Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

ワイモバイルのかんたんスマホを全解説!端末価格・月額料金・スペックや使用者の口コミも【705KC】

 

みなさんこんにちは!

本記事では、ワイモバイルから発売中の「かんたんスマホ」(705KC)について、詳しく解説します。

 

見やすい画面とかんたんな操作性に加え、専門員による無料サポート無料の国内通話かけ放題などの特典も満載です。

シニアの方には大変おすすめのスマホです。

※本文中の画像は「ワイモバイル公式サイト」より引用

 

▼購入・詳細確認はこちら▼

ワイモバイル公式サイト

 

かんたんスマホの特徴・レビュー

大きな文字で見やすい画面

 

かんたんスマホは、全体的に大きな文字で表示されます。

とても見やすく、メニューや表示内容がはっきりと見えます。

 

また、ボタンも大きいので文字入力もかんたんです。

押し間違いも発生しにくくなっています。

 

▼押しやすいボタン▼

 

よく使う連絡先を登録できる

 

 

かんたんスマホでは、通常の電話帳のほかによく使う連絡先を登録しておくと、ホーム画面上(いつも表示される画面)にその連絡先を表示できます。

電話をしたりメールしたりする場合も、そのボタンを押せばワンタッチで発信したりメールできます。

 

わざわざ電話帳を開かいたり、着信履歴をたどったりせずとも連絡ができるのが大変便利です。

 

LINEがプリインストール

 

 

かんたんスマホには、LINEのアプリがはじめから入っています

わざわざGoogle Pley Storeからインストールしなくても、簡単な設定だけでLINEを使えます。

 

好きなアプリを自由に使える

 

かんたんスマホは通常のスマホと同様、好きなアプリをインストールする事が可能です。

LINE以外にもニュース配信アプリやamazon・楽天市場などのショッピングアプリ、ヤフー路線案内なども人気ですね。

 

3日間充電不要の長持ちバッテリー

 

スマホは外出先でのバッテリー切れが心配ですね。

しかし、かんたんスマホは2,600mAhのバッテリーを搭載しており、また操作による電池の消耗を抑える構造になっているため、電池の持ちが抜群です。

普段使いなら3日間充電しなくてもOKの作りになっています。
(使い方や環境等により消耗具合は異なります)

 

防水、防塵対応

 

 

かんたんスマホは防水・防塵に対応しています。

特に防水は、水深1mに30分間沈めても問題なし(IPX7の防水性能)です。

水周りで使っても、雨の日に屋外で使用しても問題ないですし、誤ってお風呂やトイレに落としても、データの消失を防ぐことができるので大変安心ですね。

 

耐衝撃・傷がつきにくい

 

かんたんスマホは衝撃にも強く、壊れにくい構造になっています。

耐衝撃は京セラ製スマホの特徴ですね。

 

米国国防総省が定める基準に準拠しており、高さ1.22mからの落下試験もクリアしています。

 

ワンセグ搭載

 

かんたんスマホにはワンセグが搭載されています。

ワンセグ搭載スマホなら外出先でもTVを見る事ができるので、非常にファンが多い機能です。

 

ワンセグ視聴にはアンテナが必要ですが、購入時に付属していますので安心です。

 

普段使いに十分なCPU性能

 

かんたんスマホに搭載されたCPUはSnapdragon430で、メモリー(RAM)は3GBです。

普段使いには十分ですが、アプリを複数同時に操作する場合や、ゲームをする場合は処理速度にもたつきが出るかもしれません。

 

あまりおられないと思いますが、もう少し性能が良い機種が欲しいという方は同じ京セラ製の「Android One X3」がおすすめです。

 

1300万画素カメラ搭載

 

かんたんスマホのカメラは1300万画素です。

そこまでハイスペックではありませんが、1世代前のスマホよりは進化しており、十分でしょう。

 

ただし、画面側にある自撮り用カメラは500万画素と最低限です。

カメラにこだわる方は、こちらもシャープ製の「Android One X4」がおすすめです。

 

▼24時間申し込み可能▼

ワイモバイル公式サイト

 

60歳以上は国内通話かけ放題

 

 

かんたんスマホには、契約に付随するお得な特典が2つあります。

1つ目は、60歳以上の方がワイモバイルでかんたんスマホを購入のうえ、スマホプランS/M/Lを契約すると、国内通話がかけ放題の「スーパー誰とでも定額」の月額料金が無料になる特典です。

つまり、国内通話がかけ放題になるのです。

 

通常、スマホプランは10分以内の国内通話は何度でもかけ放題です。

しかし、スーパーかけ放題なら10分を超えた分も含めかけ放題になります。

※ナビダイヤルなど、かけ放題対象外の番号あり

 

キャンペーン適用条件

 

この特典は正式には「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」という名称です。

このキャンペーンが適用されることで、「スーパー誰とでも定額」の月額料金(1,000円)が無料になります。

 

▼スーパー誰とでも定額▼

 

キャンペーンが適用されるための条件は主に以下の2つです。

 

<適用条件>

  • 契約者がかんたんスマホ購入時点で60歳以上
  • スマホプランS/M/Lに契約

 

ワイモバイルでスマホを契約される方はほぼ「スマホプラン」に契約されますので、キャンペーン適用に大きな障壁はありません。

60歳以上でかんたんスマホを購入するだけで、完全かけ放題です。

このキャンペーンが適用されるのは「かんたんスマホ」だけなので大変お得です。

 

機種変更でもキャンペーン対象

 

現在、既にワイモバイルを契約している方もチャンスです。

この「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」は、新規契約・MNP乗り換えに加え、機種変更でも適用されます。

 

60歳以上の方で、現在既にスマホプランS・M・Lを契約していて他の機種を使用している方も、かんたんスマホに機種変更すればキャンペーンの対象となります。

機種変更ならプランの解約手数料(違約金)もかかりませんので、通話をよくする方はお得になルカ脳性があります。

 

オプションへの申し込みが必要

 

繰り返しになりますがこの「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」は、通常1,000円/月の有料オプション「スーパー誰とでも定額」が無料になるキャンペーンです。

国内通話をかけ放題にするためには、「スーパー誰とでも定額」への加入申し込みが必要です。

 

60歳以上の方がかんたんスマホを購入し、スマホプランに契約するだけではオプションは適用されません。

料金は無料ですが、必ずオプション加入申し込み手続きが必要ですので注意してください。

(オンラインサイトなら自動でオプション加入になります)

 

▼オンラインサイトなら自動で加入▼

 

充実のサポートが受けられる

 

押すだけで困りごとを解決

 

かんたんスマホには「サポートボタン」が設置されています。

操作で困ったこと・わからないことが発生した場合にこのサポートボタンを押すと、スマホが自動的に前後の操作を読み取って困りごとを予測し、サポートを提案してくれます。

 

 

ユーザーが解決方法を探すのではなく、スマホ側がサポートを自動提案してくれるので大変便利です。

精度もなかなか高いようですね。

 

専門員への相談も無料

 

スマホの自動サポート機能でも解決しなかった場合は、専用のカスタマーセンターに連絡ができます。

相談は何度でも無料ですし、かんたんスマホユーザー専用のカスタマーセンターなので、比較的すぐに電話が繋がります。

 

 

「スマホの操作は難しいから不安だ…ガラケーのままが良い」という方も、困った事があればいつでも専門員に聞く事ができるので、思い切ってスマホにしてみてはいかがでしょうか。

 

かんたんスマホのスペック・仕様

 

型番

 

ワイモバイルにおけるかんたんスマホの型番は「705KC」です。

 

発売日

 

かんたんスマホの発売日は2018年8月9日です。

 

本体の色・カラーバリエーション

 

かんたんスマホは「ライトブルー」「ライトピンク」の2種類から選べます。

 

 

搭載便利機能

 

かんたんスマホには、先に説明した防水・防塵ワンセグのほかに、赤外線通信機能も搭載されています。

赤外線通信機能が搭載されたスマホやケータイと、写真や電話帳のデータをやり取りできます。

ガラケーからスマホに乗り換える場合もワンタッチでデータを移行できますし、撮った写真を送るのもかんたんです。

 

有無
防水
防塵
ワンセグ
おサイフケータイ
指紋認証
顔認証
赤外線通信

 

一方、指紋認証センサーやおサイフケータイは搭載されていません。

 

スペック一覧表

 

かんたんスマホのスペック一覧表は以下の通りです。

 

スペック
サイズ(mm)H147× W71× D9.2
重さ約142g
画面サイズ5.0インチ
解像度1,280 x 720
(HD)
バッテリー容量2,600mAh
連続通話時間
(LTE)
1,010分
連続待受時間
(LTE)
640時間
OSAndroid 8.1
CPUSnapdragon430
(オクタコア)
1.4GHz+1.1GHz
メモリ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大256GB)
通信速度(下り)最大112.5Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,300万画素
有効画素数
(サブカメラ)
500万画素

 

スペック詳細は「ワイモバイル公式サイト」でご確認ください。

 

充電器(アダプタ・ケーブル)なし

 

かんたんスマホを購入される方に注意点があります。

かんたんスマホには充電器(ACアダプタ・USBケーブル)が同梱されていません

そのため、お持ちでない方は別途購入が必要です。

 

私がおすすめする充電器は以下の機種です。

 

▼安心のエレコム(USB type-C)▼

 

かんたんスマホの価格・料金

 

端末代金実質負担額

 

かんたんスマホの端末代金は60,156円です。

しかし、毎月1620円の割引が適用されますので、実質負担額は21,276円です。

 

月額料金・値段

 

かんたんスマホの価格、および月額料金は以下の通りです。

 

<端末代金分割払い>

プランSプランMプランL
購入時頭金¥540
月額
料金
1年目¥3,002¥4,082¥6,242
2年目¥4,082¥5,162¥7,322
2年総支払額¥85,548¥111,468¥163,308

 

<端末代金一括払い>

プランSプランMプランL
購入時頭金¥60,156
月額
料金
1年目¥518¥1,598¥3,758
2年目¥1,598¥2,678¥4,838
2年総支払額¥85,548¥111,468¥163,308

 

かんたんスマホの評判・口コミ

 

他機種にSIM挿入でも特典適用

 

発売から時間がたっていないためまだ情報がありませんが、価格.comで以下の情報がありました。

 

Y!mobile寺尾氏が質問に回答してる様です

―― 60歳以上のユーザーがかんたんスマホを購入した場合、国内通話定額(スーパーだれとでも定額)を無料で使える。
この契約のSIMカードを他の端末に挿して使った場合も、同様に無料で使えるか。

寺尾氏 できる。(購入時に)使用者確認を行うので、お客さまを信頼してやらせていただく(穴はふさがない)。
引用元:価格.com

 

つまり、契約者が60歳以上でかんたんスマホを購入し、SIMだけ抜いて他の機種に挿しても「スーパー誰とでも定額」の無料キャンペーンが適用されるということです。

「国内かけ放題は嬉しいけど、端末は別のがいいな…」という方にもおすすめですね。

 

バッテリーの持ちが良い

 

同じく価格.comからの引用です。

 

【レスポンス】
ネットやメールくらいなら必要十分。良いと思います。

【画面表示】
解像度は一昔も二昔も前のレベル。でも困ることはない。これも十分。

【バッテリー】
がっつり使用して2日もちました。

引用元:価格.com

 

ガッツリ使用して2日も持つということであれば、バッテリーの持ちはなかなか良いようですね。

(もちろん使用頻度によりますし、この方の「がっつり」がどの程度かはわかりませんが)

 

文字サイズの調節可能

 

価格.comのなかに、「老眼のため文字が読めるか不安…」との声もありました。

前に説明したとおり、簡単スマホはもともと文字が大きく設定されています。

さらに、自分の好みにあわせて「大」「最大(でか文字)」に調整することも可能です。

 

 

かんたんスマホ購入はこちら!

 

以上、ワイモバイルの「かんたんスマホ」の解説でした。

シニアにも使いやすい安心設計のうえ、60歳以上なら国内通話かけ放題、専門員へのサポートも無料です。

ワイモバイルの料金はもともと安いので、格安でスマホを使う事ができます。

 

かんたんスマホの購入・契約は店舗でも可能ですが、24時間いつでも受付可能で手続き簡単の「ワイモバイル公式サイト」が断然便利です。

契約もかんたんなので、ぜひ利用してくださいね!

 

▼かんたんスマホ購入はこちら▼

ワイモバイル公式サイト

 

<関連記事>

 

ワイモバイル トップへ

 

ワイモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-