格安SIMのキャンペーン一覧はこちら 

ワイモバイルで機種変更する5つの手順を解説!iPhoneへの機種変更方法も

 

 

本記事では、ワイモバイル(Ymobile)で機種変更する手順を詳しく解説します。

 

ワイモバイルの機種変更は店舗よりもオンラインサイトが時間もかからず、お得でおすすめです。

本記事では他にも、iPhoneへの機種変更手順自分で機種変更する方法もわかりやすく解説しています。

 

▼お得な機種変更はこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

オンラインで機種変更する手順

 

オンラインがおすすめな理由

 

ワイモバイルの機種変更は、ワイモバイルの店舗または「ワイモバイル公式サイト」で手続き可能です。

 

おすすめは断然オンラインサイトです。

来店不要で手続きかんたん、待ち時間もありません。

 

オンラインで機種変更する手順

 

ワイモバイルオンラインサイトで機種変更する手順は大まかに以下の5つです。

 

  1. 公式サイトで機種変更手続き
  2. 審査
  3. 商品発送
  4. 商品受け取り・SIM挿入
  5. 回線開通・切り替え(自動)

 

オンラインサイトで機種変更手続き後、商品が当日・または翌日に発送されます。

商品が届いた翌日に元の機種から新しい機種への回線切り替えを自動でしてくれますので、新しい機種が使用できるのは商品到着の翌日からになります。

 

詳細は下記サイトをご覧ください。

詳細機種変更の商品が届いたら

 

▼オンラインで機種変更する▼

ワイモバイル公式サイト 

 

機種変更に必要なもの

 

ワイモバイルオンラインサイトで機種変更の手続きをする場合は、本人確認書類の画像だけ準備しておけばオーケーです。

 

機種変更時の本人確認書類

 

ワイモバイルで機種変更する場合、以下の書類が本人確認書類として有効です。

(店舗・オンラインサイト共通)

 

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者手帳
  • 住民基本台帳カード(QRコード付)+補助書類
  • 健康保険証+補助書類

 

オンラインサイトで手続きする場合は画像をアップロードしますので、あらかじめ写真を撮影しておきましょう。

 

機種変更受付時間

 

ワイモバイルオンラインストアなら24時間機種変更の手続きが可能です。

来店不要で待ち時間もありませんので、断然ワイモバイルオンラインストアでの機種変更がおすすめです。

 

▼オンラインで機種変更する▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

Ymobileの機種変更手数料

 

ワイモバイルで機種変更をする際にかかる手数料は税抜3,000円です。

これはオンラインサイトも店舗も共通です。

 

機種変更時の審査

 

ワイモバイルで機種変更する際、審査がある場合があります。

 

主に以下の場合には審査が発生し、審査を通過しなければ機種変更はできません。

  • 端末代金を24回分割払いにする場合
  • 端末代金が10万円を超える場合

 

審査の通過基準は公表されていませんが、過去に料金の滞納があったり、機種変更回数が多い場合は審査に落ちることもあるようです。

また、ワイモバイルで10万円を越える端末は多くありませんが、今後新しい機種が出た場合には注意が必要です。

 

古い機種は下取りも可能

 

 

ワイモバイルで機種変更する際、古い機種は下取りしてもらうことも可能です。

ただし、ワイモバイルの下取り額はそれほど高いものではありません。

 

状態がよければ街中の中古スマホ買取ショップなどで見積もってもらうことも検討してください。

 

▼オンラインで機種変更する▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

Ymobile店舗で機種変更する手順

 

ワイモバイルはオンラインサイトでの機種変更がおすすめですが、もちろん店舗でも機種変更することも可能です。

 

店舗での機種変更に必要なもの

 

ワイモバイル店舗で機種変更する際に必要なものは以下の通りです。

 

<必要なもの>

  • 本人確認書類
  • 手数料
  • 印鑑
  • 現在使用中の機種

以下の書類が本人確認書類として有効です。

 

<本人確認書類>

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者手帳
  • 住民基本台帳カード(QRコード付)+補助書類
  • 健康保険証+補助書類

 

店舗での機種変更受付時間

 

店舗で機種変更する場合、機種変更は店舗営業中ならいつでも可能です。

 

ただし、機種変更手続きにはかなりの時間を要しますので、閉店間際に駆け込むとかなり遅くなってしまいます。
(場合によっては受け付けてもらえない場合もあります)

できるだけ時間に余裕を持って来店しましょう。

 

▼機種変更の詳細を調べる▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

自分で機種変更する手順

 

SIMフリー端末の機種変更手順

 

ワイモバイルに既に契約している方は、自分で機種変更することもできます。

自分で機種変更する手順は以下の通りです。

 

  1. 新しい機種を用意
  2. 今の機種からSIMカードを抜く
  3. 新しい機種にSIMカードを挿す
  4. APN設定

 

SIMフリー/Ymobile端末を用意

 

まずは新たに使いたいスマホ端末を用意します。

使える端末は、例外はあるものの、ざっくりの一覧表は以下のとおりです。

 

<ワイモバイルで使える端末>

端末購入元iPhoneAndroid
SIMフリー
(5S以降)
ドコモ
(6S以降)
au
(6S以降)
ソフトバンク
(6S以降)

◎:SIMロック解除不要で使える
○:SIMロック解除後に使える
△:SIMロック解除しても使えない

 

iPhoneは6S・SE以降の機種であれば、SIMロック解除すればどこで購入したものでも使えます。

 

ドコモ・auのAndroid端末は、Pixel3Pixel3aなど一部を除き、ワイモバイルのバンドに対応していません。

使えないことはないですが、使わないほうが無難でしょう。

 

ソフトバンクのAndroidはワイモバイルのバンドに対応しています。

しかし、ソフトバンクのAndroid端末は2018年5月以降に発売された機種でないとテザリングできません。

その他にも一部例外があるので必ず事前に確認してください。

 

SIM挿入後にAPN設定が必要

 

スマホ端末が用意できたら、今使っているスマホからSIMカードを抜き、新しい端末に挿します。

 

その後、APN設定(プロファイルのインストール)が必要です。

APNをしないと、SIMカードを挿してもデータ通信ができません。

 

手順他社で購入した端末を使用する | ワイモバイル

 

自分で機種変更時の注意点

 

ワイモバイルユーザーが自分で機種変更する際の唯一の注意点はSIMカードのサイズです。

スマホ端末によって、使えるSIMカードのサイズが異なります。

 

現在販売している端末はほとんどがnanoサイズですが、一部の古い機種はmicroの場合があります。

その場合、SIMカードサイズを変更してください。

 

SIMカードサイズの変更はワイモバイルショップのみの受付で、手数料が3,000円かかります。

 

あまりないと思いますがnano⇒microへのサイズ変更の場合はSIMカードのサイズを変えるケースを買えば、手続きなしで使えます。(私も使っています)

 

 

Ymobile版iPhoneから機種変更する場合

 

ワイモバイルでiPhone7・iPhone6S・iPhone SEとSIMをセットで契約していた方が、他で購入したスマホに機種変更する場合は、SIMカードの変更が必要です。

 

通常、ワイモバイルでSIMカードを契約すると「n111」または「n101」というSIMカードが発行されます。

しかし、ワイモバイルで購入したiPhoneに挿入されているSIMは、「n141」というワイモバイル版iPhone専用のSIMカードです。

 

▼SIMカードに番号が記載▼

 

そのため、n141は他で購入したAndroid・iPhone端末に挿しても使えません。

使えるのはワイモバイルのiPhoneのみです。

 

ワイモバイルでiPhone SE・iPhone6S・iPhone7を購入した方が他で購入したスマホに機種変更する際は、SIMカードの交換が必要です。

 

ワイモバイルの店舗で「n101」に交換してもらってください。

その際、手数料として3,000円+税がかかります。

 

厳密にいうと特殊なAPNを入力すると使えますが、保証対象外ですので素直にSIMを交換したほうが良いでしょう。

どうしても知りたい方は「こちらの記事」に記載されている非公式APNを入力すれば使えるようです。

 

▼オンラインで機種変更する▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

機種変更時のおすすめスマホ

 

機種変更する際のおすすめスマホは以下の2台です。

参考記事ワイモバイルのおすすめ端末 14機種ランキング

 

HUAWEI P20 liteが一番人気

 

私がもっともおすすめなのは、2018年6月に発売の「HUAWEI P20 lite」です。

2018年で最も売れたAndroidのSIMフリースマホです。

 

 

HUAWEI P20 liteはメインカメラに1,600万+200万画素のデュアルレンズを搭載し、美しい写真はもちろん、ポートレートモードでプロのような”ボケ”を演出することが可能です。

自撮り用のインカメラも1,600万画素とハイスペックです。

 

CPUはKirin659で、メモリー(RAM)は4GBと十分な性能です。

またAI(人工知能)を搭載しており、CPUやバッテリーの駆動を最適化して処理速度向上とバッテリーの消費を軽減します。

 

急速充電顔認証・指紋認証センサーを搭載している点も高評価ですね。

 

  • icon-circle-o アウトカメラにデュアルレンズ搭載
  • icon-circle-o 自撮り用カメラは78度広角レンズ
  • icon-circle-o Kirin659+4GBメモリー搭載
  • icon-circle-o AIで処理最適化・バッテリー長持ち
  • icon-circle-o 急速充電
  • icon-circle-o 顔認証&指紋認証センサー搭載
  • icon-times 防水・防塵なし

 

 

▼P20 liteに機種変更する▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

Android One S3は安い

続いては2018年1月18日に発売のAndroid One S3です。

Android One S1の後継機としてSHARPから発売されました。

 

この機種の特徴は、なんといっても画面の美しさ。

1,920 × 1,080のフルHD画面で、初めてその画面を見たときはあまりの美しさに感動しました。

 

 

また、Android One S3には国産スマホらしい、便利な機能が満載です。

防水・防塵はもちろん、耐衝撃にも対応しています。バッテリーの持ちもよく、「3日間充電不要」とうたっています。

 

前の機種「Android One S1」と比べ、メモリー(RAM)・ストレージが増強されました。

それにも関わらず、スマホプランM・LならAndroid One S1と同じ価格で購入することができます。(プランSの場合はS3がちょっとだけ高い)

 

ただし、インカメラ(自撮り用カメラ)はS1は800万画素だったにも関わらず、S3は500万画素です。自撮りをする方はS1の方が良いかもしれません。

 

その点を除けば、性能・価格・デザイン全てにおいてバランスの良い端末です。

どれにするか迷ったらこの端末にしておけば間違いありません。

 

  • icon-circle-o とにかく美しいIGZO液晶
  • icon-circle-o 安心の防水・防塵・耐衝撃
  • icon-circle-o 3日間充電不要のバッテリー
  • icon-circle-o S1からメモリー・ストレージ進化
  • icon-circle-o 新機種ながら前機種S1と同価格
  • icon-times CPU性能は平凡
  • icon-times インカメラはS1の方が高性能

 

 

▼Android One S3に機種変更する▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

その他おすすめ端末は下記記事にまとめています。

 

 

機種変更時の端末価格は新規・乗り換えより高い

 

ワイモバイルで機種変更する際、端末価格・機種代金は新規契約・他社からの乗り換えの場合に比べて高くなります。

 

月額500円高くなる場合が多いですが、機種によってはもっと高くなったり同額の場合もあります。

ワイモバイル公式サイト」なら月額料金をシミュレーションできますので、ぜひ事前に試算しましょう。

 

▼料金シミュレーション▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

YmobileでiPhoneに機種変更する

 

 

iPhone7・6S・SEに機種変更

 

ワイモバイルではiPhone7・iPhone6S・iPhoneSEに機種変更できます。

iPhoneはやはり非常に人気ですね。

 

iPhone7は2018年末に発売され、圧倒的な人気を誇っています。

3Dゲームもできる高性能端末で、おサイフケータイや防水にも対応しています。

詳細記事YmobileでiPhone7に機種変更する手順

 

iPhone6S・iPhone SEは発売から時期が経過していますが、いまでも十分な性能で使用者の評価も高いです。

詳細は以下の記事をご覧ください。

 

iPhone8やiPhoneXRへの機種変更も可能

 

ワイモバイルで販売しているiPhoneはiPhone7・iPhone6S・iPhone SEのみですが、iPhone8・iPhoneXや、最新のiPhoneXS・iPhoneXRにも機種変更可能です。

 

この場合、機種はアップルストアなどで購入することになりますので、SIMカードがあれば十分です。

詳細は以下の記事を参考にしてください。

 

▼iPhone8・XRに機種変更する▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

機種変更にお得なキャンペーン

 

ワイモバイルでは常時さまざまなキャンペーンを実施しています。

機種変更でお得になる「下取りプログラム」や「Google Play Music無料キャンペーン」など、お得なキャンペーンが実施中です。

 

現在実施中のキャンペーンは下記にまとめています。

詳細記事ワイモバイルで実施中のお得なキャンペーン総まとめ!

 

機種変更はワイモバイル公式オンラインサイトで

 

以上、ワイモバイルで機種変更する手順や手数料・注意点の解説でした。

 

本文中でも解説しましたが、機種変更はワイモバイル公式オンラインサイトが断然便利です。

機種変更はこちらからどうぞ!

 

▼ワイモバイルで機種変更する▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

ワイモバイルユーザーは、必ず家のネットをソフトバンク光にして「おうち割」を適用しましょう。

毎月最大1,000円割引になりますし、家族でワイモバイルユーザーが複数人いれば、全員に割引が適用されます。

 

さらに今ならオプションなど一切不要で最大32,000円のキャッシュバックが貰えます

ワイモバイルユーザーなら「おうち割」適用は必須の節約術ですので、必ず申し込みましょう。

 

▼オプション不要でキャッシュバック▼

ソフトバンク光申し込み 

 

 

以上、ワイモバイルの機種変更手順の解説でした!

 

 

ワイモバイル トップへ

 

ワイモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-