ワイモバイルのタイムセールを活用しよう!対象端末と注意点を解説!【オンラインセール】

 

みなさんこんにちは!

ワイモバイルでは、オンラインストア限定で不定期に「タイムセール」を実施しています。

本日は対象機種や料金、タイムセールの注意点について詳しく解説します。

 

このタイムセールを利用すれば、人気機種を大変お得に購入できますので、ぜひ利用しましょう。

(MNP乞食の皆さんもぜひ参考にしてください)

 

▼タイムセール会場はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

タイムセールの実施日・時間

 

ワイモバイルのオンラインストア限定タイムセールは、不定期で、午後21時~翌午前9時まで実施しています。

ただし、ここ最近はほぼ毎日何らかのセールを実施しているようですね。

 

開始時間は固定なので、21時になったらぜひ「ワイモバイル公式ストア」を覗いてみてください。

 

▼タイムセール会場はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

タイムセールの対象機種と価格

 

タイムセールで売り出されるスマホ端末は日によって異なり、毎回同じ端末が出るわけではありません。

参考として、2018年3月某日にタイムセールで売り出された機種を紹介します。

 

Android One S2

 

京セラ製の安心スマホ「Android One S2」がアウトレットとしてタイムセールに登場しました。

 

信頼の国産スマホで、カメラ・CPUの性能は高くありませんが、バッテリーは長持ちです。

防水・防塵・耐衝撃を完備しています。

また、濡れた手や手袋をはめたままでも操作できるがメリットです。

 

料金はほぼタダになりましたので、メール・電話・LINEが中心であまりスマホを使わない方には大変おすすめです。

 

詳細記事ワイモバイル「Android One S2」を解説!

 

<参考端末価格>

  • 540円(一括払い)

 

▼タイムセール会場はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

507SH , Android One

 

ワイモバイルの人気シリーズ「Android One」の最初の機種である「507SH」がアウトレットとして発売されています。

 

発売から時期がたっているものの、Snapdragon617を搭載したなかなかのスペックの機種です。

安心の国産SHARP製バッテリーの持ちもよく防水・防塵ワンセグにも対応しています。

 

性能の割に端末代金が非常に安く、私もおすすめの機種です。

 

詳細記事ワイモバイル「507SH , AndroidOne」を解説!

 

<参考端末価格>

  • 111円(一括払い)

 

▼タイムセール会場はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

DIGNO E

続いては、京セラの安心スマホ「DIGNO E」です。

 

3日間充電不要の長持ちバッテリーと、防水・防塵・耐衝撃を搭載したスマホです。

濡れた手や、手袋をしたままでも操作できるのも特徴です。

 

CPU性能やカメラは決して高性能ではありませんが、価格も安いので、電話やメール、LINEが中心の方には大変おすすめです。

 

詳細記事ワイモバイルのスマホ「DIGNO E」を徹底解説!

 

<参考端末価格>

  • 1円(一括払い)

 

▼タイムセール会場はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

Android One S1

 

続いてはAndroid One S1です。

こちらはアウトレット品で、24時間購入できます。

 

SHARPが得意なIGZOディスプレイが非常に美しく、省エネも抜群です。

防水・防塵も完備していて安心のスマホです。

 

<参考端末価格>

  • 7,350円(一括払い)

 

▼タイムセール会場はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

HUAWEI P20

 

 

オンラインのタイムセールでは、「HUAWEI P20」も登場しています。

ワイモバイルでは「HUAWEI P20 lite」を取り扱っていますが、P20はさらにハイスペックです。

 

ライカ製のデュアルレンズカメラと最高峰のCPU「kirin970」を搭載している点が魅力です。

カメラにこだわる方も、性能にこだわる方も十分満足な機種です。

 

2018年6月15日発売の機種のためまだまだ機種代金は高いですが、それでも非常にお得です。

 

<参考端末価格>

  • 頭金:17,400円
  • 月々機種代:1,350円/月

 

タイムセールとは言いながら、P20は24時間セール価格で購入できますので、ぜひいますぐお申込みください!

 

▼タイムセール会場はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

nova lite 2(ノバライト2)

 

 

続いて紹介するのはnova lite 2です。

前作「nova lite」に続き、高性能ながら端末代金が非常に安い、大変おすすめの機種です。

 

高性能ダブルレンズカメラや、美しい画面、指紋認証センサー搭載と高機能ながら、非常に端末代金が安いコスパ抜群の機種です。

オンラインストアなら頭金5,990円を支払えば、月々の端末代金支払いはタダで使用できます。

2017年に一番売れた機種は「P10 lite」ですが、個人的には「P10 lite」よりもおすすめですね。

 

詳細記事ワイモバイル「nova lite 2」を解説!

 

<参考端末価格>

  • 108円(一括払い)

 

nova lite 2も実質24時間いつでも購入できますので、ぜひご利用ください!

 

▼タイムセール会場はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

Mate 10 Lite

 

 

続いては、HUAWEIの「Mate 10 Lite」(メイトテンライト)です。

個人的には、前に紹介した「nova lite 2」と並んで、ワイモバイルオンラインセールの取り扱い端末ではおすすめの機種です。

 

高画素のデュアルレンズカメラを、メインカメラにも自撮り用のサブカメラにも搭載した機種です。

CPUはKirin659で、メモリー(RAM)は4GBと大容量なので、処理速度は快適です。

 

現在トレンドの18:9縦長画面で、ディスプレイは2,160 x 1,080のフルHD+と非常に美しいのも特徴ですね。

私も今狙っている端末です。

 

詳細記事: ワイモバイル「Mate 10 Lite」を解説!

 

<参考端末価格>

  • 6,696円(一括)

 

nova lite 2同様、Mate 10 Liteも24時間いつでもセール価格で購入できますので、今すぐお申込みください!

 

▼タイムセール会場はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

オンラインタイムセールの注意点

 

取扱いはアウトレットとSIMフリー機種

 

ワイモバイルオンラインストアのタイムセールで売り出される端末は、大きく2つに分かれます。

  • アウトレット品
  • SIMフリー端末

 

このうちアウトレット品は、一度販売されたが顧客都合により返品された製品を、ワイモバイルで整備・点検・クリーニングして再度販売しているものです。

 

製品の性能や状態は新品同様で価格が大幅に下がっているので大変お得ですが、アウトレット品であることを理解したうえで購入してください。

 

アウトレットは外箱・保証書なし

 

アウトレット品の場合、以下のものが多くの場合付属されません。

  • 外箱
  • 保証書
  • 説明書
  • 付属品
    (ACアダプタ・充電ケーブルなど)

 

商品は簡易包装で送られてくるので、その点も理解しておくことが必要です。

 

アウトレット品の保証・返品

 

アウトレット品には保証書がついていません。

ただし初期不良の場合は、商品受け取り後8日以内なら同等アウトレット品と交換が可能です。

商品が届いたら、すぐに動作チェックをしましょう。

 

また、初期不良の場合、未開封の場合は返品も可能です。

ただし、アウトレット品は傷などがある場合がありますが、これを理由にした返品は不可です。

 

SIMフリー機種は24時間購入可能

 

タイムセールでは、アウトレット品のほかにSIMフリー端末が購入できます。

SIMフリー端末は新品で、付属品も通常と同様完備しています。

 

また、タイムセールと言いながらSIMフリー端末は24時間いつでもセール価格で購入できます

時期によって取り扱い機種が変わりますので、お目当ての端末を見つけたときは即購入しましょう。

 

▼タイムセール会場はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

プランはスマホプランM・L限定

 

タイムセール価格でアウトレット品・SIMフリー端末を購入する場合、契約できるプランはスマホプランM・スマホプランLのみです。

 

スマホプランSやスマホベーシックプランで申し込む場合はタイムセール価格は適用されず、通常価格での契約になります。

 

新規契約・MNP乗り換えのみ、機種変更は対象外

 

タイムセール対象商品は、ほぼ全ての場合で新規契約またはMNP乗り換えの場合のみ利用できます。

機種変更の場合はタイムセール価格で購入できません。

 

通常より解約手数料が上乗せ

 

通常、ワイモバイルでスマホプランに加入すると最低利用期間が2年となり、2年以内に解約・MNp転出する場合は契約解除料9,500円がかかります。

 

タイムセールで販売されるアウトレット品やSIMフリースマホを2年以内に解約する場合、通常の契約解除料に加え、さらに契約解除料が加算されます。

 

加算される契約解除料は、購入する機種や解約時の経過年数によって異なりますが、

  • アウトレット品:最大20,000円加算
  • SIMフリー端末:最大10,000円加算

になります。

 

これは、端末だけ安く購入してすぐに他社に移行しないようにするための措置ですので仕方がありません。

タイムセールで購入する場合は、2年間の継続を前提に契約しましょう。

 

iPhone6S・iPhone SEは対象外

 

ワイモバイルではiPhone 6S・iPhone SEを販売しています。

格安スマホではまだまだ珍しいですね。

残念ながらタイムセールでiPhone 6S・iPhone SEは販売されていません

 

ですが、ワイモバイルのiPhone 6S・iPhone SEは大幅に値下げになりました。

通常価格でもかなりお得なので、ぜひご検討ください。

 

まれにPocket Wi-Fiが出ることも!

 

ワイモバイルのタイムセールでは、スマホだけでなくポケットワイファイ(モバイルルーター)が出品されることもあります。

 

ポケットWi-Fiは機種による性能に大きな差はありませんので、価格が安いほどお得になります。

Pocket Wi-Fiが出るのはまれなので、こまめに「ワイモバイル公式ストア」をチェックしてみてください。

 

なお、タイムセールではないですが通常のアウトレット品として「Pocket WiFi 502HW」も格安で販売されています。

機種代金は一括で3,240円~です。

こちらは「ワイモバイル公式ストア」限定です。

 

▼タイムセール会場はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

タブレットはめったに出ないが…

 

ワイモバイルではタブレットも取り扱っていますが、タイムセールにタブレットがでることはめったにありません。

 

しかし、2018年になってワイモバイルのタブレット(Lenovo TAB4・MediaPad M3 Lite S)が新たに発売され、古い機種(Lenovo TAB3・MediaPad T2 Pro)との入れ替えの時期でもあります。

 

万が一出品されるかもしれませんので、油断してはいけませんね。

 

▼タイムセール会場はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

タイムセール会場はこちら!

 

以上、ワイモバイル公式オンラインストアのタイムセールの解説でした。

 

さまざまな条件はあるものの、人気機種が格安で購入できるお得なチャンスです。

ワイモバイルでスマホの契約を検討中の方はぜひ利用してください!

 

ワイモバイルのタイムセール会場はこちらからどうぞ!

黄色のアイコンが目印です。

 

▼タイムセール会場はこちら▼
ワイモバイル公式サイト

 

▼このアイコンが目印▼

 

<関連記事>

 

ワイモバイル トップへ