Twitterで最新情報発信中!ここからフォロー

ワイモバイル HUAWEI P20 lite のレビュー!実質0円で買う方法も解説!

 

本記事では、ワイモバイルより2018年6月に発売の「HUAWEI P20 lite」(P20ライト)のスペックや価格・料金を解説します。

 

デュアルレンズカメラを搭載し、フルHD+の美しい縦長ディスプレイが特徴です。

高コスパで爆発的人気を誇ったP10 liteの後継機として非常に人気です。

 

2018年10月に値下げされ、P20 liteがスマホプランM・Lなら実質0円で購入できるようになりました

 

▼P20 liteを実質0円で購入する▼

ワイモバイル公式サイト

 

▼MNP乗り換えなら更にお得▼

 

  1. ワイモバイル「HUAWEI P20 lite」の特徴・レビュー
    1. 高性能デュアルレンズ搭載カメラ
    2. ポートレートモードでの撮影も可能
    3. フラッシュで暗闇でも美しい写真に
    4. 広角の自撮り用インカメラ
    5. Kirin659+4GBメモリー搭載
    6. AI搭載で処理を最適化しサクサク
    7. 指紋認証と顔認証に対応
    8. 大容量バッテリー + 急速充電
    9. イヤホンジャック搭載
    10. 2つのBluetoothを同時接続
    11. 防水・防塵非対応
    12. ワイモバイル版もSIMロックなしのSIMフリー
    13. ワイモバイル版はデュアルSIM・DSDSではない
    14. スクリーンショットの撮り方
  2. ワイモバイル版P20 liteのスペック
    1. ymobileにおけるP20 liteの発売日
    2. 本体カラー・色
    3. 搭載された便利機能
      1. おサイフケータイ・ワンセグ・ワイヤレス充電非対応
    4. スペック一覧表
    5. P20 liteのベンチマーク
      1. antutuのベンチマーク
      2. Geekbenchのベンチマーク
    6. ワイモバイル版P20 liteの付属品・同梱品
    7. USB端子はUSB Type-C
    8. ワイモバイル版P20 liteの対応バンド・周波数
      1. ドコモ・ソフトバンク回線でも使用可
      2. ワイモバイル版P20 liteはau VoLTE非対応
  3. P10 liteとP20 liteの比較
  4. ワイモバイル × P20 liteの価格・料金
    1. P20 liteの月額料金・維持費
    2. ワイモバイルでP20 liteへの機種変更時の価格・維持費
    3. P20 lite購入時のワイモバイルとUQモバイルとの比較
  5. ワイモバイル料金の節約技
    1. おうち割で月1,000円割引
    2. 光回線セットでキャッシュバック
  6. P20 lite購入はワイモバイル公式サイトで!

ワイモバイル「HUAWEI P20 lite」の特徴・レビュー

 

高性能デュアルレンズ搭載カメラ

 

HUAWEI P20 liteの特徴のひとつはデュアルレンズカメラを搭載した機種であることです。

画素数はメインレンズが1,600万画素、サブレンズは200万画素です。

 

前作P10 liteは1,200万画素のシングルレンズでしたので、カメラは大きな進化を遂げています。

 

ポートレートモードでの撮影も可能

 

P20 liteのデュアルレンズのうち、200万画素のサブレンズは深度測定用のレンズです。

このレンズがあることで、今トレンドのポートレートモード(背景をぼかすモード)での撮影も可能です。

 

また、撮影後に焦点を調整できる「ワイドアパーチャ」という機能も役立ちます。

 

フラッシュで暗闇でも美しい写真に

 

 

HUAWEI P20 liteは、薄暗い環境での写真撮影に強い機種です。

高性能のイメージセンサーを搭載しており、光量が少ない中でもより多くの光を取り込み、写真を鮮明に仕上げてくれます。

 

また、フラッシュも高性能で、周囲の環境や被写体に応じて11種類の中から最適なフラッシュを選択することで、暗闇や薄暗い環境の中でも美しい写真を撮影できます。

 

広角の自撮り用インカメラ

 

自撮り用のインカメラも1,600万画素と非常に画素数が高いです。

さらに、画角78度の広角レンズとなっているため、複数人で自撮りする場合や、風景を含めて自撮りする場合に非常に役立ちます。

 

また、被写体の顔を認識して10段階の「ビューティ補正」機能があるため、肌の色や輪郭が美しく仕上がるのが特徴です。

 

もちろん、メインカメラと同様、特殊な「LCDスクリーンフラッシュ」を搭載しているため、暗闇での撮影でも美しい写真になります。

 

▼P20 liteを実質0円で購入する▼

ワイモバイル公式サイト

 

Kirin659+4GBメモリー搭載

 

HUAWEI P20 liteの搭載CPUは「Kirin659」、メモリー(RAM)は4GBです。

Kirin659は別シリーズの人気機種「nova lite 2」などにも搭載されています。

Kirin659も十分な性能ですが、何よりメモリーが4GBなのは非常に心強いですね。

 

高負荷の3Dゲームなどを除けば、処理速度は快適でしょう。

 

AI搭載で処理を最適化しサクサク

 

さらのHUAWEI P20 liteにはAI(人工知能)が搭載されています。

AIが使用者の操作パターンを理解し、複数のタスクに対して最も効率的な力の配分を行うことで、処理速度の向上とバッテリーの節約を実現しました。

 

指紋認証と顔認証に対応

 

HUAWEI P20 liteは顔認証と指紋認証に対応しています。

画面を見るだけで一瞬でスマホのロックを解除し、操作可能な状態にスタンバイします。

 

ただし、iPhone Xがそうであったように顔認証はまだまだ読み取り精度が高くないのが問題です。

しかし、HUAWEI P20 liteには指紋認証センサーも搭載されているため、万が一顔認証センサーの読み取りがうまくいかない場合も、指紋認証でロック解除することができます。

指紋認証センサーは背面にあり、指をかざせば一瞬でロックが解除されます。

 

大容量バッテリー + 急速充電

 

HUAWEI P20 liteのバッテリー容量は3,000mAhです。

また、P10 liteに引き続き急速充電機能が搭載しています。

 

▼P20 liteを実質0円で購入する▼

ワイモバイル公式サイト

 

イヤホンジャック搭載

 

HUAWEI P20 liteには本体下部にイヤホンジャックがあります。

有線でイヤホンやヘッドフォンを接続可能です。

 

2つのBluetoothを同時接続

 

HUAWEI P20 liteは「デュアルBluetooth機能」を搭載しています。

2つのBluetoothを同時に接続することができますので、例えばワイヤレスイヤホンで音楽を聴きながらスマホとPCを接続して作業したり、非常に便利です。

 

防水・防塵非対応

 

HUAWEI P20 liteは防水・防塵に非対応です。

 

ワイモバイル版もSIMロックなしのSIMフリー

 

ワイモバイルから発売されるHUAWEI P20 liteはSIMフリー端末です。

SIMロックがかかっていません。

そのため、万が一他社で使用したくなってもSIMロック解除なしで使用できます。

 

ワイモバイル版はデュアルSIM・DSDSではない

 

家電量販店や他のMVNOで購入するHUAWEI P20 liteはデュアルSIMで、SIMカードを2枚入れられます。

 

しかし、ワイモバイルで発売される端末はSIMスロットが1つのみのシングルSIMです。

デュアルSIMではありませんし、DSDSでもありませんので注意してください。

 

スクリーンショットの撮り方

 

HUAWEI P20 liteは、画面右側面の音量ボタン(小)と電源ボタンを長押しすることでスクリーンショットが撮影できます。

これはAndroid端末で共通の方法です。

 

▼P20 liteを実質0円で購入する▼

ワイモバイル公式サイト

 

ワイモバイル版P20 liteのスペック

 

ymobileにおけるP20 liteの発売日

 

ワイモバイル版のHUAWEI P20 liteの発売日は2018年6月15日です。

 

本体カラー・色

 

ワイモバイル版のHUAWEI P20 liteのカラーは「クラインブルー」「サクラピンク」「ミッドナイトブラック」の3色です。

 

 

搭載された便利機能

 

ワイモバイル版のHUAWEI P20 liteに搭載された便利機能は以下の通りです。

 

機能有無
おサイフ×
防水×
防塵×
ワンセグ×
指紋認証
顔認証
テザリング
急速充電
ワイヤレス充電×

 

おサイフケータイ・ワンセグ・ワイヤレス充電非対応

 

ワイモバイル版のHUAWEI P20 liteはおサイフケータイ、ワンセグ、ワイヤレス充電に対応していません。

特におサイフケータイ・ワンセグを使いたい方はSHARPの「Android One X4」京セラの「Android One X3」にしましょう。

 

スペック一覧表

 

スペック
サイズ(mm)H149× W71× D7.4
重さ約145g
画面サイズ5.84インチ
解像度2,280 x 1,080
(フルHD+)
バッテリー容量3,000mAh
連続通話時間
(LTE)
約960分
連続待受時間
(LTE)
約433時間
OSAndroid 8.0
CPUKirin659
(オクタコア)
2.36GHz+1.7GHz
メモリ(ROM)32GB
メモリ(RAM)4GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大256GB)
通信速度(下り)最大225Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,600万+
200万画素
有効画素数
(サブカメラ)
1,600万画素

 

その他スペック詳細は「ワイモバイル公式サイト」でご確認ください。

 

P20 liteのベンチマーク

 

antutuのベンチマーク

 

Antutuのベンチマークを「ガルマックス」さんが計測されています。

それによると、P20 liteは以下の値でした。

 

  • 総合:87,017
  • CPU:41,585
  • GPU:13,166
  • UX:24,179
  • MEM:8,087

 

Geekbenchのベンチマーク

 

Geekbench」の計測結果は以下の通りでした。

 

 

  • シングル:920
  • マルチ:3,602

 

シングルはそれほど高いものではありませんが、マルチは前作P10 liteより大きく向上しています。

 

▼P20 liteを実質0円で購入する▼

ワイモバイル公式サイト

 

ワイモバイル版P20 liteの付属品・同梱品

 

ワイモバイル版のHUAWEI P20 liteには以下のものが付属しています。

  • ACアダプタ(急速充電対応)
  • USBケーブル
  • クリアケース
  • 純正イヤホンマイク
  • SIMピン
  • クイックスタートガイド

 

▼P20 liteを実質0円で購入する▼

ワイモバイル公式サイト

 

USB端子はUSB Type-C

 

HUAWEI P20 liteのUSB端子は上下どちらでも挿せるタイプCです。

 

ワイモバイル版P20 liteの対応バンド・周波数

 

ドコモ・ソフトバンク回線でも使用可

 

ワイモバイル版P20 liteの対応バンドを以下に記載します。

  • LTE:B1/3/5/7/8/18/19/26/28/41
  • 3G:B1/2/5/6/8/19
  • GSM:850/900/1800/1900MHz

 

ワイモバイル版のP20 liteはもともとSIMロックされていないSIMフリー端末ですので、ドコモ系・ソフトバンク系の格安SIMでも使用できます。

 

ワイモバイル版P20 liteはau VoLTE非対応

 

ただし、ワイモバイル版のP20 liteはau VoLTEに対応していません。

そのため、au回線を使った格安SIMでは使用できませんので注意してください。

(SIMフリー版・au版・UQモバイル版は対応)

 

▼P20 liteを実質0円で購入する▼

ワイモバイル公式サイト

 

P10 liteとP20 liteの比較

 

ワイモバイルでは、P20 Liteの1世代前の機種である「P10 Lite」も販売しています。

P10 Liteは高性能・低価格で非常に人気があり、2017年以降現在も最も売れているSIMフリースマホです。

ここでP20 LiteとP10 Liteを比較してみます。

 

スペックP20 LiteP10 Lite
サイズ
(mm)
H149× W72× D7.4H148× W72× D7.2
重さ約145g約146g
画面サイズ5.84インチ5.2インチ
解像度2,280 x 1,080
(フルHD+)
1,920 x 1,080
(フルHD)
バッテリー
容量
3,000mAh3,000mAh
OSAndroid 8.0Android 7.0
CPUKirin659
(オクタコア)
2.36GHz+
1.7GHz
Kirin658
(オクタコア)
2.1GHz+
1.7GHz
メモリ
(ROM)
32GB32GB
メモリ
(RAM)
4GB3GB
通信速度
(下り)
最大
225Mbps
最大
225Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,600万+
200万画素
1,200万+
200万画素
有効画素数
(サブカメラ)
1,600万画素800万画素

 

大きな違いは3点です。

まず、ディスプレイはP10 Liteが5.2インチのフルHDだったのに対し、P20 Liteは5.84インチのフルHD+となっています。

画面サイズはP20 Liteが大きくなっていますが、画面占有率が上がっているため本体サイズはそれほど変わりません

 

次に、CPU・メモリーの性能です。

P10 LiteはKirin658+3GBメモリー(RAM)に対し、P20 LiteはKirin659+4GBメモリー(RAM)です。
特にメモリーが4GBになったのは大きいですね。

 

そして、カメラはP10 Liteがアウト:1,200万、イン800万画素だったのに対し、P20 Liteはアウト:1,600万+200万、イン:1,600万画素です。

アウトカメラがデュアルレンズカメラになったのが大きな進化ですね。

 

HUAWEI P20 liteは、P10 Liteをベースとしながらも、CPU・メモリー・ディスプレイ・カメラなど全体的に着実に進化した機種といえます。

 

▼P20 liteを実質0円で購入する▼

ワイモバイル公式サイト

 

ワイモバイル × P20 liteの価格・料金

 

P20 liteの月額料金・維持費

 

ワイモバイルのスマホ料金は、非常にシンプルです。

大まかに言えば、スマホプラン(S/M/L)+ 端末代金で決まります。

 

 

HUAWEI P20 liteを新規契約・MNP乗り換え時の実質の端末代金は以下の通りです。

  • スマホプランS:12,960円(税抜)
  • スマホプランM/L:0円

 

この製品が実質タダで購入できるのは非常にお得です。

他の格安SIMキャリアと比べてもダントツの安さです。

 

なお、機種変更とソフトバンクからのMNP乗り換えの場合は下記料金に対し+500円/月となります。

 

<端末代金分割払い>

プランSプランMプランL
購入時頭金¥540
月額
料金
1年目¥2,678¥3,218¥5,378
2年目¥3,758¥4,298¥6,458
2年総額¥77,772¥90,732¥142,572

※料金は税込
※上記金額は新規契約・他社からの乗り換えの場合

 

<端末代金一括払い>

プランSプランMプランL
購入時頭金¥31,644
月額
料金
1年目¥1,382¥1,922¥4,082
2年目¥2,462¥3,002¥5,162
2年総額¥77,772¥90,732¥142,572

※料金は税込
※上記金額は新規契約・他社からの乗り換えの場合

 

▼P20 liteを実質0円で購入する▼

ワイモバイル公式サイト

 

ワイモバイルでP20 liteへの機種変更時の価格・維持費

 

機種変更時は下記の料金となります。

 

<端末代金分割払い>

プランSプランMプランL
購入時頭金¥540
月額
料金
1年目¥4,298¥4,838¥6,998
2年目¥5,378¥5,918¥8,078
2年総額¥116,652¥129,612¥181,452

※料金は税込
※上記金額は新規契約・他社からの乗り換えの場合

 

<端末代金一括払い>

プランSプランMプランL
購入時頭金¥31,644
月額
料金
1年目¥3,002¥3,542¥5,702
2年目¥4,082¥4,622¥6,782
2年総額¥116,652¥129,612¥181,452

※料金は税込
※上記金額は新規契約・他社からの乗り換えの場合

 

▼申し込み・詳細確認はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

詳細記事ワイモバイルの機種変更手順を完全解説

 

P20 lite購入時のワイモバイルとUQモバイルとの比較

 

HUAWEI P20 liteはUQモバイルでも販売されています。

では、どちらがお得でしょうか。

 

検討すべき比較ポイントは以下の通りです。

  • 価格はほぼ同じ
  • どちらもシングルSIM
  • UQはデータ繰り越し可
  • UQは通信速度の切り替え可
  • ワイモバイルは光回線とのセット割あり
  • かけ放題はワイモバイルが長い

 

ワイモバイルUQモバイル
価格・料金
・維持費
ほぼ同じ
回線速度ほぼ同じ
SIMシングルSIM
データ
繰り越し
×
通信速度
切り替え
×
光回線との
セット割
×

 

個人的には、ワイモバイルはデータ繰り越しできないのが痛手ですが、光回線とのセット割があるのは大きな魅力です。

私もこれを理由にワイモバイルを選びました。

 

詳細記事UQモバイル版のP20 liteを徹底解説!

 

ワイモバイル料金の節約技

 

おうち割で月1,000円割引

 

 

ワイモバイルには、月々のスマホ料金をさらに安くする裏技があります。

それは、家のネットをソフトバンク光にすることです。

 

家のネットをソフトバンク光にすると「おうち割」が適用され、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になります。

 

月割引額
プランS500円
プランM700円
プランL1,000円

 

 

上図の割引は1人当たりの割引額です。

よって家族でワイモバイルユーザーが3人いれば最大3,000円/月の割引になります。

 

ワイモバイルユーザーなら、この「おうち割」はめちゃくちゃお得です。

ぜひソフトバンク光に申し込みましょう。

 

詳細記事ワイモバイルなら光回線は絶対ソフトバンク光!

 

光回線セットでキャッシュバック

 

さらに、ソフトバンク光には公式サイトや家電量販店で申込んではいけません。

正規代理店のWEBサイトから申し込めば申込特典として高額のキャッシュバックがもらえます。

 

正規代理店とは、ソフトバンクからネット回線の販売や申込の受付を正規に委託した代理店のこと。
正規代理店は顧客獲得競争をしているので、独自の特典を設けていることが多い。 

 

▼オプション不要でキャッシュバック▼

 

キャッシュバックは、新規申し込みか転用かで異なります。

  • 新規:フレッツ光以外からの乗換
  • 転用:フレッツ光からの乗換

 

新規転用
キャッシュ
バック額
33,000円13,000円

 

正規代理店から申し込むことで、余計なオプション加入が必要だったり、手間が増えたりと言ったことはありません。

ただただキャッシュバックがもらえるだけですので、必ずこちらから申し込みましょう。

 

正規代理店のメリット

  • 公式特典+独自特典の2重取り
  • キャッシュバック3.3万円(※)
  • 余計なオプションなど一切なし
  • 手間が余計にかかることもなし
  • キャッシュバック貰い忘れなし

※転用の場合は1.3万円

 

▼オプション不要で3.3万円還元▼

ソフトバンク光申込みサイト

 

私も実際に申し込み、キャッシュバックがもらえました。

(ただし当時は今より少ない24,000円のみ…)

 

 

体験談を記事にしていますので、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

▼オプション不要で3.3万円還元▼

ソフトバンク光申込みサイト

 

▼オプション不要でキャッシュバック▼

 

P20 lite購入はワイモバイル公式サイトで!

 

以上、ワイモバイルから2018年6月に発売の「HUAWEI P20 lite」の詳細でした!

デュアルレンズカメラを搭載し、フルHD+の美しい縦長ディスプレイが特徴です。

性能の割に値段が非常に安いのもP10 liteと同様ですね。

 

HUAWEI P20 liteのお申込みは、手続き簡単、24H受付、送料無料、最短翌日発送の「ワイモバイル公式ストア」がおすすめです!

ぜひご利用ください!

 

▼P20 liteを実質0円で購入する▼

ワイモバイル公式サイト

 

▼MNP乗り換えなら更にお得▼

 

 

ワイモバイル トップへ

 

ワイモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-