格安SIMのキャンペーン一覧はこちら 

ワイモバイルのタブレット全機種解説!おすすめ端末や価格、キャンペーンや機種変更の手順も!

 

皆さんこんにちは!

今日は、ワイモバイルでタブレットを購入をお考えの方に、ワイモバイルで取り扱っているタブレット全機種を比較し解説します。

 

製品の特徴だけでなく、それぞれの価格やプラン料金やお得なキャンペーン情報も解説していますので、ぜひ参考にし、おすすめの1台を見つけてください!

 

▼申し込み・詳細確認はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

タブレット全4機種の特徴・レビュー

 

ワイモバイルで現在発売されているタブレット以下の4機種です。

  • Lenovo TAB4
  • MediaPad M3 Lite S
  • Media Pad T2 Pro
  • Lenovo TAB3

 

本記事では、この4機種を解説します。

 

Lenovo TAB4

 

 

まずはじめに紹介するのは2018年3月に発売の「Lenovo TAB4」(レノボタブフォー)です。

 

特徴はなんと言っても「フルセグ」搭載で、テレビが視聴できることです。

ワイモバイルのタブレットでフルセグ搭載機種の発売は初めてです。

フルセグですのでワンセグより高画質ですし、端末の画面自体も1,200 × 1,920ドットと美しいので、どこでもTVが閲覧できます。

10インチと大画面なのも嬉しいですね。

 

また、Lenovo TAB4はオーディオにも非常にこだわっています。

タブレットで臨場感あふれるサウンドが楽しめます。

 

しかも、防水に対応しているので、お風呂に持ち込んでTVや動画を楽しむことも可能です。

さらに指紋認証センサーを搭載しており、ロック解除もあっという間です。

 

10インチ画面ですので、家庭内でどこでもネットを閲覧したり、動画を見たり、お風呂で映画を見たりといった使い方が向いていると思います。

 

  • icon-circle-o 高画質フルセグでTV視聴可
  • icon-circle-o オーディオにもこだわり
  • icon-circle-o 防水・防塵対応
  • icon-circle-o 指紋認証センサー搭載
  • icon-circle-o 10インチ大画面
  • icon-circle-o 高性能CPUスナドラ625
  • icon-times 持ち運びには不適
  • icon-times 端末価格が少々高い

 

詳細記事ワイモバイルのタブレット「Lenovo TAB4」を解説!

 

▼申し込み・詳細確認はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

MediaPad M3 Lite S

 

続いて紹介するのは「MediaPad M3 Lite S」(メディアパッド エムスリーライトエス)です。

スマホで大人気のメーカー「HUAWEI」のタブレットです。

Lenovo TAB4は10インチでしたが、MediaPad M3 Lite Sは8インチですので、屋外に持ち運ぶのにも最適です。

 

MediaPad M3 Lite Sの最大の特徴はオーディオです。

タブレットでは動画を見る方が多いと思いますが、タブレットとは思えない臨場感のあるサウンドが楽しめます。

液晶も1,920 × 1,200ドットなので画面は非常に美しいです。

 

Lenovo TAB4はフルセグ・防水・防塵・指紋認証センサー搭載など「全部いり」の多機能タブレットでしたが、MediaPad M3 Lite Sには搭載していません。

また、CPUもSnapdragon435なので、Lenovo TAB4に比べればやや低いです。

 

しかし、その分端末代金が安くなっています。

普段使いには十分な性能ですので、私のようにそれほどスペックにこだわらない方向けのエントリーモデルとして最適です。

 

  • icon-circle-o 持ち運びしやすい8インチ
  • icon-circle-o こだわりのオーディオ
  • icon-circle-o 多機種より価格が安い
  • icon-times 防水・防塵なし
  • icon-times CPUは平凡

 

詳細記事ワイモバイルのタブレット「MediaPad M3 Lite S」を解説!

 

▼申し込み・詳細確認はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

Media Pad T2 Pro

 

 

続いては、HUAWEIから発売されている「Media Pad T2 Pro」です。

 

MediaPad T2 Proは画面が10インチですので、動画を見るのに適していると思います。

また、フルHD仕様のため、とても画面が鮮やかで美しいのが特徴です。

タブレットで映画やスポーツを見たり、撮影した写真を閲覧する方にオススメです。

 

個人的に嬉しいのが、目に有害といわれるブルーライトをカットする機能が備わっている点です。

Media Pad T2 Proはブルーライトをカットしてくれるモードに切り替えることができるため、長時間読書する場合などには大変重宝します。

搭載しているCPUはSnapdragon615なので、なかなかの性能です。また、バッテリーも6500mAhと大容量なのも嬉しいですね。

 

10インチタブレットの後継機「Lenovo TAB4」が発売になりましたが、少々価格が高いため、スペックにこだわらない方で10インチをお探しの方はMediaPad T2 Proで十分だと思います。

 

  • icon-circle-o 動画閲覧に最適な10inch画面
  • icon-circle-o フルHDの美しい画面
  • icon-circle-o ブルーライトカット
  • icon-circle-o 6500mAh大容量バッテリー
  • icon-times 防水・防塵なし
  • icon-times 10inch後継機Lenovo TAB4発売
  • icon-times 終売が近い?

 

詳細記事ワイモバイルのタブレット「MediaPad T2 Pro」を解説! 

 

▼申し込み・詳細確認はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

Lenovo TAB3

 

 

続いては、「Lenovo TAB3」です。

後継機Lenovo TAB4は10インチの大画面でしたが、こちらのLenovo TAB3は8.0インチの端末です。

 

8.0インチは持ち運びに最適なサイズで、かつ片手で持つことができる最大のサイズと言われています。

また、Lenovo TAB3には「MiraVision」という画像処理エンジンが搭載されており、物体が画面上で色鮮やかに映し出されます。

 

Lenovo TAB3の最大の特徴は、音質へのこだわりです。

本体の前面に2つのステレオスピーカーが搭載されており、音が立体的に聞こえる3Dサウンドを楽しむことができます。動画閲覧にも最適ですね。

 

  • icon-circle-o 持ち運びに便利な8inch画面
  • icon-circle-o 画像処理エンジンで色鮮やか
  • icon-circle-o タブレットとは思えないサウンド
  • icon-times 防水・防塵なし
  • icon-times 8inch後継機が発売
  • icon-times 終売が近い?

 

詳細記事ワイモバイルのタブレット「Lenovo TAB3」を解説

 

▼申し込み・詳細確認はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

「セットでおトクキャンペーン2」が適用

 

 

ワイモバイルでタブレットを購入する場合、スマホを契約している方なら大変お得にタブレットを契約できます。

セットでおトクキャンペーン2が適用され、月々の基本使用量毎月1,000円引きになります。

 

ただし、料金プランはデータプランSのみで、端末代金は36回分割払いになります。

 

端末代金・価格・月額料金の比較

 

ここでは、タブレット4機種の価格・月額料金を解説します。

 

なお、下記料金は36ヶ月の使用を前提とした金額です。36ヶ月以内で解約する場合は10,260円の契約解除料がかかります。

 

Lenovo TAB4

 

Lenovo TAB4の月額料金は基本使用量2,138円/月、機種代金1,512円/月×36回払いで、月の支払額は合計で3,650円/月です。

しかし、ワイモバイルのスマホを使用している方は、毎月1,836円の割引が適用されます。

よって料金は月額合計1,814円(税込)です。

 

<データプラン1GBの料金>

1GB
購入時頭金¥0
月額料金¥1,814

 

MediaPad M3 Lite S

 

MediaPad M3 Lite Sの月額料金は基本使用量2,138円/月、機種代金1,296円/月×36回払いで、月の支払額は合計で3,434円/月です。

しかし、ワイモバイルのスマホを使用している方は、毎月1,836円の割引が適用されます。

よって料金は月額合計1,598円(税込)です。

 

<データプラン1GBの料金>

1GB
購入時頭金¥0
月額料金¥1,598

 

Lenovo TAB3

 

スマホとセットで割引になる「セットでおトクキャンペーン2」を適用した場合、Lenovo TAB3は機種代が実質タダになります。

よって料金は月額合計1,058円(税込)です。

 

<データプラン1GBの料金>

1GB
購入時頭金¥0
月額料金¥1,058

 

MediaPad M3 Lite S

 

スマホとセットで割引になる「セットでおトクキャンペーン2」を適用した場合、MediaPad T2 Proの料金は月額合計1,274円(税込)です。

Lenovo TAB3より月額200円ほど高いですね。

 

<データプラン1GBの料金>

1GB
購入時頭金¥0
月額料金¥1,274

 

▼申し込み・詳細確認はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

スマホのデータをシェアする方法

 

タブレットを使用したい方は、ワイモバイルの「シェアプラン」を活用する方法もあります。

親回線でスマホプランまたはデータプランを契約している場合、SIMカードを追加し、親回線のSIMカードと追加したSIMカードで容量をシェアするという方法です。

 

親回線でスマホプランLまたはデータプランLを契約している場合、追加SIMカードはタダで使用できます。

ただし、親回線がスマホプランS/データプランSの場合は追加SIMには月額980円、親回線がスマホプランMの場合は追加SIMには月額490円かかります。

 

親回線追加SIM
月額料金
枚数
スマホプランS
データプランS
¥980
最大3枚
スマホプランM¥490
スマホプランL
データプランL
¥0

 

この場合、ワイモバイルで購入したタブレットに追加したSIMカードを挿して使用することもできますし、他社で購入したタブレットを持ち込んで使用することもできます。

(ただし、持ち込みの場合は別途APN設定が必要)

 

▼申し込み・詳細確認はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

タブレット契約時の注意点

 

契約は3年間使う前提で!

 

ワイモバイルのタブレットは3年間の契約を前提としたプランです。

3年以内に解約すると9,500円の契約解除料がかかります。

 

3年の最低利用期間は少々長いですので注意してください。

 

データ容量を節約しよう

 

データプランSは、月のデータ通信量が1GBのプランです。

スマホと同じような感覚でデータ通信をしていると、あっという間に1GBに到達してしまいます。

基本的に、タブレットは屋内で使用することになるでしょう。

 

また、屋外で使用する場合は下記のように対応しましょう。

  • 屋外ではオフラインで見る
    (あらかじめ家で映画や雑誌などをDLしておく)
  • ソフトバンクWi-Fiスポットを利用する(こちらを参照)
  • スマホでデザリングする
  • 無料Wi-Fiが使えるカフェなどで使用する
  • データプランLにする

 

私は基本的には外には持ち出さず、家の中でWi-Fiに接続して使います。

たまに外に持ち出す場合は、スマホでテザリングして使いますが、テザリングするのはまれです。

 

タブレット解約時の費用

 

ワイモバイルで契約したタブレットを解約する場合には、違約金に注意が必要です。

データプランを契約している場合、によって契約解除料がかかる場合があります。

 

私のおすすめ端末・選び方

 

ワイモバイルのタブレットは機種がまだ少ないので、それほど迷わないかもしれませんが、端末を選ぶ際のポイントと、私のおすすめ機種を解説します。

 

端末を選び際のポイントはずばり、画面サイズです。

ワイモバイルのタブレットは10インチか8インチの2種類です。

10インチは画面が大きいので何をするにしても便利ですが、持ち運びには向きません。一方、8インチは映画などを見るには若干不向きですが、持ち運びは便利です。

 

現在発売中の2機種は月額料金も200円しか変わりませんし、その他の性能もほとんど変わらないので、画面サイズで選んでよいでしょう。

  • 家の中で使うなら10インチ
  • 映画を見るなら10インチ
  • 持ち運びするなら8インチ

 

私の場合、8インチのLenovo TAB3を選びました。理由は以下の4点です。

  • 月に1回ほど出張で持ち運びする
  • 片手で持ちながら操作したい(10インチは両手が必要)
  • ノートPCも携帯しているので、大画面が必要な場合はPCで対応可能
  • 少しでも安いほうがいい

 

一方、TVの無い部屋で、据え置き型で動画などを見たい場合は10インチの方が良いですね。

皆さんもご自分のスタイルに合った機種を選んでください。

 

▼申し込み・詳細確認はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

タブレットの機種変更の手順

 

タブレットの機種変更は店舗のみ

 

現在使用しているタブレットを別の機種に変更する場合、オンラインストアでは手続きができません。

お手数ですが、店舗で手続きをしてください。

 

機種変更時の持ち物・準備物

 

店頭で機種変更をする場合、以下のものを持参してください。

  • 現在使用中のタブレット
  • 本人確認書類
  • 新しい機種の購入代金
  • 印鑑

 

機種変更に契約解除料(違約金)は不要

 

現在ワイモバイルでタブレットを契約している方が機種変更する場合、契約解除料(違約金)はかかりません。

タブレットを36回払いにしている場合、残債(支払いが残っている端末代金)はそのまま毎月の支払いが継続します。

そのため、機種変更以降は以下の3種類の料金を支払うことになります。

  • 古い機種の端末代金の残債
  • 新しい機種の端末代金
  • データプランの基本使用量

 

ただし、古い機種の端末代金の残債については、タイミングにより割引が解除になりますので次章を必ずお読みください。

 

36ヶ月以内の機種変更は割引が解除

 

ワイモバイルのデータプランでタブレットを契約している場合、「月額割引」という割引が適用されて毎月安く使用することができます。

しかし、タブレットの機種代金の支払いが完了する36ヶ月より前にタブレットを機種変更する場合、この月額割引が解除になり、以降に支払う端末代金は機種変更前より高くなります。

 

ワイモバイルのタブレットには機種により700円~1,000円程度の「月額割引」が適用されますので、機種変更後はその分が高くなります。

 

▼申し込み・詳細確認はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

タブレットが故障した・修理したい場合

 

ワイモバイルのタブレットが故障・破損して修理している場合は、ワイモバイル店舗で対応してくれます。

 

端末の購入から1年以内で、使用者の過失と認められない場合は無償で修理してくれる可能性が高いです。

一方、購入から1年以上が経過している場合や、明らかに落下や衝撃などにより故障下と思われる場合は有償修理になります。

 

修理対応は店舗のみ(オンラインでは不可)ですので、以下のものを持って店舗に向かいましょう。

その際、本人確認書類(免許証・パスポートなど)も携帯しましょう。

 

▼申し込み・詳細確認はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

ワイモバイルのタブレットの口コミ

 

ここから、ワイモバイルのタブレットに関する口コミを紹介します。

まずは料金の安さに関する口コミです。

スマホとセットで乗り換えることで、ドコモ・au・ソフトバンクでスマホ+タブレットを使用するより大幅にやすい料金でタブレットを使用できます。

 

 

特に動画をみたりゲームをされる方はタブレットも同時に契約すると便利です。

私もタブレットを使用していますが、家でのWEB閲覧や動画を観るのは常にタブレットです。

画面サイズが大きいので快適ですね。

 

 

▼申し込み・詳細確認はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

ワイモバイル料金の節約技

 

おうち割で月1,000円割引

 

 

ワイモバイルには、月々のスマホ料金をさらに安くする裏技があります。

それは、家のネットをソフトバンク光にすることです。

 

家のネットをソフトバンク光にすると「おうち割」が適用され、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になります。

 

月割引額
プランS500円
プランM700円
プランL1,000円

 

 

上図の割引は1人当たりの割引額です。

よって家族でワイモバイルユーザーが3人いれば最大3,000円/月の割引になります。

 

ワイモバイルユーザーなら、この「おうち割」はめちゃくちゃお得です。

ぜひソフトバンク光に申し込みましょう。

 

詳細記事ワイモバイルなら光回線は絶対ソフトバンク光!

 

光回線契約でキャッシュバック

 

さらに、ソフトバンク光には公式サイトや家電量販店で申込んではいけません。

正規代理店のWEBサイトから申し込めば申込特典として高額のキャッシュバックがもらえます。

 

正規代理店とは、ソフトバンクからネット回線の販売や申込の受付を正規に委託した代理店のこと。
正規代理店は顧客獲得競争をしているので、独自の特典を設けていることが多い。 

 

▼オプション不要でキャッシュバック▼

 

キャッシュバックは、新規申し込みか転用かで異なります。

  • 新規:フレッツ光以外からの乗換
  • 転用:フレッツ光からの乗換

 

新規転用
キャッシュ
バック額
33,000円13,000円

 

正規代理店から申し込むことで、余計なオプション加入が必要だったり、手間が増えたりと言ったことはありません。

ただただキャッシュバックがもらえるだけですので、必ずこちらから申し込みましょう。

 

正規代理店のメリット

  • 公式特典+独自特典の2重取り
  • キャッシュバック3.3万円(※)
  • 余計なオプションなど一切なし
  • 手間が余計にかかることもなし
  • キャッシュバック貰い忘れなし

※転用の場合は1.3万円

 

▼オプション不要で3.3万円還元▼

ソフトバンク光申し込み 

 

私も実際に申し込み、キャッシュバックがもらえました。

(ただし当時は今より少ない24,000円のみ…)

 

 

体験談を記事にしていますので、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

▼オプション不要で3.3万円還元▼

ソフトバンク光申し込み 

 

▼オプション不要でキャッシュバック▼

 

購入は公式オンラインストア

 

以上、ワイモバイルのタブレット全機種紹介でした。

 

ワイモバイルのタブレットは、スマホとセットで契約すると大変安く契約できます。

「タブレットが欲しいけど高いなぁ…」と思っている方も、月額1,000円なら無理なく使えますね!

ワイモバイルで、ぜひ快適なタブレットライフをお過ごしください!!

 

▼申し込み・詳細確認はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

<関連記事>

 

ワイモバイル トップへ

 

ワイモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-