べることです。

ソフトバンク回線は通信速度が快適で、私の計測ではワイモバイル・UQモバイルに次いで速度が速いです。

 

SNSカウントフリーのプランが人気なので、ソフトバンク・ワイモバイルに慣れ親しんだ方はLINEモバイルのソフトバンク回線にしましょう。

 

ただし、LINEモバイルのドコモ回線は速度が遅いのでおすすめしません。

 

詳細記事LINEモバイルの評判・口コミまとめ

 

▼ソフトバンク回線は速度が快適▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

UQモバイルも1年のプランあり

最後に解説するのはUQモバイルです。

 

UQモバイルのメインプランの「おしゃべり・ぴったりプラン」はワイモバイルと同じく2年縛りです。

しかし、UQモバイルには最低利用期間が1年の「データ高速+音声通話プラン」も用意されています。

 

データ高速+音声通話プランは、データ容量が3GBで月額1,680円のプランです。

 

データ
容量
基本料金最低
利用期間
3GB¥1,68012ヶ月

 

他の格安SIMより料金はわずかに高く、データ容量も3GBしか選べません。

また、各種キャンペーンなどは対象外になることがほとんどです。

 

ですが、UQモバイルはYmobileと同等に通信速度が速いのが特徴です。

「最低利用期間は短くしたい、だけど速度は快適な方が良い」という方は、このUQモバイルのデータ高速プランか、LINEモバイルのソフトバンク回線にしましょう。

 

▼UQにも1年縛りのプランあり▼

UQモバイル公式サイト

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

 

ワイモバイルのキャンペーン情報

 

ワイモバイルではお得なキャンペーンを実施中です。

ワイモバイルに新規契約・他社から乗り換える場合は、必ず下記キャンペーンを適用させましょう。

 

SIM契約で1.44万円料金割引

 

 

ワイモバイルに新規契約・または他社から乗り換えでSIMカードのみを契約した方は、料金が最大14,400円の割引になります。

 

iPhoneなども含め、他社で購入した端末にワイモバイルのSIMを挿して使う場合に最適です。

割引になる金額は、契約プランにより異なります。

 

プラン割引額計
プランS¥9,600
プランM¥14,400
プランL¥14,400

 

スマホプランSの場合のみ約5,000円減額になりますので、MまたはLの方がお得ですね。

ただし、残念ながらソフトバンクからの乗り換えの方や機種変更の方は対象外です。

 

▼SIMカードのみ契約でお得▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

その他実施中のキャンペーン

 

その他、現在ワイモバイルで実施しているキャンペーンは下記記事で詳しく解説しています。

 

Tポイントがもらえたり端末セールが実施していたりと、大変お得に契約できますので、契約前に必ずチェックしてください。

 

詳細記事ワイモバイルで実施中のキャンペーン一覧

 

ワイモバイルの申し込みはこちら!

 

以上、ワイモバイルの2年縛りに関する解説でした。

 

本文中で解説した通り、ワイモバイルは2年縛りのスマホプランしかないのがネックですが、その分通信速度も速く、スマホプランなら各種のお得なキャンペーンも適用できます。

格安SIMでは非常におすすめのキャリアです。

 

ワイモバイルの申し込みは24時間手続き可能で待ち時間なしの「ワイモバイル公式サイト」がおすすめです。

こちらからどうぞ!

 

▼今すぐYmobileに申し込む▼

ワイモバイル公式サイト 

 

少しでも縛り期間を短くしたい方は、縛り期間がないmineoやイオンモバイル、1年ながら通信速度が速いUQモバイルやLINEモバイルを選択しましょう。

 

▼mineoならいつでも解約OK▼

マイネオ公式サイト

 

▼UQにも1年縛りのプランあり▼

UQモバイル公式サイト

 

▼LINEモバイルは速度が快適▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

 

ワイモバイル トップへ

 

ワイモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-